表紙:ナローバンドIoT(NB-IoT)市場:現状分析と予測(2022年~2030年)
市場調査レポート
商品コード
1290891

ナローバンドIoT(NB-IoT)市場:現状分析と予測(2022年~2030年)

Narrowband IoT (NB-IoT) Market: Current Analysis and Forecast (2022-2030)

出版日: | 発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd | ページ情報: 英文 141 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.46円
ナローバンドIoT(NB-IoT)市場:現状分析と予測(2022年~2030年)
出版日: 2023年05月01日
発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd
ページ情報: 英文 141 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

NB-IoT市場は、産業用および商業用アプリケーションにおけるIoTおよび接続機器、ならびにAI、ML、ビッグデータ解析の導入の高まりにより、約40%の安定した成長が見込まれています。さらに、NB-IoT技術の用途が急速に拡大していることや、NB-IoTデバイスの設計・開発やロールアウトサービスに対するテクノロジー企業や通信サービスプロバイダーの関心が高まっていることも、市場の成長をさらに後押ししています。例えば、2022年11月、セルラーIoTチップセットのメーカーであるソニーセミコンダクタイスラエル(ソニー)から「ALT1350」の世界展開が発表されました。ALT1350は、衛星接続(NTN)と追加のLPWA通信プロトコルを1つのチップセットに組み込んだ初のセルラーLTE-M/NB-IoTソリューションです。

コンポーネントに基づき、市場はネットワークとモジュールに二分されます。ネットワークセグメントは、費用対効果、導入コストの低減、運用コストの低減により、NB-IoTネットワークの採用率が高いことから、2021年の市場で圧倒的なシェアを占めています。NB-IoTネットワークは、従来のセルラーネットワークよりも優れたカバレッジと長い通信距離を提供し、他の無線技術が実用的でないような厳しい環境でも動作するように設計されている

導入形態により、市場はスタンドアロン、インバンド、ガードバンドに分類されます。これらのうち、ガードバンドは2021年の市場で大きなシェアを占めており、予測期間中も堅調なCAGRで成長すると予想されています。この市場の拡大を促進する最も重要な要因の1つは、アンテナや無線周波数(RF)モジュールなど、すでにあるセルラーインフラを利用できることであり、周波数帯の追加コストを発生させる必要はありません。

NB-IoT市場は、デバイスの種類によって、ウェアラブル、トラッカー、スマートメーター、スマート照明、アラーム&ディテクター、その他に分類されます。ウェアラブルカテゴリは、スポーツ、フィットネス、パーソナルケアや診断のためのヘルスケアデバイスの需要が急速に高まっていることから、2021年の市場で顕著なシェアを獲得しました。また、ドイツ、日本、英国、米国などの新興経済諸国では、ヘルスケア用ウェアラブルデバイスの導入が進んでおり、ウェアラブル部門の成長をさらに後押ししています。

アプリケーション別では、スマートシティ、交通・物流、エネルギー・公共事業、農業、その他に分類されます。このうち、スマートシティアプリケーションはNB-IoT市場で最大のシェアを占めています。この圧倒的なシェアは、スマート照明、スマートセキュリティおよび監視システム、スマートビルディング、環境モニタリング、災害管理アプリケーション、スマートシティプロジェクトに関連するアプリケーションでNB-IoT技術が大規模に採用されていることに起因しているものと考えられます。

NB-IoT産業の市場導入に関する理解を深めるため、市場は北米(米国、カナダ、その他北米地域)、欧州(ドイツ、英国、フランス、スペイン、イタリア、その他欧州地域)、アジア太平洋地域(中国、日本、インド、その他アジア太平洋地域)、世界のその他の地域における世界規模の存在に基づいて分析されています。2021年の世界のNB-IoT市場は、北米が支配的でした。北米のいくつかの著名なデバイスメーカーとネットワークサービスプロバイダーは、消費者と産業用アプリケーションソリューションのテストと商業化に集中しています。Qualcomm Inc.、AT&T、Cellco Partnership(Verizon Wireless)、T-Mobile US, Inc.、Intel Corporation、Verizon Wirelessは、これらのネットワーク事業者とデバイスメーカーの一部です。

目次

第1章 市場イントロダクション

  • 市場の定義
  • 主な目的
  • ステークホルダー
  • 制限事項

第2章 調査手法または前提

  • 調査プロセス
  • 調査手法
  • 回答者プロファイル

第3章 市場要約

第4章 エグゼクティブサマリー

第5章 COVID-19がナローバンドIoT(NB-IoT)市場に与える影響

第6章 ナローバンドIoT(NB-IoT)の市場収益、2020-2030年

第7章 市場洞察:コンポーネント別

  • 通信網
  • モジュール

第8章 市場洞察:導入形態別

  • スタンドアロン
  • インバンド
  • ガードバンド

第9章 市場洞察:デバイスの種類別

  • ウェアラブル
  • トラッカー
  • スマートメーター
  • スマート照明
  • 警報器・感知器
  • その他

第10章 市場洞察:アプリケーション別

  • スマートシティ
  • 輸送と物流
  • エネルギーと公共事業
  • 農業
  • その他

第11章 市場洞察:地域別

  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • その他北米地域
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その他欧州地域
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • その他アジア太平洋地域
  • 世界のその他の地域

第12章 ナローバンドIoT(NB-IoT)市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場の課題
  • 影響分析

第13章 ナローバンドIoT(NB-IoT)市場機会

第14章 ナローバンドIoT(NB-IoT)市場動向

第15章 需要側と供給側の分析

  • 需要側分析
  • 供給側分析

第16章 バリューチェーン分析

第17章 価格分析

第18章 戦略的洞察

第19章 競合シナリオ

  • 競合情勢
    • ポーターのファイブフォース分析

第20章 企業プロファイル

  • Huawei Technologies Co., Ltd.
  • Telefonaktiebolaget LM Ericsson
  • Qualcomm Technologies, Inc.
  • AT&T
  • Verizon
  • T-Mobile USA, Inc.
  • Vodafone Group Plc
  • Nokia
  • MediaTek Inc.
  • Intel Corporation

第21章 免責事項

目次
Product Code: UMTI211806

NB-IoT is a low-power wide-area (LPWA) technology based on standards that are intended to make a wide range of new IoT devices and services possible. NB-IoT fundamentally further develops client gadget power utilization, framework limit, and unearthly proficiency, particularly in profound inclusion. The expansion of coverage beyond what is offered by current cellular technologies is one of NB-IoT's objectives. Retransmissions and various bandwidth allocation configurations for uplink transmissions are also provided by NB-IoT.

The NB-IoT Market is expected to grow at a steady rate of around 40% owing to the rising adoption of IoT and connected devices as well as AI, ML, and big data analytics across industrial and commercial applications. Moreover, the rapidly-growing applications of NB-IoT technology and the growing interest of technology companies and telecommunications service providers in designing and developing NB-IoT devices and roll-out services are further contributing to the growth of the market. For instance, in November 2022, the global availability of the ALT1350 was announced by Sony Semiconductor Israel (Sony), a manufacturer of cellular IoT chipsets. The ALT1350 is the first cellular LTE-M/NB-IoT solution to incorporate satellite connectivity (NTN) and additional LPWA communication protocols into a single chipset.

Based on component, the market is bifurcated into network and module. The network segment held a dominating share of the market in 2021 owing to the high adoption of NB-IoT networks due to their cost-effectiveness, lower deployment costs, and lower operating costs. They offer better coverage and a longer range than traditional cellular networks and are designed to operate in challenging environments where other wireless technologies may not be practical

On the basis of deployment, the market is categorized into standalone, in-band, and guard-band. Among these, the guard-band catered to a significant share of the market in 2021 and is expected to grow at a robust CAGR during the forecast period. One of the most important factors driving the expansion of this market is the capacity to utilize the cellular infrastructure that is already in place, such as antennas and Radio Frequency (RF) modules, without having to incur additional costs for spectrum

Based on device type, the NB-IoT market has been classified into wearables, tracker, smart meter, smart lighting, alarm & detector, and others. The wearable category captured a prominent share of the market in 2021 due to the rapidly increasing demand for sports, fitness, and healthcare devices for personal care and diagnostics. Moreover, the increasing adoption of healthcare wearable devices in developed economies such as Germany, Japan, the U.K., the U.S., and others is further propelling the growth of the wearable segment

By application, the market is segmented into smart cities, transportation & logistics, energy & utilities, agriculture, and others. Among these, the smart cities application held the largest share of the NB-IoT market. This dominating share can be attributed to the large-scale adoption of the NB-IoT technology in applications related to smart lighting, smart security and surveillance systems, smart building, environmental monitoring, and disaster management applications as well as smart city projects

For a better understanding of the market adoption of the NB-IoT industry, the market is analyzed based on its worldwide presence in the countries such as North America (U.S., Canada, Rest of North America), Europe (Germany, U.K., France, Spain, Italy, Rest of Europe), Asia-Pacific (China, Japan, India, Rest of Asia-Pacific), Rest of World. North America dominated the global NB-IoT market in 2021. Several prominent device manufacturers and network service providers in North America concentrate on the testing and commercialization of consumer and industrial application solutions. Qualcomm Inc., AT&T, Cellco Partnership (Verizon Wireless), T-Mobile US, Inc., Intel Corporation, and Verizon Wireless are a few of these network operators and device manufacturers

Some of the major players operating in the market include: Huawei Technologies Co., Ltd.; Telefonaktiebolaget LM Ericsson; Qualcomm Technologies, Inc.; AT&T; Verizon; T-Mobile USA, Inc.; Vodafone Group Plc; Nokia; MediaTek Inc.; and Intel Corporation

TABLE OF CONTENTS

1 MARKET INTRODUCTION

  • 1.1. Market Definitions
  • 1.2. Main Objective
  • 1.3. Stakeholders
  • 1.4. Limitation

2 RESEARCH METHODOLOGY OR ASSUMPTION

  • 2.1. Research Process of the Narrowband IoT (NB-IoT) Market
  • 2.2. Research Methodology of the Narrowband IoT (NB-IoT) Market
  • 2.3. Respondent Profile

3 MARKET SYNOPSIS

4 EXECUTIVE SUMMARY

5 IMPACT OF COVID-19 ON THE NARROWBAND IoT (NB-IoT) MARKET

6 NARROWBAND IoT (NB-IoT) MARKET REVENUE, 2020-2030F

7 MARKET INSIGHTS BY COMPONENT

  • 7.1. Network
  • 7.2. Module

8 MARKET INSIGHTS BY DEPLOYMENT

  • 8.1. Standalone
  • 8.2. In-band
  • 8.3. Guard-band

9 MARKET INSIGHTS BY DEVICE TYPE

  • 9.1. Wearables
  • 9.2. Tracker
  • 9.3. Smart Meter
  • 9.4. Smart Lighting
  • 9.5. Alarm & Detector
  • 9.6. Others

10 MARKET INSIGHTS BY APPLICATION

  • 10.1. Smart Cities
  • 10.2. Transportation & Logistics
  • 10.3. Energy & Utilities
  • 10.4. Agriculture
  • 10.5. Others

11 MARKET INSIGHTS BY REGION

  • 11.1. North America
    • 11.1.1. U.S.
    • 11.1.2. Canada
    • 11.1.3. Rest of North America
  • 11.2. Europe
    • 11.2.1. Germany
    • 11.2.2. U.K.
    • 11.2.3. France
    • 11.2.4. Italy
    • 11.2.5. Spain
    • 11.2.6. Rest of Europe
  • 11.3. Asia-Pacific
    • 11.3.1. China
    • 11.3.2. Japan
    • 11.3.3. India
    • 11.3.4. Rest of Asia-Pacific
  • 11.4. Rest of World

12 NARROWBAND IoT (NB-IoT) MARKET DYNAMICS

  • 12.1. Market Drivers
  • 12.2. Market Challenges
  • 12.3. Impact Analysis

13 NARROWBAND IoT (NB-IoT) MARKET OPPORTUNITIES

14 NARROWBAND IoT (NB-IoT) MARKET TRENDS

15 DEMAND AND SUPPLY-SIDE ANALYSIS

  • 15.1. Demand Side Analysis
  • 15.2. Supply Side Analysis

16 VALUE CHAIN ANALYSIS

17 PRICING ANALYSIS

18 STRATEGIC INSIGHTS

19 COMPETITIVE SCENARIO

  • 19.1. Competitive Landscape
    • 19.1.1. Porters Fiver Forces Analysis

20 COMPANY PROFILED

  • 20.1. Huawei Technologies Co., Ltd.
  • 20.2. Telefonaktiebolaget LM Ericsson
  • 20.3. Qualcomm Technologies, Inc.
  • 20.4. AT&T
  • 20.5. Verizon
  • 20.6. T-Mobile USA, Inc.
  • 20.7. Vodafone Group Plc
  • 20.8. Nokia
  • 20.9. MediaTek Inc.
  • 20.10. Intel Corporation

21 DISCLAIMER