市場調査レポート
商品コード
1272664

データセンター仮想化市場:現状分析と予測(2022-2028年)

Data Center Virtualization Market: Current Analysis and Forecast (2022-2028)

出版日: | 発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd | ページ情報: 英文 123 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
データセンター仮想化市場:現状分析と予測(2022-2028年)
出版日: 2023年04月01日
発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd
ページ情報: 英文 123 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

データセンター仮想化市場は、運用コスト削減のニーズの高まりにより、約16%の安定した成長が見込まれています。データセンター仮想化の採用が増加しているのは、主に様々な産業での応用が進んでいるためです。さらに、データセンター仮想化は、運用コストの削減、ビジネスの俊敏性の向上、データの一元管理など、さまざまなメリットを提供しており、予測期間中に市場を牽引することが期待されます。さらに、データセンター技術への支出の増加も、予測期間中に市場を牽引すると予想されています。さらに、生成されるデータ量の増加は、予測期間中の市場成長に大きく影響すると予想されます。例えば、Finance Onlineによると、毎日2.5quiltillion bytesのデータが作成されています。

市場は、タイプ別に、テクニカルサポートサービス、最適化サービス、マネージドサービス、アドバイザリー&インプリメンテーションサービスに分類されます。最適化サービス分野は、予測期間中に最も高いCAGRで成長すると予想されています。最適化サービスは、企業のネットワークセキュリティと運用効率を高めるのに役立ち、予測期間中、この分野の市場を牽引すると予想されます。

業界別では、IT・通信、BFSI、教育、ヘルスケア、政府、その他に分類されます。BFSIセグメントは2020年に大きな市場シェアを獲得し、予測期間中もこれを維持すると予測されています。BFSIセグメントにおけるデータセンター仮想化の成長は、主に全世界で取引件数が増加していることに起因しています。さらに、中国やインドなどの国々におけるデジタル決済の動向は、予測期間中の市場成長に大きく影響すると予想されます。

市場導入に関する理解を深めるため、北米(米国、カナダ、その他北米地域)、欧州(ドイツ、英国、フランス、スペイン、イタリア、その他欧州地域)、アジア太平洋地域(中国、日本、インド、その他アジア太平洋地域)、その他世界の国々における世界の存在に基づいて、市場を分析しています。2020年のデータ可視化市場は北米地域が支配的であり、予測期間中も同様の傾向を維持すると予想されます。同地域におけるデータ可視化の成長は、主に同地域の中小企業数の増加に起因しています。例えば、SBA(Small Business Administration)によると、中小企業は米国企業全体の99%を占めています。さらに、米国やカナダなどの組織はデータセンター仮想化技術をいち早く導入しており、予測期間中に市場を促進することが期待されています。

目次

第1章 市場イントロダクション

  • 市場の定義
  • 主な目的
  • ステークホルダー
  • 制限事項

第2章 調査手法または前提

  • 調査プロセス
  • 調査手法
  • 回答者プロファイル

第3章 市場要約

第4章 エグゼクティブサマリー

第5章 COVID-19がデータセンター仮想化市場に与える影響

第6章 データセンター仮想化市場収益, 2020-2028F

第7章 市場洞察:タイプ別

  • テクニカルサポートサービス
  • 最適化サービス
  • マネージドサービス
  • アドバイザリーおよび実装サービス

第8章 市場洞察:業界別

  • ITと通信
  • BFSI
  • 教育
  • ヘルスケア
  • 政府
  • その他

第9章 市場洞察:地域別

  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • その他北米地域
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その他欧州地域
  • アジア太平洋
    • 中国
    • 日本
    • インド
    • その他アジア太平洋地域
  • 世界のその他の地域

第10章 データセンター仮想化市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場の課題
  • 影響分析

第11章 データセンター仮想化市場機会

第12章 データセンター仮想化市場動向

第13章 需要側と供給側の分析

  • 需要側分析
  • 供給側分析

第14章 バリューチェーン分析

第15章 価格分析

第16章 戦略的洞察

第17章 競合シナリオ

  • 競合情勢
    • ポーターのファイブフォース分析

第18章 企業プロファイル

  • VMware, Inc
  • Microsoft
  • Citrix Systems Inc
  • Cisco Systems Inc
  • Fujitsu
  • Radiant Communications Corporation
  • Hewlett Packard Enterprise Development LP
  • AT&T
  • Huawei Technologies Co., Ltd
  • HCL Technologies Limited

第19章 免責事項

目次
Product Code: UMAU211773

The process of building a contemporary data center that is highly scalable, accessible, and safe is known as data center virtualization. It helps in improving IT agility and building a solid foundation to manage private and public cloud services alongside conventional on-premises infrastructure with the help of data center virtualization tools.

The data center virtualization market is expected to grow at a steady rate of around 16% owing to the growing need for reducing operational costs. The growing adoption of data center virtualization is mainly attributed to its increasing application in various industries. Furthermore, data center virtualization offers various different benefits such as, reduction in operational costs, improved business agility, and centralized data management are expected to drive the market during the forecast period. Moreover, the rising spending on data center technology is also expected to drive the market during the forecast period. Additionally, the growing volume of data generated is expected to significantly influence the market growth during the forecast period. For instance, according to finances online, 2.5quiltillion bytes of data is created daily.

Based on type, the market is segmented into technical support services, optimization services, managed services, and advisory & implementation services. The optimization services segment is expected to grow with the highest CAGR during the forecast period. Optimization services help enterprises in increasing network security and operational effectiveness which is expected to drive the segment market during the forecast period.

On the basis of industry vertical, the market is segmented into IT & telecommunication, BFSI, education, healthcare, government and others. The BFSI segment is expected to achieve a significant market share in 2020 and is expected to maintain this throughout the forecast period. The growth of data center virtualization in the BFSI segment is mainly attributed to the growing number of transactions across the globe. Moreover, the growing trend of digital payments in countries like China and India is expected to significantly influence the market growth during the forecast period.

For a better understanding of the market adoption of the data center vertualization industry, the market is analyzed based on its worldwide presence in the countries such as North America (U.S., Canada, and Rest of North America), Europe (Germany, U.K., France, Spain, Italy, Rest of Europe), Asia-Pacific (China, Japan, India, Rest of Asia-Pacific), Rest of World. The North America region dominated the data visualization market in 2020 and is expected to maintain a similar trend throughout the forecast period. The growth in data visualization in the region is mainly attributed to the growing number of SMEs in the region. For instance, according to SBA(Small Business Administration) SME's make up to 99% of all U.S Businesses. Moreover, organizations in countries such as the U.S and Canada are the early adoptors of data center virtualization technology which is expected to propel the market during the forecast period.

Some of the major players operating in the market include: VMware, Inc.; Microsoft; Citrix Systems, Inc; Cisco Systems, Inc; Fujitsu; Radiant Communications Corporation; Hewlett Packard Enterprise Development LP; AT&T; Huawei Technologies Co., Ltd; HCL Technologies Limited.

TABLE OF CONTENTS

1 MARKET INTRODUCTION

  • 1.1. Market Definitions
  • 1.2. Main Objective
  • 1.3. Stakeholders
  • 1.4. Limitation

2 RESEARCH METHODOLOGY OR ASSUMPTION

  • 2.1. Research Process of the Data Center Virtualization Market
  • 2.2. Research Methodology of the Data Center Virtualization Market
  • 2.3. Respondent Profile

3 MARKET SYNOPSIS

4 EXECUTIVE SUMMARY

5 IMPACT OF COVID-19 ON THE DATA CENTER VIRTUALIZATION MARKET

6 DATA CENTER VIRTUALIZATION MARKET REVENUE, 2020-2028F

7 MARKET INSIGHTS BY TYPE

  • 7.1. Technical Support Services
  • 7.2. Optimization Services
  • 7.3. Managed Services
  • 7.4. Advisory & Implementation Services

8 MARKET INSIGHTS BY INDUSTRY VERTICAL

  • 8.1. IT & Telecommunication
  • 8.2. BFSI
  • 8.3. Education
  • 8.4. Healthcare
  • 8.5. Government
  • 8.6. Others

9 MARKET INSIGHTS BY REGION

  • 9.1. North America
    • 9.1.1. U.S.
    • 9.1.2. Canada
    • 9.1.3. Rest of North America
  • 9.2. Europe
    • 9.2.1. Germany
    • 9.2.2. U.K.
    • 9.2.3. France
    • 9.2.4. Italy
    • 9.2.5. Spain
    • 9.2.6. Rest of Europe
  • 9.3. Asia-Pacific
    • 9.3.1. China
    • 9.3.2. Japan
    • 9.3.3. India
    • 9.3.4. Rest of Asia-Pacific
  • 9.4. Rest of World

10 DATA CENTER VIRTUALIZATION MARKET DYNAMICS

  • 10.1. Market Drivers
  • 10.2. Market Challenges
  • 10.3. Impact Analysis

11 DATA CENTER VIRTUALIZATION MARKET OPPORTUNITIES

12 DATA CENTER VIRTUALIZATION MARKET TRENDS

13 DEMAND AND SUPPLY-SIDE ANALYSIS

  • 13.1. Demand Side Analysis
  • 13.2. Supply Side Analysis

14 VALUE CHAIN ANALYSIS

15 PRICING ANALYSIS

16 STRATEGIC INSIGHTS

17 COMPETITIVE SCENARIO

  • 17.1. Competitive Landscape
    • 17.1.1. Porters Five Forces Analysis

18 COMPANY PROFILED

  • 18.1. VMware, Inc
  • 18.2. Microsoft
  • 18.3. Citrix Systems Inc
  • 18.4. Cisco Systems Inc
  • 18.5. Fujitsu
  • 18.6. Radiant Communications Corporation
  • 18.7. Hewlett Packard Enterprise Development LP
  • 18.8. AT&T
  • 18.9. Huawei Technologies Co., Ltd
  • 18.10. HCL Technologies Limited

19 DISCLAIMER