市場調査レポート
商品コード
1260719

エネルギーサイバーセキュリティ市場の現状分析と予測(2022-2028年)

Energy Cyber Security Market: Current Analysis and Forecast (2022-2028)

出版日: | 発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd | ページ情報: 英文 106 Pages | 納期: 即日から翌営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
エネルギーサイバーセキュリティ市場の現状分析と予測(2022-2028年)
出版日: 2023年03月01日
発行: UnivDatos Market Insights Pvt Ltd
ページ情報: 英文 106 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エネルギーサイバーセキュリティ市場は、電気インフラを潜在的なサイバー攻撃から保護するための政府政策の増加により、予測期間中に10.9%という高いCAGRで成長すると予想されます。この市場は、主にテクノロジーへの依存度の増加などの要因によって牽引されています。エネルギー分野は、IoTデバイス、SCADAシステム、クラウドベースのソリューションなど、テクノロジーへの依存度を高めています。そのため、サイバー攻撃の機会が増え、強固なサイバーセキュリティ対策の必要性が浮き彫りになっています。これが、予測期間中の市場を牽引すると予想されます。さらに、エネルギー分野におけるサイバー攻撃の頻度と高度化が進んでいることも、予測期間中の市場を牽引すると予想されます。さらに、エネルギー分野のサイバーセキュリティに対する政府投資の拡大も、予測期間中の市場成長に影響を及ぼすと予想されます。例えば、security weekによると、2020年の米国エネルギー省は、サイバーセキュリティに2,000万米ドルの投資を発表しています。

コンポーネントに基づき、市場はソリューションとサービスに二分されます。ソリューションカテゴリは、予測期間中に最も高いCAGRを示すと予想されます。近年、エネルギー・公益事業業界は、ランサムウェアや組織的なサイバー攻撃に直面することが多くなっています。サプライチェーン攻撃は現在、その数と影響がより顕著になっています。例えば、2021年だけでも、SolarWindsは単一の攻撃として、世界中の何千ものトップ企業や政府機関に影響を与えました。さらに、デジタル化と相互接続の進展によるサイバーセキュリティの脅威の増加、サイバーセキュリティリスクに対する意識の高まりが、このセグメントの成長を促進する要因となっています。

クラウドカテゴリは、予測期間中に最も高いCAGRを示すと予想されています。クラウドベースのソリューションが提供する拡張性、アクセス性、セキュリティなどの成長要因が、このセグメントの成長を後押ししています。クラウドベースのソリューションは、必要に応じて簡単に拡張・縮小できるため、企業は需要の変化に素早く対応でき、コストのかかるハードウェアやインフラへの投資を避けることができます。また、クラウドベースのソリューションは、高価なハードウェアやソフトウェアの購入やメンテナンスが不要であるため、組織にとってより費用対効果の高いソリューションとなり得ます。

セキュリティの種類によって、市場はエンドポイントセキュリティ、ネットワークセキュリティ、アプリケーションセキュリティ、データベースセキュリティ、その他に分類されます。データベース・セキュリティは、予測期間中に大きなCAGRを記録すると予測されています。エネルギー分野におけるデータベースセキュリティの促進要因としては、機密情報の保護、規制遵守、サイバー脅威、業務効率化、資産保護などが挙げられます。さらに、エネルギー分野では、顧客データ、知的財産、財務データなど、非常に機密性の高い情報を扱っています。これらの情報を保護することは、顧客、投資家、ステークホルダーからの信頼を維持するために不可欠です。

エネルギーサイバーセキュリティ業界の市場導入に関する理解を深めるため、市場は北米(米国、カナダ、その他北米地域)、欧州(ドイツ、英国、フランス、スペイン、イタリア、その他欧州地域)、アジア太平洋地域(中国、日本、インド、その他アジア太平洋地域)、その他の国々における世界規模の存在に基づいて分析されています。北米地域のエネルギーサイバーセキュリティ市場は最大の市場シェアを占めており、予測期間中もその成長を維持すると予想されます。同地域におけるサイバー攻撃の発生件数の増加は、予測期間中の市場成長に大きく影響すると予想されます。例えば、AAGによると2017年から2021年にかけて、報告されたサイバー犯罪は153%増加し、2017年の27,829件から2021年の70,288件に増加しました。

目次

第1章 市場イントロダクション

  • 市場の定義
  • 主な目的
  • ステークホルダー
  • 制限事項

第2章 調査手法または前提

  • 調査プロセス
  • 調査手法
  • 回答者プロファイル

第3章 市場要約

第4章 エグゼクティブサマリー

第5章 世界エネルギーサイバーセキュリティ市場COVID-19の影響

第6章 世界のエネルギーサイバーセキュリティ市場の収益, 2020-2028F

第7章 市場洞察:コンポーネント別

  • ソリューション
  • サービス

第8章 市場洞察:展開別

  • クラウド
  • オンプレミス

第9章 市場洞察:セキュリティの種類別

  • エンドポイントセキュリティ
  • ネットワークセキュリティー
  • アプリケーションのセキュリティ
  • データベースのセキュリティ
  • その他

第10章 市場洞察:地域別

  • 北米のエネルギーサイバーセキュリティ市場
    • 米国
    • カナダ
    • その他北米地域
  • 欧州のエネルギーサイバーセキュリティ市場
    • ドイツ
    • 英国
    • フランス
    • イタリア
    • スペイン
    • その他欧州地域
  • アジア太平洋エネルギーサイバーセキュリティ市場
    • 中国
    • インド
    • 日本
    • その他アジア太平洋地域
  • 世界のその他の地域のエネルギーサイバーセキュリティ市場

第11章 エネルギーサイバーセキュリティ市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場の課題
  • 影響分析

第12章 エネルギーサイバーセキュリティ市場機会

第13章 エネルギーサイバーセキュリティ市場動向

第14章 需要側と供給側の分析

  • 需要側分析
  • 供給側分析

第15章 バリューチェーン分析

第16章 ケーススタディ

第17章 戦略的洞察

第18章 競合シナリオ

  • 競合情勢
    • ポーターのファイブフォース分析

第19章 企業プロファイル

  • BAE Systems
  • Alstom
  • E.ON SE
  • Iberdrola, S.A.
  • General Electric
  • Siemens
  • Cisco Systems, Inc.
  • AT&T
  • Amazon Web Services, Inc.
  • Rapid7

第20章 免責事項

目次
Product Code: UMTI211756

The energy sector is a critical infrastructure that is essential for the functioning of society and the economy. However, it is also one of the most vulnerable sectors to cyber attacks due to its complex and interconnected systems, as well as the value of the assets and data it holds.

The energy cybersecurity market is expected to grow at a strong CAGR of 10.9% during the forecast period owing to the increasing government policies for protecting the electrical infrastructure from potential cyber-attacks. The market is mainly driven by factors such as increasing reliance on technology. The energy sector is becoming increasingly reliant on technology, including IoT devices, SCADA systems, and cloud-based solutions. This creates more opportunities for cyber attacks and highlights the need for robust cybersecurity measures. Which is expected to drive the market during the forecast period. Furthermore, the growing frequency and sophistication of cyber-attacks in the energy sector are also expected to drive the market during the forecast period. Moreover, the growing governmental investments in cybersecurity for the energy sector are expected to influence the market growth during the forecast period. For instance, according to security week, the U.S. Department of energy in 2020 announced USD 20 million investment in cyber security.

Based on components, the market is bifurcated into solutions and services. The solution category is anticipated to witness the highest CAGR during the forecast period. In recent years, the energy and utility industry has faced more ransomware and organized cyber-attacks. Supply chain attacks are now more visible in number and impact. For instance, in 2021 alone, SolarWinds, as a single attack, impacted thousands of top companies and government agencies worldwide. Moreover, increased cyber security threats due to more digitalization and interconnectivity and growing awareness of cyber security risks are the factors driving the growth of the segment.

Based on deployment, the market is bifurcated into cloud and on-premises. cloud category is anticipated to witness the highest CAGR during the forecast period. The growing factors such as scalability, accessibility, and security provided by the cloud-based solutions are driving the growth of the segment. Cloud-based solutions can easily scale up or down as needed, allowing organizations to quickly adjust to changing demands and avoid investing in costly hardware and infrastructure. In addition, Cloud-based solutions can be more cost-effective for organizations since they do not require the purchase and maintenance of expensive hardware and software.

Based on security type, the market is segmented into endpoint security, network security, application security, database security, and others. Database security is anticipated to witness a significant CAGR during the forecast period. The driving factors for database security in the energy sector include the protection of sensitive information, regulatory compliance, cyber threats, operational efficiency, and protection of assets. Further, the energy sector deals with highly sensitive information, such as customer data, intellectual property, and financial data. Protection of this information is critical to maintaining the trust of customers, investors, and stakeholders.

For a better understanding of the market adoption of the energy cyber security industry, the market is analyzed based on its worldwide presence in the countries such as North America (U.S., Canada, Rest of North America), Europe (Germany, U.K., France, Spain, Italy, Rest of Europe), Asia-Pacific (China, Japan, India, Rest of Asia-Pacific), Rest of World. The energy cybersecurity market in the North American region held the largest market share and is expected to maintain its growth throughout the forecast period. The growing incidences of cyber attacks in the region are expected to significantly influence the market growth during the forecast period. For instance, according to AAG Between 2017 and 2021, reported cybercrime increased by 153%, from 27,829 cases in 2017 to 70,288 cases in 2021.

Some of the major players operating in the market include: BAE Systems; Alstom; E.ON SE; Iberdrola, S.A.; General Electric; Siemens; Cisco Systems, Inc.; AT&T; Amazon Web Services, Inc.; and Rapid7; among others.

TABLE OF CONTENTS

1 MARKET INTRODUCTION

  • 1.1. Market Definitions
  • 1.2. Main Objective
  • 1.3. Stakeholders
  • 1.4. Limitation

2 RESEARCH METHODOLOGY OR ASSUMPTION

  • 2.1. Research Process of the Energy Cybersecurity Market
  • 2.2. Research Methodology of the Energy Cybersecurity Market
  • 2.3. Respondent Profile

3 MARKET SYNOPSIS

4 EXECUTIVE SUMMARY

5 GLOBAL ENERGY CYBERSECURITY MARKET COVID-19 IMPACT

6 GLOBAL ENERGY CYBERSECURITY MARKET REVENUE, 2020-2028F

7 MARKET INSIGHTS BY COMPONENT

  • 7.1. Solutions
  • 7.2. Services

8 MARKET INSIGHTS BY DEPLOYMENT

  • 8.1. Cloud
  • 8.2. On-Premises

9 MARKET INSIGHTS BY SECURITY TYPE

  • 9.1. Endpoint Security
  • 9.2. Network Security
  • 9.3. Application Security
  • 9.4. Database Security
  • 9.5. Others

10 MARKET INSIGHTS BY REGION

  • 10.1. North America Energy Cybersecurity Market
    • 10.1.1. U.S.
    • 10.1.2. Canada
    • 10.1.3. Rest of North America
  • 10.2. Europe Energy Cybersecurity Market
    • 10.2.1. Germany
    • 10.2.2. U.K.
    • 10.2.3. France
    • 10.2.4. Italy
    • 10.2.5. Spain
    • 10.2.6. Rest of Europe
  • 10.3. Asia-Pacific Energy Cybersecurity Market
    • 10.3.1. China
    • 10.3.2. India
    • 10.3.3. Japan
    • 10.3.4. Rest of Asia-Pacific
  • 10.4. Rest of the World Energy Cybersecurity Market

11 ENERGY CYBERSECURITY MARKET DYNAMICS

  • 11.1. Market Drivers
  • 11.2. Market Challenges
  • 11.3. Impact Analysis

12 ENERGY CYBERSECURITY MARKET OPPORTUNITIES

13 ENERGY CYBERSECURITY MARKET TRENDS

14 DEMAND AND SUPPLY-SIDE ANALYSIS

  • 14.1. Demand Side Analysis
  • 14.2. Supply Side Analysis

15 VALUE CHAIN ANALYSIS

16 CASE STUDY

17 STRATEGIC INSIGHTS

18 COMPETITIVE SCENARIO

  • 18.1. Competitive Landscape
    • 18.1.1. Porters Fiver Forces Analysis

19 COMPANY PROFILED

  • 19.1. BAE Systems
  • 19.2. Alstom
  • 19.3. E.ON SE
  • 19.4. Iberdrola, S.A.
  • 19.5. General Electric
  • 19.6. Siemens
  • 19.7. Cisco Systems, Inc.
  • 19.8. AT&T
  • 19.9. Amazon Web Services, Inc.
  • 19.10. Rapid7

20 DISCLAIMER