表紙:インサイダー脅威対策市場 - 世界の産業規模、シェア、動向、機会、予測、ソリューション別、展開別、企業規模別、業種別、地域別、競合、2018年~2028年
市場調査レポート
商品コード
1379753

インサイダー脅威対策市場 - 世界の産業規模、シェア、動向、機会、予測、ソリューション別、展開別、企業規模別、業種別、地域別、競合、2018年~2028年

Insider Threat Protection Market - Global Industry Size, Share, Trends, Opportunity, and Forecast, Segmented By Solution, By Deployment, By Enterprise Size, By Vertical, By Region, and By Competition, 2018-2028

出版日: | 発行: TechSci Research | ページ情報: 英文 189 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=151.16円

こちらのレポートには、数時間(ご購入金額の10%)分のアナリストへの質問/追加調査サービスが含まれております。

インサイダー脅威対策市場 - 世界の産業規模、シェア、動向、機会、予測、ソリューション別、展開別、企業規模別、業種別、地域別、競合、2018年~2028年
出版日: 2023年10月03日
発行: TechSci Research
ページ情報: 英文 189 Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界のインサイダー脅威対策市場は、インサイダー脅威インシデントの急増と深刻化によって大きな成長を遂げています。

インサイダー脅威は、従業員、請負業者、ビジネスパートナーを含む組織内の個人から発生し、データ漏洩、知的財産の盗難、金融詐欺などの重大なリスクをもたらします。市場では、機械学習、人工知能、行動分析などの先進技術を活用し、複雑で進化する脅威のランドスケープにおいても、不審なユーザーの行動を継続的に監視・検知するソフトウェアベースのソリューションが優位を占めています。

GDPRやHIPAAなどの規制コンプライアンス要件は、企業が規制上の罰則や風評被害を回避しようとするため、市場の成長をさらに促進します。リモートワークやBYOD(Bring Your Own Device)ポリシーの普及により、企業はスケーラビリティ、アクセシビリティ、リモートワーク環境のサポートを提供するクラウドベースのインサイダー脅威対策ソリューションを採用するようになっています。

大企業は、複雑なITインフラ、大容量のデータ、包括的な保護対策が必要な世界な業務を行っているため、採用が圧倒的に多いです。しかし、市場は中小企業のニーズにも対応できるよう進化しており、拡張性とコスト効率に優れたソリューションを提供しています。また、インサイダー脅威の防止と緩和における従業員の役割の重要性を強調した、インサイダー脅威に対する認識と教育プログラムも増加傾向にあります。

市場概要
予測期間 2024年-2028年
市場規模2022年 30億2,000万米ドル
2028年の市場規模 81億5,000万米ドル
CAGR 2023年-2028年 17.82%
急成長セグメント クラウド
最大市場 北米

市場促進要因

インサイダー脅威インシデントの急増

世界のインサイダー脅威対策市場を促進している主な要因の1つは、さまざまな業界でインサイダー脅威インシデントが急増していることです。インサイダー脅威とは、従業員、請負業者、ビジネス・パートナーなど、組織内の個人が悪意を持って、または意図せずに行う行為のことです。これらの脅威は、データ漏洩、金融詐欺、知的財産の盗難、その他のセキュリティ侵害を引き起こす可能性があります。

進化するインサイダー脅威の手口

悪意のあるインサイダーが採用する戦術の進化は、世界のインサイダー脅威対策市場を形成する重要な促進要因です。インサイダー脅威は静的なものではなく、時間とともに適応し、進化していきます。悪意のある内部関係者は、データ流出、特権の乱用、妨害工作、ソーシャル・エンジニアリングなど、幅広い戦術を駆使してセキュリティ管理を迂回し、活動を実行します。

さらに、内部関係者は組織のシステムやプロセスを深く理解していることが多く、脆弱性を悪用して検知を回避することができます。内部関係者は、正当なユーザー活動に紛れ込むための巧妙なテクニックを用いることができるため、正常な行動と悪意のある行動を区別することが難しくなります。

こうした課題に対処するため、企業は行動分析、機械学習、人工知能(AI)を活用した高度なインサイダー脅威対策ソリューションを求めるようになっています。これらのテクノロジーは、ユーザーの行動、ネットワーク・トラフィック、システム・アクティビティを継続的に監視し、内部関係者が自分の行動を難読化しようとした場合でも、通常のパターンからの逸脱を特定することができます。

規制コンプライアンスとデータ保護

規制コンプライアンスとデータ保護への世界の注目は、インサイダー脅威対策市場の実質的な促進要因です。世界中の政府や規制機関は、機密情報を保護しインサイダー脅威を軽減するために、厳格なデータ保護法やサイバーセキュリティ規制を導入しています。

例えば、欧州の一般データ保護規則(GDPR)や米国の医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)は、インサイダー脅威から個人情報や機密データを保護するための厳しい要件を組織に課しています。これらの規制に従わない場合、厳しい罰則や風評被害が生じる可能性があります。

その結果、企業はこれらの規制上の義務を果たすため、インサイダー脅威対策ソリューションの導入を余儀なくされています。これらのソリューションは、組織が機密データを保護し、アクセス制御を実施し、インサイダー脅威を効果的に検知して対応するのに役立ちます。コンプライアンス促進要因は、インサイダー脅威対策市場の成長における重要な促進要因であり続けています。

リモートワークとBYOD(Bring Your Own Device)の動向

リモートワークとBYOD(Bring Your Own Device)ポリシーの普及が、インサイダー脅威対策ソリューションの需要を促進しています。COVID-19の流行はリモートワークの採用を加速させ、多くの組織が柔軟な勤務形態を受け入れています。しかし、リモートワークやBYODは、インサイダー脅威という点で新たな課題をもたらします。

遠隔地の従業員や請負業者は、さまざまな場所やデバイスから企業ネットワークにアクセスすることが多いため、ユーザーの活動を監視し、セキュリティを確保することが難しくなります。リモートで働く内部関係者は、この状況を悪用して、オフィスに物理的にいなくてもデータの盗難などの悪質な行為を実行する可能性があります。

このような課題に対処するため、リモートワークのシナリオで可視性と制御を提供するインサイダー脅威対策ソリューションへの注目が高まっています。これらのソリューションは、リモートエンドポイント、クラウドベースのアプリケーション、ネットワーク接続まで監視機能を拡張し、分散環境におけるインサイダー脅威の検知と対応を可能にします。

インサイダー脅威の認識と教育

インサイダー脅威に対する認識と教育が重視されるようになっていることも、世界のインサイダー脅威対策市場の重要な促進要因となっています。組織は、インサイダー脅威の防止と緩和において従業員が重要な役割を果たすことを認識しています。従業員は多くの場合、組織内の異常な行動や不審な行動を特定する最初の防衛線となります。

従業員に権限を与えるため、組織は包括的なインサイダー脅威の認識と教育プログラムを実施しています。これらのプログラムは、インサイダー脅威に関するリスク、悪意のある内部関係者が使用する一般的な手口、異常な行動を報告することの重要性について従業員を教育するものです。

さらに、インサイダー脅威認識プログラムには、多くの場合、インサイダー脅威のシナリオをシミュレートし、従業員が実際の状況で潜在的な脅威を認識できるようにするための実践的なトレーニングが含まれています。こうしたプログラムは、セキュリティ文化を醸成し、不信感を抱かせることなく従業員に警戒心を促します。

組織がこのような認識と教育イニシアティブに投資することで、インサイダー脅威を認識し報告できる、より多くの情報を得た積極的な従業員が生まれ、インサイダー脅威対策市場の成長に貢献します。この促進要因は、インサイダー脅威対策がテクノロジーだけの問題ではなく、人的・組織的な問題でもあるという認識を強調するものです。

主な市場課題

インサイダー脅威検知の複雑さ

インサイダー脅威検知の複雑さは、世界のインサイダー脅威対策市場が直面する顕著な課題です。外部からの脅威とは異なり、インサイダー脅威は、多くの場合、システムやデータに合法的にアクセスできる組織内の個人から発生します。多くの正当な行為の中から悪意のある行為や不正な行為を特定することは、複雑で困難な作業です。

インサイダー脅威は、データの盗難や詐欺からスパイ行為や妨害行為に至るまで、様々な形態をとる可能性があります。さらに、インサイダー脅威の行為者は、ネットワーク内での横の動きや正規ユーザーを装うなど、微妙な戦術を用いることがあり、その行為を検知することが困難です。この課題に対処するため、企業は誤検知を最小限に抑えながら、正常なユーザー行動と疑わしいユーザー行動を区別できる高度なソリューションを必要としています。

高度なインサイダー脅威対策ソリューションは、機械学習と人工知能(AI)アルゴリズムを活用して、ユーザーの行動、システム・ログ、ネットワーク・トラフィック・パターンを継続的に分析します。これらのソリューションは、典型的なユーザー行動のベースラインを作成し、これらのベースラインからの逸脱が発生した場合にアラートを発することができます。テクノロジーは検知能力を向上させる上で大きな進歩を遂げましたが、インサイダー脅威検知の本質的な複雑さは依然として中心的な課題となっています。

インサイダー脅威の帰属

インサイダー脅威を特定の個人や組織に帰属させることは、複雑で、しばしばとらえどころのない課題です。多くの場合、インサイダー脅威には、漏洩した認証情報、インサイダーとの共謀、匿名化技術など、脅威行為者の身元を不明瞭にする要因が複合的に関与しています。

法的手続き、懲戒処分、セキュリティの改善など、適切な対策を講じるためには、適切な帰属を特定することが極めて重要です。しかし、正確な帰属を達成するためには、フォレンジック分析、デジタル証拠の収集、セキュリティチームと法律の専門家の協力が必要となり、多くの場合、長期的かつリソースを要するプロセスとなります。

さらに、インサイダー脅威は悪意ではなく、偶発的な行動や過失として現れることがあり、帰属の取り組みをさらに複雑にしています。この課題に対処するためには、高度な調査技術、包括的なモニタリング、行動を発生源まで正確に追跡する能力が必要です。

セキュリティとプライバシーのバランス

セキュリティ対策と個人のプライバシーに関する懸念のバランスを取ることは、世界のインサイダー脅威対策市場における継続的な課題です。ユーザーの行動を監視することは、特にインサイダー脅威対策という文脈では、プライバシーや倫理的な問題を提起する可能性があります。組織は、インサイダー脅威からの保護と、従業員や利害関係者のプライバシー権の尊重との間で微妙なバランスを取らなければならないです。

組織がインサイダー脅威対策ソリューションを導入する際には、欧州の一般データ保護規則(GDPR)や米国のカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)などのデータプライバシー規制に準拠した方法でユーザーデータを収集・分析する方法を検討しなければならないです。プライバシーに関する懸念に対処できなければ、法的責任、規制上の罰金、風評被害につながる可能性があります。

この課題を解決するために、企業は多くの場合、ユーザーデータを匿名化して集約するソリューションを導入し、個人のプライバシーを保護しながら、インサイダー脅威の検出を可能にしています。さらに、明確なポリシー、同意の仕組み、従業員との透明性のあるコミュニケーションは、プライバシーとセキュリティのバランスに対処するために不可欠な要素です。

インサイダー脅威の防止と軽減

インサイダー脅威の防止と軽減は、その微妙な性質のために困難な場合があります。外部からの脅威とは異なり、インサイダー脅威にはシステムやデータに合法的にアクセスできる個人が関与していることが多いため、従来の防止対策はあまり効果的ではありません。セキュリティの必要性と、組織内の信頼や生産性の必要性とのバランスを取ることは、永遠の課題です。

組織は、強固なアクセス制御を確立し、最小特権の原則を採用し、潜在的なインサイダー脅威を検知するためにユーザーの行動を継続的に監視しなければならないです。しかし、このような対策を講じても、インサイダー脅威が発生する可能性はあります。発生した場合、組織は迅速かつ効果的に対応し、影響を軽減しなければならないです。

その緩和策には、懲戒処分、法的手続き、セキュリティの改善などが含まれます。インサイダー脅威からの保護と良好な職場環境の維持の間で適切なバランスを取ることは、微妙な問題です。効果的な緩和戦略は、当面のセキュリティ対応と組織の長期的目標の両方を考慮しなければならないです。

インサイダー脅威に対する意識とインサイダーの共謀

従業員のインサイダー脅威に対する意識を高めることは非常に重要ですが、課題もあります。インサイダー脅威に対する意識向上プログラムは、インサイダー脅威のリスクや兆候について従業員を教育することができますが、不用意に疑念を抱かせ、組織内に不信感を抱かせる可能性があります。

さらに、インサイダー脅威は、必ずしも個人の行動の結果とは限らないです。複数の個人が共謀してインサイダー脅威を実行するインサイダー共謀は、発見が困難な場合があります。このような協調的な取り組みには、さまざまなレベルのアクセス権や権限を持つ内部関係者が関与することが多いため、さらに見つけにくいのです。

この課題に対処するには、セキュリティ文化の醸成と前向きな職場環境の維持の間で微妙なバランスを取る必要があります。組織は、従業員に疑わしい行動を報告するよう促す方法を見つけると同時に、従業員が信頼され尊重されていると感じるようにしなければならないです。さらに、インサイダーの共謀のパターンを特定し、迅速に対処するためには、高度な監視・検知ソリューションが不可欠です。

主な市場動向

インサイダー脅威検知と外部脅威検知の融合

世界のインサイダー脅威対策市場における重要な動向は、インサイダー脅威検知と外部脅威検知の融合です。歴史的に、組織は、組織内部から発生するインサイダー脅威と、外部から発生する外部脅威に対処するための別々のセキュリティ・ソリューションと戦略を維持してきました。しかし、この2つのカテゴリーの境界線はますます曖昧になってきています。

現代のサイバー攻撃は、内部と外部の要素が組み合わさっていることが多いです。悪意のある行為者は、内部関係者の認証情報を侵害して組織のシステムにアクセスしたり、従業員を操って外部からの攻撃を知らず知らずのうちに手助けしたりします。その結果、組織はインサイダー脅威と外部脅威の両方を総合的に検知して対応できる統合セキュリティ・ソリューションを採用するようになっています。

これらの統合ソリューションは、高度なアナリティクス、機械学習、人工知能(AI)を活用して、ユーザーの行動やネットワーク・アクティビティを継続的に監視し、インサイダー脅威や外部脅威を示す可能性のある異常を特定します。インサイダー脅威と外部脅威の検知の間のサイロを取り払うことで、企業はより包括的で効果的なセキュリティ体制を実現することができます。

ユーザーとエンティティの行動分析(UEBA)の重視

ユーザーとエンティティの行動分析(UEBA)は、世界のインサイダー脅威対策市場で主流となっている傾向です。UEBAソリューションは、エンドポイント、アプリケーション、サーバーなどのエンティティの挙動だけでなく、ユーザー(従業員と外部エンティティの両方)の挙動を分析および監視するように設計されています。これらのソリューションは、高度なアルゴリズムを使用して正常な動作のベースラインを確立し、潜在的な脅威を示す逸脱を特定します。

UEBAソリューションは、不正なデータ・アクセスや通常とは異なるログイン・パターンなど、ユーザー行動の微妙な異常を特定できるため、インサイダー脅威の検知に特に効果的です。UEBAソリューションは、ユーザーの行動やエンティティのインタラクションを継続的に評価することで、組織にインサイダー脅威の早期警告サインを提供することができます。

UEBA市場の成熟が進むにつれて、ベンダーはより高度な分析、予測機能、他のセキュリティ・ツールとの統合によってソリューションを強化しています。インサイダー脅威防御戦略におけるUEBAの重要性の高まりは、今後数年間の市場成長を促進すると予想されます。

クラウド環境におけるインサイダー脅威検知

クラウド・コンピューティングの採用は、インサイダー脅威防御の状況を再形成しています。組織はデータやワークロードをクラウド環境に移行する傾向が強まっており、インサイダー脅威の検知と保護に新たな課題をもたらしています。インサイダー脅威は、不正アクセス、データの流出、クラウドサービスの悪用を通じて、クラウド環境で顕在化する可能性があります。

こうした課題に対処するため、インサイダー脅威対策市場では、クラウド環境に特化して設計されたソリューションへの移行が進んでいます。クラウドネイティブのインサイダー脅威検知ソリューションは、クラウドアプリケーション、プラットフォーム、インフラストラクチャー全体のユーザー活動を可視化します。クラウド環境内のデータ転送、設定、アクセス許可を監視できるため、企業はクラウド内のインサイダー脅威を検知し、対応することができます。

さらに、クラウドベースのインサイダー脅威対策とオンプレミス・ソリューションの統合は、ますます重要になってきています。このハイブリッド・アプローチにより、企業はITランドスケープ全体にわたるインサイダー脅威の活動を統合的に把握できるようになり、データやアプリケーションがどこに存在するかにかかわらず、包括的な保護を確保できるようになります。

インサイダー脅威対応における自動化とオーケストレーション

自動化とオーケストレーションは、インサイダー脅威への対応における重要な動向として浮上しています。組織が大量のアラートやインシデントに直面するにつれ、手作業による対応プロセスはますます非現実的で時間がかかるようになっています。インサイダー脅威対策ソリューションには、対応作業を合理化し、対応時間を短縮するための自動化機能が組み込まれています。

インサイダー脅威対応における自動化には、事前に定義されたワークフローやプレイブックを使用して、検出された脅威への対応を自動的に開始することが含まれます。例えば、不審なユーザーの行動が特定された場合、自動化された対応として、影響を受けたユーザー・アカウントの隔離、データ流出の試みのブロック、セキュリティ・チームへのアラートのトリガーなどが考えられます。

オーケストレーションは、複数のセキュリティ・ツールやシステムを統合して一貫性のある対応フレームワークにすることで、自動化をさらに一歩進めます。オーケストレーション・プラットフォームは、さまざまなセキュリティ・ソリューションのアクションを調整し、インサイダー脅威への同期された効率的な対応を実現します。この動向により、組織はインサイダー脅威に対してより効果的に対応できるようになると同時に、人為的ミスのリスクを低減し、一貫した対応を確実に実行できるようになります。

インサイダー脅威に対する認識とトレーニング

インサイダー脅威に対する認識とトレーニングの重視の高まりは、インサイダー脅威対策市場における注目すべき動向です。組織は、インサイダー脅威の防止と緩和において従業員が重要な役割を果たすことを認識しつつあります。インサイダー脅威への認識向上プログラムは、インサイダー脅威に関連するリスク、疑わしい行動の兆候、および報告手順について従業員を教育することを目的としています。

このようなプログラムでは、従業員が潜在的な脅威を認識できるように、インサイダー脅威のシミュレーションシナリオや実際のケーススタディを盛り込むことがよくあります。さらに、組織のセキュリティ・チームに懸念を報告することの重要性も強調されます。

インサイダー脅威に対する認識とトレーニングの動向は、インサイダー脅威に対する防御の第一線は従業員であることが多いという理解に基づいています。従業員がリスクについて知識を持ち、不審な行動を特定して報告するためのツールを備えていれば、組織はインサイダー脅威をより効果的に検知し、対応することができます。

セグメント別洞察

ソリューションの洞察

2022年の世界のインサイダー脅威対策市場は、ソフトウェア・セグメントが優位を占めています。インサイダー脅威対策市場では、機械学習、脅威インテリジェンス、行動分析、データモニタリング機能の革新によって、ソフトウェアソリューションの著しい進歩が見られます。このような技術開発により、脅威行為者がますます巧妙な手口を用いるようになっても、ソフトウェア・ソリューションはインサイダー脅威を検知する上でより洗練されたものとなっています。

ソフトウェア・ソリューションは拡張性と自動化を提供し、組織が膨大な量のデータをリアルタイムで監視・分析することを可能にします。データ量の増加やネットワークの複雑化に伴い、ソフトウェアベースのインサイダー脅威対策ソリューションは、大企業や複雑なITインフラストラクチャの要求に対応し、拡張することができます。

インサイダー脅威は時間の経過とともに徐々に顕在化する可能性があり、継続的なモニタリングが脅威を検知する上で極めて重要な要素となります。ソフトウェア・ソリューションはこの点で優れており、ユーザーの行動、ネットワーク・トラフィック、システム・ログを、疲労や怠慢なしに24時間体制で監視することができます。この絶え間ない警戒により、不審な行動が迅速に特定されます。

ソフトウェアベースのソリューションは、異常や不審な活動が検出されると、リアルタイムのアラートを生成することができます。これらのアラートにより、組織は潜在的なインサイダー脅威に対して迅速に対応することができ、悪意のある行動を起こすまでの時間を短縮し、潜在的な損害を最小限に抑えることができます。ソフトウェア・ソリューションに統合された自動対応メカニズムは、対応策の有効性をさらに高めます。

展開の洞察

2022年の世界インサイダー脅威対策市場はクラウドセグメントが優位を占める。クラウドベースのインサイダー脅威対策ソリューションは、比類のない拡張性と柔軟性を提供します。組織は、ニーズの変化に応じて保護機能を簡単に拡張したり縮小したりできます。この俊敏性は、複雑さや頻度が異なるインサイダー脅威に対処する上で特に重要です。

クラウドの導入により、企業はサーバー、ストレージ、ネットワーク機器などの大規模なオンプレミスインフラに投資し、維持する必要がなくなります。これにより、資本支出が削減されるだけでなく、メンテナンスやアップグレードに伴う運用コストも削減されます。

クラウドベースのソリューションは、インターネット接続さえあればどこからでもアクセスできます。リモートワークや分散チームが一般的になった現在、クラウドを導入することで、組織は地理的に分散した拠点や遠隔地にいる従業員のインサイダー脅威を効率的に監視することができます。

クラウドベースのソリューションは、オンプレミスと比較して迅速に導入することができます。このスピードは、インサイダー脅威対策を迅速に強化しようとする組織にとって極めて重要です。さらに、クラウドプロバイダーがソフトウェアのアップデートやメンテナンスを行うことが多いため、企業は追加の労力をかけることなく最新のセキュリティ機能を利用することができます。

地域の洞察

2022年の世界インサイダー脅威対策市場は北米が支配的です。北米、特に米国は、サイバーセキュリティ企業を含む多くの最先端テクノロジー企業の本拠地です。この地域には、研究開発センター、大学、技術ハブなどの豊かなエコシステムがあり、サイバーセキュリティ分野のイノベーションを促進しています。このようなイノベーションの文化が、世界的に高い人気を誇る高度なインサイダー脅威保護ソリューションの創出につながっています。

北米には、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)、グラム・リーチ・ブライリー法(GLBA)、州レベルの情報漏えい通知法など、強固なデータ保護とサイバーセキュリティの規制があります。これらの規制は、機密データを保護するために、インサイダー脅威対策を含む包括的なセキュリティ対策を実施することを組織に求めています。このような規制環境は、様々な業界においてインサイダー脅威対策ソリューションの導入を促進する原動力となっています。

北米では、データ盗難、企業スパイ、不満を持つ従業員などの要因によって、インサイダー脅威インシデントが顕著に増加しています。同地域で大きな話題となった事件により、内部関係者がもたらすリスクに対する意識が高まり、企業は高度な保護対策への投資を促しています。

北米には、金融、ヘルスケア、テクノロジー、防衛など、さまざまな分野の大企業や多国籍企業が多数存在します。これらの企業は、インサイダー脅威対策を含むサイバーセキュリティ対策に多額の予算を投じていることが多いです。彼らの多額の投資は、北米のインサイダー脅威対策市場の成長に寄与しています。

目次

第1章 サービス概要

  • 市場の定義
  • 市場の範囲
    • 対象市場
    • 調査対象年
    • 主要市場セグメンテーション

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 世界のインサイダー脅威対策市場へのCOVID-19の影響

第5章 顧客の声

第6章 世界のインサイダー脅威対策市場概要

第7章 世界のインサイダー脅威対策市場展望

  • 市場規模と予測
    • 金額別
  • 市場シェアと予測
    • ソリューション別(ソフトウェア、サービス)
    • 展開別(クラウド、オンプレミス)
    • 企業規模別(中小企業、大企業)
    • 業界別(BFSI、IT・通信、小売・eコマース、ヘルスケア・ライフサイエンス、製造、政府・防衛、エネルギー・公益事業、その他)
    • 地域別(北米、欧州、南米、中東・アフリカ、アジア太平洋地域)
  • 企業別(2022年)
  • 市場マップ

第8章 北米のインサイダー脅威対策市場展望

  • 市場規模・予測
    • 金額別
  • 市場シェアと予測
    • ソリューション別
    • 展開別
    • 企業規模別
    • 業界別
    • 国別

第9章 欧州のインサイダー脅威対策市場展望

  • 市場規模・予測
    • 金額別
  • 市場シェアと予測
    • ソリューション別
    • 展開別
    • 企業規模別
    • 業界別
    • 国別

第10章 南米のインサイダー脅威対策市場展望

  • 市場規模・予測
    • 金額別
  • 市場シェアと予測
    • ソリューション別
    • 展開別
    • 企業規模別
    • 業界別
    • 国別

第11章 中東・アフリカのインサイダー脅威対策市場展望

  • 市場規模・予測
    • 金額別
  • 市場シェアと予測
    • ソリューション別
    • 展開別
    • 企業規模別
    • 業界別
    • 国別

第12章 アジア太平洋地域のインサイダー脅威対策市場展望

  • 市場規模・予測
    • 金額別
  • 市場規模・予測
    • ソリューション別
    • 展開別
    • 企業規模別
    • 業界別
    • 国別

第13章 市場力学

  • 促進要因
  • 課題

第14章 市場動向と開拓

第15章 企業プロファイル

  • International Business Machines Corporation
  • Microsoft Corporation
  • Splunk Inc.
  • McAfee Corporation
  • Symantec Corporation
  • Cisco Systems, Inc.
  • Darktrace plc
  • Securonix, Inc.
  • SentinelOne, Inc.
  • CrowdStrike Holdings, Inc.

第16章 戦略的提言

第17章 調査会社について・免責事項

目次
Product Code: 17387

The Global Insider Threat Protection Market is experiencing significant growth driven by the escalating number and severity of insider threat incidents. Insider threats, originating from individuals within an organization, including employees, contractors, and business partners, pose substantial risks such as data breaches, intellectual property theft, and financial fraud. The market is witnessing the dominance of software-based solutions that leverage advanced technologies like machine learning, artificial intelligence, and behavioral analytics to continuously monitor and detect suspicious user activities, even in complex and evolving threat landscapes.

Regulatory compliance requirements, such as GDPR and HIPAA, further fuel market growth as organizations seek to avoid regulatory penalties and reputational damage. The proliferation of remote work and Bring Your Own Device (BYOD) policies has prompted organizations to adopt cloud-based Insider Threat Protection solutions, offering scalability, accessibility, and support for remote work environments.

Large enterprises dominate the adoption due to their complex IT infrastructures, higher data volumes, and global operations, necessitating comprehensive protection measures. Nonetheless, the market is evolving to cater to the needs of Small and Medium-sized Enterprises (SMEs), offering scalable, cost-effective solutions. Insider threat awareness and education programs are also on the rise, emphasizing the importance of employees' role in preventing and mitigating insider threats.

Market Overview
Forecast Period2024-2028
Market Size 2022USD 3.02 Billion
Market Size 2028USD 8.15 billion
CAGR 2023-202817.82%
Fastest Growing SegmentCloud
Largest MarketNorth America

Key Market Drivers

Escalating Insider Threat Incidents

One of the primary drivers propelling the global Insider Threat Protection market is the escalating number of insider threat incidents across various industries. Insider threats are malicious or unintentional actions carried out by individuals within an organization, including employees, contractors, and business partners. These threats can result in data breaches, financial fraud, intellectual property theft, and other security breaches.

The frequency and severity of insider threat incidents have been on the rise, fueled by factors such as increased connectivity, the growing value of data, and the ease of sharing information in digital environments. High-profile incidents, like the Edward Snowden case and the Equifax data breach, have underscored the importance of protecting organizations from insider threats.

As insider threats become a more significant concern for organizations, the demand for robust Insider Threat Protection solutions has surged. Organizations are increasingly investing in technologies and strategies that can help detect, prevent, and respond to insider threats effectively, making it a pivotal driver for the market's growth.

Evolving Insider Threat Tactics

The evolving tactics employed by malicious insiders are a critical driver shaping the global Insider Threat Protection market. Insider threats are not static; they adapt and evolve over time. Malicious insiders can use a wide range of tactics, including data exfiltration, privilege abuse, sabotage, and social engineering, to bypass security controls and carry out their activities.

Moreover, insiders often possess a deep understanding of an organization's systems and processes, enabling them to exploit vulnerabilities and avoid detection. They can employ subtle techniques to blend in with legitimate user activity, making it challenging to distinguish between normal and malicious behavior.

To address these challenges, organizations are increasingly seeking advanced Insider Threat Protection solutions that leverage behavioral analytics, machine learning, and artificial intelligence (AI). These technologies can continuously monitor user behavior, network traffic, and system activity to identify deviations from normal patterns, even when insiders attempt to obfuscate their actions.

Regulatory Compliance and Data Protection

The global focus on regulatory compliance and data protection is a substantial driver of the Insider Threat Protection market. Governments and regulatory bodies worldwide have introduced stringent data protection laws and cybersecurity regulations to safeguard sensitive information and mitigate insider threats.

For example, the General Data Protection Regulation (GDPR) in Europe and the Health Insurance Portability and Accountability Act (HIPAA) in the United States impose strict requirements on organizations to protect personal and sensitive data from insider threats. Non-compliance with these regulations can result in severe financial penalties and reputational damage.

As a result, organizations are compelled to adopt Insider Threat Protection solutions to meet these regulatory obligations. These solutions help organizations safeguard sensitive data, enforce access controls, and detect and respond to insider threats effectively. Compliance-driven demand continues to be a significant driver in the growth of the Insider Threat Protection market.

Remote Work and Bring Your Own Device (BYOD) Trends

The proliferation of remote work and Bring Your Own Device (BYOD) policies is driving the demand for Insider Threat Protection solutions. The COVID-19 pandemic accelerated the adoption of remote work, and many organizations have embraced flexible work arrangements. However, remote work and BYOD introduce new challenges in terms of insider threats.

Remote employees and contractors often access corporate networks from diverse locations and devices, making it more challenging to monitor and secure user activities. Insiders working remotely may exploit this situation to carry out malicious actions, such as data theft, without being physically present at the office.

To address these challenges, organizations are increasingly turning to Insider Threat Protection solutions that offer visibility and control in remote work scenarios. These solutions extend monitoring capabilities to remote endpoints, cloud-based applications, and network connections, allowing organizations to detect and respond to insider threats in a distributed environment.

Insider Threat Awareness and Education

The growing emphasis on insider threat awareness and education is another significant driver in the global Insider Threat Protection market. Organizations recognize that employees play a crucial role in preventing and mitigating insider threats. Employees are often the first line of defense in identifying unusual or suspicious behavior within the organization.

To empower employees, organizations are implementing comprehensive insider threat awareness and education programs. These programs educate employees about the risks associated with insider threats, common tactics used by malicious insiders, and the importance of reporting unusual behavior.

Moreover, insider threat awareness programs often include simulated insider threat scenarios and practical training to help employees recognize potential threats in real-world situations. These programs foster a culture of security and encourage employees to be vigilant without creating a sense of mistrust.

As organizations invest in these awareness and education initiatives, they contribute to the growth of the Insider Threat Protection market by creating a more informed and proactive workforce capable of recognizing and reporting insider threats. This driver underscores the recognition that insider threat protection is not solely a technology issue but also a human and organizational one.

Key Market Challenges

Complexity of Insider Threat Detection

The complexity of insider threat detection is a prominent challenge facing the global Insider Threat Protection market. Unlike external threats, insider threats originate from individuals within an organization who often have legitimate access to systems and data. Identifying malicious or unauthorized activities among a sea of legitimate actions is a complex and daunting task.

Insider threats can take various forms, from data theft and fraud to espionage and sabotage. Furthermore, insider threat actors may employ subtle tactics, such as lateral movement within the network or masquerading as authorized users, making their actions difficult to detect. To address this challenge, organizations need sophisticated solutions that can distinguish between normal and suspicious user behavior while minimizing false positives.

Advanced insider threat protection solutions leverage machine learning and artificial intelligence (AI) algorithms to continuously analyze user actions, system logs, and network traffic patterns. These solutions create baselines of typical user behavior and can raise alerts when deviations from these baselines occur. While technology has made significant strides in improving detection capabilities, the inherent complexity of insider threat detection remains a central challenge.

Insider Threat Attribution

Attributing insider threats to specific individuals or entities is a complex and often elusive challenge. In many cases, insider threats involve a combination of factors, such as compromised credentials, insider collusion, and anonymization techniques, which can obscure the identity of the threat actor.

Proper attribution is crucial for taking appropriate action, whether it involves legal proceedings, disciplinary measures, or security improvements. However, achieving accurate attribution can be a protracted and resource-intensive process, often requiring forensic analysis, digital evidence collection, and collaboration between security teams and legal experts.

In addition, insider threats may manifest as accidental actions or negligence rather than malicious intent, further complicating attribution efforts. Addressing this challenge necessitates advanced investigative techniques, comprehensive monitoring, and the ability to trace actions back to their source accurately.

Balancing Security and Privacy

Balancing security measures with individual privacy concerns is an ongoing challenge in the global Insider Threat Protection market. Monitoring user behavior, especially within the context of insider threat protection, can raise privacy and ethical considerations. Organizations must strike a delicate balance between protecting against insider threats and respecting the privacy rights of their employees and stakeholders.

As organizations implement insider threat protection solutions, they must consider how to collect and analyze user data in ways that are compliant with data privacy regulations, such as the General Data Protection Regulation (GDPR) in Europe or the California Consumer Privacy Act (CCPA) in the United States. Failure to address privacy concerns can lead to legal liabilities, regulatory fines, and reputational damage.

To navigate this challenge, organizations often deploy solutions that anonymize and aggregate user data, ensuring that individual privacy is preserved while still enabling the detection of insider threats. Additionally, clear policies, consent mechanisms, and transparent communication with employees are essential components of addressing the privacy-security balance.

Insider Threat Prevention and Mitigation

Preventing and mitigating insider threats can be challenging due to the nuanced nature of these threats. Unlike external threats, insider threats often involve individuals who have legitimate access to systems and data, making traditional prevention measures less effective. Balancing the need for security with the need for trust and productivity within an organization is a persistent challenge.

Organizations must establish robust access controls, employ the principle of least privilege, and continuously monitor user behavior to detect potential insider threats. However, even with these measures in place, insider threats can still occur. When they do, organizations must respond swiftly and effectively to mitigate the impact.

Mitigation efforts may involve disciplinary actions, legal proceedings, and security improvements. Striking the right balance between protecting against insider threats and maintaining a positive work environment can be delicate. Effective mitigation strategies must consider both the immediate security response and the organization's long-term objectives.

Insider Threat Awareness and Insider Collusion

Increasing insider threat awareness among employees is crucial, but it can also present challenges. While insider threat awareness programs can educate employees about the risks and signs of insider threats, they may inadvertently raise suspicions and create a sense of distrust within the organization.

Furthermore, insider threats are not always the result of individual actions. Insider collusion, where multiple individuals conspire to carry out an insider threat, can be challenging to detect. These coordinated efforts often involve insiders with varying levels of access and authority, making them even more elusive.

Addressing this challenge requires a delicate balance between fostering a culture of security and maintaining a positive work environment. Organizations must find ways to encourage employees to report suspicious activities while also ensuring that employees feel trusted and respected. Additionally, advanced monitoring and detection solutions are essential for identifying patterns of insider collusion and addressing them swiftly.

Key Market Trends

Convergence of Insider and External Threat Detection

A significant trend in the global Insider Threat Protection market is the convergence of insider threat detection with external threat detection. Historically, organizations have maintained separate security solutions and strategies to address insider threats, which originate from within the organization, and external threats, which come from outside sources. However, the lines between these two categories are becoming increasingly blurred.

Modern cyberattacks often involve a combination of insider and external elements. Malicious actors may compromise insider credentials to gain access to an organization's systems or manipulate employees into unwittingly aiding an external attack. As a result, organizations are adopting integrated security solutions that can detect and respond to both insider and external threats holistically.

These integrated solutions leverage advanced analytics, machine learning, and artificial intelligence (AI) to continuously monitor user behavior and network activity, identifying anomalies that may indicate insider or external threats. By breaking down the silos between insider and external threat detection, organizations can achieve a more comprehensive and effective security posture.

Emphasis on User and Entity Behavior Analytics (UEBA)

User and Entity Behavior Analytics (UEBA) is a prevailing trend in the global Insider Threat Protection market. UEBA solutions are designed to analyze and monitor the behavior of users (both employees and external entities) as well as the behavior of entities like endpoints, applications, and servers. These solutions use advanced algorithms to establish a baseline of normal behavior and identify deviations indicative of potential threats.

UEBA solutions are particularly effective in detecting insider threats, as they can identify subtle anomalies in user behavior, such as unauthorized data access or unusual login patterns. By continuously assessing user actions and entity interactions, UEBA solutions can provide organizations with early warning signs of insider threats.

As the UEBA market continues to mature, vendors are enhancing their solutions with more advanced analytics, predictive capabilities, and integration with other security tools. The growing importance of UEBA in insider threat protection strategies is expected to drive market growth in the coming years.

Insider Threat Detection in Cloud Environments

The adoption of cloud computing is reshaping the landscape of insider threat protection. Organizations are increasingly moving their data and workloads to cloud environments, which introduces new challenges for insider threat detection and protection. Insider threats can manifest in cloud environments through unauthorized access, data exfiltration, and misuse of cloud services.

To address these challenges, the Insider Threat Protection market is witnessing a trend toward solutions specifically designed for cloud environments. Cloud-native insider threat detection solutions offer visibility into user activities across cloud applications, platforms, and infrastructure. They can monitor data transfers, configurations, and access permissions within cloud environments, allowing organizations to detect and respond to insider threats in the cloud.

Additionally, the integration of cloud-based insider threat protection with on-premises solutions is becoming increasingly important. This hybrid approach provides organizations with a unified view of insider threat activity across their entire IT landscape, ensuring comprehensive protection regardless of where data and applications reside.

Automation and Orchestration in Insider Threat Response

Automation and orchestration are emerging as key trends in insider threat response. As organizations face a growing volume of alerts and incidents, manual response processes become increasingly impractical and time-consuming. Insider threat protection solutions are incorporating automation capabilities to streamline response efforts and reduce response times.

Automation in insider threat response involves the use of predefined workflows and playbooks to automatically initiate responses to detected threats. For example, when suspicious user behavior is identified, an automated response may involve isolating the affected user account, blocking data exfiltration attempts, or triggering alerts to security teams.

Orchestration takes automation a step further by integrating multiple security tools and systems into a cohesive response framework. Orchestration platforms can coordinate the actions of different security solutions, ensuring a synchronized and efficient response to insider threats. This trend enables organizations to respond more effectively to insider threats while reducing the risk of human error and ensuring consistent actions are taken.

Insider Threat Awareness and Training

Increasing emphasis on insider threat awareness and training is a notable trend in the Insider Threat Protection market. Organizations are recognizing that employees play a critical role in preventing and mitigating insider threats. Insider threat awareness programs aim to educate employees about the risks associated with insider threats, signs of suspicious behavior, and reporting procedures.

These programs often include simulated insider threat scenarios and real-world case studies to help employees recognize potential threats. Furthermore, they emphasize the importance of reporting concerns to the organization's security team.

The trend toward insider threat awareness and training is driven by the understanding that employees are often the first line of defense against insider threats. When employees are knowledgeable about the risks and equipped with the tools to identify and report suspicious activities, organizations can detect and respond to insider threats more effectively.

Segmental Insights

Solution Insights

Software segment dominates in the global insider threat protection market in 2022. The Insider Threat Protection market has seen significant advancements in software solutions, driven by innovations in machine learning, artificial intelligence, behavioral analytics, and data monitoring capabilities. These technological developments have allowed software solutions to become more sophisticated in detecting insider threats, even as threat actors employ increasingly sophisticated tactics.

Software solutions offer scalability and automation, enabling organizations to monitor and analyze vast amounts of data in real-time. With the growth in data volumes and the increasing complexity of networks, software-based Insider Threat Protection solutions can adapt and scale to handle the demands of large enterprises and complex IT infrastructures.

Insider threats can manifest gradually over time, making continuous monitoring a crucial element in detecting them. Software solutions excel in this regard, as they can monitor user behavior, network traffic, and system logs around the clock without fatigue or lapses. This constant vigilance ensures that suspicious activities are promptly identified.

Software-based solutions can generate real-time alerts when anomalies or suspicious activities are detected. These alerts enable organizations to respond swiftly to potential insider threats, reducing the time window for malicious actions and minimizing potential damage. Automated response mechanisms integrated into software solutions further enhance the effectiveness of response efforts.

Deployment Insights

Cloud segment dominates in the global insider threat protection market in 2022. Cloud-based Insider Threat Protection solutions offer unparalleled scalability and flexibility. Organizations can easily scale their protection capabilities up or down as their needs change. This agility is particularly important in addressing insider threats, which can vary in complexity and frequency.

Cloud deployment eliminates the need for organizations to invest in and maintain extensive on-premises infrastructure, including servers, storage, and networking equipment. This not only reduces capital expenditures but also lowers operational costs associated with maintenance and upgrades.

Cloud-based solutions are accessible from anywhere with an internet connection. In an era where remote work and distributed teams have become commonplace, cloud deployment enables organizations to monitor insider threats across geographically dispersed locations and remote employees effectively.

Cloud-based solutions can be deployed rapidly compared to on-premise alternatives. This speed is crucial for organizations seeking to bolster their insider threat protection quickly. Furthermore, cloud providers often handle software updates and maintenance, ensuring that organizations have access to the latest security features without additional effort.

Regional Insights

North America dominates the Global Insider Threat Protection Market in 2022. North America, particularly the United States, is home to many cutting-edge technology companies, including cybersecurity firms. The region has a rich ecosystem of research and development centers, universities, and tech hubs, fostering innovation in the field of cybersecurity. This culture of innovation has led to the creation of advanced insider threat protection solutions that are highly sought after globally.

North America has robust data protection and cybersecurity regulations, such as the Health Insurance Portability and Accountability Act (HIPAA), the Gramm-Leach-Bliley Act (GLBA), and state-level breach notification laws. These regulations require organizations to implement comprehensive security measures, including insider threat protection, to safeguard sensitive data. The regulatory environment serves as a driving force for the adoption of insider threat protection solutions across various industries.

North America has experienced a notable increase in insider threat incidents, driven by factors like data theft, corporate espionage, and disgruntled employees. High-profile incidents in the region have raised awareness about the risks posed by insiders, prompting organizations to invest in advanced protection measures.

North America is home to a significant number of large enterprises and multinational corporations across various sectors, including finance, healthcare, technology, and defense. These organizations often have substantial budgets for cybersecurity initiatives, including insider threat protection. Their substantial investments contribute to the growth of the North American insider threat protection market.

Key Market Players

  • International Business Machines Corporation
  • Microsoft Corporation
  • Splunk Inc.
  • McAfee Corporation
  • Symantec Corporation
  • Cisco Systems, Inc.
  • Darktrace plc
  • Securonix, Inc.
  • SentinelOne, Inc.
  • CrowdStrike Holdings, Inc.

Report Scope:

In this report, the Global Insider Threat Protection Market has been segmented into the following categories, in addition to the industry trends which have also been detailed below:

Insider Threat Protection Market, By Solution:

  • Software
  • Services

Insider Threat Protection Market, By Deployment:

  • Cloud
  • On-premise

Insider Threat Protection Market, By Enterprise Size:

  • Small And Medium-sized Enterprises
  • Large Enterprises

Insider Threat Protection Market, By Vertical:

  • BFSI
  • IT And Telecom
  • Retail & E-commerce
  • Healthcare & Life Sciences
  • Manufacturing
  • Government & Defense
  • Energy & Utilities
  • Others

Insider Threat Protection Market, By Region:

  • North America
  • United States
  • Canada
  • Mexico
  • Europe
  • Germany
  • France
  • United Kingdom
  • Italy
  • Spain
  • South America
  • Brazil
  • Argentina
  • Colombia
  • Asia-Pacific
  • China
  • India
  • Japan
  • South Korea
  • Australia
  • Middle East & Africa
  • Saudi Arabia
  • UAE
  • South Africa

Competitive Landscape

  • Company Profiles: Detailed analysis of the major companies present in the Global Insider Threat Protection Market.

Available Customizations:

  • Global Insider Threat Protection Market report with the given market data, Tech Sci Research offers customizations according to a company's specific needs. The following customization options are available for the report:

Company Information

  • Detailed analysis and profiling of additional market players (up to five).

Table of Contents

1. Service Overview

  • 1.1. Market Definition
  • 1.2. Scope of the Market
    • 1.2.1. Markets Covered
    • 1.2.2. Years Considered for Study
    • 1.2.3. Key Market Segmentations

2. Research Methodology

  • 2.1. Baseline Methodology
  • 2.2. Key Industry Partners
  • 2.3. Major Association and Secondary Sources
  • 2.4. Forecasting Methodology
  • 2.5. Data Triangulation & Validation
  • 2.6. Assumptions and Limitations

3. Executive Summary

4. Impact of COVID-19 on Global Insider Threat Protection Market

5. Voice of Customer

6. Global Insider Threat Protection Market Overview

7. Global Insider Threat Protection Market Outlook

  • 7.1. Market Size & Forecast
    • 7.1.1. By Value
  • 7.2. Market Share & Forecast
    • 7.2.1. By Solution (Software, Services)
    • 7.2.2. By Deployment (Cloud, On-premise)
    • 7.2.3. By Enterprise Size (Small And Medium-sized Enterprises, Large Enterprises)
    • 7.2.4. By Vertical (BFSI, IT And Telecom, Retail & E-commerce, Healthcare & Life Sciences, Manufacturing, Government & Defense, Energy & Utilities, Others)
    • 7.2.5. By Region (North America, Europe, South America, Middle East & Africa, Asia Pacific)
  • 7.3. By Company (2022)
  • 7.4. Market Map

8. North America Insider Threat Protection Market Outlook

  • 8.1. Market Size & Forecast
    • 8.1.1. By Value
  • 8.2. Market Share & Forecast
    • 8.2.1. By Solution
    • 8.2.2. By Deployment
    • 8.2.3. By Enterprise Size
    • 8.2.4. By Vertical
    • 8.2.5. By Country
      • 8.2.5.1. United States Insider Threat Protection Market Outlook
        • 8.2.5.1.1. Market Size & Forecast
        • 8.2.5.1.1.1. By Value
        • 8.2.5.1.2. Market Share & Forecast
        • 8.2.5.1.2.1. By Solution
        • 8.2.5.1.2.2. By Deployment
        • 8.2.5.1.2.3. By Enterprise Size
        • 8.2.5.1.2.4. By Vertical
      • 8.2.5.2. Canada Insider Threat Protection Market Outlook
        • 8.2.5.2.1. Market Size & Forecast
        • 8.2.5.2.1.1. By Value
        • 8.2.5.2.2. Market Share & Forecast
        • 8.2.5.2.2.1. By Solution
        • 8.2.5.2.2.2. By Deployment
        • 8.2.5.2.2.3. By Enterprise Size
        • 8.2.5.2.2.4. By Vertical
      • 8.2.5.3. Mexico Insider Threat Protection Market Outlook
        • 8.2.5.3.1. Market Size & Forecast
        • 8.2.5.3.1.1. By Value
        • 8.2.5.3.2. Market Share & Forecast
        • 8.2.5.3.2.1. By Solution
        • 8.2.5.3.2.2. By Deployment
        • 8.2.5.3.2.3. By Enterprise Size
        • 8.2.5.3.2.4. By Vertical

9. Europe Insider Threat Protection Market Outlook

  • 9.1. Market Size & Forecast
    • 9.1.1. By Value
  • 9.2. Market Share & Forecast
    • 9.2.1. By Solution
    • 9.2.2. By Deployment
    • 9.2.3. By Enterprise Size
    • 9.2.4. By Vertical
    • 9.2.5. By Country
      • 9.2.5.1. Germany Insider Threat Protection Market Outlook
        • 9.2.5.1.1. Market Size & Forecast
        • 9.2.5.1.1.1. By Value
        • 9.2.5.1.2. Market Share & Forecast
        • 9.2.5.1.2.1. By Solution
        • 9.2.5.1.2.2. By Deployment
        • 9.2.5.1.2.3. By Enterprise Size
        • 9.2.5.1.2.4. By Vertical
      • 9.2.5.2. France Insider Threat Protection Market Outlook
        • 9.2.5.2.1. Market Size & Forecast
        • 9.2.5.2.1.1. By Value
        • 9.2.5.2.2. Market Share & Forecast
        • 9.2.5.2.2.1. By Solution
        • 9.2.5.2.2.2. By Deployment
        • 9.2.5.2.2.3. By Enterprise Size
        • 9.2.5.2.2.4. By Vertical
      • 9.2.5.3. United Kingdom Insider Threat Protection Market Outlook
        • 9.2.5.3.1. Market Size & Forecast
        • 9.2.5.3.1.1. By Value
        • 9.2.5.3.2. Market Share & Forecast
        • 9.2.5.3.2.1. By Solution
        • 9.2.5.3.2.2. By Deployment
        • 9.2.5.3.2.3. By Enterprise Size
        • 9.2.5.3.2.4. By Vertical
      • 9.2.5.4. Italy Insider Threat Protection Market Outlook
        • 9.2.5.4.1. Market Size & Forecast
        • 9.2.5.4.1.1. By Value
        • 9.2.5.4.2. Market Share & Forecast
        • 9.2.5.4.2.1. By Solution
        • 9.2.5.4.2.2. By Deployment
        • 9.2.5.4.2.3. By Enterprise Size
        • 9.2.5.4.2.4. By Vertical
      • 9.2.5.5. Spain Insider Threat Protection Market Outlook
        • 9.2.5.5.1. Market Size & Forecast
        • 9.2.5.5.1.1. By Value
        • 9.2.5.5.2. Market Share & Forecast
        • 9.2.5.5.2.1. By Solution
        • 9.2.5.5.2.2. By Deployment
        • 9.2.5.5.2.3. By Enterprise Size
        • 9.2.5.5.2.4. By Vertical

10. South America Insider Threat Protection Market Outlook

  • 10.1. Market Size & Forecast
    • 10.1.1. By Value
  • 10.2. Market Share & Forecast
    • 10.2.1. By Solution
    • 10.2.2. By Deployment
    • 10.2.3. By Enterprise Size
    • 10.2.4. By Vertical
    • 10.2.5. By Country
      • 10.2.5.1. Brazil Insider Threat Protection Market Outlook
        • 10.2.5.1.1. Market Size & Forecast
        • 10.2.5.1.1.1. By Value
        • 10.2.5.1.2. Market Share & Forecast
        • 10.2.5.1.2.1. By Solution
        • 10.2.5.1.2.2. By Deployment
        • 10.2.5.1.2.3. By Enterprise Size
        • 10.2.5.1.2.4. By Vertical
      • 10.2.5.2. Colombia Insider Threat Protection Market Outlook
        • 10.2.5.2.1. Market Size & Forecast
        • 10.2.5.2.1.1. By Value
        • 10.2.5.2.2. Market Share & Forecast
        • 10.2.5.2.2.1. By Solution
        • 10.2.5.2.2.2. By Deployment
        • 10.2.5.2.2.3. By Enterprise Size
        • 10.2.5.2.2.4. By Vertical
      • 10.2.5.3. Argentina Insider Threat Protection Market Outlook
        • 10.2.5.3.1. Market Size & Forecast
        • 10.2.5.3.1.1. By Value
        • 10.2.5.3.2. Market Share & Forecast
        • 10.2.5.3.2.1. By Solution
        • 10.2.5.3.2.2. By Deployment
        • 10.2.5.3.2.3. By Enterprise Size
        • 10.2.5.3.2.4. By Vertical

11. Middle East & Africa Insider Threat Protection Market Outlook

  • 11.1. Market Size & Forecast
    • 11.1.1. By Value
  • 11.2. Market Share & Forecast
    • 11.2.1. By Solution
    • 11.2.2. By Deployment
    • 11.2.3. By Enterprise Size
    • 11.2.4. By Vertical
    • 11.2.5. By Country
      • 11.2.5.1. Saudi Arabia Insider Threat Protection Market Outlook
        • 11.2.5.1.1. Market Size & Forecast
        • 11.2.5.1.1.1. By Value
        • 11.2.5.1.2. Market Share & Forecast
        • 11.2.5.1.2.1. By Solution
        • 11.2.5.1.2.2. By Deployment
        • 11.2.5.1.2.3. By Enterprise Size
        • 11.2.5.1.2.4. By Vertical
      • 11.2.5.2. UAE Insider Threat Protection Market Outlook
        • 11.2.5.2.1. Market Size & Forecast
        • 11.2.5.2.1.1. By Value
        • 11.2.5.2.2. Market Share & Forecast
        • 11.2.5.2.2.1. By Solution
        • 11.2.5.2.2.2. By Deployment
        • 11.2.5.2.2.3. By Enterprise Size
        • 11.2.5.2.2.4. By Vertical
      • 11.2.5.3. South Africa Insider Threat Protection Market Outlook
        • 11.2.5.3.1. Market Size & Forecast
        • 11.2.5.3.1.1. By Value
        • 11.2.5.3.2. Market Share & Forecast
        • 11.2.5.3.2.1. By Solution
        • 11.2.5.3.2.2. By Deployment
        • 11.2.5.3.2.3. By Enterprise Size
        • 11.2.5.3.2.4. By Vertical

12. Asia Pacific Insider Threat Protection Market Outlook

  • 12.1. Market Size & Forecast
    • 12.1.1. By Value
  • 12.2. Market Size & Forecast
    • 12.2.1. By Solution
    • 12.2.2. By Deployment
    • 12.2.3. By Enterprise Size
    • 12.2.4. By Vertical
    • 12.2.5. By Country
      • 12.2.5.1. China Insider Threat Protection Market Outlook
        • 12.2.5.1.1. Market Size & Forecast
        • 12.2.5.1.1.1. By Value
        • 12.2.5.1.2. Market Share & Forecast
        • 12.2.5.1.2.1. By Solution
        • 12.2.5.1.2.2. By Deployment
        • 12.2.5.1.2.3. By Enterprise Size
        • 12.2.5.1.2.4. By Vertical
      • 12.2.5.2. India Insider Threat Protection Market Outlook
        • 12.2.5.2.1. Market Size & Forecast
        • 12.2.5.2.1.1. By Value
        • 12.2.5.2.2. Market Share & Forecast
        • 12.2.5.2.2.1. By Solution
        • 12.2.5.2.2.2. By Deployment
        • 12.2.5.2.2.3. By Enterprise Size
        • 12.2.5.2.2.4. By Vertical
      • 12.2.5.3. Japan Insider Threat Protection Market Outlook
        • 12.2.5.3.1. Market Size & Forecast
        • 12.2.5.3.1.1. By Value
        • 12.2.5.3.2. Market Share & Forecast
        • 12.2.5.3.2.1. By Solution
        • 12.2.5.3.2.2. By Deployment
        • 12.2.5.3.2.3. By Enterprise Size
        • 12.2.5.3.2.4. By Vertical
      • 12.2.5.4. South Korea Insider Threat Protection Market Outlook
        • 12.2.5.4.1. Market Size & Forecast
        • 12.2.5.4.1.1. By Value
        • 12.2.5.4.2. Market Share & Forecast
        • 12.2.5.4.2.1. By Solution
        • 12.2.5.4.2.2. By Deployment
        • 12.2.5.4.2.3. By Enterprise Size
        • 12.2.5.4.2.4. By Vertical
      • 12.2.5.5. Australia Insider Threat Protection Market Outlook
        • 12.2.5.5.1. Market Size & Forecast
        • 12.2.5.5.1.1. By Value
        • 12.2.5.5.2. Market Share & Forecast
        • 12.2.5.5.2.1. By Solution
        • 12.2.5.5.2.2. By Deployment
        • 12.2.5.5.2.3. By Enterprise Size
        • 12.2.5.5.2.4. By Vertical

13. Market Dynamics

  • 13.1. Drivers
  • 13.2. Challenges

14. Market Trends and Developments

15. Company Profiles

  • 15.1. International Business Machines Corporation
    • 15.1.1. Business Overview
    • 15.1.2. Key Revenue and Financials
    • 15.1.3. Recent Developments
    • 15.1.4. Key Personnel
    • 15.1.5. Key Product/Services Offered
  • 15.2. Microsoft Corporation
    • 15.2.1. Business Overview
    • 15.2.2. Key Revenue and Financials
    • 15.2.3. Recent Developments
    • 15.2.4. Key Personnel
    • 15.2.5. Key Product/Services Offered
  • 15.3. Splunk Inc.
    • 15.3.1. Business Overview
    • 15.3.2. Key Revenue and Financials
    • 15.3.3. Recent Developments
    • 15.3.4. Key Personnel
    • 15.3.5. Key Product/Services Offered
  • 15.4. McAfee Corporation
    • 15.4.1. Business Overview
    • 15.4.2. Key Revenue and Financials
    • 15.4.3. Recent Developments
    • 15.4.4. Key Personnel
    • 15.4.5. Key Product/Services Offered
  • 15.5. Symantec Corporation
    • 15.5.1. Business Overview
    • 15.5.2. Key Revenue and Financials
    • 15.5.3. Recent Developments
    • 15.5.4. Key Personnel
    • 15.5.5. Key Product/Services Offered
  • 15.6. Cisco Systems, Inc.
    • 15.6.1. Business Overview
    • 15.6.2. Key Revenue and Financials
    • 15.6.3. Recent Developments
    • 15.6.4. Key Personnel
    • 15.6.5. Key Product/Services Offered
  • 15.7. Darktrace plc
    • 15.7.1. Business Overview
    • 15.7.2. Key Revenue and Financials
    • 15.7.3. Recent Developments
    • 15.7.4. Key Personnel
    • 15.7.5. Key Product/Services Offered
  • 15.8. Securonix, Inc.
    • 15.8.1. Business Overview
    • 15.8.2. Key Revenue and Financials
    • 15.8.3. Recent Developments
    • 15.8.4. Key Personnel
    • 15.8.5. Key Product/Services Offered
  • 15.9. SentinelOne, Inc.
    • 15.9.1. Business Overview
    • 15.9.2. Key Revenue and Financials
    • 15.9.3. Recent Developments
    • 15.9.4. Key Personnel
    • 15.9.5. Key Product/Services Offered
  • 15.10. CrowdStrike Holdings, Inc.
    • 15.10.1. Business Overview
    • 15.10.2. Key Revenue and Financials
    • 15.10.3. Recent Developments
    • 15.10.4. Key Personnel
    • 15.10.5. Key Product/Services Offered

16. Strategic Recommendations

17. About Us & Disclaimer