デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1426299

大型シリコンウエハーの世界市場の分析 (2023年)

2023 Global Market Analysis of Large-Size Silicon Wafers

出版日: | 発行: TrendForce | ページ情報: 英文 17 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.49円
大型シリコンウエハーの世界市場の分析 (2023年)
出版日: 2023年11月08日
発行: TrendForce
ページ情報: 英文 17 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

2022年以降、世界の半導体産業は成長鈍化が顕著になり、調整サイクルに入っています。この動向の主な原因は、民生用電子機器部門からの需要が減少し、シリコンウエハーに依存する下流工程のチップメーカーの在庫が増加したことにあります。その結果、シリコンウエハー業界も在庫調整の時期を迎えており、四半期ごとの出荷量が減少しています。2023年のシリコンウエハー出荷量は、前年比約2~3%の減少が見込まれています。

しかし将来を展望すると、回復の兆しがあります。下流工程の顧客の在庫水準が安定し、生産稼働率が改善するにつれて、シリコンウエハー市場は回復すると予想されます。2026年には、シリコンウエハー需要全体が170億平方インチを超えると予測されています。この成長は、AI・EV・IoTの新興用途に後押しされる、12インチの大型シリコンウエハーのカテゴリーで特に顕著になると予想されます。このセグメントの市場需要は2026年までに月間1,100万個を超えると予測されており、この分野の著しい復活を浮き彫りにしています。

当レポートでは、世界の大型シリコンウエハー市場の最新情勢について分析すると共に、今後の需給動向の見通しを予測しています。

目次

第1章 エンドユーザー需要の低迷によるシリコンウエハーの出荷量の減少

第2章 シリコンウエハーの在庫調整局面:大型ウエハーは大幅反発の可能性あり

第3章 中国メーカーの躍進による、シリコンウエハー市場の安定化の見通し

第4章 TRIの見解

(1) シリコンウエハー需要は回復傾向にあり、在庫調整は継続する

(2) 中国メーカーの台頭により、大型シリコンウエハー市場は安定する

目次
Product Code: 62

Since 2022, the global semiconductor industry has seen a notable slowdown in growth, entering a cycle of adjustment. This trend is largely attributed to reduced demand from the consumer electronics sector, leading to rising inventories at downstream chip makers dependent on silicon wafers. Consequently, the silicon wafer industry is also experiencing a period of inventory adjustment, marked by a decline in quarterly shipments. For 2023, an estimated YoY decrease of approximately 2-3% in silicon wafer shipment volume is anticipated.

Looking to the future, however, there are signs of a potential rebound. As inventory levels among downstream customers stabilize and production capacity utilization improves, the silicon wafer market is expected to recover. By 2026, the overall demand for silicon wafers is predicted to exceed 17 billion square inches. This growth is expected to be particularly pronounced in the 12" large-size silicon wafer category, fueled by emerging applications in AI, EV, and the IoT. Market demand for this segment is forecasted to surpass 11 million pieces per month by 2026, highlighting a significant resurgence in the sector.

Table of Contents

1. Weak End-User Demand Leads to Decline in Silicon Wafer Shipments

2. Inventory Adjustment Phase for Silicon Wafers, with Significant Rebound Potential for Large-Size Wafers

3. The Silicon Wafer Market Expected to Stabilize as Chinese Manufacturers Striving to Break Through

4. TRI's View

(1) Ongoing inventory adjustments to continue as silicon wafer demand set for a rebound

(2) Stability in the large silicon wafer market, with Chinese manufacturers rapidly emerging