市場調査レポート
商品コード
1331426

新エネルギー車の進化を加速する車載SiC部品市場の急成長

Market for Automotive SiC Components Enjoys Soaring Growth as Evolution of New Energy Vehicles Gains Speed

出版日: | 発行: TrendForce | ページ情報: 英文 11 Pages | 納期: 即日から翌営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
新エネルギー車の進化を加速する車載SiC部品市場の急成長
出版日: 2023年08月17日
発行: TrendForce
ページ情報: 英文 11 Pages
納期: 即日から翌営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自動車市場では、炭化ケイ素(SiC)パワー半導体デバイスへの関心が急速に高まっています。現在、SiCパワー・デバイスは、コストと信頼性の点で従来のシリコン・ベースのIGBTに遅れをとっています。それにもかかわらず、ほぼすべての自動車OEMとTier-1サプライヤーが、電動化された自動車モデルの部品にSiCを採用し始めたか、関連製品を開発しています。全体として、OEMやサプライヤーの活動は、自動車産業におけるSiC関連技術の重要性が高まっていることを示しています。アプリケーションの面では、SiCパワー・デバイスは主にメイン・トラクション・インバーター、車載充電器、DC/DCコンバーター、HVACシステム内のコンプレッサーを対象としています。特に、SiCパワー・デバイスは、メイン・トラクション・インバータの性能にとって重要であると見なされています。SiC MOSFETは、ミッドレンジおよびハイエンド・セグメントに属する新エネルギー自動車(NEV)のメイン・トラクション・インバータ用として、Si IGBTに徐々に取って代わりつつあります。

TRIは1996年に設立され、2015年にTrendForceの一部となりました。半導体、テレコミュニケーション、IoT、自動車システム、人工知能、新興技術のアプリケーション、主要地域市場(米国、欧州、日本、韓国、中国、台湾など)の最新動向など、幅広いテーマに取り組んできた調査会社です。TRIのサービスは、新しく形成される技術産業や地域開発に関するトレンドを的確に把握することから、様々なタイプの組織から高い評価を得ています。

当レポートでは車載SiC部品についてTRIの見解を提供します。

目次

第1章 NEVプラットフォームの800VへのアップグレードがSiC自動車部品市場の急速な成長に貢献

第2章 パワー半導体デバイスの主要サプライヤーはSiCへの投資に集中し、自動車メーカーとLTAを締結

第3章 自動車市場での競合激化につれ、自動車メーカーはSiCモジュールの設計と関連パッケージング技術の開発に深く関与するようになる

第4章 TRIの見解

目次

The automotive market is witnessing a surge of interest in silicon carbide (SiC) power semiconductor devices. Presently, SiC power devices still lag behind traditional silicon-based IGBTs in terms of cost and reliability. Nonetheless, nearly all automotive OEMs and tier-1 suppliers have either begun adopting SiC for the components used their electrified vehicle models, or they are developing related products. On the whole, the activities of OEMs and suppliers demonstrate the growing importance of SiC-related technologies within the automotive industry. In terms of applications, SiC power devices are mainly intended for the main traction inverter, onboard charger, DC/DC converter, and compressor within the HVAC system. In particular, SiC power devices are regarded as critical for the performance of the main traction inverter. SiC MOSFET is gradually replacing Si IGBT for the main traction inverters of the new energy vehicles (NEVs) belonging to the midrange and high-end segments.

TABLE OF CONTENTS

1. Upgrading of NEV Platforms to 800V Has Contributed to Rapid Market Growth for SiC Automotive Components

2. Major Suppliers for Power Semiconductor Devices Are Focusing Their Investments on SiC and Sign LTAs with Carmakers

3. As Competition in Automotive Market Intensifies, Carmakers Have Become Deeply Involved in Designing SiC Modules and Developing Related Packaging Technologies

4. TRI's View