表紙:脅威インテリジェンス市場の2028年までの予測- サービス別、ソリューション別、展開モード別、組織規模別、用途別、エンドユーザー別、地域別の世界分析
市場調査レポート
商品コード
1273623

脅威インテリジェンス市場の2028年までの予測- サービス別、ソリューション別、展開モード別、組織規模別、用途別、エンドユーザー別、地域別の世界分析

Threat Intelligence Market Forecasts to 2028 - Global Analysis By Service, Solution, Mode of Deployment, Organization Size, Application, End Userand Geography

出版日: | 発行: Stratistics Market Research Consulting | ページ情報: 英文 175+ Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
脅威インテリジェンス市場の2028年までの予測- サービス別、ソリューション別、展開モード別、組織規模別、用途別、エンドユーザー別、地域別の世界分析
出版日: 2023年05月01日
発行: Stratistics Market Research Consulting
ページ情報: 英文 175+ Pages
納期: 2~3営業日
  • 全表示
  • 概要
  • 図表
  • 目次
概要

Stratistics MRCによると、世界の脅威インテリジェンス市場は、2022年に125億8,000万米ドルを占め、2028年には205億3,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中にCAGR 8.5%で成長するとされています。

脅威インテリジェンスとは、資産に対する既存または潜在的な脅威に関する、文脈、方法、指標、影響、実行可能な提案を含む事実上の情報です。この知識は、危険や脅威をどのように処理するかという対象者の意思決定を導くために使用することができます。最高の脅威インテリジェンスソリューションは、機械学習を使用してデータの収集と処理を自動化し、現在のソリューションと統合し、さまざまなソースから非構造化データを収集し、侵害の指標(IOC)や脅威行為者の戦術、技術、手順(TTP)に関するコンテキストを提供することによって接続します。

国際的な法律事務所Reed Smithによると、2020年3月のオンライン詐欺は前月比で400%以上増加し、GoogleはCOVID-19に関連するマルウェアやフィッシングメールを1日あたり1,800万通以上フィルタリングしていることを明らかにしました。

市場力学:

促進要因

政府および企業別研究開発投資

脅威インテリジェンスの最先端ソリューションを導入するため、世界中の政府や営利企業が研究開発に投資しています。重要インフラのセキュリティと回復力(CISR)研究開発戦略では、地域社会だけでなく、公共機関や営利団体、さらには外国のパートナーが所有・運営する重要インフラのセキュリティを強化することを求めています。CISR研究開発では、地域、地方、国家レベルで国家の回復力を高めるために、重要なインフラのアップグレードのための行動計画を展開することを奨励しています。研究開発への投資は、国家の重要なインフラをサイバー攻撃から守るために不可欠です。米国、欧州、オーストラリアの政府は、重要インフラの回復力と安全性を維持するための現在の研究ネットワークを改善するために、官民パートナーシップを開始しました。これらのパートナーシップは、政府、民間組織、重要インフラの所有者や運営者間での情報共有に重点を置いています。

抑制要因

訓練されたセキュリティアナリストの不足

産業インフラを保護するための最大の障壁は、セキュリティ専門家の不足です。産業インフラの電源として使用される脅威インテリジェンスのコンピュータシステムは、資格を持ったサイバーセキュリティの専門家によって保護される必要があります。脅威インテリジェンスの相互接続が、人手不足を深刻化させています。英国や日本などの国では、資格を持ったサイバーセキュリティの専門家の確保に苦労しています。デジタル経済の台頭にもかかわらず、重要なインフラを扱うセキュリティ専門家の不足が深刻化しているのです。その結果、脅威インテリジェンスシステムをうまく利用するためには、資格と経験のあるセキュリティ担当者の利用が必要となっています。

機会

デジタル技術と産業システムの融合

進化する技術環境は、多くの産業分野で世界の革命を引き起こしています。その結果、産業システムとデジタル技術が融合し、統一されたエコシステムを形成しています。その結果、M2M通信やIIoTのような技術が大きな展望を持つようになりました。産業界では、特に鉱山や海底油井のような過酷な環境で使用される機器に、安全な制御システムが求められています。このような環境で使用される機器の故障は、近隣に住む数人の命を危険にさらし、業務上多大な金銭的損失をもたらすなど、深刻な影響を与える可能性があります。

脅威

高い調達コスト

国家が経済的安定を維持し、安全保障体制を向上させるためには、脅威インテリジェンスシステムへの投資は極めて重要です。効率的で安全なオペレーションを実現するためには、脅威インテリジェンスシステムを全社的に利用する必要があり、そのためにインフラ費用がかさみます。脅威インテリジェンスシステムは、特定の事業者にとって高額な投資となる可能性があります。現在の脅威インテリジェンス要件では、重要な資産への物理的・論理的アクセスを許可された担当者のみに保証するために、強力な多要素認証が必要とされています。脅威インテリジェンスソリューションのコストが高く、リソースが不足しているため、オペレーターはマルチスレットソリューションを選択します。

COVID-19の影響:

COVID-19のシナリオは、脅威インテリジェンス製品への関心を高めるきっかけとなりました。この大流行以前は、多くの企業がクラウド上に収容された重要なデータを移動するのは危険かもしれないと考えていました。しかし、パンデミック以降、クラウドソリューションの導入が劇的に増加し、脅威セキュリティソリューションの需要に門戸を開くことになりました。COVID-19の影響で、電子メールによるフィッシング犯罪が増加しています。COVID-19は、詐欺師がお金を得るためのルアーとして利用されています。テレワークやその他の遠隔活動の増加により、コミュニケーション手段としての電子メールへの依存度が高まり、電子メール詐欺のスキームにとって理想的な環境になっています。クラウドの脅威が急速に増幅する中、すべてのセクターがセキュリティ態勢を見直す必要があります。クラウドの脆弱性を利用しようとする脅威から身を守るため、企業はクラウド中心のセキュリティ・アプローチを採用しています。

予測期間中、マネージドサービス分野が最も大きくなると予想されます。

マネージド・サービスは、強力なインテリジェンス基盤、組織のセキュリティに対する可視化、監視、制御を提供するため、有利な成長を遂げると推定されます。セキュリティ管理は、脅威インテリジェンス・マネージド・サービスによって、ユーザーのビジネス環境と脅威ランドスケープ・ダイナミクスから得られたデータに基づいて提供されます。クライアントに警告を発するための注目すべき事象を発見するために、サービスプロバイダーは分析およびアルゴリズムを使用して自動化されたシステムにデータポイントを供給します。さらに、サービスプロバイダーは、より良い防御のために組織のセキュリティ態勢を調整し、これが脅威インテリジェンスサービスの市場を拡大すると予想されます。

予測期間中に最もCAGRが高くなると予想される小売分野

予測期間中、CAGRが最も速く成長すると予測されるのは、小売分野です。小売業では、ブログ、ソーシャルメディアプラットフォーム、アプリケーションなど、さまざまなチャネルを通じて作成される膨大な量のデータを注視しています。小売業では現在、eコマース・チャネルに限らず、デジタル革命が起きています。実店舗では携帯端末として機能する多くの連携ガジェット、キオスクではPOSシステムがあり、これらはすべて消費者情報の収集とアクセスを目的としているからです。脅威インテリジェンスに対する需要は、データ侵害を阻止し、より高いレベルのセキュリティを提供するために、小売業界がデータ量を急速に拡大した結果、高まっています。

最もシェアの高い地域

アジア太平洋地域では、サイバー犯罪の増加、IoTの利用、クラウドベースのサービスの利用が進んでいることから、予測期間中に最大の市場シェアを占めると予測されます。サイバー攻撃の激化に伴い、セキュリティソリューションの需要が高まっています。IoTやクラウドベースのサービスの利用が増加し、業界を牽引しています。データ盗難の問題の高まりとサイバー攻撃の増加により、中国、日本、インドの大企業だけでなく、多くの中小企業もセキュリティソリューションに投資しています。

CAGRが最も高い地域:

北米は、サイバー脅威やデータ漏洩に対する懸念が高まっていること、IT、通信、BFSIなどの企業が数多く存在することから、予測期間中のCAGRが最も高いと予測されます。また、脅威インテリジェンスソリューションの大手プロバイダーも、この地域の効率的な市場拡大の要因となっています。

主な発展:

2021年3月、AnomaliはCloud-Native XDRソリューションの提供を発表しました。このソリューションは、エンドポイントからパブリッククラウドまでのすべてのセキュリティテレメトリを横断する新しい次元の可視性を顧客に提供し、セキュリティインフラ全体に及ぶ精密な検出と最適化した対応能力を提供します。

2020年1月、タレスはGEスチームパワーとパートナーシップ契約を締結し、発電所運営に向けたサイバーセキュリティソリューションスイートを提供します。

当レポートが提供するもの

  • 地域レベル、国レベルのセグメントにおける市場シェア評価
  • 新規参入企業への戦略的提言
  • 2020年、2021年、2022年、2025年、2028年の市場データを網羅
  • 市場促進要因(市場動向、制約要因、機会、脅威、課題、投資機会、推奨事項)。
  • 市場推定に基づく、主要ビジネスセグメントにおける戦略的提言
  • 主要な共通トレンドをマッピングした競合情勢。
  • 詳細な戦略、財務、最近の開発状況を含む企業プロファイル
  • 最新の技術的進歩をマッピングしたサプライチェーン動向

無料のカスタマイズ提供:

本レポートをご購入いただいたお客様には、以下の無料カスタマイズオプションのいずれかを提供させていただきます:

  • 企業プロファイル
    • 追加市場プレイヤーの包括的なプロファイリング(最大3社まで)
    • 主要プレイヤーのSWOT分析(3社まで)
  • 地域別セグメンテーション
    • お客様のご希望に応じて、主要国の市場推計・予測・CAGR(注:フィージビリティチェックによる。)
  • 競合ベンチマーキング
    • 製品ポートフォリオ、地域的プレゼンス、戦略的提携に基づく主要プレイヤーのベンチマーキング

目次

第1章 エグゼクティブサマリー

第2章 序文

  • 概要
  • ステークホルダー
  • 調査範囲
  • 調査手法
    • データマイニング
    • データ分析
    • データ検証
    • 調査アプローチ
  • 調査ソース
    • 1次調査ソース
    • 2次調査ソース
    • 仮定

第3章 市場動向分析

  • 促進要因
  • 抑制要因
  • 機会
  • 脅威
  • アプリケーション分析
  • エンドユーザー分析
  • 新興市場
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響

第4章 ポーターのファイブフォース分析

  • 供給企業の交渉力
  • 買い手の交渉力
  • 代替品の脅威
  • 新規参入業者の脅威
  • 競争企業間の敵対関係

第5章 世界の脅威インテリジェンス市場:サービス別

  • サブスクリプションサービス
  • プロフェッショナルサービス
  • トレーニングとサポート
  • マネージドサービス
  • 他のサービス

第6章 世界の脅威インテリジェンス市場:ソリューション別

  • ログ管理
  • 統一された脅威管理
  • インシデントフォレンジック
  • IDとアクセス管理(IAM)
  • その他のソリューション

第7章 世界の脅威インテリジェンス市場:展開モード別

  • クラウドベース
  • オンプレミス

第8章 世界の脅威インテリジェンス市場:組織規模別

  • 大企業
  • 中小企業

第9章 世界の脅威インテリジェンス市場:用途別

  • リスクとコンプライアンス
  • セキュリティと脆弱性の管理
  • インシデント対応
  • セキュリティ分析
  • セキュリティ情報とイベント管理
  • その他の用途

第10章 世界の脅威インテリジェンス市場:エンドユーザー別

  • 製造業
  • 情報技術
  • ヘルスケア
  • 小売り
  • 銀行、金融サービス、保険(BFSI)
  • その他のエンドユーザー

第11章 世界の脅威インテリジェンス市場:地域別

  • 北米
    • 米国
    • カナダ
    • メキシコ
  • 欧州
    • ドイツ
    • 英国
    • イタリア
    • フランス
    • スペイン
    • その他欧州
  • アジア太平洋地域
    • 日本
    • 中国
    • インド
    • オーストラリア
    • ニュージーランド
    • 韓国
    • その他アジア太平洋地域
  • 南米
    • アルゼンチン
    • ブラジル
    • チリ
    • その他南米
  • 中東とアフリカ
    • サウジアラビア
    • アラブ首長国連邦
    • カタール
    • 南アフリカ
    • その他中東とアフリカ

第12章 主な発展

  • 契約、パートナーシップ、コラボレーション、合弁事業
  • 買収と合併
  • 新製品の発売
  • 事業拡大
  • その他の主要戦略

第13章 会社概要

  • Fortinet, Inc.
  • Thales
  • Anomali
  • Dell Inc.
  • LogRhythm Inc.
  • Broadcom Inc.
  • IBM
  • Juniper Networks Inc.
  • Cisco
  • Forcepoint
  • Infosys
  • SOCRadar
図表

List of Tables

  • Table 1 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Region (2020-2028) ($MN)
  • Table 2 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Service (2020-2028) ($MN)
  • Table 3 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Subscription Services (2020-2028) ($MN)
  • Table 4 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Professional services (2020-2028) ($MN)
  • Table 5 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Training & Support (2020-2028) ($MN)
  • Table 6 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Managed Service (2020-2028) ($MN)
  • Table 7 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Other Services (2020-2028) ($MN)
  • Table 8 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Solution (2020-2028) ($MN)
  • Table 9 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Log Management (2020-2028) ($MN)
  • Table 10 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Unified Threat Management (2020-2028) ($MN)
  • Table 11 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Incident Forensics (2020-2028) ($MN)
  • Table 12 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Identity & Access Management (IAM) (2020-2028) ($MN)
  • Table 13 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Other Solutions (2020-2028) ($MN)
  • Table 14 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Mode of Deployment (2020-2028) ($MN)
  • Table 15 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Cloud-Based (2020-2028) ($MN)
  • Table 16 Global Threat Intelligence Market Outlook, By On-Premises (2020-2028) ($MN)
  • Table 17 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Organization Size (2020-2028) ($MN)
  • Table 18 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Large Enterprises (2020-2028) ($MN)
  • Table 19 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Small & Medium-Sized Enterprises (2020-2028) ($MN)
  • Table 20 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Application (2020-2028) ($MN)
  • Table 21 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Risk & Compliance (2020-2028) ($MN)
  • Table 22 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Security & Vulnerability Management (2020-2028) ($MN)
  • Table 23 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Incident Response (2020-2028) ($MN)
  • Table 24 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Security Analytics (2020-2028) ($MN)
  • Table 25 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Security Information & Event Management (2020-2028) ($MN)
  • Table 26 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Other Applications (2020-2028) ($MN)
  • Table 27 Global Threat Intelligence Market Outlook, By End User (2020-2028) ($MN)
  • Table 28 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Manufacturing (2020-2028) ($MN)
  • Table 29 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Information Technology (2020-2028) ($MN)
  • Table 30 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Healthcare (2020-2028) ($MN)
  • Table 31 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Retail (2020-2028) ($MN)
  • Table 32 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Banking, Financial Services & Insurance (BFSI) (2020-2028) ($MN)
  • Table 33 Global Threat Intelligence Market Outlook, By Other End Users (2020-2028) ($MN)

Note: Tables for North America, Europe, APAC, South America, and Middle East & Africa Regions are also represented in the same manner as above.

目次
Product Code: SMRC22921

According to Stratistics MRC, the Global Threat Intelligence Market is accounted for $12.58 billion in 2022 and is expected to reach $20.53 billion by 2028 growing at a CAGR of 8.5% during the forecast period. Threat intelligence is factual information, including context, methods, indicators, repercussions, and actionable suggestions, regarding an existing or potential threat to assets. This knowledge can be used to guide the subject's decision-making over how to handle the danger or threat. The best threat intelligence solutions use machine learning to automate the gathering and processing of data, integrate with current solutions, gather unstructured data from various sources, and then make connections by supplying context on indicators of compromise (IOCs) as well as threat actors' tactics, techniques, and procedures (TTPs).

According to international legal firm Reed Smith, online frauds increased by more than 400 percent in March 2020 compared to prior months, while Google disclosed it was filtering more than 18 million malware and phishing emails relating to COVID-19 per day.

Market Dynamics:

Driver:

R&D investments by governments and enterprises

In order to introduce cutting-edge solutions for threat intelligence, governments and commercial companies worldwide are investing in R&D. The vital Infrastructure Security and Resilience (CISR) R&D strategy calls for enhancing the security of vital infrastructure owned and operated by communities, as well as by public and commercial organisations, as well as by foreign partners. The CISR R&D encourages the deployment of action plans for crucial infrastructure upgrades to increase a nation's resilience at the local, regional, and national levels. Investments in R&D are essential to protecting nations' vital infrastructure from cyber attacks. Governments in the US, Europe, and Australia have started public-private partnerships to improve the current research network for maintaining the resilience and security of critical infrastructure. These partnerships focus on information sharing among governments, private organisations, and owners and operators of critical infrastructure.

Restraint:

Lack of trained security analysts

The largest barrier to safeguarding industrial infrastructure is a shortage of security experts. Threat intelligence computer systems, which are used to power industrial infrastructure, need to be protected by qualified cybersecurity experts. Threat intelligence's interconnectedness has made the labour shortage worse. Countries like the UK and Japan are having trouble locating qualified cybersecurity specialists. Despite the rise of the digital economy, there is a growing lack of security experts to handle vital infrastructures. As a result, successful use of threat intelligence systems necessitates the use of qualified and experienced security personnel.

Opportunity:

Accretion of digital technologies and industrial systems

The evolving technological environment causes a global revolution in a number of industrial sectors. As a result, industrial systems and digital technologies have combined to form a unified ecosystem. Technologies like M2M communication and IIoT have significant prospects as a result. Industries require secure control systems, especially for equipment used in harsh environments like mines or undersea oil wells. Failure of this equipment working in these circumstances might have severe effects, endangering the lives of several people living nearby and causing significant operational financial losses.

Threat:

High procurement costs

For a nation to preserve its overall economic stability and improve its security posture, investments in threat intelligence systems are crucial. For efficient and safe operations, the use of threat intelligence systems necessitates company-wide coverage, which raises infrastructure expenses. Threat intelligence systems can turn out to be an expensive investment for certain operators. Strong multi-factor authentication is required by the current threat intelligence requirements to guarantee that only authorised personnel have physical and logical access to key assets. Due to the high cost of threat intelligence solutions and the scarcity of resources, operators choose multi-threat solutions.

COVID-19 Impact:

The COVID-19 scenario has sparked a rise in interest in threat intelligence products. Before this outbreak, many businesses thought it may be dangerous to move critical data housed on the cloud. However, since the pandemic, cloud solution implementation has increased dramatically, opening the door for the demand for threat security solutions. Due to COVID-19, email phishing offences have increased. COVID-19 is being used as a lure by con artists to get money. The increase in teleworking and other distant activities has increased the reliance on email as a means of communication, making it the ideal environment for email fraud schemes. All sectors need to review their security postures as cloud threats amplify quickly. In order to shield themselves from threat actors looking to take advantage of the vulnerabilities in cloud deployments, enterprises are adopting a cloud-centric security approach.

The managed services segment is expected to be the largest during the forecast period

The managed services segment is estimated to have a lucrative growth, due to of a strong intelligence foundation, redemption visibility, monitoring, and control over an organization's security. Security management is offered by threat intelligence managed services based on data obtained from users' business environments and threat landscape dynamics. In order to uncover noteworthy occurrences to further alert the client, it feeds the data points into the systems that are automated using analysis and algorithm. Additionally, the service provider adjusts the organization's security posture for better defence, which is anticipated to expand the market for managed threat intelligence services.

The retail segment is expected to have the highest CAGR during the forecast period

The retail segment is anticipated to witness the fastest CAGR growth during the forecast period. The retail sector is watching massive amounts of data being created through a variety of channels, such as blogs, social media platforms, and applications. The retail business is presently undergoing a digital revolution that is not just limited to the e-commerce channel, since there are many linked gadgets acting as portable devices in physical stores and point-of-sale systems in kiosks, all of which are intended to collect and access consumer information. Demand for threat intelligence is increasing as a result of the retail sectors rapidly expanding data quantities in order to stop data breaches and provide higher levels of security.

Region with highest share:

Asia Pacific is projected to hold the largest market share during the forecast period owing to escalating cybercrimes, IoT usage, and cloud-based service use in the Asia Pacific. Security solutions are more in demand as cyber attacks escalate. The industry is being driven by the increased use of IoT and cloud-based services. Due to the rising problems of data theft and an increase in cyber attacks, large corporations as well as a number of SMEs in China, Japan, and India have been investing in security solutions.

Region with highest CAGR:

North America is projected to have the highest CAGR over the forecast period, owing to growing worries about cyber threats, data breaches, and the major presence of numerous IT, telecom, and BFSI enterprises. Leading threat intelligence solution providers are also responsible for the region's efficient market expansion.

Key players in the market:

Some of the key players profiled in the Threat Intelligence Market include: Fortinet, Inc., Thales, Anomali, Dell Inc., LogRhythm Inc., Broadcom Inc., IBM, Juniper Networks Inc., Cisco, Forcepoint, Infosys and SOCRadar.

Key Developments:

In March 2021, Anomali announced the availability of its Cloud-Native XDR solution that provides customers with a new dimension of visibility across all security telemetry from endpoints to the public cloud providing precision detection and optimized a response capability that extends across their entire security infrastructure.

In January 2020, Thales entered into a partnership agreement with GE Steam Power to provide a cybersecurity solutions suite for power plant operations.

Services Covered:

  • Subscription Services
  • Professional services
  • Training & Support
  • Managed Service
  • Other Services

Solutions Covered:

  • Log Management
  • Unified Threat Management
  • Incident Forensics
  • Identity and Access Management (IAM)
  • Other Solutions

Mode Of Deployment Covered:

  • Cloud-Based
  • On-premises

Organisation Sizes Covered:

  • Large Enterprises
  • Small & Medium-Sized Enterprises

Applications Covered:

  • Risk & Compliance
  • Security & Vulnerability Management
  • Incident Response
  • Security Analytics
  • Security Information & Event Management
  • Other Applications

End Users Covered:

  • Manufacturing
  • Information Technology
  • Healthcare
  • Retail
  • Banking, Financial Services & Insurance (BFSI)
  • Other End Users

Regions Covered:

  • North America
    • US
    • Canada
    • Mexico
  • Europe
    • Germany
    • UK
    • Italy
    • France
    • Spain
    • Rest of Europe
  • Asia Pacific
    • Japan
    • China
    • India
    • Australia
    • New Zealand
    • South Korea
    • Rest of Asia Pacific
  • South America
    • Argentina
    • Brazil
    • Chile
    • Rest of South America
  • Middle East & Africa
    • Saudi Arabia
    • UAE
    • Qatar
    • South Africa
    • Rest of Middle East & Africa

What our report offers:

  • Market share assessments for the regional and country-level segments
  • Strategic recommendations for the new entrants
  • Covers Market data for the years 2020, 2021, 2022, 2025, and 2028
  • Market Trends (Drivers, Constraints, Opportunities, Threats, Challenges, Investment Opportunities, and recommendations)
  • Strategic recommendations in key business segments based on the market estimations
  • Competitive landscaping mapping the key common trends
  • Company profiling with detailed strategies, financials, and recent developments
  • Supply chain trends mapping the latest technological advancements

Free Customization Offerings:

All the customers of this report will be entitled to receive one of the following free customization options:

  • Company Profiling
    • Comprehensive profiling of additional market players (up to 3)
    • SWOT Analysis of key players (up to 3)
  • Regional Segmentation
    • Market estimations, Forecasts and CAGR of any prominent country as per the client's interest (Note: Depends on feasibility check)
  • Competitive Benchmarking
    • Benchmarking of key players based on product portfolio, geographical presence, and strategic alliances

Table of Contents

1 Executive Summary

2 Preface

  • 2.1 Abstract
  • 2.2 Stake Holders
  • 2.3 Research Scope
  • 2.4 Research Methodology
    • 2.4.1 Data Mining
    • 2.4.2 Data Analysis
    • 2.4.3 Data Validation
    • 2.4.4 Research Approach
  • 2.5 Research Sources
    • 2.5.1 Primary Research Sources
    • 2.5.2 Secondary Research Sources
    • 2.5.3 Assumptions

3 Market Trend Analysis

  • 3.1 Introduction
  • 3.2 Drivers
  • 3.3 Restraints
  • 3.4 Opportunities
  • 3.5 Threats
  • 3.6 Application Analysis
  • 3.7 End User Analysis
  • 3.8 Emerging Markets
  • 3.9 Impact of Covid-19

4 Porters Five Force Analysis

  • 4.1 Bargaining power of suppliers
  • 4.2 Bargaining power of buyers
  • 4.3 Threat of substitutes
  • 4.4 Threat of new entrants
  • 4.5 Competitive rivalry

5 Global Threat Intelligence Market, By Service

  • 5.1 Introduction
  • 5.2 Subscription Services
  • 5.3 Professional services
  • 5.4 Training & Support
  • 5.5 Managed Service
  • 5.6 Other Services

6 Global Threat Intelligence Market, By Solution

  • 6.1 Introduction
  • 6.2 Log Management
  • 6.3 Unified Threat Management
  • 6.4 Incident Forensics
  • 6.5 Identity & Access Management (IAM)
  • 6.6 Other Solutions

7 Global Threat Intelligence Market, By Mode of Deployment

  • 7.1 Introduction
  • 7.2 Cloud-Based
  • 7.3 On-Premises

8 Global Threat Intelligence Market, By Organization Size

  • 8.1 Introduction
  • 8.2 Large Enterprises
  • 8.3 Small & Medium-Sized Enterprises

9 Global Threat Intelligence Market, By Application

  • 9.1 Introduction
  • 9.2 Risk & Compliance
  • 9.3 Security & Vulnerability Management
  • 9.4 Incident Response
  • 9.5 Security Analytics
  • 9.6 Security Information & Event Management
  • 9.7 Other Applications

10 Global Threat Intelligence Market, By End User

  • 10.1 Introduction
  • 10.2 Manufacturing
  • 10.3 Information Technology
  • 10.4 Healthcare
  • 10.5 Retail
  • 10.6 Banking, Financial Services & Insurance (BFSI)
  • 10.7 Other End Users

11 Global Threat Intelligence Market, By Geography

  • 11.1 Introduction
  • 11.2 North America
    • 11.2.1 US
    • 11.2.2 Canada
    • 11.2.3 Mexico
  • 11.3 Europe
    • 11.3.1 Germany
    • 11.3.2 UK
    • 11.3.3 Italy
    • 11.3.4 France
    • 11.3.5 Spain
    • 11.3.6 Rest of Europe
  • 11.4 Asia Pacific
    • 11.4.1 Japan
    • 11.4.2 China
    • 11.4.3 India
    • 11.4.4 Australia
    • 11.4.5 New Zealand
    • 11.4.6 South Korea
    • 11.4.7 Rest of Asia Pacific
  • 11.5 South America
    • 11.5.1 Argentina
    • 11.5.2 Brazil
    • 11.5.3 Chile
    • 11.5.4 Rest of South America
  • 11.6 Middle East & Africa
    • 11.6.1 Saudi Arabia
    • 11.6.2 UAE
    • 11.6.3 Qatar
    • 11.6.4 South Africa
    • 11.6.5 Rest of Middle East & Africa

12 Key Developments

  • 12.1 Agreements, Partnerships, Collaborations and Joint Ventures
  • 12.2 Acquisitions & Mergers
  • 12.3 New Product Launch
  • 12.4 Expansions
  • 12.5 Other Key Strategies

13 Company Profiling

  • 13.1 Fortinet, Inc.
  • 13.2 Thales
  • 13.3 Anomali
  • 13.4 Dell Inc.
  • 13.5 LogRhythm Inc.
  • 13.6 Broadcom Inc.
  • 13.7 IBM
  • 13.8 Juniper Networks Inc.
  • 13.9 Cisco
  • 13.10 Forcepoint
  • 13.11 Infosys
  • 13.12 SOCRadar