デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1433772

脅威インテリジェンス:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Threat Intelligence - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 220 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.88円
脅威インテリジェンス:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 220 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

脅威インテリジェンスの市場規模は、2024年に81億5,000万米ドルと推定され、2029年までに149億6,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年~2029年)中に12.90%のCAGRで成長する見込みです。

脅威インテリジェンス-市場

ここ数年、攻撃元、ターゲット、宛先の攻撃プロファイル、およびさまざまな種類のテクノロジーの間でパラダイムシフトが起きています。攻撃の種類とターゲットは明らかになる可能性がありますが、特定の攻撃の帰属を割り当てるのが難しいため、攻撃源には依然として問題があります。

主なハイライト

  • サイバー攻撃とデータ侵害の増加により、組織の焦点はさまざまなサイバーセキュリティソリューションに移っています。攻撃者と防御者の間でサイバー軍拡競争が激化しているため、サイバーインテリジェンスに注目する組織が増えています。その結果、脅威インテリジェンスにより、防御側はより迅速に、より多くの情報に基づいたセキュリティ上の意思決定を行うことができ、侵害との戦いにおける行動を事後対応型から事前対応型に変えることができるようになりました。
  • ほとんどの組織は、インテリジェンスフィードと現在のIPS、ファイアウォール、SIEMの統合など、より基本的なユースケース(既存のケーススタディや攻撃に依存する)にインテリジェンスへの取り組みを集中させており、提供できるインテリジェンスに関する洞察を最大限に活用していません。
  • 脅威インテリジェンス市場は主に、攻撃手法の独自性が高まり、データが脆弱になることで推進されています。さまざまな企業によって生成されるデータ量の増加が、市場を牽引する重要な要因です。
  • クラウドと脅威インテリジェンスを統合することにより、組織はサイバー脅威をブロックし、世界的な脅威コミュニティを活用して未知の脅威を特定し、最終的には出現する前に阻止することで、攻撃対象領域をターゲットにすることができます。したがって、脅威インテリジェンスソリューションの採用が大幅に増加しています。
  • サイバー犯罪はここ数年で増加しており、減速する兆しはありません。パンデミックが続く中、在宅勤務が増加し、サイバー攻撃の割合が増加しています。企業はリモート勤務モデルを採用しているため、企業セキュリティに対する懸念が生じており、これらの要因が脅威インテリジェンス市場をさらに推進しています。
  • COVID-19パンデミックは市場の成長にプラスの影響を与えており、世界中の政府機関は組織が提起するサイバー上の懸念をサポートするための新しい戦略の導入を考え出しています。サイバー脆弱性の増加により、脅威インテリジェンス市場の成長が促進されています。

脅威インテリジェンスの市場動向

BFSIセグメントが大きなシェアを占めると予想される

  • BFSI業界は、膨大な顧客ベースと危険にさらされている財務情報により、複数のデータ侵害やサイバー攻撃に直面している重要なインフラストラクチャ分野の1つです。驚異的な利益をもたらし、比較的低いリスクと検出可能性という利点を備えた非常に儲かる運用モデルであるため、サイバー犯罪者は金融セクターを動けなくするために多くの悪魔的なサイバー攻撃を最適化しています。これらの攻撃の脅威の情勢は、トロイの木馬、マルウェア、ATMマルウェア、ランサムウェア、モバイルバンキングマルウェアから、データ侵害、組織的侵入、データ盗難、財政違反などに及びます。
  • たとえば、Orange Cyberdefenseによると、2021年10月から2022年9月にかけて、金融および保険組織において最も一般的なサイバー攻撃の種類はマルウェアでした。世界中の組織の約40%がこの攻撃ベクトルの標的となりました。 2番目はネットワークとアプリケーションの異常で、23%の組織がそのようなサイバー攻撃を経験し、次にシステムの異常(20%)が続きました。
  • ITプロセスとシステムの保護、重要な顧客データの保護、政府規制の順守という戦略のもと、公的および民間の銀行機関はサイバー攻撃を防ぐための最新テクノロジーの導入に重点を置いています。さらに、顧客の期待の高まり、技術の進歩、規制要件により、銀行機関はセキュリティに対して積極的なアプローチを取る必要があります。インターネットバンキングやモバイルバンキングなどのテクノロジーとデジタルチャネルの普及が進むにつれて、オンラインバンキングは銀行サービスの顧客にとって人気の選択肢となっています。銀行は、脅威インテリジェンス戦略を含む、高度な認証およびアクセス制御プロセスを使用する必要があります。
  • たとえば、2022年2月、司法省(DoJ)とフィリピン銀行協会(BAP)は、フィリピンにおけるサイバーセキュリティの意識を高め、サイバー犯罪と戦うための覚書(MoU)に署名しました。 BAPは、国内でサイバー犯罪事件が増加していることを受けて、銀行業界のサイバーレジリエンスを強化し、司法省との協力パートナーシップを構築し、情報共有と連携を通じて、協調的かつ集団的かつ戦略的なサイバー対応を実現することを目指しています。
  • 2022年1月、米国の連邦銀行規制当局は、違反の迅速な通知を義務付けるサイバーセキュリティ規則を発行しました。規則案は、重大なコンピュータセキュリティインシデントが発生した場合、早期に政府機関に警告することを目的としています。銀行企業がインシデントが発生したと判断してから36時間以内に、できるだけ早く情報が必要になります。このような規制は、米国の銀行部門におけるサイバー攻撃を制御する可能性があります。

北米が最大の市場シェアを握る

  • 米国のBFSIセクターには、1エクサバイトを超えるデータが保存されています。これらのデータは、クレジット/デビットカードの履歴、顧客の銀行訪問、銀行取引高、通話記録、口座取引、Webでのやり取りなど、さまざまなソースから生成されます。
  • 適切なインフラストラクチャの可用性が高いため、多くの世界の金融機関がIoTデバイスの採用を増やしており、北米地域ではインターネットユーザーが脅威インテリジェンスソリューションの成長を推進すると予想されています。
  • 地域全体の政府機関と民間企業は、高度な脅威インテリジェンスソリューションを導入するための研究開発に投資しています。米国土安全保障省(DHS)のサイバーセキュリティとインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)は、COVID-19をテーマにしたおとりを使用したフィッシングやマルウェアの配布、コロナウイルスやCOVID-19に関連する文言を含む新しいドメイン名の登録、新たに急速に導入されたリモートアクセスおよび在宅勤務のインフラに対する攻撃が大幅に増加したと述べました。
  • さらに、組織はセキュリティ戦略と実践のテストに重点を置いています。たとえば、 Accentureが2022年2月に実施した調査によると、同社のサイバー脅威インテリジェンスおよびインシデント対応チームは、サイバースパイや金銭目的の標的事件が疑われる数件を調査しました。これらの調査中に、脅威インテリジェンスおよびインシデント対応アナリストは、最も洗練されたサイバー攻撃者が使用する戦術、技術、および手順(TTP)について直接洞察を得ることができました。調査によると、2021年にはランサムウェアと恐喝による侵入が最大35%で、30%がマルウェアの脅威でした。
  • 脅威インテリジェンスソリューションへの投資は、国の安全保障体制を強化するために不可欠です。脅威インテリジェンスソリューションを導入すると、組織は北米全体でスムーズで安全な運用を実現できるようになります。

脅威インテリジェンス業界の概要

脅威インテリジェンス市場は少数の大手企業によって独占されており、より安全なソフトウェアソリューションが発売されています。 Dell Inc.、IBM Corporation、Anomali Inc.、Fortinet Inc.、およびCrowdStrike Inc.は、脅威インテリジェンス専用のソリューションを提供する市場の主要企業です。

  • 2022年2月 - IBMは、米国のクラウドサービスコンサルタント会社Neudesicの買収を発表しました。この買収は、同社がハイブリッドマルチクラウドサービスポートフォリオを大幅に拡大し、ハイブリッドクラウドおよびAI戦略ソリューションを強化するのにさらに役立ちます。
  • 2022年3月 - Fortinetは、Etihad Atheeb Telecom Company 'GO'、Microland、Radius Telecoms Inc.、Spectrotel、TIME dotcomの5つの新しいサービスプロバイダーとの提携を発表しました。このパートナーシップにより、セキュリティが強化された簡素化されたネットワークアーキテクチャが提供され、すべてが単一のオペレーティングシステムで動作し、データセンターからマルチクラウド環境、SaaS拠点に至るまで、あらゆる場所で運用効率を実現できます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度 - ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 業界バリューチェーン分析
  • COVID-19の市場への影響評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • セキュリティ侵害とサイバー犯罪の増加
    • 次世代セキュリティソリューションの進化
  • 市場の課題/抑制要因
    • データセキュリティ予算の低さとソリューション導入コストの高さ

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • ソリューション
    • サービス
  • デプロイメント別
    • オンプレミス
    • クラウド
  • エンドユーザー業界別
    • BFSI
    • IT・通信
    • 小売業
    • 製造業
    • ヘルスケア
    • その他エンドユーザー業界
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • メキシコ
      • ブラジル
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Juniper Networks Inc.
    • AlienVault Inc.
    • Farsight Security Inc.
    • Trend Micro Incorporated
    • LogRhythm Inc.
    • F-Secure Corporation
    • Check Point Software Technologies Ltd
    • Dell Inc.
    • IBM Corporation
    • Webroot Inc.
    • Fortinet Inc.
    • Broadcom Inc.(Symantec Corporation)
    • McAfee LLC
    • LookingGlass Cyber Solutions Inc.
    • FireEye Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 65042

The Threat Intelligence Market size is estimated at USD 8.15 billion in 2024, and is expected to reach USD 14.96 billion by 2029, growing at a CAGR of 12.90% during the forecast period (2024-2029).

Threat Intelligence - Market

In the past few years, there has been a paradigm shift between attack sources, targets, destination attack profiles, and different types of technologies. While the attack types and targets can be revealing, attack sources remain problematic because of the difficulties in assigning attribution for a specific attack.

Key Highlights

  • The growing number of cyberattacks and data breaches has shifted organizations' focus to various cybersecurity solutions. More organizations are focusing on cyber intelligence because of the escalating cyber arms race between attackers and defenders. As a result, threat intelligence has enabled defenders to make faster, more informed security decisions and shift their behavior in the fight against breaches from reactive to proactive.
  • Most organizations are focusing their intelligence efforts on more basic use cases (that depend on existing case studies and attacks), such as integrating intelligence feeds with current IPS, firewalls, and SIEMs, without taking full advantage of the intelligence insights they can offer.
  • The threat intelligence market is primarily driven by increasing uniqueness in the attacking techniques leaving the data vulnerable. The rising volumes of data generated by different enterprises are the key factor driving the market.
  • By integrating cloud and threat intelligence, organizations can block cyber threats and leverage the global threat community to identify unknown threats and ultimately stop them before they emerge, thus, targeting the attack surface. Therefore, the adoption of threat intelligence solutions has increased significantly.
  • Cybercrime has increased over the last few years, and there are no signs of a slowdown. With the ongoing pandemic, telecommuting has grown, increasing the rate of cyberattacks. Enterprises have adopted a remote working model, which raises concerns about corporate security, and these factors further drive the threat intelligence market.
  • The COVID-19 pandemic has positively impacted the market's growth, and government bodies across the world are coming up with new strategy implementation to help support the cyber concerns organizations raise. The increasing number of cyber vulnerabilities is driving the growth of the threat intelligence market.

Threat Intelligence Market Trends

BFSI Segment is Expected to Occupy a Significant Share

  • The BFSI industry is one of the critical infrastructure segments that face multiple data breaches and cyber-attacks, owing to the massive customer base that the sector serves and the financial information that is at stake. Being a highly lucrative operation model with phenomenal returns and the added upside of relatively low risk and detectability, cybercriminals are optimizing many diabolical cyberattacks to immobilize the financial sector. These attacks' threat landscape ranges from Trojans, malware, ATM malware, ransomware, and mobile banking malware to data breaches, institutional invasion, data thefts, fiscal breaches, etc.
  • For instance, according to Orange Cyberdefense, malware was the most common type of cyber attack in financial and insurance organizations between October 2021 and September 2022. Around 40% of organizations worldwide were targeted by the attack vector. Network and application anomalies came in second, with 23% of organizations experiencing such cyber attacks, followed by system anomalies (20%).
  • With a strategy of protecting IT processes and systems, protecting critical customer data, and complying with government regulations, public and private banking institutions are focused on implementing the latest technologies to prevent cyberattacks. In addition, rising customer expectations, technological advances, and regulatory requirements require banking institutions to take a proactive approach to security. With the increasing penetration of technology and digital channels, such as internet banking and mobile banking, online banking has become a favorite choice for customers of banking services. Banks must use advanced authentication and access control processes, including threat intelligence strategies.
  • For instance, in February 2022, the Department of Justice (DoJ) and Bankers Association of the Philippines (BAP) signed a memorandum of understanding (MoU) to raise cybersecurity awareness and combat cybercrime in the Philippines. The BAP aims to strengthen the banking industry's cyber-resilience and develop a collaborative partnership with the Justice Department to achieve a coordinated, collective, and strategic cyber response through information sharing and collaboration in the wake of rising cybercrime incidents in the country.
  • In January 2022, the federal banking regulators of the United States issued a cybersecurity rule requiring prompt notification of a breach. The proposed rule is poised to warn the agencies early of considerable computer security incidents. It would need information as soon as possible and by 36 hours after a banking enterprise determines that an incident has occurred. Such regulations could control cyber attacks in the banking sector of the United States.

North America to Hold the Largest Market Share

  • The BFSI sector in the United States has more than 1 exabyte of stored data. These data are generated from various sources, such as credit/debit card histories, customer bank visits, banking volumes, call logs, account transactions, and web interactions.
  • Due to the high availability of adequate infrastructure, numerous global financial institutions increased the adoption of IoT devices, and internet users are expected to drive the growth of threat intelligence solutions in the North American region.
  • Government entities and private players across regions invest in R&D to introduce advanced threat intelligence solutions. The US Department of Homeland Security (DHS) Cybersecurity and the Infrastructure Security Agency (CISA) mentioned that they experienced a massive rise in phishing and malware distribution using COVID-19-themed lures, registration of new domain names containing wording related to coronavirus or COVID-19, and attacks against newly and rapidly deployed remote access and teleworking infrastructure.
  • Additionally, organizations are focusing on testing security strategies and practices. For instance, according to a survey conducted by Accenture in February 2022, its cyber threat intelligence and incident response team has investigated several suspected cyber-spy and financially motivated targeting cases. During these investigations, threat intelligence and incident response analysts gained first-hand insight into the tactics, techniques, and procedures (TTP) employed by some of the most sophisticated cyber attackers. The survey revealed that intrusions made by ransomware and extortion were up to 35%, and 30% were malware threats in 2021.
  • Investments in threat intelligence solutions are essential for strengthening the security posture of a country. Implementing threat intelligence solutions will help organizations provide smooth and secure operations across North America.

Threat Intelligence Industry Overview

The threat intelligence market is dominated by a few major players, with more secure software solutions being launched. Dell Inc., IBM Corporation, Anomali Inc., Fortinet Inc., and CrowdStrike Inc. are key players in the market that offer dedicated solutions for threat intelligence.

  • February 2022 - IBM announced the acquisition of Neudesic, a US cloud services consultancy. This acquisition will further help the company significantly expand its hybrid multi-cloud services portfolio and enhance its hybrid cloud and AI strategy solutions.
  • March 2022 - Fortinet announced a partnership with five new service providers - Etihad Atheeb Telecom Company 'GO,' Microland, Radius Telecoms Inc., Spectrotel, and TIME dotcom. This partnership may deliver a simplified network architecture with enhanced security, all powered by a single operating system to achieve operational effectiveness everywhere, from the data center to multi-cloud environments to SaaS locations.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Assessment of Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growing Incidences of Security Breaches and Cyber Crime
    • 5.1.2 Evolution of Next-generation Security Solutions
  • 5.2 Market Challenges/restraints
    • 5.2.1 Low Data Security Budget and High Installation Cost of Solution

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Solutions
    • 6.1.2 Services
  • 6.2 By Deployment
    • 6.2.1 On-premise
    • 6.2.2 Cloud
  • 6.3 By End-user Industry
    • 6.3.1 BFSI
    • 6.3.2 IT and Telecommunications
    • 6.3.3 Retail
    • 6.3.4 Manufacturing
    • 6.3.5 Healthcare
    • 6.3.6 Other End-user Industries
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
      • 6.4.1.1 United States
      • 6.4.1.2 Canada
    • 6.4.2 Europe
      • 6.4.2.1 United Kingdom
      • 6.4.2.2 Germany
      • 6.4.2.3 France
      • 6.4.2.4 Rest of Europe
    • 6.4.3 Asia-Pacific
      • 6.4.3.1 China
      • 6.4.3.2 Japan
      • 6.4.3.3 India
      • 6.4.3.4 Australia
      • 6.4.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 6.4.4 Latin America
      • 6.4.4.1 Mexico
      • 6.4.4.2 Brazil
      • 6.4.4.3 Rest of Latin America
    • 6.4.5 Middle East and Africa
      • 6.4.5.1 United Arab Emirates
      • 6.4.5.2 South Africa
      • 6.4.5.3 Rest of Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Juniper Networks Inc.
    • 7.1.2 AlienVault Inc.
    • 7.1.3 Farsight Security Inc.
    • 7.1.4 Trend Micro Incorporated
    • 7.1.5 LogRhythm Inc.
    • 7.1.6 F-Secure Corporation
    • 7.1.7 Check Point Software Technologies Ltd
    • 7.1.8 Dell Inc.
    • 7.1.9 IBM Corporation
    • 7.1.10 Webroot Inc.
    • 7.1.11 Fortinet Inc.
    • 7.1.12 Broadcom Inc. (Symantec Corporation)
    • 7.1.13 McAfee LLC
    • 7.1.14 LookingGlass Cyber Solutions Inc.
    • 7.1.15 FireEye Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET