表紙:サービスとしてのネットワーク市場- 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
907054

サービスとしてのネットワーク市場- 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Network as a Service Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
サービスとしてのネットワーク市場- 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

Network-as-a-Serviceの世界市場は、2020年に80億4000万米ドルとなり、2026年には450億3000万米ドルに達し、2021~2026年の予測期間に33.05%のCAGRで推移すると予測されています。Aruba(HPE)によると、COVID-19の結果によって複数のITプロジェクトが遅延または延期されたため、企業はクラウドやAIベースのネットワーキングからアナリティクスやアシュランスまで、企業や従業員が新たに生み出した需要に対する主要機能にさらなる投資を計画していると推測されます。企業は、はるかに分散したチームをサポートするという課題に対応しようとしているため、世界中のITリーダーは、以前よりも大きな需要に直面しているネットワークに対して、クラウド経由のリモートネットワーク管理、AIベースの自動化、トラブルシューティングの改善などの新しい機能を採用すると予想されます。

主なハイライト

  • データストレージやビッグデータ分析の導入のためにクラウドの採用・導入が進んでいることが、Network as a Service市場の成長を後押しし貢献しています。さらに、IoT技術の急速な成長と進化も、Network as a Service市場の成長と発展を支えています。
  • Network as a Serviceは、企業のネットワークインフラに大きな柔軟性を与え、さらにはパフォーマンスの向上を実現します。オンデマンドでの購入により、企業はよりコスト意識を高め、必要なネットワークサービスに対してのみ支払いを行うことができます。また、Network as a Service(NaaS)は、ネットワークの再構築や契約を一からやり直すことなく、より柔軟にプロビジョニングを行いたい企業にとっても有効です。
  • サブスクリプション(利用時払い)ビジネスモデルへのニーズの高まり、ネットワーク仮想化、クラウドコンピューティング、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)の大幅な成長・発展、世界接続へのニーズの高まり、NaaSの経済的メリットに関する意識の高まりは、この市場の成長と進化を支える要因の一部になっています。
  • データセンターにおけるワークロードの仮想化は、効率的なリソース利用や可用性の向上をもたらし、コスト削減に貢献しました。同じことは、広域ネットワーク(WAN)のようなサイトに接続性をもたらす契約やサービスについても言えます。
  • WANアプリケーション分野は、あらゆる業界や業種の組織でWANソリューションが広く採用され、受け入れられていることから、予測期間中に主要な市場規模を維持すると予測されます。WAN接続は、顧客の要件に応じて、ユーザーがプライベートまたはパブリックゲートウェイにアクセスできるようにするために確立することができます。
  • 企業ネットワークは、これまで以上に多くのユーザー、アプリケーション、デバイスが、主に幅広いエンドポイントへのシームレスな接続性を求めてネットワークに依存しているため、ますますプレッシャーを受けるようになっています。さらに、今日の組織は、高度な管理ツールや、機械学習や人工知能の機能を活用して自動運転や自律的なネットワークを構築できるようになった新しいネットワーク・アーキテクチャへの関心を高めています。これらの進歩は、企業がパートナーやベンダーのサービスに依存する方法にも変化をもたらしています。

主な市場動向

WAN as a Serviceが大きな市場シェアを占める見込み

  • WAN as a Service分野は、さまざまな業種の組織でWANソリューションが広く採用されていることから、大きな市場規模を占めると予想されます。WANは、携帯電話、コンピュータ、リモートオフィス、データセンターなど、さまざまなリソースを通じて通信ネットワークを提供します。WAN接続は、お客様の要件に応じて、ユーザーがプライベートまたはパブリックゲートウェイにアクセスできるように確立することができます。
  • SD-WANは、ハイブリッドクラウドサービス、ネットワークおよびアプリケーションのセキュリティと並んで、企業にとって最優先事項です。SD-WANは、過去数年間で最も早く業界の採用を目撃したもの1つで、俊敏性、柔軟性、拡張性、セキュリティ、コンプライアンスを基盤とした堅牢なネットワークで次世代技術の要件を満たすことができ、幅広いブランチサービスの提供によりエンドツーエンドのプレミアム顧客体験を持続的コストで提供することが可能です。
  • サービスプロバイダは現在、拮抗的かつ積極的にマネージドWANサービスを構築し、販売しています。プロバイダーは、「自前で構築する」という新たな代用品に先んじるために迅速に行動し、WANというパイの分け前を獲得しています。サービスプロバイダがすでにネットワークを管理・運用している場合、企業向けの革新的なターンキーWANソリューションの計画、導入、保守を行うのに適しているのです。
  • また、シスコによると、2020年までにネットワーク機器の46%がM2MまたはIoTになり、これらは攻撃に対して脆弱になると言われています。こうしたコネクテッドデバイスのポテンシャルを十分に発揮するためには、今後予想されるネットワーク需要に柔軟に対応できるWANの整備がメーカーに求められています。このような場合、SD-WANは、接続されているデバイスの数を可視化し、ネットワークのトラフィックを制御する個々のポリシーをカスタマイズできるため、予測期間中、製造業のネットワーク環境全体で採用される可能性があるのです。

北米が最大の市場シェアを占める見込み

  • 通信業界における先進技術の導入と受容、強力な研究開発、クラウドベースのサービス数の急増などが、北米のNetwork as a Service(NaaS)市場を牽引しています。同地域は、予測期間中、最大の市場シェアを占めると予想されます。
  • 北米は、ネットワークの拡張に関連する技術の研究開発が充実していること、同地域のデータセンターおよびネットワークインフラの技術的成熟度から、Network as a Service市場を牽引すると予想されます。
  • 技術革新の支えであり揺りかごでもある北米は、世界の主要企業の約半数が本拠地としており、依然として欠くことのできない重要な市場です。さらに、この地域の民間企業やビジネス部門の巨大な規模と成長が、市場を押し上げると考えられます。
  • General Services Administrationは、500億米ドルのEnterprise Infrastructure Solutions契約への移行を省庁に働きかけており、これにより省庁はネットワークインフラを近代化し、NaaSなどの新しいアーキテクチャを取り入れることができるようになります。最新のネットワーク自動化ツールは、省庁のコスト削減、効率化、長期的な競合優位性の獲得に貢献します。
  • 最近では2020年12月に、プライベートセルラーネットワーク事業者のGeoverseが、企業、OEM、システムインテグレーター、その他のパートナーが、企業にサービスを提供するプライベートセルラーネットワークに新しい機能を簡単に導入できる、NaaS(Network as a Service)プラットフォームの立ち上げを発表しています。予算と性能要件に応じて、GeoCore Cloud EPCを使用してNaaSサービスを迅速かつ容易に導入することができ、また、最大性能と最小遅延を実現するためには、GeoCore On-Prem EPCをオンサイトで導入することができます。
  • さらに2021年3月、NuRAN Wireless Inc.は、2020年10月29日に発表したOrange Cameroon SAとのNaaS契約に加え、Orangeがカメルーンで120のネットワークサイトを追加する契約に基づくオプションを行使したことを発表しました。NuRANとOrangeが締結した122サイトに関する当初の契約は、契約期間中に最大2000万カナダドルの総収入が見込まれるNaaS契約です。

競合情勢

Network as a Service市場は競争が激しく、複数の大手企業で構成されています。大小さまざまなプレーヤーが存在し、市場は断片化されているように見えます。市場で圧倒的なシェアを持つ大手企業は、海外における顧客基盤の拡大に注力しています。これらの企業は、市場シェアを拡大し、収益性を高めるために、戦略的な協力体制を活用しています。市場の主要プレイヤーには、AT&T Inc.、Verizon Wireless Inc.、Cisco System Inc.などが含まれます。

  • 2021年3月-SDx Networksは、Masergyと提携し、オーストラリアの次世代ICTマネージドサービスプロバイダーを正式に立ち上げました。この提携はオーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋地域でクラウドネットワーキングを提供することを目的としており、Masergyはこの提携により、ブランド認知度を高め、世界に展開することができます。さらに、MasergyはSD-WANソリューションに設定されているAIOps機能を統合し、SASE機能を強化しました。その結果、Masergy AIOpsは仮想ネットワークエンジニアとして機能し、ネットワークとセキュリティのパフォーマンス評価を自動化し、最適化のための提案を行うことができるようになりました。
  • 2021年2月-Verizon Businessは、Ciscoとの長年の戦略的パートナーシップを拡大し、新たに3つのSD WANマネージドサービスを追加しました。この拡張により、エンタープライズ・ビジネスには、広範な世界・フットプリント、新しいソリューションと機能へのアクセス、および望ましいビジネス成果をサポートする革新的な管理およびポリシー管理モデルが提供されます。
  • 2020年11月- ウィプロ・リミテッドは、シスコの技術を活用してオリンパスにソフトウェア定義広域ネットワーク(SD-WAN)のマネージド・トランスフォーメーション・サービスを提供する予定です。この契約の一環として、ウィプロは独自のマネージド・ネットワーク・サービス・ソリューション「#WANFreedom」を使用してオリンパスのWANを再設計し、ハイブリッド・マルチクラウド環境における分散アプリケーション全体のサポートを可能にします。ウィプロのマネージドSD-WAN#WANFreedomサービスは、シスコの世界なセキュアSD-WANマネージドサービスパートナー(MSP)プログラムによって実現されています。
  • 2020年10月-VMWareは、ソフトウェア構成管理、ネットワーク自動化、インフラ自動化などの自動化機能を広げるため、SaltStackを買収しました。SaltStackは、堅牢な構成コンプライアンスおよび脆弱性管理機能を提供し、vRealizeに統合され、お客様のSecOpsの実践をサポートします。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査対象範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手・消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
    • 代替品の脅威
  • COVID-19が市場に与える影響

第5章 市場の力学

  • 市場促進要因
    • データストレージのクラウド化
  • 市場抑制要因

第6章 市場のセグメンテーション

  • タイプ別
    • LAN-as-a-Service(サービス型
    • WAN-as-a-Service(ワン・アズ・ア・サービス
  • アプリケーション別(定性分析)
    • クラウド型サービス(vCPE)
    • 帯域オンデマンド(BoD)
    • 統合ネットワークセキュリティ
    • ワイドエリアネットワーク(WAN)
    • 仮想プライベートネットワーク(VPN)
  • 業界別
    • ヘルスケア
    • BFSI
    • 小売・Eコマース
    • IT・通信
    • 製造業
    • 運輸・物流
    • 公共部門
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • メキシコ
      • その他のラテンアメリカ地域
    • 中東・アフリカ地域
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • その他の中東・アフリカ地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • AT&T Inc.
    • Verizon Communications Inc.
    • DXC Technology Company
    • Synnex Corporation
    • Cisco Systems Inc.
    • NEC Corporation
    • Hewlett Packard Enterprise Co.
    • IBM Corporation
    • Oracle Corporation
    • GTT Communications
    • VMware Inc.
    • Telstra Corporation Limited
    • CenturyLink Inc.
    • Meta Networks Ltd.
    • Masergy Communications Inc.
    • Juniper Networks Inc.
    • Nokia Corp.(Alcatel Lucent)
    • Akamai Technologies Inc.
    • Brocade Communication Systems Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 66380

The Global Network-as-a-Service market (henceforth referred to as the market studied) was valued at USD 8.04 billion in 2020, and is expected to reach USD 45.03 billion by 2026, registering a CAGR of 33.05% during the forecast period of 2021-2026. According to Aruba (HPE), with multiple IT projects having been delayed or postponed owing to the result of COVID-19, companies are planning to invest more in key capabilities for the new created demand by businesses and employees, from cloud and AI-based networking to analytics and assurance. As companies are trying to meet the challenge of supporting much more distributed teams, IT leaders across the globe are expected to adopt newer capabilities such as remote network management via the cloud, AI-based automation, and improved troubleshooting for networks that are facing greater demands than before.

Key Highlights

  • The rising adoption and implementation of the cloud for data storage and introduction of Big Data analytics is backing and contributing to the growth of the Network as a Service market. In addition to that, the rapid growth and evolution in IoT technologies also support the growth and development of Network as a Service market.
  • Network as a service offers companies greater flexibility and even performance gains in their network infrastructure. With on-demand purchasing, companies can be more cost-conscious and pay only for the networking services they need. Network as a service (NaaS) can also help companies that want greater flexibility in provisioning without having to rearchitect networks or redo contracts from the ground up.
  • The mounting requirement for subscription (pay per use) business model, vast growth and development in network virtualization, cloud computing, software-defined networking (SDN), rising need for global connectivity and intensifying awareness about the economic benefits of (NaaS) are some of the drivers which in turn endowed the growth and evolution of this market.
  • Virtualization in the data center for workload mobility brought efficient resource utilization, increased availability, and helped drive down costs, and the public sector now realizes those profits to sustain revenues through augmented competition from service providers. The same can be said for the contracts and services that bring connectivity to sites like the wide-area network (WAN).
  • The WAN application segment is projected to hold the principal market size during the forecast period with the wide-spread adoption and acceptance of the WAN solutions across organizations in any industry or business verticals. WAN connectivity can be established to permit users to access private or public gateways based on the customer's requirements.
  • Enterprise networks are increasingly going under pressure with more and more users, applications, and devices than ever before, primarily relying on the network for seamless connectivity to a wide range of endpoints. Moreover, organizations today are increasingly interested in advanced management tools and new network architectures that can now leverage machine learning and artificial intelligence capabilities to create a self-driving or autonomous network. These advancements are also changing the way enterprises rely on the services from their partners and vendors.

Key Market Trends

WAN as a Service is Expected to Hold a Significant market Share

  • The WAN as a Service segment is anticipated to hold a significant market size with the wide-spread adoption of the WAN solutions across organizations in various industry verticals. It provides a communication network through many resources, including mobiles, computers, remote offices, and data centers. WAN connectivity can be established to allow users to access private or public gateways based on the customer's requirements.
  • SD-WAN, alongside hybrid cloud service, network and application security, are the top priorities for businesses, with SD-WAN, one of the fastest witnessing industry adoptions in the past few years and can meet the requirements of next-generation technologies with a robust network built on agility, flexibility, scalability, security, and compliance and delivering an end-to-end premium customer experience by providing a wide array of branch services at sustainable costs.
  • Service providers are antagonistically and aggressively building out and selling managed WAN offerings nowadays. Working swiftly to stay ahead of emerging "build it yourself" substitutes, providers are carving out their share of the WAN pie. If a service provider is already managing and handling the network, they're well placed to plan, deploy and maintain an innovative, turnkey WAN solution for businesses as well.
  • Also, according to Cisco, 46% of network devices will be M2M or IoT by 2020, which are vulnerable to attacks. In order to fully realize the potential of these connected devices, the manufacturers are needed to be equipped with WANs that are flexible to meet the network demands anticipated over the future. In such instances, the SD-WAN, which offers manufacturers the visibility of the number of devices connected and alsocustomize individual policies to govern a network's traffic, therefore, has scope for adoption across manufacturing network environments over the forecast period.

North America is Expected to Occupy the Largest Market Share

  • Inclining towards the implementation and acceptance of advanced technology, strong research, and development in the telecom industry, the surge in the number of cloud-based services and other factors are driving the Network as a Service (NaaS) market in North America. This region is expected to hold the largest market share during the forecast period.
  • North America is anticipated to drive the network as a service market due to substantial research and development in technology related to network expansion, and technological maturity of data center and network infrastructure in the region.
  • North America, the support and cradle of technological innovation, remains an indispensable and essential market and home to nearly half of the world's major companies. Furthermore, the huge size and growth of the private and business sectors in the region are likely to boost the market.
  • The General Services Administration has been working with agencies to transition them into its USD 50 billion Enterprise Infrastructure Solutions contract, which will enable agencies to modernize their network infrastructures and embrace new architectures, including NaaS. Modern network automation tools can help an agency reduce costs, create efficiencies and gain a long-term competitive edge.
  • Recently in December 2020, Geoverse, a private cellular network operator, announced the launch of its Network as a Service (NaaS) platform, which enables enterprises, OEMs, systems integrators, and other partners to easily introduce new functionality for private cellular networks serving the enterprise. Depending on the budget and performance requirements, the NaaS service can be deployed quickly and easily using the GeoCore Cloud EPC, or for maximum performance and minimum latency, the GeoCore On-Prem EPC can be deployed on-site.
  • Moreover, in March 2021, NuRAN Wireless Inc. announced that further to its previously disclosed NaaS contract with Orange Cameroon SA announced on October 29, 2020, Orange exercised its option under the agreement for adding an additional 120 networking sites in Cameroon. The original contract for 122 sites entered into by NuRAN and Orange is the NaaS contract with expected gross revenues of up to CAD 20 million over the term of the agreement.

Competitive Landscape

The network as a service market is highly competitive and consists of several major players. The market appears to be fragmented with the presence of multiple small and large players. The major players with a prominent share in the market are focusing on expanding their customer base across foreign countries. These companies are leveraging on strategic collaborative initiatives to increase their market share and increase their profitability. Some of the major players in the market are AT&T Inc., Verizon Wireless Inc., Cisco System Inc., among others.

  • March 2021 - SDx Networks partnered with Masergy to officially launch Australia's next generation of ICT Managed Service Providers. The collaboration aims to deliver cloud networking in Australia, New Zealand, and Asia-Pacific, and Masergy can expand its global footprint through this partnership, as well as its brand-awareness. Additionally, Masergy integrated its AIOps feature which is set into its SD-WAN solutions to enhance its SASE capabilities. As a result, Masergy AIOps acts as a virtual network engineer, automating the evaluation of network and security performance and making recommendations for optimization.
  • February 2021 - Verizon Business expanded its long-standing strategic partnership with Cisco, with the addition of three new SD WAN managed services offerings. This expansion provides enterprise businesses with an extensive global footprint, access to new solutions and capabilities, as well as an innovative management and policy administration model to support the desired business outcomes.
  • November 2020 - Wipro Limited plans to deliver managed Software-Defined Wide Area Network (SD-WAN) transformation services to Olympus leveraging Cisco technology. As a part of this engagement, Wipro will use its proprietary managed network services solution, #WANFreedom to re-architect Olympus's WANs and enable support across distributed applications in a hybrid multi-cloud environment. Wipro's managed SD-WAN #WANFreedom services are enabled by Cisco's global Secure SD-WAN Managed Services Partner (MSP) Program.
  • October 2020 - VMWare acquired Saltstack to broaden its automation capabilities, including software configuration management, network automation, and infrastructure automation. SaltStack offers robust configuration compliance and vulnerability management capabilities, which have been integrated into vRealize to help support customers' SecOps practices.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitute Products
  • 4.3 Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 implementation of the Cloud for Data Storage
  • 5.2 Market Restraints

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 LAN-as-a-Service
    • 6.1.2 WAN-as-a-Service
  • 6.2 By Application (Qualitative Analysis)
    • 6.2.1 Cloud-based Services (vCPE)
    • 6.2.2 Bandwidth on Demand (BoD)
    • 6.2.3 Integrated Network Security-as-a-Service
    • 6.2.4 Wide Area Network (WAN)
    • 6.2.5 Virtual Private Network (VPN)
  • 6.3 By Industry Vertical
    • 6.3.1 Healthcare
    • 6.3.2 BFSI
    • 6.3.3 Retail and Ecommerce
    • 6.3.4 IT and Telecom
    • 6.3.5 Manufacturing
    • 6.3.6 Transportation and Logistics
    • 6.3.7 Public Sector
  • 6.4 Geography
    • 6.4.1 North America
      • 6.4.1.1 United States
      • 6.4.1.2 Canada
    • 6.4.2 Europe
      • 6.4.2.1 United Kingdom
      • 6.4.2.2 Germany
      • 6.4.2.3 France
      • 6.4.2.4 Rest of Europe
    • 6.4.3 Asia Pacific
      • 6.4.3.1 China
      • 6.4.3.2 Japan
      • 6.4.3.3 India
      • 6.4.3.4 Rest of Asia Pacific
    • 6.4.4 Latin America
      • 6.4.4.1 Brazil
      • 6.4.4.2 Argentina
      • 6.4.4.3 Mexico
      • 6.4.4.4 Rest of Latin America
    • 6.4.5 Middle East and Africa
      • 6.4.5.1 United Arab Emirates
      • 6.4.5.2 Saudi Arabia
      • 6.4.5.3 Rest of Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 AT&T Inc.
    • 7.1.2 Verizon Communications Inc.
    • 7.1.3 DXC Technology Company
    • 7.1.4 Synnex Corporation
    • 7.1.5 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.6 NEC Corporation
    • 7.1.7 Hewlett Packard Enterprise Co.
    • 7.1.8 IBM Corporation
    • 7.1.9 Oracle Corporation
    • 7.1.10 GTT Communications
    • 7.1.11 VMware Inc.
    • 7.1.12 Telstra Corporation Limited
    • 7.1.13 CenturyLink Inc.
    • 7.1.14 Meta Networks Ltd.
    • 7.1.15 Masergy Communications Inc.
    • 7.1.16 Juniper Networks Inc.
    • 7.1.17 Nokia Corp. (Alcatel Lucent)
    • 7.1.18 Akamai Technologies Inc.
    • 7.1.19 Brocade Communication Systems Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS