表紙:歯のホワイトニング市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
824066

歯のホワイトニング市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Teeth Whitening Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 112 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=137.31円
歯のホワイトニング市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 112 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

2020年の世界の歯のホワイトニング市場は61億4,075万米ドルで、2026年には82億720万米ドルの収益に達すると予測され、予測期間のCAGRは4.95%であると予想されています。

COVID-19の大流行により、個人の衛生面や家庭での歯科エステに注目が集まっていることにスポットライトが当たっています。歯科外科医は、救急隊員、看護師、その他のヘルスケアスタッフとともに、COVID-19に感染し、感染させる最大のリスクにさらされています。この数ヶ月以来、世界中の歯科医院が閉鎖されています。パンデミックによって、世界の人々の医療へのアクセス方法は変化しており、歯科医療も例外ではありません。社会的距離を置くことが世界中で続いているため、人々は日常的な歯科治療や美容のために地元の歯科医を訪れることができず、それゆえ、歯の汚れや変色に対する家庭用歯のホワイトニングソリューションの需要が増え続けています。さらに、歯磨き粉、フィルム、ジェルなど、店頭やオンラインプラットフォームで幅広い製品が入手可能なため、その採用率が高まり、流行中の市場成長にプラスの影響を与えています。また、British Dental Journal 2020に掲載された研究論文のように、良好な口腔衛生は、患者、特にCOVID-19患者の気道感染を避けるための最善の方法と考えられており、この研究は、COVID-19の合併症のリスク上昇に関連するほとんどの併存疾患も口腔バイオフィルムと歯周病と関連しているので、口腔マイクロバイオーム、およびCOVID-19合併症間の関連をさらに研究すべきことを示唆しています。したがって、前述の要因から、研究対象市場はパンデミック時に大きな影響を受けると予想されます。

歯のホワイトニング市場の成長のための主要な要因は、口腔衛生に関する意識の高まり、歯のホワイトニングOTC製品の容易な可用性、歯の変色と関連するスティグマが含まれています。

また、歯の審美性への関心の高まりは、現代社会でより多くの人気を得ており、歯の審美的な治療に対する需要の増加を引き起こしています。また、若年層は中高年層よりもメディアの影響を受けやすく、その結果、美意識が高まり、満足度に影響を及ぼしていると考えられます。

歯のホワイトニングは、参加者が最も希望する治療法であることがわかりました。同様に、ロンドンとマレーシアの女性患者を対象とした調査では、マレーシアとロンドンの女性患者では、自然な色の歯よりも歯のホワイトニングがより好まれることが示されました。歯磨き粉の消費は、より多くの消費者が歯のケアに先進的で的を射たソリューションを求めていることから、増加することが予想されます。

歯のホワイトニング製品の中には、市販されているものもあります。また、2019年10月には、コルゲート・パルモリーブが革新的な新しい家庭用ホワイトニングシステム「The Colgate Optic White Advanced LED Whitening Treatment」を発売しました。このように、口腔衛生に関する意識の高まりや製品の発売により、歯のホワイトニング製品の需要全体が促進され、結果として予測期間中に、市場の高い成長が期待されます。

主な市場動向

ホワイトニング歯磨き粉は、予測期間中に最大の市場シェアを占めると予想されます。

歯磨き粉には粗い研磨剤が含まれており、歯の表面に付着した汚れを削り取ることで美白効果を発揮します。ホワイトニング歯磨き粉は、その迅速な結果と手頃な価格により、大きな需要があります。また、歯の美白を重要視する人々が増えていることも、市場の成長に寄与しています。技術の進歩による製品の効能の向上により、プレミアムブランドは優れた製品機能と治療効果を提供することで効果的に競争することができます。

例えば、2020年4月、Oralgen NuPearlは、新しいOralgen Probiotic Oral Care Whitening Toothpasteを発売し、口腔内の健康な細菌のバランスを整え、より優しいフッ素フリー処方で明るい笑顔になることが臨床的に証明されています。

また、2020年2月には、パーソナルケア製品製造会社のウェルネスが、グリセリン・フッ素フリーで、炭酸カルシウム、ペパーミント、ステビア葉、緑茶葉エキスを配合したオールナチュラルなホワイトニング歯磨き粉を新発売しています。

このように、ホワイトニング歯磨き粉の効果的な利点と製品発売の増加により、ホワイトニング歯磨き粉のセグメントは予測期間中にかなりの成長を示すと予想されます。

歯のホワイトニング市場は北米が支配的であり、予測期間中も同様の状況が続くと予想される

歯のホワイトニング市場では、北米が大きなシェアを占めており、予測期間中も大きな変動はなく同様の傾向を示すと予想されます。米国は、審美歯科への傾倒が高まっていることから、歯のホワイトニング市場を独占すると予想されます。歯の審美性に対する意識の高まりから、今後数年間はこれらの製品の高い普及率が続くと思われます。

さらに、米国国勢調査データおよびシモンズ国民消費者調査(NHCS)によると、2019年に3億619万人の米国人が歯磨き粉を使用しており、2023年には3億1424万人に増加すると予想されます。疾病管理予防センター(CDC)によると、2019年に18歳以上の成人の64.9%が歯科受診をしたと報告されています。また、老年人口の増加や、酒、ソーダ、タバコ、ジャンクフード、カフェインの摂取を伴う不健康な食習慣により、歯の変色の有病率が増加し、米国での市場成長にプラスの影響を与える可能性があります。さらに、複数の企業が歯のホワイトニングに関連する製品を継続的に発売しており、これも市場の推進要因の1つとなっています。例えば、2020年には、Procter &Gambleの子会社であるCrestが、家庭用歯のホワイトニングに該当するCrest 3DWhitestripsを発売しています。このように、前述の要因から、歯のホワイトニング市場は予測期間中、北米で驚異的な成長を遂げると予想されます。

競合情勢

調査された市場は適度に統合されており、現在数社が世界的に市場を独占しています。いくつかの主要な市場プレーヤーは、最大の市場シェアを獲得しています。市場を独占している主要なプレーヤーには、Colgate-Palmolive、Unilever、Proctor &Gamble、GlaxoSmithKlineなどがあります。これらのプレイヤーは、製品ポートフォリオを拡大するための戦略的提携とともに、市場シェアを拡大するための革新的な製品の開発に注力しています。2020年2月、プロクター・アンド・ギャンブル社は、ペンのように見え、歯の表面の汚れを除去する歯のホワイトニングアプリケータを展開しました。

その他の特典です。

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 口腔衛生に対する意識の高まり
    • 歯を白くするOTC製品の入手のしやすさ
    • 歯の変色に関連するスティグマ
  • 市場抑制要因
    • 農村部での低い意識
    • 歯のホワイトニング製品に関連する副作用
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ
    • ホワイトニング歯磨き粉
    • ホワイトニングジェル・ストリップ
    • ホワイトニングライト
    • その他の製品
  • 販売チャネル
    • オフライン販売
    • オンライン販売
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他の欧州地域
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東・アフリカ地域
      • GCC
      • 南アフリカ共和国
      • その他の中東・アフリカ地域
    • 南米地域
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Brodie & Stone
    • Church & Dwight Co. Inc.
    • Colgate-Palmolive Company
    • Dr. Fresh LLC
    • GlaxoSmithKline PLC
    • GLO Science
    • Henkel AG & Co. KGaA
    • Johnson & Johnson
    • Unilever
    • Proctor & Gamble
    • GoSmile LLC
    • Ultradent Products Inc.
    • REMBRANDT

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 65707

The global teeth whitening market was valued at USD 6,140.75 million in 2020, and it is estimated to reach a revenue of USD 8,207.2 million in 2026, with an expected CAGR of 4.95% over the forecast period.

The COVID-19 pandemic has turned a spotlight on the increased focus on personal hygiene and home-based dental aesthetics. Dental surgeons, along with paramedics, nurses, and other healthcare staff, are at the greatest risk of contracting and transmitting COVID-19. Since the past few months, dental clinics across the world have been shut down. The pandemic has changed the way the global population has been accessing health care, and dental care is no exception. As social distancing continues around the world, people are unable to visit their local dentist for routine or cosmetic dental procedures, and hence, the demand for home-based teeth whitening solutions to stained and discolored teeth continues to grow. Additionally, the availability of a wide range of products on over the counter and online platforms, such as toothpaste, films, and gels, has increased their adoption and positively impacted the market growth during the pandemic. Also, as per the research article published in British Dental Journal 2020, good oral hygiene is considered to be the best way to avoid airway infections in patients, especially among COVID-19 patients and the study suggested that the connection between oral microbiome, and the COVID-19 complications should be further studied, as most of the comorbidities related to increased risk of complications in COVID-19 is also associated with oral biofilms and periodontal disease. Thus, because of the aforementioned factors, the studied market is expected to be significantly impacted during the pandemic.

The major factors responsible for the growth of the teeth whitening market include the rising awareness about oral hygiene, easy availability of teeth whitening OTC products, and stigma associated with discoloration of teeth.

Moreover, increasing concerns with the dental aesthetics are gaining more popularity in modern society and have caused an increased demand for dental aesthetic treatments. Young people are influenced more than the middle or older aged groups by media, and as a consequence, their aesthetic awareness is increased, influencing their satisfaction.

Tooth whitening was found to be the most desired treatment by the participants; similarly, studies on female patients in London and Malaysia showed that tooth whitening was much preferred over natural-colored teeth among female patients in Malaysia and London. Toothpaste consumption is expected to increase, with more consumers looking for an advanced and targeted solution for dental care.

Some of the teeth whitening products are available over the counter. Also, in October 2019, Colgate-Palmolive launched its innovative new at-home whitening system called The Colgate Optic White Advanced LED Whitening Treatment. Thus, the increasing awareness about oral hygiene and product launches are expected to propel the overall demand for teeth whitening products, resulting in the high growth of the market, over the forecast period.

Key Market Trends

The Whitening Toothpaste Segment is Expected to Account for the Largest Market Share Over the Forecast Period

The toothpaste contains coarse abrasives that function by abrading the stains on the tooth surface, giving a whitening effect. The whitening toothpaste is in huge demand, due to its quick result and affordable price. Rising adoption to teeth whitening importance among the population is also helping to contribute toward the growth of the market. Improvements in product efficacy achieved through advancements in technology are enabling premium brands to effectively compete by offering superior product features and therapeutic benefits.

For instance, in April 2020, Oralgen NuPearl launched its new Oralgen Probiotic Oral Care Whitening Toothpaste, clinically proven to balance healthy bacteria in the mouth and to smile bright with a gentler, fluoride-free formula.

Also, in February 2020, Wellness, a personal care product manufacturing company, launched its new all-natural whitening toothpaste, which is glycerin- and fluoride-free and contains calcium carbonate, peppermint, stevia leaf, and green tea leaf extract.

Thus, because of the efficient advantages of whitening toothpaste and increasing product launches, the whitening toothpaste segment is expected to witness considerable growth over the forecast period.

North America has been Dominant in the Teeth Whitening Market and is Expected to Continue the Same Over the Forecast Period

North America is found to hold a major share in the teeth whitening market and is expected to show a similar trend over the forecast period, without significant fluctuations. The United States is anticipated to dominate the teeth whitening market, owing to the growing inclination toward cosmetic dentistry. High adoption of these products is likely to increase in the coming years, due to increasing awareness of dental aesthetics.

Furthermore, according to the US Census Data and Simmons National Consumer Survey (NHCS), 306.19 million Americans used toothpaste in 2019, and it is expected to increase to 314.24 million in 2023. As per the Center for Disease Control and Prevention, CDC, 64.9% of adults aged 18 years and over were reported with a dental visit in 2019. Also, with the increasing geriatric population and unhealthy food habits, accompanied by liquor, soda, tobacco, junk food, and caffeine consumption, the prevalence of discoloration of teeth increases, which may positively impact the market growth in the United States. Moreover, several companies are continuously launching products associated with teeth whitening, which is also one of the driving factors for the market. For example, in 2020, Crest, the subsidiary of Procter & Gamble, launched Crest 3DWhitestrips that fall under the home teeth white whitening category. Thus, because of the aforementioned factors, the teeth whitening market is expected to grow tremendously in North America over the forecast period.

Competitive Landscape

The market studied is moderately consolidated, with a few companies currently dominating the market globally. Some of the major market players have acquired the maximum market share. Some of the key players dominating the market are Colgate-Palmolive, Unilever, Proctor & Gamble, and GlaxoSmithKline. These players are focusing on the development of innovative products to increase their market shares along with strategic alliances to expand their product portfolio. In February 2020, Procter & Gamble Co. rolled out a teeth-whitening applicator that looks like a pen and removes surface stains on teeth.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rising Awareness About Oral Hygiene
    • 4.2.2 Easy Availability of Teeth Whitening OTC Products
    • 4.2.3 Stigma Associated with Discoloration of Teeth
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Low Awareness in Rural Areas
    • 4.3.2 Side Effects Associated with Teeth Whitening Products
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Whitening Toothpaste
    • 5.1.2 Whitening Gels and Strips
    • 5.1.3 White Light Teeth Whitening Device
    • 5.1.4 Other Products
  • 5.2 Distribution Channel
    • 5.2.1 Offline Sales
    • 5.2.2 Online Sales
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle-East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle-East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Brodie & Stone
    • 6.1.2 Church & Dwight Co. Inc.
    • 6.1.3 Colgate-Palmolive Company
    • 6.1.4 Dr. Fresh LLC
    • 6.1.5 GlaxoSmithKline PLC
    • 6.1.6 GLO Science
    • 6.1.7 Henkel AG & Co. KGaA
    • 6.1.8 Johnson & Johnson
    • 6.1.9 Unilever
    • 6.1.10 Proctor & Gamble
    • 6.1.11 GoSmile LLC
    • 6.1.12 Ultradent Products Inc.
    • 6.1.13 REMBRANDT

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS