市場調査レポート
商品コード
646770

ネットワークオートメーション市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Network Automation Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 207 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
ネットワークオートメーション市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 207 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

2020年の世界ネットワーク市場の規模は121億5,000万米ドルで、2026年には391億1,000万米ドルに達し、2020年から2026年の間に21.85%のCAGRで推移すると予測されています。COVID-19の感染が広がるにつれ、公共企業や民間企業、政府機関は従業員に在宅勤務(WFH)を義務付け、あらゆるネットワーク技術に予期せぬ負担をかけ、帯域幅とセキュリティに懸念を抱かせています。2020年4月のVerizon Network Reportによると、同社のネットワーク全体のデータ量はCOVID以前の水準と比較して19%増加しています。データ使用量は依然として上昇していますが、人々のネットワーク使用方法の変化は安定しています。ベライゾンは、今後、持続的に高いレベルの利用が続くと予想していると述べています。

主なハイライト

  • 現在、企業ネットワークは、より多くのユーザー、デバイス、アプリケーションが、さまざまなエンドポイントとの接続に不可欠なネットワークに依存するようになり、その圧力にさらされています。これに対し、企業は機械学習や人工知能を活用し、自動運転や自律型ネットワークを実現する新しいネットワークアーキテクチャや高度な管理ツールへの関心を高めています。また、これらの進歩は、企業がパートナーやベンダーのサービスに依存する方法を大きく変えつつあります。
  • データセンター・ネットワークの自動化は、仮想化環境を超えて、ストレージ・ネットワーク、IP電話インフラ、さらには企業のエネルギー管理システム全体に及ぶオーケストレーションにまで及んでいます。ビッグデータは、データセンター内のトラフィックの大きな原動力となっています。アプリケーションの大半がデータセンターに依存しているため、仮想化、標準化、自動化の推進によるサポートが、パフォーマンス向上、容量とスループットの増加の重要な要因となっています。
  • さらに、Cisco Live 2020で受け取った調査回答によると、少なくとも1種類のネットワーク自動化が85%の組織で使用されていることが判明しました。AT&Tは、企業のビジネス顧客がオンラインポータルを介してイーサネット帯域を呼び出すことができるネットワークオンデマンドなどのサービスを提供し、ネットワーク自動化競争にいち早く参入しました。Bell Canadaは、開発チームと運用チームにDevOpsツールを装備しています。ベル・カナダのネットワークにおけるONAPとネットワーク自動化の最初のアプリケーションは、同社のデータセンター事業になると予想され、同社の成長するクラウドアプリケーションをサポートすることを目的としています。
  • 世界中の企業がWFHオプションを採用するにつれて、コラボレーションと会議ソリューションの需要が大きく伸びています。さらに、SD-WANや仮想化インフラなどのテクノロジーは、テレワークという新しいビジネスパラダイムにおいて、企業にとって信頼できる技術的なソリューションの選択肢を提供しています。このことは、ファイバー・インフラへの需要と支出が間もなく爆発的に増加することを意味しています。この動向を活用するため、いくつかのCSPはすでにCAPEX支出を前倒しする意向を表明しており、場合によっては5Gインフラの展開も前倒しになります。

主な市場動向

SD-WANと仮想化が主要な市場シェアを占める見込み

  • ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)とネットワーク機能仮想化(NFV)は、新しいネットワーク機能の実装を抽象化し、ハードウェアインフラや関連するトポロジー制約から切り離すことで、通信ネットワークをプログラム可能にし、結果として柔軟性と俊敏性を大幅に向上させる。さらに、SD-WAN 2.0の機能によって、企業は接続性を超えて、従来の支店、プライベートデータセンター、主要パブリッククラウドを含むネットワーク全体で仮想サービスの消費を安全にプログラムし、すべてを単一のITガバナンスのプラットフォームで行うことができるようになります。
  • SDNとNFVは共に、市場の需要に対応するための低コストな手段を提供することで、CSPの変革を可能にする重要な技術であると考えられています。NFVは、ディープパケットインスペクション(DPI)、ファイアウォール、ロードバランサ、セッションボーダーコントローラ(SBC)など、専用アプライアンスで動作するネットワークサービスを仮想化し、これらのサービスを単一のコンピュータハードウェアで実行できるようにして、CAPEXとOPEXを節約することにより、SDNの補完を恒常的に行ってきました。
  • 2020年には、Dell EMCなどの企業がVmwareと協力し、今日のマルチクラウドの世界におけるネットワーキングのコストを簡素化し、低減できるよう、ソフトウェア定義のネットワーキングにおける新たな進歩を発表しました。新しいDell EMC SD-WAN Edge powered by VMwareは、VMware SD-WAN by VeloCloudソフトウェアをDell EMCハードウェアにサブスクリプションとしてバンドルし、顧客体験を向上させるのに役立つ統合プラットフォームです。
  • 市場では、Software Defined Networking(SDN)、Network Function Virtualization(NFV)、SD-WANの各技術の融合が進んでいます。SDNとNFVの組み合わせは、企業のWANアーキテクチャにとって魅力的な価値提案である一方、SD-WANはこの技術を補完してきました。Linux FoundationのONAP(オープン・ネットワーク・オートメーション・プラットフォーム)、ETSIのOSM(オープンソースMANO)、SKテレコムのT-MANOソリューションなど、複数のベンダーのNFVを統合管理・オーケストレーションできるイニシアチブが商用化され始めています。

北米が大きなシェアを占めるようになる

  • ネットワークオートメーション市場を独占しているのは北米地域であり、最大の市場シェアを持つのは米国です。この地域が優位に立つ主な理由は、シスコ、IBM、SolarWinds、VMWare、Extreme Networks、Juniper Networksなどの大手ネットワーク自動化ソリューションプロバイダが存在するためです。
  • また、この地域がインターネットの普及と技術導入で優位に立っていることも、ネットワーク自動化ソリューションの採用の大きなきっかけになると予想されます。Cisco Annual Internet Report(2018-2023)によると、2023年までに地域の人口の約92%がインターネットを利用するようになるとされています。
  • コネクテッドデバイスやモバイルデバイスの実質的な成長は、強化されたネットワークサービスへの需要の増加に拍車をかけています。北米は常に技術導入の最前線に位置しているため、同地域では接続型機器の導入が最も多く見られました。
  • さらに、接続機器やモバイル機器の増加により、さまざまなエンドポイントが誕生しています。より多くのユーザー、デバイス、アプリケーションが必要不可欠な接続性をネットワークに依存しているため、信頼性の高いネットワークアーキテクチャの必要性が高まっています。したがって、組織は、人工知能などの高度な管理ツールを統合し、自動運転または自律型ネットワークを構築するようになってきています。
  • IoT、マルチクラウド環境、またはAIなどの技術的進歩の展開は、ネットワークアーキテクチャの複雑さを増大させます。したがって、これらの技術の展開により、柔軟で適応性の高いネットワーク・アーキテクチャの需要が高まっています。

競合の情勢

ネットワーク自動化市場は、徐々に断片化された市場へと変化しています。近い将来、クラウドの動向やさまざまなエンドユーザー業界のネットワークトラフィックの増加に強く後押しされ、堅調な伸びが予想されます。ネットワークオートメーション市場における足場を維持するため、現在の市場リーダーは、主に市場のさまざまな新興企業やソリューションベンダーの買収によって、非常に強力な競争戦略を展開しています。主な参加企業は、シスコシステムズ、ジュニパーネットワークス、IBMなどです。市場の最近の動向は-。

  • 2021年6月~IBMは、ゼロタッチオペレーション、コスト削減、顧客への革新的なサービスの迅速な提供など、5Gの約束を実現するために、通信サービスプロバイダー(CSP)向けの新しいハイブリッドクラウドAI搭載自動化ソフトウェアの発売を発表しました。CSPは、さまざまな環境において、AIを活用した自動化機能により、ネットワークの立ち上げと管理を迅速に行うことができ、数ヶ月ではなく数日で新しいサービスを拡張できるように設計されています。

追加のメリット

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 産業の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • 産業バリューチェーン分析
  • 技術スナップショット
  • COVID-19が市場に与える影響の評価
  • 市場促進要因
    • データセンター・ネットワークの需要増加
    • コネクテッドデバイスの動向の高まり
  • 市場抑制要因
    • 産業界における熟練した専門家の不足

第5章 市場セグメンテーション

  • ネットワークタイプ
    • 物理的
    • バーチャル
    • ハイブリッド
  • ソリューションタイプ
    • ネットワーク自動化ツール
    • SD-WANとネットワーク仮想化
    • インテントベースネットワーキング
  • サービスタイプ
    • マネージドサービス
    • プロフェッショナルサービス
  • デプロイメント
    • クラウド
    • オンプレミス
    • ハイブリッド
  • エンドユーザー業界
    • IT・通信
    • 製造業
    • エネルギー・ユーティリティ
    • 銀行・金融サービス
    • 教育
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Cisco Systems Inc.
    • Juniper Networks Inc.
    • IBM Corporation
    • Hewlett Packard Enterprise Development LP
    • SolarWinds Inc.
    • Network Automation Inc.
    • Micro Focus International PLC
    • NetBrain Technologies Inc.
    • Apstra Inc.
    • Arista Networks Inc.
    • Extreme Networks Inc.
    • BMC Software Inc.
    • Fujitsu Limited
    • VMware Inc.+Saltstack
    • Nuage Networks(NOKIA CORPORATION)
    • Forward Networks Inc.
    • AppViewX Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場の将来性

目次
Product Code: 60376

The Global Network Market was valued at USD 12.15 billion in 2020, and it is expected to reach a value of USD 39.11 billion by 2026, registering a CAGR of 21.85% during 2020-2026. As the COVID-19 outbreak spreads, public and private companies, as well as government entities, are requiring employees to work from home (WFH), putting an unforeseen strain on all manner of networking technologies and causing bandwidth and security concerns. According to the April 2020 Verizon Network Report, overall data volume across its networks increased by 19% compared to pre-COVID levels. While data usage remains elevated, the changes in how people are using the network have stabilized. Verizon stated it expects usage to continue at sustained higher levels in the coming times.​

Key Highlights

  • Presently, enterprise networks are under pressure, with more users, devices, and applications relying on the network for essential connectivity to a wide range of endpoints. In response, organizations are increasingly interested in new network architectures and advanced management tools that leverage machine learning and artificial intelligence to create self-driving or autonomous networks. These advancements are also significantly changing the way enterprises rely on services from their partners and vendors.​
  • The automation of data center networks is beyond the virtualized environment, orchestration throughout the storage networks, IP telephony infrastructure, and even enterprise energy management systems. Big Data is a significant driver of traffic within the data center. With a majority of applications relying on these data centers, supporting them through increased virtualization, standardization, and automation has become key factors for better performance and higher capacity and throughput.​
  • Furthermore, as per the survey responses received at Cisco Live 2020, the report found that network automation of at least one type is in use at 85% of the organizations. AT&T was an early adopter of the network automation race with services like Network on Demand that allows enterprise business customers to call up Ethernet bandwidth via an online portal. Bell Canada is equipping its development and operations teams with DevOps tools. The initial application for ONAP and network automation in Bell Canada's network is expected to be in its data center business, aimed at supporting the company's growing cloud applications. ​
  • As businesses worldwide embrace the WFH option, the demand for collaboration and conferencing solutions has experienced significant uptake. To complement that, technologies such as SD-WAN and virtualized infrastructure setups offer reliable technical solution alternatives for companies in the new business paradigm of teleworking.​It is expected that this is going to be the norm, even post the pandemic period. All this implies that demand and spend on fiber infrastructure are going to explode shortly. To leverage this trend, several CSPs have already announced their intent to bring forward their CAPEX spend and, in some cases, the rollout of 5G infrastructure as well. ​

Key Market Trends

SD-WAN and Virtualization is Expected to Hold Major Market Share

  • Software-defined networking (SDN) and network functions virtualization (NFV) abstract the implementation of new network functions and decouple them from the hardware infrastructure and associated topological constraints, thus making communications networks programmable and, as a result, much more flexible and agile. ​Moreover, SD-WAN 2.0 functionality allows the enterprise to transcend connectivity to securely program the consumption of virtualized services across the entire network spanning traditional branches, private data centers, and the leading public clouds, all from a single IT governance platform.
  • SDN and NFV are together seen as key technologies enabling the transformation of CSPs by providing a lower-cost means to address market demands. The major end-user driving this market are telecom operators who need to achieve CAPEX reduction, improved efficiency and offer new services. ​NFV has been a constantly complementing SDN by virtualizing network services that run in dedicated appliances, such as deep packet inspection (DPI), firewalls, load balancers, and session border controllers (SBCs), so that these services can run on a single pool of computer hardware, yielding CAPEX and OPEX savings.​
  • With the implementation of a software-defined wide area network (SD-WAN), companies have accommodated virtualization to overcome the IT costs associated with computing environments, such as hardware energy consumption and maintenance costs. ​In 2020, companies like Dell EMC collaborated with Vmware and announced new advancements in software-defined networking so that customers can simplify and help lower the cost of networking in today's multi-cloud world. The new Dell EMC SD-WAN Edge powered by VMware is an integrated platform that helps improve the customer experience by bundling VMware SD-WAN by VeloCloud software as a subscription with Dell EMC hardware. ​
  • The market has witnessed a convergence of Software Defined Networking (SDN), Network Function Virtualization (NFV), and SD-WAN technologies. While SDN and NFV, combined, represent a compelling value proposition for enterprise WAN architectures, SD-WAN has been complementing this technology. The emergence of initiatives such as the Linux Foundation's ONAP (Open Network Automation Platform), ETSI's OSM (Open-Source MANO), and SK Telecom's T-MANO solutions are beginning to be commercialized that can perform integrated management and orchestration of NFVs from multiple vendors.​

North America to Account for a Significant Market Share

  • The North American region dominates the network automation market, with the largest market share held by the United States. The primary reason for the region's dominance is the presence of leading network automation solution providers, such as Cisco, IBM, SolarWinds, VMWare, Extreme Networks, Juniper Networks, and many more.​
  • Also, the region's dominance in internet penetration and technology adoption is expected to be a major catalyst for the adoption of network automation solutions. According to the Cisco Annual Internet Report (2018-2023), approximately 92% of the regional population will be using the internet by 2023.​
  • Substantial growth in connected and mobile devices is spurring the growth in demand for enhanced network services. Since North America has always remained at the forefront of technology adoption, the region witnessed the maximum adoption of connected devices.
  • Further, the increasing number of connected and mobile devices is giving rise to a wide range of endpoints. More users, devices, and applications rely on the network for essential connectivity, increasing the need for reliable network architecture. Hence, organizations are increasingly integrating advanced management tools, such as artificial intelligence, to create self-driving or autonomous networks.​
  • The deployment of technological advancements, such as IoT, multi-cloud environments, or AI increases the complexity of network architectures. Hence, the deployment of these technologies is increasing the demand for flexible and adaptable network architectures. ​

Competitive Landscape

The network automation market is slowly turning into a fragmented market. It is expected to witness a robust increase in the near future, strongly driven by the trends of cloud and growing network traffic across various end-user industries. In order to maintain their foothold in the network automation landscape, the competitive strategy has been quite strong from the current market leaders, mainly driven by their acquisitions of various startups and solution vendors in the market. Key players in the market are Cisco System Inc., Juniper Networks Inc., IBM Corporation, etc. Recent developments in the market are -

  • June 2021- IBM announced the launch of new hybrid cloud AI-powered automation software for communications service providers (CSPs) to help deliver on the promise of 5G, including zero-touch operations, reduced costs, and the rapid delivery of innovative services to customers. In a wide range of environments, CSPs can use AI-powered automation to stand up and manage networks quickly and is engineered to scale new services in days rather than months.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Technology Snapshot
  • 4.5 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market
  • 4.6 Market Drivers
    • 4.6.1 Increasing Demand for Data Center Network
    • 4.6.2 Rising Trend of Connected Devices
  • 4.7 Market Restraints
    • 4.7.1 Lack of Skilled Professional across Industries

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Network Type
    • 5.1.1 Physical
    • 5.1.2 Virtual
    • 5.1.3 Hybrid
  • 5.2 Solution Type
    • 5.2.1 Network Automation Tools
    • 5.2.2 SD-WAN and Network Virtualization
    • 5.2.3 Intent-based Networking
  • 5.3 Service Type
    • 5.3.1 Managed Service
    • 5.3.2 Professional Service
  • 5.4 Deployment
    • 5.4.1 Cloud
    • 5.4.2 On-Premise
    • 5.4.3 Hybrid
  • 5.5 End-user Industry
    • 5.5.1 IT and Telecom
    • 5.5.2 Manufacturing
    • 5.5.3 Energy and Utility
    • 5.5.4 Banking and Financial Services
    • 5.5.5 Education
    • 5.5.6 Other End-user Industries
  • 5.6 Geography
    • 5.6.1 North America
    • 5.6.2 Europe
    • 5.6.3 Asia Pacific
    • 5.6.4 Latin America
    • 5.6.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles*
    • 6.1.1 Cisco Systems Inc.
    • 6.1.2 Juniper Networks Inc.
    • 6.1.3 IBM Corporation
    • 6.1.4 Hewlett Packard Enterprise Development LP
    • 6.1.5 SolarWinds Inc.
    • 6.1.6 Network Automation Inc.
    • 6.1.7 Micro Focus International PLC
    • 6.1.8 NetBrain Technologies Inc.
    • 6.1.9 Apstra Inc.
    • 6.1.10 Arista Networks Inc.
    • 6.1.11 Extreme Networks Inc.
    • 6.1.12 BMC Software Inc.
    • 6.1.13 Fujitsu Limited
    • 6.1.14 VMware Inc. + Saltstack
    • 6.1.15 Nuage Networks (NOKIA CORPORATION)
    • 6.1.16 Forward Networks Inc.
    • 6.1.17 AppViewX Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET