表紙:シリコーン市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
市場調査レポート
商品コード
568506

シリコーン市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Silicone Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 170 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.29円
シリコーン市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 170 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

シリコーン市場は、2020年に152億5,085万米ドルとなり、予測期間(2021年~2026年)には6%超のCAGRで推移すると予測されています。

COVID-19の大流行がシリコーン市場の足かせとなっています。全国的なロックダウン、厳しい社会的距離、世界のサプライチェーンの混乱により、ほとんどの工場や産業が世界的に完全に停止し、建築や建設に悪影響を及ぼしたため、シリコンの需要が減少したのです。しかし、健康や衛生に対する意識の高まりから、ヘルスケア、パーソナルケア、消費者製品の分野での需要が増加し、シリコーンの需要を刺激しています。

主なハイライト

  • 中期的に見ると、シリコーン市場の成長を牽引する主な要因は、建設業界とエレクトロニクス業界からの需要が増加していることです。
  • 一方、シリコーンが健康に与える悪影響は、シリコーン市場の成長を阻害する可能性があります。
  • 製造業における液体シリコーンゴムの認知度向上と使用は、予測期間中、シリコーン市場にとってチャンスとなりそうです。
  • アジア太平洋地域は、同地域の建設業界の成長に支えられ、他の地域の中でも市場を独占すると予想されます。

主な市場動向

建設業界における用途の拡大

  • 建設業界では、シリコーンは構造用グレージングや耐候性に使用され、建物のエネルギー効率に貢献しています。また、店舗内の生産性の向上、材料の無駄の削減、建物の長寿命化、ライフサイクルコストの低減にも貢献しています。
  • さらに、シリコーンは、建築物の金属フレームシステム、屋根、フラッシングの貫通と終端、建築材料のエキスパンションジョイント、ドアの内周、幅木やモールディングなどのさまざまな用途で、ガラス、金属、その他のパネル材料の取り付けを含むジョイントや開口部のシールに使用されています。
  • また、舗装、デッキ、コンクリートスラブなどの目地用シーラントとして、DIY用途にも広く使用されています。シリコーンシーラント製品に使用されるシリコーンのレベルは高く、シリコーンは処方の重要な部分を形成しています。シリコーンシーラントはペースト状で、一般に目地に流し込んだり、コーキングガンで塗布したりします。
  • アジア太平洋地域と北米地域は、住宅建設分野で力強い成長を遂げています。アジア太平洋地域は、インド、中国、フィリピン、ベトナム、インドネシアなどの国々の成長により、建設部門を支配してきました。また、北米では、人口増加や移民の増加、核家族化の進展による高い住宅需要が、同地域の住宅建設を牽引する要因となっています。
  • アジア太平洋地域は、中国、インド、東南アジア諸国が牽引し、ローコスト住宅建設が最も盛んな地域です。インドでは、政府が「2022年までにすべての人に住宅を」というプロジェクトを開始し、これが同国の住宅建設部門を牽引するものと期待されています。
  • 米国国勢調査局によると、2019年に建設中の民間新築住宅戸数は1,147万1,000戸でした。2020年には、3月までに3,642戸に達しています。さらに、The Federal National Mortgage Association(Fannie Mae)によると、住宅着工は2020年にかけて10%急増し、2021年には100万戸の新築住宅が市場に出回る見込みであるとのこと。
  • これらの要因により、市場は予測期間中に回復後の力強い成長を示すことが期待されます。

アジア太平洋地域が市場を独占する

  • アジア太平洋地域はシリコンの主要な消費地であり、最大のシェアを占めています。中国とインドで市場が拡大していることが、アジア太平洋地域のシリコーン市場が長年にわたって成長してきた顕著な理由の1つとなっています。
  • 中国は建設メガブームの真っ只中にあります。中国には世界最大の建築市場があり、全世界の建築投資の20%を占めています。2030年には、中国だけで13兆米ドル近い建築投資が見込まれています。
  • インドの建設業界は、COVID-19の大流行により、2020年から2021年にかけて減速すると予想されています。それでも、商業分野のプロジェクトの多くは、官民連携(スマートシティなど)か公共プロジェクトであり、すでに予算化されているため、この期間も継続されると思われます。しかし、長期的に見れば、この分野は高い成長率を記録することが予想されます。
  • 建設業界の需要は好調のようですが、同国の自動車部門は市場需要の減少に伴い減速しています。10年以上にわたって安定した成長を続けてきた同国の自動車産業は、物品・サービス税(GST)の歯がゆさ、信用危機、景気減速による需要ショックなど、複数の要因によって2019年に落ち込みを見せました。OICAによると、2020年の自動車生産台数は2019年に比べて約25%減少しました。
  • ASEAN諸国とインドの建設業界は、最も急成長している市場の1つであり、世界の建設市場で大きなシェアを占めると予想されます。インドネシア、シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピン、インドなどの国々は、アジア太平洋地域の建設活動において、堅調な成長を遂げています。
  • このような要因が、予測期間中に同地域でシリコーン市場の需要が増加する要因となっています。

競合情勢

シリコーン市場は統合されており、主要企業がシェアの大半を占めています。市場の主要プレイヤーには、Wacker Chemie AG、Dow、Elkem ASA、Momentive、Shin-Etsu Chemical、Evonik Industries AGなどが挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • アナリストによる3ヶ月間のサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 促進要因
    • 建設業での利用拡大
    • エレクトロニクス業界からの需要拡大
  • 抑制要因
    • シリコンの健康への悪影響
    • COVID-19のパンデミックによる世界経済への影響
  • 業界バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション

  • フォームタイプ
    • 流体
    • エラストマー
    • 樹脂
    • その他のフォームタイプ
  • 応用分野
    • 建築材料
    • 輸送機器
    • エレクトロニクス
    • ヘルスケア
    • 工業プロセス
    • パーソナルケアおよび消費者製品
    • その他の用途
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ地域
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東・アフリカ地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、提携、契約
  • 市場シェア分析
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • CHT Group
    • Dow
    • Elkem ASA
    • Emerald Performance Materials
    • Evonik Industries AG
    • GELEST INC.
    • Jiangsu Mingzhu Silicone Rubber Material Co. Ltd
    • KCC CORPORATION
    • KANEKA CORPORATION
    • Momentive
    • Shin-Etsu Chemical Co. Ltd
    • Wacker Chemie AG
    • Wynca Group
    • Hoshine Silicon Industry Co. Ltd
    • Zhejiang Sucon Silicone Co. Ltd

第7章 市場機会と今後の動向

  • 液状シリコーンゴムの認知度向上と製造分野での利用拡大
目次
Product Code: 52990

The Global Silicone Market was valued at USD 15,250.85 million in 2020, and the market is projected to register a CAGR of over 6% during the forecast period (2021-2026).

The COVID-19 pandemic has hampered the silicone market. Due to nationwide lockdowns, strict social distancing, and disruption in the global supply chain, most factories and industries were completely shut down globally, which negatively impacted the building and construction, thus declining the demand for silicone. However, the rise in demand from the healthcare, personal care, and consumer products sector due to increasing awareness for health and hygiene has stimulated the demand for silicone.

Key Highlights

  • Over the medium term, the major factors driving the silicone market's growth are the increasing demand from the construction and electronics industries.
  • On the flip side, the adverse health impact of silicone is likely to hinder the growth of the silicone market.
  • Rising awareness and use of liquid silicon rubber in manufacturing is likely to be an opportunity for the silicone market over the forecast period.
  • Asia-Pacific is expected to dominate the market among other regions, supported by the growing construction industry in the region.

Key Market Trends

Increasing Usage in the Construction Industry

  • In the construction industry, silicones are used in structural glazing and weatherproofing while contributing to the energy efficiency of the buildings. They also help improve in-shop productivity, reduce material waste, extend building life, and reduce lifecycle costs.
  • Additionally, silicones are used to seal joints and openings in various applications in construction (including attaching glass, metal, or other panel materials) in a building's metal framing system, roofing, flashing penetrations and terminations, building material expansion joints, and interior perimeters of doors, and baseboards and moldings.
  • They are also extensively used in do-it-yourself (DIY) applications in sealants for joints in paving, decks, and concrete slabs. The level of silicone used in the sealant products is high, and silicone forms an essential part of the formulation. Silicone sealants have a paste-like consistency and are generally poured into the joint or applied with a caulking gun.
  • The Asia-Pacific and North American regions have been witnessing strong growth in the residential construction sector. Asia-Pacific has dominated the construction sector with the growth in countries such as India, China, the Philippines, Vietnam, and Indonesia. Besides, in North America, high housing demand due to the growing population and increased immigrants and the trend of nuclear families are some factors driving the region's residential construction.
  • Asia-Pacific has the largest low-cost housing construction segment, led by China, India, and various Southeast Asian countries. In India, the government initiated the project 'Housing for All by 2022', which is expected to drive the country's residential construction segment.
  • According to the US Census Bureau, the number of new privately-owned housing units under construction was 11,471 thousand units in 2019. In 2020, by March 2020, the number of housing units reached 3,642 units. Moreover, according to The Federal National Mortgage Association (Fannie Mae), housing starts were expected to jump 10% across 2020, with 1 million new homes hitting the market by 2021.
  • Due to all the aforementioned factors, the market is expected to witness a strong growth post-recovery during the forecast period.

The Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • Asia-Pacific is the major consumer of silicone, accounting for the largest share. The growing market in China and India has been one of the prominent reasons for the growth of the Asia-Pacific silicone market over the years.
  • China is amid a construction mega-boom. The country has the largest building market in the world, making up 20% of all construction investment globally. The country alone is expected to spend nearly USD 13 trillion on buildings by 2030.
  • The Indian construction industry is expected to slow down in 2020-2021 due to the COVID-19 pandemic. Still, most projects in the commercial space are likely to continue even during this period, as they are either public-private partnerships (like a smart city) or public projects, which are already budgeted for. However, in the long run, the sector is expected to record a high growth rate.
  • Although demand for the construction industry is looking good, the automotive sector in the country is slowing down with a decrease in market demand. After steady growth for over a decade, the automobile industry in the country saw a decline in 2019 due to multiple factors, like teething issues with goods and service tax (GST), credit crisis, and demand shock due to the economic slowdown. Automobile production declined by around 25% in 2020 compared to 2019, according to OICA.
  • The construction industry in ASEAN countries and India represents one of the fastest-growing markets and is anticipated to account for a major share in the global construction market. Countries, such as Indonesia, Singapore, Thailand, Vietnam, the Philippines, and India, have been witnessing robust growth in construction activities in the Asia-Pacific region.
  • The factors mentioned above contribute to the increasing demand for the silicone market in the region during the forecast period.

Competitive Landscape

The silicone market is consolidated, with the majority of the share accounted for by key players. Some of the market's major players include Wacker Chemie AG, Dow, Elkem ASA, Momentive, Shin-Etsu Chemical Co. Ltd, and Evonik Industries AG.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Use in the Construction Industry
    • 4.1.2 Growing Demand from the Electronics Industry
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Adverse Health Impact of Silicone
    • 4.2.2 Impact of the COVID-19 Pandemic on the Global Economy
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Form Type
    • 5.1.1 Fluids
    • 5.1.2 Elastomers
    • 5.1.3 Resins
    • 5.1.4 Other Form Types
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Construction Materials
    • 5.2.2 Transportation
    • 5.2.3 Electronics
    • 5.2.4 Healthcare
    • 5.2.5 Industrial Processes
    • 5.2.6 Personal Care and Consumer Products
    • 5.2.7 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 CHT Group
    • 6.4.2 Dow
    • 6.4.3 Elkem ASA
    • 6.4.4 Emerald Performance Materials
    • 6.4.5 Evonik Industries AG
    • 6.4.6 GELEST INC.
    • 6.4.7 Jiangsu Mingzhu Silicone Rubber Material Co. Ltd
    • 6.4.8 KCC CORPORATION
    • 6.4.9 KANEKA CORPORATION
    • 6.4.10 Momentive
    • 6.4.11 Shin-Etsu Chemical Co. Ltd
    • 6.4.12 Wacker Chemie AG
    • 6.4.13 Wynca Group
    • 6.4.14 Hoshine Silicon Industry Co. Ltd
    • 6.4.15 Zhejiang Sucon Silicone Co. Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Rising Awareness and Use of Liquid Silicon Rubber in Manufacturing