表紙:オルソキシレン市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
568494

オルソキシレン市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Ortho-Xylene Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 125 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.18円
オルソキシレン市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 125 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

オルソキシレン市場は、予測期間中に4%以上のCAGRで推移すると予想されています。市場を牽引する主な要因は、PVC製造の中間体としてのオルソキシレン需要の増加、および塗料と接着剤の製造におけるオルソキシレンの広範な使用です。

主なハイライト

  • オルソキシレンの神経への悪影響、無水フタル酸(PA)生産におけるナフタレンの使用が市場成長の妨げとなる見通し
  • アジア太平洋地域が世界市場を独占し、中国やインドなどの国々で最大の消費が記録されています。

主な市場動向

市場を独占する無水フタル酸(PA)

  • 無水フタル酸は、工業的にはアントラキノンの製造に重要な原料として使用されています。また、多くのコウモリ染料やアリザリンおよびアリザリン誘導体の製造にも使用されています。フルオレセイン、エオシン、ローダミン染料には直接使用されます。
  • 無水フタル酸からいくつかのエステルが作られ、主にプラスチック産業で可塑剤として使用されています。また、アルキド樹脂、グリプタル樹脂、レジル樹脂、フタル酸ジオクチル、ポリビニル樹脂の製造にも使用されています。
  • 無水フタル酸の需要が増え続けているため、代替原料の探索が進められています。石油精製で大量に得られるオルソキシレンが最も適していると思われます。
  • O-キシレンは、無水フタル酸の原料としていくつかの利点を持っています。O-キシレンは液体であるため、ナフタリンの酸化に比べて原料供給系が単純です。
  • O-キシレンの酸化に必要な空気量は、ナフタレンの酸化に必要な空気量の理論値と比較して2/3程度です。また、反応時の発熱量はナフタレンより121kcal少ないです。また、生成物の純度も高く、理論収率もナフタレンより高いです。また、o-キシレンは常温で液体であるため、供給系が簡素化できます。
  • このように、無水フタル酸の需要増加に伴い、o-キシレンの消費量は予測期間中に増加すると思われます。

アジア太平洋地域が市場を独占する

  • アジア太平洋地域では、中国がGDPで最大の経済規模を誇っています。オルトキシレンの大部分は、フタル酸系PVC可塑剤の製造に使用される無水フタル酸の製造に使用されています。中国は可塑剤の単独最大市場であり、世界消費の40%以上を占めています。同国のPVCメーカーには、Shin-Etsu Chemical Co.Ltd.、新疆中泰化学、ルーブリゾール、ハンファケミカル、フォルモサ・プラスチックスなどです。
  • PVCは、自動車産業で広く使われています。PVCの熱可塑性特性は、金属と比較して重量が軽いです。他の製造方法のコストと比較して、より低いコストを持っています。外装部品や自動車内装部品に最適です。軽量で耐久性があり、成形しやすく、外観が美しいことから、外装部品に好んで使用されています。
  • また、部品全体のコストを20~60%削減することができます。PVCを使用した自動車部品には、インストルメントパネル、フロアカバー、マッドフラップ、シール、サンバイザー、耐石害保護材などがあります。
  • 中国は2009年以降、世界最大の自動車メーカーとなり、現在の生産シェアは約29.06%となっています。
  • 2018年の生産量は、内需の減少や自動車メーカーの他国への浸透により、4.2%減少しました。なお、需要は依然として増加しているため、減少は一時的なものと予想されます。
  • したがって、前述の要因から、無水フタル酸の消費量は多いです。このため、オルソキシレンの需要も予測期間中に増加する可能性があります。

競合情勢

オルソキシレン市場は細分化されています。主要企業には、Royal Dutch Shell PLC、Reliance Industries Limited、China Petroleum &Chemical Corporation、Exxon Mobil Corporation、Formosa Chemicals &Fibre Corp.などの企業が挙げられます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 本調査の前提条件
  • 本調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 促進要因
    • PVC製造のための中間体としての需要の増加
    • 塗料・接着剤業界におけるオルソキシレンの広範な利用
  • 抑制要因
    • オルソキシレンの神経への悪影響
    • 無水フタル酸(PA)製造におけるナフタレンの利用
  • 産業バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の度合い

第5章 市場セグメンテーション

  • 用途
    • 無水フタル酸
    • 殺菌剤
    • 大豆除草剤
    • 潤滑油添加剤
    • その他の用途
  • 地域別
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米地域
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ共和国
      • その他中東地域

第6章 競合情勢

  • M&A、ジョイントベンチャー、提携、契約
  • 市場シェア分析
  • 主要なプレーヤーが採用する戦略
  • 企業プロファイル
    • China Petroleum & Chemical Corporation
    • Exxon Mobil Corporation
    • Flint Hills Resources
    • Formosa Chemicals and Fibre Corporation
    • KP Chemical Corp.
    • Nouri Petrochemical Company
    • Reliance industries Ltd
    • Royal Dutch Shell PLC
    • SK Global Chemical Co. Ltd

第7章 市場機会と将来動向

目次
Product Code: 51238

The ortho-xylene market is expected to record a CAGR of more than 4%, during the forecast period. The major factors driving the market studied are the increasing demand for ortho-xylene as an intermediate for PVC production, and extensive usage of ortho-xylene in the production of paints and adhesive.

Key Highlights

  • Detrimental neurological effects of ortho-xylene and usage of naphthalene for the production of phthalic anhydride (PA) are expected to hinder the growth of the market studied.
  • Asia-Pacific dominated the global market, with the largest consumption recorded from the countries, such as China and India.

Key Market Trends

Phthalic Anhydride (PA) to Dominate the Market

  • Phthalic anhydride is industrially an important raw material for the production of anthraquinone. It is also used in the manufacture of many vat dyes, as well as in alizarin and alizarin derivatives. It is used directly for the fluorescein, eosin, and rhodamine dyes.
  • Several esters are made from phthalic anhydride, and are largely used in the plastics industry, as plasticizers. It is also used to manufacture alkyd resins, the glyptal and rezyl resins, dioctyl phthalate, and the poly-vinyl resins.
  • The ever-increasing demand for phthalic anhydride has stimulated a search for alternative raw materials. Ortho-xylene, which is available in abundant quantities from the petroleum refineries, appears to be the most suitable.
  • O-xylene has several advantages as a raw material for the production of phthalic anhydride. The oxidation of o-xylene permits a simpler feed system than that of the oxidation of naphthalene, due to the liquid state of o-xylene.
  • The theoretical amount of air required for oxidizing o-xylene is only two-third of the amount required for the oxidation of naphthalene. The heat emitted off during the reaction is 121 kcal less than that of naphthalene. The product is of higher purity, and the theoretical yield percentage is higher than that of naphthalene. Furthermore, as o-xylene is a liquid at ordinary temperature, its use permits a simpler feed system.
  • Thus, with increasing demand for phthalic anhydrade, the consumption of o-xylene is likely to increase during the forecast period.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • In the Asia-Pacific region, China is the largest economy in terms of GDP. The major proportion of ortho-xylene is used in the manufacture of phthalic anhydride that is used in the production of phthalate-based PVC plasticizers. China is the single largest market for plasticizers, with more than 40% of the global consumption. Some of the manufacturers of PVC in the country are Shin-Etsu Chemical Co. Limited, Xinjiang Zhongtai Chemical Co. Ltd, Lubrizol, Hanwha Chemical, Formosa Plastics, etc.
  • PVC is widely used in the automotive industry. PVC's thermoplastic properties have lesser weight compared to metals. It has a lower cost of manufacturing methods compared to the cost of other methods. It is an ideal choice for exterior and automotive interior parts. PVC is favored for exterior parts, owing to its light weight, durability, easily shapeable quality, and attractive appearance.
  • The overall cost of a component can be brought down to 20-60%, by using PVC instead of alternative materials. Some of the automotive components made with PVC include instrument panels, floor coverings, mud flaps, seals, sun visors, and anti-stone damage protection.
  • China is by far the largest automotive manufacturer in the world, since 2009, with a current share of production of about 29.06%.
  • The production decreased by 4.2% in 2018, owing to the decrease in domestic demand and penetration of automotive manufacturers to other countries. The decline is expected to be temporary, as the demand is still increasing.
  • Therefore, owing to the aforementioned factors, the consumption of phthalic anhydride is high. This may lead to an increase in demand for ortho-xylene, during the forecast period.

Competitive Landscape

The ortho-xylene market is fragmented in nature. The major companies include Royal Dutch Shell PLC, Reliance Industries Limited, China Petroleum & Chemical Corporation, and Exxon Mobil Corporation, and Formosa Chemicals & Fibre Corp.among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand as an Intermediate for PVC Production
    • 4.1.2 Extensive Usage of Ortho-xylene in Paints and Adhesive Industries
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Detrimental Neurological Effects of Ortho-xylene
    • 4.2.2 Usage of Naphthalene for the Production of Phthalic Anhydride (PA)
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Application
    • 5.1.1 Phthalic Anhydride
    • 5.1.2 Bactericides
    • 5.1.3 Soybean Herbicides
    • 5.1.4 Lube Oil Additives
    • 5.1.5 Other Applications
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 Asia-Pacific
      • 5.2.1.1 China
      • 5.2.1.2 India
      • 5.2.1.3 Japan
      • 5.2.1.4 South Korea
      • 5.2.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.2 North America
      • 5.2.2.1 United States
      • 5.2.2.2 Canada
      • 5.2.2.3 Mexico
    • 5.2.3 Europe
      • 5.2.3.1 Germany
      • 5.2.3.2 United Kingdom
      • 5.2.3.3 Italy
      • 5.2.3.4 France
      • 5.2.3.5 Rest of Europe
    • 5.2.4 South America
      • 5.2.4.1 Brazil
      • 5.2.4.2 Argentina
      • 5.2.4.3 Rest of South America
    • 5.2.5 Middle East & Africa
      • 5.2.5.1 Saudi Arabia
      • 5.2.5.2 South Africa
      • 5.2.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis**
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 China Petroleum & Chemical Corporation
    • 6.4.2 Exxon Mobil Corporation
    • 6.4.3 Flint Hills Resources
    • 6.4.4 Formosa Chemicals and Fibre Corporation
    • 6.4.5 KP Chemical Corp.
    • 6.4.6 Nouri Petrochemical Company
    • 6.4.7 Reliance industries Ltd
    • 6.4.8 Royal Dutch Shell PLC
    • 6.4.9 SK Global Chemical Co. Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS