表紙:手術用ロボット市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
市場調査レポート
商品コード
393917

手術用ロボット市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)

Surgical Robots Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=134.18円
手術用ロボット市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年~2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の手術用ロボット市場は、2020年には44億3,710万米ドルとなり、2021年から2026年の予測期間において、CAGR11.4%を記録しながら、2026年には95億9,220万米ドルに達すると予測されています。

COVID-19の大流行は、社会の多層に影響を与えており、その中には、すべての最前線で働く人々、特に、大きなリスクにさらされている患者と直接接触している人々が含まれています。病原体の拡散を防ぎ、ヘルスケア従事者と患者を保護するために、医療サービスは主に制限され、選択的手術のキャンセルも含め、患者にかなりの負担をかけ、いくつかの病院では莫大な経済的損失を出しています。医療従事者と患者を隔てる遮蔽層としてのロボットの使用は、病原体汚染の恐怖に対抗し、手術量を維持するための重要なツールになると考えられています。

主要なハイライト

  • COVID-19パンデミック時の手術ガイドラインは、2つの顕著な要因によって決定されます。第一に、医療システム、特に手術設備や人工呼吸器、集中治療室(ICU)ベッドなどの設備に大きなストレスがかかることです。ICUベッドの再編成や選択手術のキャンセルにより、患者が急に押し寄せる可能性がある病院では、これらのリソースは限られているからです。また、医療従事者や患者の間で感染症が蔓延するリスクもあります。
  • さらに、ヘルスケア分野における自動化需要の高まり、慢性疾患の増加、高齢者人口の増加、外科手術の複雑化、より精密で柔軟性のある非侵襲的手術の需要の高まりが、調査対象市場の推進要因となっています。
  • 設置費用の高さ、安全性に関する懸念、統合の問題は、調査した市場の成長を妨げている要因の一部です。しかし、手術用ロボットの景観における革新は、今後数年間でシステムのコストを削減することが期待されます。したがって、予測期間中に市場の浸透が進むと予想されます。
  • NIOSHによると、ヘルスケア従事者は米国で最も危険な産業職であり、非致死性の職業的傷病が最も多く発生しています。世界では、過去数年間に約6,000台の手術ロボットが100万件の手術を行ったと推定されています。ミシガン大学やマサチューセッツ工科大学などの著名な組織が、小型でコンパクトなロボットを医療分野に提供するための技術に取り組んでいます。

主な市場動向

一般外科手術が大きな市場シェアを占める

  • 研究の一環としての手術分野とは別に、胆嚢摘出、胃バイパス、副腎摘出、腸切除、食道切除などの他の手術分野もロボット手術で行われており、研究対象の市場でかなりのシェアを獲得するための高い潜在的可能性を持っています。世界の一般的なロボット手術市場は、腹部疾患や食道疾患などの疾患の発生率の増加から恩恵を受けると予想されます。
  • 単切開ロボット副腎摘出術(SIRA)は、ロボット手術のメリットと単切開腹腔鏡技術の融合を目的としています。この手術法は、十分に選択された小児患者の副腎腫瘤の切除に対して、安全で、実行可能で、腫瘍学的に有効であることが示されています。しかし、この新しい技術はまだ改良が必要です。
  • ロボット支援下副腎摘出術は、副腎切除の合理的な代替アプローチと考えられていますが、米国を含むほとんどの国で、このような手術のゴールドスタンダードになるには至っていません。その理由は、ロボット支援下副腎摘出術よりも、腹腔鏡下副腎摘出術の方が依然として人気が高いからです。
  • 米国国立糖尿病・消化器・腎臓病研究所によると、約6,000万~7,000万人が消化器系疾患に罹患しているとのことです。Intuitive Surgical社のロボットシステムは、大腸手術、ヘルニア修復、胆嚢摘出、肥満手術、胸部手術などのさまざまな一般外科手術を、より少ない副作用で実施しました。

アジア太平洋地域が最も高い成長を遂げる

  • アジア太平洋は、インド、中国、日本などの国々における需要の増加と、この地域のロボット市場全体の成長により、最高のCAGRで推移するものと予想されています。中国では、手術用ロボットの需要は主に、高額な手術を受けられる裕福な中国人患者を中心としたニッチな層にあります。しかし、国産バージョンの登場により価格が低下しており、これが普及の原動力になると予想されます。
  • アジア諸国、特に日本、中国、韓国は、技術の進歩に多大な投資を行っており、医療用ロボットシステム市場の新たな収益源となっています。
  • 医療業界は、新しい手術用ロボットの導入により、ますますその恩恵を受けています。これらの機械は、難しい手術のための臨床承認を得ているからです。IEEE-電子工学のための協会が実施した調査によると、手術用ロボットは、米国と英国の個人と比較して、アジア諸国の千年の親によって増加受け入れを獲得しているこの傾向は、アジア太平洋地域が予測期間中に積極的な成長を示すと予測されているので、十分に正当化されます。
  • 低侵襲手術ロボットは、簡単な操作で高い手術精度が得られ、術後の経過も良好なことから、泌尿器科、心臓外科、婦人科、一般外科などの分野で広く使用されています。
  • メーカーは技術者と協力し、患者の予後改善に寄与するロボットの有効性を高めてきました。各社は、AIや機械学習の効果を高め、手術ロボットを世界中の手術室の主流技法にしようとしています。

競合情勢

手術用ロボット市場は、近年、競争力を高めています。市場で突出したシェアを持つ主要プレイヤーは、海外に広がる顧客基盤の拡大に注力しています。各社は、市場シェアと収益性を高めるために、戦略的な協力イニシアティブやM&Aを活用しています。

  • 2020年2月-Intuitive Surgical Inc.がOrpheus Medical Ltd.とその完全子会社を買収し、同社の統合情報学プラットフォームの深化と拡大を図ます。Orpheus Medicalは、病院に対して情報技術の接続性を提供するとともに、手術ビデオの処理とアーカイブに関する専門知識を提供します。

追加のメリット

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 マーケットインサイト

  • 市場概要
  • 産業バリューチェーン分析
  • 産業の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係
  • COVID-19の市場インパクトの評価

第5章 市場の力学

  • 市場促進要因
    • 手術件数の増加、低侵襲手術の需要の高まり
    • 従来の手術に比べ、高い精度と正確さ
  • 市場抑制要因
    • 手術用ロボットの使用に関連する安全性の懸念
    • 機器の高い初期コストとメンテナンスコスト

第6章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント
    • 外科用システム
    • 付属品
    • サービス
  • 手術分野
    • 婦人科手術
    • 一般外科
    • 泌尿器科
    • その他の外科
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • その他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Intuitive Surgical Inc.
    • Stryker Corporation
    • Johnson & Johnson ​
    • Renishaw PLC
    • CMR Surgical​
    • Accuray Incorporated
    • Think Surgical Inc.
    • Titan Medical Inc.
    • Medtronic PLC
    • Smith & Nephew PLC

第8章 投資分析

第9章 市場の将来性

目次
Product Code: 52950

The Global Surgical Robots Market was valued at USD 4,437.1 million in 2020 and is expected to reach USD 9,592.2 million by 2026, registering a CAGR of 11.4%, during the forecast period of 2021-2026.

The COVID-19 pandemic has impacted multiple layers of society., including all frontline workers and, in particular, those in direct contact with patients who have been exposed to major risk. To combat pathogen spread and protect healthcare workers and patients, medical services have been primarily restricted, including cancellation of elective surgeries, which has posed a considerable burden for patients and immense economic loss for several hospitals. The usage of the robot as a shielding layer, separating the healthcare worker and the patient, is poised to be a significant tool to combat the omnipresent fear of pathogen contamination and maintain surgical volumes.

Key Highlights

  • Two prominent factors dictate surgical guidelines during the COVID-19 pandemic. First, massive stress on the healthcare system and, in particular, on equipment such as surgical facilities and respirators and intensive care unit (ICU) beds, as these resources are limited in a hospital that may face a sudden patient influx resulting in the reorganization of ICU beds and cancellation of elective procedures. Second, the risk of infectious spread among healthcare providers and patients.
  • Further, the rising demand for automation in the healthcare sector, growing incidences of chronic diseases, increasing geriatric population, the complexity of surgical procedures, and the growing demand for non-invasive surgeries with more precision and flexibility are the factors driving the market studied.
  • High costs of installation, concerns regarding safety and integration issues, are some of the factors that have been challenging the growth of the market studied. However, innovations in the surgical robots' landscape are expected to reduce the cost of the systems over the coming years. Thus, the market penetration is anticipated to increase over the forecast period. ​
  • According to NIOSH, healthcare workers have the most hazardous industrial jobs in the United States, with the highest number of non-fatal occupational injuries and illnesses. It is estimated that approximately 6,000 surgical robots performed a million operations in the previous years globally. Reputed organizations, such as the University of Michigan and MIT, among others, have been working on the technology to deliver small and compact robots to the medical sector.

Key Market Trends

General Surgery to Hold Significant Market Share

  • Apart from the surgery areas as a part of study, other areas of surgery such as cholecystectomy, gastric bypass, adrenalectomy, bowel resection, oesophagostomy, etc. are performed with robotic surgeries and have high potential scope for gaining a considerable share in the market studied. The global general robotic surgery market is expected to benefit from the growing incidence of disorders, such as abdominal diseases and esophagus diseases.​
  • Single incision robotic adrenalectomy (SIRA) is intended to combine the merits of robotic surgery with single incision laparoscopic techniques. The surgical process is shown to be safe, feasible, and oncologically effective for resection of adrenal masses in well-selected pediatric patients.. However, this new technique still needs improvement.​
  • While robot-assisted adrenalectomy is being considered to be a reasonable alternative approach to adrenal gland resection, it has yet to become the gold-standard for such operations in most of the countries, including United States. The reason being, laparoscopic adrenalectomy still remains more popular than robot-assisted adrenalectomy.​
  • According to the National Institute of Diabetes and Digestive and Kidney Diseases, approximately 60 to 70 million people were affected by digestive diseases. Intuitive Surgical's robotic system performed various general surgeries, which include colorectal surgery, hernia repair, cholecystectomy, bariatric surgery, and thoracic surgeries, with fewer side effects.​

Asia Pacific to Witness Highest Growth

  • The Asia Pacific region is poised to record the highest CAGR, owing to the increasing demand in countries, such as India, China, and Japan, coupled with the growth of the region's overall robotics market. In China, the demand for surgical robots is mainly among a niche group of wealthier Chinese patients who can afford the expensive procedures. However, the advent of domestic versions has brought down the prices, which is expected to drive the deployment.​
  • Asian countries, particularly Japan, China, and South Korea, with substantial investment in technological advancements, serve as new revenue pockets for the medical robotic systems markets.​
  • The healthcare industry is increasingly benefitting from the introduction of novel surgical robots since these machines have been gaining clinical approval for challenging surgical operations. According to a survey conducted by the IEEE - an association for electronic engineering, surgical robots are gaining increased acceptance by millennial parents in Asian countries, as compared to the individuals in the United States and the United Kingdom This trend is well justified since the Asia Pacific is anticipated to witness aggressive growth during the forecast period.​
  • Minimally invasive surgical robots are widely used in urology, cardiothoracic surgery, gynecology, general surgery, and other fields because of their simple operation, high surgical accuracy, and adequate postoperative results.​
  • Manufacturers have been collaborating with technologists to improve the efficacy of robots that contribute toward better patient outcomes. Companies are increasing their AI and machine learning effectiveness to make surgical robots a mainstream technique in operating rooms worldwide.​

Competitive Landscape

The Surgical Robot Market has gained a competitive edge in the recent years. The major players with a prominent share in the market focus on expanding their customer bases across foreign countries. The companies are leveraging strategic collaborative initiatives and mergers and acquisition to increase their market shares and profitability.

  • February 2020 - Intuitive Surgical Inc. acquired Orpheus Medical Ltd. and its wholly owned subsidiaries to deepen and expand the company's integrated informatics platform. Orpheus Medical provides hospitals with information technology connectivity, as well as expertise in processing and archiving surgical videos.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 ​​Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market​

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Volume of Surgical Procedures and Growing Demand for Minimally-invasive Surgical Procedures​
    • 5.1.2 High Precision and Accuracy, as Compared to Conventional Procedures
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Safety Concerns Associated with the Use of Surgical Robots​
    • 5.2.2 High Initial and Maintenance Costs of the Equipment​

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 Component
    • 6.1.1 Surgical System
    • 6.1.2 Accessory
    • 6.1.3 Service
  • 6.2 Area of Surgery
    • 6.2.1 Gynecological Surgery
    • 6.2.2 General Surgery​
    • 6.2.3 Urology
    • 6.2.4 Other Areas of Surgery
  • 6.3 Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
    • 6.3.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Intuitive Surgical Inc.
    • 7.1.2 Stryker Corporation
    • 7.1.3 Johnson & Johnson ​
    • 7.1.4 Renishaw PLC
    • 7.1.5 CMR Surgical​
    • 7.1.6 Accuray Incorporated
    • 7.1.7 Think Surgical Inc.
    • 7.1.8 Titan Medical Inc.
    • 7.1.9 Medtronic PLC
    • 7.1.10 Smith & Nephew PLC

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET