表紙:ファーマコビジランスと医薬品安全性ソフトウェア市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
市場調査レポート
商品コード
391332

ファーマコビジランスと医薬品安全性ソフトウェア市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)

Pharmacovigilance and Drug Safety Software Market - Growth, Trends, COVID-19 Impact, and Forecasts (2022 - 2027)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd | ページ情報: 英文 130 Pages | 納期: 2~3営業日

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=135.89円
ファーマコビジランスと医薬品安全性ソフトウェア市場 - 成長、動向、COVID-19の影響、予測(2022年 - 2027年)
出版日: 2022年01月17日
発行: Mordor Intelligence Pvt Ltd
ページ情報: 英文 130 Pages
納期: 2~3営業日
● ご注意事項
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ファーマコビジランス・医薬品安全性ソフトウェア市場は、2020年に1億6308万米ドルとなり、2026年には約2億3868万米ドルに達し、予測期間中に約6.49%のCAGRで推移すると予想されています。

進化するCOVID-19感染の脅威は、世界中のコミュニティ、産業、ビジネス、生活に悪影響を及ぼしています。コロナウイルスによる感染症を治療するために、いくつかの潜在的な治療法が使用されているため、医療モニタリングと安全性報告が不可欠です。ロピナビル/リトナビル、ヒドロキシクロロキン(HCQ)、レムデシビルなどの薬剤が、コロナウイルス感染症の治療に再利用されています。これらの医薬品のうち、副作用が疑われる可能性のあるものは、すでにUppsala Monitoring Centre(UMC)が管理するVigiBaseという個別症例安全性報告データベースに提出されています。このように、パンデミック時には、副作用の発生率が高まり、有害事象報告システムの需要が加速することが予想されます。

2021年3月、COVID-19に対応するため、連邦医薬品局はCOVID-19緊急使用承認(EUA)製品のFAERS公開ダッシュボードを立ち上げました。COVID-19 EUA FAERS Public Dashboardは、COVID-19のEUAで使用される医薬品および治療用生物学的製剤についてFAERSに提出された有害事象報告の最新情報を毎週提供するものです。このような政府のイニシアチブは、調査された市場に成長の地平を切り開くでしょう。

ファーマコビジランスと医薬品安全性ソフトウェア市場の成長のための主要な駆動因子である医薬品副作用(ADR)の発生率の増加のために高い成長を記録することが期待されます。例えば、米国疾病対策予防センターが発表したデータによると、2019年には、薬物有害事象(ADE)が毎年約70万件の救急外来受診と10万件の入院を占めるとされています。入院患者の5%近くがADEを経験しており、入院患者のエラーの中でも最も多い種類の一つとなっています。このため、今後数年間はAERソフトウェアのニーズが高まると思われます。

さらに、市場に出回る医薬品数の増加やポリファーマシーの増加傾向、医薬品の安全性に関する規制と政府の方針により、受託研究および受託製造に携わるアウトソーシング企業がファーマコビジランスおよび医薬品安全性ソフトウェアの採用を増やしていることなどの要因が、市場の成長を後押ししています。しかし、医療従事者のファーマコビジランスやADRに関する認識や知識の不足、医薬品の副作用が、ファーマコビジランス・医薬品安全性ソフトウェア市場の成長を抑制しています。

主な市場動向

完全統合型ソフトウェアは予測期間中に高いCAGRで成長すると予想される

組織の医薬品安全性報告プロセスの効率性と正確性を監視・追跡することで、問題が発生したときに確実に記録・調査することができ、規制遵守の欠如、金銭的罰金、不要な詮索の原因となりうる報告の遅れや不正確さを回避することができます。

問題追跡ソフトウェアは、医薬品に関する副作用の疑いについて電子的に報告し、データを効果的に分析することを可能にします。これにより、潜在的な安全性の問題を早期に発見することができます。問題追跡ソフトウェアの分野で事業を展開する主要な市場プレイヤーの強力な足場は、垂直方向の成長にとって良い兆候となりそうです。例えば、2020年10月、Extedo GmbHは新製品EXTEDOpulseを発売し、計画と追跡、文書管理、登録管理、申請管理、安全管理をカバーする5つの主要ハブを提供しています。これは、顧客の製品ポートフォリオ全体に関連する薬事活動、プロセス、申請、コミットメントを効率的に計画および追跡するものです。

さらに、COVID-19の大流行により、多くの企業が患者により良いサービスを提供するために、新しい課題追跡ソフトウェアを発売しています。例えば、I 2020年5月、医薬品・ヘルスケア製品規制庁は、COVID-19治療薬の新しいファーマコビジランス報告プラットフォームである「Yellow Card*COVID-19*reporting*site」を立ち上げました。この新しいオンライン報告サイトでは、COVID-19の治療に使用されるあらゆる治療法の使用によって生じる可能性のある副作用を追跡し、この疾患の安全な治療に関する知識ベースを構築することを目的としています。したがって、このような製品の発売は、このセグメントにとって有利に働く可能性があります。

医薬品副作用(ADR)の増加により、今後数年間はAERソフトウェアの需要が高まると予想されます。

北米が市場を独占し、予測期間中も同様の傾向が続く見込み

北米は、研究費や政府の取り組みが増加していることから、ファーマコビジランスおよび医薬品安全性ソフトウェア市場を独占していることが分かっています。米国では、薬物有害事象が入院や死亡の主な原因の1つとなっており、ファーマコビジランス・医薬品安全性ソフトウェア市場に拍車をかけています。例えば、2020年には、Fresenius Kabi USAによるDexmedetomidine HCL in 0.9% Sodium Chloride Injectionが、生命を脅かすアレルギー反応を引き起こす可能性のあるリドカインの交差汚染によりリコールされています。このように、規制当局による医療情報のニーズが高まっていることも、この分野の成長を後押しすると予想されます。

さらに、各国政府による取り組みも、北米市場の成長を後押ししています。例えば、米国政府による「Open FDA」構想では、アプリケーション開発者や科学者に、検索ベースのオープンプログラムによるデータベースへのアクセスを提供しています。さらに、米国はミニセンチネルと呼ばれる別のプロジェクトを開始し、関連する統計データを短時間で提供することでアクティブサーベイランスシステムを推進しています。

さらに、パンデミックに対応して、米国食品医薬品局は、COVID-19緊急使用許可(EUA)製品のためのダッシュボードであるFDA有害事象報告システム(FAERS)を導入しました。このツールは、COVID-19の緊急使用許可を得ている医薬品について提出された有害事象報告の最新情報を提供します。

競合情勢

ファーマコビジランスおよび医薬品安全性ソフトウェア市場で事業を展開している企業は、編集技術の開発に焦点を当てた革新的な研究を活かしています。2019年9月、他の企業であるバイエルは、デジタル有害事象報告ツールであるSafeTrackを発売しました。この有害事象報告ツールは、患者やヘルスケア専門家が有害事象をより簡単、迅速、便利に報告することを支援します。研究開発のアウトソーシングや製造活動のための合併、買収、戦略的提携など、市場参入企業が実施する主要戦略が市場の成長を後押ししています。

主な市場参加者には、Ab Cube、ArisGlobal、Ennov Solutions Inc.、Extedo GmbH、Online Business Applications Inc.、Oracle Corporation、Sarjen Systems Pvt Ltd、Sparta Systems Inc.、United BioSource Corporation、Max Application、Veeva Systems、およびPhase Forwardなど、多数の企業が名を連ねています。

追加のメリット

  • 市場予測(ME)シート(Excel形式
  • 3ヶ月間のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場の力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 薬物有害反応(Adrs)の発生率の増加
    • アウトソーシング企業によるファーマコビジランスソフトウェアの採用の増加
  • 市場の抑制要因
    • ファーマコビジランスについての認識不足
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手/消費者の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係

第5章 市場セグメンテーション

  • 機能別
    • 有害事象報告ソフトウェア
    • 医薬品安全性監査ソフトウェア
    • 問題追跡ソフトウェア
    • 完全統合型ソフトウェア
  • 提供形態別
    • オンプレミス型
    • オンデマンド/クラウドベース(SaaS)配信
  • エンドユーザー別
    • 製薬・バイオテクノロジー企業
    • 研究開発受託機関
    • ビジネス・プロセス・アウトソーシング企業
    • その他のファーマコビジランスサービスプロバイダー
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中近東・アフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Ab Cube
    • ArisGlobal
    • Ennov Solutions Inc.
    • Extedo GmbH
    • Online Business Applications Inc.
    • Oracle Corporation
    • Sarjen Systems Pvt Ltd
    • Sparta Systems Inc.
    • United BioSource Corporation
    • Max Application
    • Veeva Systems
    • Phase Forward

第7章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 55222

The pharmacovigilance and drug safety software market estimated to be valued at USD USD 163.08 million in 2020 and is expected to reach approximately USD 238.68 million in 2026, registering a CAGR of nearly 6.49% during the forecast period.

The evolving threat of COVID-19 infection is adversely affecting communities, industries, businesses, and lives around the world. Medical monitoring and safety reporting are essential as several potential therapies are being used to treat the coronavirus-induced infection. The medications like Lopinavir/Ritonavir, hydroxychloroquine (HCQ), and Remdesivir are being repurposed to treat coronavirus infection. The chances of the suspected adverse drug reaction for some of these medicines have already been submitted to the individual case safety reports database named VigiBase, managed by Uppsala Monitoring Centre (UMC). Thus, the rising incidence of adverse drug reactions is anticipated to accelerate the demand for adverse event reporting systems amid pandemics.

In March 2021, in response to COVID-19, Federal Drug Administration launched the FAERS Public Dashboard for COVID-19 emergency use authorization (EUA) products. The COVID-19 EUA FAERS Public Dashboard provides weekly updates of adverse event reports submitted to FAERS for drugs and therapeutic biological products used under EUA in COVID-19. Such government initiatives will open up growth horizons to the market studied.

The pharmacovigilance and drug safety software market is expected to register a high growth due to the increasing incidence of adverse drug reactions (ADRs) that is the major driving factor for the growth of the pharmacovigilance and drug safety software market. For instance, as per the data published by the Center for Disease Control and Prevention, in 2019, adverse drug events (ADE) account for nearly 700,000 emergency department visits and 100,000 hospitalizations each year. Nearly 5% of hospitalized patients experience an ADE, making them one of the most common types of inpatient errors. This is likely to boost the need for AER software in the coming years.

Furthermore, factors, like the increasing adoption of pharmacovigilance and drug safety software by the outsourcing companies involved in contract research and contract manufacturing, owing to the rising number of drugs on the market, and an upward trend in polypharmacy, and government policies pertaining to drug safety regulations are driving the growth of the market. However, lack of awareness and knowledge about pharmacovigilance and ADRs among healthcare professionals, and adverse effects of drugs are found restraining the growth of the pharmacovigilance and drug safety software market.

Key Market Trends

Fully Integrated Software Expected to Grow With High CAGR Over the Forecast Period

Monitoring and tracking the efficiency and accuracy of organizations' drug safety reporting process can help to ensure that issues are logged and investigated when they arise, thus, avoiding delays and/or inaccurate reporting, which may result in the lack of regulatory compliance, monetary fines, and unwanted scrutiny.

The issue tracking software facilitates electronic reporting of suspected adverse reactions related to medicines and the effective analysis of data. This enables the early detection of potential safety issues. Strong foothold of key market players operating in the arena of issue tracking software is likely to bode well for vertical growth. For instance, in October 2020, Extedo GmbH launched its new product EXTEDOpulse, which offers five major hubs covering planning and tracking, document management, registration management, submission management, and safety management. It efficiently plans and tracks the regulatory activities, processes, submissions, and commitments related to clients' entire portfolio of products.

Moreover, with the COVID 19 pandemic, many of the companies have launched new issue tracking software to better serve the patients. For instance, I n May 2020, the Medicines and Healthcare Products Regulatory Agency launched "Yellow Card*COVID-19 *reporting*site", a new pharmacovigilance reporting platform for COVID-19 treatments. A new online reporting site may track potential side-effects arising from the use of any therapies used to treat COVID-19, in a bid to build a knowledge base around safe treatment of the disease. Thus, the launch of such product may work in the favor of the segment gowth.

The increasing incidence of adverse drug reactions (ADR) is expected to propel the demand for AER software in the coming years.

North America Dominates the Market and Expected to do the Same in the Forecast Period

North America is found dominating the pharmacovigilance and drug safety software market, due to the increasing research expenditure and government initiatives in the region. Adverse drug reactions are one of the major causes of hospitalizations and deaths in the United States, thus, fueling the pharmacovigilance and drug safety software market. For instance, in 2020, Dexmedetomidine HCL in 0.9% Sodium Chloride Injection by Fresenius Kabi USA were recalled due to cross-contamination of lidocaine which could result in a potentially life-threatening allergic reaction. Thus, the growing need for medical information by the regulatory authorities is also anticipated to fuel this segment's growth.

Furthermore, initiatives undertaken by the governments are also propelling the growth of the market in North America. For instance, the Open FDA initiative undertaken by the US government provides access to its database, by open search-based programs, for application developers and scientists. Additionally, the United States initiated another project, called Mini-Sentinel, to promote active surveillance system by providing relevant statistical data in less time.

Moreover, in response to the pandemic, Food and Drug Administration of United States has introduced FDA Adverse Event Reporting System (FAERS) a dashboard for COVID-19 emergency use authorization (EUA) products. The tool provides updates of adverse event reports submitted for drugs under emergency use authorization for COVID 19.

Competitive Landscape

The companies operating in the pharmacovigilance and drug safety software market are capitalizing on the innovative researches focusing on the development of editing techniques. In September 2019 the other company Bayer launched SafeTrack, which is a digital adverse event reporting tool. This adverse event report tool will help patients and healthcare professionals reporting adverse events more easily, quickly, and conveniently. Key strategies implemented by the market players, including mergers, acquisitions, and strategic collaborations for R&D outsourcing or manufacturing activities, are driving the market growth.

The key market players include Ab Cube, ArisGlobal, Ennov Solutions Inc., Extedo GmbH, Online Business Applications Inc., Oracle Corporation, Sarjen Systems Pvt Ltd, Sparta Systems Inc., United BioSource Corporation, Max Application, Veeva Systems, and Phase Forward among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Incidence of Adverse Drug Reactions (Adrs)
    • 4.2.2 Increasing Adoption Of Pharmacovigilance Software By Outsourcing Companies
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Lack of Awareness About Pharmacovigilance
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Functionality
    • 5.1.1 Adverse Event Reporting Software
    • 5.1.2 Drug Safety Audits Software
    • 5.1.3 Issue Tracking Software
    • 5.1.4 Fully Integrated Software
  • 5.2 By Mode of Delivery
    • 5.2.1 On-premise Delivery
    • 5.2.2 On-demand/ Cloud-based (SaaS) Delivery
  • 5.3 By End-Users
    • 5.3.1 Pharmaceutical and Biotechnology Companies
    • 5.3.2 Contract Research Organizations
    • 5.3.3 Business Process Outsourcing Firms
    • 5.3.4 Other Pharmacovigilance Service Providers
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Ab Cube
    • 6.1.2 ArisGlobal
    • 6.1.3 Ennov Solutions Inc.
    • 6.1.4 Extedo GmbH
    • 6.1.5 Online Business Applications Inc.
    • 6.1.6 Oracle Corporation
    • 6.1.7 Sarjen Systems Pvt Ltd
    • 6.1.8 Sparta Systems Inc.
    • 6.1.9 United BioSource Corporation
    • 6.1.10 Max Application
    • 6.1.11 Veeva Systems
    • 6.1.12 Phase Forward

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS