デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445673

クラウドコミュニケーションプラットフォーム: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Cloud Communication Platform - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.36円
クラウドコミュニケーションプラットフォーム: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

クラウドコミュニケーションプラットフォーム市場規模は、2024年に172億2,000万米ドルと推定され、2029年までに401億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に18.44%のCAGRで成長します。

現在、企業は通信市場の技術進歩に合わせて常に最新の状態を維持するために、クラウドコミュニケーションプラットフォームソリューションを採用することが極めて重要であると感じています。

主なハイライト

  • コネクテッドデバイスの採用の増加、モノのインターネットの普及の増加、クラウドベースのサービスの採用の増加が、市場の成長を推進する主な要因です。 Cisco Systemsによると、2022年に世界の消費者向けIPトラフィックは27%のCAGRで月間333エクサバイトに達すると予想されており、これが調査対象市場の成長を促進すると予想されます。
  • Forbesによると、モノのインターネット(IoT)接続デバイスの総インストールベースは、2025年までに世界中で754億4,000万台に達すると予測されており、これは10年間で5倍に増加します。また、フィンチキャピタルによると、IoTエンドユーザーソリューションの世界市場は2019年末までに2,120億米ドルの規模に成長すると予想されており、クラウドコミュニケーションサービスプロバイダーにとっては世界的に未開発の市場を開拓する有利な機会となります。
  • さらに、BYODポリシーと従量課金制サービスの成長傾向も、クラウドコミュニケーションプラットフォーム市場の成長をさらに促進する要因です。企業は近年、Bring Your Own Device(BYOD)の取り組みを採用しています。現在、87%の組織がモバイルアプリを使用する従業員の能力に依存しており、企業オフィスとリモート勤務の境界線はますます曖昧になってきています。
  • 生産性の向上やコストの削減などの要因により、企業はより良い成果を得るためにクラウドコラボレーションソリューションを採用できるようになりました。これにより、サービスプロバイダーはクラウドベースの通信およびコラボレーションソリューションに注力し、長期的にこの市場を推進できるようになりました。さまざまな企業が強化されたクラウドコラボレーションプラットフォームを発表しており、これが市場を牽引すると予想されています。たとえば、昨年 11月、世界のテクノロジーサプライヤーおよび専門販売代理店であるWestcon-Comstorは、クラウド&コラボレーションと呼ばれる新しいビジネスセグメントの設立を発表しました。
  • クラウドサービスは通常、インターネットベースです。したがって、インターネット接続速度はクラウドコミュニケーションプラットフォーム市場に影響を与える可能性があります。また、機密データに関するプライバシーとセキュリティの懸念が市場の成長をさらに妨げています。 Identity Theft Resource Centerによると、米国におけるデータ侵害の件数は、昨年上半期に817件に達しました。

クラウドコミュニケーションプラットフォーム市場動向

市場を牽引するBFSI

  • クラウドコミュニケーションプラットフォームソリューションを使用すると、投資銀行、プライベートエクイティ、ベンチャーキャピタル、資産管理会社、保険会社がパートナー、クライアント、顧客とビジネス情報を安全に交換できるようになります。 BFSI部門における金融テクノロジー(フィンテック)の進化とデジタル変革がこの部門の成長を推進しています。
  • 金融セクターは大規模な変革を遂げており、より機敏で、革新的で、協調的で、顧客中心であることが時代のニーズとなっています。 Box、HighQ、Jive Softwareなどのクラウドコラボレーションベンダーにより、BFSI業界はハイエンドの顧客エクスペリエンスを提供し、運用コストを削減し、規制やコンプライアンスの義務を遵守することができます。
  • COVID-19感染症のパンデミック中、クラウドベースのBPOサービスの需要が増加し、各機関が困難にもかかわらず活動を継続できるようになりました。さらに、BPOサービスソリューションは、銀行がコア人材や重要な業務運営にリソースを活用できるようにすることで、銀行、企業、金融機関の効率的な運営に不可欠でした。クラウドコミュニケーションは、金融機関がリモートアクセス、デジタルデータ交換、自動レポート、リアルタイムのワークフロア管理を通じて生産性を最大化するのに役立ちます。 Forbesによると、銀行の77%以上がクラウドコンピューティングを利用して業務の一部を他の組織にアウトソーシングしています。
  • さらに、クラウドコミュニケーションを含むクラウドテクノロジーにより、フィンテック企業は自社のビジネスを競合他社と差別化し、消費者エクスペリエンスを向上させるアプリを迅速に開発して構築することができます。さらに、FinTech企業は、クラウドコミュニケーションにより、金融ブランドとの通信に使用する多数のオンラインチャネルを通じて顧客にこれらのエクスペリエンスを提供する可能性があります。このようなチャネルには、モバイルアプリケーション、ロボットチャットボット、ビデオ、メッセージングサービスなどが含まれます。
  • 業界のさまざまな企業が、競争力を高めるためにBFSI業界に対応するためのいくつかの戦略に取り組んでいます。たとえば、昨年 1月、Route Mobileはマハラシュトラ銀行およびインド国立銀行と提携し、クラウドコミュニケーションプラットフォーム機能を利用してWhatsApp上で金融サービスを提供しました。

北米が市場を独占する

  • 北米は収益の点でクラウドコミュニケーションプラットフォーム市場を独占しており、予測期間中その優位性を維持すると予想されます。この成長は、クラウドベースのサービスの採用が増加していることと、この地域で複数のクラウドベースのサービスプロバイダーが利用可能になったことに起因しています。
  • この地域の優れた開発率の主な理由は、ユニファイドコミュニケーションとサービスプロバイダー間の製品の分離に対する需要が高まっていることです。北米では、ソリューション別のUCaaSセグメントが市場をIVRセグメントに押し上げています。この地域では、IVRセグメントがビデオ会議セグメントよりも速いペースで増加すると予想されています。
  • さらに、この地域のクラウドコミュニケーションプラットフォーム市場は、通信業界におけるIoTの採用拡大から利益を得ることが期待されています。アメリカの通信会社は、IoTベースのテクノロジーの機能を活用して、手続きを迅速化し、効率を高めています。 Telecom Advisory Servicesによると、米国のインターネットトラフィックは今年、月間9,864万エクサバイトに増加すると予想されています。
  • いくつかの小売業者も、クラウドベースのコミュニケーションプラットフォームを自社のCRMインターフェイスと統合し、顧客との対話を強化しています。消費者の問い合わせを解読するのに役立ち、説明のための適切な場所に誘導します。
  • さらに、一部の企業は、特にビデオチャットを介して製品の機能や機能を紹介するために、高HD品質のビデオとクライアントへのスムーズなアクセスを提供するために、クラウドコミュニケーションプラットフォームのビデオソリューションを使用しています。より多くの顧客を維持するために、Croma(Infiniti Retail Limited)などの組織は、パンデミック中にバンガロールでオンラインデモンストレーション用の最初のパイロットストアを作成しました。

クラウドコミュニケーションプラットフォーム業界の概要

クラウドコミュニケーションプラットフォーム市場は競争が激しく、多数のベンダーが包括的なクラウドコミュニケーションソリューションを提供しているのが特徴です。市場関係者は、自社の製品範囲とサービスエリアの拡大に積極的に注力しています。アプリケーション固有のサービスを業界全体に提供するために、企業はイノベーションと研究開発を重視しています。クラウドコミュニケーションプラットフォーム市場の主要企業には、Cisco System Inc.、Twilio Inc.、8x8 Inc.、Avaya Inc.、NetFortris Inc.が含まれます。

2022年 2月、オープンテレコムソリューション(EDP)の世界的サプライヤーであるRadisys Corporationによって、Radisys Engageデジタルプラットフォームが利用可能になりました。これは、ビデオベースのカスタマーケア、会話型AIアプリケーション、インダストリー5.0アプリケーション、人間と機械の協力を可能にする超個人化されたソーシャルエンゲージメントなど、新世代のプログラマブルコミュニケーションの到来を促すオープンクラウドコミュニケーションプラットフォームです。このプラットフォームにより、サービスプロバイダーは、さまざまな企業および消費者部門のニーズと期待を満たす製品を簡単かつ収益性の高い設計できるようになります。

2022年 4月、サービスプロバイダーであるLumenは、電話サービスを強化するためにAlianzaのクラウドコミュニケーションテクノロジーを選択しました。 Alianzaプラットフォームはサービスプロバイダー向けに設計されており、通信事業者と統合できます。 Lumenは、このプラットフォームが同社の中核となる音声サービスと顧客の要求を補完し、従来の電話サービスの顧客に魅力的な新しい移行代替手段を提供すると信じています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 通信市場の大きな変化
    • 柔軟な勤務機会を導入する組織の増加傾向
    • BYODの需要の拡大
  • 市場抑制要因
    • セキュリティとプライバシーの問題
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析
  • COVID-19が業界に与える影響の評価

第5章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • ソリューション
    • サービス
  • 展開タイプ別
    • パブリッククラウドサービス
    • プライベートクラウドサービス
    • ハイブリッドクラウドサービス
  • 業種別
    • BFSI
    • ヘルスケア
    • IT・通信
    • 小売
    • 政府
    • その他(製造、旅行・ホスピタリティ、教育)
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Cisco System Inc.
    • Twilio Inc.
    • 8x8 Inc.
    • Avaya Inc.
    • NetFortris Inc.
    • West IP Communications Inc.
    • Telestax Inc.
    • Plivo Inc.
    • Nexmo Inc.
    • Vonage Holdings Corp.
    • Masergy Communications
    • Mitel Networks Corporation
    • Vonage API Developer
    • CallFire Inc.
    • Ozonetel Communication Pvt. Ltd
    • RingCentral Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 71473

The Cloud Communication Platform Market size is estimated at USD 17.22 billion in 2024, and is expected to reach USD 40.13 billion by 2029, growing at a CAGR of 18.44% during the forecast period (2024-2029).

Cloud Communication Platform - Market

Nowadays, companies are experiencing a vital necessity for adopting cloud communication platform solutions to keep themselves updated with the technological advancements in the communication market.

Key Highlights

  • Increasing adoption of connected devices, increasing penetration of the internet of things, and rising adoption of cloud-based services are major factors driving the market growth. According to Cisco Systems, in 2022, global consumer IP traffic was expected to reach 333 exabytes per month at a 27% compound annual growth rate, which is anticipated to fuel the growth of the market studied.
  • According to Forbes, the total installed base of the Internet of Things (IoT) connected devices is projected to amount to 75.44 billion worldwide by 2025, a fivefold increase in 10 years. Also, as per Finch Capital, the global market for IoT end-user solutions was expected to grow to USD 212 billion in size by the end of 2019, presenting lucrative opportunities for cloud communication service providers to tap the untapped market globally.
  • Besides, the growing trend of BYOD policies and pay-as-you-use services are other factors further fueling the growth of the cloud communication platform market. Companies have adopted Bring-Your-Own-Device (BYOD) efforts in recent years. The capacity of employees to use mobile apps is currently relied on by 87% of organizations, and the border between the corporate office and working remotely is becoming increasingly blurred.
  • Factors such as enhanced productivity and decreased costs have enabled enterprises to adopt cloud collaboration solutions for better outcomes. This has allowed the service providers to focus on cloud-based communication and collaboration solutions and drive this market in the long run. Various companies are launching an enhanced cloud collaboration platform, which is expected to drive the market. For instance, in November last year, Westcon-Comstor, a worldwide technology supplier and specialized distributor, announced the formation of a new business segment called Cloud & Collaboration.
  • Cloud services are usually internet-based; therefore, internet connection speed would affect the cloud communication platform market. Also, privacy and security concerns regarding confidential data further hamper the market's growth. According to Identity Theft Resource Center, The number of data breaches in the United States reached 817 in the first half of the last year.

Cloud Communication Platform Market Trends

BFSI to Drive the Market

  • The Cloud Communication Platform solutions allow investment banks, private equity, venture capital, asset managers, and insurance firms to securely exchange business information with partners, clients, and customers. The evolution of financial technology (fintech) and digital transformation in the BFSI sector drive the segment's growth.
  • The financial sector is undergoing a massive transformation, and it has become the need of the hour to be more agile, innovative, collaborative, and customer-centric. The cloud collaboration vendors such as Box, HighQ, Jive Software, and others enable the BFSI industry to deliver high-end customer experience, decrease operating costs, and meet regulatory and compliance obligations.
  • During the COVID-19 pandemic, demand for cloud-based BPO services increased, allowing institutions to continue active despite setbacks. Furthermore, the BPO services solution was critical to the efficient operation of banks, enterprises, and financial institutions by allowing banks to employ their resources for core talents and vital business operations. Cloud communication helps financial organizations maximize productivity through remote access, digital data exchange, automated reporting, and real-time work floor management. According to Forbes, over 77% of banks utilize cloud computing to outsource a few of their operations to other organizations.
  • Moreover, cloud technology, including cloud communication, allows Fintech firms to develop quickly and build apps that differentiate their businesses from the competition and improve consumer experiences. Additionally, FinTech companies may offer these experiences to customers across the numerous online channels they use to communicate with financial brands due to cloud communications. Such channels include mobile applications, robotic chatbots, video, and Messaging Services.
  • Various companies in the industry are involved in several strategies to cater to the BFSI industry to gain a competitive edge. For instance, in January last year, Route Mobile teamed with the Bank of Maharashtra and the State Bank of India to provide financial services over WhatsApp utilizing cloud communication platform capabilities.

North America to Dominate the Market

  • North America dominates the cloud communication platform market in terms of revenue and is expected to maintain its dominance during the forecast period. This growth is attributed to the increasing adoption of cloud-based services and the availability of several cloud-based service providers in this region.
  • The main reason for this region's excellent development rate is the growing demand for unified communications and product segregation among the service providers. In North America, the UCaaS segment by solutions drives the market to the IVR segment. IVR segment is expected to increase at a greater rate than the video conferencing segment in this region.
  • Additionally, the region's cloud communication platform market is expected to profit from the expanding adoption of IoT in the telecommunications industry. American telecom companies are making use of the capabilities of IoT-based technology to speed up procedures and increase efficacy. According to Telecom Advisory Services, the United States is expected to climb to 98.64 million exabytes of internet traffic per month in the current year.
  • Several retailers are also integrating cloud-based communication platforms with their CRM interfaces, boosting customer interaction. It aids in deciphering consumer inquiries and directs them to the right locations for the explanation.
  • Furthermore, some firms use cloud communication platform video solutions to give high HD quality video and smooth access to clients, particularly for showcasing product features and functioning via video chatting. In order to retain more customers, organizations such as Croma (Infiniti Retail Limited) created their initial pilot store for an online demonstration in Bengaluru during the pandemic.

Cloud Communication Platform Industry Overview

The Cloud Communication Platform Market is highly competitive and is characterized by a number of vendors offering comprehensive cloud communication solutions. Market players are actively concentrating on extending their product range and service area. In order to deliver application-specific services across industries, companies emphasize innovation and R&D. Major players in the cloud communication platform market include Cisco System Inc., Twilio Inc., 8x8 Inc., Avaya Inc., and NetFortris Inc.

In February 2022, the Radisys Engage Digital Platform was made available by Radisys Corporation, a global supplier of open telecom solutions (EDP). It is an open cloud communication platform that helps usher in a new generation of programmable communications, including video-based customer care, conversational AI applications, Industry 5.0 applications, and hyper-personalized social engagements that enable human-machine cooperation. The platform enables service providers to easily and profitably design products to meet the needs and expectations of diverse corporate and consumer sectors.

In April 2022, Lumen, a service provider, selected Alianza's cloud communication technology to enhance its phone services. The Alianza platform is designed for service providers and can be integrated with telecom operators. Lumen believes the platform complements its core voice offerings and client demands and will provide an attractive new migration alternative for legacy phone service customers.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Tremendous Shifts in the Communication Market
    • 4.2.2 The Growing Trend of Organizations Implementing Flexible Work Opportunities
    • 4.2.3 Growing Demand for BYOD
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Security and Privacy Concerns
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitutes
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.5 Industry Value Chain Analysis
  • 4.6 Assessment of Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Component
    • 5.1.1 Solution
    • 5.1.2 Service
  • 5.2 By Deployment Type
    • 5.2.1 Public Cloud Services
    • 5.2.2 Private Cloud Services
    • 5.2.3 Hybrid Cloud Services
  • 5.3 By Industry Vertical
    • 5.3.1 BFSI
    • 5.3.2 Healthcare
    • 5.3.3 IT and Telecommunication
    • 5.3.4 Retail
    • 5.3.5 Government
    • 5.3.6 Other Industry Verticals (Manufacturing, Travel and Hospitality, and Education)
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
    • 5.4.2 Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
    • 5.4.4 Latin America
    • 5.4.5 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles*
    • 6.1.1 Cisco System Inc.
    • 6.1.2 Twilio Inc.
    • 6.1.3 8x8 Inc.
    • 6.1.4 Avaya Inc.
    • 6.1.5 NetFortris Inc.
    • 6.1.6 West IP Communications Inc.
    • 6.1.7 Telestax Inc.
    • 6.1.8 Plivo Inc.
    • 6.1.9 Nexmo Inc.
    • 6.1.10 Vonage Holdings Corp.
    • 6.1.11 Masergy Communications
    • 6.1.12 Mitel Networks Corporation
    • 6.1.13 Vonage API Developer
    • 6.1.14 CallFire Inc.
    • 6.1.15 Ozonetel Communication Pvt. Ltd
    • 6.1.16 RingCentral Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS