デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445584

ガス分離膜: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024:2029)

Gas Separation Membrane - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 170 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
ガス分離膜: 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024:2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 170 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ガス分離膜市場規模は、2024年に19億7,000万米ドルと推定され、2029年までに26億1,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に5.87%のCAGRで成長します。

ガス分離膜-市場

COVID-19は、いくつかの地域での厳格なロックダウンにより、石油・ガス産業、製薬産業、生物医療機器産業のサプライチェーン全体に重大な影響を及ぼし、ガス分離膜市場に悪影響を及ぼしました。ただし、制限の解除により、市場は時間の経過とともにペースを上げ、予測期間中に成長し続けると予想されます。

主なハイライト

  • 市場調査を推進する主な要因には、二酸化炭素分離操作における膜の需要の高まりと、GHG排出を管理する厳しい政府規制が含まれます。
  • それどころか、高温用途における高分子膜の可塑化と、新しい膜の大型化と採用が市場の成長を大きく妨げています。
  • それにもかかわらず、混合マトリックス膜(MMM)およびポリマー膜の開発、および用途の拡大により、検討中の市場に新たな可能性が開かれると予測されています。
  • アジア太平洋地域は最大の市場であり、中国、インド、日本での需要の高まりにより、予測期間を通じて最も急成長する市場になると予測されています。

ガス分離膜市場動向

市場を独占するための窒素生成と酸素富化のアプリケーション

  • 窒素生成と酸素富化のプロセスは、必要な生成物の単離と反応物の回収のために化学産業に不可欠な部分です。ガス分離膜モジュールは、商業および産業用途向けにカスタムメイドの窒素または酸素富化空気発生システムを構築します。
  • 使用される膜の主なタイプの1つはポリマー膜で、周囲温度または暖かい温度で動作し、酸素富化空気(25~50%の酸素)を生成します。高純度酸素(90%以上)を提供できるセラミック膜も使用されます。ただし、動作するには摂氏800~900度程度の高温が必要です。
  • 膜ガス分離は、ジェット旅客機の燃料タンクを満たす空気の代わりに窒素が豊富なガスを提供するために使用され、不注意による火傷や爆発の可能性を減らします。窒素は、アンモニアを生成するハーバー法で広く利用されています。アンモニアはその後、肥料を製造するためにさまざまな化学合成に使用されます。窒素は、特に梱包や冷凍にも使用されます。
  • さらに、今日の世界では、産業部門からの酸素と窒素の需要が高く、鉄鋼の生産には大量の酸素と窒素が必要です。現在、現在の塩基性酸素製鋼では、鋼材1トンあたりほぼ2トンの酸素が消費されます。その結果、酸素の要件を満たすために、ほとんどの製鉄工場では、プラント運営に不可欠なガス分離モジュールが採用されています。
  • 世界鉄鋼協会によると、2022年12月の世界の粗鋼生産量は1億4,070万トン(Mt)でした。2022年の世界の粗鋼総生産量は約18億7,800万トンで、前年の生産量と比べて4%減少しました。ただし、2023年には業界の需要の増加によりプラスの成長率を記録すると予想されており、それによって現在調査されている市場を牽引しています。
  • 医療業界では近年、特にパンデミックの時代に酸素濃縮器の需要が急増しています。需要の高まりを受けて、いくつかのメーカーは世界中で工場を拡張または追加開設する予定です。たとえば、INOX Air Products Ltdは、2022年 3月にインド最大のグリーンフィールドプラントの建設を発表しました。このプラントでは、ガス状酸素 2,000 TPD、液体酸素 150 TPD、液体酸素 1,200 TPDを含む、1日あたり2,150トン(TPD)の産業ガスが生産されます。窒素ガス、および100 TPDのアルゴン。
  • したがって、窒素生成と酸素富化の需要の増加は、ガス分離膜の需要の急増につながり、したがって市場にプラスの影響を与えるでしょう。

アジア太平洋が市場を独占する

  • アジア太平洋は、市場の成長を牽引する地域の工業化の進展により、ガス分離膜の最大かつ最も急成長する市場になると予想されています。市場の拡大は主に、貯水池からの二酸化炭素除去に対する需要の高まり、衛生設備と淡水の需要の高まり、都市化の進行、生活水準の向上によって推進されています。急速な拡大とイノベーションは、業界の統合と相まって、この地域の市場で大幅な成長を促進する可能性があります。
  • それにもかかわらず、中国の石油・ガス産業は、ガス分離膜の最も重要な応用産業の1つです。中国は過去20年にわたり、拡大する経済を支えるため精製能力の増強に投資してきました。
  • さらに、中国は長い間、あらゆる種類の原油の精製能力を着実に増強してきました。エネルギー調査(IEA)によると、中国は2025年末までに2,000万バレルの精製能力を持つと予想されており、その結果、今後数年間でガス分離膜の必要性が高まると考えられます。
  • さらに、2022年の中国の原油生産量は約2億460万トンと推定され、前年同期比3%増加しました。中国国家統計局(NBS)によると、2022年12月の月間原油生産量は約1,700万トンで、前年同期比2.5%増加しました。ガス分離膜は、石油井頭から石油回収、製油所に至るまで、石油・ガス産業で広く使用されているため、製品需要は近い将来急増すると予想されます。
  • インドには大規模な電力産業がありますが、人口の増加に加え、電化の増加と一人当たりの使用量の増加により、今後数年間で電力産業の規模はさらに拡大すると考えられます。インド・ブランド・エクイティ財団(IBEF)によると、2022年10月31日時点で、インドの再生可能エネルギー導入容量(水力を含む)は165.94GWで、全体の導入電力量の40.6%を占める。
  • さらに、産業排水からのCO2排出を制御するためにガス分離膜の使用が増加することにより、プラスの効果が期待されます。ガス排出を抑制するための政府規制の強化により、将来的にこの製品の需要が高まることが予想されます。
  • さらに、この地域における天然ガス生産の大幅な増加により、地域市場における酸性ガス分離におけるガス分離膜の需要が高まる可能性があります。

ガス分離膜業界の概要

ガス分離膜市場は本質的に部分的に統合されており、少数の大手企業が市場のかなりの部分を支配しています。主要企業としては、Air Products and Chemicals, Inc.、UBE Corporation、Air Liquide Advanced Seperations、DIC Corporation、Fujifilm Corporationなどがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 二酸化炭素分離プロセスにおける膜の需要の増加
    • GHG排出に対する政府の厳格な規範
  • 抑制要因
    • 高温用途における高分子膜の可塑化
    • 大型化と新しい膜の採用
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション

  • 材料の種類
    • ポリイミドとポリアミド
    • ポリスルホン
    • 酢酸セルロース
    • 他の材質タイプ
  • 用途
    • 窒素の生成と酸素富化
    • 水素回収
    • 二酸化炭素の除去
    • 硫化水素の除去
    • その他の用途
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • Air Liquide Advanced Separations
    • Air Products and Chemicals Inc.
    • DIC Corporation
    • Evonik Industries AG
    • Fujifilm Corporation
    • Generon
    • Honeywell International Inc.
    • Linde PLC
    • Membrane Technology and Research Inc.
    • Parker Hannifin Corp.
    • SLB(schlumberger)
    • Toray Industries Inc.
    • UBE Corporation

第7章 市場機会と将来の動向

  • 混合マトリックス膜(MMM)の開発
  • 高分子膜の開発と用途の拡大
目次
Product Code: 69521

The Gas Separation Membrane Market size is estimated at USD 1.97 billion in 2024, and is expected to reach USD 2.61 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.87% during the forecast period (2024-2029).

Gas Separation Membrane - Market

COVID-19 had a significant impact on the entire supply chain of the oil and gas industry, pharmaceutical industry, and biomedical devices industry, owing to strict lockdowns in several regions and thus negatively impacting the market for gas separation membranes. However, with the lifting of restrictions, the market is expected to gain pace with time and continue to grow during the forecast period.

Key Highlights

  • The primary factors driving the market study include the rising demand for membranes in carbon dioxide separation operations and stringent government regulations governing GHG emissions.
  • On the contrary, the plasticization of polymeric membranes in high-temperature applications and the upscaling and adoption of new membranes have significantly hampered market growth.
  • Nevertheless, the development of mixed matrix membranes (MMM) and polymeric membranes, as well as expanding applications, are projected to open new potential in the market under consideration.
  • The Asia-Pacific region is the largest market and is predicted to be the fastest-growing market throughout the projection period, owing to rising demand in China, India, and Japan.

Gas Separation Membrane Market Trends

Nitrogen Generation and Oxygen Enrichment Application to Dominate the Market

  • The processes of nitrogen generation and oxygen enrichment are integral parts of the chemical industry for the isolation of required products and the recovery of the reactants. The gas separation membrane modules build custom-made nitrogen or oxygen-enriched air generator systems for commercial and industrial applications.
  • One major type of membrane used is polymeric, which operates at ambient or warm temperatures and may produce oxygen-enriched air (25-50% oxygen). Ceramic membranes are the other types used that may provide high-purity oxygen (90% or more). However, they require higher temperatures-around 800-900 degrees Celsius-to operate.
  • Membrane gas separation is used to provide nitrogen-rich gases instead of air to fill jetliners' fuel tanks, reducing the likelihood of inadvertent burns and explosions. Nitrogen is widely utilized in the Haber process to produce ammonia. Ammonia is then employed in various chemical syntheses to produce fertilizers. Nitrogen is also used in packing and refrigeration, among other things.
  • Furthermore, in today's world, oxygen and nitrogen are in high demand from the industrial sector, and large volumes are necessary for steel production. Nowadays, current basic oxygen steelmaking consumes almost 2 tons of oxygen for each ton of steel. As a result, to meet the requirement for oxygen, most steel factories employ gas separation modules, which are an essential aspect of plant operations.
  • According to the World Steel Association, global crude steel production was 140.7 million tons (Mt) in December 2022. The total world crude steel production in 2022 was approximately 1,878 million tons, a 4% decrease compared to the production in the prior year. However, in 2023, it is expected to register a positive growth rate due to the increased demand in the industry, thereby driving the current studied market.
  • The medical business has seen a surge in demand for oxygen concentrators in recent years, particularly during the pandemic era. With rising demand, several manufacturers intend to expand or open additional plants around the world. INOX Air Products Ltd, for example, announced in March 2022 the construction of India's largest greenfield plant, which will produce 2,150 tons per day (TPD) of industrial gases, including 2000 TPD of gaseous oxygen, 150 TPD of liquid oxygen, 1200 TPD of gaseous nitrogen, and 100 TPD of argon.
  • Thus, the increased demand for nitrogen generation and oxygen enrichment will lead to an upsurge in the demand for the gas separation membrane and therefore positively affect the market.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • Asia-Pacific is expected to be the largest and fastest-growing market for gas separation membranes, owing to the region's increasing industrialization, which drives the market's growth. The market's expansion is primarily driven by rising demand for carbon dioxide removal from reservoirs, a rising need for sanitation and freshwater, increased urbanization, and higher living standards. Fast expansion and innovation, combined with industry consolidations, will likely drive significant growth in the region's market.
  • Nonetheless, the oil and gas industry in China is one of the most important application industries for gas separation membranes. Over the last two decades, China has invested in increasing its refining capacity to support its expanding economy.
  • Furthermore, for a long time, China has steadily increased its refining capacity for all types of crude. According to the Institute for Energy Research (IEA), China is expected to have 20 million barrels of refining capacity by the end of 2025, resulting in an increased need for gas separation membranes in the coming years.
  • Furthermore, China's crude oil output in 2022 was estimated to be about 204.6 million tons, a 3% increase over the same period last year. According to the National Bureau of Statistics (NBS) of China, the monthly output of crude oil in December 2022 was approximately 17 million tons, a 2.5% rise over the same period last year. Because gas separation membranes are widely employed in the oil and gas industry, from the oil wellhead to oil recovery to the refinery, product demand will skyrocket in the near future.
  • Even though India has a large power industry, the growing population, coupled with rising electrification and increasing per capita usage, will propel the industry's size in the upcoming years. According to the Indian Brand Equity Foundation (IBEF), as of October 31, 2022, India's installed renewable energy capacity (including hydro) stood at 165.94 GW, representing 40.6% of the overall installed power capacity.
  • Additionally, the increasing use of gas separation membranes to control CO2 emissions from industrial effluents is expected to have a positive impact. Strengthening government regulations to curb gaseous emissions is expected to fuel the demand for the product in the future.
  • Furthermore, the significant growth of natural gas production in the region may propel the demand for gas separation membranes in acid gas separation in the regional market.

Gas Separation Membrane Industry Overview

The gas separation membrane market is partially consolidated in nature, with a few major players dominating a significant portion of the market. Some of the major companies are Air Products and Chemicals, Inc., UBE Corporation, Air Liquide Advanced Seperations, DIC Corporation, Fujifilm Corporation, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand for Membranes in Carbon Dioxide Separation Processes
    • 4.1.2 Strict Government Norms Toward GHG Emissions
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Plasticization of Polymeric Membranes in High-Temperature Applications
    • 4.2.2 Upscaling and Adoption of New Membranes
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Value)

  • 5.1 Material Type
    • 5.1.1 Polyimide and Polyamide
    • 5.1.2 Polysulfone
    • 5.1.3 Cellulose Acetate
    • 5.1.4 Other Material Types
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Nitrogen Generation and Oxygen Enrichment
    • 5.2.2 Hydrogen Recovery
    • 5.2.3 Carbon Dioxide Removal
    • 5.2.4 Removal of Hydrogen Sulphide
    • 5.2.5 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Air Liquide Advanced Separations
    • 6.4.2 Air Products and Chemicals Inc.
    • 6.4.3 DIC Corporation
    • 6.4.4 Evonik Industries AG
    • 6.4.5 Fujifilm Corporation
    • 6.4.6 Generon
    • 6.4.7 Honeywell International Inc.
    • 6.4.8 Linde PLC
    • 6.4.9 Membrane Technology and Research Inc.
    • 6.4.10 Parker Hannifin Corp.
    • 6.4.11 SLB (schlumberger)
    • 6.4.12 Toray Industries Inc.
    • 6.4.13 UBE Corporation

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Development of Mixed Matrix Membranes (MMM)
  • 7.2 Development in Polymeric Membranes and Expanding Applications