デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445519

硫酸:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029)

Sulfuric Acid - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 160 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
硫酸:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 160 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

硫酸市場規模は2024年に3億2,105万トンと推定され、2029年までに3億8,724万トンに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に3.82%のCAGRで成長します。

硫酸-市場

COVID-19のパンデミックは、2020年の硫酸市場に中程度の影響を及ぼしました。さまざまな国でのロックダウンの発動と供給の混乱は、化学セクターに影響を与えました。ただし、硫酸は化学部門で使用される主要な化学物質の1つであるため、予測期間には高い需要が予想されます。

主なハイライト

  • 短期的には、リン酸塩ベースの肥料中の硫酸に対する高い需要と、世界中の化学産業および製薬産業からの需要の高まりによって、市場調査が推進されています。
  • 一方、原材料価格の変動により、今後数年間で硫酸市場の成長が鈍化する可能性があります。
  • 医療およびその他の産業における発煙硫酸の使用の増加は、市場にとって大きな機会と見なすことができます。
  • アジア太平洋地域は世界の硫酸市場を独占しており、中国、インド、日本などの国々が最も多く消費しています。

硫酸市場動向

肥料セグメントの消費拡大

  • 硫酸は、硫黄、水素、酸素から構成される強力な鉱酸です。強い臭気があり、非常に腐食性の高い油状の透明な液体です。たとえ希釈した状態であっても、常に注意して取り扱う必要があります。水で希釈すると、セラミックの排気反応で熱を放出します。肥料の製造工程で使用される重要な工業薬品です。
  • 世界の硫酸供給量の約半分は、農業や農業、特に肥料として使用されています。硫酸は、石灰の過リン酸塩や硫酸アンモニウムなどのリン酸肥料の製造に使用されます。硫酸は作物の収量を増加させ、栄養価の高い作物を生産することで農家がより多くの収益を得るのに役立ちます。
  • 肥料は作物が土壌から除去した栄養素を補います。肥料がなければ、作物の収量と農業生産性は大幅に低下します。このため、土壌の栄養ストックに、作物がすぐに吸収して利用できるミネラルを補うために、ミネラル肥料が使用されます。
  • 農業は世界的に主要な生計源です。インドと米国では農業がプラスの成長を遂げています。したがって、市場は今後数年間、肥料の需要によって動かされる可能性があります。
  • たとえば、食糧農業機関によると、2021年の世界のアンモニア、リン酸、カリの生産能力は31万5,973トンで、2022年には31万8,652トンに達すると予想されており、これにより硫酸の市場需要が増加します。予測期間。
  • 2021年の農産物および関連製品の輸出総額は412億5,000万米ドルに達しました。灌漑への投資の増加により、総灌漑面積が拡大し、肥料の需要が創出され、硫酸市場が刺激されました。
  • ラテンアメリカおよびカリブ海地域の農業セクターは、過去に大幅な成長を遂げてきました。経済協力開発機構(OECD)と国連食糧農業機関(FAO)によると、農業と漁業の生産は2018年から2028年の間に17%増加すると予想されています。この成長の約53%は作物生産量の増加によるものと予想されます。したがって、農業産業の成長により肥料の需要が増加しました。これは硫酸市場の成長に影響を与えると予想されます。
  • 国際肥料工業協会によると、2021年に世界中で農業用肥料(窒素、リン、カリウム(NPK))が消費された量は199,884キロトンでした。総消費量のうち、東アジア、南アジア、ラテンアメリカ、 2021年にはカリブ海諸国と北米がそれぞれ6万1,936キロトン、3万8,694キロトン、2万8,817キロトン、2万5,730キロトンを消費しました。
  • したがって、市場は今後数年間、肥料における硫酸の使用の増加によって牽引される可能性があります。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • アジア太平洋地域は、予測期間中に硫酸市場を独占すると予想されます。中国、インド、日本などの化学、肥料、その他の製造部門からの需要が高いため、硫酸市場は急速に拡大しています。
  • 中国国家統計局によると、2021年の中国の硫酸生産量は9,383万トンで、2020年の9,238万トンと比較して1.5%以上の増加を記録しました。中国の硫酸生産量は引き続き増加し、2022年の製造能力は1億2,900万トンとなり、前年同期比1.59%の増加を記録しました。
  • 中国では各社が硫酸の製造能力を年間2,108万トンに増強する計画を立てています。 2022年から2024年の生産能力増強後、国内の硫酸市場の供給パターンは、輸出の増加、輸入の縮小、物の流れの変化など、大きな変化を起こすと予想されます。
  • 中国は世界最大の肥料メーカーです。中国国家統計局によると、2021年の中国の窒素、リン酸塩、カリ肥料生産量は5,544万トンで、2020年の5,496万トンと比較して0.87%の増加を記録しました。
  • インドでは、2021年7月にオリッサ州州首相が肥料協同組合IFFCOのパラディップ部門の敷地内に硫酸製造施設の礎石を据えました。このプロジェクトの費用は約400カロールインドルピー(約4,836万米ドル)で、2023年までに操業が開始される予定です。この新しい生産工場により、化学物質の輸入への依存が軽減されます。これはIFFCOの3番目の硫酸製造プラントで、1日あたり約2,000トン(MT)の生産能力があります。
  • さらに、インドは農業に大きく依存している経済国の一つです。農業は依然として人口の55%以上にとって主要な生計手段です。インド経済調査2020-21報告書によると、20年度の国内の食用穀物総生産量は2億9,665万トンと記録され、19年度の2億8,521万トンと比較して1,144万トン増加しました。
  • 上記のすべての要因により、予測期間中にアジア太平洋地域の硫酸需要が増加すると予想されます。

硫酸業界の概要

世界の硫酸市場は非常に細分化されています。市場を独占する上位5社は、Mosaic、PhosAgro Group of Companies、Jiangxi Copper Group、Yunnan Copper、およびAurubis AGです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • リン酸塩ベースの肥料における硫酸の高い需要
    • 化学および製薬業界からの需要の拡大
  • 抑制要因
    • 原材料価格の変動性
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度
  • 貿易分析
  • 原料分析
  • 地域の生産能力

第5章 市場セグメンテーション

  • 原材料の種類
    • 元素硫黄
    • 黄鉄鉱
    • その他の原材料の種類
  • エンドユーザー産業
    • 肥料
    • 化学および医薬品
    • 自動車
    • 石油精製
    • その他のエンドユーザー産業(紙パルプ、金属加工)
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併、買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア(%)分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • Aarti Industries Limited
    • Aurubis AG
    • Bodal Chemicals Ltd
    • Boliden Group
    • Hindustan Zinc
    • Jiangxi Copper Group Co. Ltd
    • KANTO KAGAKU
    • Nouryon
    • Panoli Intermediates India Private Limited
    • PhosAgro Group of Companies
    • PVS
    • Mosaic
    • WeylChem International GmbH
    • Yunnan Copper Co. Ltd

第7章 市場機会と将来の動向

  • 医療およびその他の産業における発煙硫酸の使用の増加
目次
Product Code: 68404

The Sulfuric Acid Market size is estimated at 321.05 Million tons in 2024, and is expected to reach 387.24 Million tons by 2029, growing at a CAGR of 3.82% during the forecast period (2024-2029).

Sulfuric Acid - Market

The COVID-19 pandemic moderately affected the sulfuric acid market in 2020. The imposition of lockdowns across various countries and disruptions in supply affected the chemical sector. However, since sulfuric acid is among the primary chemicals used in the chemical sector, high demand is anticipated in the forecast period.

Key Highlights

  • In the short term, the market study is being driven by the high demand for sulfuric acid in phosphate-based fertilizers and the growing demand from the chemical and pharmaceutical industries around the world.
  • On the other hand, changes in the prices of raw materials are likely to slow the growth of the sulfuric acid market in the coming years.
  • The growing use of oleum in medical and other industries can be seen as a major opportunity for the market.
  • The Asia-Pacific region dominated the sulfuric acid market globally, with the highest consumption coming from countries such as China, India, and Japan.

Sulfuric Acid Market Trends

Growing Consumption from Fertilizer Segment

  • Sulfuric acid is a strong mineral acid made up of sulfur, hydrogen, and oxygen. It has a strong smell and is an extremely corrosive, oily, and clear liquid. It should always be handled with caution, even in its diluted form. When diluted with water, it releases heat in a ceramic exhaust reaction. It is an important industrial chemical used in fertilizer manufacturing processes.
  • Around half of the global sulfuric acid supply is used in agriculture and farming, especially as fertilizer. Sulfuric acid is used to manufacture phosphate fertilizers, such as the superphosphate of lime and ammonium sulfate. Sulfuric acid increases crop yield, which helps farmers generate more revenue by producing highly nutritional crops.
  • Fertilizers replace the nutrients that crops remove from the soil. Without fertilizers, crop yields and agricultural productivity would be significantly reduced. Due to this, mineral fertilizers are used to supplement the soil's nutrient stocks with minerals that may be quickly absorbed and used by crops.
  • Agriculture is the major source of livelihood globally; India and the United States are witnessing positive growth in agriculture. So, the market is likely to be driven by the need for fertilizers over the next few years.
  • For instance, according to the Food and Agriculture Organization, the global capacity for producing ammonia, phosphoric acid, and potash in 2021 was 315,973 metric tons, which is expected to reach 318,652 metric tons in 2022, thereby boosting the market demand for sulfuric acid in the forecast period.
  • The total agricultural and allied products exports stood at USD 41.25 billion in 2021. The growing investments in irrigation enhanced the gross irrigated area, creating a demand for fertilizers and stimulating the sulfuric acid market.
  • The agriculture sector in Latin America and the Caribbean has witnessed significant growth in the past. According to the Organization for Economic Co-operation and Development (OECD) and the Food and Agriculture Organization of the United Nations (FAO), agricultural and fisheries production is expected to grow by 17% during 2018-2028. Around 53% of this growth is expected to come from increased crop production. Hence, the growing agricultural industry boosted the demand for fertilizers. This is expected to impact the growth of the sulfuric acid market.
  • According to the International Fertilizer Industry Association, the consumption of agricultural fertilizer (nitrogen, phosphorus, and potassium (NPK)) across the globe accounted for 199,884 kilotons in 2021. Out of the total consumption, East Asia, South Asia, Latin America and the Caribbean, and North America consumed 61,936 kilotons, 38,694 kilotons, 28,817 kilotons, and 25,730 kilotons, respectively, in 2021.
  • So, the market is likely to be driven by the growing use of sulfuric acid in fertilizers over the next few years.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • Asia-Pacific region is expected to dominate the sulfuric acid market during the forecast period. Due to the high demand from the chemical, fertilizer, and other manufacturing sectors in countries like China, India, and Japan, the sulfuric acid market has been rapidly increasing.
  • In 2021, the sulfuric acid production in China was 93.83 million metric tons, compared to 92.38 million metric tons in 2020, registering a growth of over 1.5%, according to the National Bureau of Statistics of China. The sulfuric acid production output continued to rise in China, with a manufacturing capacity of 129 million tons in 2022, registering a growth of 1.59% from the same period in the previous year.
  • In China, companies are planning to increase the manufacturing capacity of sulfuric acid to 21.08 million tons annually. After the capacity increase in 2022-2024, the supply pattern of the sulfuric acid market is expected to undergo significant changes in the country, including increasing exports, shrinking imports, and changes in goods flow.
  • China is the largest fertilizer manufacturer in the world. According to the National Bureau of Statistics of China, the nitrogen, phosphate, and potash fertilizer production volume in China accounted for 55.44 million tons in 2021, compared to 54.96 million tons in 2020, registering a growth of 0.87%.
  • In India, in July 2021, the Chief Minister of Odisha laid the foundation stone for a sulfuric acid manufacturing facility on the premises of the fertilizer cooperative IFFCO at its Paradip division. The project will cost around INR 400 crore (~USD 48.36 million), with operations estimated to start by 2023. This new production plant will reduce dependency on the import of chemicals. This is IFFCO's third sulfuric acid manufacturing plant, with a capacity of about 2,000 metric tons (MT) per day.
  • Furthermore, India is one of the economies largely dependent on agriculture. Agriculture is still the primary source of livelihood for more than 55% of the population. According to The Economic Survey of India 2020-21 report, in FY20, the total food grain production in the country was recorded at 296.65 million tons, which increased by 11.44 million tons compared with 285.21 million tons in FY19.
  • All the factors mentioned above are expected to boost the demand for sulfuric acid in the Asian-Pacific region over the forecast period.

Sulfuric Acid Industry Overview

The global sulfuric acid market is highly fragmented. The top five players dominating the market are Mosaic, PhosAgro Group of Companies, Jiangxi Copper Group Co. Ltd, Yunnan Copper Co. Ltd, and Aurubis AG.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 High Demand for Sulfuric Acid in Phosphate-based Fertilizers
    • 4.1.2 Growing Demand from Chemical and Pharmaceutical Industries
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Volatility In Raw Material Pricing
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Trade Analysis
  • 4.6 Feedstock Analysis
  • 4.7 Regional Production Capacities

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Raw Material Type
    • 5.1.1 Elemental Sulfur
    • 5.1.2 Pyrite Ore
    • 5.1.3 Other Raw Material Types
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Fertilizer
    • 5.2.2 Chemical and Pharmaceutical
    • 5.2.3 Automotive
    • 5.2.4 Petroleum Refining
    • 5.2.5 Other End-user Industries (Pulp and Paper, Metal Processing)
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 France
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers, Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%) Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Aarti Industries Limited
    • 6.4.2 Aurubis AG
    • 6.4.3 Bodal Chemicals Ltd
    • 6.4.4 Boliden Group
    • 6.4.5 Hindustan Zinc
    • 6.4.6 Jiangxi Copper Group Co. Ltd
    • 6.4.7 KANTO KAGAKU
    • 6.4.8 Nouryon
    • 6.4.9 Panoli Intermediates India Private Limited
    • 6.4.10 PhosAgro Group of Companies
    • 6.4.11 PVS
    • 6.4.12 Mosaic
    • 6.4.13 WeylChem International GmbH
    • 6.4.14 Yunnan Copper Co. Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Growing Use of Oleum in Medical and Other Industries