デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1445473

ペネトレーションテスト:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Penetration Testing - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=155.76円
ペネトレーションテスト:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ペネトレーションテスト市場規模は2024年に42億5,000万米ドルと推定され、2029年までに127億6,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に24.59%のCAGRで成長します。

侵入テスト-市場

主なハイライト

  • サイバー攻撃の数の増加は、コンプライアンス対策を満たす必要性の高まりと相まって、予測期間中の世界のペネトレーションテスト市場の促進要因になると予想されます。
  • モバイルやWebアプリケーションなどのソフトウェアベースの資産の保護に対する需要の高まりにより、世界のペネトレーションテスト市場の成長が促進されると予想されます。さらに、クラウドベースのセキュリティソリューションの使用の増加により、侵入テストの需要が高まることが予想されます。これにより、世界のペネトレーションテスト市場の成長が促進されると予想されます。さらに、新興諸国におけるデジタル化の進展により、モノのインターネット(IoT)ベースの接続デバイスの傾向が高まることが予想されます。これにより、侵入テストの需要が高まります。
  • インターネット活動の世界の成長は、セキュリティ強制の増加と相まって、予測期間中に世界の侵入テスト市場の市場成長を推進しています。
  • さらに、ワイヤレスネットワークの数と接続デバイスの数の増加により、さまざまな業界全体で侵入テストの需要も生じています。ただし、さまざまな発展途上国および低開発国における熟練した人材と意識の不足により、予測期間中のペネトレーションテスト市場の成長が抑制される可能性があります。
  • また、COVID-19の流行中、世界中の企業は、職場やその他の施設の広範囲にわたる閉鎖により、業務遂行の面で課題に直面しました。特にパンデミック下では、人々が連絡を取り合い、会社を効果的に運営するためにテクノロジーをますます利用するようになり、サイバー攻撃の危険性が高まっています。これにより、最先端のデジタルネットワークへのニーズが飛躍的に高まりました。
  • 在宅勤務(WFH)の傾向が拡大しているため、従業員は適切なセキュリティが必要なデバイスを使用してビジネスネットワークやデータにアクセスしており、サイバー攻撃に対して悪用可能な弱点が露出しています。さらに、顧客のオンラインショッピングへの需要の高まりに応えるためにデジタルトランスフォーメーションの採用が増加したため、多くの企業が現在のWebベースおよびモバイルベースのアプリを作成および更新しており、サイバー攻撃の可能性が広がっています。多くの分野でハイブリッド作業方法が採用されているため、短期的には脆弱性テストの需要が増加する可能性があります。

ペネトレーションテスト市場動向

政府と防衛の間で高まる侵入テストの要求

  • 政府とその機関は、大量の機密性の高い国民情報にアクセスし、管理する権限を持っています。さらに、デジタル時代の到来に伴い、政府はオンラインWebポータルやモバイルアプリケーションを活用して、政府の手続きやプロセスを強化しています。たとえば、インド政府は、すべての政府プロセスと支払いをデジタル化することを目的としたデジタル運動「デジタル・インディア」を開始しました。
  • 公共Wi-Fiやコネクテッド公共交通機関の導入など、インフラ開発が政府の優先事項の1つとして浮上しています。その結果、政府機関はネットワークとそのアプリケーションを保護して、大規模な国民情報の完全性を保護する必要があります。これにより、機密データに対する脆弱性がさらに高まりました。
  • さらに、商用既製(COTS)などのテクノロジーは、政府アプリケーションの広範な機能を可能にするために連邦政府によって使用されています。これらのソリューションは商業目的で開発されたため、政府システムは対処する必要がある特定の固有のリスクに対して脆弱です。
  • したがって、政府向けのテクノロジーを開発しているソフトウェアベンダーは、国立標準技術研究所(NIST)のリスク管理フレームワーク(RMF)や国防情報省などのコンプライアンス対策や義務を通じて、静的および動的アプリケーションのセキュリティ、保証認証および認定プロセス(DoD DIACAP)を確保するよう求められています。これらの義務では、ベンダーがアプリケーションのテストサービスと検証を保証することが求められます。上記の要因は、予測期間中に調査された市場の成長を推進すると予想されます。

北米が主要シェアを握る

  • この地域はテクノロジーの中心地です。そのため、連邦政府はセキュリティテストサービスに関して厳しい規則を定めています。さらに、BFSIのような業界では、コンプライアンステストを遵守することが義務付けられています。
  • 国際電気通信連合(ITU)によると、北米はサイバーセキュリティベースの取り組みに関して最も積極的で熱心な地域です。主要国に与えられたGCIスコア(米国-0.91、カナダ-0.81)は、堅牢なサイバーセキュリティフレームワークと強化されたセキュリティテスト手法の構築に対する各国の取り組みをさらに強化しています。この地域の企業は、侵入テスト、セキュリティ、脆弱性管理ソリューションの導入を期待しており、通常の業務運営のベストプラクティスを備えています。
  • さらに、在宅勤務(WFH)の増加により、従業員はセキュリティが十分ではないデバイスを使用してビジネスネットワークやデータにアクセスしており、サイバー攻撃に対して悪用可能な弱点が露出しています。さらに、多くの北米企業は、顧客のオンラインショッピングへの需要の高まりに応えるためにデジタル変革の採用が増加したため、現在のWebベースおよびモバイルベースのアプリを作成および更新しており、サイバー攻撃の可能性が高まっています。
  • この地域の企業は、ファイアウォールによる多層防御、フィルタリングされたDNS、セグメント化されたネットワーク、セキュリティクライアントなど、必要なセキュリティ対策を倍増させることが予想されます。ただし、従業員の意識向上とトレーニングは、企業にとって最も高いROIをもたらす投資となる可能性があります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の成果
  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と制約要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • 増大するセキュリティ脅威
    • データセキュリティに関する政府の厳しい規制
    • 政府と防衛の間で高まる侵入テストの要求
  • 市場抑制要因
    • 侵入テストに関する認識の欠如
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • ネットワーク侵入テスト
    • Webアプリケーション侵入テスト
    • モバイルアプリケーション侵入テスト
    • ソーシャルエンジニアリング侵入テスト
    • ワイヤレスネットワーク侵入テストサービス
    • その他のタイプ
  • デプロイメント別
    • オンプレミス
    • クラウド
  • エンドユーザー業界別
    • 政府と防衛
    • BFSI
    • ITとテレコム
    • ヘルスケア
    • 小売り
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Synopsys Inc.
    • Acunetix Ltd.
    • Checkmarx Ltd.
    • IBM Corporation
    • Rapid7, Inc.
    • FireEye Inc.
    • VERACODE Inc,
    • BreachLock Inc.
    • Broadcom Inc.(Symantec Corporation)
    • Clavax Technologies LLC

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 67369

The Penetration Testing Market size is estimated at USD 4.25 billion in 2024, and is expected to reach USD 12.76 billion by 2029, growing at a CAGR of 24.59% during the forecast period (2024-2029).

Penetration Testing - Market

Key Highlights

  • The increasing number of cyber-attacks, coupled with the growing need to meet compliance measures, is anticipated to be a growth driver for the global penetration testing market during the forecast period.
  • The increasing demand for the protection of software-based properties such as mobile and web applications is anticipated to boost the growth of the global penetration testing market. Additionally, the increasing use of cloud-based security solutions is expected to fuel the demand for penetration testing. This, in turn, is anticipated to foster the growth of the global penetration testing market. Moreover, the increasing digitization in developing countries is expected to increase the trend of Internet of Things (IoT)-based connected devices. This, in turn, drives the demand for penetration testing.
  • The growing internet activities globally, coupled with the increased security compulsion, are driving the market growth of the global penetration testing market during the forecast period.
  • Moreover, an increasing number of wireless networks and the growing number of connected devices are also generating demand for penetration testing across various industry verticals. However, the lack of skilled personnel and awareness in various developing and underdeveloped countries is likely to restrain the growth of the penetration testing market during the forecast period.
  • Also, during Covid-19, businesses worldwide faced challenges in terms of carrying out operations due to the widespread closure of workplaces and other facilities. The danger of cyberattacks is growing as people use technology more and more to remain in touch and run their companies effectively, particularly during the pandemic. Due to this, the need for cutting-edge digital networks increased dramatically.
  • Employees are accessing business networks and data using their devices that need to be adequately secure due to the growing trend of working from home (WFH), which exposes exploitable weaknesses to cyberattacks. Additionally, many companies have created and updated their current web- and mobile-based apps due to the increased adoption of digital transformation to meet the growing demand for customers to shop online, opening up possibilities for cyberattacks. The adoption of hybrid working methods by numerous sectors may increase the demand for vulnerability testing in the short term.

Penetration Testing Market Trends

Growing Requirement of Penetration Testing among Government and Defense

  • The government and its agencies have the authority to access and manage large amounts of sensitive citizen information. Further, with the advent of the digital age, governments have leveraged online web portals and mobile applications to enhance government procedures and processes. For instance, the government of India has begun a digital movement, "Digital India," intending to digitize all government processes and payments.
  • Infrastructure development is emerging as one of the priorities for governments, including deploying public Wi-Fi and connected public transport. As a result, there is a need for government organizations to secure the network and its applications to protect the integrity of citizen information on a large scale. This has created a greater vulnerability to sensitive data.
  • Further, technologies, such as commercial off-the-shelf (COTS), are used by federal governments to enable broad functional capabilities for government applications. Since these solutions were developed for commercial purposes, government systems are vulnerable to certain unique risks that must be addressed.
  • Thus, software vendors developing technology for the government have been pushed to ensure security for static and dynamic applications through compliance measures and mandates, such as the National Institute of Standards and Technology (NIST) risk management framework (RMF) and the Department of Defense Information Assurance Certification and Accreditation Process (DoD DIACAP). These mandates demand that vendors guarantee testing services and verification of their applications. The abovementioned factors are expected to propel the market's growth studied over the forecast period.

North America to Hold Major Share

  • The region is a technology hub. Therefore, the Federal government has made stringent rules regarding security testing services. Moreover, it is made compulsory for industries like BFSI to adhere to compliance testing.
  • According to International Telecommunication Union (ITU), North America is the most proactive and committed region regarding cyber security-based initiatives. The GCI score given to the major countries (United States - 0.91 and Canada - 0.81) further reinforces their commitment to building a robust cybersecurity framework and enhanced security testing methodologies. Businesses in the region look forward to installing penetration testing, security, and vulnerability management solutions and have the best practices for regular business operations.
  • Moreover, employees are accessing business networks and data using their devices that are not adequately secure due to the growing trend of working from home (WFH), which exposes exploitable weaknesses to cyberattacks. Additionally, many North American companies have created and updated their current web- and mobile-based apps due to the increased adoption of digital transformation to meet the growing demand for customers to shop online, opening up possibilities for cyberattacks.
  • Companies across the region are anticipated to double down on necessary security arrangements such as a layered defense with firewall, filtered DNS, segmented networks, security clients, etc. However, employee awareness and training might be the investment that brings the highest RoI for companies.

Penetration Testing Industry Overview

The penetration testing market is highly competitive and consists of several major players. In terms of market share, few of the major players currently dominate the market. These major players with a prominent market share are focusing on expanding their customer base across foreign countries. These companies are leveraging strategic innovations and collaborative initiatives to increase their market shares and increase their profitability. Security giants like Symantec and FireEye have offered pen testing for years, and other bug bounties players like Bugcrowd and Synack also conduct crowdsourced pen tests.

In May 2022, Cisco Inc. released a cybersecurity assessment tool to help small and medium-sized companies (SMBs) in the Asia Pacific area better understand their security posture.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Deliverables
  • 1.2 Study Assumptions
  • 1.3 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Increasing Security Threats
    • 4.3.2 Stringent Government Regulations Regarding Data Security
    • 4.3.3 Growing Requirement of Penetration Testing among Government and Defense
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Lack of Awareness Regarding Penetration Testing
  • 4.5 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.5.1 Threat of New Entrants
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Network Penetration Testing
    • 5.1.2 Web Application Penetration Testing
    • 5.1.3 Mobile Application Penetration Testing
    • 5.1.4 Social Engineering Penetration Testing
    • 5.1.5 Wireless Network Penetration Testing Services
    • 5.1.6 Other Type
  • 5.2 By Deployment
    • 5.2.1 On-premise
    • 5.2.2 Cloud
  • 5.3 By End-user Industry
    • 5.3.1 Government and Defense
    • 5.3.2 BFSI
    • 5.3.3 IT and Telecom
    • 5.3.4 Healthcare
    • 5.3.5 Retail
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
    • 5.4.2 Europe
    • 5.4.3 Asia Pacific
    • 5.4.4 Latin America
    • 5.4.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Synopsys Inc.
    • 6.1.2 Acunetix Ltd.
    • 6.1.3 Checkmarx Ltd.
    • 6.1.4 IBM Corporation
    • 6.1.5 Rapid7, Inc.
    • 6.1.6 FireEye Inc.
    • 6.1.7 VERACODE Inc,
    • 6.1.8 BreachLock Inc.
    • 6.1.9 Broadcom Inc. (Symantec Corporation)
    • 6.1.10 Clavax Technologies LLC

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS