市場調査レポート
商品コード
1445410

EHSソフトウェア:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

EHS Software - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 143 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.33円
EHSソフトウェア:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 143 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

EHS(環境・健康・安全)ソフトウェア市場規模は2024年に20億2,000万米ドルと推定され、2029年までに35億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に12.17%のCAGRで成長します。

EHSソフトウェア-市場

環境安全衛生(EHS)ソフトウェアソリューションは、規制遵守、環境保護に向けた企業の持続可能性、事故回避、環境監査と検査、プロセスの標準化、インシデント対応など、さまざまな環境テーマ間の適切なバランスを維持します。

主なハイライト

  • 環境安全衛生(EHS)ソフトウェアソリューションは、規制遵守、環境保護に向けた企業の持続可能性、事故回避、環境監査と検査、プロセスの標準化、インシデント対応など、さまざまな環境テーマ間の適切なバランスを維持する責任を負います。
  • EHSソリューションは、事業継続性、収益性の高い成長、企業の社会的責任、および環境相互作用に関連する優れた運用に変革をもたらすため、あらゆるビジネス組織の中核部分になりつつあります。政府の規制、法的強制力、経済状況、テクノロジーが統合された環境により、複数の業界の組織が基本的な運用ニーズとしてEHSソリューションを導入するようになりました。さらに重要なことは、組織は環境保護や危険な状況に伴うリスクによる将来の運営費用を回避しようとしているということです。
  • 市場ではプレーヤーによるさまざまな買収が行われています。 2022年 1月、EHSソフトウェアおよびコンテンツの大手プロバイダーであるRed-on-lineは、GutwinskiManagement GmbHを買収したと発表しました。ウィーンに本社を置くGutwinskiは、ドイツ語圏諸国の主要なEHSプラットフォームソリューションです。この買収により、製品ポートフォリオがさらに拡大し、顧客ベースが増加することが期待されます。
  • 企業は市場での競争力を維持するために、新しいソリューションを展開しています。たとえば、2021年 10月、環境、健康、安全(EHS)ソフトウェアプラットフォームの大手プロバイダーであるProcessMAPCorporationは、同社が英国(UK)にイノベーションセンターを設立したと発表しました。新しいセンターは、英国を拠点とする顧客やユーザーコミュニティとのコラボレーションを促進し、共同イノベーションを加速する上で重要な役割を果たし、英国と欧州の15,000以上の拠点でさらに強力なカスタマーサクセスエンゲージメントを可能にします。
  • Enablon、Intelex、Cority、SAI Global、VelocityEHS、Quenticなどの一部の大手企業は、強化された製品提供と戦略的取り組みにより、市場でより大きな支配力を持っています。調査対象の市場では、プレーヤーの競争力の一環として、世界レベルでいくつかの提携や買収が行われています。
  • たとえば、2022年 5月、環境、公益事業、廃棄物、リサイクル、資源産業向けの統合ソフトウェアと車両技術の世界のサプライヤーであるAMCSは、ドイツに本社を置くEHSおよび持続可能性ソフトウェアのプロバイダーであるQuenticの買収契約に署名しました。
  • 症例の報告と管理、従業員とのコミュニケーション、自己評価の強化、自発的なチェックインを自動化することにより、COVID-19期間中に従業員の健康と安全を監視する能力を高めるために、さまざまな企業でEHSソフトウェアのニーズが高まっています。政府のガイドラインでは、必要な管理を確立するためにCOVID-19のリスク評価を実施することも雇用主に求めています。これらのリスク評価を体系的に実施し、EHSソフトウェアが提供できる集中管理方法を確立することが不可欠です。
  • COVID-19の影響でほとんどのスタッフが在宅勤務をしていないときでも(日用消費財や製薬など、肉体労働を必要とする重要な業界の組織ではそうかもしれません)、EHSソフトウェアは効率の向上に役立っています。 EHSソフトウェアの自動化機能は、従業員、中間管理者、および上級管理者の時間を節約し、管理者ではなく仕事の主要な職務の実行に有効に活用できるようにします。在宅勤務シナリオでは、EHSソフトウェアにより、リスクを迅速に評価し、検査結果を収集し、パフォーマンスを監視する手段がEHSチームに提供され、業務の中断が少なくなります。

EHSソフトウェア市場動向

データ管理とレポート要件の増加が市場の成長を促進する可能性がある

  • 組織は、EHSデータを収集、管理し、利害関係者、規制当局、投資家に報告するというさらなるプレッシャーに直面しています。 EHSソフトウェアは堅牢なレポート機能と分析機能を提供し、データの収集と分析、正確なレポートの生成、コンプライアンスの実証を容易にします。効果的なデータ管理とレポート作成の必要性により、EHSソフトウェアの導入が促進されています。
  • 投資家、従業員、顧客、コミュニティなどの利害関係者は、組織の環境的および社会的パフォーマンスに対する関心をますます高めています。彼らは、EHS管理における透明性、説明責任、目に見える進歩を期待しています。 EHSソフトウェアは、正確なデータ、堅牢なレポート、EHSの取り組みに対する明確な可視性を提供することで、組織がこれらの期待に応えるのに役立ちます。
  • 効果的なデータ管理とレポート作成は、組織の評判とリスク管理の取り組みに貢献します。 EHSソフトウェアを導入することで、組織は環境の持続可能性、職場の安全、法規制順守への取り組みを実証できます。これにより、企業の評判が高まり、運用リスクが軽減され、利害関係者の信頼が向上します。
  • さらに、2022年のKPA調査によると、EHSソフトウェアユーザーは非ユーザーよりも優れたパフォーマンスを報告しています。「良い」または「優れた」満足度を主張する回答者は、インシデントの報告と追跡からデータ収集と分析に至るまで、すべてのカテゴリーのEHSソフトウェアユーザーの間でより顕著です。たとえば、ソフトウェアユーザーの35%と比較して、非ユーザーの55%はプログラムのデータ収集と処理に平均的な満足感を示しました。
  • これらの要因を考慮すると、データ管理とレポートの要件が増大することで、組織がEHSデータを効率的に収集、管理、分析、レポートできるようになり、EHSソフトウェアの導入が促進されます。このソフトウェアの機能は、コンプライアンスの取り組みをサポートし、環境の健康と安全における意思決定、リスク管理、および全体的な運用パフォーマンスの向上に貢献します。

北米が大きな市場シェアを保持

  • 北米、特に米国とカナダは、EHSソフトウェアにとって重要な市場となっています。この地域には環境および労働安全衛生に関する厳しい規制があり、EHSソフトウェアソリューションの採用が促進されています。さらに、北米の製造、エネルギー、ヘルスケアなどの業界は、コンプライアンス、安全性、リスク軽減を管理するためにEHSソフトウェアを早期に導入してきました。
  • さらに、この地域にはEHSソフトウェアベンダーの強力な足場があり、市場の成長に積極的に貢献しています。北米を拠点とするベンダーには、Intelex Technologies Inc.、VelocityEHS、Sai Global Pty Limited、Dakota Software Corporation、Gensuiteなどがあります。
  • いくつかの企業が、安全事故ゼロを目指し、事業活動による環境への影響を最小限に抑えるために率先して取り組んでいます。たとえば、顧客が持続可能な企業に変革できるよう支援するデータインテリジェンス主導のソフトウェアソリューションプロバイダーであるProcessMAPCorporationは、最近、Fortune 500企業であるFortune Brands Home &Security, Inc.が世界企業のデジタル変革を推進すると発表しました。 ProcessMAPのスマートで実用的なデータインテリジェンスソリューションを活用したEHSおよびESGイニシアチブ。
  • この地域のベンダーは、EHSソフトウェアソリューションを強化しています。クラウドベースの環境、健康、安全(EHS)、および持続可能性ソフトウェアの企業であるVelocityEHSは、最近、アナーバーの労働安全と健康のためのセンシングおよびシミュレーション技術開発のパイオニアであるKinetica Labsを買収しました。
  • 同様に、VelocityEHSは最近、アイルランドのソフトウェア会社OneLook Systemsを買収しました。この買収により、企業全体のプラットフォームサービスと能力が強化され、ユーザーが新型COVID-19感染症の流行やそれ以降に関連する新たなリスク管理上の懸念に対処できるようになります。
  • 各国およびそれぞれの地域州は、国民の自然環境と健康を保護するための規制と要件を策定しています。米国とカナダでは、製造、販売、流通、輸入される製品は、地方、地域、連邦政府による(義務的および自主規制の)複雑な環境要件の拡大リストの対象となります。これらの環境および安全対策は、世界およびローカルのビジネスにとって新たなコンプライアンスの課題を生み出します。
  • 北米地域では、環境保護庁(EPA)と米国労働安全衛生局(OSHA)が産業安全を厳格に実施し、EHSソフトウェアの採用を推進しています。米国のほぼすべての企業はOSHA基準の対象となるため、OSHA基準は多くの業界の雇用主と従業員にとって重要な懸念事項です。

EHSソフトウェア業界の概要

EHSソフトウェア市場は細分化されています。業界には、VelocityEHS、Enablon、Cority、Spheraなど、技術的に先進的な著名なプレーヤーが多数存在しており、特に市場の既存企業間での競争は激しいです。確立された市場では大手企業が強い存在感を示しており、市場の浸透度は高まっています。イノベーションへの注目が高まるにつれ、AIなどの新技術への需要が高まり、さらなる開発への投資が促進されています。

2023年 1月、欧州を拠点とする環境、健康、安全(EHS)サービスとしてのソフトウェア(SaaS)プロバイダーであるEcoOnlineは、英国に本社を置くリスク管理製品の著名なプロバイダーであるAlcumusのソフトウェア部門を買収しました。この取引には、Alcumusソフトウェア部門の買収が含まれます。 Alcumusのソフトウェアセグメントは、製造、建設、小売などのさまざまな業界でEHSリスクを管理および監査するためのツールを組織に提供します。

環境、公益事業、廃棄物、リサイクル、資源産業向けの統合ソフトウェアと車両技術の世界のサプライヤーであるAMCSは、2022年 5月に、ドイツに本社を置くEHSおよび持続可能性ソフトウェアのプロバイダーであるQuenticの買収契約に署名しました。

2022年 5月、DNVはIOGPと戦略的に協力して脱炭素化基準を確立し、上流の石油・ガスへの移行を促進しました。さらに、国際石油・ガス生産者協会(IOGP)は、世界の石油・ガスの40%を生産するIOGP加盟国の脱炭素化への野心を支援するためにDNVを選択しました。

2022年 3月、世界のテクノロジー企業であるDigital Intelligence Systems, LLCは、革新的な環境衛生を提供するために、クラウドネイティブでAIを活用したエンタープライズ臨床、品質衛生、安全、および環境管理ソリューションを提供するComplianceQuestとの提携を発表しました。石油・ガス業界の顧客向けの安全(EHS)ソリューション。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19の市場への影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 厳しい政府規制とテクノロジーの進歩が導入を促進
    • データ管理とレポート要件の増加が市場の成長を促進する可能性がある
  • 市場抑制要因
    • 実装、予算上の懸念、分析の欠如
    • データセキュリティとプライバシーに関する懸念
  • EHSソリューションの定性分析
    • 事故管理
    • 監査と検査
    • コンプライアンス管理
    • その他のEHSソリューション

第6章 市場セグメンテーション

  • 展開別
    • クラウド
    • オンプレミス
  • エンドユーザー別業種別
    • 石油・ガス
    • エネルギーと公共事業
    • ヘルスケアとライフサイエンス
    • 建設と製造
    • 化学薬品
    • 鉱業と金属
    • 飲食品
    • その他のエンドユーザー分野
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Enablon(Wolters Kluwer NV)
    • Intelex Technologies, ULC
    • VelocityEHS Holdings Inc.
    • Cority Software Inc.
    • Sphera Solutions, Inc.
    • Sai Global Pty Limited(Intertek Group Plc)
    • Dakota Software Corporation
    • Benchmark Digital Partners LLC
    • ProcessMAP Corporation
    • Quintec GmbH
    • IsoMetrix
    • SAP SE
    • iPoint-systems GmbH
    • Evotix(SHE Software)
    • DNV GL

第8章 投資分析

第9章 市場機会と市場の将来

目次
Product Code: 66366

The EHS Software Market size is estimated at USD 2.02 billion in 2024, and is expected to reach USD 3.58 billion by 2029, growing at a CAGR of 12.17% during the forecast period (2024-2029).

EHS Software - Market

Environmental health and safety (EHS) software solutions maintain adequate balance among various environmental themes, including regulatory compliance, corporate sustainability toward ecological protection, accident avoidance, environmental audit and inspection, process standardization, and incident response.

Key Highlights

  • Environmental health and safety (EHS) software solutions are responsible for maintaining adequate balance among various environmental themes, including regulatory compliance, corporate sustainability toward protecting of environment, accident avoidance, environmental audit and inspection, process standardization, incident response, etc.
  • EHS solutions are becoming a core part of every business organization to bring transformation in business continuity, profitable growth, corporate social responsibilities, and operational excellence related to environmental interaction. The integrated environment of government regulations, legal forces, economic conditions, and technologies have convinced organizations from multiple industries to implement EHS solutions as a basic operational need. More importantly, organizations are trying to avoid any future operational expenses due to environmental protection and risks involved with hazardous situations.
  • There are various acquisitions by players in the market. In January 2022, Red-on-line, a leading EHS software and content provider, announced to have acquired GutwinskiManagement GmbH. Headquartered in Vienna, Gutwinskiis a leading EHS platform solution in German-speaking countries. The acquisition is further expected to expand the product portfolio and increase its customer base.
  • Companies are also rolling out new solutions in order to remain competitive in the market. For instance, in October 2021, ProcessMAPCorporation, the leading Environmental, Health, and Safety (EHS) software platform provider, announced that the company had established an innovation center in the United Kingdom (UK). The new center will play a key role in facilitating collaboration and accelerating co-innovation with UK-based customers and user community and enabling even stronger customer success engagement at more than 15,000 locations across the UK and Europe.
  • Some of the major players, such as Enablon, Intelex, Cority, SAI Global, VelocityEHS, and Quentic, have a greater hold in the market with their enhanced product offerings and strategic initiatives. The market studied is experiencing several partnerships and acquisitions at a global level as part of players' competitiveness.
  • For instance, in May 2022, AMCS, a global supplier of integrated software and vehicle technology for the environmental, utility, waste, recycling, and resource industries, signed an agreement for the acquisition of Quentic, a German-headquartered EHS and sustainability software provider.
  • There is an increasing need for EHS software by various companies to help increase the ability to monitor the health and safety of workers during COVID-19 by automating reporting and management of cases, communication with workers, increased self-assessments, and voluntary check-ins. Government guidelines have also called for employers to conduct COVID-19 risk assessments to establish needed controls. It is essential to conduct these risk assessments systematically and to have a centralized management method, which the EHS software can offer.
  • Even when most staff is not working from home during COVID-19, which may be the case at organizations in essential industries requiring physical labor, such as FMCG and pharmaceutical, EHS software is helping improve efficiency. EHS software automation abilities help save workers, middle and upper- management time that is better employed on performing the primary duties of their jobs, rather than admin. With the work-from-home scenario, EHS software can equip the EHS team with the means to quickly assess risk, collect inspection results, and monitor performance, with which there can be less disruption to operations.

Environmental Health & Safety Software Market Trends

Increasing Data Management and Reporting Requirements may Drive the Market Growth

  • Organizations face more pressure to collect, manage, and report EHS data to stakeholders, regulatory bodies, and investors. EHS software offers robust reporting and analytics capabilities, making it easier to collect and analyze data, generate accurate reports, and demonstrate compliance. The need for effective data management and reporting drives the adoption of EHS software.
  • Stakeholders, including investors, employees, customers, and communities, are increasingly interested in organizations' environmental and social performance. They expect transparency, accountability, and measurable progress in EHS management. EHS software helps organizations meet these expectations by providing accurate data, robust reporting, and clear visibility into their EHS efforts.
  • Effective data management and reporting contribute to an organization's reputation and risk management efforts. By implementing EHS software, organizations can demonstrate their commitment to environmental sustainability, workplace safety, and regulatory compliance. This, in turn, enhances their reputation, reduces operational risks, and improves stakeholder confidence.
  • Moreover, according to the KPA Survey 2022, EHS software users report better performance than non-users. Respondents claiming "good" or "excellent" satisfaction percentages are more significant among EHS software users in all categories, from incident reporting and tracking to data collecting and analysis. For instance, compared to 35% of software users, 55% of non-users expressed average satisfaction with their program's data collecting and processing.
  • Considering these factors, increasing data management and reporting requirements drive the adoption of EHS software by enabling organizations to efficiently collect, manage, analyze, and report EHS data. The software's capabilities support compliance efforts and contribute to improved decision-making, risk management, and overall operational performance in environmental health and safety.

North America Holds Significant Market Share

  • North America, particularly the United States and Canada, has been a significant market for EHS software. The region has stringent environmental and occupational health and safety regulations, driving the adoption of EHS software solutions. Additionally, industries such as manufacturing, energy, and healthcare in North America have been early adopters of EHS software to manage compliance, safety, and risk mitigation.
  • Moreover, the region has a strong foothold of EHS software vendors contributing positively to the market's growth. Some vendors based out of North America include Intelex Technologies Inc., VelocityEHS, Sai Global Pty Limited, Dakota Software Corporation, and Gensuite.
  • Several players are taking the initiative to strive for zero safety incidents and minimize the impact of their operations on the environment. For instance, ProcessMAPCorporation, a data-intelligence-driven software solutions provider which helps empower customers to transform into a sustainable enterprises, recently announced that Fortune Brands Home & Security, Inc., a Fortune 500 company, will drive the digital transformation of its global EHS and ESG initiatives by leveraging ProcessMAP'ssmart and actionable data-intelligence solutions.
  • Vendors in the region are enhancing their EHS software solutions. VelocityEHS, a player in cloud-based environmental, health, safety (EHS), and sustainability software, recently acquired Kinetica Labs, a pioneer in developing sensing and simulation technology for occupational safety and health in Ann Arbor.
  • Similarly, VelocityEHS recently acquired OneLook Systems, an Irish software firm. The acquisition will boost its enterprise-wide platform services and capacity to assist users in addressing emerging risk management concerns related to the COVID-19 outbreak and beyond.
  • The countries and their respective regional states have developed regulations and requirements to protect their citizens' natural environment and health. Products manufactured, sold, distributed, and imported are subject to an expanding list of complex local, regional, and federal (mandatory and self-regulated) environmental requirements in the United States and Canada. These environmental and safety measures create new compliance challenges for global and local businesses.
  • In the North American region, the Environmental Protection Agency (EPA) and the US Occupational Safety and Health Administration (OSHA) strictly implement industrial safety, driving the adoption of EHS Software. Almost all businesses in the United States are subject to OSHA standards, so they are a relevant concern for employers and employees in many industries.

Environmental Health & Safety Software Industry Overview

The Environmental Health and Safety Software Market is fragmented. With many prominent, technologically advanced players in the industry, such as VelocityEHS, Enablon, Cority, and Sphera, the rivalry is intense, especially among the market incumbents. Market penetration is growing, with a strong presence of major players in established markets. With an increasing focus on innovation, the demand for new technologies, such as AI, is growing, which, in turn, is driving investments for further developments.

In January 2023, EcoOnline, a Europe-based provider of environment, health, and safety (EHS) software as a service (SaaS), acquired the software division of Alcumus, a prominent provider of risk management products with headquarters in the United Kingdom. This deal involves the acquisition of the Alcumus software division. The software segment of Alcumus provides organizations with tools to manage and audit EHS risk in various industries, including manufacturing, construction, and retail.

In May 2022, AMCS, a global supplier of integrated software and vehicle technology for the environmental, utility, waste, recycling, and resource industries, signed an agreement for the acquisition of Quentic, a German-headquartered EHS and sustainability software provider.

In May 2022, DNV collaborated strategically with IOGP to establish decarbonization standards, expediting the upstream oil and gas transition. Furthermore, the International Association of Oil and Gas Producers (IOGP) chose DNV to support the decarbonization ambitions of IOGP members, who produce 40% of the world's oil and gas.

In March 2022, Digital Intelligence Systems, LLC, a global technology firm, announced a partnership with ComplianceQuest, a provider of cloud-native, AI-powered, Enterprise Clinical, Quality Health, Safety, and Environmental Management solutions, to offer transformative Environmental Health and Safety (EHS) solutions for customers in the oil and gas industry.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Stringent Government Regulations and Technology Advancements has Spurred Adoption
    • 5.1.2 Increasing Data Management and Reporting Requirements may Drive the Market Growth
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Implementation, Budgetary Concerns, and Lack of Analytics
    • 5.2.2 Data Security and Privacy Concerns
  • 5.3 Qualitative Analysis of EHS Solutions
    • 5.3.1 Incident Management
    • 5.3.2 Audit and Inspection
    • 5.3.3 Compliance Management
    • 5.3.4 Other EHS Solutions

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Deployment Mode
    • 6.1.1 Cloud
    • 6.1.2 On-Premise
  • 6.2 By End-user Vertical
    • 6.2.1 Oil and Gas
    • 6.2.2 Energy and Utilities
    • 6.2.3 Healthcare and Life Sciences
    • 6.2.4 Construction and Manufacturing
    • 6.2.5 Chemicals
    • 6.2.6 Mining and Metals
    • 6.2.7 Food and Beverages
    • 6.2.8 Other End-user Verticals
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle-East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Enablon (Wolters Kluwer N.V.)
    • 7.1.2 Intelex Technologies, ULC
    • 7.1.3 VelocityEHS Holdings Inc.
    • 7.1.4 Cority Software Inc.
    • 7.1.5 Sphera Solutions, Inc.
    • 7.1.6 Sai Global Pty Limited (Intertek Group Plc)
    • 7.1.7 Dakota Software Corporation
    • 7.1.8 Benchmark Digital Partners LLC
    • 7.1.9 ProcessMAP Corporation
    • 7.1.10 Quintec GmbH
    • 7.1.11 IsoMetrix
    • 7.1.12 SAP SE
    • 7.1.13 iPoint-systems GmbH
    • 7.1.14 Evotix (SHE Software)
    • 7.1.15 DNV GL

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE OF THE MARKET