デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444941

自動識別システム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Automatic Identification System - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.45円
自動識別システム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

自動識別システムの市場規模は、2024年に3億8,451万米ドルと推定され、2029年までに5億3,555万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年~2029年)中に6.85%のCAGRで成長する見込みです。

自動識別システム- 市場

COVID-19の蔓延は市場の成長に深刻な影響を与えました。ウイルスの蔓延を阻止するための国境閉鎖により、貿易協定がないまま港が閉鎖され、パンデミック中の市場の成長が妨げられました。

主なハイライト

  • 国際海事機関の「海上における人命の安全のための国際条約」では、規模に関わらず300GT(総トン数)以上の国際航海船および旅客船には自動識別システムの搭載が義務付けられています。
  • 2021年2月、マレーシア南部地域海洋局は港湾通達02/2021を発行し、運航が承認されたすべての船舶に自動識別システム(AIS)を作動させる必要がある場合があることを海事コミュニティに通知しました。
  • 近年、海上輸送は世界中で大幅な成長を遂げています。世界レベルで海洋産業に対して多大な投資が行われており、これにより、特に船舶追跡におけるAISの需要が増加しています。
  • 英国は、グリーン海事、デジタル技術、自律船舶、海洋科学、海事専門家、ビジネスサービスの5つの主要分野に焦点を当てた海事貿易投資5カ年計画を計画しました。さらに、ミャンマーは海洋安全を確保するため、沿岸船舶と漁船にAISを設置すると発表しました。AISを制御し、航行情報を交換するために、AISステーションが19の桟橋に設置される予定で、AISの範囲は48キロメートルから80キロメートルに及ぶ可能性があります。
  • AISシステムは海上VHF帯域で無線信号を送信するため、放送波には本質的にノイズが含まれます。港や混雑したエリアでは、競合する信号が互いに干渉するため、帯域幅が混雑することがよくあります。さらに、衛星と地上の受信機は同時に限られた情報しか取り込むことができません。この混雑により、個々の船舶が地図上に現れたり、地図から消えたりする可能性があります。AIS信号を受信する衛星が増えれば受信可能範囲は拡大しますが、現時点では受信能力が限られています。

自動識別システム(AIS)市場動向

フリート管理が大きなシェアを占めると予想される

  • 国連貿易開発会議(UNCTAD)の2021年国際海上輸送レビューによると、海上輸送量は3.8%減の106億5,000万トンとなりました。世界の船隊は、2021年初め時点で100総トン以上の船舶99,800隻で構成されており、これは21億3,463万9,907DWT(載貨重量トン)の容量に相当し、世界の海運隊は2021年1月1日までの1年間で3%増加しました。船舶の数が増加する一方で、報告要件と排出基準が継続的に進化するにつれて、海運会社がこれらの大規模な船舶を管理および分析することが困難になってきています。
  • 船舶はフリート管理システム経由で接続し、重要な情報や最新情報を共有できます。オペレーターは、あらかじめ決められたゾーンへの船舶の発着を計画できます。これは、限られた時間のみ利用できるスロットをスケジュールする必要がある、混雑したポートや事前定義されたゾーンを通過する場合に重要です。海運業者はこれらのスロットの料金を支払う必要があります。予定時間内に到着しない場合は、さらに追加料金を支払わなければならない場合があります。
  • Big Ocean Dataなどの企業は、自社のフリート管理ソリューションに、5日間の天気予報やリスクベースのルーティング機能などの機能を追加しています。欧州連合(EU)は、排出量を監視するためのEU監視・報告・検証(MRV)規則の策定を計画しているため、フリート管理ソリューションは将来、EU内で運航する船舶にとって重要な役割を果たすことになります。フリート管理システムにより、速度、燃料消費量、汚染物質、作業統計の記録に必要な時間と労力が削減される可能性があります。
  • フリート管理ソリューションの助けを借りて、海運会社はリアルタイムでフリートを制御できるため、船は予期せぬ気候状況を回避して航行できます。フリート管理者はリードタイムなしでアラームをトリガーできるため、船の乗組員はタイムリーな意思決定を行うことができます。

北米が大きなシェアを握ると予想される

  • 米国沿岸警備隊(USCG)は、北米におけるAISの導入と導入を促進する上で重要な促進力となっています。USCGは、米国の海岸線と内陸水路に沿ったAIS受信機と送信機のネットワークである全国自動識別システム(NAIS)を導入しました。このプログラムは、海洋状況の認識を高め、航行の安全性を向上させ、海上安全保障の取り組みを支援することを目的としています。USCGのAIS導入への取り組みは、市場における北米のリーダーシップを示しています。
  • カナダ沿岸警備隊も、海上の安全とセキュリティの取り組みの一環としてAISの導入を優先しています。カナダは、五大湖やセントローレンス海路を含む主要水路をカバーする国家AISシステムを導入しています。このシステムは船舶の追跡と衝突回避を可能にし、捜索救助活動を支援します。カナダ沿岸警備隊がAISを重視していることは、市場の成長を促進する上での北米の役割を浮き彫りにしています。
  • 北米には、市場に多大な貢献をしてきた大手AISテクノロジープロバイダーの本拠地があります。たとえば、カナダに本社を置くexactEarthは、衛星ベースのAISソリューションの大手企業です。彼らは衛星群を運用してリアルタイムの船舶追跡データを世界中に提供します。同様に、米国に本拠を置くORBCOMMやKongsberg Maritimeなどの企業は、北米市場やその他の市場に向けて、ハードウェア、ソフトウェア、分析を含むAISソリューションとサービスを提供しています。
  • 北米の国防および国土安全保障部門は、海洋監視と安全保障の目的でAISテクノロジーを広範囲に採用しています。たとえば、米国国防総省(DoD)は、海上領域の認識を強化し、国家安全保障を目的として船舶の動きを監視するためにAISデータを利用しています。防衛および国土安全保障におけるこうしたAISの応用は、世界市場におけるこの地域の重要性を強調しています。

自動識別システム(AIS)業界の概要

世界の自動識別システム市場は、市場の既存のプレーヤーが独占しているため、市場が細分化される傾向にあります。重要なイノベーションと、プレーヤーによる国土安全保障機関とのパートナーシップの増加により、市場ではAISソリューションに対する膨大な需要が生じています。市場における最近の動向は次のとおりです。

2022年6月、シンガポール海事研究所(SMI)とシンガポール国立調査財団は、人工知能(AI)ベースの船舶リスクプロファイリングを推進するため、研究開発研究開発パートナーシップであるライトシップ海事人工知能(RMAI)研究開発(R&D)を設立しました。ソフトウェアベンダーのKongsberg Digital AS、テクノロジー企業のWartsila Voyage Limited、および荷主のRightShipが他のパートナーです。Rightshipは、潜在的な協力作業提案の一環として、シンガポールのAI専門家80人以上に最大450万米ドルの調査助成金を提供しています。

2022年6月、ABB Turbochargingの子会社に改称されたAccelleronは、それぞれHoppe MarineおよびDanelec Marineと2つの新たなデータ収集および分析提携を締結しました。Danelecとの新しい共同サービスでは、AccelleronのTekomar XPERT海洋性能分析システムとDanelecConnect海洋モノのインターネット(IoT)製品を組み合わせることにより、リアルタイムの運航データが提供されます。データは、自動化システム、航海データレコーダー、全地球測位システム(GPS)、電子海図表示および情報システム(ECDIS)、ジャイロコンパス、エンジン、プロペラ、自動識別装置などの船舶システムから収集されます。システム(AIS)、および個々のセンサー。Tekomar XPERTはデータを検査し、港湾でのメンテナンスや修理のダウンタイムを最小限に抑えるための効率向上と手順に関する推奨事項を提供するために使用されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • バリューチェーン分析
  • 業界の魅力 - ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19の市場への影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 海上交通量の増加
    • 船舶の滞留時間と港湾性能の改善の必要性
  • 市場の課題
    • 範囲とレポート機能

第6章 テクノロジーのスナップショット

  • AISクラスA、クラスB、AIS基地局の主なクラス

第7章 市場セグメンテーション

  • 用途
    • フリート管理
    • 船舶追跡
    • 海上保安
    • その他の用途(事故調査、インフラ保護)
  • プラットホーム
    • 船舶ベース
    • 陸上
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第8章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Saab AB
    • Furuno Electric Co. Ltd
    • ExactEarth Ltd
    • Orbcomm Inc.
    • Garmin Ltd
    • Kongsberg Gruppen ASA
    • True Heading AB
    • Japan Radio Company Ltd.
    • CNS Systems AB
    • Wartsila OYJ Abp
    • ComNav Marine Ltd
    • L3 Technologies Inc.

第9章 投資分析

第10章 市場の将来

目次
Product Code: 65284

The Automatic Identification System Market size is estimated at USD 384.51 million in 2024, and is expected to reach USD 535.55 million by 2029, growing at a CAGR of 6.85% during the forecast period (2024-2029).

Automatic Identification System - Market

The spread of COVID-19 severely affected the market growth. Due to the closing of international borders to contain the virus spread, ports were closed with no trade deals, hindering market growth during the pandemic.

Key Highlights

  • The International Maritime Organization's International Convention for the Safety of Life at Sea requires automatic identification systems to be fitted in international voyaging ships with 300 or more GT ( Gross Tonnage) and passenger ships, regardless of size.
  • In February 2021, the Southern Region Marine Department of Malaysia issued Port Circular No. 02/2021, informing the maritime community that it may require all vessels approved to operate to activate their Automatic Identification System (AIS) at times.
  • Sea freight has witnessed significant growth across the world in recent years. Considerable investments are being made for the marine industry at a global level, which has led to an increased demand for AIS, especially for vessel tracking.
  • The UK planned a Maritime Trade and Investment Five-Year Plan, focusing on five main areas - Green Maritime, Digital Technologies, Autonomous Vessels, Marine Science, Maritime Professional, and Business Services. Additionally, Myanmar announced the installation of AIS on its coastal and fishing vessels to ensure maritime security. To control AIS and exchange navigation information, AIS stations are expected to be established at 19 jetties, and the range of the AIS may stretch to 48-80 kilometres.
  • AIS systems transmit radio signals in the maritime VHF band, and airwaves are inherently noisy. In ports and crowded areas, bandwidths often become congested due to competing signals, which interfere with each other. Additionally, satellites and ground-based receivers may only take in limited information simultaneously. Due to this congestion, any individual vessel may drop on and off the map. More satellites receiving AIS signals shall help enhance the coverage, but currently, they are of limited receiving capacity.

Automatic Identification System (AIS) Market Trends

Fleet Management is Expected to Hold Significant Share

  • According to the United Nations Conference on Trade and Development's (UNCTAD) Review of Maritime Transport 2021 International, marine shipments declined by 3.8% to 10.65 billion metric tons. The world fleet comprised 99,800 ships of 100 gross metric tons or more in early 2021, equivalent to 2,134,639,907 DWT (deadweight tonnage) of capacity, and the global shipping fleet grew by 3% in the year leading up to January 1, 2021. With the growing number of ships, it has become difficult for shipping companies to manage and analyze these large fleets as the reporting requirement and emission standards continuously evolve.
  • Ships can connect via the fleet management system, sharing crucial information and updates. The operators can plan the arrival and departure of ships in predetermined zones. This is critical for traveling through congested ports and pre-defined zones where they must schedule slots that are only available for a limited time. The shipping businesses must pay for these slots; they may have to pay even more if they do not arrive during the scheduled time.
  • Companies such as Big Ocean Data are adding capabilities to their fleet management solutions, such as a 5-day weather forecast and risk-based routing capability. As the European Union (EU) plans the subsequent EU monitoring, reporting, and verification (MRV) rule to monitor emissions, fleet management solutions will play a critical role in the future for ships operating in the EU. The fleet management system may reduce the time and effort required to record speed, fuel consumption, pollutants, and work statistics.
  • With the help of fleet management solutions, shipping companies can control their fleet in real-time, due to which ships can navigate around any unforeseen climate situation. The fleet managers can now trigger alarms with no lead times, so the crew on the ships can make timely decisions.

North America is Expected to Hold Significant Share

  • The United States Coast Guard (USCG) has been a key driver in promoting AIS adoption and implementation in North America. The USCG has implemented the Nationwide Automatic Identification System (NAIS), a network of AIS receivers and transmitters along the US coastline and inland waterways. This program aims to enhance maritime situational awareness, improve navigation safety, and support maritime security efforts. The USCG's commitment to AIS implementation demonstrates North America's leadership in the market.
  • The Canadian Coast Guard has also prioritized AIS adoption as part of its maritime safety and security initiatives. Canada has implemented the National AIS System, which covers major waterways, including the Great Lakes and the St. Lawrence Seaway. The system enables vessel tracking and collision avoidance and aids in search and rescue operations. The Canadian Coast Guard's emphasis on AIS highlights North America's role in driving the market's growth.
  • North America is home to leading AIS technology providers that have made significant contributions to the market. For instance, exactEarth, headquartered in Canada, is a major player in satellite-based AIS solutions. They operate a constellation of satellites to provide real-time vessel tracking data globally. Similarly, companies like ORBCOMM and Kongsberg Maritime, based in the United States, offer AIS solutions and services, including hardware, software, and analytics, catering to the North American market and beyond.
  • North America's defense and homeland security sectors have extensively adopted AIS technology for maritime surveillance and security purposes. For example, the United States Department of Defense (DoD) utilizes AIS data to enhance maritime domain awareness and monitor vessel movements for national security purposes. These applications of AIS in defense and homeland security underline the region's significance in the global market.

Automatic Identification System (AIS) Industry Overview

The global automatic identification system market is tending toward a fragmented market as the established players in the market dominate it. Due to significant innovations and increased partnerships by the players with Homeland Security agencies, the market is leading to a massive demand for AIS solutions. The recent developments in the market are:

In June 2022, the Singapore Maritime Institute (SMI) and the National Research Foundation Singapore formed the research and development partnership Rightship Maritime Artificial Intelligence (RMAI) research and development (R&D) to promote artificial intelligence (AI)-based vessel risk profiling. Software vendor Kongsberg Digital AS, technology company Wartsila Voyage Limited, and shipper RightShip are other partners. Rightship is offering a research grant of up to USD 4.5 million to more than 80 Singaporean AI professionals as part of a potential collaboration working proposal.

In June 2022, Accelleron, the renamed ABB Turbocharging subsidiary, signed two new data collecting and analysis collaborations with Hoppe Marine and Danelec Marine, respectively. The new joint service with Danelec will provide real-time operating data by combining Accelleron's Tekomar XPERT marine performance analysis system and the DanelecConnect maritime Internet of Things (IoT) product. Data will be collected from vessel systems such as the automation system, the voyage data recorder, the global positioning system (GPS), the electronic chart display and information system (ECDIS), the gyro compass, the engine, the propeller, the automatic identification system (AIS), and individual sensors. Tekomar XPERT will be used to examine the data and provide recommendations on possible efficiency enhancements and procedures to minimize downtime for maintenance or repairs in port.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.4 Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increased Maritime Traffic
    • 5.1.2 Need for Improvement in Vessel Dwell Time and Port Performance
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Range and Reporting Capabilities

6 TECHNOLOGY SNAPSHOT

  • 6.1 Major Classes of AIS Class A, Class B, and AIS Base Stations

7 MARKET SEGMENTATION

  • 7.1 Application
    • 7.1.1 Fleet Management
    • 7.1.2 Vessel Tracking
    • 7.1.3 Maritime Security
    • 7.1.4 Other Applications (Accident investigation and Infrastructure Protection)
  • 7.2 Platform
    • 7.2.1 Vessel-Based
    • 7.2.2 On-Shore
  • 7.3 Geography
    • 7.3.1 North America
    • 7.3.2 Europe
    • 7.3.3 Asia-Pacific
    • 7.3.4 Latin America
    • 7.3.5 Middle East and Africa

8 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 8.1 Company Profiles
    • 8.1.1 Saab AB
    • 8.1.2 Furuno Electric Co. Ltd
    • 8.1.3 ExactEarth Ltd
    • 8.1.4 Orbcomm Inc.
    • 8.1.5 Garmin Ltd
    • 8.1.6 Kongsberg Gruppen ASA
    • 8.1.7 True Heading AB
    • 8.1.8 Japan Radio Company Ltd.
    • 8.1.9 C.N.S. Systems AB
    • 8.1.10 Wartsila OYJ Abp
    • 8.1.11 ComNav Marine Ltd
    • 8.1.12 L3 Technologies Inc.

9 INVESTMENT ANALYSIS

10 FUTURE OF THE MARKET