デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444656

ワイヤレスセンサー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Wireless Sensors - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
ワイヤレスセンサー:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ワイヤレスセンサー市場規模は、2024年に117億1,000万米ドルと推定され、2029年までに380億7,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に26.59%のCAGRで成長します。

ワイヤレスセンサー- 市場

ワイヤレスセンサーには、RFIDやBluetoothなどのさまざまな革新的なテクノロジーの助けにより、精度や信頼性などのいくつかの利点があり、電子デバイスを簡単に統合できる可能性があります。その結果、彼らはここ数年で大きな注目を集めました。これらのセンサーは主に工場設定で生産フローをデータ監視するために使用されます。これらは、自動車、防衛、ビルディングオートメーション、およびマテリアルハンドリングや食品および飲料などの他の産業にも応用されています。新しいエネルギー源への探求の高まり、政府の規制、再生可能エネルギーの開発、急速な技術進歩により、ワイヤレスセンサー市場は成長しています。

主なハイライト

  • ワイヤレスセンサーは、送電線や変圧器を遠隔監視するためのスマートグリッドの重要なコンポーネントと考えられています。これらは回線の温度と気象条件を監視するために稼働しています。産業オートメーションと、ウェアラブルやIoT接続デバイスなど、地域全体での小型消費者向けデバイスの需要は、ワイヤレスセンサー市場を推進する重要な要因の1つです。
  • 安全性を目的としたセンサーの使用増加に対する政府の規制が強化されているため、ワイヤレスセンサーの需要が高まっています。たとえば、石油掘削装置やボイラーなどの環境条件が厳しいエリアでは、高圧、高温などが発生します。ワイヤレスセンサーを使用すると、安全な距離から施設を簡単に制御および監視できます。
  • 機械がより明るく、より直観的になっているインダストリー4.0革命により、ワイヤレスセンサーの産業用途のニーズが高まっています。新しいデバイスは、パフォーマンス、使用状況、障害を自律的に監視できる機能を備え、より効率的、安全、柔軟になるように設計されています。したがって、これらのアプリケーションにより、高感度センサーの需要が高まります。
  • IoTの採用の増加も、市場の成長を促進する大きな要因です。このIoT接続デバイスの増加により、ワイヤレスセンサーの需要が高まると予測されています。さらに、スマートホームやビル、スマートシティ、インテリジェントファクトリーの開発を変革するには、小型フォームファクター、高精度、低消費電力、周囲パラメータを制御する機能を備えたワイヤレスセンサーが必要です。
  • これらのセンサーにより、設置コストが削減され、従業員や内装への混乱が最小限に抑えられます。したがって、ワイヤレスセンサーシステムの設置には、配線や建物の構造変更は必要ありません。多くの企業が、費用対効果が高く、安全かつ便利な無線テクノロジーに投資しています。
  • たとえば、Monnit Corporationは最近、AgriTech市場の需要を満たすALTA土壌水分センサーの利用可能性を発表しました。革新的な土壌水分センサーは、農家、商業栽培者、温室管理者が高精度の灌漑作業をモノのインターネット(IoT)に簡単に接続できるように支援します。防衛部門では、無線センサー技術を採用しています。これらのセンサーは施設を監視し、不審な活動を特定し、貴重な資産を追跡できるからです。
  • しかし、高性能、コスト効率が高く、信頼性の高いセンサーに対する需要が高まっており、市場ベンダーによる研究開発活動への支出の増加につながっています。ナノテクノロジーとマイクロテクノロジーにおけるこれらの技術の進歩は、予測期間中にワイヤレスセンサーの市場の成長を推進すると予想されます。
  • COVID-19のパンデミックにより、インダストリー4.0の導入が急速に進み、さまざまな業界の企業がより高度なレベルのIoTテクノロジーとワークフローを推進しています。その結果、圧力センサーは、消費者の特定の使用事例に関する新しく徹底的な情報を提供することで、製造、メンテナンス、および人的資源に影響を与えることになります。しかし、COVID-19、ヘルスケア業界でワイヤレスセンサーの需要が生じました。各国がパンデミックの封じ込めに取り組む中、効果的な診断検査の必要性が最重要視されています。

ワイヤレスセンサー市場動向

大きな市場シェアを保持するエネルギーと電力

  • 企業の電力消費と関連コストを削減し、企業のエコロジカル・フットプリントを含む環境への影響を最小限に抑えるために、省エネはますます重要になっています。省エネルギーを改善するには、可搬式および固定式気象観測所、風力エネルギーシステム、ディーゼルトラックの排ガス試験装置、新しい建物の設計に関する空気力学に関する風工学、高高度気象調査気球、海洋調査、水質汚染装置、大気の研究、煙突からの水銀サンプリングなどで正確な無線センサー測定が必要です。
  • ゼロ電力ワイヤレスセンサーには、トランスデューサーの出力電力を監視し、エネルギーを蓄積し、ワイヤレスセンサーの残りの部分に電力を供給するためのエネルギー処理低電力管理回路が必要です。エナジーハーベスティングは、産業用アプリケーションのワイヤレスセンサーネットワークに電力を供給するのに役立ちます。低電力で信頼性の高い無線通信、センサーおよびエネルギーハーベスティング技術の進歩により、この種の通信は有線インフラストラクチャよりも実用的かつ効率的になりました。
  • 電気自動車や自動運転車などの未来的なイノベーションにより、自動車分野でこれらのワイヤレス圧力センサーの需要が増加すると考えられます。パワートレインアプリケーションがビジネスの50%以上を占め、次に安全性が続き、単一の自動車アプリケーションとしてはタイヤ空気圧管理システム(TPMS)が最も重要です。二酸化炭素排出量の削減と自動化により、ワイヤレス圧力センサーの採用と使用は今後ますます増えていくでしょう。
  • 環境発電ベースの自律型ワイヤレスセンサーノードは、便利でコスト効率の高いソリューションです。エナジーハーベスティングを使用すると、ワイヤレスノードの普及を制限する重要な要因の1つが除去されます。電源が不足しているため、バッテリーを交換せずに何年もエネルギーと電力をセンサーノードに供給するのに必要な特性があります。有線ソリューションと比較してゼロワイヤレスパワーセンサーを導入すると、大きな経済的利点が実現します。 BPによると、インドの一次エネルギー消費量は最近約35.4エクサジュールに達しており、エネルギーおよび電力業界におけるワイヤレスセンサーの需要が高まっています。

アジア太平洋地域は大きな成長を遂げる

  • アジア太平洋地域は、電気・電子機器製造市場において最大の地域の1つです。この地域は、特に中国と日本において、ワイヤレスセンサー技術の重要なベンダーでもあります。中国は世界最大の自動車市場であり、電気自動車を含む世界最大の自動車生産拠点でもあり、大きな成長の可能性を秘めています。中国自動車工業協会(CAAM)によると、最近、中国では約31万7,000台の商用車が販売されました。中国での販売は世界の自動車販売の約32.56%を占めました。
  • これらの業界はワイヤレスセンサー市場の重要な部分を占めるため、この地域は予測期間中に機会を提供します。コネクテッドカーの概念の高まりと自動車の安全性に関する規制も、この地域でのワイヤレスセンサーの採用を促進すると予想されます。
  • 自動車において、油圧ブレーキは乗員の安全にとって重要なコンポーネントです。ブレーキを使用して車両を制御できるかどうかは、圧力センサーなどのコンポーネントの複雑な組み合わせによって決まります。 Auto Punditzによると、2022会計年度にインドで販売された電気自動車の主なタイプは二輪車で、約23万1,000台に達し、自動車業界でワイヤレス圧力センサーの需要が高まりました。
  • ワイヤレスセンサーの採用が増加するもう1つの理由は、成長するITヘルスケア市場を強化し、新しいヘルスケア機器やデバイスを革新するために、この地域でワイヤレスセンサーの導入における活動レベルが高いことです。
  • 最近、Yokogawa Electric Corporationは、OpreXブランドのワイヤレスソリューションであるSushi Sensorを日本でリリースすると発表しました。このセンサーは、プラント機器の振動と表面温度を監視することを目的とした、センシング機能と通信機能が統合されたコンパクトな無線デバイスです。

ワイヤレスセンサー業界の概要

ワイヤレス圧力センサー市場は競争が激しいです。研究開発、提携、協業、買収に多額の費用をかけることは、地域企業が激しい競合を維持するために採用する主要な成長戦略です。市場の主要企業は、Honeywell International Inc.、Schneider Electric SE、Emerson Electric Co.、Texas Instruments Incorporated、Siemens AG、ABB Ltd.、Rockwell Automation Inc、Pasco Scientificなどです。

  • 2022年 10月- Siemensは商用車両の電化を加速するためにVolta Trucksと提携しました。圧力は、電気自動車の液冷システムにおける重要なパラメータです。圧力センサーは、冷却システムの調整と最適化のためのフィードバックと、漏れを示唆する可能性のある圧力損失の検出に不可欠です。
  • 2022年 6月- ワイヤレス圧力センサーは、同様の圧力監視と制御の目的で、破砕、酸性化、セメンティングの用途にも使用されます。ワイヤレス圧力センサーは、配管内の気体や液体のゲージ圧を測定する機能を備えています。 ABBは、都市ガス販売会社Think Gasと提携して、Think Gasのガスネットワーク全体の運用を自動化しました。ワイヤレス圧力センサーは、生産現場での設置が容易で、配管への直接設置をサポートしており、接液部の材質は耐腐食性に優れています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19がワイヤレスセンサー市場に与える影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • ワイヤレス技術の採用の増加(特に過酷な環境で)
    • スマートファクトリーコンセプトの出現(産業オートメーション)
  • 市場の課題
    • センサー製品に関連するセキュリティのニーズとコストの増加
    • IoT分野におけるサイバーセキュリティに関する懸念と最近の動向

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 圧力センサー
    • 温度センサー
    • 化学センサーおよびガスセンサー
    • 位置センサーおよび近接センサー
    • 他のタイプのセンサー
  • エンドユーザー業界別
    • 自動車
    • ヘルスケア
    • 航空宇宙と防衛
    • エネルギーとパワー
    • 食品および飲料
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Honeywell International Inc.
    • Schneider Electric SE
    • Emerson Electric Co.
    • Texas Instruments Incorporated
    • Siemens AG
    • ABB Ltd.
    • Rockwell Automation, Inc.
    • Pasco Scientific
    • Monnit Corporation
    • Phoenix Sensors LLC

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 51844

The Wireless Sensors Market size is estimated at USD 11.71 billion in 2024, and is expected to reach USD 38.07 billion by 2029, growing at a CAGR of 26.59% during the forecast period (2024-2029).

Wireless Sensors - Market

Wireless sensors offer several advantages, such as accuracy and reliability, with the help of various innovative technologies, such as RFID and Bluetooth, and the potential to make electronic devices easy to integrate. As a result, they gained significant traction in the past few years. These sensors are primarily used in factory settings for data monitoring production flow. These also find applications in Automotive, defense, building automation, and other industries, like materials handling and food and beverage. Due to the increasing quest for new energy sources, government regulations, renewable energy development, and rapid technological advancements, the wireless sensors market is propelling.

Key Highlights

  • Wireless sensors are considered a vital component in smart grids for remote monitoring of power lines and transformers. They are present in service to monitor line temperature and weather conditions. Industrial automation and demand for miniaturized consumer devices across regions, such as wearables and IoT - connected devices, are among the significant factors driving the wireless sensors market.
  • Due to the increased government regulation for the increased use of the sensor for safety, the demand for wireless sensors is growing. For instance, the areas with challenging environmental conditions, such as Oil rigs, Boilers, etc., present high pressure, high temperature, etc. Wireless sensors make it easy to control and monitor the facility from a safe distance.
  • The industry 4.0 revolution, in which machines are becoming brighter and more intuitive, is increasing the need for wireless sensors' industrial applications. The new devices are designed to be more efficient, safe, and flexible, with the ability to monitor their performance, usage, and failure autonomously. These applications, therefore, spur the demand for highly- sensitive sensors.
  • The rising adoption of IoT is another major factor driving the market's growth. This growth in IoT-connected devices is projected to fuel the demand for wireless sensors. Further, transforming the development of smart homes and buildings, smart cities, and intelligent factories demands wireless sensors, owing to the small form factor, high precision, low power consumption, and ability to control ambient parameters.
  • These sensors have reduced installation costs and minimal disruption to the workforce and interiors; therefore, installing wireless sensor systems requires no wiring or structural building changes. Many companies are investing in wireless technologies, which are cost-effective, safe as well as convenient.
  • For instance, Monnit Corporation recently announced its ALTA Soil Moisture Sensor's availability to meet the AgriTech market's demands. The innovative Soil Moisture Sensor assists farmers, commercial growers, and greenhouse managers in easily connecting their precision irrigation operations to the Internet of Things (IoT). The defense sector is embracing wireless sensor technology, as these sensors can monitor their premises, identify suspicious activity, and track valuable assets.
  • However, the demand for high-performance, cost-efficient, and reliable sensors has increased, leading to higher spending in R&D activities by market vendors. These technological advancements in nanotechnology and micro-technology are expected to propel the market growth of wireless sensors over the forecast period.
  • The COVID-19 pandemic is rushing the adoption of Industry 4.0, propelling businesses across industries to a more advanced level of IoT technology and workflow. As a result, pressure sensors will impact manufacturing, maintenance, and human resources, with new and thorough information on consumers' particular use cases. However, COVID-19 created a demand for wireless sensors in the healthcare industry. As countries work to contain the pandemic, the need for effective diagnostic testing has been front and center.

Wireless Sensors Market Trends

Energy and Power to Hold Significant Market Share

  • Energy conservation is increasingly essential to reduce any enterprise's power consumption and associated costs and minimize the environmental impact, including a business's ecological footprint. For improved energy conservation, accurate wireless sensor measurements are required in portable and stationary weather stations, wind energy systems, testing devices for diesel truck emissions, wind engineering concerning new building design aerodynamics, high-altitude weather research balloons, ocean research, water pollution devices, atmospheric studies, and smokestack mercury sampling.
  • Zero-power wireless sensors require energy processing low power management circuitry to monitor the transducer output power, store energy, and deliver power to the rest of the wireless sensor. Energy harvesting helps in powering wireless sensor networks in industrial apps. Advancements in low-power and reliable wireless communications and sensor and energy harvesting technologies make this type of communication more practical and efficient than a wired infrastructure.
  • With futuristic innovations, like electric cars and self-driving cars, the demand for these wireless pressure sensors is assumed to increase in the automotive sector. Powertrain applications represent more than 50% of the business, followed by safety, with tire pressure management systems (TPMS) being the most significant single automotive application. Driven by carbon dioxide emission reduction and automation, wireless pressure sensors will increasingly be adopted and used in the future.
  • Energy harvesting-based autonomous wireless sensor nodes are a convenient and cost-effective solution. Using energy harvesting removes one of the critical factors limiting the proliferation of wireless nodes. The scarcity of power sources has the characteristics necessary to deliver the energy and power to the sensor node for years without battery replacement. Significant economic advantages are realized when zero wireless power sensors are deployed vs. hard-wired solutions. According to BP, primary energy consumption in India recently amounted to some 35.4 exajoules, thus driving the demand for wireless sensors in the energy and power industry.

Asia Pacific to Witness Significant Growth

  • The Asia Pacific is one of the largest regions in the electrical and electronics manufacturing market. The region is also a significant vendor of wireless sensor technologies, especially in China and Japan. China is also the world's largest car market and the world's largest production site for cars, including electric cars, with much growth potential. According to the China Association of Automobile Manufacturers (CAAM), recently, approximately 317,000 commercial vehicles were sold in China. Sales in China accounted for about 32.56% of global motor vehicle sales.
  • As these industries account for a significant portion of the wireless sensor market, the region offers an opportunity over the forecast period. The growing concept of connected cars and regulations regarding automotive safety is also expected to drive the adoption of wireless sensors in the region.
  • In automobiles, hydraulic brakes are a crucial component in passenger safety. The ability to control a vehicle using brakes is down to a complex blend of components, including pressure sensors. According to Auto Punditz, In the financial year 2022, the leading type of electric vehicle sold in India was two-wheelers, reaching around 231 thousand units, thus driving the demand for wireless pressure sensors in the automotive industry.
  • Another reason for increasing the adoption of wireless sensors is the region's high activity level in deploying them to enhance its growing IT healthcare market and innovate new healthcare equipment and devices.
  • Recently, Yokogawa Electric Corporation announced the release of the Sushi Sensor, an OpreX brand wireless solution, in Japan. The sensor is a compact wireless device with integrated sensing and communication functions that are intended to monitor plant equipment vibration and surface temperature.

Wireless Sensors Industry Overview

The Wireless Pressure Sensors Market is highly competitive. The high expense on research and development, partnerships, collaborations, and acquisitions are the prime growth strategies adopted by the regional companies to sustain the intense competition. Key players in the market are Honeywell International Inc., Schneider Electric SE, Emerson Electric Co., Texas Instruments Incorporated, Siemens AG, ABB Ltd., Rockwell Automation Inc, Pasco Scientific, and many more.

  • October 2022 - Siemens partnered with Volta Trucks to accelerate commercial fleet electrification. Pressure is a crucial parameter in an electric vehicle's liquid cooling system. Pressure sensors are vital for feedback for cooling system regulation and optimization and to detect pressure loss that could suggest a leak.
  • June 2022 - Wireless pressure sensors are also used during fracturing, acidizing, and cementing applications for similar pressure monitoring and control purposes. The wireless pressure sensor has the function of measuring the gauge pressure of gases and liquids in piping. ABB Partnered with Think Gas, a city gas distribution company, to automate operations across Think Gas' gas network. The wireless pressure sensors help easy installation for a production site to support direct installation into piping, and wetted material is highly resistant to corrosion.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Impact of COVID-19 on the Wireless Sensors Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Adoption of Wireless Technologies (Especially in Harsh Environments)
    • 5.1.2 Emergence of Smart Factory Concepts (Industrial Automation)
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Higher Security Needs and Cost associated with the Sensor Products
    • 5.2.2 Concerns pertaining to cybersecurity in the IoT space and recent developments

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Pressure Sensors
    • 6.1.2 Temperature Sensors
    • 6.1.3 Chemical and Gas Sensors
    • 6.1.4 Position and Proximity Sensors
    • 6.1.5 Other Types of Sensors
  • 6.2 By End-user Industry
    • 6.2.1 Automotive
    • 6.2.2 Healthcare
    • 6.2.3 Aerospace and Defense
    • 6.2.4 Energy and Power
    • 6.2.5 Food and Beverage
    • 6.2.6 Other End-user Industries
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
    • 6.3.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Honeywell International Inc.
    • 7.1.2 Schneider Electric SE
    • 7.1.3 Emerson Electric Co.
    • 7.1.4 Texas Instruments Incorporated
    • 7.1.5 Siemens AG
    • 7.1.6 ABB Ltd.
    • 7.1.7 Rockwell Automation, Inc.
    • 7.1.8 Pasco Scientific
    • 7.1.9 Monnit Corporation
    • 7.1.10 Phoenix Sensors LLC

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET