デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444652

エネルギー分野におけるクラウドセキュリティ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Cloud Security in Energy Sector - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
エネルギー分野におけるクラウドセキュリティ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エネルギー分野におけるクラウドセキュリティ市場は、2024年の13億6,000万米ドルから2029年までに21億9,000万米ドルに、予測期間(2024年から2029年)中に10%のCAGRで成長すると予想されています。

エネルギー分野におけるクラウドセキュリティ-市場

各国が二酸化炭素への影響を削減し、再生可能エネルギー源に切り替えたいと考えていることを考えると、エネルギー部門は大きな変革の真っただ中にあります。温室効果ガス排出量削減の必要性、再生可能エネルギーのコスト低下、スマートグリッドなどの新技術の導入により、データの保存、管理、分析に対する需要が高まっています。エネルギー会社は、クラウドテクノロジーを使用してこのデータを収集し、活用することで大きな恩恵を受けています。公益事業会社は、さまざまなクラウドコンピューティング会社と協力して、この重要なデータのセキュリティを提供しています。

主なハイライト

  • Gartnerによると、2024年までにクラウドコンピューティングは、システムインフラストラクチャ、インフラストラクチャソフトウェア、アプリケーションソフトウェア、ビジネスプロセスアウトソーシングに対するIT支出の45%以上を占めるようになるでしょう。 Deloitteの最近のレポートによると、エネルギーおよび公益企業の83%がクラウドサービスを使用しているか、今後2年以内に使用したいと考えています。俊敏性と柔軟性の向上、設備投資(CapEx)コストの削減、運用効率の向上など、多くの変動要因により、エネルギーおよび公益事業分野でのクラウドの使用が促進されます。
  • オフィスの敷地外からシステムにアクセスする場合、セキュリティが最も重要になります。レガシー機器はエネルギー部門の主要な課題の1つです。運用テクノロジー(OT)ネットワークは、通常15年以上前の機器を使用して構築されているため、接続性が高まっています。 IT(情報技術)環境とOT環境の融合によりセキュリティ問題が発生します。
  • COVID-19感染症のパンデミックは、革新的なテクノロジーとしてのクラウドストレージにとって最も重要な時期であり、クラウドセキュリティサービスの需要がさらに高まりました。発電所にとって、遠隔地からシステムに安全にアクセスすることが不可欠になりました。一部の企業は、ゼロトラストアーキテクチャなどのデジタルソリューションに切り替え、単一のダッシュボード上のさまざまな場所からのフィードをリアルタイムで組み合わせることで、セキュリティチームにより多くのコンテキスト情報を提供しました。
  • 2022年 4月-Bharat Petroleum Corporation(BPCL)は、業務を刷新し、よりスマートなサプライチェーンを構築し、顧客エンゲージメントを高めるためのインテリジェンスをBPCLに提供するマイクロソフトとの契約を締結しました。 Microsoftは、この7年間の契約でネットワークおよびセキュリティサービスを組織に提供します。

エネルギー分野におけるクラウドセキュリティ市場動向

サイバー攻撃の増加により、エネルギー分野におけるクラウドセキュリティの必要性が高まる

  • エネルギー分野の企業は、多くの場合、何千もの異なるサプライヤーを管理し、多くの場所で事業を展開し、他の大陸から製品を調達する必要があります。このため、ハッカーとサイバーテロリストの両方にとって顕著な標的となっています。適切なレベルのセキュリティを確保するには、企業はライフサイクル全体を通じて製品の脆弱性を監視し、最新の標準と規制に準拠する必要があります。
  • サイバー攻撃は多額の費用がかかり、停電や顧客の機密データの漏洩につながる可能性があります。これは、会社の事業運営とそのサービスに依存する人々に重大な影響を与える可能性があります。サイバーセキュリティ会社を雇うことで、エネルギー会社は機密データを暗号化し、悪意のある攻撃から守る方法について従業員を訓練することができます。
  • 2022年 2月、ドイツのオイルタンキング、ベルギーのSEA-Invest、オランダのEvosでの混乱により、世界中の石油貯蔵と輸送を行う数十のターミナルが影響を受けました。こうしたサイバー攻撃により、企業は限られた能力での運営を余儀なくされ、サプライチェーンの問題が生じています。
  • さらに、2022年 4月- オイル・インディアはサイバー攻撃を受け、アッサム州での事業が混乱しました。サイバー攻撃は、OILの地質・貯留層部門(Oil India Ltd.)のワークステーションの1つで発生しました。サイバー攻撃者は、感染したPCからのメモを通じて身代金として750万米ドルを要求しました。ただし、掘削や生産作業には影響はありませんでした。
  • さらに、2023年 11月、大手ハイブリッドクラウドストレージソリューションの1つであるNasuniは、エネルギー業界向けのデジタルソリューションの世界的リーダーの1つであるCegalとの戦略的パートナーシップを発表しました。エネルギー組織は、クラウド変革の加速、ファイルデータアーキテクチャの最新化、サイバー復元力の強化でNasuniへの依存を強めていますNasuniとCegalは、あらゆる場所からの大規模なデータの管理と保護に必要なテクノロジーインフラストラクチャと専門知識を提供することで、組織がクラウド変革を加速できるよう支援しています。

欧州は最高の成長を遂げると予想される

  • 公的機関と欧州政府は、オンラインサービスに対する需要の増加に合わせて組織を適応させる必要がありました。これにより、超複雑な世界経済で競争力を維持するために不可欠なインフラストラクチャとサービスを主導するクラウドコンピューティングテクノロジに対する需要が生まれました。
  • 欧州のエネルギーシステムは、気候問題に対処し、EUのロシア化石燃料への依存を減らすために、デジタル化が極めて重要な役割を果たすとともに、大幅な変革を遂げる必要があります。これらの発展をサポートするために、欧州連合はスマートエネルギー専門家グループを設立し、エネルギーに関する欧州共通データ空間の開発と展開をサポートしました。
  • EUの全世帯および中小企業の51%がスマート電力メーターを備えており、セキュリティ、プライバシー、消費者保護などの問題としてエネルギーのデジタル化を導くためにさまざまな政策が導入されています。ネットワークおよび情報セキュリティグループ(NIS)と協議して、欧州委員会は、調整されたリスク評価の対象となる可能性のある特定のICTサービス、システム、および製品を優先的に特定します。
  • 英国は2022年に最も暑い夏を経験し、異常気象によりロンドンにあるOracleとGoogle Cloudのデータセンターに一時的な障害が発生しました。水不足とエネルギー不安によりデータセンター運営者は不安を抱き、クラウドコンピューティングの運用に影響を及ぼしました。これらの不確実性を克服するために、ECはデジタル化への1,804億米ドルを含む、電力網への6,200億米ドルの投資を計画しています。

エネルギー分野におけるクラウドセキュリティ業界の概要

クラウドセキュリティのいくつかのプロバイダーと激しい競合が行われています。主要なプレーヤーには、IBM Corporation、Intel Security-McAfee、Symantec Corporation、Cisco Systems, Inc.、CA Technologies、CA Technologies、Nutanix、Netskope, Inc.、およびProtectWiseが含まれます。コンピテンシーが高いため、市場集中度は低くなります。

  • MicrosoftとSchlumbergerはMicrosoft Energy Data Servicesを開始しました。このデータソリューションにより、エネルギー企業はソフトウェアアプリケーションを迅速に作成できるようになり、マイクロソフトの安全で信頼できるクラウドサービスが利用されます。
  • シュルンベルジェとコグナイトは戦略的提携を発表しました。 CogniteはソフトウェアとIoTサービスを産業企業に提供しています。貯水池、井戸、施設からのデータを単一のオープンプラットフォームに統合しながら、クライアントは組み込みAIと高度な分析機能を利用して、生産量を最大化し、コストを節約し、運用面積を最小限に抑えることができます。シュルンベルジェは顧客にエンタープライズデータソリューションへのアクセスを提供します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因と制約要因のイントロダクション
  • 市場促進要因
    • サプライチェーン全体でIoTの採用が増加
    • 増加するサイバー脅威
  • 市場抑制要因
    • 既存のアーキテクチャとの統合
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • COVID-19感染症が業界に与える影響の評価

第5章 市場セグメンテーション

  • ソリューションの種類
    • IDとアクセスの管理
    • データ損失防止
    • IDS/IPS
    • セキュリティ情報とイベント管理
    • 暗号化
    • その他のソリューションタイプ
  • セキュリティタイプ
    • アプリケーションセキュリティ
    • データベースセキュリティ
    • エンドポイントセキュリティ
    • ネットワークセキュリティー
    • ウェブと電子メールセキュリティ
    • その他のセキュリティタイプ
  • サービスモデル
    • Infrastructure-as-a-Service
    • Platform-as-a-Service
    • Software-as-a-Service
  • 展開タイプ
    • パブリッククラウド
    • プライベートクラウド
    • ハイブリッドクラウド
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • IBM Corporation
    • Intel Security-McAfee
    • Cisco Systems, Inc.
    • Broadcom Inc.
    • Qualys, Inc.
    • Nutanix
    • ProtectWise
    • AmazonWebServices

第7章 投資分析

第8章 市場の将来

目次
Product Code: 51760

The Cloud Security Market in Energy is expected to grow from USD 1.36 billion in 2024 to USD 2.19 billion by 2029, at a CAGR of 10% during the forecast period (2024-2029).

Cloud Security  in Energy Sector - Market

Considering that nations want to reduce their carbon impact and switch to renewable energy sources, the energy sector is in the midst of a major transformation. The need to reduce greenhouse gas emissions, the falling cost of renewables, and the adoption of new technologies, such as smart grids, have increased the demand for storing, managing, and analyzing data. Energy firms have greatly benefited from using cloud technology to collect and utilize this data. Utility companies are collaborating with various cloud computing firms to provide security for this important data.

Key Highlights

  • According to Gartner, by 2024, cloud computing will account for more than 45% of IT spending on system infrastructure, infrastructure software, application software, and business process outsourcing. According to a recent Deloitte report, 83% of energy and utility companies either use cloud services or want to do so within the next two years. Many variables, such as greater agility and flexibility, lower capital expenditure (CapEx) costs, and enhanced operational efficiency, drive the use of clouds in the energy and utilities sector.
  • Security becomes paramount when the systems are accessed outside the office premises. Legacy equipment is one of the main challenges of the energy sector. Operational Technology (OT) networks are becoming more connected because they are typically constructed using equipment over 15 years old. Security issues arise due to the fusion of the IT (Information Technology) and OT environments.
  • The Covid-19 pandemic was the most important time for Cloud Storage as a revolutionary technology, further driving the demand for cloud security services. For power plants accessing the systems securely from remote locations became essential. Some companies switched to digital solutions like Zero Trust architecture, which provided security teams with greater contextual information by combining feeds from various places on a single dashboard in real time.
  • April 2022 - Bharat Petroleum Corporation (BPCL) signed a contract with Microsoft that will give BPCL the intelligence to revamp its operations, create smarter supply chains, and boost customer engagement. Microsoft will provide network and security services to the organization in this seven year deal.

Energy Sector Cloud Security Market Trends

Increasing Number of Cyber Attacks to Drive the Need for Cloud Security in the Energy Sector

  • Companies in the energy sector frequently have to manage thousands of different suppliers, operate in many locations, and source their products from other continents. This makes them a prominent target for both hackers and cyber terrorists. To ensure the appropriate level of security, companies must monitor the vulnerabilities in their products during their entire lifecycle and adhere to the most recent standards and regulations.
  • A cyber attack can cost a lot of money and lead to power disruptions or the leaking of confidential customer data. This could significantly affect the company's business operations and those who depend on its services. By hiring a cybersecurity company, Energy firms can encrypt sensitive data and train employees on how to protect from malicious attacks.
  • In february 2022, the disruption at Oiltanking in Germany, SEA-Invest in Belgium, and Evos in the Netherlands affected dozens of terminals with oil storage and transport worldwide. These cyber-attacks compel companies to operate at a limited capacity, giving rise to supply chain issues.
  • Further, in April 2022 - Oil India suffered a cyberattack disrupting its operations in Assam. The cyberattack occurred at one of the workstations of OIL's Geological and Reservoir department (Oil India Ltd.). The cyberattacker demanded USD 7.5 million as a ransom through a note from the infected PC. However, the drilling and production work was unaffected.
  • Moreover, in November 2023, Nasuni, one of the leading hybrid cloud storage solutions, announced a strategic partnership with Cegal, one of the global leaders of digital solutions for the energy industry. Energy Organizations Increasingly Rely on Nasuni for Accelerating Cloud Transformations, Modernizing File Data Architectures and Enhanced Cyber Resiliency Nasuni and Cegal are assisting organizations to accelerate their cloud transformations by providing the technology infrastructure and expertise needed to manage and protect data at scale from any location.

Europe is Expected to Witness the Highest Growth

  • Public agencies and the European government had to adapt their organizations to meet the increased demand for online services. This created a demand for cloud computing technologies that led infrastructure and services essential for staying competitive in a hypercomplex global economy.
  • The European energy system needs to undergo a significant transition, with digitalization playing a pivotal role, in addressing the climate issue and reduce the EU's reliance on Russian fossil fuels. To support these developments, European Union formed a Smart Energy Expert Group to support the development and rolling out of a common European data space for energy.
  • 51% of all EU households and SMEs are equipped with smart electricity meters, and various policies have been introduced to guide the digitalization of energy as issues like security, privacy, and consumer protection. In consultation with Network and Information Security Group (NIS), the Commission will identify the specific ICT services, systems, and products that might be subjected to coordinated risk assessments with priority.
  • The UK experienced the warmest summer in 2022, and the extreme weather caused temporary failures at Oracle and Google Cloud's data centers in London. Water scarcity and energy insecurity made data center operators uneasy, which affected cloud computing operations. To overcome these uncertainties, EC plans an investment of USD 620 billion in the electricity grid, including USD 180.4 billion in digitalization.

Energy Sector Cloud Security Industry Overview

There is intense competition with several providers of Cloud Security. The major players include IBM Corporation, Intel Security- McAfee, Symantec Corporation, Cisco Systems, Inc., CA Technologies, CA Technologies, Nutanix, Netskope, Inc., and ProtectWise. Due to high competency, the market concentration will be low.

  • Microsoft and Schlumberger launched Microsoft Energy Data Services. This data solution will make it possible for energy corporations to create software applications quickly, and it will be powered by Microsoft's secure and trusted cloud services.
  • Schlumberger and Cognite announced a strategic partnership. Cognite provides software and IoT services to industrial companies. While integrating data from reservoirs, wells, and facilities into a single, open platform, clients can utilize embedded AI and advanced analytics capabilities to maximize production, save costs, and minimize operational footprint. Schlumberger will provide customers with access to the Enterprise Data Solution.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 StudyAssumptionsandMarketDefinition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Introduction to Market Drivers and Restraints
  • 4.3 Market Drivers
    • 4.3.1 Increasing Adoption of IoT across the Supply Chain
    • 4.3.2 Increasing Number of Cyber Threats
  • 4.4 Market Restraints
    • 4.4.1 Integration with Existing Architecture
  • 4.5 Industry Value Chain Analysis
  • 4.6 Industry Attractiveness - Porter's Five Force Analysis
    • 4.6.1 Threat of New Entrants
    • 4.6.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.6.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.6.4 Threat of Substitute Products
    • 4.6.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.7 An Assessment of the Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Solution Type
    • 5.1.1 Identity and Access Management
    • 5.1.2 Data Loss Prevention
    • 5.1.3 IDS/IPS
    • 5.1.4 Security Information and Event Management
    • 5.1.5 Encryption
    • 5.1.6 Other Solution Type
  • 5.2 Security Type
    • 5.2.1 Application Security
    • 5.2.2 Database Security
    • 5.2.3 Endpoint Security
    • 5.2.4 Network Security
    • 5.2.5 Web & Email Security
    • 5.2.6 Other Security Type
  • 5.3 Service Model
    • 5.3.1 Infrastructure-as-a-Service
    • 5.3.2 Platform-as-a-Service
    • 5.3.3 Software-as-a-Service
  • 5.4 Deployment Type
    • 5.4.1 Public Cloud
    • 5.4.2 Private Cloud
    • 5.4.3 Hybrid Cloud
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
    • 5.5.2 Europe
    • 5.5.3 Asia Pacific
    • 5.5.4 Latin America
    • 5.5.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles*
    • 6.1.1 IBM Corporation
    • 6.1.2 Intel Security - McAfee
    • 6.1.3 Cisco Systems, Inc.
    • 6.1.4 Broadcom Inc.
    • 6.1.5 Qualys, Inc.
    • 6.1.6 Nutanix
    • 6.1.7 ProtectWise
    • 6.1.8 AmazonWebServices

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 FUTURE OF THE MARKET