市場調査レポート
商品コード
1444495

OTC医薬品:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Over the Counter Drugs - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.56円
OTC医薬品:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

OTC医薬品市場規模は2024年に1,373億9,000万米ドルと推定され、2029年までに1,631億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に3.49%のCAGRで成長します。

OTC医薬品- 市場

COVID-19のパンデミックは、ヘルスケアシステムに大きな影響を与えているもの、OTC医薬品(OTC)市場に注目を集めています。たとえば、ScienceDirectが2022年 6月に掲載した記事によると、COVID-19感染症のパンデミック中に使用された最も一般的なOTC医薬品は解熱剤、抗ヒスタミン剤、咳止め薬などでした。しかし、国立医学図書館が掲載した記事によると、 , 2022年6月には、ステロイド、クロロキン、抗菌薬などのより危険な薬物も乱用されました。ナイジェリア、バングラデシュ、ペルー、トーゴなどの低所得国におけるCOVID-19感染症パンデミック中のセルフメディケーションの普及率は、発熱、咳、風邪、鼻づまり、疲労などのさまざまな症状に対して34%から84%まで幅があります。これは非常に高いと考えられていました。新型COVID-19感染症の感染者数が減少し、市場は徐々に安定しつつあるもの、感染に対する人々の不安は依然として残っており、市場の成長に影響を与えることが予想されます。

OTC医薬品市場の成長は、Rx医薬品の価格が高いため、OTC医薬品への移行とOTC医薬品の承認の増加につながっていると考えられています。たとえば、ブルームバーグ LPが2022年 7月に掲載した記事によると、アメリカ人は処方薬に年間1人当たり平均1,300米ドルを費やしています。 2021年の米国における新薬の平均発売価格は、1年分の供給で18万米ドルだった。このような処方薬価格の上昇により、OTC医薬品(OTC)によるセルフメディケーションの需要が高まることが予想されます。さらに、Frontiers Media SAが2021年 8月に公開した記事によると、OTC医薬品(OTC)を使ったセルフメディケーションが世界中でますます一般的になってきています。同じ情報源によると、世界のセルフメディケーションの普及率は、対象となる人口と国に応じて11.2%から93.7%の範囲でした。したがって、OTC薬の使用につながるRx薬の高コストが市場の成長を促進すると予想されます。

さらに、主要な市場プレーヤーの製品革新の増加は、予測期間中の市場の成長をサポートします。たとえば、2021年 3月に久光製薬株式会社は、関節炎鎮痛ジェル「サロンパス」を発売しました。この薬、処方強度のジクロフェナクは、食品医薬品局(FDA)によって店頭(OTC)での使用が許可されました。同様に、2022年3月にペリゴは、ナゾネックス24時間アレルギー(フランカルボン酸モメタゾン一水和物)50mcgのOTC使用についてFDAの承認を取得しました。このようなOTC医薬品発売の増加は、予測期間中の市場の成長を促進すると予想されます。したがって、上記の要因は、OTC医薬品市場の市場成長に影響を与えています。ただし、ハイエンドの製造と複雑で面倒な規制要件は、予測期間中の市場の成長を妨げると予想されます。

OTC医薬品市場動向

咳、風邪、インフルエンザ製品セグメントは、予測期間中に高い成長が見込まれる

風邪はさまざまな種類のウイルスによって引き起こされます。この状態は通常無害であり、症状は通常2週間以内に解決します。咳、風邪、インフルエンザに苦しむ人の数の増加が、このカテゴリーにおけるOTC医薬品(OTC)の使用量の増加を引き起こしています。消費者は、症状を軽減するための最初の手段として、市販の咳止め薬、風邪薬、またはインフルエンザ薬に依存しています。たとえば、CDCによると、米国では風邪により毎年 2,200万日が学校を欠席しています。また、米国では毎年ほぼ10億人が風邪を引いています。

さらに、インド気象局(IMD)によると、2021年 8月にタミル・ナドゥ州でインフルエンザに関連した発熱、風邪、咳の患者数が25%急増したと医師が報告しました。したがって、インフルエンザと風邪の有病率の上昇により、さらに拍車がかかることが予想されます。パラセタモールとしての増殖は、これらの症状の管理に一般的に使用されます。入手が容易なことから、咳止め、風邪、インフルエンザの一般用医薬品の売上が世界的に増加しました。したがって、前述の要因を考慮すると、調査対象セグメントは予測期間中に大幅に推進すると予想されます。

北米が主要シェアを占め、予測期間中に市場を独占すると予想される

北米は調査対象の世界市場に重大な影響を及ぼしており、その理由として、軽度の病気の蔓延に加え、症状を軽減するためのセルフメディケーションの採用や、この地域でのOTC医薬品の承認の増加などが、市場の成長を促進すると予想されているためです。北米の市場成長を調査しました。たとえば、Drugs.comが2021年 5月に掲載した記事によると、米国にはニキビ薬から減量製品に至るまで、80以上のクラスのOTC医薬品が存在します。さらに、片頭痛調査財団が発表した記事によると、2021年1月時点で米国では400万人以上の成人が慢性的な毎日の片頭痛を経験しており、片頭痛が月に少なくとも15日続いているといいます。セルフメディケーションを必要とする患者の増加により、市場の成長が促進されると予想されます。

さらに、この地域での製品承認と製品発売の増加により、調査対象市場の成長が促進されます。たとえば、2021年12月に米国食品医薬品局は、0.25%のOTC医薬品である処方薬ラスタカフェト(アルカフタジン点眼液)を承認しました。さらに、フューチュラメディカルは、2022年 10月に米国でのOTCである勃起不全治療薬MED3000を発売するための承認をFDAに求める準備を進めています。このような取り組みは市場の成長を促進すると期待されています。したがって、上記の要因を考慮すると、調査対象の市場は、予測期間中に北米で大幅に成長すると予想されます。

OTC医薬品業界の概要

OTC医薬品市場は、世界的および地域的に事業を展開する複数の企業が存在するため、本質的に細分化されています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • RX薬の高コストがOTC薬への移行につながる
    • OTC医薬品の承認の増加
  • 市場抑制要因
    • 厳格な規制政策
    • 認識の欠如と薬物乱用
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ別
    • 咳、風邪、インフルエンザ関連製品
    • 鎮痛剤
    • 皮膚科製品
    • 胃腸薬
    • ビタミン、ミネラル、サプリメント(VMS)
    • 減量/ダイエット製品
    • 眼科用製品
    • 睡眠補助薬
    • その他の製品タイプ
  • 配合タイプ別
    • 錠剤
    • 液体
    • 軟膏
    • スプレー
  • 流通チャネル別
    • 病院薬局
    • 小売薬局
    • オンライン薬局
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Johnson and Johnson
    • Bayer AG
    • Viatris(Mylan NV)
    • Sanofi SA
    • Pfizer Inc.
    • GlaxoSmithKline plc
    • Perrigo Company plc
    • Reckitt Benckiser Group PLC
    • Takeda Pharmaceutical Company Ltd
    • Boehringer Ingelheim International GmbH
    • Sun Pharmaceutical Industries Ltd.
    • Teva Pharmaceutical Industries Ltd.
    • Glenmark Pharmaceuticals Ltd.
    • Dr. Reddy's Laboratories
    • Piramal Enterprises

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 46852

The Over the Counter Drugs Market size is estimated at USD 137.39 billion in 2024, and is expected to reach USD 163.10 billion by 2029, growing at a CAGR of 3.49% during the forecast period (2024-2029).

Over the Counter Drugs - Market

The COVID-19 pandemic has turned the spotlight on over the counter (OTC) drugs market, though the healthcare systems have been significantly impacted. For instance, according to an article published by ScienceDirect, in June 2022, the most common OTC drugs used during the COVID-19 pandemic were antipyretics, antihistamines, cough suppressants, etc. However, according to an article published by the National Library of Medicine, in June 2022, more dangerous drugs like steroids, chloroquine, and antimicrobials were also abused. The prevalence of self-medication during the COVID-19 pandemic in lower-income countries like Nigeria, Bangladesh, Peru, and Togo varies from 34% to 84% for various symptoms like fever, cough, cold, nasal congestion, fatigue, etc. which was considered very high. Even though the market is gradually stabilizing as COVID-19 cases are declining, there is still fear among people regarding infection, which is expected to impact the market's growth.

The growth in the OTC drug market is attributed to the high cost of Rx drugs leading to shifting towards OTC drugs and increasing approval of OTC drugs. For instance, according to an article published by Bloomberg L.P., in July 2022, Americans spend an average cost of USD 1,300 per person on prescription drugs per year. An average launch price of a new drug in the US in 2021 was USD 180,000 for a year's supply. Such a rise in the price of a prescription drug is expected to increase the demand for self-medication with over-the-counter (OTC) drugs. Additionally, as per an article published by Frontiers Media S.A., in August 2021, self-medication with over-the-counter (OTC) medicines is becoming an increasingly popular practice around the world. As per the same source, the global prevalence rate of self-medication ranged from 11.2% to 93.7%, depending on the target population and country. Thus, the high cost of Rx drugs leading to the use of OTC drugs is expected to drive market growth.

Furthermore, the key market players' increasing product innovation supports the market growth over the forecast period. For instance, in March 2021, Hisamitsu Pharmaceutical Co. Inc. introduced Salonpas Arthritis Pain Relief Gel. This medication, diclofenac at prescription strength, was permitted for over the counter (OTC) use by the Food and Drug Administration (FDA). Similarly, in March 2022, Perrigo received FDA approval for the OTC use of Nasonex 24-hour allergy (mometasone furoate monohydrate) 50mcg. Such increases in OTC drug launches are expected to drive market growth over the forecast period. Thus, the abovementioned factors are impacting the market growth of the over the counter drugs market. However, high-end manufacturing and complicated and cumbersome regulatory requirements are expected to hinder market growth over the forecast period.

OTC Drugs Market Trends

The Cough, Cold, and Flu Products Segment is Expected to Witness High Growth Over the Forecast Period

A common cold can be caused by many different types of viruses. The condition is generally harmless, and symptoms usually resolve within two weeks. The rise in the number of people suffering from cough, cold, and flu is what is causing an increase in the amount of over-the-counter (OTC) drug use in this category. Consumers depend on OTC cough, cold, or flu medicines, as they are the first resort, to get relief from the symptoms. For instance, according to CDC, the common cold causes 22 million school days to be missed each year in the United States. Also, almost 1 billion people catch colds each year in the United States.

Furthermore, according to India Meteorological Department (IMD), doctors reported a 25% spike in the number of flu-related fever, colds, and cough in Tamil Nadu in August 2021. Thus, the higher prevalence of flu and cold is expected to spur growth as paracetamol is commonly used in the management of these conditions. Owing to their easy procurement, the sale of OTC drugs for cough, cold, and flu increased globally. Thus, given the aforementioned factors, the studied segment is expected to propel significantly over the forecast period.

North America Holds the Major Share and is Expected to Dominate the Market During the Forecast Period

North America has a significant impact on the global market studied, owing to factors, such growing prevalence of minor illnesses coupled with the adoption of self-medication to relieve the symptoms and an increase in approval of OTC drugs in the region are expected to drive the studied market growth in North America. For instance, according to an article published by Drugs.com, in May 2021, there are more than 80 classes of OTC medications in the United States, ranging from acne medicines to weight loss products. Further, according to an article published by Migraine Research Foundation, in January 2021 more than 4 million adults experienced chronic daily migraine, with at least 15 migraine days per month, in the United States. The increase in patients requiring self-medication is expected to boost the market growth.

Additionally, the increasing product approvals and product launches in the region drive the growth of the studied market. For instance, in December 2021, the US Food and Drug Administration approved the prescription drug Lastacaft (alcaftadine ophthalmic solution), a 0.25% to Over the Counter drug. Additionally, in October 2022, Futura Medical is preparing to seek approval from the FDA to launch OTC in the United States, MED3000 erectile dysfunction treatment. Such an initiative is expected to drive the growth of the market. Thus, given the factors above, the studied market is expected to grow significantly in North America over the forecast period.

OTC Drugs Industry Overview

The over-the-counter drugs market is fragmented in nature due to the presence of several companies operating globally as well as regionally. The competitive landscape includes an analysis of a few international as well as local companies which hold market shares and are well-known including Johnson and Johnson, Novartis AG, Bayer AG, GlaxoSmithKline PLC, and Pfizer, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 High Cost of Rx Drugs Leading to Shift Towards OTC Drugs
    • 4.2.2 Increasing Approval of OTC Drugs
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Stringent Regulatory Policies
    • 4.3.2 Lack of Awareness and Drug Abuse
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD Million)

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Cough, Cold and Flu Products
    • 5.1.2 Analgesics
    • 5.1.3 Dermatology Products
    • 5.1.4 Gastrointestinal Products
    • 5.1.5 Vitamins, Mineral and Supplements(VMS)
    • 5.1.6 Weight Loss/Dietary Products
    • 5.1.7 Ophthalmic Products
    • 5.1.8 Sleeping Aids
    • 5.1.9 Other Product Types
  • 5.2 By Formulation Type
    • 5.2.1 Tablets
    • 5.2.2 Liquids
    • 5.2.3 Ointments
    • 5.2.4 Sprays
  • 5.3 By Distribution Channel
    • 5.3.1 Hospital Pharmacies
    • 5.3.2 Retail Pharmacies
    • 5.3.3 Online Pharmacy
  • 5.4 Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Italy
      • 5.4.2.5 Spain
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 South Korea
      • 5.4.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 Middle East and Africa
      • 5.4.4.1 GCC
      • 5.4.4.2 South Africa
      • 5.4.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.4.5 South America
      • 5.4.5.1 Brazil
      • 5.4.5.2 Argentina
      • 5.4.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Johnson and Johnson
    • 6.1.2 Bayer AG
    • 6.1.3 Viatris (Mylan NV)
    • 6.1.4 Sanofi S.A.
    • 6.1.5 Pfizer Inc.
    • 6.1.6 GlaxoSmithKline plc
    • 6.1.7 Perrigo Company plc
    • 6.1.8 Reckitt Benckiser Group PLC
    • 6.1.9 Takeda Pharmaceutical Company Ltd
    • 6.1.10 Boehringer Ingelheim International GmbH
    • 6.1.11 Sun Pharmaceutical Industries Ltd.
    • 6.1.12 Teva Pharmaceutical Industries Ltd.
    • 6.1.13 Glenmark Pharmaceuticals Ltd.
    • 6.1.14 Dr. Reddy's Laboratories
    • 6.1.15 Piramal Enterprises

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS