デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444460

PGM(白金族金属):市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)

Platinum Group Metals - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
PGM(白金族金属):市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024-2029)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

PGM(白金族金属)市場規模は、2024年に609.54トンと推定され、2029年までに768.66トンに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.75%のCAGRで成長します。

PGM(白金族金属)- 市場

COVID-19のパンデミックは、2020年の市場に悪影響を及ぼしました。しかし、市場はパンデミック前のレベルに達し、予測期間中に着実に成長すると推定されています。

主なハイライト

  • 短期的には、自動車産業からの触媒コンバーターの需要の増加とエレクトロニクス産業からのプラチナ、パラジウム、ルテニウムの需要の増加が市場の成長を促進すると予想されます。
  • しかし、PGM(白金族金属)の維持に伴う高額なコストが市場の成長を妨げると予想されます。
  • それにもかかわらず、PGM(白金族金属)をエレクトロニクス分野に応用するための研究開発活動の増加とPGM(白金族金属)へのアフリカ諸国への投資の増加により、今後数年間で市場にチャンスが生まれる可能性があります。
  • アジア太平洋地域が支配し、予測期間中に最高のCAGRを示すと予想されます。

PGM(白金族金属)市場動向

自動車触媒セグメントが市場を独占

  • 触媒コンバーターは、ハニカムのような構造でPGM(PGM(白金族金属))で覆われたセラミックツールを使用して、有害な汚染物質を変換する化学反応を開始します。排気系のエンジンとマフラーの間に取り付けられます。エンジンが金属を加熱すると、汚染物質が中和されます。
  • 経済的な自動車メーカーがプラチナをより高価なパラジウムに交換しようとする動きが増えており、プラチナは2022年の自動車生産増加から利益を得ました。ディーゼル触媒コンバーターでは白金が好まれ、ガス動力自動車ではパラジウムが好まれます。それにもかかわらず、ディーゼル車やガソリン車では両方の金属を一方が他方に交換される可能性があり、どちらかの金属がある程度高価である場合にはこれが一般的です。
  • 国際自動車建設機構(OICA)によると、2021年の全自動車の世界販売台数は8,268万台で、2020年の7,877万台と比較して、OICAによると、2021年の全自動車の総生産統計は8,014万台でした。 2020年には7,762万人に増加します。
  • 世界貿易機関によると、2021年の輸入額は約2,860億米ドルで、米国は第2位の自動車製品輸入国となった。同時に、同国は約1,260億米ドル相当の自動車品目を輸出しました。
  • 上記のすべての要因が自動車触媒セグメントを推進し、予測期間中のPGM(白金族金属)の需要を高めると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占すると予想される

  • アジア太平洋地域はPGM(白金族金属)市場で最大のシェアを占め、世界シェアのほぼ半分を占めています。最も急速に成長する市場になると予想されています。
  • 当局が策定した省エネ自動車開発計画によると、同国は2021年3月、2030年までに100万台の燃料電池車を稼働させる計画を発表しました。昨年この種の自動車が国内で販売されたのはわずか2,700台であり、今後8年間で主に大型車両に焦点を当てた1,000の水素給油ステーションが建設されたにもかかわらず。これにより、予測期間中に国内の燃料電池の需要が促進される可能性があります。
  • インドのエレクトロニクス市場は、今後3年間で4,000億米ドルに達すると予想されています。さらに、インドは2025年までに世界第5位の家電・電化製品産業になると予想されています。
  • さらに、インドでは、5Gネットワークの導入計画やIoT(モノのインターネット)の利用増加などのテクノロジーの変遷がエレクトロニクス製品の採用を促進しています。「デジタルインディア」や「スマートシティ」プロジェクトなどの取り組みにより、国内のIoTの需要が高まっています。
  • 日本の化学産業は輸送機械に次ぐ国内第2位の製造業であり、貴金属触媒に優れた市場基盤を提供しています。大手企業グループが日本の化学産業を支配しています。そのほとんどは高度に多角化されており、多数の子会社を抱えています。
  • したがって、上記のすべての要因により、予測期間中にPGM(白金族金属)市場の需要が増加する可能性があります。

PGM(白金族金属)業界の概要

PGM(白金族金属)市場は統合されており、上位5社が大きな市場シェアを占めています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 自動車業界からの触媒コンバーターの需要の拡大
    • エレクトロニクス業界からのプラチナ、パラジウム、ルテニウムの需要の増加
    • アジア太平洋諸国におけるジュエリー消費の増加
  • 抑制要因
    • メンテナンスにかかる高額なコスト
    • その他の抑制要因
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度
  • 生産分析
  • 価格動向

第5章 市場セグメンテーション(市場規模(数量))

  • 金属タイプ
    • プラチナ
    • パラジウム
    • ロジウム
    • イリジウム
    • ルテニウム
    • オスミウム
  • 用途
    • 自動車触媒
    • 電気および電子
    • 燃料電池
    • ガラス、セラミック、顔料
    • ジュエリー
    • 医療(歯科および医薬品)
    • 化学薬品
    • その他の用途
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • ASEAN諸国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア分析**/ ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • African Rainbow Minerals
    • Anglo American Platinum
    • Glencore
    • Implats Platinum Limited
    • Johnson Matthey
    • Northam Platinum Limited
    • PJSC MMC Norilsk Nickel
    • Royal Bafokeng Platinum
    • Sibanye-Stillwater
    • Vale Acton

第7章 市場機会と将来の動向

  • 燃料電池の将来の利用
  • アフリカ諸国への投資の増加
目次
Product Code: 61254

The Platinum Group Metals Market size is estimated at 609.54 tons in 2024, and is expected to reach 768.66 tons by 2029, growing at a CAGR of 4.75% during the forecast period (2024-2029).

Platinum Group Metals - Market

The COVID-19 pandemic negatively impacted the market in 2020. However, the market is estimated to have reached pre-pandemic levels and grow steadily during the forecast period.

Key Highlights

  • Over the short term, the growing demand for catalytic converters from the automotive industry and increasing demand for platinum, palladium, and ruthenium from the electronics industry are expected to drive market growth.
  • However, the high costs involved in maintaining platinum group metals are expected to hinder the market's growth.
  • Nevertheless, increasing R&D activities for applying platinum group metals in the electronics sector and increasing investments in the African countries in platinum group metals will likely create opportunities for the market in the coming years.
  • The Asia-Pacific region is expected to dominate and witness the highest CAGR during the forecast period.

Platinum Group Metals Market Trends

Autocatalysts Segment Dominated the Market

  • Catalytic converters employ a ceramic tool structured like a honeycomb and covered with PGMs (platinum group metals) to initiate a chemical reaction that transforms hazardous pollutants. It is installed between the engine and the muffler in the exhaust system. When the engine heats the metals, the procedure neutralizes the contaminants.
  • Platinum profited from increased car manufacture in 2022 as economical automakers increasingly attempt to swap it for more expensive palladium. Platinum is preferred in diesel catalytic converters, while palladium is preferred in gas-powered automobiles. Nevertheless, both metals may be exchanged, one for the other, in diesel- and gas-powered vehicles, which is common when one of the metals is somewhat expensive.
  • According to the Organisation Internationale des Constructeurs d'Automobiles (OICA), global sales of all vehicles in 2021 were 82.68 million, compared to 78.77 million in 2020. According to the OICA, total production statistics for all vehicles was 80.14 million in 2021, compared to 77.62 million in 2020.
  • According to the World Trade Organization, with a value of about USD 286 billion in 2021, the United States was the second largest importer of automotive products. Simultaneously, the country exported automobile items worth around USD 126 billion.
  • All the factors above are expected to drive the autocatalysts segment, enhancing the demand for platinum group metals during the forecast period.

The Asia-Pacific Region is Expected to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region accounted for the largest share in the market for platinum group metals, with almost half of the global share. It is expected to be the fastest-growing market.
  • In March 2021, the country announced the plan to include 1 million fuel-cell vehicles in operation by 2030, according to an energy-savings vehicle development plan drafted by authorities. Despite only 2,700 such cars selling in the country last year and the construction of 1,000 hydrogen refueling stations over the next eight years, majorly focusing on heavy-duty vehicles. It will likely drive the demand for fuel cells in the country during the forecast period.
  • The Indian electronics market is expected to reach USD 400 billion over the next three years. Additionally, India is expected to become the world's fifth-largest consumer electronics and appliances industry by 2025.
  • Additionally, in India, technology transitions, such as the country planning to introduce 5G networks and the increasing use of IoT (Internet of Things), are driving the adoption of electronics products. Initiatives such as 'Digital India' and 'Smart City' projects have raised the demand for IoT in the country.
  • The Japanese chemical industry is the country's second-largest manufacturing industry behind transportation machinery, providing a good market base for precious metal catalysts. A group of significant corporations dominates the Japanese chemical industry. Most of them are highly diversified and sport a large number of subsidiaries.
  • Thus, all the above factors will likely increase the demand for the platinum group metals market during the forecast period.

Platinum Group Metals Industry Overview

The platinum group metals market is consolidated, with the top five players accounting for a significant market share. Some of the major players in the market include (not in a particular order) Anglo American Platinum, Norilsk Nickel, Implats Platinum Limited, Sibanye-Stillwater, and African Rainbow Minerals, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Demand for Catalytic Converters from the Automotive Industry
    • 4.1.2 Increasing Demand for Platinum, Palladium, and Ruthenium from the Electronics Industry
    • 4.1.3 Growing Jewelry Consumption in Asia-Pacific Countries
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 High Costs Involved in Maintenance
    • 4.2.2 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Production Analysis
  • 4.6 Price Trends

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Metal Type
    • 5.1.1 Platinum
    • 5.1.2 Palladium
    • 5.1.3 Rhodium
    • 5.1.4 Iridium
    • 5.1.5 Ruthenium
    • 5.1.6 Osmium
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Auto Catalysts
    • 5.2.2 Electrical and Electronics
    • 5.2.3 Fuel Cells
    • 5.2.4 Glass, Ceramics, and Pigments
    • 5.2.5 Jewellery
    • 5.2.6 Medical (Dental and Pharmaceuticals)
    • 5.2.7 Chemicals
    • 5.2.8 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 ASEAN Countries
      • 5.3.1.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share Analysis** / Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 African Rainbow Minerals
    • 6.4.2 Anglo American Platinum
    • 6.4.3 Glencore
    • 6.4.4 Implats Platinum Limited
    • 6.4.5 Johnson Matthey
    • 6.4.6 Northam Platinum Limited
    • 6.4.7 PJSC MMC Norilsk Nickel
    • 6.4.8 Royal Bafokeng Platinum
    • 6.4.9 Sibanye-Stillwater
    • 6.4.10 Vale Acton

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Future Use of Fuel Cells
  • 7.2 Increasing Investment in the African Countries