市場調査レポート
商品コード
1444451

ポリエステル系熱可塑性エラストマー(TPE-E):市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Thermoplastic Polyester Elastomer (TPE-E) - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 180 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.45円
ポリエステル系熱可塑性エラストマー(TPE-E):市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 180 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ポリエステル系熱可塑性エラストマー(TPE-E)市場規模は、2024年に14万2,160トンと推定され、2029年までに17万6,140トンに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.38%のCAGRで成長します。

ポリエステル系熱可塑性エラストマー(TPE-E)- 市場

2020年、市場はCOVID-19感染症によって悪影響を受けました。パンデミックは、世界中で製造の中断やサプライチェーンの混乱など、自動車業界に深刻な影響を及ぼし、それによって市場に悪影響を及ぼしました。ただし、2021年の自動車業界の成長拡大により、市場は着実に回復しました。

主なハイライト

  • 短期的には、自動車産業からの需要の増加と、ヘルスケアおよび医療施設への支出の増加が、調査対象市場の成長を促進する主な要因となっています。
  • ただし、ポリエステル系熱可塑性エラストマーの高コストは、予測期間中の対象産業の成長を抑制すると予想される重要な要因です。
  • それにもかかわらず、バイオベースのポリエステル系熱可塑性エラストマーの新興市場は、すぐに世界市場に有利な成長機会を生み出す可能性があります。
  • アジア太平洋では、中国、日本、その他の東南アジア諸国におけるポリエステル系熱可塑性エラストマー(TPE-E)の使用量の継続的かつ増加により、ポリエステル系熱可塑性エラストマー(TPE-E)の需要が高いため、調査対象市場の評価期間中に健全な成長が見られると推定されています。自動車生産と成長する医療産業の融合。

ポリエステル系熱可塑性エラストマー(TPE-E)市場動向

自動車業界での使用の増加

  • ポリエステル系熱可塑性エラストマー(TPE-E)は、自動車産業での用途が急速に増加している高性能材料です。自動車分野におけるTPE-Eの利用は、外装部品、内装部品からエンジン部品にまで及びます。 TPE-Eは耐久性が高く、軽量でコスト効率が高いため、自動車材料メーカーから非常に人気があります。
  • TPE-Eは、自動車業界でさまざまな用途に使用されており、その一部には、高品質の自動車計器パネル、CVJブーツ、ホイールカバー、吸気ダクト、エアバッグ展開ドア、ダッシュボードコンポーネント、ピラートリム、ドアライナーおよびハンドルの製造が含まれます。シートバック、シートベルト部品など。
  • TPE-Eは、摩耗や振動に強く、任意の色に染色できるため、デザインの柔軟性が高くなります。過酷な気象条件でも耐久性に優れています。したがって、車のロックなどの内部機構に好まれます。これらの特性は、電気自動車製造における長期耐熱材料の需要もサポートします。
  • 自動車業界は、さまざまな車両用途に軽量素材を活用することに取り組んでいます。したがって、世界的に成長する自動車産業により、TPE-Eの需要が高まることが予想されます。
  • OICAによると、2021年の全世界の自動車販売台数は8,015万4,988台となり、2020年の1,245万2,453台と比較して3%の成長を記録しました。
  • インドと中国では、古い車両を廃棄して汚染を最小限に抑えるために車両廃棄政策が実施されています。対象となるのは20年以上経過した510万台の軽自動車と、15年以上経過した340万台の軽自動車です。このプログラムは、有効な適合証明書を持たない旧式または動作不能な車両を段階的に廃止することで汚染を軽減することを目的としています。このアプローチにより、新車に対する市場の需要が高まります。
  • 世界のEV販売は2021年通年で6億7,500万台に達し、2020年のEV販売と比較して108%増加しました。この量には乗用車、小型トラック、小型商用車が含まれます。 2021年時点でBEVはEV総販売の71%を占め、PHEVは29%となった。
  • IEAによると、新政策シナリオによると、2030年には世界の電気自動車販売台数は1億2,500万台に達すると予想されています(二輪車/三輪車を除く)。 EV30 at 30シナリオでは、2030年に中国の自動車販売の約70%がEVになると予想されます。また、これまでの概算販売額では、欧州でのEV販売割合が50%と推計されているのに対し、日本は37%、カナダと米国が30%、インドが29%となっています。
  • したがって、上記の要因により、TPE-Eの需要は予測期間中にプラスの影響を受けると予想されます。

アジア太平洋地域が市場を独占

  • アジア太平洋が市場を独占すると予想されています。この地域では、中国はGDPの点で最大の経済国です。中国は最も急速な新興経済国の一つであり、今日では世界最大の生産国の一つとなっています。この国の製造業は、同国の経済に主に貢献している部門の1つです。
  • 中国は世界最大の自動車メーカーです。同国の自動車部門は、環境への懸念の高まりを受けて、排出ガスを最小限に抑えながら燃費を確保する製品の製造に重点を置き、製品の進化に向けた体制を整えています。 OICAによると、2021年の同国の自動車生産台数は2,608万台に達し、2020年の2,523万台と比較して3%増加し、2025年までに最大3,500万台に増加すると予想されています。この生産量は、国内のEVとICエンジン車両の両方の製造部門からのポリエステル系熱可塑性エラストマーの需要を促進すると推定されています。
  • 中国には確立された一般産業部門があります。中国国家統計局が発表したデータによると、2021年の同国の付加価値工業生産高は前年比9.6%増加しました。2021年12月の同国の工業生産高は前年比4.3%増加した(11月から0.42%増加)。、それによって国内のポリエステル系熱可塑性エラストマーの需要が増加しています。
  • 中国は世界最大のエレクトロニクス生産基地の一つを有しており、韓国、シンガポール、台湾などの既存の上流メーカーとの激しい競合にさらされています。スマートフォン、OLED TV、タブレットなどの電子製品は、市場の家庭用電化製品分野の中で需要の面で最も高い成長率を示しています。中国の経済発展と国民の生活水準の向上により、電子製品の需要が高まっています。
  • 所得の継続的な増加により、国民一人当たりの可処分所得が増加し、中国の電子製品の需要に恩恵をもたらすことが期待されています。中産階級と高所得層の拡大により、エレクトロニクスの需要が促進されると予想されます。中国国家統計局によると、2021年の家電・家電部門の収益は9億3,464万元(約1億3,127万米ドル)に達しました。収益は年間2.04%の成長率を示すと予想されており、その結果、 2025年までに市場規模は1,756億7,000万米ドルになると予測されています。
  • さらに、OICAによれば、インドでは2021年に約439万9,112台の車両が生産され、2020年の338万1,819台と比較して30%増加しました。
  • また、この国のヘルスケア部門は、主に健康意識の高まり、保険へのアクセス、収入の増加、病気の増加により、2022年までに3,720億米ドルに達すると予想されています。インドの医療部門は、年間1.6%の割合で増加する人口の恩恵を受けています。
  • インドでは近年、産業部門が急速に成長しています。インドの鉱工業生産指数(IIP)は、2020~21年の111.7から2021~22年の128.7まで上昇しました。この成長は、国家製造業政策(2025年までにGDPに占める製造業の割合を25%に高めることを目標)や製造業向けPLI制度(2022年に開始)などのさまざまな政府の取り組みによっても支えられており、それによって製造業の需要が増加しています。国内のポリエステル系熱可塑性エラストマー。
  • インドブランドエクイティ財団(IBEF)によると、インドのエレクトロニクス製造産業は2025年までに5,200億米ドルに達すると予想されています。インドにおける電気電子製品の生産は、Make in Indiaなどの政策による政府の取り組みにより急速に増加すると予想されています。
  • このようなすべての要因により、この地域のポリエステル系熱可塑性エラストマー市場は、予測期間中に着実に成長すると予想されます。

ポリエステル系熱可塑性エラストマー(TPE-E)業界の概要

世界のポリエステル系熱可塑性エラストマー(TPE-E)市場は、上位上場企業が世界市場で大きなシェアを保持しているため、本質的に統合されています。世界企業は、新技術を開発し、市場での存在感と足場を高めるために、研究開発、買収、コラボレーションに重点を置いています。調査対象市場の主要メーカーには、Dupont、Celanese Corporation、Koninklijke DSM NV、LG Chem、東洋紡などが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 自動車業界からの需要の増加
    • ヘルスケアと医療施設への支出の増加
  • 抑制要因
    • 高コストのポリエステル系熱可塑性エラストマー
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション(市場規模(数量))

  • タイプ
    • 射出成形グレード
    • 押出グレード
    • その他のタイプ
  • エンドユーザー産業
    • 自動車
    • ヘルスケア
    • 産業用
    • 電気および電子
    • 消費財
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場ランキング分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • Celanese Corporation
    • Chang Chun Group
    • DSM
    • Kolon Plastic Inc.
    • LG Chem
    • Mitsubishi Chemical Corporation
    • Radici Partecipazioni SpA
    • Sichuan Sunshine Plastics Co. Ltd
    • SK Chemicals
    • Toyobo Co. Ltd

第7章 市場機会と将来の動向

  • バイオベースポリエステル系熱可塑性エラストマーの新興市場
目次
Product Code: 60928

The Thermoplastic Polyester Elastomer Market size is estimated at 142.16 kilotons in 2024, and is expected to reach 176.14 kilotons by 2029, growing at a CAGR of 4.38% during the forecast period (2024-2029).

Thermoplastic Polyester Elastomer (TPE-E) - Market

The market was negatively impacted by COVID-19 in 2020. The pandemic had a severe impact on the automotive industry, including manufacturing interruptions and disruption in the supply chain across the globe, thereby negatively affecting the market. However, the market recovered steadily, owing to the increased growth of the automotive industry in 2021.

Key Highlights

  • Over the short term, growing demand from the automotive industry, coupled with growing expenditure on healthcare and medical facilities, are major factors driving the growth of the market studied.
  • However, the high cost of thermoplastic polyester elastomer is a key factor anticipated to restrain the growth of the target industry over the forecast period.
  • Nevertheless, the emerging market for bio-based thermoplastic polyester elastomer is likely to create lucrative growth opportunities for the global market soon.
  • Asia-Pacific is estimated to witness healthy growth over the assessment period in the studied market due to the high demand for thermoplastic polyester elastomer (TPE-E) in China, Japan, and other Southeast Asian countries owing to continuous and rising usage of TPEE in automotive production, coupled with the growing medical industry.

Thermoplastic Polyester Elastomer (TPE-E) Market Trends

Increasing Usage in the Automotive Industry

  • Thermoplastic polyester elastomers (TPE-E) are high-performance materials whose application in the automotive industry has rapidly increased. TPE-E utilization in the automotive sector extends from the exterior and interior parts to engine components. The high durability, light weight, and cost-effectiveness of TPE-Es make them extremely coveted by automotive materials manufacturers.
  • TPE-Es serve the automotive industry in several applications, some of which include the manufacturing of high-quality automotive instrument panels, CVJ boots, wheel covers, air intake ducting, airbag deployment doors, dashboard components, pillar trim, door liners and handles, seat backs, and seat belt components, among others.
  • TPE-Es offer high design flexibility by being resistant to abrasion and vibration and dyeable in any desired color. They are highly durable in harsh weather conditions; hence they are preferred for internal mechanisms such as car locks. These properties also support the demand for long-term heat-resistant materials in electric vehicle fabrication.
  • The automotive industry is working on utilizing lightweight materials for various vehicle applications. Hence, the growing automotive industry globally is expected to boost the demand for TPE-Es.
  • According to OICA, the global sales of all vehicles in 2021 acoounted for 80,154,988 units, registering a growth of 3% as compared to 12,452,453 units sold in 2020.
  • Vehicle scrappage policies are being implemented in India and China to scrap outdated vehicles and minimize pollution. It plans to cover 51 lakh light motor vehicles older than 20 years and 34 lakh light motor vehicles older than 15 years. This program aims to reduce pollution by phasing out obsolete or inoperable vehicles that do not have a valid fitness certificate. This approach will raise market demand for new cars.
  • The global EV sales reached 675 million units in the entire year of 2021, 108% more as compared to the EV sales in 2020. This volume includes passenger vehicles, light trucks, and light commercial vehicles. The BEVs stood for 71% of total EV sales, while the PHEVs stood at 29% in 2021.
  • According to the IEA, in 2030, global electric vehicle sales are expected to reach 125 million, per the New Policies Scenario (excluding two/three-wheelers). In the EV30 at 30 Scenario, in 2030, around 70% of vehicle sales in China are expected to be EVs. Also, as per the approximate sales value till now, EV sales in Europe was estimated at 50%, while it was 37% in Japan, 30% in Canada and the United States, and 29% in India.
  • Therefore, owing to the above factors, the demand for TPE-E is expected to be impacted positively during the forecast period.

Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • Asia-Pacific is expected to dominate the market. In the region, China is the largest economy in terms of GDP. China is one of the fastest emerging economies and has become one of the biggest production houses in the world today. The country's manufacturing sector is one of the primary contributors to the country's economy.
  • China is the largest manufacturer of automobiles in the world. The country's automotive sector has been shaping up for product evolution, focusing on manufacturing products to ensure fuel economy while minimizing emissions, owing to the growing environmental concerns. In 2021, according to the OICA, the automotive production in the country reached 26.08 million, which increased by 3%, compared to 25.23 million vehicles produced in 2020, and is expected to grow up to 35 million vehicles by 2025. The increase in automotive production is estimated to drive the demand for thermoplastic polyester elastomers in the country from both EVs and IC engine vehicle manufacturing sectors.
  • China has a well-established general industrial sector. According to the data published by China's National Bureau of Statistics, the country's value-added industrial output went up 9.6% Year-on-Year in 2021. The country's industrial output grew 4.3% Y-o-Y in December 2021 (a 0.42 % increase from November), thereby increasing the demand for thermoplastic polyester elastomers in the country.
  • China has one of the world's largest electronics production bases and offers tough competition to the existing upstream producers, such as South Korea, Singapore, and Taiwan. Electronic products, such as smartphones, OLED TVs, and tablets, have the highest growth rates in the consumer electronics segment of the market in terms of demand. Economic development in China and improving living standards among the population drive the demand for electronic goods.
  • The continuous growth of income resulted in the rise in the population's per capita disposable income, which is expected to benefit the demand for electronic goods in China. The expansion of the middle class and high-income population group is expected to propel the demand for electronics. According to the National Bureau of Statistics of China, the revenue in the consumer electronics and household appliances segment reached CNY 934.64 million (approx. USD 131.27 million) in 2021. The revenue is expected to show an annual growth rate of 2.04%, resulting in a projected market volume of USD 175,670 million by 2025.
  • Further, in India, as per OICA, around 4,399,112 vehicles were produced in 2021, which increased by 30%, comparison to 3,381,819 units manufactured in 2020.
  • Also, the healthcare sector in the country is expected to reach USD 372 billion by 2022, mainly driven by increasing health awareness, access to insurance, rising income, and diseases. The medical sector in India is benefiting from the growing population at a rate of 1.6 % per year.
  • India has witnessed rapid growth in the industrial sector in recent years. The index of industrial production (IIP) in India increased from 111.7 in 2020-21 to 128.7 in the 2021-22 period. This growth is also supported by various government initiatives like the National Manufacturing Policy (which aims to increase the share of manufacturing in GDP to 25% by 2025) and the PLI scheme for manufacturing (which was launched in 2022), thereby increasing the demand for thermoplastic polyester elastomers in the country.
  • According to the India Brand Equity Foundation (IBEF), the Indian electronics manufacturing industry is expected to reach USD 520 billion by 2025. Electrical and electronics production in India is expected to increase rapidly due to government initiatives with policies, such as Make in India, the National Policy of Electronics, Net Zero Imports in Electronics, and the Zero Defect Zero Effect. Such policies offer a commitment to growth in domestic manufacturing, lowering import dependence and energizing exports and manufacturing, like the 'Make in India' program, to make the country self-reliant.
  • Due to all such factors, the market for thermoplastic polyester elastomer in the region is expected to have a steady growth during the forecast period.

Thermoplastic Polyester Elastomer (TPE-E) Industry Overview

The global thermoplastic polyester elastomer (TPE-E) market is consolidated in nature, as the top listing companies hold a significant share of the global market. Global companies are significantly focusing on R&D, acquisitions, and collaborations to develop new technologies and to increase their market presence and foothold. The major manufacturers in the market studied include Dupont, Celanese Corporation, Koninklijke DSM N.V., LG Chem, and Toyobo Co., Ltd., among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Increasing Demand From the Automotive Industry
    • 4.1.2 Growing Expenditure on Healthcare And Medical Facilities
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 High Cost of Thermoplastic Polyester Elastomer
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Injection Molding Grade
    • 5.1.2 Extrusion Grade
    • 5.1.3 Other Types
  • 5.2 End-user Industry
    • 5.2.1 Automotive
    • 5.2.2 Healthcare
    • 5.2.3 Industrial
    • 5.2.4 Electrical and Electronics
    • 5.2.5 Consumer Goods
    • 5.2.6 Other End-user Industries
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 Italy
      • 5.3.3.4 France
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East & Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East & Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 Celanese Corporation
    • 6.4.2 Chang Chun Group
    • 6.4.3 DSM
    • 6.4.4 Kolon Plastic Inc.
    • 6.4.5 LG Chem
    • 6.4.6 Mitsubishi Chemical Corporation
    • 6.4.7 Radici Partecipazioni SpA
    • 6.4.8 Sichuan Sunshine Plastics Co. Ltd
    • 6.4.9 SK Chemicals
    • 6.4.10 Toyobo Co. Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Emerging Market for Bio-based Thermoplastic Polyester Elastomer