デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444350

太陽光発電インバーター:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Solar PV Inverters - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 220 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
太陽光発電インバーター:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 220 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

太陽光発電インバーター市場規模は、2024年に136億8,000万米ドルと推定され、2029年までに172億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に4.73%のCAGRで成長します。

太陽光発電インバーター- 市場

調査対象の市場は2020年にCOVID-19症の影響を受けたもの、回復しパンデミック前の水準に達しました。

太陽光発電の需要の高まりは、予測期間中に太陽光発電インバーター市場の成長を刺激すると予想されます。投資の増加と野心的な太陽エネルギー目標は、調査対象の市場の成長を促進すると予想されます。ただし、ストリングインバーターの技術的欠点は、予測期間中の太陽光発電インバーター市場の成長を妨げると予想されます。

太陽光発電インバーターの製品革新と最新技術の適応は、予測期間中に太陽光発電インバーター市場に有利な成長機会を生み出すと予想されます。アジア太平洋が市場を独占しており、予測期間中に最高のCAGRで推移すると予想されます。この成長は、インド、中国、オーストラリアを含むこの地域の国々における投資の増加と政府の支援政策によるものです。

太陽光発電インバーター市場動向

セントラルインバータセグメントが市場を独占すると予想される

中央のインバータは、大型のグリッドフィーダです。定格出力が100kWpを超える太陽光発電システムでよく使用されます。床または地面に設置されたインバータは、太陽電池アレイから収集されたDC電力を系統接続用のAC電力に変換します。これらのデバイスの容量は約50kWから1MWまであり、屋内または屋外で使用できます。

中央インバータは1つのDC-AC変換ステージで構成されます。一部のインバータには、MPP(最大電力点)電圧範囲を拡大するためのDC-DC昇圧段もあります。低周波トランスは、AC電圧を昇圧し、出力で絶縁を提供するために使用されることがあります。ただし、これにより効率が低下し、インバータのサイズ、重量、コストが増加します。

中央のインバータの最大入力電圧は通常1,000Vです。ただし、一部の新しいセントラルインバータには、すでに1,500 Vの入力電圧が搭載されています。これらのインバータにより、最大電圧1,500Vに基づくPVアレイが可能になり、必要なBOS(システムバランス)コンポーネントが少なくなります。

セントラルインバータは、モノリシック(単一のパワートレインとマルチMPPTトラッカーを使用)またはモジュラー(複数のパワートレインを使用)にすることができます。モジュラーインバーターはより複雑ですが、1つ以上のモジュールに障害が発生した場合でも、低下した電力出力を維持でき、マルチMPPTまたはマスター/スレーブ制御アプローチを使用できます。マルチMPPTシステムは、フローティングサブアレイごとに個別のコンバータとMPPTを使用し、部分的なシェーディング条件下で全体的なエネルギーハーベスティングを向上させます。マスター/スレーブアプローチでは、コントローラーモジュールは常にオンになります。アレイからより多くの電力が利用可能になったときにスレーブモジュールにスイッチをオンにするよう命令し、日射量の少ない環境でのインバータ効率を最大化します。

中央インバータは事業規模のアプリケーションに使用されるため、使用される電力網と同じ電圧と周波数を生成する必要があります。世界中にはさまざまな電力網規格が多数存在するため、メーカーはフェーズ数に関する特定の要件に合わせてこれらのパラメーターをカスタマイズすることができます。製造されているほとんどの中央インバータは三相インバータです。

2022年 1月、Sungrowは、アブダビで開催されたWorld Future Energy Summitで、出力容量1.1MWの新しい1+Xセントラルモジュラーインバータを発表しました。この1+Xモジュラーインバーターは、8つのユニットに結合して8.8MWの電力に達することができ、エネルギー貯蔵システム(ESS)を接続するためのDC/ESSインターフェイスを備えています。

したがって、電力需要の増大、電力部門の脱炭素化に向けた政府の取り組み、およびセントラルインバータのコスト低下が、予測期間中にこの部門の成長を促進すると予想されます。

アジア太平洋が市場を独占する

2021年の太陽光発電インバーター市場はアジア太平洋が独占しており、今後数年間にわたってその優位性が続くと予想されています。需要のほとんどは、世界最大の太陽エネルギー生産国でもある中国から来ると予想されています。

中国では、ゼロ電圧ライドスルー(ZVRT)スキームを提供する太陽光発電インバーターへの注目が高まっています。制度の基準を満たすためには、太陽光発電所は故障することなく稼働し続ける必要があります。この国は世界で最も多くの太陽光発電を行っているため、これはさらに重要です。

工業化により世界中、特にアジア太平洋で汚染に対する懸念が高まる中、地域の太陽光発電はかなりの勢いを増しています。パリ協定の公約の一環として、インド政府は、2022年までに175GWの再生可能エネルギー容量を達成するという野心的な目標を設定しました。175GWのうち、100GWが太陽光発電容量に割り当てられ、そのうち40GW(40%)が太陽光発電容量に割り当てられました。分散型および屋上規模の太陽光発電プロジェクトを通じて達成されることが期待されています。この大きな目標を達成するために、政府は2019年に、屋上太陽光発電フェーズ 2、PM-KUSUM、ウルトラメガ再生可能エネルギーパワーパーク(UMREPP)の開発など、いくつかの新しいプログラムを開始しました。

インドの太陽光発電の可能性は750 GW以上であり、同国のエネルギー安全保障シナリオ 2047では、2047年までに約479 GWの太陽光発電設備容量を達成できる可能性が示されています。インドの太陽光発電は、高い太陽放射量に恵まれており、すでにグリッドパリティを達成しており、太陽光発電を主流のエネルギー源として採用し、実用規模および屋上太陽光発電分野での容量設置を推進しています。

2021年 11月の時点で、Sungrow Power Supplyは2014年以来、インドで10 GW以上の太陽光インバーターを出荷しています。これは、インド全土での太陽光エネルギーの需要の増加によるものです。 2022年 3月、Sungrowはインドの工場生産能力を年間10GWに増加しました。製造業におけるこのような大規模な発展は、予測期間中に調査された市場の成長を促進すると予想されます。

したがって、中国、インド、マレーシアなどが開始したさまざまな政府の取り組みにより、アジア太平洋が予測期間中に太陽光発電インバーター市場を独占すると予想されます。

太陽光発電インバーター業界の概要

太陽光発電インバーター市場は本質的に細分化されています。市場の主要企業には(順不同)、FIMER SpA、Schneider Electric SE、Siemens AG、三菱電機株式会社、オムロン株式会社などがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査範囲
  • 市場の定義
  • 調査の前提条件

第2章 エグゼクティブサマリー

第3章 調査手法

第4章 市場概要

  • イントロダクション
  • 2027年までの市場規模と需要予測
  • 最近の動向と発展
  • 政府の政策と規制
  • 市場力学
    • 促進要因
    • 抑制要因
  • サプライチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • インバータタイプ別
    • セントラルインバータ
    • ストリングインバータ
    • マイクロインバータ
  • 用途別
    • 住宅
    • 商業および産業用
    • ユーティリティスケール
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 南米
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • FIMER SpA
    • Schneider Electric SE
    • Siemens AG
    • Mitsubishi Electric Corporation
    • Omron Corporation
    • General Electric Company
    • SMA Solar Technology AG
    • Delta Energy Systems Inc.
    • Enphase Energy Inc.
    • SolarEdge Technologies Inc.
    • Huawei Technologies Co. Ltd

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 56078

The Solar PV Inverters Market size is estimated at USD 13.68 billion in 2024, and is expected to reach USD 17.23 billion by 2029, growing at a CAGR of 4.73% during the forecast period (2024-2029).

Solar PV Inverters - Market

Although the market studied was affected by COVID-19 in 2020, it has recovered and reached pre-pandemic levels.

The growing demand for solar power is expected to stimulate the growth of the solar PV inverters market during the forecast period. Increasing investments and ambitious solar energy targets are expected to drive the growth of the market studied. However, technical drawbacks of string inverters are expected to hamper the growth of the solar PV inverters market during the forecast period.

Product innovation and adaptation of the latest technologies in solar PV inverters are anticipated to create lucrative growth opportunities for the solar PV inverters market during the forecast period. Asia-Pacific dominates the market, and it is expected to record the highest CAGR during the forecast period. This growth is attributed to the increasing investments and supportive government policies in the countries of this region, including India, China, and Australia.

Solar PV Inverter Market Trends

Central Inverters Segment Expected to Dominate the Market

A central inverter is a large grid feeder. It is often used in solar photovoltaic systems with rated outputs over 100 kWp. Floor or ground-mounted inverters convert DC power collected from a solar array into AC power for grid connection. These devices range in capacity from around 50kW to 1MW and can be used indoors or outdoors.

A central inverter consists of one DC-AC conversion stage. Some inverters also have a DC-DC boost stage to increase their MPP (maximum power point) voltage range. Low-frequency transformers are sometimes used to boost the AC voltage and provide isolation at the output. However, this reduces efficiency and increases the inverter's size, weight, and cost.

A central inverter typically has a maximum input voltage of 1,000V. However, some newer central inverters already come with 1,500V input voltage. These inverters allow PV arrays based on a maximum voltage of 1,500V, requiring fewer BOS (balance of system) components.

Central inverters can be monolithic (using a single power train and multi-MPPT tracker) or modular (using multiple power trains). Modular inverters are more complex but can maintain reduced power output if one or more modules fail and can use either a multi-MPPT or a master-slave control approach. The multi-MPPT system uses a separate converter and MPPT for each floating sub-array, increasing the overall energy harvest under partial shading conditions. In the master-slave approach, the controller module is always on. It commands the slave modules to switch on when more power is available from the array, which maximizes inverter efficiency in low-insolation environments.

As central inverters are used for utility-scale applications, they should produce the same voltage and frequency as that of the electric grid where they are used. As there are a lot of different electric grid standards worldwide, manufacturers are allowed to customize these parameters to match the specific requirements in terms of the number of phases; most central inverters manufactured are three-phase inverters.

In January 2022, Sungrow launched its new 1+X central modular inverter with an output capacity of 1.1MW at the World Future Energy Summit in Abu Dhabi. This 1+X modular inverter can be combined into eight units to reach a power of 8.8MW and features a DC/ESS interface for the connection of energy storage systems (ESS).

Therefore, the growing demand for electricity, the government's efforts to decarbonize the power sector, and the declining costs of central inverters are expected to drive the segment's growth during the forecast period.

Asia-Pacific to Dominate the Market

Asia-Pacific dominated the solar PV inverter market in 2021, and it is expected to continue its dominance over the coming years. Most of the demand is expected to come from China, which is also the largest producer of solar energy in the world.

There has been an increased emphasis on solar inverters in China, providing a zero-voltage ride through (ZVRT) scheme. To meet the scheme norms, the solar PV power plants must continue to operate without breaking. This is even more significant as the country hosts the largest amount of solar power generation in the world.

With the rising concerns over pollution across the world due to industrialization, especially in Asia-Pacific, regional solar power generation gained considerable momentum. As part of the Paris Agreement commitments, the Government of India set an ambitious target of achieving 175 GW of renewable energy capacity by 2022. Out of the 175 GW, 100 GW was earmarked for solar capacity with 40 GW (40%), which was expected to be achieved through decentralized and rooftop-scale solar projects. To achieve this huge target, the government launched several new programs in 2019, like the solar rooftop phase-2, PM-KUSUM, and the development of ultra mega renewable energy power parks (UMREPPs).

India's solar potential is more than 750 GW, and the country's energy security scenario 2047 shows a possibility of achieving around 479 GW of solar PV installed capacity by 2047. Solar power in India, bestowed with high solar irradiance, has already achieved grid parity that encourages the adoption of solar power as a mainstream energy source, pushing forward the capacity installations in the utility-scale and rooftop solar segments.

As of November 2021, Sungrow Power Supply Co. Ltd has shipped more than 10 GW of solar inverters in India since 2014. This is due to the increased demand for solar energy across the country. In March 2022, Sungrow increased its fab capacity in India to 10GW/annum capacity. Such a large development in the manufacturing sector is expected to boost the growth of the market studied during the forecast period.

Therefore, with various government initiatives launched by China, India, Malaysia, etc., Asia-Pacific is expected to dominate the solar PV inverter market during the forecast period.

Solar PV Inverter Industry Overview

The solar PV inverters market is fragmented in nature. Some of the major players in the market (in no particular order) include FIMER SpA, Schneider Electric SE, Siemens AG, Mitsubishi Electric Corporation, and Omron Corporation.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Scope of the Study
  • 1.2 Market Definition
  • 1.3 Study Assumptions

2 EXECUTIVE SUMMARY

3 RESEARCH METHODOLOGY

4 MARKET OVERVIEW

  • 4.1 Introduction
  • 4.2 Market Size and Demand Forecast in USD billion, till 2027
  • 4.3 Recent Trends and Developments
  • 4.4 Government Policies and Regulations
  • 4.5 Market Dynamics
    • 4.5.1 Drivers
    • 4.5.2 Restraints
  • 4.6 Supply Chain Analysis
  • 4.7 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.7.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.7.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.7.3 Threat of New Entrants
    • 4.7.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.7.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Inverter Type
    • 5.1.1 Central Inverters
    • 5.1.2 String Inverters
    • 5.1.3 Micro Inverters
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Residential
    • 5.2.2 Commercial and Industrial
    • 5.2.3 Utility-scale
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
    • 5.3.4 South America
    • 5.3.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 FIMER SpA
    • 6.3.2 Schneider Electric SE
    • 6.3.3 Siemens AG
    • 6.3.4 Mitsubishi Electric Corporation
    • 6.3.5 Omron Corporation
    • 6.3.6 General Electric Company
    • 6.3.7 SMA Solar Technology AG
    • 6.3.8 Delta Energy Systems Inc.
    • 6.3.9 Enphase Energy Inc.
    • 6.3.10 SolarEdge Technologies Inc.
    • 6.3.11 Huawei Technologies Co. Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS