市場調査レポート
商品コード
1444302

炭素繊維 - 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024年~2029年)

Carbon Fiber - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 200 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
炭素繊維 - 市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 200 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

炭素繊維市場規模は2024年に14万9,820トンと推定され、2029年までに24万1,850トンに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に10.05%のCAGRで成長します。

炭素繊維- 市場

COVID-19の影響で、自動車、建設、航空宇宙などを含むさまざまな業界の生産が2020年に減少しました。世界の自動車および航空宇宙産業はパンデミックによって大きな影響を受けており、新型コロナウイルス感染症によるエンドユーザーの活動の一時的な停止を考慮しています。世界各地で政府が課したロックダウン。しかし、パンデミック後のシナリオでは、業界は回復しており、今後数年間で大幅な成長が見込まれています。

主なハイライト

  • 中期的には、調査対象の市場の成長を促進する主な要因は、航空宇宙および防衛分野の最近の進歩と風力エネルギー分野での用途の増加です。
  • その一方で、リサイクル炭素繊維のサプライチェーンの安全性と代替品の入手可能性が、調査対象の市場に対する制約として機能しています。
  • リサイクル炭素繊維の人気の高まりと炭素繊維の原料としてのリグニンの使用の重視は、予測期間中に調査される市場の機会として機能する可能性があります。
  • 量の点では、アジア太平洋が調査対象となった世界中の市場を独占しており、中国が需要の大部分を占めています。

炭素繊維市場動向

航空宇宙および防衛産業が市場を独占

  • 航空宇宙および防衛は、エンドユーザー産業に基づく市場で最大のシェアを占めています。過去数年にわたって、この分野にいくつかの新製品が追加されました。カーボンファイバーは、必要に応じて強度、耐久性、安定性を提供するため、多くの航空宇宙および防衛用途に最適です。
  • 防衛産業では、ミサイル防衛、地上防衛、軍用船舶において炭素繊維強化プラスチック(CFRP)が使用されています。
  • 北米では、個人消費の増加と民間航空機の継続的な老朽化が、航空宇宙産業における炭素繊維の製品全体の普及に影響を与える主な要因の一つとなっています。
  • アジアでは、地域全体、特に中国を含む新興国での民間航空機の需要の高まりにより、航空宇宙技術における炭素繊維市場は、予測期間中に最も高い成長率を示す可能性があります。
  • COVID-19は、航空および航空宇宙における既存のいくつかの動向を加速させ、市場参入企業は持続可能な技術、業界の統合、環境、社会、企業ガバナンス(ESG)をポストコロナの分野における3つの最大のテーマとして挙げています。
  • たとえば、ボーイングの商業見通し2022-2041によると、新型航空機の世界納入総数は2041年までに41,170機になると推定されています。このように膨大な納入が見込まれるため、航空機製造における炭素繊維の需要は世界中で増加する可能性があります。
  • 2021年に世界の国防支出は初めて2兆米ドルを超えました。2021年の世界の国防支出は2020年と比較して0.7%増加しました。国防支出が最も高かった上位5か国は、米国、中国、インド、英国、およびロシア。これらは総支出の62%を占めました。これにより、防衛用途で使用される炭素繊維の需要が増加する可能性があります。
  • 航空宇宙および防衛産業におけるこのような動向は、炭素繊維市場を牽引すると予想されます。

アジア太平洋が市場を独占する

  • アジア太平洋地域は、中国やインドなどの国々でのさまざまなエンドユーザー産業の成長により、量の面で世界市場を独占すると予想されています。
  • 中国の航空会社は今後20年間で約1兆2,000億米ドル相当の新規航空機約7,690機の購入を計画しており、これにより炭素繊維の市場需要がさらに高まると予想されています。
  • ボーイング商業見通し2022-2041によると、中国では2041年までに約8,485件の新規納入が行われ、市場サービス額は5,450億米ドルになる見込みです。国内でのこのような新規納入により、炭素繊維の需要は増加する可能性があります。
  • ストックホルム国際平和調査(SIPRI)によると、インドの軍事支出は766億米ドルで、世界で3番目に高いです。これは2020年から0.9%増加しました。先住民の武器産業の強化を図るため、2021年の軍事予算における資本支出の64%が国産武器の購入に充てられました。
  • インドは現在、風力発電設備容量が世界で4番目に多く、総設備容量は3925万kW(2021年3月31日現在)で、2020年から2021年にかけて約601億4,900万基の発電が行われました。風力産業の拡大により、強力なエコシステム、プロジェクト運営能力、年間約10,000 MWの製造拠点が誕生しました。
  • 前述のすべての要因は、予測期間中にこの地域の炭素繊維市場の需要に大きな影響を与えると予想されます。

炭素繊維業界の概要

世界の炭素繊維市場は本質的に統合されており、市場シェアを拡大するために主要企業の間で激しい競合ます。炭素繊維市場の主要企業には、東レ株式会社、SGLカーボン、三菱化学株式会社、ヘクセル株式会社、帝人株式会社などが含まれます(順不同)。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 航空宇宙および防衛分野における最近の進歩
    • 風力エネルギー分野での用途の増加
  • 抑制要因
    • リサイクル炭素繊維のサプライチェーンセキュリティ
    • 代替要員の確保
    • その他の抑制要因
  • 業界のバリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品やサービスの脅威
    • 競合の程度
  • 価格分析
  • テクノロジーの情勢-クイックスナップショット
  • 生産分析

第5章 市場セグメンテーション(量と金額における市場規模)

  • 原材料
    • ポリアクリロニトリル(PAN)
    • 石油ピッチとレーヨン
  • タイプ
    • バージンファイバー(VCF)
    • リサイクルカーボンファイバー(RCF)
  • 用途
    • 複合材料
    • テキスタイル
    • 微小電極
    • 触媒作用
  • エンドユーザー産業
    • 航空宇宙と防衛
    • 代替エネルギー
    • 自動車
    • 建設とインフラストラクチャー
    • スポーツ用品
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他のアジア太平洋
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • イタリア
      • フランス
      • その他の欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他の南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他の中東・アフリカ

第6章 競合情勢

  • 合併と買収、合弁事業、コラボレーション、および契約
  • 市場シェア(%)分析
  • 有力企業が採用した戦略
  • 企業プロファイル
    • A&P Technology Inc.
    • Anshan Sinocarb Carbon Fibers Co. Ltd
    • DowAksa USA LLC
    • Formosa Plastics Corporation
    • Hexcel Corporation
    • Holding company Composite
    • Hyosung Advanced Materials
    • Jiangsu Hengshen Co. Ltd
    • Mitsubishi Chemical Corporation
    • Nippon Graphite Fiber Co. Ltd
    • SGL Carbon
    • Solvay
    • Teijin Limited
    • Toray Industries Inc.
    • Zhongfu Shenying Carbon Fiber Co. Ltd

第7章 市場機会と将来の動向

  • 再生炭素繊維の人気が高まる
  • 炭素繊維原料としてのリグニンの利用に重点を置く
目次
Product Code: 55674

The Carbon Fiber Market size is estimated at 149.82 kilotons in 2024, and is expected to reach 241.85 kilotons by 2029, growing at a CAGR of 10.05% during the forecast period (2024-2029).

Carbon Fiber - Market

Due to COVID-19, production in various industries, including automotive, construction, aerospace, etc., decreased in 2020. The global automotive and aerospace industry has been heavily impacted by the pandemic, considering a temporary halt in end-user activities due to government-imposed lockdowns in various parts of the world. However, in the post-pandemic scenario, the industry has recovered and is expected to grow at a significant rate during the coming years.

Key Highlights

  • In the medium term, the major factors driving the growth of the market studied are recent advancements in the aerospace and defense sector and increasing applications in the wind energy sector.
  • On the flip side, supply chain security for recycled carbon fiber and the availability of substitutes have been acting as restraints to the market studied.
  • The increasing popularity of recycled carbon fiber and the emphasis on the usage of lignin as raw material for carbon fiber is likely to act as opportunities for the market studied over the forecast period.
  • In terms of volume, Asia-Pacific dominated the market studied across the world, with China accounting for most of the demand.

Carbon Fiber Market Trends

Aerospace and Defense Industry to Dominate the Market

  • Aerospace and defense account for the largest share of the market based on end-user industries. Over the past few years, there have been several new products added in this field. Carbon fibers are a perfect choice for numerous aerospace and defense applications as they provide strength, endurance, and stability as required.
  • In the defense industry, the use of carbon fiber-reinforced plastics (CFRP) is present in missile defense, ground defense, and military marine.
  • In North America, higher consumer spending and the constant aging of commercial aircraft are among the primary factors influencing the overall product penetration of carbon fibers in the aerospace industry.
  • In Asia, the market for carbon fibers in aerospace technology is likely to witness the highest growth rate over the forecast period due to the rising demand for commercial aircraft across the region, especially in emerging economies, including China.
  • COVID-19 has accelerated several pre-existing trends in aviation and aerospace, with market participants identifying sustainable technologies, industry consolidation, and environmental, social, and corporate governance (ESG) as the three biggest themes in the post-COVID-19 space.
  • For instance, according to the Boeing Commercial Outlook 2022-2041, the total global deliveries of new airplanes are estimated to be 41,170 by 2041. Owing to such huge expected deliveries, the demand for carbon fiber during aircraft production is likely to rise across the world.
  • The global defense expenditure crossed USD 2 trillion for the first time in 2021. Global spending was 0.7% higher in 2021 compared to 2020. The top five countries with the highest defense expenditure were the United States, China, India, the United Kingdom, and Russia. They accounted for 62% of the total spending. This is likely to increase the demand for carbon fiber used in defense applications.
  • Such trends in the aerospace and defense industries are expected to drive the carbon fiber market.

Asia-Pacific to Dominate the Market

  • The Asia Pacific region is expected to dominate the global market in terms of volume due to the growth of various end-user industries in countries like China and India.
  • The Chinese airline companies are planning to purchase about 7,690 new aircraft in the next 20 years, which were valued at approximately USD 1.2 trillion, which is further expected to raise the market demand for carbon fiber.
  • According to the Boeing Commercial Outlook 2022-2041, in China, around 8,485 new deliveries are likely to be made by 2041, with a market service value of USD 545 billion. Owing to such new deliveries in the country, the demand for carbon fiber is likely to rise.
  • According to the Stockholm International Peace Research Institute (SIPRI), India's military spending of USD 76.6 billion ranked third highest in the world. This was up by 0.9% from 2020. In a push to strengthen the indigenous arms industry, 64% of capital outlays in the military budget of 2021 were earmarked for acquisitions of domestically produced arms.
  • India currently has the fourth-highest wind installed capacity in the world, with a total installed capacity of 39.25 GW (as of March 31, 2021), and generated around 60.149 billion units during 2020-21. The expansion of the wind industry resulted in a strong ecosystem, project operation capabilities, and a manufacturing base of about 10,000 MW per annum.
  • All the aforementioned factors are expected to show a significant impact on the demand for the carbon fiber market in the region over the forecast period.

Carbon Fiber Industry Overview

The global carbon fiber market is consolidated in nature, with intense competition among the top players to increase their share in the market. The major companies in the carbon fiber market include (not in any particular order) Toray Industries Inc., SGL Carbon, Mitsubishi Chemical Corporation, Hexcel Corporation, and Teijin Limited, among other companies.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Recent Advancements in Aerospace and Defense Sector
    • 4.1.2 Increasing Applications in Wind Energy Sector
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 Supply Chain Security for Recycled Carbon Fiber
    • 4.2.2 Availability of Substitutes
    • 4.2.3 Other Restraints
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products and Services
    • 4.4.5 Degree of Competition
  • 4.5 Price Analysis
  • 4.6 Technology Landscape - Quick Snapshot
  • 4.7 Production Analysis

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume and Value)

  • 5.1 Raw Material
    • 5.1.1 Polyacrylonitrile (PAN)
    • 5.1.2 Petroleum Pitch and Rayon
  • 5.2 Type
    • 5.2.1 Virgin Fiber (VCF)
    • 5.2.2 Recycled Carbon Fiber (RCF)
  • 5.3 Application
    • 5.3.1 Composite Materials
    • 5.3.2 Textiles
    • 5.3.3 Microelectrodes
    • 5.3.4 Catalysis
  • 5.4 End-user Industry
    • 5.4.1 Aerospace and Defense
    • 5.4.2 Alternative Energy
    • 5.4.3 Automotive
    • 5.4.4 Construction and Infrastructure
    • 5.4.5 Sporting Goods
    • 5.4.6 Other End-user Industries
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 Asia-Pacific
      • 5.5.1.1 China
      • 5.5.1.2 India
      • 5.5.1.3 Japan
      • 5.5.1.4 South Korea
      • 5.5.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.2 North America
      • 5.5.2.1 United States
      • 5.5.2.2 Canada
      • 5.5.2.3 Mexico
    • 5.5.3 Europe
      • 5.5.3.1 Germany
      • 5.5.3.2 United Kingdom
      • 5.5.3.3 Italy
      • 5.5.3.4 France
      • 5.5.3.5 Rest of Europe
    • 5.5.4 South America
      • 5.5.4.1 Brazil
      • 5.5.4.2 Argentina
      • 5.5.4.3 Rest of South America
    • 5.5.5 Middle East and Africa
      • 5.5.5.1 Saudi Arabia
      • 5.5.5.2 South Africa
      • 5.5.5.3 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Share (%) Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 A&P Technology Inc.
    • 6.4.2 Anshan Sinocarb Carbon Fibers Co. Ltd
    • 6.4.3 DowAksa USA LLC
    • 6.4.4 Formosa Plastics Corporation
    • 6.4.5 Hexcel Corporation
    • 6.4.6 Holding company Composite
    • 6.4.7 Hyosung Advanced Materials
    • 6.4.8 Jiangsu Hengshen Co. Ltd
    • 6.4.9 Mitsubishi Chemical Corporation
    • 6.4.10 Nippon Graphite Fiber Co. Ltd
    • 6.4.11 SGL Carbon
    • 6.4.12 Solvay
    • 6.4.13 Teijin Limited
    • 6.4.14 Toray Industries Inc.
    • 6.4.15 Zhongfu Shenying Carbon Fiber Co. Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Increasing Popularity of Recycled Carbon Fiber
  • 7.2 Emphasis on Usage of Lignin as Raw Material for Carbon Fiber