デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444216

軍用EO/IRシステム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Military Electro-optical and Infrared Systems - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 180 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.92円
軍用EO/IRシステム:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 180 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

軍用EO/IRシステムの市場規模は、2024年に89億1,000万米ドルと推定され、2029年までに102億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に2.80%のCAGRで成長します。

軍用EO/IRシステム- 市場

主なハイライト

  • COVID-19のパンデミックの発生は世界経済に深刻な影響を与えました。ただし、2020年の防衛支出は2019年と比較して増加を記録しました。それにもかかわらず、経済低迷はすぐに防衛予算の配分に影響を与えると予想されます。政府が優先順位を再調整するにつれて、国防予算の削減を課す可能性が非常に高く、長期的な調達計画に影響を及ぼしました。
  • COVID-19のパンデミックの発生とその後の閉鎖は、いくつかの国で防衛製造部門と軍事研究開発活動のペースに影響を与えました。いくつかのプログラムが部品サプライヤーの独自の世界的ネットワークに依存していたため、パンデミックの悪影響は世界の防衛サプライチェーンに現れました。
  • 調査対象の市場は、さまざまな有人および無人システムのISR機能の強化に対する需要の高まりにより、予測期間の後半に着実に成長する可能性があります。これらのシステムは、EO/IRセンサーを利用します。各国は状況認識を高めるためにこれらのシステムを徐々に導入しています。
  • ただし、さまざまな設計上の課題、技術的制約、サプライチェーンのリスク、進化する世界的危機、および前例のない要因が、予測期間中の市場の成長を抑制すると予測されています。

軍用EO/IRシステムの市場動向

海上ベースセグメントは、予測期間中に最高の成長を遂げると予想される

  • 市場の海上ベースセグメントは、予測期間中に最高のCAGRで推移すると予想されます。領土紛争と国境問題の拡大により軍の海上資産のリスクが増大し、海上での監視、脅威の探知、目標の特定がますます重視されるようになりました。現代の戦闘ではこれらの能力が重視されるため、主に、洗練された高度なセンサーシステムを海軍艦艇に組み込んで統合することに重点が置かれています。
  • 海軍艦艇は、昼夜を問わずターゲットを長距離監視できるEO/IRセンサーから動画像を取得する必要があります。これにより、ターゲットの識別、脅威評価の実行、ルールによる意図の評価の能力が向上します。の交戦をサポートし、見通し線による自動追跡および射撃管制ソリューションを通じて武器交戦をサポートします。したがって、海上の状況認識を向上させる海上パトロールのための信頼性と精度が高い、より優れたセンサーシステムの必要性が高まっています。
  • さらに、海軍艦艇は地形から隔離されているため、差し迫った脅威から長期にわたって生き残るためには、高度な脅威検出および対抗システムを備えていることが重要になります。これが現在、これらの海上ベースEO/IRセンサーの研究開発の成長を推進しています。いくつかの国が海軍用EO/IRセンサーシステムをアップグレードしています。例えば、
  • 2022年3月、海上自衛隊(JMSDF)は新型ステルスフリゲート艦を就役させました。注目すべき機能の1つは、三菱重工業が開発した高度な統合戦闘情報センターです。このシステムには大きな円形の画面があり、オペレーターはすべてのナビゲーション、推進、追跡、射撃管制データを表示できます。同じシステムにより、乗組員はカメラを通じて360度の視界を確保できるため、船の周囲を死角なく見ることができます。残りの必須システムには、APY-2アクティブ電子走査アレイ(AESA)Xバンドレーダー、固定および牽引ソナー、OAX-3 EO/IRセンサーが含まれます。三菱電機はレーダーとEO/IRセンサーを供給しました。
  • 2022年 6月、米国海軍は、艦隊の保護を強化するためのSPEIRシステムを提供するために、L3Harris Technologiesが率いるチームを選出しました。契約の初期額は2億500万米ドルで、2031年3月までにすべてのオプションが行使された場合の上限額は5億9,300万米ドルとなります。
  • SPEIRプログラムは、兵器支援センサーから完全に受動的なミッションソリューション機能に至るまで、360度のEO/IRの画像と状況認識、および改良されたEO/IRセンサーの使用における世代の飛躍を示しています。このような発展は、将来的に海上セグメントの見通しを強化すると予想されます。

北米が市場で最高のシェアを保持

  • 北米が最大のシェアを占めましたが、これは主にEO/IRシステムに対する米国軍からの高い需要によるものです。戦場における敵の能力が強化されたため、米国は技術的に進歩した兵器システムへの投資を増やす必要に迫られました。さらに、さまざまな世界規模の紛争への米国軍の関与の増大は、軍の状況認識を強化する先進的なISRおよびその他のシステムの調達の増加に大きく貢献しました。
  • 2022年7月、米国下院は最近、国のさまざまな軍隊の任務即応性を強化するため、2023年10月1日に始まる次年度の国防予算8,400億米ドルを承認しました。これにより国防総省の予算は370億米ドル増加し、ウクライナ軍への資金提供、中国との競争、アフガニスタン軍撤退問題への対応に重点が置かれることになります。一方、2022年4月に米国下院は、戦争で荒廃したウクライナおよび他の東欧諸国との防衛装備品のレンドリース契約の基準を緩和する法案を承認し、より多くの米国兵器がこの地域に侵入する道を切り開きました。
  • 2022年 2月、米国陸軍は次世代レーザー目標探知機の計画を発表しました。 Defense Blog Webサイトは、陸軍の調達機関の部門が、最新の性能要件を満たす内蔵型レーザーターゲットロケーターモジュールIII(LTLM III)を製造および提供するベンダーの能力を判断するために業界に働きかけていると報告しました。 PdM SPTDは、2023会計年度の第1四半期に競争的に受注する契約を検討しており、指定されたスケジュール内で新しいロケーターモジュールの要件を満たす実証済みの能力について、関心のある企業からの情報を求めています。
  • 2021年8月、L3Harris Technologiesは、WESCAM MX電気光学、赤外線、レーザーデジグネータセンサースイートとサービスを調達するために、米国特殊作戦軍から5年間の9,600万米ドルのIDIQ契約を結んだと発表しました。このセンサーシステムは、米国陸軍特殊作戦航空司令部の保有するさまざまな航空機にマルチスペクトルイメージングおよび指定機能を提供すると期待されています。新しい電気光学センサーの同様の注文と、高度なEO/IRセンサーを備えたさまざまな軍事システムのアップグレードが、予測期間中にこの地域の市場の成長を推進すると予想されます。

軍用EO/IRシステム業界の概要

軍用EO/IRシステム市場は本質的に適度に統合されており、市場で大きなシェアを保持している企業はほとんどありません。市場における著名なプレーヤーとしては、Leonardo SpA、BAE Systems plc、THALES、Ultra Electronics Holding、Lockheed Martin Corporationなどがあります。著名な市場プレーヤーは多面的な製品ポートフォリオを持っています。さらに、継続的な研究開発を通じて現在の機能を修正および強化し、エンドユーザーに付加価値のあるEO/IRソリューションを提供するための高度な機能を導入しようとしています。これは、差別化の低い製品を競争力のある価格で導入するのにも役立ちます。

ほとんどの統合プログラムは長期的なものです。したがって、エンドユーザーの仕様に合わせた高度なEO/IRセンサーの設計変更と生産を意味するいくつかのIDIQ契約が現在進行中です。エンドユーザーの要件は多様であるため、市場関係者間の戦略的協力が促進されます。

新しい統合プラットフォームの開発により、高度なEO/IRセンサーとシステムの統合に対する需要が促進され、その結果、予測期間中に市場に前向きな見通しが生まれる可能性があります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • プラットフォーム
    • 航空ベース
    • 陸上ベース
    • 海上ベース
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • ロシア
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
      • メキシコ
      • ブラジル
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • ベンダーの市場シェア
  • 企業プロファイル
    • BAE Systems plc
    • Elbit Systems Ltd.
    • Teledyne FLIR LLC
    • Israel Aerospace Industries Ltd.
    • L3Harris Technologies Inc.
    • Leonardo SpA
    • Lockheed Martin Corporation
    • Raytheon Technologies Corporation
    • Rheinmetall AG
    • Saab AB
    • THALES
    • Ultra Electronics Holdings
  • その他の企業
    • Danbury Mission Technologies
    • System Controls
    • Zygo Corporation
    • Navitar
    • Optikos

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 54246

The Military Electro-optical and Infrared Systems Market size is estimated at USD 8.91 billion in 2024, and is expected to reach USD 10.23 billion by 2029, growing at a CAGR of 2.80% during the forecast period (2024-2029).

Military Electro-optical and Infrared Systems - Market

Key Highlights

  • The outbreak of the COVID-19 pandemic had a severe impact on the global economy. However, defense spending in 2020 registered growth compared to 2019. Nevertheless, the economic downturn is anticipated to impact the defense budget allocation soon. As governments realigned their priorities, it was quite likely that they imposed defense budget cuts, affecting long-term procurement plans.
  • The outbreak of the COVID-19 pandemic and the subsequent shutdowns affected the defense manufacturing sector and the pace of military R&D activities in several countries. The negative impacts of the pandemic were visible in the global defense supply chains, as several programs relied upon a unique global network of part suppliers.
  • The market studied is likely to grow steadily during the latter half of the forecast period due to the growing demand for enhanced ISR capabilities for various manned and unmanned systems. These systems make use of electro-optical/infrared (EO/IR) sensors. Countries are progressively adopting these systems to increase their situational awareness.
  • However, various design challenges, technological constraints, supply chain risks, the evolving global crisis, and unprecedented factors are projected to restrain the market growth during the forecast period.

Military Electro-optical and Infrared Systems Market Trends

The Sea-based Segment is Expected to Experience the Highest Growth During the Forecast Period

  • The sea-based segment of the market is anticipated to register the highest CAGR during the forecast period. The growth of territorial conflicts and border issues increased the risk for maritime assets of militaries, which led to increasing emphasis on surveillance, threat detection, and target identification at sea. As modern combats emphasize these capabilities, armed forces mostly focus on incorporating and integrating sophisticated and advanced sensor systems into their naval vessels.
  • Navy vessels need to obtain motion imagery from electro-optical/infrared (EO/IR) sensors that provide day-night and long-range eyes on the target, which improves their ability to identify targets, perform threat assessment, assess intent by the rules of engagement, and support weapon engagement through automatic tracking and fire control solutions through line-of-sight. Thus, the need for better sensor systems that are highly reliable and accurate for maritime patrol to improve sea-based situational awareness has increased.
  • In addition, as the naval vessels are isolated from the terrain, it becomes important for them to possess advanced threat detection and countermeasure systems for their long-time survival from impending threats. This is driving the growth of research and development in these sea-based EO/IR sensors currently. Several nations are upgrading their naval EO/IR sensor systems. For instance,
  • In March 2022, the Japan Maritime Self-Defense Force (JMSDF) commissioned a new stealth frigate into service. One notable feature is an advanced integrated combat information center developed by Mitsubishi Heavy Industries. This system has a large circular screen where operators may view all navigation, propulsion, tracking, and fire control data. The same system provides the crew 360 degrees of visibility through cameras, enabling them to see the areas around the ship without any blind spots. The remaining essential systems include an APY-2 active electronically scanned array (AESA) X-band radar, fixed and towed sonars, and an OAX-3 EO/IR sensor. Mitsubishi Electric supplied the radar and the EO/IR sensor.
  • In June 2022, US Navy selected a team led by L3Harris Technologies to deliver a Shipboard Panoramic Electro-Optic/Infrared (SPEIR) system for enhancing fleet protection. The initial value of the contract is USD 205 million, with a ceiling value of USD 593 million if all the options are exercised until March 2031.
  • The SPEIR program marks a generational leap in using 360-degree electro-optic and infrared (EO/IR) imagery and situational awareness, as well as improved EO/IR sensors - from a weapon support sensor to a completely passive mission solution capability. Such developments are expected to bolster the sea-based segment prospects in the future.

North America Held Highest Shares in the Market

  • North America held the largest share, primarily due to high demand from the US armed forces for EO/IR systems. The enhanced capabilities of adversaries on the battlefield forced the United States to increase its investment in technologically advanced weapon systems. Furthermore, the growing involvement of the US armed forces in various global conflicts significantly contributed to the increased procurement of advanced ISR and other systems that enhance the situational awareness of the military.
  • In July 2022, the US House of Representatives recently approved the nation's USD 840 billion defense budget for the next fiscal year, which begins on October 1, 2023, for enhancing the mission readiness of various armed forces of the country. This will increase the Pentagon budget by USD 37 billion, focusing on providing funds to Ukraine's military, competing with China, and addressing the issues of Afghanistan's military withdrawal. Meanwhile, in April 2022, the US House of Representatives approved legislation that loosened the criteria for defense equipment lend-lease agreements with war-torn Ukraine and other countries in Eastern Europe, paving the path for more US weapons to enter the region.
  • In February 2022, the US Army announced its plans for a next-generation laser target locator. The Defence Blog website reported that a branch of the Army's acquisition agency is reaching out to the industry to determine vendors' ability to produce and deliver a self-contained Laser Target Locator Module III (LTLM III) that meets updated performance requirements. The PdM SPTD is considering a competitively awarded contract in the first quarter of the fiscal year 2023 and is seeking information from interested companies on their demonstrated ability to meet the requirements for the new locator module within the stated timeline.
  • In August 2021, L3Harris Technologies announced that it had received a five-year, USD 96 million IDIQ contract from the US Special Operations Command to procure WESCAM MX electro-optical, infrared, and laser designator sensor suites and services. The sensor systems are expected to provide multi-spectral imaging and designation capabilities for various aircraft within the US Army Special Operations Aviation Command inventory. Similar orders for new electro-optical sensors and the upgrading of various military systems with advanced EO/IR sensors are anticipated to propel the market growth in the region during the forecast period.

Military Electro-optical and Infrared Systems Industry Overview

The military electro-optical & infrared systems market is moderately consolidated in nature, with the presence of few players holding significant shares in the market. Some prominent players in the market are Leonardo S.p.A, BAE Systems plc, THALES, Ultra Electronics Holding, and Lockheed Martin Corporation. Prominent market players have multifaceted product portfolios. Additionally, they try to modify and enhance their current capabilities through continuous research and development and introduce sophisticated features to deliver value-added electro-optical/infrared (EO/IR) solutions to end users. This also helps them introduce low-differentiated products at competitive pricing.

Most of the integration programs are long-term; hence, several IDIQ contracts are currently underway, signifying design modification and production of sophisticated EO/IR sensors per end-user specifications. Since the end-user requirements are diverse, it encourages strategic collaboration between market players.

The development of new integration platforms drives the demand for the integration of sophisticated EO/IR sensors and systems, which, in turn, may create a positive outlook for the market during the forecast period.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Platform
    • 5.1.1 Air-based
    • 5.1.2 Land-based
    • 5.1.3 Sea-based
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 Germany
      • 5.2.2.2 United Kingdom
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 Italy
      • 5.2.2.5 Spain
      • 5.2.2.6 Russia
      • 5.2.2.7 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia-Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 Japan
      • 5.2.3.3 India
      • 5.2.3.4 Australia
      • 5.2.3.5 South Korea
      • 5.2.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.2.4 Latin America
      • 5.2.4.1 Mexico
      • 5.2.4.2 Brazil
      • 5.2.4.3 Rest of Latin America
    • 5.2.5 Middle East and Africa
      • 5.2.5.1 United Arab Emirates
      • 5.2.5.2 Saudi Arabia
      • 5.2.5.3 South Africa
      • 5.2.5.4 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Vendor Market Share
  • 6.2 Company Profiles
    • 6.2.1 BAE Systems plc
    • 6.2.2 Elbit Systems Ltd.
    • 6.2.3 Teledyne FLIR LLC
    • 6.2.4 Israel Aerospace Industries Ltd.
    • 6.2.5 L3Harris Technologies Inc.
    • 6.2.6 Leonardo S.p.A
    • 6.2.7 Lockheed Martin Corporation
    • 6.2.8 Raytheon Technologies Corporation
    • 6.2.9 Rheinmetall AG
    • 6.2.10 Saab AB
    • 6.2.11 THALES
    • 6.2.12 Ultra Electronics Holdings
  • 6.3 Other Players
    • 6.3.1 Danbury Mission Technologies
    • 6.3.2 System Controls
    • 6.3.3 Zygo Corporation
    • 6.3.4 Navitar
    • 6.3.5 Optikos

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS