デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444149

無線ルーター:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Wireless Router - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.91円
無線ルーター:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

無線ルーター市場規模は、2024年に152億2,000万米ドルと推定され、2029年までに236億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に9.20%のCAGRで成長します。

無線ルーター- 市場

COVID-19感染症のパンデミックで在宅勤務(WFH)が動向になる中、企業や個人消費者は従業員のためにさまざまなIT製品を保護する必要がありました。その結果、無線ルーターなどのIT周辺機器の供給需要が増加しました。

無線ルーターは、インターネットまたはプライベートコンピューターネットワークへのアクセスを提供するために使用される無線アクセスポイントを備えていることで知られています。メーカーとモデルに応じて、無線ルーターは、有線ローカルエリアネットワーク、無線専用 LAN、または有線と無線の混合ネットワークで機能します。

無線テクノロジーの成長の主な要因は、ルーターを改善するために設定された標準が定期的に変更されることです。無線ルーターテクノロジーは、電気電子学会(IEEE)によって設定された標準の進歩と歩調を合わせながら、過去10年間にわたって着実に進化してきました。これらの標準は、最大速度と伝送能力の点でネットワークスループットを向上させるために定期的に更新されます。

これらのアップグレードにより、市場の企業はイノベーションを目指して努力し、より高い帯域幅とより高速なインターネットに対する顧客の需要をうまく満たす手段を得ることができました。市場促進要因は、Web対応デバイスに対する消費者の需要の増加とIPトラフィックの増加です。

消費者の間でより高速なインターネット接続に対する需要が高まりましたが、接続される有効なデバイスの数が増加したため、悪化しました。これにより、適切な接続を備えた無線ルーターの需要が高まっています。さらに、IoTの出現と、インターネット接続で多数の機能を操作および実行できるさまざまなガジェットやウェアラブルの購入に対する消費者の嗜好の変化により、予測期間中に無線ルーター市場の成長が促進されると予想されます。

企業の場合、優先順位はほとんどの消費者ユーザーとは異なります。セキュリティ、サポート、リモートアクセス、ビジネスグレードのVPN、WAN冗長性、接続オプション、およびスケーラビリティは、絶対的な速度、コストパフォーマンス、またはサービスの品質よりも上位にランクされます。さらに、企業は新製品を導入し、市場の拡大する需要を活用するための拡大戦略を立てています。

COVID-19により、無線テクノロジーの使用増加への移行が加速しました。業界はこの需要の増加にうまく対応しており、その結果、データセンター、クラウド、ゲーム、ハードウェア、コネクテッドデバイスなどの市場に新しいテクノロジーが展開される機会が生まれました。

無線ルーター市場動向

住宅部門では大幅な導入が見込まれる

コネクテッドデバイスの増加に伴い、さまざまな家庭でのインターネット需要が高まっています。 Ericsson Mobility Report 2021によると、同社は2026年末までに全世界で35億の5G契約があり、全モバイル契約の約40%を占めると推定しています。このような発展により、住宅環境で接続されるデバイスの数が急速に増加すると予想されます。

大多数の世帯は、多くの機能を促進するためにインターネットを必要とするスマートホームに変わりつつあります。 Amazon EchoやGoogle Homeなどのスマート TVやスマートスピーカーの出現により、無線ルーター市場の成長が促進されました。

さらに、COVID-19への懸念から地元の学校が遠隔授業に移行し、在宅勤務する保護者が増えたことで、インターネットプロバイダーも利用状況の変化に気づいています。インターネットプロバイダーはこの機会を活用しようとしています。

2022年 9月、ExpressVPNは、VPNとWi-Fi 6コンシューマールーターを内蔵した最初のルーターAircoveを発売しました。このルーターは、ユーザーに家全体のプライバシー保護を簡単に提供します。 Aircoveのカバー範囲は最大1,600平方フィートで、オンボード VPNにより無制限の同時接続が可能です。このデバイスは、2.4GHz帯域で600 Mbps、5GHz帯域で1,200 Mbpsの高速化を可能にします。

北米では米国が大きなシェアを握ると予想される

世界的に見て、米国は固定ブロードバンドインターネット接続において最も成熟した市場の1つです。 ITUによると、2021年には米国の個人の約90%がインターネットにアクセスできました。米国は世界最大のオンライン市場の1つです。このようにインターネットを使用する人口が非常に多いため、米国では予測期間中に無線ルーターの需要が高まると予想されます。

Cisco、D-Link、TP-Linkなどの大手テクノロジー企業の存在と、この国での技術動向の高度な採用が無線ルーター市場を押し上げています。さらに、固定ブロードバンド市場は成熟しています。飽和状態に近づいており、米国の世帯の4世帯に3世帯以上が、予測期間中に固定ブロードバンド接続を利用すると予想されています。

2022年 2月、D-Linkは、インターネット速度を向上させるAI搭載Wi-Fiルーター、Eagle Pro AIシリーズの発売を発表しました。これには、R15 EAGLE PRO AI AX1500スマートルーター、M15-2PKおよびM15-3PK EAGLE PRO AI AX1500メッシュシステム、およびE15 AX1500メッシュレンジエクステンダーが含まれます。

固定ブロードバンドアクセスに対する消費者の需要は、伸び悩みを記録すると予想されます。しかし、モバイルブロードバンドサービスの影響により、市場は予測期間中に成長すると予想され、その結果、固定ブロードバンドの契約数は330万件を超えます。さらに、米国の3,000万世帯がすでにスマートホームになっており、スマートホームの導入が増加していることも、無線ルーターの条件に有利に働いています。

無線ルーター業界の概要

無線ルーター市場は、複数の大手プレーヤーが存在し、競争が激しいです。市場シェアの点では、現在市場を独占している大手企業はほとんどありません。市場で高いシェアを誇る大手企業は、海外への顧客基盤の拡大に注力しています。これらの企業は、市場シェアと収益性を向上させるために、戦略的な協力イニシアチブを活用しています。市場に参入している企業は、自社の製品機能を強化するために、無線ルーター技術に取り組む新興企業を買収しています。

2022年 9月、D-Linkは新しいEAGLE PRO AI M32シリーズの発売を発表しました。この製品には2パック(M32-2PK)または3パック(M32-3PK)システムが付属しており、最新のWi-Fi 6テクノロジーを備えています。新しいD-Link M32メッシュシステムのユーザーは、デュアルバンド AX3200 802.11AXを組み合わせた最大3.2 Gbpsの無線速度も体験できます。

2022年 9月、ASUSは、最大7800 Mbpsの帯域幅と堅牢なネットワークセキュリティを提供するWi-Fi 6EルーターRT-AXE7800の発売を発表しました。これは、ハイブリッドワーカーやプロフェッショナルスタジオなど、多くのデバイスを管理する必要がある個人の接続要件を拡張するために作成されています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • Wi-Fiアーキテクチャとテクノロジーの進化
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
    • 代替品の脅威
  • COVID-19が業界に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • インターネットトラフィックの増加とインターネット対応デバイスに対する消費者の需要の増大
    • デジタル化により企業全体で帯域幅要件が急激に増加
  • 市場抑制要因
    • ネットワークセキュリティとネットワーク管理に関連する複雑さ
    • マクロ経済変化の影響を受けやすい
    • モバイルブロードバンドの利用

第6章 市場セグメンテーション

  • コンポーネントタイプ別
    • Wi-Fiバンド別
      • シングルバンド
      • デュアルバンド
      • トライバンド
  • エンドユーザー業界別
    • 住宅
    • ビジネス/商業
      • BFSI
      • 教育
      • ヘルスケア
      • メディア・エンターテインメント
      • その他
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • スペイン
      • その他欧州(イタリア、北欧)
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • その他アジア太平洋(韓国、東南アジア、ANZ)
    • ラテンアメリカ(メキシコ、ブラジル、アルゼンチンなど)
    • 中東・アフリカ(アラブ首長国連邦、サウジアラビア、南アフリカなど)

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • D-Link Corporation
    • Belkin International Inc.
    • TP-Link Technologies Co. Limited
    • Netgear Inc.
    • Huawei Technologies Co. Limited
    • ASUSTeK Computer Inc.
    • Xiaomi Inc.
    • Mercury-PC
    • Buffalo Americas Inc.
    • Edimax Technology Co. Limited
    • Amped Wireless
    • Cisco Systems Inc.
    • Linksys Holdings Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 52958

The Wireless Router Market size is estimated at USD 15.22 billion in 2024, and is expected to reach USD 23.64 billion by 2029, growing at a CAGR of 9.20% during the forecast period (2024-2029).

Wireless Router - Market

With work-from-home (WFH) becoming the trend during the COVID-19 pandemic, players and individual consumers needed to secure various IT products for their employees. As a result, supplies of IT peripherals, including wireless routers, witnessed an increase in demand.

Wireless routers are known for including wireless access points that are used to provide access to the internet or a private computer network. Depending on the manufacturer and model, wireless routers function in a wired local area network, wireless-only LAN, or the mixed wired and wireless network.

The primary factor for the growth of wireless technology is the regularly changing standards set for improving routers. Wireless router technology has evolved steadily over the past decade, keeping pace with advances in standards set by the Institute of Electrical and Electronics Engineers (IEEE). These standards are updated regularly to improve network throughput in terms of maximum speeds and transmission capabilities.

These upgrades have given the companies in the market the means to strive for innovation and successfully satisfy the customers' demand for higher bandwidth and faster internet. The key market drivers are increasing consumer demand for web-enabled devices and growth in IP traffic.

The increasing demand for faster internet connectivity among consumers deteriorated due to the increase in the number of effective devices being connected. It is spurring the demand for wireless routers with appropriate connectivity. Further, the advent of IoT and changing consumer preferences toward purchasing various gadgets and wearables capable of operating and performing a plethora of functions with internet connectivity are expected to propel the growth of the wireless router market over the forecast period.

For businesses, the priorities differ from most consumer users. Security, support, remote access, business-grade VPN, WAN redundancy, connectivity options, and scalability are ranked higher than absolute raw speed, value for money, or quality of service. Moreover, companies are introducing new products and strategizing to expand to leverage the market's growing demand. For instance, in November 2022, DIGISOL Systems Ltd, a provider of Trusted Made In India Products and IT Networking Solutions, announced the launch of DG-GR6821AC - Digisol XPON ONU 1200 Mbps Wi-Fi Router with 1 PON, 2 GE Port & 1 FXS Port.

COVID-19 has accelerated the shift toward increased usage of wireless technology. The industry has responded well to this increased demand, which, in turn, has created an opportunity for new technologies to be deployed in the markets, such as data centers, cloud, gaming, hardware, and connected devices.

Wireless Router Market Trends

The Residential Sector is Expected to Record Significant Adoption

The demand for the internet among various households has been increasing with the increase in connected devices. According to Ericsson Mobility Report 2021, by the end of 2026, the company estimates 3.5 billion 5G subscriptions globally, accounting for around 40% of all mobile subscriptions. Such developments are expected to rapidly increase the number of connected devices in residential environments.

A majority of households are being transformed into smart homes that require the internet to facilitate many functions. The advent of smart TVs, and smart speakers, such as Amazon Echo and Google Home, boosted the growth of the wireless router market.

Further, with local schools moving to remote learning and more parents working from home due to COVID-19 concerns, internet providers have noticed a shift in usage. Internet providers are aiming to capitalize on this opportunity.

In September 2022, ExpressVPN launched its first router, Aircove, with a built-in VPN and Wi-Fi 6 consumer router. The router offers users easier home-wide privacy protection. Aircove's coverage range is up to 1,600 square feet, and its onboard VPN allows unlimited simultaneous connections. The device permits to speed-up of 600 Mbps for 2.4GHz bands and 1,200 Mbps for 5GHz.

The United States in North America is Expected to Hold Major Share

Globally, the United States is one of the most mature markets for fixed broadband internet connections. According to ITU, In 2021, approximately 90% of individuals in the United States had internet access. The United States is one of the biggest online markets in the world. Such a huge population using the internet is expected to boost the demand for wireless routers in the United States over the forecast period.

The presence of major technological giants, such as Cisco, D-Link, and TP-Link, coupled with the high adoption of technological trends in the country, boosts the market for wireless routers. Moreover, the fixed broadband market is mature. It is nearing saturation, with more than three out of every four US households expected to have a fixed broadband connection over the forecast period.

In February 2022, D-Link announced the launch of an AI-powered Wi-Fi router, the Eagle Pro AI series, to boost internet speed. It includes R15 EAGLE PRO AI AX1500 Smart Router, M15-2PK, and M15-3PK EAGLE PRO AI AX1500 Mesh Systems, and E15 AX1500 Mesh Range Extender.

Consumer demand for fixed broadband access is expected to record sluggish growth. However, due to the impact of mobile broadband services, the market is expected to witness growth over the forecast period, resulting in more than 3.3 million fixed broadband subscriptions. Furthermore, the increasing adoption of smart homes, with 30 million US households already being smart homes, is also favoring the conditions for wireless routers.

Wireless Router Industry Overview

The wireless router market is highly competitive, with several major players. In terms of market share, few major players currently dominate the market. The major players with prominent shares in the market are focusing on expanding their customer base across foreign countries. These companies leverage strategic collaborative initiatives to increase their market share and profitability. The companies operating in the market are also acquiring start-ups working on wireless router technologies to strengthen their product capabilities.

In September 2022, D-Link announced the launch of its new EAGLE PRO AI M32 range. The product comes with a 2-pack (M32-2PK) or 3-pack (M32-3PK) system and features the latest Wi-Fi 6 technology. Users of the new D-Link M32 Mesh Systems also experience dual-band AX3200 802.11AX combined wireless speeds of up to 3.2 Gbps.

In September 2022, ASUS announced the launch of RT-AXE7800, a Wi-Fi 6E router, offering up to 7800 Mbps of bandwidth and robust network security. It is made to expand the connectivity requirements of individuals who need to manage many devices, such as hybrid workers and professional studios.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHT

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Wi-Fi Architecture and Technology Evolution
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.3.5 Threat of Substitutes
  • 4.4 Assessment of Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growth in Internet Traffic and Increasing Consumer Demand for Internet-enabled Devices
    • 5.1.2 Exponential increase in the bandwidth Requirements Across Enterprises Owing to Digitization
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Network Security and Complexities Related to Network Management
    • 5.2.2 Susceptibility to Macro-economic Changes
    • 5.2.3 Usage of Mobile Broadband

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Component Type
    • 6.1.1 By Wi-Fi Band
      • 6.1.1.1 Single Band
      • 6.1.1.2 Dual Band
      • 6.1.1.3 Tri Band
  • 6.2 By End-user Industry
    • 6.2.1 Residential
    • 6.2.2 Business/Commercial
      • 6.2.2.1 BFSI
      • 6.2.2.2 Education
      • 6.2.2.3 Healthcare
      • 6.2.2.4 Media and Entertainment
      • 6.2.2.5 Other End-user Industries
  • 6.3 Geography
    • 6.3.1 North America
      • 6.3.1.1 United States
      • 6.3.1.2 Canada
    • 6.3.2 Europe
      • 6.3.2.1 United Kingdom
      • 6.3.2.2 Germany
      • 6.3.2.3 France
      • 6.3.2.4 Spain
      • 6.3.2.5 Rest of Europe (Italy, Nordics)
    • 6.3.3 Asia-Pacific
      • 6.3.3.1 China
      • 6.3.3.2 Japan
      • 6.3.3.3 India
      • 6.3.3.4 Rest of Asia-Pacific (South Korea, Southeast Asia, and ANZ)
    • 6.3.4 Latin America (Mexico, Brazil, and Argentina, among others)
    • 6.3.5 Middle East and Africa (United Arab Emirates, Saudi Arabia, and South Africa, among others)

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles*
    • 7.1.1 D-Link Corporation
    • 7.1.2 Belkin International Inc.
    • 7.1.3 TP-Link Technologies Co. Limited
    • 7.1.4 Netgear Inc.
    • 7.1.5 Huawei Technologies Co. Limited
    • 7.1.6 ASUSTeK Computer Inc.
    • 7.1.7 Xiaomi Inc.
    • 7.1.8 Mercury-PC
    • 7.1.9 Buffalo Americas Inc.
    • 7.1.10 Edimax Technology Co. Limited
    • 7.1.11 Amped Wireless
    • 7.1.12 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.13 Linksys Holdings Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET