デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1444146

コンタクトレンズ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Contact Lenses - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
コンタクトレンズ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

コンタクトレンズ市場規模は、2024年に102億3,000万米ドルと推定され、2029年までに122億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に3.66%のCAGRで成長します。

コンタクトレンズ-市場

COVID-19のパンデミックは、病院や診療所の客足の減少による眼科受診の減少の結果、調査対象の市場に大きな影響を与えました。たとえば、2020年8月に発表された米国眼科学会のデータによると、初期の眼科受診は80%近く減少しました。 6月中旬の時点で、米国では依然として眼科受診が累計 40%減少しています。 2021年1月にOptometry Times Journalに掲載された記事によると、2020年にCOVID-19のパンデミックが発生したことにより、コンタクトレンズの使用に対する嗜好が減少したといいます。この背後にある重要な要因は、SARS-CoV-2ウイルスによる感染のリスクがあるため、顔や目に触れないようにすることでした。これにより、パンデミック中にコンタクトレンズの需要が減少しました。マスク関連ドライアイ(MADE)のリスク増加、コンピューターの長時間使用による瞬きの不足、瞬き数の減少も、コンタクトレンズの使用中止のさらなる要因となっています。しかし、大規模なワクチン接種とCOVID-19症例数の減少により、コンタクトレンズ市場は予測期間中に大幅に成長すると予想されます。

コンタクトレンズ市場の成長は、視覚障害の有病率の上昇、美観を改善する傾向の高まり、可処分所得の増加にも起因すると考えられています。たとえば、WHOの2022年 10月の最新情報によると、世界中で約22億人が近方または遠方の視力障害に苦しんでいます。視力障害の主な原因は、未矯正の屈折異常と白内障です。同情報筋はまた、低・中所得地域における遠方視力障害の有病率は高所得地域に比べて4倍高いと推定されているとも述べた。対処されていない近方視力障害の有病率は、サハラ以南アフリカの西部、東部、中央部で80%以上であると推定されています。北米、オーストラリア、西欧、アジア太平洋地域の高所得地域の同率は10%未満であると報告されています。したがって、これらの地域は、予測期間中にコンタクトレンズ市場の重要な成長地域として浮上する可能性があります。したがって、視覚障害の負担の増加は、予測期間中のコンタクトレンズ市場の成長に重要な役割を果たすと予想されます。

高齢者人口の増加により、眼科疾患の有病率はさらに悪化しています。たとえば、ブライトフォーカス財団の2021年6月の報告書によると、300万人以上のアメリカ人が緑内障に罹患しており、最も一般的な種類の開放隅角緑内障は40歳以上の270万人が罹患しています。同じ情報源によると、2040年までに1億1,100万人以上が緑内障に罹患し、世界中で緑内障の負担が増大することになるとのことです。したがって、緑内障は世界中で視力喪失の主な原因の1つであるため、コンタクトレンズ市場は成長すると予想されています。

さらに、検眼と光学分野の研究開発活動が大幅に増加していることが観察されています。先進技術によるダイナミックソフトコンタクトレンズの開発など、調査対象となった市場における最近の進歩は、世界のコンタクトレンズ市場の成長を推進しました。たとえば、2021年 1月にSyngergEyes Inc.は、SynergEyes iDという名前の次世代ハイブリッドコンタクトレンズを発売しました。米国とカナダの眼科医療専門家は、乱視や老眼に悩む患者にSynergEyes iDhybridレンズを処方することに成功しました。したがって、多数の製品の発売は、調査対象の市場の成長にさらに貢献しています。

ただし、代替技術の利用可能性やレンズに関連する複雑さなどの要因が、調査対象の市場の成長を妨げる可能性があります。

コンタクトレンズ市場動向

矯正用コンタクトレンズは、予測期間中に大幅な成長率を記録すると予想されます

矯正レンズは、着用者の視力の欠陥に合わせて特別に作られています。矯正レンズの目的は、遠視(遠視)、近視(近視)、老眼、乱視を持つ人の視力を改善または矯正することです。眼疾患の蔓延が調査対象市場の成長に貢献しています。たとえば、HelpMeSeeFoundationによる2021年の統計によると、インドの人口の5.80%が緑内障障害に罹患しています。また、50歳から90歳までの人々の失明の66.2%は白内障が原因であるとも述べています。ドライアイ疾患は、2030年までに2億7,500万人以上が罹患すると予想されています。同様に、2022年に発表されたNCBIの記事では、ドバイの地元住民の間で、軽度、中等度、重度の視覚障害を呈する有病率が4.7%、1.8%、および1.8%であると述べられています。 2019年から2020年にかけてはそれぞれ0%。このような視覚関連障害の蔓延は、矯正用コンタクトレンズの需要を生み出し、この地域で調査されている市場の成長を促進すると予想されます。

矯正レンズの需要の高まりに応えるための製品の発売と承認の増加も、調査対象の市場の成長に貢献すると予想されます。たとえば、2021年 8月に、CooperVision MiSight 1dayコンタクトレンズが中国国家医療製品総局(NMPA)から承認を取得しました。ソフトコンタクトレンズは、眼軸長の進行を遅らせる可能性のある中国初の製品となります。 2021年3月、ジョンソン・エンド・ジョンソン医療機器会社の一部であるジョンソン・エンド・ジョンソン・ビジョンは、アレルギー性目のかゆみを軽減する視力矯正コンタクトレンズ「アキュビュー」について、日本の厚生労働省(MHLW)から承認を取得しました。ケトチフェンを含むセラビジョン。レンズには、目のアレルギーに伴うかゆみを防ぐために、H1ヒスタミン受容体拮抗薬であるケトチフェンが含まれています。したがって、上記の要因は、予測期間中の矯正レンズセグメントの成長に寄与すると予想されます。

北米は予測期間中に市場でかなりのシェアを握ると予想される

北米は、眼科疾患の有病率の上昇と消費者の意識の高まりにより、大きな市場シェアを保持すると予想されています。この地域の主要市場プレーヤーによる製品発売数の増加と成長戦略は、調査対象の市場の成長に貢献すると予想されます。さらに、視覚的な不正確さの増加が地域市場の成長を促進すると予想されます。たとえば、2021年5月の「失明予防」レポートによると、2021年には米国で700万人以上が矯正不可能な視力低下を抱えて生活しているとのこと。したがって、眼疾患の増加によりコンタクトレンズの需要が創出され、市場が拡大すると予想されています。

さらに、製品イノベーションの高まりは、北米地域のコンタクトレンズ市場の成長に重要な役割を果たすと予想されています。たとえば、ボシュロムは2022年 6月に、高度な処方や特殊な処方を持つ患者を含む、より多くの患者の視力のニーズを満たすように設計された、Reviveと呼ばれる最新のカスタムソフトコンタクトレンズファミリを発売しました。同様に、2021年 10月、CooperVisionは、2021年の米国検眼学会(AAO)年次総会でMyDaymultifocalを発表しました。 MyDaymultifocalは、老眼患者向けに設計されています。したがって、企業によるいくつかの開発と顧客需要の増加により、北米地域は予測期間中に健全な成長を記録すると予想されます。

コンタクトレンズ業界の概要

コンタクトレンズ市場は競争が激しく、複数の大手企業で構成されています。 Essilor International SA、Bausch Health Companies Inc.、Zeiss Group、The Cooper Companiesなどの主要な市場プレーヤーは、市場全体の競争企業間の敵対関係の激化に貢献しています。革新的な製品による中程度の持続的な競争優位性と、オンライン企業とオフライン企業間の競合が少ないため、この市場では中程度の競争企業間の敵対関係が観察されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 増加する視覚障害の負担
    • 美意識を高める傾向の高まり
  • 市場抑制要因
    • 代替技術の利用可能性とレンズに関連する複雑さ
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ
    • ソフトコンタクトレンズ
    • ハイブリッドコンタクトレンズ
    • 硬質ガス透過性コンタクトレンズ
    • その他の製品タイプ
  • 使用法
    • 矯正用コンタクトレンズ
    • 治療用コンタクトレンズ
    • 化粧用コンタクトレンズ
    • 補綴用コンタクトレンズ
  • モダリティ
    • 従来型
    • 使い捨て
  • デザイン
    • 球状
    • トーリック
    • 多焦点
    • その他のデザイン
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Alcon Vision LLC
    • Bausch Health Companies Inc.
    • Essilor International SA
    • Hoya Corporation
    • Eyemera INC
    • Johnson &Johnson Vision Care Inc.
    • Menicon Co., Ltd.
    • Seed Co. Ltd
    • SynergEyes Inc.
    • The Cooper Companies
    • Zeiss Group

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 52931

The Contact Lenses Market size is estimated at USD 10.23 billion in 2024, and is expected to reach USD 12.24 billion by 2029, growing at a CAGR of 3.66% during the forecast period (2024-2029).

Contact Lenses - Market

The COVID-19 pandemic significantly impacted the market studied as a result of fewer eye care consultations due to the decrease in footfall in hospitals and clinics. For instance, according to the American Academy of Ophthalmology data published in August 2020, there was a nearly 80% initial decrease in ophthalmology visits. As of mid-June, there was still a cumulative decrease in ophthalmology visits by 40% in the United States. According to an article published by Optometry Times Journal in January 2021, the outbreak of the COVID-19 pandemic in 2020 led to a decrease in preference for contact lens usage. A significant factor behind this was to avoid touching the face and eyes as there was a risk of infection from the SARS-CoV-2 virus. This led to a decrease in demand for contact lenses during the pandemic. The increased risk of mask-associated dry eye (MADE), insufficient blinking, and decreased blink rate brought on by prolonged computer use are additional factors that contributed to the discontinued use of contact lenses. However, with the large-scale vaccinations and decreasing number of COVID-19 cases, the contact lenses market is expected to grow significantly during the forecast period.

The growth of the contact lenses market is also attributed to the rising prevalence of optical disorders, the rising tendency to improve aesthetics, and increasing disposable incomes. For instance, according to the October 2022 update of the WHO, about 2.2 billion people worldwide suffer from near or distant vision impairment. The primary causes of vision impairment are uncorrected refractive errors and cataracts. The same source also mentioned that the prevalence of distance vision impairment in low- and middle-income regions was estimated to be four times higher compared to high-income regions. The prevalence of unaddressed near vision impairment was estimated to be greater than 80% in western, eastern, and central sub-Saharan Africa. Comparative rates in high-income regions of North America, Australasia, Western Europe, and Asia-Pacific are reported to be lower than 10%. Thus, these regions may emerge as significant growth regions for the contact lenses market over the forecast period. Hence, the increasing burden of optical disorders is expected to play a crucial role in the growth of the contact lenses market over the forecast period.

The growing senior population further aggravates the prevalence of ophthalmic disorders. For instance, according to the June 2021 report of the BrightFocus Foundation, glaucoma affected more than 3 million Americans, with the most common kind, open-angle glaucoma, affecting 2.7 million people aged 40 and older. According to the same source, glaucoma will affect over 111 million people by 2040, leading to an increasing burden of glaucoma worldwide. Thus, the contact lenses market is expected to grow as glaucoma is one of the primary causes of vision loss worldwide.

Furthermore, optometry and optics have observed a significant increase in R&D activities. Some recent advancements in the market studied, such as developing dynamic soft contact lenses with advanced technology, propelled the growth of the contact lenses market globally. For instance, in January 2021, SyngergEyes Inc. launched the next generation of hybrid contact lenses named SynergEyes iD. Eye care professionals across the United States and Canada have successfully prescribed SynergEyes iDhybrid lenses to patients suffering from astigmatism and presbyopia. Hence, the numerous product launches are further contributing to the growth of the market studied.

However, factors such as the availability of alternative techniques and complications associated with lenses are likely to hamper the growth of the market studied.

Contact Lenses Market Trends

Corrective Contact Lenses are Expected to Register a Significant Growth Rate over the Forecast Period

Corrective lenses are made specifically to match the wearer's vision defects. The purpose of corrective lenses is to improve or correct the vision of people with farsightedness (hyperopia), nearsightedness (myopia), presbyopia, and astigmatism. The huge prevalence of eye disorders contributes to the growth of the market studied. For instance, according to the 2021 statistics by the HelpMeSeeFoundation, 5.80% of the population in India was affected by glaucoma disorder. It also stated that for people aged 50 to 90, cataracts are the cause of 66.2% of blindness. Dry eye disease is expected to affect more than 275 million people by 2030. Similarly, the NCBI article published in 2022 mentioned that among local Dubai residents, the prevalence of presenting mild, moderate, and severe visual impairment was 4.7%, 1.8%, and 0%, respectively, during 2019-2020. Such a prevalence of vision-related disorders is expected to create demand for corrective contact lenses and drive the growth of the market studied in this region.

The increasing product launches and approvals to meet the growing demand for corrective lenses is also expected to contribute to the growth of the market studied. For instance, in August 2021, CooperVision MiSight 1-day contact lenses received approval from the Chinese National Medical Products Administration (NMPA). Soft contact lenses are the first product of any type in China that may slow the progression of axial length. In March 2021, Johnson and Johnson Vision, a part of the Johnson & Johnson Medical Devices Companies, received approval from the Japanese Ministry of Health, Labour, and Welfare (MHLW) for a vision correction contact lens that relieves allergic eye itch, namely ACUVUE Theravision with ketotifen. The lens contains ketotifen, an H1 histamine receptor antagonist, to prevent itches associated with eye allergies. Thus, the factors mentioned above are expected to contribute to the growth of the corrective lenses segment over the forecast period.

North America is Expected to hold Significant Share in the Market Over the Forecast Period

North America is expected to hold a significant market share owing to the rising prevalence of ophthalmic disorders and increasing awareness among consumers. The increasing number of product launches and growth strategies by the key market players in this region are expected to contribute to the growth of the market studied. Moreover, a rise in visual inaccuracies is expected to drive regional market growth. For instance, according to the May 2021 report of Prevent Blindness, over 7 million people were living with uncorrectable vision acuity loss in the United States in 2021. Hence, an increase in eye disorders is expected to create demand for contact lenses, thereby boosting market growth.

Further, rising product innovation is expected to play a significant role in the growth of the contact lens market in the North American region. For instance, in June 2022, Bausch + Lomb launched its latest custom soft contact lens family called Revive, designed to meet the vision needs of more patients, including those with high or unique prescriptions. Similarly, in October 2021, CooperVision launched MyDaymultifocal, at the 2021 American Academy of Optometry (AAO) annual meeting. MyDaymultifocal is designed for patients with presbyopia. Thus, with several developments by companies as well as increasing customer demand, the North American region is expected to register healthy growth over the forecast period.

Contact Lenses Industry Overview

The contact lens market is highly competitive and consists of several major players. Significant market players, such as Essilor International SA, Bausch Health Companies Inc., Zeiss Group, and The Cooper Companies, contribute to increasing the market's overall competitive rivalry. With moderate, sustainable competitive advantage through innovative products and low competition between online and offline companies, moderate competitive rivalry is observed in this market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Increasing Burden of Optical Disorders
    • 4.2.2 Increasing Tendency to Enhance Aesthetics
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Availability of Alternative Techniques and Complications Associated with Lenses
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Fives Forces Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Soft Contact Lenses
    • 5.1.2 Hybrid Contact Lenses
    • 5.1.3 Rigid Gas Permeable Contact Lenses
    • 5.1.4 Other Product Types
  • 5.2 Usage
    • 5.2.1 Corrective Contact Lenses
    • 5.2.2 Therapeutic Contact Lenses
    • 5.2.3 Cosmetic Contact Lenses
    • 5.2.4 Prosthetic Contact Lenses
  • 5.3 Modality
    • 5.3.1 Conventional
    • 5.3.2 Disposable
  • 5.4 Design
    • 5.4.1 Spherical
    • 5.4.2 Toric
    • 5.4.3 Multifocal
    • 5.4.4 Other Designs
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
      • 5.5.1.1 United States
      • 5.5.1.2 Canada
      • 5.5.1.3 Mexico
    • 5.5.2 Europe
      • 5.5.2.1 United Kingdom
      • 5.5.2.2 Germany
      • 5.5.2.3 France
      • 5.5.2.4 Italy
      • 5.5.2.5 Spain
      • 5.5.2.6 Rest of Europe
    • 5.5.3 Asia-Pacific
      • 5.5.3.1 China
      • 5.5.3.2 Japan
      • 5.5.3.3 India
      • 5.5.3.4 Australia
      • 5.5.3.5 South Korea
      • 5.5.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.5.4 Middle East and Africa
      • 5.5.4.1 GCC
      • 5.5.4.2 South Africa
      • 5.5.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.5.5 South America
      • 5.5.5.1 Brazil
      • 5.5.5.2 Argentina
      • 5.5.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Alcon Vision LLC
    • 6.1.2 Bausch Health Companies Inc.
    • 6.1.3 Essilor International SA
    • 6.1.4 Hoya Corporation
    • 6.1.5 Eyemera INC
    • 6.1.6 Johnson & Johnson Vision Care Inc.
    • 6.1.7 Menicon Co., Ltd.
    • 6.1.8 Seed Co. Ltd
    • 6.1.9 SynergEyes Inc.
    • 6.1.10 The Cooper Companies
    • 6.1.11 Zeiss Group

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS