デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440447

ワイヤレス接続チップセット:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Wireless Connectivity Chipset - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 153 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
ワイヤレス接続チップセット:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 153 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ワイヤレス接続チップセット市場規模は、2024年に85億2,000万米ドルと推定され、2029年までに127億2,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に8.36%のCAGRで成長します。

ワイヤレス接続チップセット-市場

市場の成長は主に、消費者部門全体でのスマートホームオートメーションの導入傾向の拡大と、自動車業界での接続性の向上によるものです。

主なハイライト

  • ワイヤレスチップセットは、Wi-Fi、Bluetooth、両方の組み合わせ、またはWLANなどのワイヤレス手段を介してシステムまたはコンピュータが接続できるようにするワイヤレス通信デバイスおよびシステム用に設計されています。
  • 高速インターネットの普及が進むにつれて、特に欧州、北米、アジア太平洋などの地域で、コネクテッドデバイスやスマートホームアプリケーションの採用が増加しています。主要なソリューションには、音声アシスタント、スマートサーモスタット、スマート照明、セキュリティカメラ、スマートアプライアンスなどがあります。
  • IoTなどで複数のデバイスを追加すると、ネットワークの表面積が増加し、その過程でより多くの潜在的な攻撃ベクトルが生成されます。ネットワークに接続されているセキュリティ保護されていないデバイスが1つであっても、ネットワークに対するアクティブな攻撃の侵入点として機能する可能性があります。
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生により、第3世代パートナーシッププロジェクト(3GPP)のすべての対面会議が中止になりました。関連する会議や議論はすべて電子的に行われ、共同ツールの導入に重点が置かれています。さらに、在宅教育や在宅勤務を行う個人の増加をサポートする必要性など、5Gの新たなユースケースが今後5Gへの投資を促進すると予想されます。社会的に距離を置いた世界で人々の効率を高めるだけでなく、5G接続を導入することもできます。このような事例は、サプライチェーンの不足によって引き起こされた混乱にもかかわらず、調査対象の市場を前向きに推進しました。

ワイヤレス接続チップセット市場動向

家庭や企業へのインターネットの普及が進む

  • 現代世界ではインターネットの普及が拡大しました。国際電気通信連合によると、2021年には世界人口の63%近くに相当する約49億人がインターネットに依存していました。
  • さらに、国際電気通信連合によると、2021年にアジア太平洋地域が世界で最もインターネットユーザー数が多く、中国とインドがトップとなった。これらの要因により、家庭や企業におけるWi-Fiベンダーの機会が促進され、Wi-Fiチップセットの需要が増加しています。
  • Wi-Fiネットワークテクノロジーの進化により、ユーザーはより高速な速度とより低い遅延を体験できるようになりました。これにより、データ量の多いサービスやアプリケーションの使用が急速に増加しました。 Wi-Fiネットワークによって伝送されるデータ量の大幅な増加は、主にビデオやビジネスに対する消費者の需要と、消費者のクラウドサービスへの移行によって引き起こされています。この要因により、高速かつ大容量のネットワークを提供するワイヤレス 5G接続のニーズが高まることが予想されます。
  • エリクソンのモビリティレポートによると、北米におけるモバイルデータの月間平均使用量は、2026年にスマートフォンで月間49 GBに達すると予想されています。スマートフォンに精通した消費者ベース、ビデオが豊富なアプリケーション、および大容量データプランがトラフィックの増加を促進すると考えられます。短期的にはスマートフォン1台あたりのトラフィックが堅調に増加する可能性がありますが、ARとVRを活用した没入型消費者向け5G接続の導入により、長期的にはさらに優れた成長率が期待されます。
  • 低遅延により、高速の仮想現実ビデオや拡張現実ビデオを不具合や遅延なく実現できるようになります。モバイル接続は、スモールセルインフラストラクチャによって強化され、5G無線信号が高密度化され、コンクリートの建物や壁を通過する信号の移動が改善されます。スモールセルアンテナは、同じネットワーク上でより多くのデバイスを同時にサポートするワイヤレス接続も強化します。このような発展は、調査対象の市場を推進すると予想されます。

アジア太平洋地域は最も急成長する市場になると予想される

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックの発生により、市場におけるタブレットの需要が部分的に促進されました。COVID-19感染症のパンデミックにより、さまざまな教育機関がオンライン教育への移行を余儀なくされました。より広範囲で便利な画面サイズへのニーズの変化により、市場でのタブレットの需要が促進され、それによって市場でのワイヤレス接続チップセットの需要が増加すると予想されます。
  • Byju'sなど、インドのさまざまな多国籍教育テクノロジー企業は、教育カリキュラムの一部として生徒にタブレットを提供し、従来の教育方法に加えてデジタル方法でも生徒を教育しています。
  • 市場企業によるこのような取り組みにより、市場におけるタブレット、スマートフォン、その他の家庭用電化製品の需要がさらに促進され、それによって予測期間中にこの地域のタブレット用ワイヤレス接続チップセット市場が牽引されることが予想されます。
  • アジア太平洋地域におけるインターネットサービスの需要の増大も、この地域でのワイヤレス接続チップセットの採用を促進すると予想されます。インド首相によると、インドでの5Gインターネットサービスの開始は、インドに新たな経済機会と社会的利益をもたらすことが期待されています。
  • 5Gスマートフォンの入手しやすさと手頃な価格の向上、および都市部と地方におけるスマートフォンの急速な普及により、5G加入者数は急速に増加し、2023年末までにこの地域で約5,000万人に達すると予想されています。

ワイヤレス接続チップセット業界の概要

ワイヤレス接続チップセット市場は細分化されており、Broadcom Inc.、Qualcomm Incorporated、Mediatek Inc.、Intel Corporation、Texas Instruments Incorporatedなどの多くのプレーヤーが存在します。これらの企業はまた、新製品の導入、事業の拡大、または戦略的な合併、パートナーシップ、買収の締結により、市場での存在感を高めています。

  • 2022年 9月:日本の総務省(MIC)は、6 GHz帯でのWi-Fiシステムの使用を許可するために日本の電波法の省令を改正しました。日本は、この最新のWi-Fiイノベーションの提供に取り組む国々に加わりました。その結果、Qualcomm Technologies, Inc.のWi-Fiプラットフォームを使用するWi-Fi 6Eデバイスは、日本での6 GHz動作の認定を受けることができます。
  • 2022年 4月:Broadcom Inc.は、Wi-Fiルーター、住宅ゲートウェイ、エンタープライズアクセスポイント、クライアントデバイスにわたる、Wi-Fi 7エコシステム向けの完全なエンドツーエンドチップセットソリューションのサンプル提供を発表しました。これらのWi-Fi 7チップは、市場にあるWi-Fi 6および6Eソリューションの2倍以上の速度を実現すると同時に、信頼性の高い低遅延通信と長距離通信を実現します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度
  • COVID-19感染症が業界に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • ホームオートメーションによるコネクテッドホームへの需要の増加
    • 家庭や企業へのインターネットの普及が進む
  • 市場の課題
    • データのセキュリティとプライバシー、デバイスの接続性と相互運用性に関連する問題
    • 一部の携帯端末タイプの需要が低迷

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • Wi-Fiスタンドアロン
    • Bluetoothスタンドアロン
    • Wi-FiとBluetoothのコンボ
    • 低消費電力無線IC
  • エンドユーザー用途別
    • 消費者
    • 企業
    • 携帯電話機
    • 自動車
    • 産業
    • その他のエンドユーザー用途
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Broadcom Inc.
    • Qualcomm Incorporated
    • Mediatek Inc.
    • Intel Corporation
    • Texas Instruments Incorporated
    • STMicroelectronics NV
    • NXP Semiconductors NV
    • On Semiconductor Corporation
    • Infineon Technologies AG
    • Microchip Technology Inc.
    • Qorvo Inc.
    • Skyworks Solutions Inc.
    • Hisilicon Technologies Co. Ltd
    • Tsinghua Unigroup Co. Ltd(unisoc(Shanghai)Technologies Co. Ltd)

第8章 ベンダー市場シェア分析

第9章 投資分析

第10章 市場の将来

目次
Product Code: 92355

The Wireless Connectivity Chipset Market size is estimated at USD 8.52 billion in 2024, and is expected to reach USD 12.72 billion by 2029, growing at a CAGR of 8.36% during the forecast period (2024-2029).

Wireless Connectivity Chipset - Market

The market growth is primarily due to the growing trend toward the adoption of smart home automation across the consumer sector and the increasing connectivity in the automotive industry.

Key Highlights

  • Wireless chipsets are designed for wireless communication devices and systems that enable the system or computers to connect through wireless means, such as Wi-Fi, Bluetooth, a combination of both, or WLAN.
  • With the growing penetration of high-speed internet, the adoption of connected devices and smart home applications is increasing, especially in regions such as Europe, North America, and Asia Pacific. Some major solutions include voice assistants, smart thermostats, smart lighting, security cameras, and smart appliances.
  • The addition of several devices, such as in IoT, increases the surface area of a network, creating more potential attack vectors in the process. Even a single unsecured device connected to a network may serve as a point of entry for an active attack on the network.
  • The COVID-19 outbreak led to the cancellation of all 3rd Generation Partnership Project (3GPP) face-to-face meetings. All relevant meetings and discussions are conducted electronically, focusing on adopting collaborative tools. Furthermore, emerging use cases for 5G, including the need to support increasing numbers of individuals schooling and working from home, are expected to drive 5G investment moving forward. In addition to making people more efficient in a socially distanced world, 5G connections can be deployed. Such cases have positively driven the market studied despite the disruption caused due to shortages in the supply chain.

Wireless Connectivity Chipset Market Trends

Increasing Internet Penetration into Homes and Enterprises

  • Internet penetration scaled up in the modern world. According to the International Telecommunication Union, approximately 4.9 billion people, or close to 63% of the world's population, were dependent on the internet in 2021.
  • Moreover, according to International Telecommunication Union, the Asia-Pacific region had the highest number of internet users worldwide in 2021, with China and India topping the list. These factors are driving opportunities for Wi-Fi vendors in homes and enterprises, increasing the demand for Wi-Fi chipsets.
  • The evolution of the Wi-Fi network technology allowed users to experience faster speeds and lower latency. It prompted the rapidly increasing use of data-heavy services and applications. The significant rise in the volume of data being carried by Wi-Fi networks has been primarily driven by consumer demand for video and business and consumer moves to cloud services. This factor is expected to drive the need for a wireless 5G connection that offers fast and high-capacity networks.
  • According to Ericsson's Mobility Report, the monthly average usage of mobile data in North America is expected to reach 49GB per month and smartphones in 2026. A smartphone-savvy consumer base, video-rich applications, and large data plans will drive traffic growth. While there may be robust growth in traffic per smartphone in the near term, the adoption of immersive consumer 5G connections utilizing AR and VR is expected to lead to an even better growth rate in the long term.
  • Lower latency is also poised to enable high-speed virtual and augmented reality video without glitches or delays. Mobile connectivity can be strengthened with small cell infrastructure, densifying 5G wireless signals and improving their movement through concrete buildings and walls. Small-cell antennas will also enhance wireless connection supporting more devices on the same network simultaneously. Such developments are expected to drive the market studied.

Asia Pacific is Expected to be the Fastest-growing Market

  • The outbreak of the COVID-19 pandemic partially promoted the demand for tablets in the market. Due to the COVID-19 pandemic, various educational institutions were forced to shift toward online education. This shift in the need for more extensive and convenient screen sizes is expected to promote the demand for tablets in the market, thereby increasing the demand for wireless connectivity chipsets in the market.
  • Various Indian multinational educational technology companies, such as Byju's, provide their students with a tablet as a part of their educational curriculum to educate the students via digital methods along with the traditional methods of teaching.
  • Such initiatives by the companies in the market are expected to further promote the demand for tablets, smartphones, and other consumer electronics in the market, thereby driving the wireless connectivity chipsets market for tablets in the region during the forecast period.
  • The increasing demand for internet services in the Asia-Pacific region is also expected to promote the adoption of wireless connectivity chipsets in the region. As per the prime minister of India, the launch of 5G internet services in India is expected to bring new economic opportunities and societal benefits to the nation.
  • Due to the increasing availability and affordability of 5G smartphones and the rapid adoption of smartphones in urban and rural areas, 5G subscriptions are expected to rapidly increase to reach approximately 50 million in the region by the end of 2023.

Wireless Connectivity Chipset Industry Overview

The Wireless Connectivity Chipset Market is fragmented, with many players like Broadcom Inc., Qualcomm Incorporated, Mediatek Inc., Intel Corporation, and Texas Instruments Incorporated. The companies are also increasing their market presence by introducing new products, expanding their operations, or entering into strategic mergers, partnerships, and acquisitions.

  • September 2022: The Ministry of Internal Affairs and Communications (MIC) of Japan amended the Ministerial ordinance of Japanese radio law to allow Wi-Fi systems to be used in the 6 GHz band. Japan joined the countries committed to delivering this latest Wi-Fi innovation. As a result, Wi-Fi 6E devices that use Qualcomm Technologies, Inc.'s Wi-Fi platforms can be certified for 6 GHz operations in Japan.
  • April 2022: Broadcom Inc. announced the sample availability of its complete end-to-end chipset solutions for the Wi-Fi 7 ecosystem, spanning Wi-Fi routers, residential gateways, enterprise access points, and client devices. These Wi-Fi 7 chips more than double the speed of Wi-Fi 6 and 6E solutions on the market while simultaneously delivering reliable low-latency communications and extended range.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Degree of Competition
  • 4.3 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increased Demand for Connected Homes Through Home Automation
    • 5.1.2 Increasing Internet Penetration into Homes and Enterprises
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Issues Related to Security and Privacy of Data and Connectivity of Devices and Interoperability
    • 5.2.2 Slow Demand for Some Mobile Handset Types

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Wi-Fi Standalone
    • 6.1.2 Bluetooth Standalone
    • 6.1.3 Wifi and Bluetooth Combo
    • 6.1.4 Low-power Wireless IC
  • 6.2 By End-User Application
    • 6.2.1 Consumer
    • 6.2.2 Enterprise
    • 6.2.3 Mobile Handsets
    • 6.2.4 Automotive
    • 6.2.5 Industrial
    • 6.2.6 Other End-user Applications
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
    • 6.3.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Broadcom Inc.
    • 7.1.2 Qualcomm Incorporated
    • 7.1.3 Mediatek Inc.
    • 7.1.4 Intel Corporation
    • 7.1.5 Texas Instruments Incorporated
    • 7.1.6 STMicroelectronics NV
    • 7.1.7 NXP Semiconductors NV
    • 7.1.8 On Semiconductor Corporation
    • 7.1.9 Infineon Technologies AG
    • 7.1.10 Microchip Technology Inc.
    • 7.1.11 Qorvo Inc.
    • 7.1.12 Skyworks Solutions Inc.
    • 7.1.13 Hisilicon Technologies Co. Ltd
    • 7.1.14 Tsinghua Unigroup Co. Ltd (unisoc (Shanghai) Technologies Co. Ltd

8 VENDOR MARKET SHARE ANALYSIS

9 INVESTMENT ANALYSIS

10 FUTURE OF THE MARKET