デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440365

マイクロプロセッサ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Microprocessor - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.10円
マイクロプロセッサ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

マイクロプロセッサ市場規模は、2024年に1,032億1,000万米ドルと推定され、2029年までに1,363億7,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に5.73%のCAGRで成長します。

マイクロプロセッサ-市場

5Gと高性能コンピューティングデバイスの人気の高まり、クラウドベースのソフトウェアとデータセンターの採用の増加、人工知能と機械学習ソリューションの進歩、家電と自動車の需要の増加により、マイクロプロセッサ市場の成長が促進される可能性があります。

主なハイライト

  • マイクロプロセッサは、チップ上に構築されたマイクロコンピュータの制御ユニットであり、算術論理演算ユニット(ALU)演算を実行し、他のリンクされたデバイスと通信することができます。マイクロプロセッサは、コントロールユニット、レジスタアレイ、およびALUで構成されます。 ALUは算術演算と論理演算を実行します。コントロールユニットはコンピュータを介したデータフローと命令を監視し、レジスタアレイはアキュムレータとデータを保存します。マイクロプロセッサは、指定された順序でフェッチ、デコード、および実行を実行します。
  • モノのインターネットの急速な台頭は、マイクロプロセッサの使用を促進する重要な理由の1つです。以前よりもはるかに広範囲のものからデータを収集することが技術的にも経済的にも実現可能になっているため、企業はIoT製品やプラットフォームによって生成されるデータの複雑さと量を頻繁に誤って判断しており、すべてのデータの管理と解釈を支援するソリューションの導入が必要になっています。彼らは今集めています。したがって、IoTインフラストラクチャの主要コンポーネントの1つであるマイクロプロセッサは、需要の増加が見込まれています。
  • さらに、デジタルカメラやゲームコンソールだけでなく、拡張現実や仮想現実のアプリやデバイスに対する需要の高まりが、世界のマイクロプロセッサ市場を前進させています。
  • これとは別に、スマートホーム製品の普及が進んでいることもマイクロプロセッサの需要を押し上げています。スマートロック、火災警報器、煙警報器、スマートスピーカーなどのデバイスが人々の生活にますます浸透しています。特にインドやブラジルなどの新興諸国における中間層の消費能力の増加と相まって、調査対象市場の成長をさらに支援すると予想されます。
  • ITインフラストラクチャ、UPS(無停電電源装置)システム、配電ユニット(PDU)、および冷却ユニットはすべて何らかの形でマイクロプロセッサを使用しているため、拡大するデータセンター業界は、調査対象の市場の成長に有利なシナリオを生み出すことも期待されています。さらに、取引コストの削減、高機能、大容量ストレージなど、マイクロデータセンターを採用することの複数の利点により、このようなタイプのデータセンターの需要が促進され、その過程で調査対象市場の成長が促進されると予想されます。
  • しかし、半導体チップの不足、マイクロプロセッサ集積回路の製造に伴う複雑さ、回路設計費用、原材料価格の高騰、コンピュータシステムの出荷減少、低価格モバイル機器の売上増加などの要因により、調査対象市場の成長が抑制されます。
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の顕著な影響がマイクロプロセッサ市場に観察されました。ただし、パンデミック中に、特に家庭用電化製品とヘルスケア業界全体で需要が大幅に増加しました。ベンダーは、さまざまな国で課された広範なロックダウンによる限られた生産能力とサプライチェーンの制約により、需要に応えるのが難しいと感じていました。
  • しかし、状況が正常に戻り、半導体メーカーのかなりの部分がマイクロプロセッサやその他の半導体製品の生産を拡大するための投資と取り組みを強化しているため、市場は牽引力を増すことが予想されます。さらに、オートメーション、コネクテッドカー、AI、ML、IoTなどのテクノロジーの普及が進んでいることにより、ポストコロナ期間における調査対象市場の成長に向けた好ましい市場シナリオが生まれています。

マイクロプロセッサ市場動向

家庭用電化製品部門が市場の成長を牽引

  • マイクロプロセッサは、処理速度が速く、サイズが小さく、メンテナンスが容易であるため、デスクトップ PC、スマートフォン、タブレット、サーバーなどの家電アプリケーションでの使用が増えています。この多目的電子処理デバイスは、1秒あたり約30億のアクティビティを実行し、メモリ領域間でデータを迅速に転送し、浮動小数点演算などの高度な数学的計算を実行するように構成できます。消費者向け電子機器セグメントの上昇はマイクロプロセッサ市場に有利であり、市場の成長と検討中の市場の進歩に貢献します。
  • PC、ゲーム機、スマートフォンなどのゲームデバイスには、すべて特定の機能を果たす多くのコンポーネントで構成される組み込みシステムが含まれており、ゲーム業界は近年、パンデミックの発生以来、むしろ劇的に大きく成長しました。この市場はスマートフォン、ゲーム機、VR/ARデバイスの成長に貢献し、最終的には世界中のマイクロプロセッサの成長に影響を与えるでしょう。
  • 近年のスマートフォンやタブレットの人気はPCの需要にも影響を与えています。マイクロプロセッサとGPU市場の成長は、新世代のスマートフォンとタブレットの携帯性とパフォーマンスの影響を受けています。スマートフォンやタブレットで使用されているものと比較すると、PCのプロセッサーとGPUは通常より高価です。日常業務にスマートフォンやタブレットなどのポータブルデバイスを選択するユーザーが増えたため、デスクトップ PCはPCカテゴリで大幅に減少しました。さらに、PCのライフサイクルは長く、短期間で買い替えることはできないため、改良されたテクノロジーにすぐにアップグレードできるスマートフォン業界全体の需要が増加しています。
  • さらに、5Gの到来により、低遅延で高速なネットワークが利用できるため、スマートフォンやその他のウェアラブルデバイスの導入が大幅に促進されると予想されており、その過程でマイクロプロセッサの需要が高まります。エリクソンによると、世界のスマートフォン契約数は2021年の62億6,000万件から2028年までに77億9,000万件に増加すると予想されています。

アジア太平洋地域が大きな市場シェアを占める

  • アジア太平洋地域は大きな市場シェアを占めており、予測期間中に最も急速に成長すると予測されています。この地域でのスマートフォンや、ラップトップ、携帯電話、デスクトップコンピューター、タブレットなどのその他のデバイスの使用の増加がこの増加の原因であると考えられています。急速なデジタル化、ハイテク機器の普及拡大、自動車エレクトロニクスの進歩などの要因により、中国やインドなどの新興経済諸国も市場拡大に貢献しています。さらに、モノのインターネット(IoT)の利用の増加、政府による大規模なIT投資、クラウドベースのサービスに対する需要の高まりが、予測期間を通じて地域市場を牽引すると予想されます。
  • 最近、アジア太平洋地域で高度な機能を備えた高級車の需要が高まっているため、自動車業界ではマイクロプロセッサに対する多大な需要が見込まれています。さらに、乗客と車両の安全に関する政府の厳しい規制も、アジア太平洋地域における調査対象市場の成長にプラスに貢献しています。
  • 中国は大規模な家庭用電化製品および自動車製造産業の存在により、調査対象市場において引き続き優位性を維持すると予想されています。中国自動車工業協会によると、2022年4月時点で中国では乗用車約99万6,000台、商用車約21万台が生産されました。さらに、同月、中国の自動車産業は合計約120万台の車両を生産しました。
  • 半導体チップの需要の高まりと米国との現在進行中の問題を考慮して、とりわけアリババや百度を含むさまざまな中国企業が自社チップの製造に投資を行っており、この動きは現地の生産能力を高めるという中国の目標に向けた前進と考えられます。重要な技術。中国は第14次5カ年計画の中で、人工知能、量子コンピューティング、半導体、宇宙を含む7つの技術分野を優先分野として概説しており、調査対象市場での機会を促進すると予想されています。
  • 同様の傾向は他の国々でも観察されており、各国はそれぞれの地域で半導体産業の成長を促進するための取り組みを継続的に立ち上げています。たとえば、次世代の国産マイクロプロセッサを大量生産することでインドの半導体エコシステムを加速することを目的としたインドのDIR-Vプログラムが最近明らかになりました。インド政府は、2023年12月までに重質商業シリコンの生産と設計の勝利を達成したいと考えています。同様に、政府は社内で開発されたShaktiおよびVega RISC-Vマイクロプロセッサの使用を促進するために、Sony India、ISRO、BELなどの企業と5つの覚書を締結しました。

マイクロプロセッサ業界の概要

マイクロプロセッサ市場は初期投資が高額であるため集中しており、少数の大手企業によって独占されています。しかし、市場の需要の高まりと安定した収益性により、新規参入者が市場に参入し、競争力が高まることが予想されます。市場の主要なプレーヤーには、Intel、Nvidia、Qualcommなどが含まれます。

2023年 2月、インドの先進コンピューティング開発センター(C-DAC)は、同国初の独自設計のマイクロプロセッサファミリの開発に取り組んでいることを発表しました。同組織のプロセッサ向けロードマップは、同国がマイクロプロセッサで自立できるよう支援することを目的としています。 C-DACは、2024年末までに全国で64ペタフロップス(PF)の累積計算能力を達成することを目標としています。

2023年 1月、インテルはCES 2023で最新の第13世代HおよびHXシリーズのラップトッププロセッサを発表しました。同社によると、これらの高性能ラップトッププロセッサは最大24コアのCPU、DDR5サポート、PCIe Gen5などを提供します。同社はまた、改良されたIris Xeオンボードグラフィックスと最大14コアのCPU設計を備えた第13世代Intel Core PおよびUシリーズのプロセッサも発表しました。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析
  • マクロ動向が業界に与える影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 高性能でエネルギー効率の高いプロセッサに対する需要の増加
  • 市場抑制要因
    • PC需要の減少

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • APU
    • CPU
    • GPU
    • FPGA
  • 用途別
    • コンシューマーエレクトロニクス
    • エンタープライズ-コンピューターとサーバー
    • 自動車
    • 産業
    • その他
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Intel Corporation
    • TSMC
    • SK Hynix Inc.
    • Sony Corporation
    • Nvidia Corporation
    • Samsung Electronics Co. Ltd.
    • Qualcomm Technologies
    • Broadcom Inc.
    • Micron Technology

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 90631

The Microprocessor Market size is estimated at USD 103.21 billion in 2024, and is expected to reach USD 136.37 billion by 2029, growing at a CAGR of 5.73% during the forecast period (2024-2029).

Microprocessor - Market

Due to the growing popularity of 5G and high-performance computing devices, increasing adoption of cloud-based software and data centers, advancements in artificial intelligence and machine learning solutions, and the increasing demand for household appliances and automobiles will likely fuel the microprocessor market growth.

Key Highlights

  • A microprocessor is a microcomputer's controlling unit, built on a chip, capable of performing Arithmetic Logic Unit (ALU) operations and communicating with other linked devices. A microprocessor comprises a Control Unit, a Register Array, and an ALU. The ALU performs arithmetic and logical operations; the Control Unit supervises data flow and instructions through the computer, and the Register Array stores accumulators and data. The microprocessor performs Fetch, Decode, and Execute in the provided sequence.
  • The rapid rise of the Internet of Things is one significant reason for promoting microprocessor usage. As collecting data from a far wider range of things is now technically and economically feasible than before, companies frequently misjudge the complexity and volume of data generated by IoT products and platforms, necessitating the deployment of solutions to help them manage and interpret all of the data they are now collecting. Microprocessors which are among the major component of IoT infrastructure, are thus expected to grow in demand.
  • In addition, the growing demand for Augmented Reality and Virtual Reality apps and devices, as well as digital cameras and gaming consoles, is propelling the worldwide microprocessor market forward.
  • Apart from this, the increasing penetration of smart home products is also driving the demand for microprocessors. Devices like smart locks, fire, and smoke alarm systems, smart speakers, etc., are increasingly taking their place in the lives of people. Coupled with the increasing spending capacity of the middle class, especially across developing countries such as India, Brazil, etc., are expected to support the growth of the studied market further.
  • The expanding data center industry is also expected to create a favorable scenario for the studied market's growth, as IT infrastructure, UPS (uninterruptible power supply) systems, power distribution units (PDUs), and cooling units all use microprocessors in some form or other. Furthermore, the multiple benefits of adopting micro-data centers, such as decreased transactional costs, high functionality, and high storage, are expected to propel the demand for such data center types, driving the studied market's growth in the process.
  • However, the factors such as the shortage of semiconductor chips, the complexity involved in the production of microprocessor integrated circuits, circuit design expenses, escalating raw material prices, decreased shipment of computer systems, and increased sales of low-cost mobile devices are challenging the growth of the studied market.
  • A notable impact of COVID-19 was observed on the microprocessors market. Although, the demand increased significantly during the pandemic, especially across the consumer electronics and healthcare industry. The vendors felt it hard to match the demand owing to limited production capabilities and supply chain constraints due to widespread lockdowns imposed across various countries.
  • However, with the conditions returning to normalcy, the market is expected to gain traction as a significant portion of the semiconductor manufacturers is increasing their investment and efforts to scale up the production of microprocessors and other semiconductor products. Furthermore, the increasing penetration of technologies such as automation, connected cars, AI, ML, and IoT are creating a favorable market scenario for the growth of the studied market in the post-COVID period.

Microprocessor Market Trends

Consumer Electronics Segment to drive the Market Growth

  • Microprocessors are increasingly used in consumer electronics applications such as desktop PCs, smartphones, tablets, and servers because of their fast processing speed, small size, and ease of maintenance. This multipurpose electronic processing device may be configured to accomplish about 3 billion activities per second, transport data swiftly between memory regions, and conduct sophisticated mathematical calculations such as floating-point operations. The rising consumer electronic segment will favor the Microprocessor Market, contributing to market growth and progress for the market under consideration.
  • The gaming industry has grown significantly in recent years, rather more dramatically since the outbreak of the pandemic, as gaming devices such as PC, game consoles, smartphones, etc., contain embedded systems comprising many components all serving a specific function, the growing gaming market will contribute to the growth of smartphones, Gaming consoles, and VR/AR devices, ultimately influencing the growth of microprocessors globally.
  • The popularity of smartphones and tablets in recent years has influenced PC demand. Microprocessor and GPU market growth have been impacted by the portability and performance of new-generation smartphones and tablets. When compared to those utilized in smartphones and tablets, PC processors and GPUs are usually more expensive. Desktop PCs have significantly declined in the PC category as more users chose portable devices such as smartphones and tablets for day-to-day tasks. Furthermore, because PCs have a long lifecycle and cannot be replaced in a short time, there is a growth in overall demand for the smartphone industry, which can be easily upgraded to improved technology quickly.
  • Furthermore, the arrival of 5G is expected to significantly expedite the adoption of smartphones and other wearable devices owing to the availability of a low latency and high-speed network, creating the demand for microprocessors in the process. According to Ericsson, global smartphone subscriptions are expected to grow from 6,260 million in 2021 to 7,790 million by 2028.

Asia Pacific to Account for a Significant Market Share

  • The Asia-Pacific region commands a significant market share and is predicted to grow the fastest over the forecast period. The increased use of smartphones and other devices in the region, such as laptops, mobile phones, desktop computers, and tablets, is credited with the increase. Due to factors such as fast digitalization, increased penetration of high-tech gadgets, and progress of automotive electronics, developing economies such as China and India are also helping market expansion. Furthermore, increased Internet of Things (IoT) usage, large government IT investment, and rising demand for cloud-based services will drive the regional market throughout the projection period.
  • The automotive industry is expected to generate considerable demand for microprocessors as the demand for luxury cars with advanced functionalities has been increasing lately in the Asia Pacific region. Furthermore, stringent government regulations regarding passenger and vehicle safety also contribute positively to the studied market's growth in Asia Pacific.
  • China is expected to remain dominant in the studied market due to the presence of a large consumer electronics and automotive manufacturing industry. According to the China Association of Automobile Manufacturers, in April 2022, around 996,000 passenger cars and 210,000 commercial vehicles were produced in China. Additionally, during the month, China's automotive industry produced a total of about 1.2 million vehicles.
  • Considering the growing demand for semiconductor chips, and ongoing issues with the United States, various Chinese firms, including Alibaba and Baidu, among others, have been making investments in manufacturing their own chips, a move considered progress toward China's goal of increasing local capabilities in a crucial technology. China has outlined seven technology fields in its 14th five-year plan, including artificial intelligence, quantum computing, semiconductors, and space, as its priority which is expected to drive opportunities in the studied market.
  • A similar trend has been observed across other countries as well, which are continuously launching initiatives to drive the semiconductor industry's growth in their respective regions. For instance, India's DIR-V program, which aims to accelerate the country's semiconductor ecosystem by mass-producing next-generation indigenous microprocessors, was recently revealed. By December 2023, the Indian government hopes to have achieved heavy-grade commercial silicon production and design victories. In the same vein, the government has inked five Memorandums of Understanding with companies such as Sony India, ISRO, BEL, and others to promote the usage of the Shakti and Vega RISC-V microprocessors, which were created in-house.

Microprocessor Industry Overview

The Microprocessor Market is concentrated due to the high initial investments and is dominated by a few major players. However, the growing market demand and stable profitability are expected to drive new players into the market, making it more competitive. Some of the key players in the market are Intel, Nvidia, Qualcomm, etc.

In February 2023, India's Centre for Development of Advanced Computing (C-DAC) announced they are working on the country's first indigenously designed family of microprocessors. The organization's roadmap for processors is aimed at helping the country become self-reliant in microprocessors. C-DAC targets to achieve 64 PetaFlops (PF) of cumulative compute power across the country by the end of 2024.

In January 2023, Intel unveiled its latest 13th Gen H and HX series of laptop processors at CES 2023. According to the company, these high-performance laptop processors offer up to 24-core CPU, DDR5 support, PCIe Gen5, and more. The company also announced the 13th Gen Intel Core P and U series of processors with improved Iris Xe onboard graphics and up to 14 core CPU designs.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHT

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Threat of New Entrants
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Impact of Macro Trends on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increase in demand for high performance and energy-efficient processors
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Decrease in demand for PCs

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 APU
    • 6.1.2 CPU
    • 6.1.3 GPU
    • 6.1.4 FPGA
  • 6.2 By Application
    • 6.2.1 Consumer Electronics
    • 6.2.2 Enterprise - Computer and Servers
    • 6.2.3 Automotive
    • 6.2.4 Industrial
    • 6.2.5 Others
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Intel Corporation
    • 7.1.2 TSMC
    • 7.1.3 SK Hynix Inc.
    • 7.1.4 Sony Corporation
    • 7.1.5 Nvidia Corporation
    • 7.1.6 Samsung Electronics Co. Ltd.
    • 7.1.7 Qualcomm Technologies
    • 7.1.8 Broadcom Inc.
    • 7.1.9 Micron Technology

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET