デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440249

5G情勢:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global 5G Landscape - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
5G情勢:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の5G市場規模は2024年に280億3,000万米ドルと推定され、2029年までに609億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に16.80%のCAGRで成長します。

世界の5Gの状況- 市場

次世代モバイルネットワーキング標準である5Gネットワークは、シームレスなカバレッジ、高いデータレート、低い遅延、はるかに優れたパフォーマンス、効率的な通信を備えており、改善されたエンドユーザーエクスペリエンスを提供する準備ができています。

スマートフォンの分野は、5G接続によって影響を受ける多くのものうちの1つになります。たとえば、モノのインターネット(IoT)やマシンツーマシン(M2M)におけるインフラストラクチャの進歩は、4Gの遅いダウンロード速度と遅延によって長い間制約されてきました。より多くのデバイスがネットワークに接続され、相互に通信するほど、遅延の累積的な影響はより顕著になり、顕著になります。たとえば、拡張現実は、速度と帯域幅の向上により、最終的にはウェアラブルテクノロジーを人々の日常生活にシームレスに統合できるようになります。自動運転車間の即時通信は、自動運転車にとっても非常に有利になります。

さらに、5Gは公共の安心と安全のためのスマートシティサービスを劇的に向上させます。自動車事故やテロ攻撃などの場合、公共スペースからのビデオ録画をリアルタイムに分析し、生体認証ソフトウェアと組み合わせることで、危険な状況を特定し、即座に自動的に当局に警告することができます。現在のCCTVシステムとは対照的に、5G対応機器はワイヤレスでアップデートを取得できるようになり、データ管理プラットフォームはさまざまなサービスをリンクします。さらに、5G接続機器はドローンやロボットなどのモバイルフォームファクターに拡張され、モバイルネットワークがカバーする場所ならどこにでも設置できるようになり、固定線の要件が不要になります。

さらに、各国政府がスマートシティプロジェクトの拡大を支援することも市場の重要な動向となっています。インド住宅都市省の支援を受けて、インドは2023年までに人口500万人が住む4,000の都市を開発することを目指しています。さらに、英国ではサンダーランド市議会がBAIと20年間の戦略的パートナーシップを締結しました。プライベート 5Gスモールセルネットワークを含む次世代デジタルインフラストラクチャを設計、構築、運用するための通信が2021年 10月に開始されます。新しい5Gネットワークは、完全にデジタル対応のスマートシティになるというサンダーランド市議会の野望を実現します。

実際、COVID-19感染症のパンデミック後、消費者や専門家はこれまで以上に信頼性の高い高速インターネットパフォーマンスに依存しており、接続に対する需要が高まっています。たとえば、パンデミックの制限により多くの企業や産業施設の閉鎖が促され、製造プロセスやサプライチェーンが混乱しました。 5G通信を利用した遠隔操作機器が突如として必須となった。これにより、人間の 促進要因がクレーン、ドローン、その他の産業機械をより迅速、正確に、そして遠くから操作できるようになりました。これは、企業が事業を継続し、将来の混乱に直面しても回復力を維持できるようにするために5Gが重要となり得る多くの方法の1つにすぎません。

その一方で、5G接続はサービスの包括的な性質により、スペクトルに複数の層の複雑さが追加されることが予想されます。利用可能なスペクトルが限られていることは、5Gの開発における大きな課題です。 5Gの帯域幅要件は、高速で高品質の接続を実現するにはより高い周波数スペクトルが不可欠であることを意味します。ミリ波を使用する5G規格は、4Gが使用する波長よりもはるかに短いです。波長が短いということは、5G接続が4Gよりも多くのデータをより速く伝送できることを意味しますが、通信範囲が大幅に短くなるということも意味します。 4G波長の範囲はほぼ16マイルです。 5Gの波長範囲は約1,000フィートで、4Gのカバー範囲の2%にも満たません。そのため、堅牢な5G信号を確保するには、あらゆる場所に多数の5Gセルタワーとアンテナが必要となり、セットアップコストが増加します。

5G市場動向

5Gデバイスは市場を牽引する要因の1つ

  • GSMAによると、所得レベルがそれほど高くない大規模経済国(ブラジル、インドネシア、インドなど)での5G展開の新たな波により、低所得者にとって利用しやすい5Gデバイスの大量生産が促進される可能性があります。また、これまでの5Gアプリケーションとユースケースのほとんどがより発展した市場に集中していることを考えると、発展途上地域でのまったく新しい5Gビジネスおよびコンシューマアプリケーションの作成が促進される可能性があります。その一方で、5G携帯電話の平均小売価格は現在500ドルを下回っており、Realmeのような一部のサプライヤーは150ドル未満でスマートフォンを提供しています。
  • さらに、エリクソンによれば、世界の5G加入数は2019年から2027年にかけて1,200万件以上から40億件以上に劇的に増加すると予想されています。最も重要なサブスクリプション数が予想される地域には、北東アジア、東南アジア、インド、ネパール、ブータンが含まれます。さらに、GSMAは、2025年までに、アジア太平洋先進国、北米、中華圏のすべてのモバイル接続の半分以上が5G接続になると予測しています。
  • さらに、ラップトップメーカーは、幅広い市場シェアを獲得するために5Gテクノロジーを導入しています。たとえば、チップメーカーであるインテルは昨年、Acer、ASUS、HPのラップトップ 30モデル以上に新しい5Gソリューション5000モデムを提供しました。さらに、インテルは5GHz対応の超薄型ノートブックのTiger Lakeシリーズを強化しています。 Intel 5G Solution 5000は、AT&TやSpringなどの通信事業者から世界のカバレッジの認定を受けたM.2モジュールです。 Intelは、それぞれ最大1.25 Gbpsと4.7 Gbpsのアップロード速度とダウンロード速度を提供できます。
  • さらに、今年10月、現代モービスは、自動運転を含むコネクテッドカーシステムの性能を向上させるために、自動車用の5Gベースの通信モジュールを開発したと主張しました。このモジュールにより、リアルタイムの大容量データ処理が可能になります。プロバイダーによると、新しいモジュールは、超高速、超低遅延、およびハイパーコネクション技術を使用して、メモリと通信操作、および無線周波数回路とGPSを組み合わせています。
  • それどころか、米国のスマートフォン会社のほとんどは5Gデバイスの幅広いターゲット層に依存しているため、これが消費者の5Gへのアップグレードの選択に影響を与える可能性があります。 NPDグループによると、米国のスマートフォンユーザーはより長時間スマートフォンを使用しており、これが最近のスマートフォン市場にとって課題となっています。メーカーや通信事業者は、5Gがアップグレードサイクルの再活性化に役立つと期待しています。ただし、価格設定が別のハードルとなる可能性があります。

中国が圧倒的な市場シェアを握る

  • 中国は、インフラ整備能力における国内政府からの強力な初期支援、地元サプライチェーンからの高度な研究開発、国内外の次期テクノロジーに対する消費者の欲求を頂点として、5G対応車両の早期導入を主導すると予想されています。 5Gインフラストラクチャと規格は中国全土で標準化される可能性が非常に高いため、これらの車両が中国の大規模な国内市場専用となるという事実により、導入がさらに合理化されます。
  • 南山区政府サービス・データ管理局によると、市レベルの行政とサービスをサポートするため、一級都市の発展した行政区である南山市は、最先端の5Gを活用した徹底したトップレベルの設計計画を遵守しているといいます。+テクノロジー。このプログラムは、ガバナンス、公共サービス、業界の発展を考慮することで、大多数の最も緊急な要件に対応しています。 5G+IoT機能を備えた超大規模な都市レベルのコグニティブネットワークが端末からネットワークまで開発されています。都市部の5Gセクターの成長動向をパノラマ的、階層的、ダイナミックな方法で提示することで、5G+スマートシティの結合効果を再構築します。
  • 同様に、浙江省麗水市非常管理局によると、麗水市は最も広い面積を持つ地級都市です。この都市は、約90%が森林、5%が含水率、5%が農地であるため、さまざまな災害が頻繁に発生し、多大な損失をもたらしています。視覚化システムは、情報に基づいた意思決定、効果的な指揮とスケジューリング、および状況の迅速な解決に不可欠です。麗水5G緊急可視化システムは、民生利益のための非常管理局の要求に基づいて、クラウド、管理、端末を統合したプラットフォームです。このプラットフォームは、災害早期警報、遠隔捜索救助、5Gネットワーク、5Gモバイルキャビンなどの機能による衛星通信などの機能を提供します。
  • さらに、熱帯の海南省では、チャイナユニコムとファーウェイが開発した、MECとAIを統合した5Gスマートヘルスケアネットワークにより、医療サービスの効率と到達範囲が向上しました。各市立および郡の病院、340の町の保健センター、2693の村の診療所にはすべて遠隔医療機器が設置されています。このネットワークでは、AI支援による遠隔相談と診断が提供されます。患者の平均待ち時間は半分に短縮され、医療の有効性は30%向上しました。
  • さらに、中国ではスマート製造プラントの増加傾向も目の当たりにしており、プラント全体の効率的な機能にはM2M通信が不可欠です。したがって、さまざまなエンドユーザー業界によるこれらのテクノロジーの採用の増加により、5G接続の開発が増加しています。たとえば、江蘇省蘇州にあるロボテクニック工場は、完全な5G対応のスマート工場を目指して進んでいます。プロトタイプ工場では、運用層で固定回線とWi-Fi接続を置き換える5Gネットワークを設置して、機器をよりインテリジェント化し、産業アプリケーションのクラウドへの移行を促進して、柔軟でスマートな製造を実現することを計画しました。

5G業界の概要

5G市場のランドスペースは高度に統合されています。生産に関与するすべての企業は、高い研究開発能力と投資を活用して、製品提供を頻繁に強化し続けており、現在の市場シナリオは非常に競争が激しく、市場の既存企業がほとんどとなっています。

MediaTekは2022年 5月に、シームレスな接続、ディスプレイ、ゲーム、電力効率を提供する同社初のミリ波 5GチップセットであるDimensity 1050システムオンチップ[SoC]を導入しました。 Dimensity 930とHelio G99は、同社の5Gおよびゲーム用チップセットファミリの拡大の一環として導入された他の2つのチップセットです。 Dimensity 1050は、オクタコア CPUとTSMC 6nm製造プロセスを使用して構築されており、ミリ波 5Gとサブ 6GHzを組み合わせてネットワークスペクトルの移行を支援します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 5Gタイムラインの概要
  • 現在の導入サイクル- 先駆者、導入者、後発者
  • 市場促進要因(世界中のデバイスとエンドポイントの数の継続的な増加|導入を支援するためのコンポーネントおよびデバイスレベルでの技術革新|5Gが以前の世代と比較して提供する主な利点|仮想ネットワーキングアーキテクチャの採用の増加)
  • 市場の課題(標準化の遅れ|設計および運用上の課題)
  • 市場機会(産業分野での需要増加が見込まれる|新興国における5Gイントロダクション向けた取り組みが進む)
  • 5Gとその先- 今後の道筋
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が5G情勢に与える影響
  • 主要な業界の規制とポリシー

第5章 テクノロジーのスナップショット

第6章 5G導入市場情勢

  • 世界の通信事業者の数- 試験と商用開始による内訳(2018年第2四半期~2020年第1四半期)
  • 5G導入に関する国レベルの報道- 投資と商業化の動向
  • セルサイトバックホール、マクロおよびスモールセルサイトバックホールの合計使用量- パーセンテージ(マイクロ波、衛星、サブ6GHz)
    • マクロセルサイト
    • スモールセルサイト
    • 市場の見通し

第7章 5G接続市場情勢

  • 5G接続の数(百万単位)
  • 5G接続の数(タイプ別)
    • モバイルブロードバンド
    • 固定無線アクセス
    • M2MとIoT
    • ミッションクリティカル
  • 5Gカバレッジ、地域の割合
  • 5Gと4Gの導入、接続の割合
  • 2G、3G、4G、5Gの市場シェア-割合
  • 米国、日本、欧州、中国、CIS、中南米、SSA別の5G接続数(2027年)
  • 5G端末数(2019年3月~2020年4月)

第8章 市場セグメンテーション(5Gデバイス市場情勢)

  • フォームファクター別5Gデバイス数
    • スマートフォン
    • CPE(屋内/屋外)
    • モジュール
    • ホットスポット
    • ラップトップ
    • 産業用グレードのCPE/ルーター/ゲートウェイ
    • その他のフォームファクター(ドローン、HMD、タブレット、テレビ、ドングルなど)
  • スペクトルサポート別5Gデバイス数
    • サブ6GHz
    • ミリ波
    • 両方のスペクトル帯域
  • 主要ベンダー一覧

第9章 5Gスマートフォン市場情勢

  • スマートフォンの出荷数
  • ブランド市場シェア、パーセンテージ、2022年
    • Samsung
    • Huawei
    • Vivo
    • Xiaomi
    • LG
    • OPPO

第10章 5Gチップセット市場情勢

  • 5Gチップセットの市場規模と予測
  • 5Gチップセット市場セグメンテーション、ICタイプ別
    • RFIC
    • ASIC
    • ミリ波IC
    • セルラーIC
  • 5Gチップセット市場セグメンテーション、展開別
    • デバイス
    • CPE
    • ネットワークインフラストラクチャ
    • その他
  • ベンダー情勢分析- モデル、タイプ、ベンダー別の市販5Gチップセットのリスト、DL UL速度、サブ6GHz、ミリ波、LTE互換性
  • Qualcomm、Samsung、Mediatek、HiSiliconを含む主要ベンダーをカバー

第11章 5Gの連結収益への貢献

  • 5Gモバイルの収益予測
  • 5Gモバイルの収益予測、地域別
    • 欧州
    • 中国
    • 日本
    • 米国
    • 韓国
  • 5Gによる経済への貢献、兆ドル単位(2024~2030年)
  • 5Gによる世界の労働力への貢献
  • 主要業界全体で5Gに主に支出している企業
  • モバイルブロードバンド、M-IoT、ミッションクリティカルサービスへの投資に基づく主要業界の分析

第12章 投資分析

第13章 5G市場の見通し

目次
Product Code: 71786

The Global 5G Market size is estimated at USD 28.03 billion in 2024, and is expected to reach USD 60.93 billion by 2029, growing at a CAGR of 16.80% during the forecast period (2024-2029).

Global 5G  Landscape - Market

With seamless coverage, high data rates, low latency, much better performance, and efficient communications, the 5G network-the next generation of mobile networking standards-is ready to provide an improved end-user experience.

The sphere of smartphones will be one of many things that will be impacted by 5G connectivity. Infrastructural advancements in the Internet of Things (IoT) and Machine-to-Machine (M2M) have, for example, long been constrained by the slow download speeds and latency of 4G. The cumulative effect of any latency will be more significant and observable as more devices are connected to a network and communicating with one another. For instance, augmented reality will eventually enable wearable technology to seamlessly integrate with people's daily lives due to increased speed and bandwidth. Instantaneous communication amongst autonomous vehicles will be quite advantageous for them as well.

Additionally, 5G will dramatically improve smart city services for public security and safety. In instances like a car accident or terrorist attack, real-time analytics of video recordings from public spaces combined with biometric software will be able to identify unsafe circumstances and automatically warn authorities instantly. Contrary to current CCTV systems, 5G-enabled equipment will be able to get updates wirelessly, and data management platforms will link different services. Additionally, 5G connected equipment will be extended to mobile form factors like drones and robots and be able to be installed everywhere there is mobile network coverage, doing away with the requirement for fixed wire.

Furthermore, national governments aiding the expansion of smart city projects is also a key trend in the market. With the support of the Ministry of Housing and Urban Affairs in India, the nation aims to develop 4,000 cities to house a population of 5,00,000 each by 2023. Moreover, in England, Sunderland City Council awarded a 20-year strategic partnership to BAI Communications to design, build and operate next-generation digital infrastructure, including a private 5G small cell network, in October 2021. The New 5G network will realize Sunderland City Council's ambition to be a fully digitally enabled smart city.

Indeed, more than ever, consumers and professionals depend on reliable, fast internet performance after the COVID-19 pandemic, which has increased demand for connectivity. For instance, pandemic restrictions prompted the closure of numerous enterprises and industrial facilities, causing manufacturing processes and supply chains to be disrupted. Remotely controlled devices with 5G communication suddenly became essential. They made it possible for human drivers to operate cranes, drones, and other industrial machinery more quickly, accurately, and from a distance. This is just one of the many ways that 5G could be important for assisting businesses to continue operating and be resilient in the face of any future disruption.

On the flip side, a 5G connection is expected to add multiple layers of complexity to the spectrum due to the all-inclusive nature of services. Limited spectrum availability is a big challenge in the development of 5G. The bandwidth requirements of 5G mean a higher frequency spectrum would be fundamental in delivering high-speed, high-quality connectivity. The 5G standard, which uses millimeter waves, is a lot shorter than the wavelengths 4G uses. The shorter wavelength means a 5G connection can carry much data faster than 4G, but it also means a significantly shorter range. 4G wavelengths have a range of almost 10 miles. 5G wavelengths range about 1,000 feet, not even 2% of 4G's coverage. So, to ensure a robust 5G signal, there is a requirement for many 5G cell towers and antennas everywhere, increasing the setup cost.

5G Market Trends

5G Devices are One of the Factors Driving the Market

  • According to GSMA, a new wave of the 5G rollouts in large economies with modest income levels (such as Brazil, Indonesia, and India) could encourage the mass production of 5G devices that are more accessible to lower-income people. It might also encourage the creation of brand-new 5G business and consumer applications in developing regions, given that most 5G applications and use cases to date have been concentrated on more developed markets. In the meantime, the average retail price of a 5G phone has now dropped below USD 500, with some suppliers, like Realme, offering smartphones for less than USD 150. This encourages 5G uptake in less developed regions and creates an opportunity for cutting-edge services based on the technology.
  • Further, according to Ericsson, global 5G subscriptions are anticipated to jump dramatically between 2019 and 2027, from over 12 million to over 4 billion subscriptions. The regions with the most significant anticipated subscription numbers include North East Asia, South East Asia, India, Nepal, and Bhutan. Additionally, the GSMA predicts that by 2025, 5G connections will make up more than half of all mobile connections in the Developed Asia Pacific, North America, and Greater China.
  • Moreover, laptop manufacturers are incorporating 5G technology to capture a wide market share. For instance, last year, Intel, a chipmaker, offered the new 5G Solution 5000 modem in laptops from Acer, ASUS, and HP in more than 30 laptop models. Additionally, Intel is enhancing its Tiger Lake series of 5GHz-capable ultra-thin notebooks. The Intel 5G Solution 5000 is an M.2 module that has received certification for global coverage from AT&T and Spring, among other carriers. Intel can provide upload and download speeds of up to 1.25 and 4.7 Gbps, respectively.
  • Further, in October this year, Hyundai Mobis claimed to have created a 5G-based communication module for automobiles to enhance the performance of connected car systems, including autonomous driving. This module enables real-time, large-volume data processing. According to the provider, the new module uses ultra-high speed, ultra-low latency, and hyper-connection technologies to combine memory and communication operations, as well as radio frequency circuits and GPS.
  • On the contrary, as most of the smartphone companies in the United States rely on a wide range of target audiences for 5G devices, this may affect the consumers' choice to upgrade to 5G. According to the NPD Group, US smartphone users hold on to their smartphones for more extended periods, which has presented a challenge for the smartphone market in the recent past. Manufacturers and carriers are expecting 5G to help reinvigorate the upgrade cycle. However, pricing could present another hurdle.

China Holds Prominent Share of the Market

  • China is expected to lead the early deployment of 5G-capable vehicles, apex from strong early support from the domestic government in infrastructure capabilities, advanced research and development from the local supply chain, and consumers' appetite for the upcoming technology inside and outside of the vehicle. The fact that these vehicles will be exclusive to China's large domestic market further streamlines adoption because 5G infrastructure and standards are very likely to be standardized across the territory.
  • According to the Government Services and Data Management Bureau of Nanshan District, to support city-level administration and services, Nanshan, a developed administrative region in the first-tier city, adheres to a thorough top-level design plan powered by cutting-edge 5G + technology. The program addresses the majority's most urgent requirements by considering governance, public services, and industry development. A super-large city-level cognitive network with 5G + IoT capability has been developed from terminals to networks. It reshapes the coupling effects of 5G + smart cities by presenting growth trends of the urban 5G sector in a panoramic, layered, and dynamic manner.
  • Similarly, according to the Bureau of Emergency Management of Lishui, in Zhejiang Province, Lishui is the prefecture-level city with the most significant land area. The city experiences a variety of calamities that frequently occur and result in substantial losses due to its almost 90% forest coverage, 5% water content, and 5% farm area. A visualization system is essential for making informed decisions, effective command and scheduling, and resolving situations promptly. Based on the demands of the Bureau of Emergency Management for the benefit of people's livelihood, Lishui 5G emergency visualization system is a platform integrating cloud, management, and terminal. The platform offers features like disaster early warning, remote search and rescue, and satellite communication thanks to the 5G network, 5G mobile cabin, and other capabilities.
  • Further, in the tropical province of Hainan, a 5G smart healthcare network integrating MEC and AI, developed by China Unicom and Huawei, has increased the efficiency and reach of medical services. Each municipal and county hospital, as well as 340 township health centers and 2693 village clinics, all have telemedicine equipment installed. The network offers remote consultations and diagnosis with AI assistance. Average patient wait times have been cut in half, while medical treatment effectiveness has increased by 30%.
  • Moreover, China is also witnessing an upward trend in smart manufacturing plants where M2M communication is crucial to the efficient function of the entire plant. Therefore, the increasing uptake of these technologies by various end-user industries is leading to increased development in 5G connections. For instance, the RoboTechnik plant in Suzhou, Jiangsu Province, is moving towards a complete 5G-enabled smart plant. The prototype plant planned to install a 5G network to replace the fixed lines and Wi-Fi connections at the operational layer to make the equipment more intelligent and facilitate the transformation of the industrial applications to the cloud to achieve flexible and smart manufacturing.

5G Industry Overview

The 5G market Landspace is highly consolidated. All the companies involved in the production continue to enhance their product offerings frequently, leveraging their high R&D capabilities and investments, leaving the current market scenario highly competitive and mostly market incumbents.

In August 2022, Chinese chip manufacturer UNISOC released its second-generation 5G chip in the second half of 2022 or the first part of 2023. Extreme ultraviolet (EUV) technology, a crucial process for advanced chip manufacturing, was reportedly used by UNISOC to start mass-producing 6nm 5G devices. UNISOC already has three distinct types of 5G chips on the market.

In May 2022, MediaTek introduced Dimensity 1050 system-on-chip [SoC], the company's first mmWave 5G chipset, which offers seamless connection, displays, gaming, and power efficiency. Dimensity 930 and Helio G99 are two other chipsets that were also introduced as part of the company's expansion of its 5G and gaming chipset families. The Dimensity 1050 is constructed using an octa-core CPU and the TSMC 6nm fabrication process, combining mmWave 5G and sub-6GHz to aid network spectrum migration.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 5G Timeline Overview
  • 4.3 Current Adoption Cycle -Forerunners, Adopters & Laggards
  • 4.4 Market Drivers (Sustained increase in number of devices & endpoints worldwide| Technological innovations at a component & device level to aid adoption| Key benefits offered by 5G over its predecessors| Growing adoption of virtual networking architecture)
  • 4.5 Market Challenges (Standardization delays| Design & Operational Challenges )
  • 4.6 Market Opportunities (Anticipated rise in demand from industrial sector| Ongoing efforts towards introduction of 5G in emerging countries)
  • 4.7 5G and Beyond -The Path Ahead
  • 4.8 Impact of COVID-19 on the 5G Landscape
  • 4.9 Key Industry Regulations & Policies

5 TECHNOLOGY SNAPSHOT

6 5G ADOPTION MARKET LANDSCAPE

  • 6.1 Number of Operators Worldwide-Breakdown by Trials & Commercial Launches (Q2'18- Q1 '20)
  • 6.2 Country-level coverage on 5G Adoption - Investment & Commercialization Trends
  • 6.3 Total Cell-site Backhaul, Macro & Small Cell-site Backhaul Usage - In Percentage (Microwave, Satellite, Sub-6 GHz)
    • 6.3.1 Macro-Cell Site
    • 6.3.2 Small-Cell Site
    • 6.3.3 Market Outlook

7 5G CONNECTION MARKET LANDSCAPE

  • 7.1 Number of 5G Connections, In Millions
  • 7.2 Number of 5G Connections, by Type
    • 7.2.1 Mobile Broadband
    • 7.2.2 Fixed Wireless Access
    • 7.2.3 M2M & IoT
    • 7.2.4 Mission-Critical
  • 7.3 5G Coverage, % of Geography
  • 7.4 Adoption of 5G vs 4G, Percentage of Connections
  • 7.5 Market share of 2G, 3G, 4G, 5G-Percentage Share
  • 7.6 Number of 5G Connections by US, Japan, Europe, China, CIS, LATAM MENA, SSA (2027)
  • 7.7 Number of 5G Devices (March 2019 - April 2020)

8 MARKET SEGMENTATION (5G DEVICES MARKET LANDSCAPE)

  • 8.1 Number of 5G Devices, by Form Factor
    • 8.1.1 Smartphone
    • 8.1.2 CPE (Indoor/Outdoor)
    • 8.1.3 Modules
    • 8.1.4 Hotspots
    • 8.1.5 Laptops
    • 8.1.6 Industrial Grade CPE/Router/Gateway
    • 8.1.7 Other Form Factors(Drones, HMDs, Tablets, TV, Dongles, etc.)
  • 8.2 Number of 5G Devices, by Spectrum support
    • 8.2.1 Sub-6 GHz
    • 8.2.2 mmWave
    • 8.2.3 Both Spectrum Bands
  • 8.3 List of Major Vendors

9 5G SMARTPHONE MARKET LANDSCAPE

  • 9.1 Smartphone Shipments - in Million Units
  • 9.2 Brand Market Share, In Percentage, 2022
    • 9.2.1 Samsung
    • 9.2.2 Huawei
    • 9.2.3 Vivo
    • 9.2.4 Xiaomi
    • 9.2.5 LG
    • 9.2.6 OPPO

10 5G CHIPSET MARKET LANDSCAPE

  • 10.1 5G Chipset Market Size & Forecasts
  • 10.2 5G Chipset Market Segmentation, By IC Type
    • 10.2.1 RFIC
    • 10.2.2 ASIC
    • 10.2.3 mmWave IC
    • 10.2.4 Cellular IC
  • 10.3 5G Chipset Market Segmentation, By Deployment
    • 10.3.1 Device
    • 10.3.2 CPE
    • 10.3.3 Network Infrastructure
    • 10.3.4 Others
  • 10.4 Vendor Landscape Analysis - List of Commercially Available 5G Chipsets, by Model, Type, Vendor, DL UL Speed, Sub-6 GHz,mmWave& LTE Compatibility
  • 10.5 Key Vendor coverage to include Qualcomm, Samsung, Mediatek, HiSilicon

11 5G CONSOLIDATED REVENUE CONTRIBUTION

  • 11.1 5G Mobile Revenue Forecast, In USD Trillion
  • 11.2 5G Mobile Revenue Forecast, by Region, In USD Billion
    • 11.2.1 Europe
    • 11.2.2 China
    • 11.2.3 Japan
    • 11.2.4 United States
    • 11.2.5 South Korea
  • 11.3 5G Contribution to Economy, In USD Trillion (2024 - 2030)
  • 11.4 5G contribution to global workforce
  • 11.5 Major spenders on 5G across key industry verticals
  • 11.6 Analysis of key industry verticals based on their investment on Mobile Broadband, M-IoT and Mission Critical Services

12 INVESTMENT ANALYSIS

13 5G MARKET OUTLOOK