市場調査レポート
商品コード
1440245

バイオ医薬品CDMO:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Biologics CDMO - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 179 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.56円
バイオ医薬品CDMO:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 179 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

バイオ医薬品CDMO市場規模は、2024年に153億2,000万米ドルと推定され、2029年までに279億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に12.78%のCAGRで成長します。

バイオ医薬品CDMO-市場

製薬業界ではアウトソーシングサービスを検討する企業が増えており、受託製造や受託開発の製造組織からのサービスの需要が高まると考えられます。

主なハイライト

  • 製薬業界は、世界経済の成長、人口の増加と高齢化、新製品の発売によって急激に成長しています。低分子が引き続き市場で顕著なシェアを占めているにもかかわらず、生物製剤、バイオシミラー、細胞および遺伝子治療などの高分子は、予測期間中に最も急速な成長を遂げると予想されています。
  • 大きな分子の体積は小さくなる傾向がありますが、このセグメントは急速に成長しています。オリジネーターバイオ医薬品、バイオシミラー、細胞および遺伝子治療を含む大分子市場の絶対的な成長により、市場は2023年までに1,330億米ドルに達すると予想されています。オリジネーターバイオ医薬品の市場規模は2023年までに3,710億米ドルに達すると予想されています。リザルトヘルスケアへ。
  • がん治療は、生物製剤市場の成長の大部分を牽引する主な要因の1つです。より速い成長が予測されているにもかかわらず、医薬品の承認に関しては小分子が生物製剤を上回っています。例えば、FDAの医薬品評価研究センター(CDER)は、2021年に50の新薬と生物学的製剤を承認しました。承認された50の新薬と生物学的製剤のうち、33が低分子医薬品、17がモノクローナル抗体とその他の高分子医薬品でした。生物学的製剤の承認数はここ数年着実に増加しています。
  • 企業は、メーカーに課せられた規制を遵守するために追加の投資を行う必要があります。その代わりに、企業は企業全体に利益をもたらす研究開発活動に積極的に投資します。したがって、高度に規制された製造プロセスは、複雑な技術移転と知的財産セキュリティの懸念を伴い、さまざまな地域で予想される市場の成長と採用を妨げています。
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、調査対象の市場で事業を展開する企業にとって、ワクチンの製造とアウトソーシングが持続可能な収益源となる可能性を示しました。COVID-19感染症ワクチンの後にブースターを導入することで、CDMOベンダーにとって成長に好ましい情勢が生まれることが期待されています。たとえば、キャタレントは、60社以上の顧客向けに新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンと治療法を開発する可能性を調査するために、100近くの異なる化合物に取り組んできました。

バイオ医薬品CDMO市場動向

CDMOの新技術へのアクセスと実行速度の向上が市場の成長を促進

  • サプライチェーンの長さを短縮し、リードタイムの効率を改善するという圧力により、企業は需要に応えるためにさまざまな措置を講じることを余儀なくされており、受託製造がサプライチェーンにおける実行速度の低下を可能にする主要な要因となっています。
  • 一部の医薬品については、委託製造の後に委託包装が行われることがよくあります。その結果、製薬会社は、品質テストとともに受託製造と受託包装を提供するベンダーを求めています。さらに、DHLなどのサードパーティの物流プロバイダーは、契約梱包サービスを含めてサービス機能を拡張しています。
  • CDMOは、高度なテクノロジーと専門知識を通じて市場で大きな牽引力を獲得しています。最新の技術動向を追い続けることは、1つの化合物または剤形に特化したニッチCDMOにとって特に重要です。
  • バイオ医薬品CDMOは、競争の激しい業界で成功する可能性が最も高くなります。彼らは最先端のテクノロジーを積極的に採用し、差別化された機能を構築するために必要な時間と資本を投資します。優れたCDMOは、柔軟性と機敏性を維持しながら、容量を増やすために迅速に行動します。
  • 感染症の蔓延と新たな治療法への需要の増加に伴い、先進技術への多額の資本投資を必要とする製薬企業やバイオテクノロジー企業はCDMOとの提携を結び、市場の成長をさらに推進しています。

北米が卓越した市場シェアを保持

  • 北米は、米国とカナダという2つの主要経済国の存在により、バイオ医薬品CDMO業界の主要市場の1つです。米国は世界の主要な製薬産業の本拠地であり、市場収益の大きなシェアを占めています。
  • IQVIAヒューマンデータサイエンス研究所の調査によると、世界の医療支出は2026年にCOVID-19感染症ワクチンを含めて1兆8,000億米ドルに達すると予想されています。さらに、この地域はCDMO市場でも顕著なシェアを占めています。 Resultsヘルスケアによると、この地域はCDMO市場シェアの約37%を占めており、今後数年間で1桁台半ばの成長が見込まれると予想されています。
  • 慢性疾患の高い有病率、人口の高齢化、証拠に基づいた実践の必要性の増大が、米国における臨床試験の高い需要を促進する要因となっています。近年、臨床試験の数が学術医療センターから地域ベースの診療所、さらにはさまざまな国の世界の施設に移行するケースが増えています。
  • さらに、CROはこの地域に強力な足場を築いており、市場の成長に貢献しています。これらには、QVIA Holdings Inc.、Pharmaceutical Product Development LLC、PRA Health Sciences Inc.、Laboratory Corporation of America Holdingsが含まれます。 Biovectraなどの企業は、北米の4つのcGMP施設で中間体および医薬品有効成分(API)の受託開発および製造能力の提供にも注力しています。中国の開発製造受託機関(CDMO)は最近、米国の臨床製造施設と10年間のリース契約を締結し、バイオ医薬品CDMO市場の成長をさらに支援しました。
  • Emergent BioSolutionsはまた、Vaxart、Novavax、J&J、AstraZenecaを含むCOVID-19感染症ワクチン開発企業とのさまざまなCDMO契約も発表しました。 FDA承認ワクチンBioThrax(炭疽菌ワクチン吸着型)やVaxchora(コレラワクチン、生、経口)などの抗感染症ワクチンの商品化における同社の経験と、パンデミック対応の製造ネットワークが、COVID-19に関するこれらの取引を獲得する主な要因となっています。メリーランド州ボルチモアにある同社のベイビュー原薬施設は、パンデミックに対応するために米国政府と協力して設計、建設されました。新しい先進開発製造イノベーションセンター(CIADM)には、最大4,000 Lの使い捨てバイオリアクターシステムがあります。

バイオ医薬品CDMOの業界概要

バイオ医薬品CDMO市場は非常に集中しており、市場の半分近くが少数のプレーヤーによって支配されています。 2021年には、キャタレント、ベーリンガーインゲルハイムグループ、ロンザグループ、サムスンバイオロジクスなどの大手企業が調査対象市場の30.1%以上を占めました。

  • 2022年 5月-Euroapiは、低分子医薬品有効成分(API)に特化したCDMOです。 2022年5月、同社の株式はユーロネクスト・パリ証券取引所で取引を開始しました。サノフィは、Euroapiと長期的な顧客関係を確立することで、CDMOへのサポートを拡大しています。2年間のロックアップ期間中、CDMOの少数株約30%を保有することで合意しました。さらに、フランス政府が所有するフランスの公的投資銀行であるEPIC Bpifranceは、サノフィからEuroAPIの株式の12%を購入することに同意しました。
  • 2022年 4月ChimeronBioは、クリニックを含めたオンコロジーポートフォリオを推進するために、FUJIFILM DiosynthBiotechnologies(FDB)と製造契約を締結したと発表しました。 ChimeronBioは、原薬製造プロセスを移管し拡張するためのパートナーとしてFUJIFILM DiosynthBiotechnologiesを選択しました。
  • 2022年1月-Samsung Biologicsは、両社が設立した合弁事業であるSamsung Bioepisのバイオジェンの株式50%を最大23億米ドルで取得する契約をバイオジェンと締結しました。サムスンバイオロジクスによるバイオジェン株の完全買収により、サムスンバイオエピスのバイオシミラー開発能力と新薬開発における将来の業績が強化されることが期待されます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

  • 調査体制
  • 2次調査
  • 1次調査
  • 1次調査アプローチと主な回答者
  • データの三角測量と洞察の生成

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • CDMOによって実現される新しいテクノロジーへのアクセスと実行の高速化
    • 能力開発には多額の資本投資が必要であるため、企業はアウトソーシングモデルを選択しています
    • 新興医薬品開発会社における社内能力の不足
  • 市場の課題
    • 移転の複雑さと知的財産および特許の侵害に関する懸念
    • 高分子医薬品に関連する生産能力の問題
  • 市場機会(バイオシミラーの共同開発とデザイナー細胞株の概念の出現)
  • バイオ医薬品CDMOベンダーの選択に関する重要な考慮事項
  • ビジネスモデル分析- 付加価値、柔軟な生産能力のリスク共有、およびインタイム製造
  • バイオ医薬品CDMO(新しいワクチンの開発競争と現在の生産能力への影響)に対する新型COVID-19症の影響の詳細な評価
  • バイオ医薬品業界の主な動向
  • 腫瘍学、感染症、心血管疾患など、さまざまな種類の病気の治療における生物学的製剤の現在の使用に関する報道

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 哺乳類
    • 非哺乳類(微生物)
  • 製品タイプ別
    • 生物製剤
      • モノクローナル(診断、治療、タンパク質ベース)
      • 組換えタンパク質
      • アンチセンスと分子治療
      • ワクチン
      • その他の生物製剤
    • バイオシミラー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • 中東とアフリカ
    • ラテンアメリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Boehringer Ingelheim Group
    • Wuxi Biologics
    • Samsung Biologics
    • Lonza Group
    • Fujifilm Diosynth Biotechnologies USA Inc.
    • Toyobo Co. Limited
    • Parexel International Corporation
    • Icon PLC
    • Binex Co. Limited
    • JRS Pharma
    • Rentschler Biotechnologies
    • AGC Biologics
    • Sandoz Biopharmaceuticals(Novartis AG)
    • Catalent Inc.
    • AbbVie Contract Manufacturing

第7章 ベンダーの市場シェア

第8章 投資分析

第9章 市場の将来展望

目次
Product Code: 71689

The Biologics CDMO Market size is estimated at USD 15.32 billion in 2024, and is expected to reach USD 27.94 billion by 2029, growing at a CAGR of 12.78% during the forecast period (2024-2029).

Biologics CDMO - Market

With an increasing number of companies within the pharmaceutical sector considering outsourcing services, the demand for services from contract manufacturing and contract development manufacturing organizations will rise.

Key Highlights

  • The pharmaceutical industry is growing exponentially, driven by global economic growth, a growing and aging population, and new product launches. Even though small molecules continue to command a prominent share of the market, large molecules, such as biologics, biosimilars, and cell and gene therapies, are expected to witness the fastest growth over the forecast period.
  • Even though volumes in large molecules tend to be smaller, the segment is growing faster. Absolute growth in the large molecules market, including originator biologics, biosimilars, and cell and gene therapies, is expected to propel the market to USD 133 billion by 2023. The market size for originator biologics is expected to reach USD 371 billion by 2023, according to Results Healthcare.
  • Cancer therapies are among the primary drivers for a large portion of the growth in the biologics market. Even with the faster growth forecast, small molecules outweigh biologics regarding drug approvals. For instance, the FDA's Center for Drug Evaluation and Research (CDER) approved 50 new drugs and biological products in 2021. Of the 50 approved new drugs and biological products, 33 were small molecule drugs, and 17 were monoclonal antibodies and other big molecule drugs. The number of biologic approvals has been increasing steadily over the past few years.
  • Companies need to invest additional amounts in complying with regulations imposed on the manufacturers. Instead, companies are willing to spend on R&D activities, which benefit the company overall. Hence, the highly regulated manufacturing processes, with complicated technology transfer and IP security concerns, impede the anticipated growth and adoption of the market in different regions.
  • The COVID-19 pandemic indicated the potential of vaccine manufacturing and outsourcing as a sustainable revenue stream for companies operating in the market studied. Following the COVID-19 vaccine, introducing boosters is expected to create a favorable landscape for growth for CDMO vendors. For instance, Catalent has worked on nearly 100 different compounds to investigate its potential to develop COVID-19 vaccines and therapies for more than 60 customers.

Biologics Contract Development & Manufacturing Organization (CDMO) Market Trends

CDMOs' Access to New Technologies and Higher Speed of Execution Driving Market Growth

  • Pressure to reduce the supply chain length and improve lead-time efficiency is forcing companies to take various measures to meet the demand, turning contract manufacturing into a major enabler in the supply chain to reduce the speed of execution.
  • Often, contract manufacturing is followed by contract packaging for some pharmaceutical drugs. As a result, pharmaceutical companies seek vendors who provide contract manufacturing and contract packaging, along with quality testing. In addition, third-party logistic providers, like DHL, are extending their service capability to include contract packaging services.
  • CDMOs are gaining significant market traction through advanced technology and specialized expertise. Keeping up with the latest technology trends is particularly important for niche CDMOs specializing in one compound or dosage form.
  • Biopharmaceutical CDMOs are most likely to succeed in a highly competitive industry. They are willing to adopt cutting-edge technology and invest the necessary time and capital to build differentiated capabilities. The best CDMOs will move quickly to increase capacity while remaining flexible and agile.
  • With the rising prevalence of infectious diseases and increased demand for novel therapies, pharma and biotech companies requiring higher capital investments for advanced technologies are forming collaborations with CDMOs, further driving the market's growth.

North America to Hold Prominent Market Share

  • North America is one of the major markets for the biologics CDMO industry, owing to the presence of two major economies, namely, the United States and Canada. The United States is home to one of the major pharmaceutical industries in the world and commands a significant share of the market revenue.
  • According to a study by the IQVIA Institute for Human Data Science, global medicine spending will reach USD 1.8 trillion in 2026, including COVID-19 vaccines. In addition, the region also holds a prominent share of the CDMO market. According to Results Healthcare, the region accounts for about 37% of the CDMO market share and is expected to witness growth in mid-single-digit percentage points over the coming years.
  • The high prevalence of chronic diseases, the aging of the population, and the increased need for evidencebased practice are factors that have bolstered the high demand for clinical trials in the United States. In recent years, a growing number of clinical trials have shifted from academic medical centers to communitybased practices to global sites in different countries.
  • Moreover, CROs have a strong foothold in the region, contributing to the market's growth. These include QVIA Holdings Inc., Pharmaceutical Product Development LLC, PRA Health Sciences Inc., and Laboratory Corporation of America Holdings. Companies such as Biovectra are also focusing on offering contract development and manufacturing capacity for intermediates and active pharmaceutical ingredients (APIs) at four cGMP facilities in North America. The Chinese contract development and manufacturing organization (CDMO) recently signed a 10-year lease deal for a clinical manufacturing facility in the United States, further helping the biologics CDMO market grow.
  • Emergent BioSolutions also announced various CDMO deals with COVID-19 vaccine developers, including Vaxart, Novavax, J&J, and AstraZeneca. The company's experience in commercializing anti-infectious disease vaccines, including FDA-approved vaccines BioThrax (Anthrax Vaccine Adsorbed) and Vaxchora (Cholera Vaccine, Live, Oral), and its pandemic-ready manufacturing network are major factors in winning these deals for the COVID-19 vaccine. The company's Bayview drug substance facility in Baltimore, Maryland, was designed and built in partnership with the US government to respond to the pandemic. The new Center for Innovation in Advanced Development and Manufacturing (CIADM) has single-use bioreactor systems of up to 4,000 L.

Biologics Contract Development & Manufacturing Organization (CDMO) Industry Overview

The biologics contract development and manufacturing organization (CDMO) market is highly concentrated, with close to half of the market being dominated by a few players. In 2021, major players, such as Catalent, Boehringer Ingelheim Group, Lonza Group, and Samsung Biologics, together accounted for more than 30.1% of the market studied.

  • May 2022 - Euroapi is a CDMO specializing in small-molecule active pharmaceutical ingredients (APIs). In May 2022, the company's stock began trading on the Euronext Paris stock exchange. Sanofi is extending its support for the CDMO by establishing a long-term customer relationship with Euroapi. It has agreed to hold a minority stake of approximately 30% in the CDMO for a two-year lock-up period. Furthermore, EPIC Bpifrance, a French public investment bank owned by the French government, has agreed to buy 12% of EuroAPI's shares from Sanofi.
  • April 2022 - ChimeronBio announced that it had signed a manufacturing agreement with FUJIFILM DiosynthBiotechnologies (FDB) to advance its Oncology portfolio to include clinics. ChimeronBio opted for FUJIFILM DiosynthBiotechnologies as its partner for transferring and scaling its drug substance manufacturing process.
  • January 2022 - Samsung Biologics signed an agreement with Biogen to acquire Biogen's 50% stake in Samsung Bioepis, a joint venture formed by the two companies, for up to USD 2.3 billion. The complete buyout of Biogen's stake by Samsung Biologics is anticipated to strengthen Samsung Bioepis' biosimilar development capabilities and future performance in new drug development.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

  • 2.1 Research Framework
  • 2.2 Secondary Research
  • 2.3 Primary Research
  • 2.4 Primary Research Approach and Key Respondents
  • 2.5 Data Triangulation and Insight Generation

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Access to New Technologies and Higher Speed of Execution Realized by CDMOs
    • 4.2.2 Need for High Capital Investments to Develop Capabilities Has Led to Firms Choosing the Outsourcing Model
    • 4.2.3 Lack of In-house Capacity among Emerging Drug Development Companies
  • 4.3 Market Challenges
    • 4.3.1 Transfer Complexities and Concerns over the Breach of IP and Patents
    • 4.3.2 Capacity Issues Related to Large-molecule Drugs
  • 4.4 Market Opportunities (Emergence of the Concept of Biosimilars Co-development and Designer Cell Lines)
  • 4.5 Key Considerations Involved in the Selection of Biologics CDMO Vendors
  • 4.6 Business Model Analysis - Value Added, Flexible Capacity Risk Sharing, and In-time Manufacturing
  • 4.7 Detailed Assessment of the Impact of COVID-19 on Biologics CDMO (The Race for the Development of a New Vaccine and Impact on the Current Capacities)
  • 4.8 Key Trends in Biopharmaceutical Industry
  • 4.9 Coverage on the Current Use of Biologics for Different Types of Disease Treatment - Oncology, Infectious, Cardiovascular, etc.

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Mammalian
    • 5.1.2 Non-mammalian (Microbial)
  • 5.2 By Product Type
    • 5.2.1 Biologics
      • 5.2.1.1 Monoclonal (Diagnostic, Therapeutic, and Protein-based)
      • 5.2.1.2 Recombinant Proteins
      • 5.2.1.3 Antisense and Molecular Therapy
      • 5.2.1.4 Vaccines
      • 5.2.1.5 Other Biologics
    • 5.2.2 Biosimilars
  • 5.3 By Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle-East & Africa
    • 5.3.5 Latin America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Boehringer Ingelheim Group
    • 6.1.2 Wuxi Biologics
    • 6.1.3 Samsung Biologics
    • 6.1.4 Lonza Group
    • 6.1.5 Fujifilm Diosynth Biotechnologies USA Inc.
    • 6.1.6 Toyobo Co. Limited
    • 6.1.7 Parexel International Corporation
    • 6.1.8 Icon PLC
    • 6.1.9 Binex Co. Limited
    • 6.1.10 JRS Pharma
    • 6.1.11 Rentschler Biotechnologies
    • 6.1.12 AGC Biologics
    • 6.1.13 Sandoz Biopharmaceuticals (Novartis AG)
    • 6.1.14 Catalent Inc.
    • 6.1.15 AbbVie Contract Manufacturing

7 VENDOR MARKET SHARE

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OUTLOOK OF THE MARKET