デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1440063

HRアナリティクス:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

HR Analytics - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.49円
HRアナリティクス:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

HRアナリティクス市場規模は2024年に43億1,000万米ドルと推定され、2029年までに79億1,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に12.89%のCAGRで成長します。

HRアナリティクス-市場

HR分析は、収集されたデータを使用して、パフォーマンス、定着率、採用などの重要な要素を予測することで、HRサービスの生産性の向上に役立ちます。これらすべての要素が市場の拡大を推進しています。

主なハイライト

  • 人事分析を使用することで、人事部門は人員削減の管理に関してデータに基づいた意思決定を行い、自動化を導入できる領域を特定できます。ソリューション機能を活用して、従業員のフィードバックフォームから洞察を得ることができます。 HRアナリティクスでは、人工知能採用担当者を実装して、面接のスケジュール設定を自動化し、従業員にリアルタイムのフィードバックを提供し、ビッグデータHRアナリティクスの処理を改善することもできます。これにより、人事担当者は時間だけでなく費用も節約できます。
  • HR分析の最も重要なアプリケーションの1つは、病気休暇や休暇の予測です。たとえば、経済的保護給付金を提供するUnum Groupは、疾病予測アプリケーションプロバイダーであるSickweatherと共同でパイロットプロジェクトを立ち上げました。このプロジェクトでは、リアルタイムの人間の健康マップから取得したシックウェザーのデータと、ウヌムの家族・医療休暇法(FMLA)およびコード化された病気休暇有給休暇(PTO)データとの間の相関関係を特定し、従業員の疾病関連欠勤を予測します。
  • 現在および将来のスキルギャップを特定することも、HR分析の応用例です。メキシコのエネルギー省は、予測労働力計画と分析モデルを使用して、石油・ガス業界における現在の熟練労働者の不足を把握し、10年間の予測を行っています。業界はまた、そのような分野での再生可能エネルギーと持続可能性のために労働力計画と分析を使用し始めました。
  • 世界中の組織が直面する最大の課題の1つは、人材と人材の管理です。人事担当者は、採用手順、従業員の満足度、給与の問題、人員削減の改善に取り組み続ける一方で、全員の認識を統一し、会社やマネージャーの期待どおりに物事を進めることができるようにする必要があります。人事プロセスへのデータ分析のイントロダクションより、そのアプローチはかつてないほどシンプルになり、人事担当者にとって日常業務において大きな利点となることが証明されています。
  • メットライフが実施した従業員福利厚生動向調査によると、労働者の72%が福利厚生として無制限の休暇を望んでいるといいます。ただし、HR分析は、従業員が組織の規定に従って十分な休暇を取得しているかどうかを確認するのに役立ちます。 HR分析は、各従業員の残業時間の監視にも役立ちます。
  • ここ数年、リモートワークの傾向が徐々に高まっています。しかし、COVID-19は極めて短期間でこの傾向を劇的に加速させ、企業はその規模に関わらず、世界中の政府が推奨していた自己隔離措置に迅速に適応することを余儀なくされています。パンデミックにより、より多くの人がリモートで働く必要があるため、分析ソリューションは企業にとって不可欠なものとなっています。これらのソリューションは、リモート従業員を効率的に管理するのに役立ち、企業がこれらの傾向を報告および分析できるように従業員のステータスを追跡する機能を提供するためです。そしてビジネスへの影響。

HRアナリティクス市場動向

通信およびIT業界は市場で大きなシェアを獲得しています

  • データ分析は、競合ベンチマーキング、コンピテンシーギャップ分析、学習機会、労働力パターン、人材需要などを調査することにより、人事部門が人材ライフサイクル全体を管理するのに役立ちます。人事機能はテクノロジーと分析の両方の観点から拡大しています。さらに、企業は人工知能(AI)、機械言語(ML)、自然言語処理(NLP)を活用して、データを線形だけでなく全体的に見て分析し、さまざまなツールやアルゴリズムを使用してビジネス上の問題を解決しています。
  • ここ数年、離職率に関してITと通信は否定的に見られてきました。たとえば、UberやDropboxなどの企業では、テクノロジー従業員の平均勤続年数はそれぞれ1.8年と2.1年です。 HRアナリティクスは、こうした組織がさまざまな業界動向を理解できるように支援しており、複数の組織が従業員のエクスペリエンスを向上させるために高度なアナリティクスソリューションを導入しています。
  • 多くの企業のITチームは、トレーニング、ユーザーサポート、レポートの要求で急速に過負荷になりつつあります。ビジネスインテリジェンス(BI)ソリューションを使用すると、アナリストのアドホックなレポート作成の負担が軽減され、企業のデータセキュリティが向上し、ヘルプデスクサポートに費やす時間が削減されます。したがって、この業界の企業は、従業員が必要なスキルを備え、組織文化に適合していることを保証するために、適切な戦術とツールに依存しています。これは、IT業界でのHRアナリティクスの採用に影響を与える主な要因です。
  • 通信業界は、顧客ベースを管理し、価値提案を強化し、新製品を作成するために高度な分析を採用しています。さらに、通信事業者は分析を適用し始めたばかりです。しかし、通信業界は、採用およびエンゲージメント戦略をアップグレードするために、技術革新にますます目を向けています。組織全体で組織と人材の効率性を達成するために、HR分析ソリューションの活用を開始しました。

北米が市場で大きなシェアを握る

  • ここ数年、HRアナリティクスは北米でかなり受け入れられてきました。これは、より多くの大規模な地域企業がクラウドインフラストラクチャを採用していることと、この地域にIBM Corporationなどの有力な人事分析ベンダーが存在するという事実によるものです。
  • たとえば、LinkedInは、分析スキルや同様のキーワードをプロファイルに記載する北米の人事担当者が過去5年間で3倍に増加したというレポートを発表しました。
  • この調査ではさらに、北米ではHRアナリティクスが集中的に使用されており、アーキテクチャ、スペクトル、製造などの他の業界と比較して、銀行業が最も多く採用されており、ハイテクソフトウェアが最も低い採用率であることが判明したと主張しています。
  • さらに、ニューヨーク、ワシントンDC、サンフランシスコは、HR分析の導入率が高い北米トップの地域の1つであり、さまざまな業界にわたる福利厚生、生産性、報酬、パフォーマンスがより重視されています。たとえば、スキル不足が最も深刻なワシントンDCのような都市では、人員計画にHR分析ツールが使用されています。
  • 米国の教育機関および専門機関は、提供するコースを見直し、対象分野の専門家を育成する際にHR分析コースを含めることをお勧めします。学生の調査から得られた優れた発見は、HR分析に関する知識体系に貢献し、企業に従業員管理の問題に対するHRソリューションを開発するためのプラットフォームを提供します。しかし、HR分析の継続段階と、最近の世界的パンデミックである新型COVID-19症の影響により、公共部門などの業界全体でHR分析の認識と導入が不足しており、組織が地域での採用活動を停止しているため、市場の成長が妨げられる可能性があります。

HRアナリティクス業界の概要

HRアナリティクス市場は、SAP SE、Oracle Corporation、IBM Corporationなどの主要ベンダーの存在により、適度に細分化されています。ベンダーは、顧客ベースを拡大し、市場シェアを獲得するための競争上の優位性として、戦略的共同イニシアチブや買収を活用することで製品ラインを強化しています。したがって、市場の集中度は中程度である

2022年 8月、財務および人事向けのエンタープライズクラウドアプリケーションのリーダーであるWorkday Inc.は、Workdayのスケジューリングと労働の最適化がHuman Resource Executiveの2022年度トップ HR製品競合の受賞者に選ばれたと発表しました。

2022年 7月、SAP SEは、検索主導型分析に焦点を当てたスタートアップであるAskdataを買収したと発表しました。 SAPはAskdataの買収により、AI主導の自然言語検索を活用して、組織がより適切な情報に基づいた意思決定を行えるよう支援する能力を強化します。ユーザーは、ライブデータを検索、対話、共同作業して、ビジネスの洞察を最大限に高めることができます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の脅威
    • 交代要員の強度
  • COVID-19症による業界への影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • クラウドベースのソリューションの動向の増加
    • 労働力の増加と離職率削減の必要性
  • 市場の課題
    • 熟練した労働力の不足

第6章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • ソリューション
    • サービス
  • 展開モード別
    • オンプレミス
    • クラウド
  • エンドユーザー産業別
    • 通信とIT
    • BFSI
    • 消費財と小売
    • ヘルスケア
    • 製造業
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • インド
      • 中国
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ
      • アラブ首長国連邦
      • サウジアラビア
      • その他中東およびアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • SAP SE
    • Oracle Corporation
    • Workday Inc.
    • Tableau Software Inc.
    • IBM Corporation
    • Nakisa Inc.
    • Zoho Corporation Pvt. Ltd
    • Kronos Inc.
    • Gaininsights Solutions Pvt. Ltd

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 69587

The HR Analytics Market size is estimated at USD 4.31 billion in 2024, and is expected to reach USD 7.91 billion by 2029, growing at a CAGR of 12.89% during the forecast period (2024-2029).

HR Analytics - Market

By using data gathered, HR analytics aids in improving the productivity of HR services by making predictions about crucial factors, including performance, retention, and recruiting. These elements are all driving the market's expansion.

Key Highlights

  • By using HR analytics, HR departments can make data-backed decisions when it comes to managing attrition and spot areas where automation can be introduced. They can leverage the solution capabilities to capture insights on employee feedback forms. HR analytics can also implement artificial intelligence recruiters to automate interview scheduling, provide real-time feedback to employees, and improve the handling of Big Data HR analytics. This will not only help HR executives to save time but also money.
  • One of the most important applications of HR analytics is the prediction of sick leaves or days off. For instance, the provider of financial protection benefits, Unum Group, launched a pilot project with the illness forecast application provider, Sickweather. The project identifies correlations between Sickweather's data from its real-time human health map and Unum's Family and Medical Leave Act (FMLA) and coded sick leave paid time off (PTO) data to forecast employee illness-related absence.
  • Identifying the current and future skill gaps is another application for HR analytics. Mexico's Ministry of Energy uses a predictive workforce planning and analytics model to learn about the current shortage of skilled workers in the oil and gas industry and predict one over a 10-year horizon. The industry also started using workforce planning and analytics for renewable energy and sustainability in such sectors.
  • One of the biggest challenges faced by organizations around the world is the management of people and talent. While continuing to work on improving hiring procedures, employee satisfaction, payroll issues, and retrenchment, an HR professional needs to keep everyone on the same page and still manage to get things done as expected by the company and managers. Due to the introduction of data analytics in HR processes, the approach has become simpler than ever, proving to be a major advantage for HR in their everyday work.
  • The employee benefits trends survey by Metlife found that 72% of workers would desire limitless vacation time as a benefit. However, HR analytics can assist in making sure that employees are taking enough time off following the organization's regulations. HR analytics can also assist in monitoring each employee's overtime hours.
  • The trend towards remote work has been gradually growing for the past few years. However, COVID-19 has dramatically accelerated this trend in an extremely short period of time, forcing companies, irrespective of their size, to adapt quickly to the self-isolation measures that governments across the globe were recommending. With the pandemic requiring much more people to work remotely, analytics solutions are becoming essential for companies as these solutions can help in managing the remote workforce efficiently and provide the ability to track the status of the workforce so that the company can report and analyze these trend and impact on the business.

HR Analytics Market Trends

Telecom and IT Industry is Witnessing a Significant Share in the Market

  • Data analysis assists HR in managing the full talent lifecycle by looking into competitive benchmarking, competency gap analysis, learning opportunities, workforce patterns, talent demands, etc. The human resource function is expanding from both a technological and an analytics perspective. Additionally, enterprises are being helped by Artificial Intelligence (AI), Machine Language (ML), and Natural Language Processing (NLP) to see and analyze data holistically rather than just linearly, employing various tools and algorithms to solve business problems.
  • IT and telecom have been seen in a negative light for the past few years when it comes to attrition rates. For instance, in companies such as Uber and Dropbox, the average tenure of a tech employee is 1.8 years and 2.1 years, respectively. HR analytics is helping these organizations with the ability to understand various industry trends, and multiple organizations are deploying advanced analytics solutions to improve employees' experience.
  • Numerous firms' IT teams are quickly becoming overburdened with requests for training, user support, and reporting. Ad hoc reporting burdens on analysts can be decreased using Business Intelligence (BI) solutions, which can improve data security for the company and cut down on time spent on help desk support. Therefore, companies in this industry rely on the appropriate tactics and tools to guarantee that employees have the necessary skills and fit their organizational culture. This is the main factor influencing the IT industry's adoption of HR analytics.
  • The telecom industry has adopted advanced analytics to manage its customer base, enhance value propositions, and create new products. Moreover, operators are just beginning to apply analytics. However, the telecom industry is turning increasingly to technological innovations to upgrade its recruitment and engagement strategies. It started leveraging HR analytics solutionsto achieve organizational and people effectiveness throughout the entire organization.

North America to Hold the Significant Share in The Market

  • Over the past few years, HR analytics has had considerable acceptance in North America. This is due to the fact that more large regional companies are employing cloud infrastructure and that there are significant HR analytics vendors in the region, such as IBM Corporation.
  • For instance, LinkedIn published a report stating that it has found a 3x increase in HR professionals from North America who list analytics skills and similar keywords in their profile in the last five years.
  • The survey further claims that it has discovered a concentrated use of HR analytics in North America, with banking holding the highest adoption and tech software holding the lowest adoption, compared to other industries like architecture, spectrum, and manufacturing.
  • Additionally, New York, Washington, DC, and San Francisco are among the top regions in North America with a high adoption rate of HR analytics, with a greater emphasis on benefits, productivity, compensation, and performance across diverse industries. For instance, cities like Washington, DC that have the highest levels of skill scarcity use HR analytic tools for workforce planning.
  • It is recommended that educational and professional institutions in the US review their course offerings to include HR analytics courses in creating subject matter experts. The excellent findings from their students' research will contribute to the body of knowledge on HR analytics and give businesses a platform for developing HR solutions to employee management problems. However, the lack of awareness and adoption of HR analytics across industries such as the public sector due to its continuum phase and the impact of the recent global pandemic COVID-19 with organizations halting their recruitments in the region, may hinder the growth of the market.

HR Analytics Industry Overview

HR Analytics Market is moderately fragmented with the presence of major vendors, including SAP SE, Oracle Corporation, and IBM Corporation. The vendors are enhancing the product line by leveraging strategic collaborative initiatives and acquisitions as a competitive advantage to expand their customer base and gain market share. Thus, market concentration is medium

In August 2022, Workday Inc., a leader in enterprise cloud applications for finance and human resources, announced that Workday Scheduling and Labor Optimization has been named a winner of Human Resource Executive's 2022 Top HR Products of the Year competition.

In July 2022, SAP SE announced that it had acquired Askdata, a startup focused on search-driven analytics. With the acquisition of Askdata, SAP strengthens its ability to help organizations make better-informed decisions by leveraging AI-driven natural language searches. Users are empowered to search, interact and collaborate on live data to maximize business insights.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Intensity of Substitutes
  • 4.3 Assessment of COVID-19 Impact on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increase in Trends in Cloud-based Solutions
    • 5.1.2 Increase in Workforce and Need for Reduction in Attrition Rate
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Lack of Skilled Workforce

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Component
    • 6.1.1 Solutions
    • 6.1.2 Services
  • 6.2 By Deployment Mode
    • 6.2.1 On-Premise
    • 6.2.2 Cloud
  • 6.3 By End-User Industry
    • 6.3.1 Telecom and IT
    • 6.3.2 BFSI
    • 6.3.3 Consumer Goods and Retail
    • 6.3.4 Healthcare
    • 6.3.5 Manufacturing
    • 6.3.6 Other End-user Industries
  • 6.4 By Geography
    • 6.4.1 North America
      • 6.4.1.1 United States
      • 6.4.1.2 Canada
    • 6.4.2 Europe
      • 6.4.2.1 Germany
      • 6.4.2.2 United Kingdom
      • 6.4.2.3 France
      • 6.4.2.4 Rest of Europe
    • 6.4.3 Asia Pacific
      • 6.4.3.1 India
      • 6.4.3.2 China
      • 6.4.3.3 Japan
      • 6.4.3.4 Rest of Asia Pacific
    • 6.4.4 Latin America
      • 6.4.4.1 Brazil
      • 6.4.4.2 Argentina
      • 6.4.4.3 Rest of Latin America
    • 6.4.5 Middle East and Africa
      • 6.4.5.1 United Arab Emirates
      • 6.4.5.2 Saudi Arabia
      • 6.4.5.3 Rest of Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 SAP SE
    • 7.1.2 Oracle Corporation
    • 7.1.3 Workday Inc.
    • 7.1.4 Tableau Software Inc.
    • 7.1.5 IBM Corporation
    • 7.1.6 Nakisa Inc.
    • 7.1.7 Zoho Corporation Pvt. Ltd
    • 7.1.8 Kronos Inc.
    • 7.1.9 Gaininsights Solutions Pvt. Ltd

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS