デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1439855

被覆鋼板:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Coated Steel - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 200 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.11円
被覆鋼板:市場シェア分析、産業動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 200 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

被覆鋼板市場規模は2024年に3億393万トンと推定され、2029年には3億6,589万トンに達すると予測され、予測期間(2024-2029年)のCAGRは3.78%で成長すると予測されます。

Coated Steel-Market

COVID-19は2020年と2021年上半期に世界経済にマイナスの影響を与えました。COVID-19は、塗装鋼板などいくつかの産業分野に影響を与え、サプライチェーンに支障をきたしました。封鎖と操業停止は、小売ビジネス、国際的なサプライ・チェーン、さまざまな分野にわたる購買の行動を変えました。しかし、2021年後半に規制が解除された後は、自動車や建設活動の増加により市場は堅調に成長し、徐々に回復に向かうと予測されています。

主なハイライト

  • 短期的には、電気・家庭用電化製品業界からの需要拡大と建設業界の拡大が、調査対象市場の成長を牽引すると予想されます。
  • 原材料価格の高騰は、予測期間中、世界の被覆鋼板市場の成長を抑制すると予想されます。
  • 防錆用途での保護鋼の使用は、世界市場に有利な成長機会をもたらすと思われます。
  • 予測期間中、アジア太平洋地域が被覆鋼板市場を独占すると予想されます。

被覆鋼板市場の動向

建設および建築部品産業からの需要の高まり

  • カラー塗装鋼板は、建築・建設分野で使用される重要な材料です。工業用屋根材や被覆材、冷蔵倉庫や倉庫、空港、ショッピングモールのアトリウム、ショールーム、つけ天井、照明器具などに主に使用されています。
  • 建築用途にカラー塗装鋼板を使用することで、革新的な美観、作業のしやすさ、100%リサイクル可能という利点が得られます。
  • カラー塗装鋼板の主な役割は、鉄筋を腐食から守る保護膜としての機能です。エポキシカラーコーティングは非常に強靭です。エポキシは耐薬品性に優れ、コンクリートのアルカリ環境にも耐えることができます。
  • 世界の建設業界は活況を呈しています。アジア太平洋は建設分野で大きなブームを経験しています。2021年10月に発表された記事によると、マレーシアのインフラ建設部門は、財務省(MoF)の発表によると、すべてのサブセクターの業績改善により、2022年には11.5%の成長で好転すると予測されています。
  • 中国国家統計局によると、中国の建設産業は2021年に約8兆人民元(1兆1,500億米ドル)の付加価値を生み出しました。中国の建設産業は継続的に拡大しており、2021年の総生産額は約8兆138億人民元(1兆1,456億2,000万米ドル)に達します。
  • 北米と欧州も建設分野で進展しています。ドイツ政府は2030年連邦交通インフラ計画(FTIP)に基づき、2016年から2030年の間に大容量交通網のために2,696億ユーロ(3,189億2,000万米ドル)の投資を計画しており、そのうち道路が49.3%、鉄道が41.6%、水路が9.1%を占める。
  • 上記のすべての要因が、今後数年間の被覆鋼板市場を牽引すると予想されます。

市場を独占するアジア太平洋地域

  • アジア太平洋地域は最大の市場を占めており、中国、インド、日本などの国々からの消費の増加により、予測期間中に最も急成長する市場になると予想されます。
  • 中国民用航空局によると、政府は空港プロジェクト全体の80%以上の建設工事を再開し、全国で65の空港が建設されました。
  • OICAは、中国の自動車生産台数を、2020年の2,522万5,242台から、2021年には2,608万2,220台と記録しました。2021年の成長率は3%を記録しました。さらにCAAMは、乗用車セグメントの需要拡大に伴い、自動車生産台数はさらに増加すると予測しています。
  • 中国国家統計局によると、家電・家庭用電化製品部門の2021年の売上高は9億3,464万人民元に達しました。売上高は年間2.04%の成長率を示し、2025年には1,756億7,000万米ドルの市場規模になると予測されています。
  • インド政府は住宅建設を積極的に推進しており、約13億人に住宅を供給することを目指しています。同国では、今後7年間で約1兆3,000億米ドルの住宅投資が行われ、6,000万戸の住宅が新たに建設される見込みです。さらに、不動産法、GST、REITなどの最近の政策改革により、認可の遅れが減少し、今後数年間で建設セクターが強化される見込みです。
  • 塗装鋼板は電気自動車用バッテリーの塗装に使用されます。インドにおける電気自動車の生産は、政府の補助金と製造実務を支援する有利な政策によって支えられています。同国の電気自動車市場は主に2輪車セグメントによって牽引されており、2021年には48%以上を占めました。道路交通・高速道路省(MoRTH)によると、2021年に国内で販売された電気自動車は32万9,190台で、2020年の販売台数と比較して168%増加しました。
  • 以上のことから、予測期間中、アジア太平洋地域が被覆鋼板市場を独占すると予想されます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 促進要因
    • 電気・家電業界からの需要拡大
    • 建設産業の拡大
  • 抑制要因
    • 原材料価格の高騰
  • 業界バリューチェーン分析
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競合の程度

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ
    • 溶融亜鉛めっき
    • 電気亜鉛メッキ
    • アルミめっき
    • 溶融亜鉛メッキ
    • その他の製品タイプ
  • 用途
    • 自動車部品
    • 家電製品
    • 建築部品
    • パイプ・管
    • その他の用途
  • 地域
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • 中東・アフリカ
      • サウジアラビア
      • 南アフリカ
      • その他中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • M&A、合弁事業、提携、協定
  • 市場ランキング分析
  • 主要企業の戦略
  • 企業プロファイル
    • AM/NS INDIA
    • ArcelorMittal
    • Baosteel Group
    • ChinaSteel
    • JFE Steel Corporation
    • JSW
    • KOBE STEEL LTD
    • NIPPON STEEL CORPORATION
    • NLMK
    • NUCOR CORPORATION
    • POSCO Maharashtra Steel Pvt Ltd
    • PJSC MMK
    • Salzgitter Flachstahl GmbH
    • SEVERSTAL
    • SSAB AB
    • Tata Steel
    • Thyssenkrupp AG
    • United States Steel
    • voestalpine Stahl GmbH

第7章 市場機会と今後の動向

  • 防錆用途における保護鋼板のビジネスチャンス
  • その他の機会
目次
Product Code: 69252

The Coated Steel Market size is estimated at 303.93 Million tons in 2024, and is expected to reach 365.89 Million tons by 2029, growing at a CAGR of 3.78% during the forecast period (2024-2029).

Coated Steel - Market

COVID-19 had a negative impact on the global economy in 2020 and H1-2021. It affected several industrial sectors, such as coated steel, hindering their supply chain. The lockdown and shutdown changed the behavior of retail businesses, international supply chains, and purchases across various sectors. However, the market is projected to grow steadily due to increased automotive and construction activities after lifting restrictions in the second half of 2021, gradually leading to market recovery.

Key Highlights

  • Over the short term, the growing demand from the electrical and domestic appliance industry and expanding construction industry are expected to drive the growth of the market studied.
  • High price volatility of raw materials is expected to restrain the growth of the global coated steel market over the forecast period.
  • Nevertheless, the use of protected steel in anti-corrosion applications is likely to create lucrative growth opportunities for the global market.
  • The Asia-Pacific region is expected to dominate the coated steel market over the forecast period.

Coated Steel Market Trends

Growing Demand from the Construction and Building Components Industries

  • Color-coated steel is a crucial material used in the building and construction sector. It is used majorly for industrial roofing and cladding, cold storage and warehouses, airports, atriums in malls, showrooms, false ceilings, lighting fixtures, etc.
  • The use of color-coated steel for building applications gives the benefit of innovative aesthetics, easier working, and 100% recyclability.
  • The primary role of color-coated steel is to function as a protective coating to protect steel bars from corrosion. Epoxy color-coated steel coatings are very tough. Epoxies are chemical resistant and have the ability to withstand the alkali environment of concrete.
  • The global construction industry is on a boom. Asia-Pacific is experiencing a major boom in the construction segment. As per an article published in October 2021, the Malaysian infrastructure construction sector is projected to turn around with a growth of 11.5% in 2022 due to better performance in all subsectors, as per the Ministry of Finance (MoF).
  • Acoording to National Bureau of Statistics of China, the construction industry in China generated an added value of approximately CNY 8 trillion (USD 1.15 trillion) in 2021. China's construction industry has been continuously expanding, with total output accounting for about CNY 8,013.8 billion (USD 1,145.62 billion) in 2021.
  • North America and Europe are also progressing in the construction sector. Under the 2030 Federal Transport Infrastructure Plan (FTIP), the German government planned to invest EUR 269.6 billion (USD 318.92 billion) between 2016 and 2030 for its high-capacity transport network, of which the road accounts for 49.3%, rail accounts for 41.6%, and waterway accounts for 9.1% of the allocated funds.
  • All the above factors are expected to drive the market for coated steel in the coming years.

The Asia-Pacific Region to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region represents the largest market and is expected to be the fastest-growing market over the forecast period, owing to increasing consumption from countries like China, India, and Japan.
  • According to the Civil Aviation Administration of China, the government resumed construction work on more than 80% of total airport projects, representing 65 airports across the country, of which 27 are major national airport projects.
  • The OICA recorded the production of automobiles in China at 26,082,220 units of passenger cars and light vehicles in 2021, up from 25,225,242 units in 2020. The growth in 2021 was recorded at 3%. Moreover, the CAAM estimates the production of automobiles is further likely to ascend with the growing demand from the passenger cars segment.
  • According to the National Bureau of Statistics of China, the revenue in the consumer electronics and household appliances segment reached CNY 934.64 million in 2021. The revenue is expected to show an annual growth rate of 2.04%, resulting in a projected market volume of USD 175,670 million by 2025.
  • The Indian government has been actively boosting housing construction, aiming to provide homes to about 1.3 billion people. The country is likely to witness around USD 1.3 trillion of investment in housing over the next seven years and is likely to witness the construction of 60 million new houses. Moreover, recent policy reforms, such as the Real Estate Act, GST, REITs, etc., are expected to reduce approval delays and strengthen the construction sector over the next few years.
  • Coated steel is used in coatings of electric vehicle batteries. The production of electric vehicles in India is supported by government subsidies and favorable policies that support manufacturing practices. The electric vehicles market in the country is majorly driven by the 2-wheeler segment, which accounted for over 48% in 2021. According to the Ministry of Road Transport & Highways (MoRTH), 329,190 electric vehicles were sold in the country in 2021, representing an increase of 168% compared to the sales in 2020.
  • Thus, owing to the factors above, the Asia-Pacific region is expected to dominate the market for coated steel during the forecast period.

Coated Steel Industry Overview

The global coated steel market is fragmented. Major players in the market include (in no particular order) NIPPON STEEL CORPORATION, PJSC MMK, JSW Steel, United States Steel, and ArcelorMittal, among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Drivers
    • 4.1.1 Growing Demand from the Electrical and Domestic Appliance Industry
    • 4.1.2 Expanding Construction Industry
  • 4.2 Restraints
    • 4.2.1 High Price Volatility of Raw Materials
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Degree of Competition

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size in Volume)

  • 5.1 Product Type
    • 5.1.1 Hot-dipped
    • 5.1.2 Electro Galvanized
    • 5.1.3 Aluminized
    • 5.1.4 Galvannealed
    • 5.1.5 Other Product Types
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Automotive Components
    • 5.2.2 Appliances
    • 5.2.3 Construction and Building Components
    • 5.2.4 Pipe and Tubular
    • 5.2.5 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 Asia-Pacific
      • 5.3.1.1 China
      • 5.3.1.2 India
      • 5.3.1.3 Japan
      • 5.3.1.4 South Korea
      • 5.3.1.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.2 North America
      • 5.3.2.1 United States
      • 5.3.2.2 Canada
      • 5.3.2.3 Mexico
    • 5.3.3 Europe
      • 5.3.3.1 Germany
      • 5.3.3.2 United Kingdom
      • 5.3.3.3 France
      • 5.3.3.4 Italy
      • 5.3.3.5 Rest of Europe
    • 5.3.4 South America
      • 5.3.4.1 Brazil
      • 5.3.4.2 Argentina
      • 5.3.4.3 Rest of South America
    • 5.3.5 Middle East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 South Africa
      • 5.3.5.3 Rest of Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Mergers and Acquisitions, Joint Ventures, Collaborations, and Agreements
  • 6.2 Market Ranking Analysis
  • 6.3 Strategies Adopted by Leading Players
  • 6.4 Company Profiles
    • 6.4.1 AM/NS INDIA
    • 6.4.2 ArcelorMittal
    • 6.4.3 Baosteel Group
    • 6.4.4 ChinaSteel
    • 6.4.5 JFE Steel Corporation
    • 6.4.6 JSW
    • 6.4.7 KOBE STEEL LTD
    • 6.4.8 NIPPON STEEL CORPORATION
    • 6.4.9 NLMK
    • 6.4.10 NUCOR CORPORATION
    • 6.4.11 POSCO Maharashtra Steel Pvt Ltd
    • 6.4.12 PJSC MMK
    • 6.4.13 Salzgitter Flachstahl GmbH
    • 6.4.14 SEVERSTAL
    • 6.4.15 SSAB AB
    • 6.4.16 Tata Steel
    • 6.4.17 Thyssenkrupp AG
    • 6.4.18 United States Steel
    • 6.4.19 voestalpine Stahl GmbH

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS

  • 7.1 Opportunities for Protected Steel in Anti-Corrosion Applications
  • 7.2 Other Opportunities