デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1439727

スマートロック:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Smart Lock - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
スマートロック:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

スマートロック市場規模は2024年に28億米ドルと推定され、2029年までに57億5,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に15.40%のCAGRで成長します。

スマートロック-マーケット

リモートアクセス、音声制御、シームレスな接続などの機能を含むスマートホームアーキテクチャの採用が世界中で増加しており、住宅用のスマートロックの採用がさらに推進されています。さらに、メカニカルキーを持ち歩く必要がなくなったことも、住宅所有者の関心を集めています。

主なハイライト

  • 世界規模でのスマートホーム導入の拡大とホームオートメーション技術を提供する企業の台頭も、スマートロックの需要増加のさらなる要因となっています。業界の参加者は、窓、ドア、ドアを遠隔でロックしたり開けたりするなど、最先端の技術や商業的に実行可能な商品の開発に集中しています。
  • さらに、音声アシスタントを備えた世帯の数が着実に増加しているため、メーカーは自社の製品をそのようなデバイスと組み合わせて、ロックの音声制御を可能にしています。顧客は洗練された簡単なロック/ロック解除ソリューションをますます求めており、これらの進歩により人気がさらに高まることが予想されます。個人の住宅、ホテル、スーパーマーケット、銀行、金融機関、企業の建物、商業ビルなど、識別および認証が必要な不動産の数はますます増えています。
  • スマートフォンの普及の増加は、ユーザーがドアのロックにリモートでアクセスし、関連するさまざまなモバイルアプリを使用してドアのロックを解除できるようにするコネクテッドデバイスの成長も刺激しています。eコマース会社オベロによると、現在世界のスマートフォンユーザーは35億人で、普及率は世界人口77億人のうち約45.4%となっています。簡単に言うと、現在、世界の10人に4人がスマートフォンを持っています。
  • さまざまな促進要因の中で、特にスマートロックはサイバー犯罪者の人気の標的であるため、ハッキングに対する脆弱性の蔓延とサイバー犯罪の脅威の増大により、スマートロック市場の成長は課題に直面する可能性があります。たとえば、今年 7月、NCCグループのセキュリティ研究者によると、Nukiインテリジェントロックシステムに影響を与えるセキュリティ上の問題が11件あり、その中には侵入者がドアのロックを解除できる可能性のある問題も含まれていました。このような事例は、一般ユーザーに不安感を与えます。
  • COVID-19感染症のパンデミックにより、ICT業界、特にモノのインターネット、5Gテクノロジー、その他の新興テクノロジーへの投資が急落しました。スマートロック市場のプレーヤーは、運営経費を制限することを余儀なくされています。雇用や資本予算も削減されています。さらに、このシナリオにおける個人の裁量的支出もスマートロックの売上を減少させています。この市場のシナリオは暗く、景気減速が予想されており、その景気は昨年の第2四半期まで続くと予想されています。

スマートロック市場動向

商用利用は大幅に増加すると予想される

  • リモートアクセスによるさまざまなエントリポイントの安全かつ簡単な管理や、敷地のセキュリティを追跡できる機能などの要因により、これらのスペースでのスマートロックの導入が促進され、さまざまな利害関係者が多額の投資を行うようになりました。このような統計は、公共の場での銃乱射事件の時代に、これらの空間の組織(主に学校や教会)が可能な限り最高のセキュリティレベルを追求する必要性を浮き彫りにしています。
  • ただし、接客業では顧客サービスと経験が重要な役割を果たします。ホテル経営者は、お客様が快適に滞在できるようサポートします。その過程で、さまざまなホテルが敷地内のセキュリティを向上させるために、ICカードでアクセスできるRFIDロックの代わりにBluetooth対応またはWi-Fi対応のロックをホテルに導入することを計画しています。
  • ホスピタリティ業界は、顧客が店内にいる間に増大するセキュリティ上の懸念に対処するために、スマートロックを迅速に導入しました。ホテルでは室内のセキュリティを強化することが求められているため、今後数年間でキーレスエントリーシステムの普及が進むと予測されています。市場をリードする企業は、ホテル分野に創造的なソリューションを提供しています。アプリベースの賃貸物件アクセスサービスであるHoomvipは、セキュリティを強化し、賃貸住宅への手間のかからないアクセスを確保するために、Assa Abloyの商標の1つであるTESAによるENTRスマートドアロックを設置しました。
  • さらに、企業やオフィススペースを対象とした新しいスマートロックの発売は、多数の人が同じ施設にアクセスする必要があるため、高い成長の可能性を秘めています。安全性を高める必要があるため、管理者は許可されたユーザーのドアロック解除プロセスを簡素化する必要がありました。たとえば、U-tecは、主にオフィスのドアでの用途向けに設計された新しい生体認証スマートロックを発売する予定です。

米国は大幅な成長が見込まれる

  • 米国では、他のスマートホームデバイスの導入と比較して、スマートロックの導入がまだ普及する必要があります。 Consumer Technology Association(CTA)の最近の調査によると、米国の世帯の約69%(8,300万世帯に相当)が現在、少なくとも1台のスマートホームデバイスを所有しています。このうち、国内におけるスマートスピーカーの導入率は28%と高く、一方、スマートロックの導入率はわずか10%です。このような統計は、市場関係者が適切なマーケティング戦略に従う機会を浮き彫りにしています。
  • 米国市場の主要企業を他の地域、特に欧州諸国に拡大することも、市場の成長に強力な推進力を与えると予想されます。たとえば、August Inc.とYale Locks(米国に本拠を置くスマートロックメーカー)は、製品ポートフォリオの新しいスマートロックと、EMEA地域のYale Smart Lockの新規および既存の所有者が自社製品を利用できることを発表しました。「エールアクセスモジュール」
  • オーガスト社の新製品「Wi-Fi Smart Lock」は二要素認証と二層暗号化を義務付けており、アプリとクラウドを通じてリモート管理できます。同様に、エール大学の新しいライナススマートロックには、ドアの施錠/解錠位置を監視して通知できるDoorSenseテクノロジーが搭載されています。スマートフォンによるドアロックの解錠にも対応。また、スマートフォンの普及の増加により、接続されたデバイスの成長が加速しており、ユーザーは、接続されたさまざまなモバイルアプリを使用してドアのロックにリモートでアクセスし、ドアのロックを解除できるようになります。
  • 顧客の高い購買力と、特に重要なインフラストラクチャや家庭用アプリケーションにおける安全性への懸念の高まりにより、スマートロックの導入に有利な規制環境が生まれています。たとえば、米国では急速な成長により、1,200万以上の住宅にスマートロックが設置されています。本日、パークスアソシエイツは、米国におけるスマートロックの導入とスマートロックを持つメリットについて概説したホワイトペーパーを発表しました。

スマートロック業界の概要

スマートロック市場は、世界中で採用が少なくまだ初期段階にあるため、統合されています。しかし、住宅や建物のセキュリティに対するニーズの高まりにより、市場はスマートロックプロバイダーにさまざまな成長機会をもたらしています。したがって、August Inc.、Yale Locks &Hardware、Allegion PLC、Salto Systems、SL、U-TEC Group Inc.などの市場関係者は、市場で最大限の牽引力を得るために、市場に革新的な製品を提供するために常に革新を続けています。予測期間。

  • 2022年 2月-AtiQx Holding BVがDormakabaに完全買収され、オランダにおける中核事業とサービス事業を拡大しました。 AtiQxは、関連市場における電子アクセス制御および労務管理の大手サプライヤーの1つです。
  • 2022年 4月-WyzeのWebサイトで、Wyzeロックボルトが正式にリリースされました(wyze.com)。新しい製品の作成には、Lockinの最新のセキュリティ技術が使用されています。両事業間の3番目の共同ブランド事業はWyze Lock Boltです。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 市場促進要因
    • 増大する安全性とセキュリティへの懸念
    • スマートホームアーキテクチャの採用の増加
  • 市場の課題
    • 増加するサイバーセキュリティとハッキングの脅威

第5章 COVID-19の影響の評価

  • 市場概要-動向、発展、市場予測
  • 市場促進要因
  • 市場の課題

第6章 市場セグメンテーション

  • 通信技術
    • Wi-Fi
    • Bluetooth
    • Zigbee
    • Z-Wave
  • 認証方法
    • 生体認証
    • ピンコード
    • RFIDカード
  • エンドユーザー用途
    • 商業
    • 教育機関と政府
    • 産業
  • 地域
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 北米
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • August Inc.
    • Yale Locks &Hardware
    • Allegion PLC(Schlage)
    • Salto Systems SL
    • Hanman International Pte Ltd
    • Dormakaba Group
    • U-TEC Group Inc.
    • Kwikset(Spectrum Brands Inc.)
    • Lockly
    • Master Lock Company LLC
    • Nuki Home Solutions
    • Netatmo(Legrand)

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 67640

The Smart Lock Market size is estimated at USD 2.80 billion in 2024, and is expected to reach USD 5.75 billion by 2029, growing at a CAGR of 15.40% during the forecast period (2024-2029).

Smart Lock - Market

The increasing adoption of smart home architecture worldwide, including features like remote access, voice control, and seamless connectivity, is further propelling the adoption of smart locks for residential premises. Additionally, the eliminated need to carry the mechanical keys around has attracted the likes of residential owners.

Key Highlights

  • The expansion of smart home adoption on a global scale and the rise of businesses that offer home automation technology are further factors in the rising demand for smart locks. The industry's participants concentrate on developing cutting-edge techniques and commercially viable goods, such as remote locking and opening windows, doors, and doors.
  • Additionally, manufacturers pair their products with such devices as the number of households with voice assistants increases steadily, enabling voice control of locks. Customers are anticipated to become more popular due to these advancements as they increasingly look for sophisticated and straightforward locking/unlocking solutions. A growing number of properties must be identified and certified, including individual homes, hotels, supermarkets, banks, financial institutions, corporate buildings, and commercial buildings.
  • The increasing penetration of smartphones is also stimulating the growth of connected devices, which enable users to remotely access their door locks and unlock the doors using various related mobile apps. According to Oberlo, an e-commerce company, there are currently 3.5 billion smartphone users worldwide, and the penetration rate is approximately 45.4% of the global population of 7.7 billion people. Simply put, four out of every ten people in the world are currently equipped with a smartphone.
  • Amid various driving factors, the growth of the smart locks market could face challenges, owing to the prevailing vulnerability to hacking and increasing threats of cybercrimes, as smart locks, in particular, is a popular target for cybercriminals. For instance, in July this year, According to security researchers with NCC Group, there were 11 security problems affecting Nuki intelligent lock systems, including ones that could let intruders unlock doors. Such instances instill a sense of insecurity among casual users.
  • The COVID-19 pandemic has led to a nosedive in investments in the ICT industry, particularly in the Internet of Things, 5G technologies, and other emerging technologies. Players in the smart lock market are forced to restrict their operational expenses. They have witnessed a reduction in hiring and capital budgets as well. Moreover, discretionary consumer spending in this scenario has also lowered the sales of smart locks. The scenario for this market looks bleak, and it is expected to witness a slowdown, which is projected to continue until the second quarter of the last year.

Smart Lock Market Trends

Commercial Adoption is Expected to Grow Significantly

  • Factors such as secure and easy management of various entry points through remote access and the ability to track the security of the premises have enabled the growth of smart lock adoption in these spaces, thus, propelling various stakeholders to invest significant amounts. Such statistics highlight the need for organizations in these spaces (mainly schools and churches) to seek the highest security level possible in the age of mass shootings in public places.
  • However, customer service and experience play a vital role in the hospitality industry. Hotel management ensures that customers' stay at their place is pleasant. In the process, various hotels are planning to adopt Bluetooth-enabled or Wi-Fi-enabled locks in place of RFID locks accessible by IC cards for their hotels to improve the security of their premises.
  • The hospitality industry has quickly adopted smart locks to address the growing security concerns of customers while they are in the store. In the upcoming years, keyless entry systems are projected to become more popular as hotels are required to increase in-room security. Leading market companies are providing creative solutions for the hotel sector. Hoomvip, an app-based rental property access service, installed an ENTR smart door lock by TESA, one of Assa Abloy's trademarks, to increase security and ensure hassle-free access to rental homes.
  • Further, the new smart lock launches aimed at businesses and office spaces have high growth potential as numerous people require access to the same facility. The need for enhanced safety has forced the management to simplify the door-unlocking process for authorized users. For instance, U-tec is expected to launch a new biometric smart lock designed primarily for their application in office doors.

United States is Expected to Grow Significantly

  • The adoption of smart locks still needs to be prevalent in the United States compared to the adoption of other smart home devices. According to a recent Consumer Technology Association (CTA) study, about 69% (translates to 83 million households) of U.S. households now own at least one smart home device. Of which, the adoption of smart speakers in the country is high, with a rate of 28%, whereas the adoption of smart locks is only 10%-statistics such as this highlight the opportunity for market players to follow proper marketing strategies.
  • Expanding the key players in the U.S. market to other regions, especially in European nations, is also expected to provide a strong impetus for market growth. For instance, August Inc. and Yale Locks (smart lock manufacturers based out of the United States) announced new smart locks in their product portfolios and the availability of their products for new and existing owners of Yale Smart Lock in the EMEA region under the name 'Yale Access module.'
  • The new product 'Wi-Fi Smart Lock' from August Inc. mandates two-factor authentication and two-layer encryption and can be remotely managed through their App and cloud. Similarly, a new Linus Smart Lock from Yale is equipped with DoorSense technology that can monitor the lock/unlock position of the door and notifies. It also supports unlocking doors via smartphones. Also, the increasing penetration of smartphones is augmenting the growth of connected devices, which enable users to remotely access their door locks and unlock the doors using various connected mobile apps.
  • A favorable regulatory climate for smart lock adoption has been created due to customers' high purchasing power and growing safety concerns, particularly in essential infrastructure and household applications. For instance, over 12 million homes in the U.S. have smart locks installed due to their rapid growth. Today, Parks Associates published a whitepaper outlining the adoption of smart locks in the U.S. and the benefits of having a smart lock.

Smart Lock Industry Overview

The Smart Lock Market is consolidated as it is still in its nascent stage with fewer adoptions across the globe. However, the market poses various growth opportunities to smart lock providers due to the increasing need for home and building security. Hence, the market players, such as August Inc., Yale Locks & Hardware, Allegion PLC, Salto Systems, S.L., and U-TEC Group Inc., are consistently innovating to provide innovative products in the market to gain maximum market traction in the forecast period.

  • February 2022 - AtiQx Holding B.V. has been fully acquired by Dormakaba, expanding its core business and services operations in the Netherlands. AtiQx is one of the leading suppliers of electronic access control and labor management in the relevant market.
  • April 2022 - On Wyze's website, Wyze Lock Bolt was officially released (wyze.com). The latest security technology from Lockin is used to create the new product. The third co-branding venture between the two businesses is Wyze Lock Bolt.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Market Drivers
    • 4.4.1 Increasing Safety and Security Concerns
    • 4.4.2 Increasing Adoption of Smart Home Architecture
  • 4.5 Market Challenges
    • 4.5.1 Increasing Cyber Security and Hacking Threats

5 ASSESSMENT OF COVID-19 IMPACT

  • 5.1 Market Overview - Trends, Developments, and Market Projections
  • 5.2 Market Drivers
  • 5.3 Market Challenges

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 Communication Technology
    • 6.1.1 Wi-Fi
    • 6.1.2 Bluetooth
    • 6.1.3 Zigbee
    • 6.1.4 Z-Wave
  • 6.2 Authentication Method
    • 6.2.1 Biometric
    • 6.2.2 Pin Code
    • 6.2.3 RFID Cards
  • 6.3 End-user Application
    • 6.3.1 Commercial
    • 6.3.2 Educational Institutions & Government
    • 6.3.3 Industrial
  • 6.4 Geography
    • 6.4.1 Europe
    • 6.4.2 Asia Pacific
    • 6.4.3 North America
    • 6.4.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 August Inc.
    • 7.1.2 Yale Locks & Hardware
    • 7.1.3 Allegion PLC (Schlage)
    • 7.1.4 Salto Systems SL
    • 7.1.5 Hanman International Pte Ltd
    • 7.1.6 Dormakaba Group
    • 7.1.7 U-TEC Group Inc.
    • 7.1.8 Kwikset (Spectrum Brands Inc.)
    • 7.1.9 Lockly
    • 7.1.10 Master Lock Company LLC
    • 7.1.11 Nuki Home Solutions
    • 7.1.12 Netatmo (Legrand)

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET