デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1438478

アーバンエアモビリティ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2036年)

Urban Air Mobility - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2036)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 119 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
アーバンエアモビリティ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2036年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 119 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

アーバンエアモビリティの市場規模は、2024年に36億米ドルと推定され、2036年までに454億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2036年)中に23.54%のCAGRで成長します。

アーバンエアモビリティ-市場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、世界中のあらゆる業界に前例のない影響を与えています。航空業界はパンデミックによって深刻な影響を受けています。アーバンエアモビリティ(UAM)部門の主要企業のほとんどは直接的または間接的に航空部門に関係しているため、パンデミックはUAM部門に波及効果をもたらしています。COVID-19感染症の発生前、UAMセクターはまだ形成段階にあり、健全な開発ペースと多額の投資により健全な成長を遂げていました。しかし、COVID-19感染症のパンデミックにより遅延が発生し、2020年に短期的に予定されていたプロジェクトの立ち上げに影響を及ぼしました。それにもかかわらず、遅延は短期的なものであり、UAMの一般的な展開を危険にさらすものではありませんでした。

特に大都市で深刻化する交通渋滞問題により、より高速な都市内交通手段の必要性が高まっています。この点で、アーバンエアモビリティの概念が重要性を増しています。都市エアモビリティ業界には多くの研究開発投資が行われており、多くの新興企業や航空宇宙関連企業がこの市場を高い成長の可能性がある市場として注目しています。したがって、そのような要因は、予測期間中に市場の成長の焦点を推進すると予想されます。

アーバンエアモビリティ(UAM)市場動向

自律型セグメントは予測期間中に最高の成長が見込まれる

自律型セグメントは、予測期間中に顕著な成長を示すと推定されています。自律型eVTOLは垂直離着陸が可能な電動飛行機で、操縦するためにパイロットが搭乗する必要はありません。これらの航空機は都市部で乗客と貨物を輸送するように設計されており、通常は電気モーターによって駆動されます。これらの航空機は、安全かつ効率的に運航するために、電気モーター、バッテリー、フライバイワイヤーシステムなどのさまざまな先進技術を使用しています。また、高度なセンサーと制御システムを使用して、都市環境を移動し、障害物を回避します。

一部の業界専門家は、完全自律飛行は根本的な道であると信じていますが、商用機や軍用機ですでに利用されている自律性の現在のレベルを考慮して、その決定を合理的に判断している企業はほとんどありません。 Wisk AeroとEHangは、現在自律型eVTOLを開発しているプレーヤーの一部です。これに関連して、ボーイング社とキティホークの合弁会社であるウィスク・エアロは、2022年10月に第6世代の4人乗り自律型eVTOL航空機を発表しました。同社は、米国で乗客の検査を開始するためにFAAの認証を取得したいと考えています。 Wisk Aeroの新しい第6世代eVTOlは、水平または垂直に傾けることができる5枚のブレードを備えた6つのフロントローターと、それぞれ2枚のブレードで構成され垂直位置に固定された6つのリアローターを備えています。同機は、高度2,500~4,000フィート、航続距離140kmで巡航速度120ノットに達すると主張しています。たとえば、Wisk Aeroは2027年までに自動運転エアタクシーサービスを開始することを構想しており、世界中の約20の主要市場で年間1,400万便のフライトを実施すると予測しています。

自律型eVTOLには、従来の航空機や地上ベースの輸送モードに比べていくつかの利点があります。滑走路やその他の特殊なインフラを必要とせずに都市部で運用できるため、渋滞や汚染を軽減できます。また、地上の輸送モードよりも高速かつ効率的になる可能性があり、ルート設定やスケジュール設定の点でより高い柔軟性を提供できます。

アジア太平洋地域は予測期間中に最高の成長を遂げると予想される

アジア太平洋地域は、UAMセクターの主要な推進源として急速に台頭しています。この分野では複数の地域企業が普及しているため、この地域のいくつかの都市がUAMテクノロジーを早期に採用すると予想されています。中国、日本、韓国などのさまざまな国は、政府とともに今後数年間、この地域でのUAMエコシステムの開発に積極的に投資してきました。たとえば、2021年6月に日本の国土交通省は、航空モビリティに関する規制や問題を扱う次世代航空モビリティ企画室の設置を発表しました。日本政府は、2023年までに旅客用ドローン、空飛ぶ車、その他の先進的航空車両(AAV)の運用を導入することを目指しています。政府はまた、2025年の大阪・関西日本万国博覧会に向けて、より大規模なエアモビリティ運用を展開する予定です。 UAM輸送を導入するという政府のこのような計画は、テクノロジーに投資する企業を支援しています。

さらに、2022年 5月、第7回インドアイデア会議の一環として行われたIndia@2047の期間中、民間航空省は、この国が電動垂直離着陸(eVTOL)の形でアーバンエアモビリティを全土に導入すると発表しました。米国とカナダでの治験が終了した後、同国に移管されます。このような発展により、予測期間中にこの地域のUAM市場の成長が加速すると予想されます。

アーバンエアモビリティ(UAM)業界の概要

アーバンエアモビリティ市場は統合されており、市場で大きなシェアを占める企業はほとんどありません。 Embraer SA(Eve UAM LLC経由)、Volocopter GmbH、Guangzhou EHang Intelligent Technology、Joby Aero, Inc.、Jaunt Air Mobility Corporationは、UAM市場の著名なプレーヤーです。市場はまだ発展段階にあり、多くのプレーヤーが協力やパートナーシップを通じて、今後数年以内に最初のUAMユニットを顧客に納入し、航空機オペレーターと協力して飛行試験段階を開始しようとしています。これに関連して、Eve UAM LLCは、同社が2022年2月にブラジル民間航空庁(ANC)とeVTOL航空機の型式証明を取得するプロセスを正式に締結したと発表しました。現在、Eveは最大700機のeVTOL航空機を注文しています。両社は規制当局からの承認取得に向けて取り組んでおり、数年以内に飛行試験が開始されることが予想されており、今後数年間で航空機運航者や空中モビリティサービスプロバイダーからの注文を受けて地理的プレゼンスを高めることが可能になります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 車両タイプ
    • 操縦
    • 自律
  • 用途
    • 旅客輸送
    • 貨物船
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Airbus SE
    • Volocopter GmbH
    • Embraer SA
    • Honeywell International Inc.
    • Hyundai Motor Group
    • Jaunt Air Mobility Corporation
    • Karem Aircraft Inc.
    • Opener Inc.
    • PIPISTREL doo
    • Safran SA
    • Textron Inc.
    • The Boeing Company
    • Joby Aero Inc.
    • Guangzhou EHang Intelligent Technology Co. Ltd

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 67208

The Urban Air Mobility Market size is estimated at USD 3.60 billion in 2024, and is expected to reach USD 45.40 billion by 2036, growing at a CAGR of 23.54% during the forecast period (2024-2036).

Urban Air Mobility - Market

The COVID-19 pandemic has had an unprecedented impact on all industries globally. The aviation sector has been severely affected by the pandemic. Since most of the major urban air mobility (UAM) sector players are directly or indirectly related to the aviation sector, the pandemic has had a ripple effect on the UAM sector. Before the COVID-19 outbreak, the UAM sector, which was still in its formative stages, witnessed healthy growth with a healthy pace of development and high investments. However, the COVID-19 pandemic caused delays and affected project launches scheduled in the short term in 2020. Nevertheless, the delays were witnessed only for the short term and did not jeopardize the general deployment of UAM.

The growing traffic congestion issues, especially in larger cities, are propelling the need for faster modes of intracity transportation. In this regard, the urban air mobility concept is gaining importance. There are many R&D investments in the urban air mobility industry, with many start-ups and aerospace players eyeing this market as one with high growth potential. Therefore, such factors are expected to drive the market's growth focus during the forecast period.

Urban Air Mobility (UAM) Market Trends

Autonomous Segment is Projected to Highest Growth During the Forecast Period

An autonomous segment is estimated to show remarkable growth during the forecast period. An autonomous eVTOL is an electric aircraft that can take off and land vertically and does not require a pilot on board to operate. These aircraft are designed to transport passengers and cargo in urban areas and are typically powered by electric motors. These aircraft use a range of advanced technologies, including electric motors, batteries, and fly-by-wire systems, to operate safely and efficiently. They also use advanced sensors and control systems to navigate through the urban environment and avoid obstacles.

Some industry experts believe fully autonomous flight is a radical path, while few companies have rationalized their decision by looking at the current levels of autonomy already being utilized by commercial and military aircraft. Wisk Aero and EHang are some of the players currently developing autonomous eVTOLs. On this note, in October 2022, Wisk Aero, which is a joint venture between The Boeing Company and Kitty Hawk, unveiled its sixth-generation four-seater autonomous eVTOL aircraft. The company hopes to receive FAA certification to initiate passenger testing in the US. The new sixth-generation eVTOl from Wisk Aero features six front rotors, each with five blades that can tilt either horizontally or vertically, as well as six rear rotors that each consist of two blades and remain fixed in a vertical position. The aircraft claims to reach a cruising speed of 120 knots at an altitude of 2,500 to 4,000 ft and a range of 140 km. For instance, Wisk Aero envisions launching autonomous air taxi services by 2027 and predicts conducting 14 million flights annually in around 20 major markets around the globe.

Autonomous eVTOLs have several advantages over traditional aircraft and ground-based transportation modes. They can operate in urban areas without the need for runways or other specialized infrastructure, which can reduce congestion and pollution. They also have the potential to be faster and more efficient than ground-based transportation modes and can provide greater flexibility in terms of routing and scheduling.

Asia-Pacific Region Expected to Witness Highest Growth During the Forecast Period

The Asia-Pacific region is fast emerging as a key source of momentum for the UAM sector. Several cities in the region are expected to be early adopters of UAM technology due to the prevalence of several regional companies in the sector. Various countries like China, Japan, and South Korea have been robustly investing in the development of UAM ecosystems in the region in the coming years with the governments. For instance, in June 2021, the Ministry of Land, Infrastructure, Transport, and Tourism in Japan announced the formation of the Next Generation Aviation Mobility Planning Office, which will handle regulations and issues surrounding aviation mobility. The government of Japan aims to introduce the operations of passenger drones, flying cars, and other advanced aviation vehicles (AAV) by 2023. The government also plans to roll out larger-scale air mobility operations for Osaka-Kansai Japan World Expo in 2025. Such plans of the governments to introduce UAM transportation are supporting the companies investing in the technology.

Furthermore, in May 2022, during the India@2047, as part of the seventh edition of India Ideas Conclave, the Civil Aviation Ministry announced that the country would have urban air mobility in the form of Electric Vertical Take Off and Landing (eVTOL) across the country, after the trials in the United States and Canada are over. Such developments are anticipated to accelerate the growth UAM market in the region during the forecast period.

Urban Air Mobility (UAM) Industry Overview

The urban air mobility market is consolidated, with very few companies accounting for a significant market share in the market. Embraer SA (through Eve UAM LLC), Volocopter GmbH, Guangzhou EHang Intelligent Technology Co. Ltd, Joby Aero, Inc., and Jaunt Air Mobility Corporation are some prominent players in the UAM market. The market is still in its development phase, with many players, through collaborations and partnerships, trying to deliver the first UAM units to their customers in the coming years and begin flight testing stages in collaboration with aircraft operators. In this regard, Eve UAM LLC announced that the company formalized the process of obtaining a Type Certificate for its eVTOL aircraft with the Civil Aviation Agency of Brazil (ANC) in February 2022. Currently, Eve has an order for up to 700 eVTOL aircraft. As the companies are moving toward receiving approvals from the regulatory authorities, flight testing is expected to begin in the coming years, allowing them to enhance their geographical presence by receiving orders from aircraft operators/aerial mobility service providers in the coming years.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions
  • 1.2 Scope of Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Vehicle Type
    • 5.1.1 Piloted
    • 5.1.2 Autonomous
  • 5.2 Application
    • 5.2.1 Passenger Transport
    • 5.2.2 Freighter
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
    • 5.3.2 Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
    • 5.3.4 Latin America
    • 5.3.5 Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Airbus SE
    • 6.1.2 Volocopter GmbH
    • 6.1.3 Embraer SA
    • 6.1.4 Honeywell International Inc.
    • 6.1.5 Hyundai Motor Group
    • 6.1.6 Jaunt Air Mobility Corporation
    • 6.1.7 Karem Aircraft Inc.
    • 6.1.8 Opener Inc.
    • 6.1.9 PIPISTREL d.o.o.
    • 6.1.10 Safran SA
    • 6.1.11 Textron Inc.
    • 6.1.12 The Boeing Company
    • 6.1.13 Joby Aero Inc.
    • 6.1.14 Guangzhou EHang Intelligent Technology Co. Ltd

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS