デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1438477

デジタル印刷:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Digital Printing - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 195 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=159.45円
デジタル印刷:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 195 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

デジタル印刷市場規模は2024年に334億3,000万米ドルと推定され、2029年までに459億3,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に6.56%のCAGRで成長します。

デジタル印刷- 市場

デジタル印刷は、看板業界で最も急速に成長している分野の1つです。その隆盛は、現在生産できるもの信じられないほどの規模を見ればわかります。メッセージや商品が何であれ、広告ではサイズが重要な動向になっています。

主なハイライト

  • 印刷物の製造効率、時間効率の良い生産の大幅な改善、およびより適切な需要予測などのサプライチェーン管理への重点の強化により、印刷物市場全体の無駄が削減されました。デジタル印刷を促進する技術の進歩により、無駄を最小限に抑え、高い印刷品質を維持できるようになりました。
  • デジタル印刷の高度な技術には、固形インク印刷やオフセット印刷などの従来の印刷技術で使用されているものよりも低刺激な溶剤や有害な化学物質が含まれています。したがって、プリンテッドエレクトロニクス市場ではデジタル印刷ソリューションの需要が高まっており、環境に優しい印刷とコスト効率の高い生産への注目が高まっています。
  • 従来の印刷方法からデジタルへの即時の移行は困難であるため、商業印刷は重要なアプリケーションとして過渡的かつ構造的な変化を目の当たりにしています。これはまだ、より短い/カスタマイズされたバッチの印刷を必要とするニッチな方法であるため、印刷コストが高額になることが予想されます。
  • さまざまな企業が、市場での地位を強化し、世界中で存在感を拡大するために、複数のソリューション、拡張活動、パートナーシップ、コラボレーション活動に投資してきました。たとえば、デジタルイメージングソリューション会社であるCanon USA, Inc.は、2022年 4月にPRISMAcolor Managerソリューションを発表しました。このソリューションは、ユーザーが互換性のあるプリンターを使用して印刷品質を評価および監視するのに役立ちます。また、印刷された色が、一般に認められている商業業界のいずれか、またはユーザーの内部印刷仕様と比較してどうなるかをユーザーに示します。クラウドベースのソリューションであるため、導入が簡単で、ユーザーは長期にわたって結果を追跡および比較できます。
  • AI、機械学習、IoT、データ分析などの最新の進歩により、サービスは大幅にパーソナライズされました。デジタル印刷の統合により、大量の注文に対する印刷のパーソナライゼーションにおける優位性が可能になります。しかし、コスト要因が依然として大きなハードルとなっています。さらに、高額な投資はデジタル印刷業界全体の市場成長を抑制します。これらの費用には、購入価格、サポート費用、設置料金(該当する場合)、メンテナンス、インクおよびその他の消耗品の価格が含まれます。

デジタル印刷市場の動向

パッケージング部門は大幅な成長が期待される

  • パッケージング業界は、デジタル印刷を導入する余地が非常に広いと考えています。特定のタイプのブランディングに対するさまざまな製品需要に応えるために、さまざまなパッケージング方法と技術がさまざまな印刷技術を導入しています。一部の包装業界には、カートン、ラベル、金属包装、硬質プラスチック包装、段ボール包装、および軟包装が含まれます。
  • 段ボール箱とディスプレイの製造は、加工分野におけるデジタルの最前線にあります。デジタル印刷は、印刷前または印刷後の生産においてリソ印刷またはフレキソ印刷を置き換えることができますが、それぞれに異なる構成が必要です。過去10年間、堅牢なシートフィーダを備えた高速シングルパスインクジェット印刷機が進歩し、フラットベッドで処理できるよりもはるかに高いスループットを実現し、1時間あたり数千枚のシートを処理できました。大型インクジェットの利点の1つは、最大のリソ印刷機よりもはるかに大きくできることです。大型テレビや芝刈り機などの最も有名な小売商品のボックスでは、領域全体をカバーするために2枚以上のリソシートをラミネートする必要がある場合があります。しかし、著名なデジタル印刷機はそれを1台で実現できます。
  • ベンダーは調査対象の市場で競争力を維持するために、デジタル印刷機に投資して生産能力を高めています。たとえば、段ボール加工事業のコンプリートデザイン&パッケージング(CDP)は、2022年 4月にシングルパスインクジェットデジタル印刷技術への投資を2倍に増やし、業界の革新と成長を担う企業に成長しました。ノースカロライナ州コンコードに本拠を置く同社は、Electronics For Imaging, Inc.の2つ目の超高速Nozomi直接段ボールソリューション、つまり新しいEFI Nozomi 14000 LEDデジタル印刷機を導入しています。
  • 硬質プラスチック包装も、環境に配慮した顧客の間で人気が高まっています。したがって、UV LEDプリンタには、ブランドにとって非常に環境に優しいプロセスであるという追加の利点もあります。顧客にとってのもう1つの利点と潜在的な利益増加は、可変データ、シリアル化、バーコード、QRコード、またはこれらの組み合わせを製品に簡単に組み込むことができることです。多くのブランドは、製品の魅力を高め、競争力を生み出すために、硬質プラスチックのパッケージにデジタル印刷を使用しています。
  • 軟包装市場では、増大する需要に対応するデジタル印刷技術も求められています。新たな買収により、市場は予測期間中に大幅な成長に対応すると予想されます。たとえば、2022年 4月には、インパクトのある印刷パッケージングソリューションプロバイダーであるFortis Solutionsがカナダの企業Profecta Labelsを買収しました。 Profecta Labelsは、ラベルおよび軟包装印刷用のフレキソ印刷およびデジタルソリューションを製造しています。この買収は、顧客により良いサービスを提供するために製品提供と拠点を強化するというフォルティスの戦略に沿ったものです。

アジア太平洋は最も急速に成長する市場となることが約束されている

  • 中国の印刷業界は、データベースの新しいビジネスモデル、デジタルプラットフォームソリューション、エンドツーエンドのデジタル化された価値創造チェーンに熱心で関心を持っています。デジタル印刷の普及により、地元のデザイナーは12,000を超える紙器のデザインにオンラインでアクセスできるようになり、パッケージングのデザインが最前線で採用されるようになりました。
  • 印刷プロセスの手順が少ないため、企業はデジタル印刷機を購入しています。その結果、最終製品を迅速に納品できるようになり、生産能力を向上させることができます。たとえば、2021年 10月、中国の印刷会社Tomato Cloud Technologyは、新しいFujifilm Jet Press 750Sデジタルインクジェットマシン10台を注文しました。同社はすでに4台のJet Press 750S印刷機を自社施設に導入しており、来年中にさらに10台の印刷機が導入される予定で、2022年末までに世界最大のJet Press顧客の1つとなるでしょう。 6月に富士フイルムとTomato Cloud Technologyが提携China PRINT 2021で調印式を行いました。
  • 新しいプリントヘッドは、2021年度下半期(2022年 3月まで)に発売されました。インクジェットヘッドには現在5つの異なるシリーズがあり、デジタル印刷でより多くの用途が可能になります。ノズル付近の水分蒸発による潜在的な懸念を回避するために、D3000-A1Rではノズルレベルでのインク循環が可能です。循環により印刷がより安定し、エンジニアは機器やインクを設計する際により余裕が生まれます。これらのプリントヘッドは、1200 dpiの解像度と高周波駆動により、デジタルプリンタで従来のアナログプリンタと同等の画質と印刷速度を実現します。マルチヘッドアレイでは、ヘッドの位置を変更する必要もありません。
  • さらに、2022年3月には、需要の高まりに対応する新しいテーマゾーンが今年末のDS Printech Chinaでデビューし、持続可能性と効率性がデジタル業界とスクリーン印刷業界の参加者の間で重要な焦点となっています。デジタルおよびスクリーン印刷産業に特化した著名なプラットフォームであるこの博覧会は、2020年に深センで初回開催された後、中国南部でも開催される予定です。11月16日から18日まで広州の中国輸出入交易会で開催されます。、2022年。
  • バリアブルデータプリントのデジタル印刷機器は、さまざまな種類のほとんどの機能を提供してきました。白黒またはカラーを印刷する関連プリンターの存在、さまざまな仕様、さまざまな印刷材料のサイズは、市場が比較的活発であることを示唆しています。富士ゼロックス、コダック・ワンインなどの一部の大企業は、デジタル印刷、ソフトウェア処理、およびデジタル印刷プロセス全体の管理のための完全な製品を提供しています。対照的に、国内で特定されている主な機器サプライヤーは、富士ゼロックス、HP、コダック万音、エプソン、Xeikon、ニプソン、キヤノン、リコー、およびコニカミノルタ、OKIです。中国ではこれらの最新製品をまだ発売していない複数の開発が観察されています。

デジタル印刷業界の概要

デジタル印刷市場は複数の大手企業で構成されており、競争が激しいです。現在、一部の有力企業が市場シェアの点で市場を独占しています。両社は専門的な製品を提供し、戦略的な協力イニシアチブを活用することで市場シェアと収益性を高めています。市場で事業を展開している企業は、自社の製品機能を強化し、デジタル印刷デバイスで提供される市場ポートフォリオを改善するために、新興企業の合併や買収を好みます。

  • 2022年 2月- キヤノンは、地域全体でのインクジェット生産用の水性ポリマーインクの需要の高まりに応えるため、フェンローの自社サイトに高度に自動化された水性ポリマーインクの新しい製造施設を立ち上げました。 1,500平方メートルの敷地は、最新のインク製造装置と自動化レベルとともに効率的に最適化されており、高品質の水性ポリマーCMYKインクを一貫して提供し、無駄を最小限に抑えます。
  • 2022年1月-Smurfit Kappa Groupは、革新的で持続可能な包装に対する需要の高まりに応えるため、フォルタレザの工場の生産能力を拡大するため、ブラジルに3,300万米ドル以上を投資すると発表しました。同社は、電子商取引の包装に求められる高精度と品質を提供するために、複数のハイエンドプリンターを導入します。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • テクノロジーのスナップショット
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の市場への影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 包装および繊維産業の成長とデジタル広告の需要の高まり
    • デジタル印刷機による印刷単価の削減
  • 市場抑制要因
    • 研究開発活動への投資と追加の設備投資

第6章 市場セグメンテーション

  • 印刷工程別
    • 電子写真
    • インクジェット
  • 用途別
    • 書籍
    • 商業印刷
    • 包装
      • ラベル
      • 段ボール梱包
      • カートン
      • 軟包装
      • 硬質プラスチック包装
      • 金属包装
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • オランダ
      • ロシア
      • ポーランド
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
      • ブラジル
      • メキシコ
      • その他ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Smurfit Kappa Group PLC
    • Westrock Company
    • Southland Printing Company Inc.
    • IronMark Inc.
    • Xeikon NV
    • ARC Document Solutions LLC
    • Avery Dennison Corporation
    • Multi Color Corporation
    • Amcor PLC
    • Sato America
    • DS Smith PLC
    • Mondi PLC
    • CPI Corporate
    • Core Publishing Solutions
    • Command Companies
    • Quad/Graphics Inc.
    • Walsworth Publishing Company

第8章 投資分析

第9章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 67191

The Digital Printing Market size is estimated at USD 33.43 billion in 2024, and is expected to reach USD 45.93 billion by 2029, growing at a CAGR of 6.56% during the forecast period (2024-2029).

Digital Printing - Market

Digital printing is one of the fastest-growing segments of the sign industry. Its rise can be seen in the incredible size of what can be produced now. Whatever the message or product, size has become a significant trend in advertising.

Key Highlights

  • Significant improvements in print manufacturing efficiency, time-efficient production, and enhanced focus on supply chain management, such as better demand forecasting, have reduced the print market's overall waste. Technological advancements favoring digital printing have enabled waste minimization, maintaining high print quality.
  • The advanced technology of digital printing includes mild solvents and less-harmful chemicals than the ones used in conventional printing technologies, like solid ink printing and offset printing. Hence, the demand for digital printing solutions is growing in the printed electronics market, increasing the focus on green printing and cost-effective production.
  • Commercial printing is witnessing transitional and structural changes as a significant application, as the immediate transition from conventional methods of print to digital is challenging. Since it is still a niche method requiring print of shorter/customized batches, the printing cost is expected to take a toll.
  • Various companies have been investing in multiple solutions, expansion activities, partnerships, and collaboration activities, to enhance their market position, to expand their presence across the world. For instance, in April 2022, Canon USA, Inc., a digital imaging solutions company, announced the PRISMAcolor Manager solution. The solution can assist users in evaluating and monitoring print quality using compatible printers. It also shows users how their printed color compares to either one of the accepted commercial industries or a user's internal printing specifications. Being a cloud-based solution, it is easy to deploy and allows users to track and compare results over time.
  • The latest advancements, such as AI, machine learning, IoT, data analytics, etc., have personalized offerings to a great extent. The convergence in digital printing enables superiority in print personalization for large-volume orders. However, the cost factor remains a big hurdle. Additionally, high-priced investment restrains the overall market growth of the digital printing industry. These costs included the purchase price, support costs, installation fees (if applicable), maintenance, and the price of ink and other consumables.

Digital Printing Market Trends

Packaging Segment Expected to Witness Significant Growth

  • The packaging industry sees vast scope for implementing digital printing. Different packaging methods and technologies to cater to varying product demands for specific types of branding deploy different printing technologies. Some packaging industries include cartons, labels, metal packaging, rigid plastic packaging, corrugated packaging, and flexible packaging.
  • Corrugated boxes and display making have been at the forefront of digital in the converting sectors. Digital printing can replace the litho or flexo for either pre-print or post-print production, although each requires different configurations. The past decade witnessed the advancement in high-speed single-pass inkjet presses with robust sheet feeders for much higher throughputs than flatbeds could ever manage, which could handle thousands of sheets per hour. One advantage of large inkjets is that they can be much larger than even the largest litho press. Boxes for the most prominent retail goods, such as big televisions, lawnmowers, and so on, might need two or more litho sheets to be laminated to cover the whole area. However, a prominent digital press can do it in one.
  • Vendors are increasing their production capacity by investing in the digital press to remain competitive in the market studied. For instance, in April 2022, corrugated converting business Complete Design & Packaging (CDP) doubled its investment in the single-pass inkjet digital print technology that has helped make it an industry innovation and growth player. The Concord, N.C.-based company is installing its second ultra-high-speed Nozomi direct-to-corrugated solution from Electronics For Imaging, Inc.- a new EFI Nozomi 14000 LED digital press.
  • Rigid plastic packaging is also gaining popularity among environment-conscious customers; thus, the UV LED printer has the added benefit of being an extremely green process for brands. Another benefit to the customer and a potential profit booster is its ability to incorporate variable data easily, serialization, barcodes, QR codes, or any combination of these to their products. Many brands use digital printing on rigid plastic packaging to increase their product's appeal and create a competitive point.
  • The flexible packaging market also invites digital printing technologies to share the increasing demand. With the new acquisitions, the market is expected to cater a significant growth during the forecast period. For instance, in April 2022, high-impact printed packaging solutions provider Fortis Solutions acquired Canadian company Profecta Labels. Profecta Labels manufactures flexographic and digital solutions for labels and flexible packaging printing. The acquisition aligns with Fortis' strategy to strengthen its product offerings and locations to serve its customer better.

Asia-Pacific Promises to be the Fastest Growing Market

  • The Chinese printing industry is enthusiastic and interested in new, data-based business models, digital platform solutions, and end-to-end digitized value-creation chains. The digital printing penetration has enabled local designers to have online access to over 12,000 folding carton designs, putting the designing of packaging at the forefront of adoption.
  • Companies are purchasing digital presses due to the fewer steps in the printing process. As a result, the final product can be delivered quickly, enabling the company to increase its production capacity. For instance, in October 2021, Tomato Cloud Technology Co., Ltd, a Chinese printing company, ordered ten new Fujifilm Jet Press 750S digital inkjet machines. The company already has four Jet Press 750S presses at its facilities, and with another ten in the pipeline within the following year, it will be one of the world's largest Jet Press customers by the end of 2022. In June, Fujifilm and Tomato Cloud Technology had a signing ceremony at China PRINT 2021.
  • The new printheads were made available in the second half of the fiscal year 2021. (ending March 2022). Inkjet heads currently come in five different series, allowing for more uses in digital printing. To avoid potential concerns caused by moisture evaporation near the nozzles, the D3000-A1R allows ink circulation at the nozzle level. Circulation makes printing more stable and gives engineers more leeway when designing equipment and ink. These printheads enable digital printers to achieve picture quality and print speeds comparable to conventional analog printers, thanks to their 1200-dpi resolution and high-frequency driving. In multi-head arrays, there is also no need to alter the position of the heads.
  • Moreover, in March 2022, new themed zones addressing the growing demands debuted at DS Printech China at the end of this year, with sustainability and efficiency becoming key focuses among digital and screen-printing industry participants. The expo, a prominent platform dedicated to the digital and screen-printing industries, will be presented in South China after its initial edition in Shenzhen in 2020. It will take place at the China Import and Export Fair Complex in Guangzhou from November 16 to 18, 2022.
  • The digital printing equipment across variable data print has served most functions across varying types. The presence of allied printers to print black and white or color, various specifications, and sizes across various printing materials hint at a relatively active market. Some large companies have been offering complete products, such as Fuji Xerox, Kodak Wanyin, and other companies, for digital printing, software processing, and entire digital printing process management. In contrast, the main equipment suppliers identified in the country are Fuji Xerox, HP, Kodak Wanyin, Epson, Xeikon, Nipson, Canon, Ricoh, and Konica Minolta, OKI. Multiple developments have been observed which have yet to launch those newest offerings in China.

Digital Printing Industry Overview

The digital printing market consists of several major players and is highly competitive. Some significant players currently dominate the market in terms of market share. The companies offer specialized products, increasing their market share and profitability by leveraging strategic collaborative initiatives. The companies operating in the market prefer mergers and acquisitions of start-ups to strengthen their product capabilities and improve the served market portfolio on digital printing devices.

  • February 2022 - Canon launched a new, highly automated manufacturing facility for water-based polymer inks at its site in Venlo to meet the growing demand for water-based polymer inks for its inkjet production across the regions. With efficiency, the 1500 m2, along with the most up-to-date ink manufacturing equipment and levels of automation, are optimized to consistently deliver high-quality water-based, polymer CMYK inks and minimize waste.
  • January 2022 - Smurfit Kappa Group announced an investment of more than USD 33 million in Brazil to expand its plant's capacity in Fortaleza to meet the growing demand for innovative and sustainable packaging. The company will install several high-end printers to provide the high precision and quality required for eCommerce packaging.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Technology Snapshot
  • 4.4 Assessment of the Impact of COVID-19 on the Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Growth of Packaging and Textile Industries and Rising Demand for Digital Advertisements
    • 5.1.2 Reduction in Per Unit Cost of Printing with Digital Printers
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Investment in R&D Activities and Additional Capital Expenditure

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Printing Process
    • 6.1.1 Electrophotography
    • 6.1.2 Inkjet
  • 6.2 By Application
    • 6.2.1 Books
    • 6.2.2 Commercial Printing
    • 6.2.3 Packaging
      • 6.2.3.1 Labels
      • 6.2.3.2 Corrugated Packaging
      • 6.2.3.3 Cartons
      • 6.2.3.4 Flexible Packaging
      • 6.2.3.5 Rigid Plastic Packaging
      • 6.2.3.6 Metal Packaging
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
      • 6.3.1.1 United States
      • 6.3.1.2 Canada
    • 6.3.2 Europe
      • 6.3.2.1 United Kingdom
      • 6.3.2.2 Germany
      • 6.3.2.3 France
      • 6.3.2.4 Italy
      • 6.3.2.5 Spain
      • 6.3.2.6 Netherlands
      • 6.3.2.7 Russia
      • 6.3.2.8 Poland
      • 6.3.2.9 Rest of Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
      • 6.3.3.1 China
      • 6.3.3.2 India
      • 6.3.3.3 Japan
      • 6.3.3.4 Rest of Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
      • 6.3.4.1 Brazil
      • 6.3.4.2 Mexico
      • 6.3.4.3 Rest of Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Smurfit Kappa Group PLC
    • 7.1.2 Westrock Company
    • 7.1.3 Southland Printing Company Inc.
    • 7.1.4 IronMark Inc.
    • 7.1.5 Xeikon NV
    • 7.1.6 ARC Document Solutions LLC
    • 7.1.7 Avery Dennison Corporation
    • 7.1.8 Multi Color Corporation
    • 7.1.9 Amcor PLC
    • 7.1.10 Sato America
    • 7.1.11 DS Smith PLC
    • 7.1.12 Mondi PLC
    • 7.1.13 CPI Corporate
    • 7.1.14 Core Publishing Solutions
    • 7.1.15 Command Companies
    • 7.1.16 Quad/Graphics Inc.
    • 7.1.17 Walsworth Publishing Company

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS