市場調査レポート
商品コード
1438474

データセンター相互接続:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Data Center Interconnect - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 100 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.91円
データセンター相互接続:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 100 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

データセンター相互接続市場規模は、2024年に141億2,000万米ドルと推定され、2029年までに283億8,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に14.98%のCAGRで成長します。

データセンター相互接続- 市場

データの急増とAIやハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)などのテクノロジーの拡大に伴い、データセンター資産を迅速、確実、かつコスト効率よく接続する必要性が大幅に高まっています。

主なハイライト

  • スループット、遅延、簡素化された運用とメンテナンス、インテリジェンス、セキュリティなどの要素は、データセンターベンダーにとって重要な優先事項になりつつあります。これは、データセンター相互接続(DCI)テクノロジーの採用を促進する主な要因の1つです。これは、データセンター間の帯域幅を増やし、遅延を短縮し、パケット損失を防ぐことができるためです。
  • クラウドコンピューティング業界の成長と、全国的なロックダウンによる最近のOTTサービス利用の増加により、研究対象となっている市場はますます拡大しています。さらに、5Gサービスの商業化の増加により、相互接続されたデータセンターソリューションの範囲がさらに拡大する可能性があります。自動運転車、スマートシティ、デジタルツイン、仮想現実、AI仮想アシスタント、ビデオ監視とモニタリング、ゲームが市場の需要を促進する可能性があります。
  • データセンター相互接続市場が成長しているのは、アクセスの容易さ、利便性の向上、高度に暗号化されたデータ、他のデータセグメントとの接続など、その多くの利点をますます多くの人が認識するようになったためです。
  • 2020年の全国的なロックダウンシナリオに不可欠なエッジコンピューティングの動向は、調査対象の市場範囲をさらに拡大します。データの約10~15パーセントは集中型データセンターまたはクラウドの外部で作成および処理されますが、2025年までに60~70パーセントに達すると予想されています。Amazon、Google、エクイニクス、DRTのハイパースケールデータセンターは相互接続されており、ストリーミングされています。データとアプリケーションをネットワーク経由でエンドユーザーに送信します。エッジクラウドは、オープンで相互接続されたデータセンターのユニークなエコシステムである可能性があります。
  • 特に中小企業にとっての大きな課題は、データセンター接続サービスのコストです。新しいデータセンターには、建設とメンテナンスの両方に多額の投資が必要です。さらに、データセンター間の距離は、データセンターの効率を低下させ、データセンター相互接続業界の成長を制限する可能性があるため、重要です。

COVID-19の発生により、世界中でクラウドコンピューティングの需要が急増しました。また、データセンター市場の範囲も拡大しました。データセンター建設プロジェクトでは労働力不足によるサプライチェーンの混乱が見られたもの、いくつかのプロジェクトの完成が遅れるとは予想されていなかった。これは初期段階でのみ見られました。ビデオストリーミングと会議の利用は、特に全国的なロックダウン期間中に予想を超えて急増し、世界中でネットワークの帯域需要が増加しました。パンデミック後、急速なデジタル化と5Gサービスの増加により、現在市場は成長しています。

データセンター相互接続市場の動向

市場の成長を促進するためにデータセンターの数を増やす

  • 米国に本拠を置く市場ベンダーであるCiena Corporationによると、データセンターの数は近年増加しており、現在では世界中に7,500以上あり、世界のトップ 20都市だけでも2,600が詰め込まれています。ファーウェイによると、年間生成される世界データは2025年に180ZBに達する可能性があります。非構造化データ(生の音声、ビデオ、画像データなど)の割合も増え続け、まもなく95%以上に達し、データの増加を促進する可能性がある世界中に拠点を置いています。
  • データ通信ネットワーク(DCN)およびデータセンターインターコネクト(DCI)ソリューションでは、迅速なサービス開発の要件を満たす、パケット損失ゼロ、低遅延、ロスレスネットワークの高スループットを確保するために、DCNおよびDCIの帯域幅を迅速に拡大することがますます重視されています。データセンターを接続するDCIネットワークは、10 Tbit/s波長分割多重(WDM)相互接続ネットワークに進化しました。
  • さらに、データセンターサービスプロバイダーは、コロケーションおよびクラウド機能の拡張に投資しています。独自のデータセンターを構築することを選択したエンドユーザー企業(通信機関や金融機関など)は主に、データセンターの相互接続市場を世界の投資のホットスポットにしています。主にOTT、ISP、金融部門、公共部門などの業界は、データセンターの成長と分散、ファイバー利用の向上、低コストのプラグ可能モジュールを理由に、DCIネットワークのユースケースを開発しています。
  • データセンターの成長により、企業が自社のデータセンター、クラウドプロバイダー、その他のデータセンターオペレーターを接続して、よりシンプルなデータとリソースの共有を可能にするDCIの増加も促進されています。 CloudSceneによると、インドには人口100人あたり29人のインターネットユーザーがおり、その接続エコシステムは122のコロケーションデータセンター、348のクラウドサービスプロバイダー、および8つのネットワークファブリックで構成されています。

仮想化とクラウドコンピューティングの成長、モバイルデータの拡大、ビデオ消費、オンデマンドサービスなどの多くの要因により、インドおよび世界的にDCIのニーズが高まっています。その他の主な促進要因には、データおよびデジタルインテリジェントデバイス(AmazonのAlexaやGoogle Homeなど)の大幅な増加や、政府の野心的なデジタルインディアイニシアチブが含まれます。

欧州が大きな市場シェアを握る

  • データセンターの数の増加、クラウドテクノロジーへの投資の増加、エンドユーザー市場の拡大は、欧州データセンターの相互接続市場への投資を促進する主な要因の一部です。 GDPRや個人データ保護イニシアチブ(Gaia-X)などの厳しい地域法により、この地域のローカルデータセンターの建設と開発がさらに促進されています。
  • ドイツ、英国、オランダ、フランスは、調査対象市場における主要な投資家および採用者の一部です。この地域のデータセンター部門への投資と成長は増加しています。これは主に、クラウドテクノロジーの採用率が高いためです。たとえば、マイクロソフトだけでも最近欧州のデータセンターの容量を2倍にしました。
  • データトラフィックの増加は市場の成長に大きく寄与すると予想されます。たとえば、エクイニクスによると、ロンドンは今後も欧州で最も重要なデータ市場となると予想されています。さらに、欧州のデータコンプライアンス規制の増加が触媒として機能し、年間48%の成長が見込まれており、世界の相互接続帯域幅の23%を占めます。
  • さらに、Nokiaは、欧州のデータセンター全体にデジタルインフラストラクチャと接続サービスを提供するEurofiber Cloud Infraの子会社であるDCspineに対して、SR Linuxを実行する7220 IXRデータセンターハードウェアプラットフォームが提供可能になることを今年 11月に発表しました。このソリューションにより、DCspineはより多くのクラウドおよび相互接続サービスを提供し、ネットワークの拡張を容易にし、ネットワーク運用を自動化できるようになります。
  • この建物はエクイニクス HH1インターナショナルビジネスエクスチェンジ(IBX)データセンターに名前が変更されます。これにより、同社の世界相互接続プラットフォームであるPlatform Equinixにドイツの第4の市場が追加され、欧州全土でデジタルインフラを接続する需要の高まりに応えることができるようになります。

データセンター相互接続業界の概要

データセンター相互接続市場は、世界プレーヤーと中小企業の両方の存在により細分化されています。最近では、データセンターを提供するベンダーもデータセンター相互接続ソリューションを組み合わせています。市場関係者は、製品イノベーション、合併、買収、パートナーシップなどの戦略を採用しています。

2022年 11月、Nokiaは、相互接続されたキャリア中立およびクラウド中立のデータセンター施設の大陸最大のプロバイダーであるアフリカデータセンターに、7250 IXR(相互接続ルーター)システム用の400ギガビット対応インターフェイスを提供すると発表しました。汎アフリカのテクノロジー企業であるキャッサバ・テクノロジーズの事業であるアフリカ・データ・センターは、多くのアフリカ諸国の顧客に低コストで大容量の相互接続サービスを提供できるようになると思われます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • データセンター数の増加(エッジおよびハイパースケール)
    • AIやHPCなどのアプリケーションにより、超ブロードバンドで簡素化されたインテリジェントなDCIネットワークのニーズが増大
  • 市場の課題
  • 市場機会
    • 5Gの商業化の高まり
    • 自動運転車、スマートシティなど市場の成長

第6章 COVID-19による業界への影響の評価

第7章 技術のスナップショット

第8章 市場セグメンテーション

  • 用途別
    • 災害復旧と事業継続
    • 共有データとリソース
    • データ(ストレージ)モビリティ
    • その他の用途
  • エンドユーザー業界別
    • 通信サービスプロバイダー(CSP)
    • インターネットコンテンツおよびキャリア中立プロバイダー(ICP/CNP)
    • 政府・調査・教育(政府・R&E)
    • その他のエンドユーザー業界
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第9章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Ciena Corp.
    • Cisco Systems Inc.
    • Juniper Networks Inc.
    • Fujitsu Ltd.
    • Microsemi Corp.
    • Pluribus Networks Inc.
    • Huawei Technologies Co. Ltd.
    • ADVA Optical Networking SE
    • Infinera Corp.
    • Nokia Oyj

第10章 投資分析

第11章 市場の将来

目次
Product Code: 67175

The Data Center Interconnect Market size is estimated at USD 14.12 billion in 2024, and is expected to reach USD 28.38 billion by 2029, growing at a CAGR of 14.98% during the forecast period (2024-2029).

Data Center Interconnect - Market

With the proliferation of data and expansion of technologies like AI and High-Performance Computing (HPC), the need to connect data center assets quickly, reliably, and cost-effectively is growing significantly.

Key Highlights

  • Factors such as throughput, latency, simplified operations and maintenance, intelligence, and security are becoming significant priorities for data center vendors. This is one of the major factors driving the adoption of Data Center Interconnect (DCI) technology. This is because they can increase bandwidth between data centers, cut down on latency, and stop packet loss.
  • The market being studied is getting bigger because of the growing cloud computing industry and the recent rise in OTT service use due to a nationwide lockdown.Moreover, the increasing commercialization of 5G services may further expand the scope of interconnected data center solutions. Autonomous vehicles, smart cities, digital twins, virtual reality, AI virtual assistants, video surveillance and monitoring, and gaming can drive the market's demand.
  • The data center interconnection market is growing because more and more people are becoming aware of its many benefits, such as easy access, more convenience, highly encrypted data, connecting with other data segments, and so on.
  • The edge computing trend, essential in the 2020 nationwide lockdown scenario, further expands the studied market scope. About 10-15 percent of data is created and processed outside a centralized data center or cloud, but it is expected to reach 60-70 percent by 2025. The hyperscale data centers of Amazon, Google, Equinix, and DRT, are interconnected and stream data and applications over the network to end users. The edge cloud may be a unique ecosystem of open and interconnected data centers.
  • The major challenge, especially for small and medium-sized businesses, is the cost of data center connectivity services. A new data center necessitates a significant investment in both construction and maintenance. Furthermore, the distance between data centers is important since it might reduce a data center's efficiency, limiting the growth of the data center interconnect industry.

The COVID-19 outbreak sparked a surge in demand for cloud computing globally. It also expanded the scope of the data center market. Although the data center construction projects witnessed a supply chain disruption due to the labor shortage, it was not expected to delay the completion of several projects. This was only seen in the initial phases. Video streaming and conferencing usage surged beyond expectations, particularly during the nationwide lockdown period, driving up bandwidth demands for networks globally. After the pandemic, the market is currently growing due to rapid digitization and increased 5G services.

Data Center Interconnect Market Trends

Increasing Number of Data Centers to Drive the Market Growth

  • According to the US-based market vendor, Ciena Corporation, the number of data centers has increased in recent years, as there are now more than 7,500 around the globe, with 2,600 packed into the top 20 global cities alone. According to Huawei, global data produced annually may reach 180 ZB in 2025. The proportion of unstructured data (such as raw voice, video, and image data) may also continue to increase, reaching more than 95% shortly, boosting the growth of data centers globally.
  • Data Communication Network (DCN) and Data Center Interconnect (DCI) solutions are increasingly concerned with quickly increasing DCN and DCI bandwidth to ensure zero packet loss, low latency, and high throughput of lossless networks, meeting the requirements of rapid service development. The DCI network connecting data centers has evolved into a 10 Tbit/s Wavelength Division Multiplexing (WDM) interconnection network.
  • Further, data center service providers are investing in expanding their colocation and cloud capabilities. End-user enterprises (like telecom and financial organizations) opting to build their own data centers are mainly making the interconnected market for data centers a global investment hotspot. Industries, mainly OTT, ISPs, the financial sector, and the public sector, are developing their use cases for DCI networks due to data center growth and distribution, improved fiber utilization, and low-cost pluggable modules.
  • The growth of data centers is also driving an increase in DCI, which allows enterprises to connect their data centers, cloud providers, and other data center operators to enable simpler data and resource sharing. According to CloudScene, India has 29 internet users for every 100 people, and its connectivity ecosystem is made up of 122 colocation data centers, 348 cloud service providers, and eight network fabrics.

Numerous factors, including the growth of virtualization and cloud computing, mobile data expansion, video consumption, and on-demand services, are driving a greater need for DCI in India and globally. Other key drivers include a significant increase in data and digital intelligent devices (such as Amazon's Alexa and Google Home) and the government's ambitious Digital India initiative.

Europe to Hold Significant Market Share

  • The growing number of data centers, increasing investment in cloud technologies, and the expansion of end-user markets are some of the major factors driving the European data center's investment in the interconnect market. The stringent regional laws, like GDPR and the Personal Data Protection Initiative (Gaia-X), further boost the region's local data center construction and development.
  • Germany, the United Kingdom, the Netherlands, and France are some of the major investors and adopters in the market studied. Investment and growth in the data center sector in the region have been increasing. This is mainly due to the high rate of adoption of cloud technologies. For instance, Microsoft alone has doubled its European data center capacity recently.
  • Data traffic growth is expected to contribute to the market's growth significantly. For instance, according to Equinix, London is expected to remain the most important European market for data. Furthermore, an increasing number of European data compliance regulations serve as a catalyst, which is expected to grow 48% per year, accounting for 23% of global interconnection bandwidth.
  • Furthermore, Nokia announced the availability of its 7220 IXR data center hardware platforms running SR Linux to DCspine, a subsidiary of Eurofiber Cloud Infra that provides digital infrastructure and connectivity services across European data centers, in November of this year.With this solution, DCspine will be able to offer more cloud and interconnection services, make the network easier to scale, and automate network operations.
  • The building would be renamed the Equinix HH1 International Business Exchange (IBX) data center. It would add a fourth market in Germany to the company's global interconnection platform, Platform Equinix, and help meet the growing demand for connecting digital infrastructure across Europe.

Data Center Interconnect Industry Overview

The Data Center Interconnect Market is fragmented due to the presence of both global players and small and medium-sized enterprises. Lately, the vendors offering data centers are also combining data center interconnect solutions. Market players are adopting strategies such as product innovation, mergers, acquisitions, and partnerships.

In November 2022, Nokia announced that it will provide 400-gigabit-enabled interfaces for its 7250 IXR (interconnect router) systems to Africa Data Centers, the continent's largest provider of interconnected, carrier- and cloud-neutral data center facilities. Africa Data Centres, a business of Cassava Technologies, a pan-African technology company, would be able to offer its clients in many African countries low-cost, high-capacity interconnection services.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Number of Data Centers (Edge and Hyperscale)
    • 5.1.2 Increasing Need for Ultra- broadband, Simplified, and Intelligent DCI Networks due to Applications, like AI and HPC
  • 5.2 Market Challenges
  • 5.3 Market Opportunities
    • 5.3.1 Rising Commercialization of 5G
    • 5.3.2 Growth in Markets, Such as Autonomous Vehicle, Smart City

6 ASSESSMENT OF COVID-19 IMPACT ON THE INDUSTRY

7 TECHNOLOGY SNAPSHOT

8 MARKET SEGMENTATION

  • 8.1 By Application
    • 8.1.1 Disaster Recovery and Business Continuity
    • 8.1.2 Shared Data and Resources
    • 8.1.3 Data (Storage) Mobility
    • 8.1.4 Other Applications
  • 8.2 By End-user Industry
    • 8.2.1 Communications Service Providers (CSPs)
    • 8.2.2 Internet Content and Carrier- neutral Providers (ICPs/CNPs)
    • 8.2.3 Government/Research and Education (Government/R&E)
    • 8.2.4 Other End-user Verticals
  • 8.3 By Geography
    • 8.3.1 North America
    • 8.3.2 Europe
    • 8.3.3 Asia Pacific
    • 8.3.4 Rest of the World

9 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 9.1 Company Profiles
    • 9.1.1 Ciena Corp.
    • 9.1.2 Cisco Systems Inc.
    • 9.1.3 Juniper Networks Inc.
    • 9.1.4 Fujitsu Ltd.
    • 9.1.5 Microsemi Corp.
    • 9.1.6 Pluribus Networks Inc.
    • 9.1.7 Huawei Technologies Co. Ltd.
    • 9.1.8 ADVA Optical Networking SE
    • 9.1.9 Infinera Corp.
    • 9.1.10 Nokia Oyj

10 INVESTMENT ANALYSIS

11 FUTURE OF THE MARKET