デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1438454

モバイルエッジコンピューティング:市場シェア分析、産業動向、成長予測(2024年~2029年)

Mobile Edge Computing - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 131 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
モバイルエッジコンピューティング:市場シェア分析、産業動向、成長予測(2024年~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 131 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

モバイルエッジコンピューティング市場規模は2024年に6億米ドルと推定され、2029年には24億4,000万米ドルに達すると予測され、予測期間中(2024-2029年)のCAGRは32.58%で成長する見込みです。

Mobile Edge Computing-Market

モバイルエッジコンピューティングとして一般的に知られるマルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)は、エッジコンピューティングの一形態で、クラウドコンピューティングをネットワークのエッジに導入して機能性を高めるものです。MECは欧州通信標準化機構(ETSI)のプログラムの成果であり、当初はモバイルネットワークにエッジノードを配置することを目的としていたが、その後、固定(または最終的には統合)ネットワークにも拡大しました。MECは、ユーザーやデバイスから遠く離れたサーバーで行われる従来のクラウド・コンピューティングとは対照的に、ネットワーク上の基地局、セントラルオフィス、その他のアグリゲーション・サイトでの運用を可能にします。

主なハイライト

  • デジタル・メディア・サービスに対する需要は、ワイヤレス契約数の急激な増加に伴って増加しています。このニーズの高まりに対応するため、モバイル・ワイヤレス・ネットワークは飛躍的に進歩しています。各業界の企業は、センサーやその他のデータ生成・収集デバイス、分析ツールなど、さまざまな技術革新を導入することで、新たなレベルのパフォーマンスと生産性を推進し始めています。従来、データ管理と分析はクラウドやデータセンターで行われてきました。しかし、スマート・マニュファクチャリングやスマート・シティなど、ネットワーク関連技術やイニシアチブの浸透が進むにつれ、シナリオは変わりつつあるようです。
  • さらに、現在の4Gネットワークが限界に達しているため、5Gではオンライン・トラフィックをはるかにインテリジェントに管理する必要があり、モバイルエッジコンピューティングが大きな役割を果たすことになります。データ負荷の管理に加え、MECは5Gネットワークの待ち時間を大幅に短縮することが期待されています。
  • 通信業界では、モバイルエッジコンピューティング、MEC、マルチアクセス・エッジ・コンピューティングとしても知られるエッジ・コンピューティングは、エンドユーザーに近いネットワーキングを行うアプリケーションに実行リソース(コンピュートとストレージ)を提供するもので、多くの場合、通信事業者ネットワークの内部または境界で行われます。エッジソリューションは、低遅延、高帯域幅、デバイス処理、データオフロード、信頼性の高いコンピューティングとストレージといった主要な利点を提供します。
  • 他のネットワーク・テクノロジー/アーキテクチャと同様、MECはセキュリティ・フレームワークがないため、様々な脅威やハードウェアの脅威にさらされやすいです。多種多様な脅威や危険性がMECネットワークで発生する可能性があります。しかし、市場の成長を妨げる最も一般的な攻撃は、危殆化したプロトコル、改ざんされた情報とログ、ポリシー施行の損失、中間者、データ損失などに絞られます。
  • COVID-19の流行は5Gの普及を大きく押し上げました。例えば、GSMA Intelligenceの消費者調査によると、欧州の市場回答者の大半は5Gへのアップグレードに限定的な関心しか持っていなかった。しかし、パンデミックの中、ビデオ会議やコンテンツ・ストリーミングのための高速ネットワークへの需要が高まり、より高い帯域幅と遅延のないデータ転送への要求が5Gの採用を後押ししました。

モバイルエッジコンピューティング(MEC)市場動向

エンドユーザー産業における5Gと産業用IoTサービスの応用拡大

  • モノのインターネット(IoT)ムーブメントを原動力とするインダストリー4.0は、さまざまな技術プラットフォームを相互接続し、世界のどこからでも、世界のどこにでもある製造装置とインターフェースできる能力を提示します。インダストリー4.0は、レガシーシステムからスマートコンポーネントや機械、デジタル工場の促進、接続された工場や企業のエコシステムの開発など、産業を変革しており、MECプラットフォームは展開のためのエキサイティングな機会を見つけることができます。
  • 産業オートメーションにおけるIoTは、5Gサービスから最大限の恩恵を受けることが期待されます。このセグメントをサポートする機能は現在3GPPで定義されており、インダストリー4.0イニシアティブや5G-ACIAなどの業界団体の影響を受けています。これは、ローカルエリアの使用事例やプライベート・ネットワークの展開のための5G固有のセグメントとなります。
  • ヘルスケア業界では、IoTによってプロバイダーはコネクテッド・メディカル・ソリューションを通じて患者の健康を遠隔監視できるようになり、リアルタイム・データ収集やリアルタイム・モニタリング・分析への拡張アクセスも可能になります。ヘルスケア分野では、5Gサービスの展開が増加しています。例えば、サムスン医療センターと韓国最大の通信会社であるKT Corporationは、スマートな患者ケア、5Gを活用した革新的な医療行為の開発、病院の運営効率の改善に向けて提携したと発表しました。
  • エネルギー・公益事業会社は、5Gをめぐるビジネスケース、サービス、パートナーシップの積極的な改善で牽引役となっています。インフォシスによると、エネルギー・公益企業の56%は5Gのユースケースを定義しており、20%はエコシステム・パートナーとともに5Gサービス・ポートフォリオをすでに確立しています。同社はさらに、スマートシティが1,000億米ドルの公益事業収益を生み出すと予測しています。電力販売会社は都市や近隣のあらゆる場所への電柱や電線を管理しているため、その資産を活用してスマート監視ソリューションやスマート照明ソリューションを地域社会や法執行機関、企業に提供することができます。

北米が大きなシェアを占める見込み

  • 北米には3つの主要クラウド・サービス・プロバイダーが存在する:Amazon Web Services、Microsoft Azure、Google Cloudです。さらに、同地域にはVerizon Communications Inc.やAT&T Inc.など、モバイルエッジコンピューティング市場の主要ベンダーが進出しており、同地域のモバイルエッジコンピューティング市場にプラスの影響を与えています。またこの地域は、5G、自律走行、IoT、ブロックチェーン、ゲーム、AIなど、あらゆる主要な技術革新の拠点とも考えられています。
  • 米国やカナダなどの国々は、新技術をいち早く採用することで知られています。現在のほとんどの新技術はデータ集約型です。大量のデータを作成し、処理し、転送するため、データセンターやクラウドで構成される現在のインフラは最大容量に近づいています。現在、新たに生成され使用されるデータ量では、これらのインフラは顧客のニーズをサポートできないと思われます。関係するすべてのパラメーターの中で、レイテンシーはビジネスにとって最も重要な要素になると思われます。
  • ほとんどの企業はリアルタイムのデータアクセスと処理に依存しているため、レイテンシーが低いとプロセス全体が中断される可能性があります。そこで、エッジコンピューティングがインフラ開発者の問題解決に役立っています。新技術の成熟に伴い、エッジ・コンピューティングは大きな影響を与えると予想されます。
  • さらに、モバイルエッジコンピューティングによって、さまざまな分野の消費者や企業がほぼリアルタイムでデータセンターのパワーを活用できるようになり、ホーム・エンターテインメントやゲームからヘルスケアや農業まで、あらゆる分野の変革技術を後押しする高速で低遅延のモバイル・ネットワークの可能性がさらに広がります。
  • この地域のさまざまなエンドユーザーは、5G、IoT、モバイルエッジコンピューティングなどの先進技術と組み合わせた革新的なプラットフォームを開発するために、エッジ・コンピューティング・プロバイダーとの提携に熱中しています。例えば、2022年1月、ボーダフォンはProximieとの提携を発表しました。Proximieは世界中の手術室をデジタル化し、世界最高の臨床実践を共有することで命を救う医療技術プラットフォームです。5G、IoT、エッジコンピューティングなどのテクノロジーとProximieの世界最高水準のコネクテッド手術ケアソフトウェアを組み合わせることで、医療専門家は世界中の手術室で仮想的に「スクラブイン」、「記録」、「対話」を行うことができるようになり、人材育成の迅速化と改善、そして質の高い手術ケアの効率的な提供を大規模に支援できるようになります。

モバイルエッジコンピューティング(MEC)産業の概要

MEC市場は、いくつかの世界企業や地域企業で構成され、かなり競争の激しい市場空間で注目を集めようとしています。しかし、市場はかなりのシェアを占める大手ベンダーが支配的で、さまざまな地域市場で足場を固め、先駆者になろうと競い合っています。全体として、ベンダー間の競争企業間の敵対関係は高く、予測期間中も変わらないと予想されます。

2022年9月、ノキアはオンプレミスのミッションクリティカル・インダストリアル・エッジ(MXIE)コンピュート・ソリューションの新しいプラットフォーム機能とアプリケーションを発表しました。MXIEはまた、産業企業のデジタルトランスフォーメーションを簡素化するための、業種別ブループリントも開発しました。

2022年9月、ベライゾンは米国軍と提携し、ジョイントベース・パール・ハーバー・ヒッカム(JBPHH)の航空機整備格納庫内にプライベート5Gネットワークを構築しました。この設計により、軍首脳はベライゾン5Gの高速・広帯域・低遅延を容易に活用できるようになります。

2022年8月、AT&TはWNBAと提携し、WNBAファンにアップグレードされたAT&T 5Gゲームビューでコンテンツをカスタマイズし、試合と対話する方法を提供しました。ファンは、ライブゲーム中にゲームや選手のスタッツを見たり、カスタマイズ可能なクリップを見たり、拡張現実を使用してリアルタイムの3Dスタッツにアクセスすることができます。

その他の特典:

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3ヶ月間のアナリスト・サポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力度-ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の強さ
  • バリューチェーン分析
  • COVID-19がモバイルエッジコンピューティング市場に与える影響

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • 遅延に特化したアプリケーションの普及と成長
    • エンドユーザー産業における5Gと産業用IoTサービスの適用拡大
  • 市場抑制要因
    • 共通のセキュリティフレームワークの欠如

第6章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
  • エンドユーザー別
    • 金融・銀行
    • 小売
    • ヘルスケア・ライフサイエンス
    • 産業
    • エネルギー・公益事業
    • 通信業界
    • その他エンドユーザー
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東・アフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Nokia Corporation
    • Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • Comsovereign Holding Corp
    • AT&T Inc.
    • Huawei Technologies Co. Ltd.
    • Verizon Communication Ltd
    • SGH, Inc.(penguin Solutions)
    • ADLINK Technology Inc.
    • Vodafone Group PLC
    • Adva Optical Networking SE

第8章 投資分析

第9章 市場機会と今後の動向

目次
Product Code: 66981

The Mobile Edge Computing Market size is estimated at USD 0.6 billion in 2024, and is expected to reach USD 2.44 billion by 2029, growing at a CAGR of 32.58% during the forecast period (2024-2029).

Mobile Edge Computing - Market

Multi-access edge computing (MEC), popularly known as mobile edge computing, is a form of edge computing that brings cloud computing to the network's edge to increase its functionality. MEC is a result of the European Telecommunications Standards Institute (ETSI) program that was first intended to place edge nodes on mobile networks but has since expanded to include the fixed (or eventually integrated) network. MEC permits operations in base stations, central offices, and other aggregation sites on the network, as opposed to traditional cloud computing, which takes place on distant servers, far from the user and device.

Key Highlights

  • The demand for digital media services is increasing as the number of wireless subscriptions grows exponentially. Mobile wireless networks have advanced tremendously to meet this growing need. Enterprises across industries are beginning to drive new levels of performance and productivity by deploying different technological innovations, like sensors and other data-producing and collecting devices, along with analysis tools. Traditionally, data management and analysis are performed in the cloud or data centers. However, the scenario seems to be changing with the increasing penetration of network-related technologies and initiatives, such as smart manufacturing and smart cities.
  • Furthermore, with the current 4G networks reaching their maximum limit, 5G will have to manage online traffic far more intelligently, in which mobile edge computing will play a major role. In addition to managing the data load, MEC is expected to significantly reduce the latency in 5G networks.
  • In the telecom industry, edge computing, also known as mobile edge computing, MEC, or multi-access edge computing, offers execution resources (compute and storage) for applications with networking close to end users, often within or at the boundary of operator networks. Edge solutions offer key advantages: low latency, high bandwidth, device processing, data offloading, and reliable computing and storage.
  • As with any network technology/ architecture, MEC is prone to various threats and hardware that lay in wait owing to its lack of security framework. A wide variety of threats and hazards could potentially occur in the MEC network. However, the most common attacks that hinder the market's growth can be narrowed down to compromised protocols, falsified information and logs, loss of policy enforcement, man-in-the-middle, and data loss.
  • The COVID-19 pandemic boosted 5G penetration significantly. For instance, GSMA Intelligence's consumer survey found that most market respondents in Europe had limited interest in upgrading to 5G. However, amid the pandemic, the increasing demand for high-speed networks for video conferencing and content streaming, the requirement for higher bandwidth, and zero-latency data transfer, boosted the adoption of 5G.

Mobile Edge Computing (MEC) Market Trends

Rising Application of 5G and Industrial IoT Services Among End-user Industries

  • Industry 4.0, powered by the Internet of Things (IoT) movement, involves interconnecting various technological platforms and presents the ability to interface with manufacturing equipment located anywhere in the world, from anywhere in the world. With Industry 4.0 transforming industries, from legacy systems to smart components and machines to facilitating digital factories and developing an ecosystem of connected plants and enterprises, MEC platforms find exciting opportunities for deployment.
  • IoT in industrial automation is expected to derive maximum benefit from 5G services. The functionality to support this segment is currently being defined in 3GPP, influenced by Industry 4.0 initiatives and industry bodies, such as 5G-ACIA. It will be a 5G-specific segment for local area use cases and private network deployments.
  • In the healthcare industry, IoT enables providers to monitor patient health remotely through connected medical solutions, along with real-time data collection and extended access to real-time monitoring and analysis. The healthcare sector is witnessing an increase in the deployment of 5G services. For instance, Samsung Medical Center and Korea's largest telecommunications company, KT Corporation, announced that they have partnered to develop smart patient care, 5G-powered innovative medical practices, and improve hospital operational efficiency.
  • Energy and utility companies are driving the pack in actively improving business cases, services, and partnerships around 5G. According to Infosys, 56% of the energy and utility companies are defining use cases for 5G, and 20% have already established their 5G service portfolios along with the ecosystem partners. The company further anticipates that smart cities will create USD 100 billion in utility revenue. As electricity distributors manage poles and wires to all parts of the cities and neighborhoods, they could leverage their assets to offer smart surveillance solutions or smart lighting solutions to communities, law enforcement agencies, and enterprises.

North America is Expected to Hold Major Share

  • North America is home to three major cloud service providers: Amazon Web Services, Microsoft Azure, and Google Cloud. In addition, the region is home to major mobile edge computing market vendors such as Verizon Communications Inc., AT&T Inc., etc., which positively impacts the mobile edge computing market in the region. This region is also considered to be the hub for all major technological innovations, such as 5G, autonomous driving, IoT, blockchain, gaming, and AI, among others.
  • Countries like the United States and Canada are known to be early adopters of new technologies. Most new technologies at present are data intensive. They create, process, and transfer large amounts of data, due to which the current infrastructure, consisting of data centers and the cloud, is inching toward its maximum capacity. With the amount of new data generated and used presently, these infrastructures would not be able to support their customers' needs. Of all the parameters involved, latency is going to be the most crucial factor for business.
  • Since most companies rely on real-time data access and processing, low latency can disrupt their entire process. This is where edge computing has helped infrastructure developers address the issue. With new technologies maturing, edge computing is expected to have a significant impact.
  • Further, mobile edge computing allows consumers and businesses from various sectors to capitalize on the power of a data center in near real-time, unlocking the further potential for fast, low-latency mobile networks to empower transformative technologies for everything from home entertainment and gaming to healthcare and agriculture.
  • Various end-users in the region are indulging in partnerships with edge computing providers to develop innovative platforms coupled with advanced technologies such as 5G, IoT, and mobile edge computing. For instance, in January 2022, Vodafone announced a partnership with Proximie, the health technology platform that digitizes operating rooms worldwide to save lives by sharing the world's best clinical practices. Combining technologies such as 5G, IoT, and Edge Computing with Proximie's world-class connected surgical care software, healthcare experts will be able to virtually' scrub in,' record, and interact with operating rooms across the world to help accelerate and improve workforce training and more efficient delivery of high-quality surgical care, at scale.

Mobile Edge Computing (MEC) Industry Overview

The MEC market comprises several global and regional players vying for attention in a fairly contested market space. However, the market is dominated by major vendors that cover a significant share of the market and compete to gain a foothold and become pioneers in different regional markets. Overall, the competitive rivalry among the vendors is expected to be high and remain the same during the forecast period.

In September 2022, Nokia introduced new platform capabilities and applications for its on-premise Mission Critical Industrial Edge (MXIE) compute solution that would enable to host of applications from different ecosystems to advance enterprise digital transformation. It also developed vertical-specific blueprints that guide industrial enterprises to simplify their digital transformation.

In September 2022, Verizon partnered with US Armed Forces to construct a private 5G network inside an aircraft maintenance hangar on Joint Base Pearl Harbor Hickam (JBPHH). With this design, it would be easy for military leaders to leverage the high-speed, high-bandwidth, and low latency of Verizon 5G.

In August 2022, AT&T partnered with WNBA, offering WNBA fans a way to customize content and interact with the game with the upgraded AT&T 5G game view. Fans can view game and player stats during live games, watch customizable clips, and access real-time 3D stats using augmented reality.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitute Products
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Value Chain Analysis
  • 4.4 Impact of COVID-19 on the Mobile Edge Computing Market

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Widespread Adoption and Growth of Latency-specific Applications
    • 5.1.2 Rising Application of 5G & Industrial IoT Services Among End-user Industries
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 Lack of a Common Security Framework

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Component
    • 6.1.1 Hardware
    • 6.1.2 Software
  • 6.2 By End-user
    • 6.2.1 Financial and Banking Industry
    • 6.2.2 Retail
    • 6.2.3 Healthcare and Life Sciences
    • 6.2.4 Industrial
    • 6.2.5 Energy and Utilities
    • 6.2.6 Telecommunications
    • 6.2.7 Other End-users
  • 6.3 By Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East & Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Nokia Corporation
    • 7.1.2 Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • 7.1.3 Comsovereign Holding Corp
    • 7.1.4 AT&T Inc.
    • 7.1.5 Huawei Technologies Co. Ltd.
    • 7.1.6 Verizon Communication Ltd
    • 7.1.7 SGH, Inc. (penguin Solutions )
    • 7.1.8 ADLINK Technology Inc.
    • 7.1.9 Vodafone Group PLC
    • 7.1.10 Adva Optical Networking SE

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS