市場調査レポート
商品コード
1438345

エンタープライズネットワーク機器:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Enterprise Network Equipment - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.91円
エンタープライズネットワーク機器:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

エンタープライズネットワーク機器市場規模は、2024年に724億4,000万米ドルと推定され、2029年までに1,240億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に11.35%のCAGRで成長します。

エンタープライズネットワーク機器- 市場

エンタープライズネットワークは、部門やワークグループネットワーク全体でコンピューターと関連デバイスを接続し、洞察とデータへのアクセスを容易にする企業の通信バックボーンです。通信プロトコルを削減し、システムとデバイスの相互運用性を促進し、社内および社外の企業データ管理を改善します。

主なハイライト

  • 企業ネットワークでは、すべてのシステムが通信し、情報を提供および取得できる必要があります。したがって、物理システムとデバイスは、満足のいくパフォーマンス、信頼性、セキュリティを維持し、提供できる必要があります。したがって、スイッチ、ルーター、ワイヤレスネットワーク、アクセスポイント、ネットワークセキュリティと管理、WAN最適化などのコンポーネントとテクノロジーは、安全で信頼性が高く、スケーラブルなネットワークを低コストで構築するのに役立ちます。
  • デジタル化に伴い、ネットワークインフラの重要性が高まっています。その結果、ネットワークインフラストラクチャのニーズが高まっています。さらに、企業はワイヤレスネットワークの帯域幅要件の拡大に対応するためにネットワークを拡張しています。エンタープライズネットワークインフラストラクチャの市場は、モバイルデバイスの使用の拡大、帯域幅の需要の高まり、ワイヤレステクノロジーへの移行などの要因によって牽引されています。さらに、企業は速度を向上させるためにネットワークのアップグレードへの投資を増やしており、これにより信頼性が高く、エネルギーを節約し、費用対効果の高いソリューションが提供されます。
  • さらに、企業は100Gイーサネットスイッチや802.11 ac標準の採用など、先進的なテクノロジーや機能をますます好むようになってきています。たとえば、802.11ac標準は、ワイヤレスネットワーク上で高性能とエンドデバイスの容量を提供する機会をもたらします。これにより、企業ネットワークは、スマートフォン、タブレット、新世代のマシンツーマシン(M2M)デバイス、モノのインターネット(IoT)など、ますます多様化するワイヤレスエンドデバイスをサポートできるようになります。
  • 企業ネットワークデバイスの市場は、「BYOD(Bring Your Own Device)」の動向に沿って成長すると予想されています。BYODは、あらゆるデバイスがどこでも使用されるという概念を象徴しており、侵入型ワイヤレスネットワークやミッションクリティカルなモビリティアプリケーションの需要を促進しています。
  • Consumer Technology Associationによると、スマートシティ開発に対する世界の支出は2020年までに343億5,000万米ドルに達すると予想されており、これが市場を大きく牽引しています。さらに、明らかに都市現象である中国の中流階級の台頭により、30年以内に約5億人が貧困から脱却しました。これは都市が生活水準を向上させる力があることの証です。中国には、大小の都市をカバーする世界最多の約500のスマートシティパイロットプロジェクトがあります。これにより、今後のネットワーク機器の増加が潜在的に必要となります。
  • ネットワークインフラストラクチャ市場は、 COVID-19の影響による経済混乱の影響を受けるでしょう。パンデミックの影響が続いているため、その影響は市場全体のさまざまなセクター、地域、垂直産業にわたって不均一になる可能性があります。
  • ファーウェイ、サムスン、エリクソン、ノキア、ZTEなどの通信ネットワークベンダーは、COVID-19感染症のパンデミックを受けてサプライチェーンの問題に直面しています。ただし、パンデミックの最中に新しい機器を設置するために現場に人員を派遣するなど、新型コロナウイルス感染症関連の課題にもかかわらず、機器設置サービスの需要は今後も続くでしょう。通信事業者は依然として、主に都市市場や公共施設にスモールセルを展開する必要があり、ハイバンドスペクトルと追加のマクロを現場で、主に既存のサイトで活用する必要があります。

エンタープライズネットワーク機器の市場動向

データセキュリティへの懸念により、ネットワークセキュリティが強化されています

  • 市場の成長は、銀行や防衛機関におけるサイバー盗難の増加に起因すると考えられています。サイバー攻撃の複雑さと多様性の増大により、大規模なデータ盗難の可能性を減らすためにネットワークセキュリティ機器を導入する必要性が組織間で高まっています。
  • 多くの組織は、従来のファイアウォールの実装やユーザーアクセスの制御とは別に、より堅牢なサイバーセキュリティ戦略を模索しています。これは、開発者にとって新しい防御アプローチを導入する絶好の機会となります。 AIを組み込んで直感的で効率的なシステムを開発すると、企業はスマートマシンの機能を使用して脅威を早期に検出し、情報を守る際にプロアクティブな戦略を使用できるようになります。
  • デジタル組織の急速な成長により、ITプロフェッショナルは、可視性の欠如がネットワークの脅威に対処する際に直面する最大の課題の1つであると考えています。ほとんどの組織は、すべてのユーザー、アプリケーション、デバイスにわたってネットワークを常に監視することがいかに重要であるかを認識しています。組織は、より緊密に連携し、ネットワークインフラストラクチャを活用してあらゆる場所の可視性を拡張し、データ侵害やサイバーセキュリティの脅威を回避するために、ネットワーキングチームとセキュリティチームを導入しています。
  • さらに、IoTとBYODの動向の高まりによりサイバー犯罪も増加しており、組織はネットワークセキュリティソリューションの使用を余儀なくされています。この地域における接続デバイスの増加により、企業ネットワークはより複雑になっています。ネットワーク情勢の進化により、企業の間でネットワークセキュリティインフラストラクチャを再評価し、堅牢なネットワークソリューションを採用する必要性が生じています。
  • さらに、Ciscoによると、今後数年間でネットワークデバイスの46%がM2MまたはIoTになり、これらは攻撃に対して脆弱になるとのことです。これらの接続デバイスの可能性を最大限に活用するには、業界は将来予想されるネットワーク需要に柔軟に対応できるWANを装備する必要があります。

北米はかなりの市場シェアを獲得すると予想される

  • 北米はエンタープライズネットワーク機器市場で卓越したシェアを保持すると予想されています。さらに、この地域にはネットワーク機器ベンダーの強力な足場があります。その中には、Cisco Systems, Inc.、Dell EMC、Juniper Networks, Inc.、Extreme Networks, Inc.、Arista Networks, Inc.などが含まれており、市場の成長に貢献しています。
  • この地域で事業を展開しているベンダーは、製品機能を強化するためにエンタープライズネットワーク機器テクノロジーに取り組んでいます。効果的な長期在宅勤務ソリューションは、効率、創造性、生産性を向上させる、安全で企業のようなエクスペリエンスを提供する必要があります。再利用された消費者向けネットワーク機器を使用するソリューションとは異なり、Arubaは、プラグアンドプレイのインストール、IDベースのセキュリティ、クラウドネイティブ管理を組み合わせたエンタープライズクラスのテレワークハードウェアを提供し、迅速、シンプル、スケーラブルな導入を実現します。
  • クラウドネットワーキング、SaaSベースのアプリケーション、ネットワーク分析、DevOps、仮想化などの動向テクノロジーの出現により、北米のユーザーや企業はエンタープライズネットワーク機器製品の導入を奨励しています。また、クラウド導入、デジタルコンテンツ、新しいデータ主権法に対する需要の高まりにより、近い将来、北米地域のネットワーク機器市場がさらに促進されるでしょう。
  • また、自動化テクノロジーの進歩により、サードパーティのアプリケーションを介さずにネットワークを継続的にチェックして解決策を提供するスマートネットワークと迅速な修復を通じて、IT部門の現在のビジネスニーズに応えます。
  • 米国国防総省はこれまで、インフラの近代化に巨額の投資を行ってきました。米国国防システム情報局は、10ギガビット/秒(Gbps)の転送速度を持つ国防情報システムネットワーク(DISN)を100 Gbpsのパケット光転送システムにアップグレードする計画を発表しました。このような投資は市場を押し上げると期待されています。

エンタープライズネットワーク機器業界の概要

エンタープライズネットワーク機器市場は適度な競争があり、大きな市場シェアを享受している少数の市場プレーヤーで構成されています。現在、市場シェアの点では、少数の大手企業が市場を独占しています。大きな市場シェアを持つこれらの市場リーダーは、海外の消費者ベースの拡大に注力しています。ネットワーク機器は、欧州連合(EU)の有害物質使用制限(RoHS)指令にも適合する必要があります。この指令により、企業での使用に関してそのような基準を満たすサプライヤーの数は限られます。これらの企業は、市場シェアと収益性を向上させるために、戦略的な協力イニシアチブを活用しています。市場に参入している企業は、自社の製品機能を強化するために、エンタープライズネットワーク機器技術に取り組む新興企業も買収しています。

2022年 3月、コミュニケーションとコラボレーションを改善および合理化するソリューションのプロバイダーであるAvayaのOneCloud CCaaSコンポーザブルソリューションと、通信、ネットワーキング、およびクラウドソリューションの世界プロバイダーであるアルカテルルーセントエンタープライズ(ALE)は、戦略的パートナーシップを発表しました。世界中のAvaya顧客がALEのデジタルネットワーキングソリューションを利用できるようになります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要(COVID-19の影響評価含む)
  • 市場促進要因
    • IoTの普及に伴い急増する帯域幅要件
    • 新興国政府によるスマートシティ開発への取り組み
  • 市場抑制要因
    • セキュリティ上の懸念による高額なメンテナンスコスト
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ
    • スイッチ
    • ルーター
    • 無線LAN
    • ネットワークセキュリティー
    • その他のタイプ
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • インド
      • 日本
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Cisco Systems Inc.
    • Aruba(Hewlett Packard Enterprise Development LP)
    • Juniper Networks, Inc.
    • Huawei Technologies Co. Ltd
    • Dell EMC
    • Extreme Networks, Inc.
    • Arista Networks, Inc.
    • Fortinet, Inc.
    • Vmware, Inc.
    • NetScout Systems, Inc.
    • Palo Alto Networks, Inc.
    • Check Point Software Technologies Ltd
    • F5 Networks, Inc.
    • New H3C Technologies Co. Ltd

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 65990

The Enterprise Network Equipment Market size is estimated at USD 72.44 billion in 2024, and is expected to reach USD 124 billion by 2029, growing at a CAGR of 11.35% during the forecast period (2024-2029).

Enterprise Network Equipment - Market

An enterprise network is an enterprise's communication backbone that helps connect computers and related devices across departments and workgroup networks, facilitating insight and data accessibility. It reduces communication protocols, promotes system and device interoperability, and improves internal and external enterprise data management.

Key Highlights

  • In an enterprise network, all systems should be able to communicate and provide and retrieve information. Therefore, physical systems and devices should be able to maintain and provide satisfactory performance, reliability, and security. Thus, components and technologies such as switches, routers, wireless networks, access points, network security and management, and WAN optimization assist in creating a secure, reliable, and scalable network at a lower cost.
  • The significance of network infrastructure is rising along with digitalization. Consequently, there is a rising need for network infrastructure. Additionally, businesses are expanding their networks to accommodate the expanding bandwidth requirements of wireless networks. The market for enterprise network infrastructure is being driven by factors such as the expanding use of mobile devices, the rising need for bandwidth, and the transition to wireless technologies. Additionally, businesses are increasing their investments in network upgrades to increase speed, which would offer a reliable, energy-saving, and cost-effective solution.
  • Moreover, enterprises are increasingly favoring advanced technologies and features such as 100G Ethernet switches and the adoption of 802.11 ac standards. For instance, the 802.11ac standard brings opportunities to deliver high-performance and end-device capacity over wireless networks. This enables the enterprise network to support the increasing range of wireless end devices such as smartphones, tablets, new generations of machine-to-machine (M2M) devices, and the Internet of Things (IoT).
  • The market for corporate network devices is anticipated to grow in line with the trend of "bring your own device" (BYOD), which epitomizes the idea of any device used anywhere and is driving the demand for invasive wireless networks and mission-critical mobility applications.
  • According to the Consumer Technology Association, worldwide spending on smart city developments is anticipated to reach USD 34.35 billion by 2020. This significantly drives the market. Further, the rise of China's middle class, a distinctly urban phenomenon, lifted around 500 million people out of poverty in less than 30 years. It is a testament to cities' power to elevate living standards. China has approximately 500 smart city pilot projects, the highest in the world, covering big and small cities. This potentially demands the rise of network equipment in the coming period.
  • The network infrastructure market will be affected by the economic turbulence that has followed in the wake of Covid-19. The impact may be uneven across various sectors, geographies, and vertical industries across the market as the effects of the pandemic continues to play out.
  • Telecom network vendors such as Huawei, Samsung, Ericsson, Nokia, and ZTE are facing supply chain issues in the wake of the COVID-19 pandemic. However, equipment installation services will remain in demand despite COVID-19-related challenges, such as rolling out personnel to sites to install new equipment amid the pandemic. Telecom operators still need to deploy small cells, predominantly in urban markets and public venues, that leverage high-band spectrum and additional macros in the field, primarily on existing sites.

Enterprise Network Equipment Market Trends

Network Security is Growing Due to Data Security Concerns

  • The market's growth is attributed to the increasing cases of cyber thefts in banking and defense institutions. The growing complexity and diversity of cyber-attacks have driven the need among organizations to implement network security equipment to reduce the likelihood of large-scale data thefts.
  • Many organizations are reaching for more robust cybersecurity strategies apart from implementing traditional firewalls and controlling user access. This creates an excellent opportunity for developers to bring new defense approaches to the table. Incorporating AI to develop intuitive, efficient systems will allow businesses to use smart machine capabilities to detect threats early and use proactive strategies in defending their information.
  • Due to the rapidly increasing growth of digital organizations, IT professionals consider the lack of visibility as one of the biggest challenges being faced in addressing network threats. Most organizations recognize how critical it is to constantly monitor their network across all users, applications, and devices. Organizations are implementing networking and security teams to work more closely and leverage network infrastructure to extend visibility everywhere and avoid data breaches or cybersecurity threats.
  • Additionally, the growing popularity of IoT and BYOD trends has also resulted in the growth of cyber-crimes, forcing organizations to use network security solutions. The rise in connected devices in the region has made enterprise networks more complex. The evolving network landscape has generated the need among enterprises to reassess their network security infrastructure and adopt robust network solutions.
  • Moreover, according to Cisco, 46% of network devices will be M2M or IoT in the upcoming years, which are vulnerable to attacks. To fully realize the potential of these connected devices, industries need to be equipped with WANs that are flexible to meet the network demands anticipated over the future.

North America is Expected to Have Significant Market Share

  • North America is expected to hold a prominent share of the enterprise network equipment market. Moreover, the region has a strong foothold of network equipment vendors. Some of them include Cisco Systems, Inc., Dell EMC, Juniper Networks, Inc., Extreme Networks, Inc., and Arista Networks, Inc., among others, which contribute to the growth of the market.
  • The vendors operating in the region are working on enterprise network equipment technologies to strengthen their product capabilities. An effective long-term work-from-home solution has to deliver a secure, enterprise-like experience that enhances efficiency, creativity, and productivity. Unlike solutions that use repurposed consumer network equipment, Aruba provides enterprise-class telework hardware coupled with plug-and-play installation, identity-based security, and cloud-native management for rapid, simple, and scalable deployment.
  • The emergence of trending technologies, such as cloud networking, SaaS-based application, network analytics, DevOps, and virtualization, has encouraged users and businesses in North America to undertake enterprise network equipment products. Also, the rising demand for cloud adoption, digital content, and new data sovereignty laws will further drive the North American region's network equipment market in the near future.
  • Also, the advances in automation technology cater to the IT sector's current business needs through smart networks and quick remediation, which continuously check the network and offer a resolution without involving any third-party application.
  • United States Department of Defense has invested a massive amount in modernizing its infrastructure in the past. Defense Systems Information Agency announced its plan to upgrade the Defense Information Systems Network (DISN) with 10 gigabits per second (Gbps) transport speeds to a 100 Gbps packet-optical transport system. Such investments are expected to boost the market.

Enterprise Network Equipment Industry Overview

The enterprise network equipment market is moderately competitive and consists of a few market players enjoying a significant market share. A few major players currently dominate the market in terms of market share. These market leaders with significant market shares are focusing on expanding their consumer base overseas. Network equipment should also meet the Restriction of Hazardous Substances (RoHS) directive from the European Union (EU), which makes limited numbers of suppliers meet such standards for enterprise use. These companies leverage strategic collaborative initiatives to increase their market share and profitability. The companies operating in the market are also acquiring start-ups working on enterprise network equipment technologies to strengthen their product capabilities

In March 2022, OneCloud CCaaS composable solutions from Avaya, a provider of solutions to improve and streamline communications and collaboration, and Alcatel-Lucent Enterprise (ALE), a global provider of communications, networking, and cloud solutions, announced a strategic partnership that expands the availability of ALE's digital networking solutions to Avaya customers globally.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview (Includes Assessment of Impact of COVID-19)
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Surging Bandwidth Requirements with IoT Prevalance
    • 4.2.2 Government Initiations in Emerging Economies to Develop Smart Cities
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Maintenance Cost Due to Security Concerns
  • 4.4 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.4.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.4.3 Threat of New Entrants
    • 4.4.4 Threat of Substitutes
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.5 Industry Value Chain Analysis

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Type
    • 5.1.1 Switches
    • 5.1.2 Routers
    • 5.1.3 WLAN
    • 5.1.4 Network Security
    • 5.1.5 Other Types
  • 5.2 Geography
    • 5.2.1 North America
      • 5.2.1.1 United States
      • 5.2.1.2 Canada
    • 5.2.2 Europe
      • 5.2.2.1 United Kingdom
      • 5.2.2.2 Germany
      • 5.2.2.3 France
      • 5.2.2.4 Rest of Europe
    • 5.2.3 Asia Pacific
      • 5.2.3.1 China
      • 5.2.3.2 India
      • 5.2.3.3 Japan
      • 5.2.3.4 Rest of Asia Pacific
    • 5.2.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Cisco Systems Inc.
    • 6.1.2 Aruba (Hewlett Packard Enterprise Development LP)
    • 6.1.3 Juniper Networks, Inc.
    • 6.1.4 Huawei Technologies Co. Ltd
    • 6.1.5 Dell EMC
    • 6.1.6 Extreme Networks, Inc.
    • 6.1.7 Arista Networks, Inc.
    • 6.1.8 Fortinet, Inc.
    • 6.1.9 Vmware, Inc.
    • 6.1.10 NetScout Systems, Inc.
    • 6.1.11 Palo Alto Networks, Inc.
    • 6.1.12 Check Point Software Technologies Ltd
    • 6.1.13 F5 Networks, Inc.
    • 6.1.14 New H3C Technologies Co. Ltd

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS