市場調査レポート
商品コード
1438338

持続血糖モニタリング(CGM):市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Continuous Glucose Monitoring (CGM) - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 118 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=157.89円
持続血糖モニタリング(CGM):市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 118 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

持続血糖モニタリング(CGM)の市場規模は、2024年に82億1,000万米ドルと推定され、2029年までに135億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に10.52%のCAGRで成長します。

持続血糖モニタリング(CGM)- 市場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、ウイルスによって引き起こされる生命を脅かす感染症です。新型コロナウイルスの影響で、世界的に持続血糖モニタリング(CGM)デバイス市場が増加しています。アメリカ疾病予防管理センターによると、米国では糖尿病患者の入院リスクが3倍、重症化リスクが2倍に増加しました。 2020年3月、米国食品医薬品局(FDA)は、主に病院での非侵襲的な血糖値モニタリング装置の利用を拡大する方針を発表しました。患者に接触せずに糖尿病患者を監視する病院を政府が支援して以来、病院でのCGMデバイスの使用はこの期間にわたって増加しました。COVID-19感染症のパンデミック中、世界的にはICUでのCGMデバイスの使用が増加しました。

持続血糖モニタリングデバイスは、1型および2型糖尿病患者がより少ない指での検査で糖尿病を管理できるようにします。これは、アプリを通じて血糖値を追跡するウェアラブルテクノロジーデバイスです。ほとんどのCGMデバイスは、1日を通じて5~10分ごとに測定を行います。 CGMデバイスには、グルコースデータをセンサーから受信機に転送するための無線送信機があります。

世界中の政府は、糖尿病患者や医療提供者に持続血糖監視装置の使用法について教育するプログラムを開発しました。ドイツ政府は、フラッシュ、スペクトラム、その他のプログラムという名前で「糖尿病ケアおよび教育の専門家」を通じて、糖尿病患者や他の医療提供者に持続血糖監視装置の使用方法を訓練するトレーニングを提供しています。韓国糖尿病看護教育者協会が韓国で実施した調査では、「持続血糖測定装置の使用方法に関する糖尿病教育プログラムにより、装置の使用が増加した」と述べられています。

持続血糖モニタリング(CGM)デバイスの啓発プログラムは世界中で実施されており、CGMデバイスの技術進歩により、予測期間のCGMデバイス市場が押し上げられます。

持続血糖モニタリング(CGM)市場動向

センサーは予測期間中に成長すると予想される

連続グルコース監視センサーは、グルコースオキシダーゼを使用して血糖値を検出します。グルコースオキシダーゼはグルコースを水素ペルオキシダーゼに変換し、これがセンサー内のプラチナと反応して、送信機に伝達される電気信号を生成します。センサーは、継続的な血糖値監視装置の最も重要な部分です。センサーの精度を向上させる技術の進歩により、予測期間中のセグメントの成長が促進されると予想されます。

COVID-19感染症のパンデミックにより、糖尿病患者の良好な血糖コントロールの必要性が強調されているが、その主な理由は、ほとんどの観察研究で、糖尿病のコントロールが不十分であると、ウイルス性疾患による入院や死亡のリスクが高まることが報告されているためです。 2021年 3月にDiabetes Technology &Therapeutics Journalに掲載されたJoost van der Lindenらによる調査結果によると、集団レベルのリアルタイム持続血糖モニタリング(rtCGM)が、時間的および地理的特異性を備えた血糖コントロールの変化をモニタリングするために使用されました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、航続可能時間(TIR)の改善に関連していますが、これは米国全体で均等に分布していませんでした。

糖尿病は世界的にその有病率の高さから広く懸念されており、その結果、医療機関、個人、政府の財政負担が増加しています。持続血糖モニタリングは、糖尿病患者の利便性を考慮して、市場で入手可能なポータブル指穿刺血糖計に代わる一般的な代替品となっています。 2021年 3月にIOP Science Journalに掲載されたZiyi Yuらによる調査結果によると、従来の電気化学ベースのグルコースセンサーから新しい光学式およびその他の電気グルコースセンサーまで、多種多様な有望なグルコースセンシング技術が開発されています。市場の成長にプラスの影響を与えます。

さらに、現在の持続血糖監視装置は、データをダウンロードすることで血糖値の動向を遡及的に表示したり、受信機のディスプレイを通じて血糖値のリアルタイム画像を表示したりすることができます。携帯電話統合などの新技術の出現により、継続的血糖値モニタリング装置が安価になり、予測期間中のセグメントの成長を促進すると考えられます。

市場関係者は、市場シェアを拡大するために、コラボレーション、パートナーシップ、合併、買収、拡大などのさまざまな戦略を採用しています。したがって、上記の要因により、予測期間中にセグメントの成長を促進すると予想されます。

北米がCGMデバイス市場を独占すると予想される

北米地域で市場の成長を推進している要因には、糖尿病の症例の増加、代替デバイスや新規デバイスの採用の増加、主要市場の存在に加えて、より大規模なレベルでこの疾患を管理するために国家政府がとっている取り組みが含まれます。選手たち。

時間の経過とともに、持続血糖モニター(CGM)は変化し、その精度、信頼性、使いやすさは目覚ましい進歩を遂げてきました。 CGMの主なタイプはリアルタイムCGMと断続的にスキャンされるCGMの2つですが、患者用のシステムを選択する際には、それらの間にいくつかの固有の違いがあることを考慮する必要があります。 1999年に米国食品医薬品局(FDA)がヘルスケア専門家による使用を目的とした最初の商用 CGMシステムを承認して以来、グルコースオキシダーゼをベースとしたCGMデバイスが提案されてきました。これにより、過去に収集したユーザーデータを調査・分析できるようになりました。

一般に、持続血糖モニタリング用の個人用機器と業務用機器の両方が市場で入手可能です。毎日、パーソナルCGMを必要とする人々がCGMを活用しています。耐久性のある受信機と送信機、および再利用可能なセンサーはどちらもパーソナルCGM業界全体の一部です。 10年以上前に米国市場に発売されて以来、パーソナルCGMデバイスは着実に成長し、大幅な技術進歩を遂げてきました。医師は、患者が数日間CGMセンサーを装着した後、リアルタイムのデータにアクセスできず、血糖の頻繁な自己モニタリングを遵守する必要がある遡及セッションで専門のCGMを採用します。耐久性のあるシステム、送信機、消耗品センサーはすべて、プロフェッショナルCGMの市場です。最高のセンサー精度を得るために、一部のCGMでは指先血糖値測定値の校正が必要です。ただし、AbbottのFreeStyle Libre(およびLibre 2)とDexcomのG6では、現時点ではフィンガースティックキャリブレーションは必要ありません。

したがって、上記の要因により、予測期間中に市場の成長を促進すると予想されます。

持続血糖モニタリング(CGM)業界の概要

持続血糖モニタリング(CGM)市場は統合されており、少数のプレーヤーが主要なシェアを占めており、競争力があります。市場の大部分を占めるCGMメーカーは、戦略に基づいたM&A業務を並行しており、新たな収益源を生み出し、既存の収益源を拡大するために常に新しい市場に参入しています。市場関係者が講じるこれらの措置により、マーケットプレースの競争が確保されるため、企業は製品の独自性を確保するために、より多くの新技術を実験する必要があります。また、市場における競合の影響の1つは、生産されるCGMユニットの平均販売価格が確実に確実に低下することです。また、企業は技術的なノウハウを高め、製品開発サイクルを短縮するために協力しています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • マーケットテクノロジー
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • コンポーネント
    • センサー
    • 耐久財(受信機と送信機)
  • エンドユーザー
    • 病院/自宅
    • ホーム/個人
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • 北米のその他の地域
    • 欧州
      • フランス
      • ドイツ
      • イタリア
      • スペイン
      • 英国
      • ロシア
      • その他欧州
    • ラテンアメリカ
      • メキシコ
      • ブラジル
      • その他ラテンアメリカ
    • アジア太平洋
      • 日本
      • 韓国
      • 中国
      • インド
      • オーストラリア
      • ベトナム
      • マレーシア
      • インドネシア
      • フィリピン
      • タイ
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • サウジアラビア
      • イラン
      • エジプト
      • オマーン
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott Laboratories
    • Dexcom, Inc.
    • A. Menarini Diagnostics
    • Echo Therapeutics, Inc.
    • GlySens Incorporated
    • Medtronic Plc
    • Senseonics Holdings, Inc.
    • Medtrum Technologies
    • Nemaura Medical, Inc
    • I-sense
  • 企業シェア分析

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 65527

The Continuous Glucose Monitoring Market size is estimated at USD 8.21 billion in 2024, and is expected to reach USD 13.54 billion by 2029, growing at a CAGR of 10.52% during the forecast period (2024-2029).

Continuous Glucose Monitoring (CGM) - Market

COVID-19 is a life-threatening infection caused by the virus. Globally due to COVID the Continuous Glucose Monitoring (CGM) devices market has increased. According to the Centers for Disease Control and Prevention, in the United States diabetes patient's hospitalization risk increased by threefold and the twofold risk of high severity. In March 2020, the United States Government Food and Drug Administration (FDA) issued a policy to expand the availability of noninvasive glucose monitoring devices mainly in hospitals. The usage of CGM devices in hospitals increased over the period since the governments supported the hospitals to monitor diabetes patients without contacting the patient. Globally, during the COVID-19 pandemic, the usage of CGM devices in ICUs has increased.

Continuous Glucose Monitoring Devices help type-1 and type-2 diabetes patients to manage their diabetes with lesser fingerstick tests. It is a wearable technology device to track glucose levels through apps. Most CGM devices take readings every five to ten minutes all day long. CGM devices have a wireless transmitter to transfer the glucose data from the sensor to the receiver.

Governments around the world developed programs to educate diabetes patients and health care providers about the usage of continuous glucose monitoring devices. The German government provides training through "Diabetes Care and Education Specialists" under the names Flash, Spectrum, and other programs to train diabetes patients as well as other health care providers on how to use continuous glucose monitoring devices. A study in Korea conducted by the Korean Association of Diabetes Nurse Educators stated that the "diabetes education program on how to use the Continuous Glucose Monitoring Devices increased the usage of devices".

Continuous Glucose Monitoring Devices awareness programs are conducted globally and the technological advancements in CGM devices boosting the CGM devices market in the forecast period.

Continuous Glucose Monitoring (CGM) Market Trends

Sensors are Expected to Witness Growth Over the Forecast Period

Continuous glucose monitoring sensors use glucose oxidase to detect blood sugar levels. Glucose oxidase converts glucose to hydrogen peroxidase, which reacts with the platinum inside the sensor, producing an electrical signal to be communicated to the transmitter. Sensors are the most important part of continuous glucose monitoring devices. Technological advancements to improve the accuracy of the sensors are expected to drive segment growth during the forecast period.

The COVID-19 pandemic emphasizes the need for good glycemic control in patients with diabetes, in large part because most observational studies have reported that poorly controlled diabetes is associated with a higher risk for hospitalization and death from the viral illness. According to a research study by Joost van der Linden et al., published in Diabetes Technology & Therapeutics Journal in March 2021, population-level real-time continuous glucose monitoring (rtCGM) was used to monitor changes in glycemic control with temporal and geographic specificity. The COVID-19 pandemic is associated with improvements in time-in-range (TIR), which were not evenly distributed across the United States.

Globally, diabetes mellitus has been of wide concern with its high global prevalence, resulting in increased financial burdens for clinical systems, individuals, and governments. Continuous glucose monitoring has become a popular alternative to the portable finger-prick glucometers available in the market for the convenience of diabetic patients. According to a research study by Ziyi Yu et al., published in IOP Science Journal in March 2021, a large variety of promising glucose-sensing technologies from traditional electrochemical-based glucose sensors to novel optical and other electrical glucose sensors has been developed which shows a positive impact on the market growth.

Furthermore, the current continuous glucose monitoring devices can either retrospectively display the trends in the levels of blood glucose by downloading the data or give a real-time picture of glucose levels through receiver displays. Continuous glucose monitoring devices are becoming cheaper with the advent of new technologies, like cell phone integration, which is likely to drive the segment growth during the forecast period.

The market players are adopting various strategies such as collaborations, partnerships, mergers, acquisitions, and expansions to increase market share. Thus, owing above-mentioned factors it is expected to drive the segment growth over the forecast period.

North America is Expected to Dominate the CGM Device Market

Some of the factors that are driving the market growth in the North American region include increasing cases of diabetes and efforts taken by the national government to manage the disease at a larger level along with rising adoption of alternate and novel devices and the presence of key market players.

Over time, continuous glucose monitors (CGMs) have changed, and there have been exhilarating advancements in their precision, dependability, and usability. Real-time and intermittently scanned CGMs are the two primary types of CGMs, but there are some unique variations between them that you might want to take into account when selecting a system for patients. Since 1999, when the U.S. Food and Drug Administration (FDA) approved the first commercial CGM system for use by healthcare professionals, glucose-oxidase-based CGM devices have been proposed. This has made it possible to examine and analyze user data collected in the past.

Generally, both personal and professional equipment are available on the market for continuous glucose monitoring. Every day, people who need personal CGMs utilize them. Durable receivers and transmitters as well as reusable sensors are both parts of the overall personal CGM industry. Since its release on the U.S. market more than ten years ago, personal CGM devices have grown steadily and undergone significant technological advancement. Doctors employ professional CGM's in retrospective sessions where a patient wears a CGM sensor for several days, unable to access the real-time data, and must adhere to frequent self-monitoring of blood glucose. Durable systems, transmitters, and consumable sensors are all markets for professional CGM. For the best sensor accuracy, several CGMs require fingerstick blood sugar reading calibrations; however, Abbott's FreeStyle Libre (and Libre 2) and Dexcom's G6 do not require fingerstick calibrations at this time.

Thus, owing to the above factors it is expected to drive the market growth over the forecast period.

Continuous Glucose Monitoring (CGM) Industry Overview

The Continuous Glucose Monitoring (CGM) Market is consolidated and competitive with few players accounting for a major share. A major share of the market is held by CGM manufacturers that are concomitant with strategy-based M&A operations and are constantly entering new markets to generate new revenue streams and boost existing ones. These measures taken by the market players will ensure a competitive marketplace, therefore, forcing the companies to experiment with more new technologies, to ensure uniqueness in their products. Also, one of the implications of the competition in the market is that it will ensure a constant decrease in the average selling price of the CGM units produced. Also, companies are collaborating to increase their technological know-how and to fasten the product development cycle.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
  • 4.3 Market Restraints
  • 4.4 Market Technologies
  • 4.5 Porter's Five Force Analysis
    • 4.5.1 Threat of New Entrants
    • 4.5.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.5.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.5.4 Threat of Substitute Products
    • 4.5.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Component
    • 5.1.1 Sensors
    • 5.1.2 Durables (Receivers and Transmitter)
  • 5.2 End User
    • 5.2.1 Hospital/Home
    • 5.2.2 Home/Personal
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Rest of North America
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 France
      • 5.3.2.2 Germany
      • 5.3.2.3 Italy
      • 5.3.2.4 Spain
      • 5.3.2.5 United Kingdom
      • 5.3.2.6 Russia
      • 5.3.2.7 Rest of Europe
    • 5.3.3 Latin America
      • 5.3.3.1 Mexico
      • 5.3.3.2 Brazil
      • 5.3.3.3 Rest of Latin America
    • 5.3.4 Asia-Pacific
      • 5.3.4.1 Japan
      • 5.3.4.2 South Korea
      • 5.3.4.3 China
      • 5.3.4.4 India
      • 5.3.4.5 Australia
      • 5.3.4.6 Vietnam
      • 5.3.4.7 Malaysia
      • 5.3.4.8 Indonesia
      • 5.3.4.9 Philippines
      • 5.3.4.10 Thailand
      • 5.3.4.11 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.5 Middle-East and Africa
      • 5.3.5.1 Saudi Arabia
      • 5.3.5.2 Iran
      • 5.3.5.3 Egypt
      • 5.3.5.4 Oman
      • 5.3.5.5 South Africa
      • 5.3.5.6 Rest of Middle-East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott Laboratories
    • 6.1.2 Dexcom, Inc.
    • 6.1.3 A. Menarini Diagnostics
    • 6.1.4 Echo Therapeutics, Inc.
    • 6.1.5 GlySens Incorporated
    • 6.1.6 Medtronic Plc
    • 6.1.7 Senseonics Holdings, Inc.
    • 6.1.8 Medtrum Technologies
    • 6.1.9 Nemaura Medical, Inc
    • 6.1.10 I-sense
  • 6.2 Company Share Analysis

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS