デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1438286

ロボットプロセスオートメーション:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Robotic Process Automation - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.31円
ロボットプロセスオートメーション:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

ロボットプロセスオートメーション(RPA)の市場規模は、2024年に40億2,000万米ドルと推定され、2029年までに147億5,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に29.70%のCAGRで成長します。

ロボットプロセスオートメーション- 市場

より大きな投資収益率(ROI)を生み出し、生産性を向上させるために、あらゆる規模の組織でRPAの導入が進んでいます。主要な市場プレーヤーは、増大する需要に対応するために、AI、機械学習、クラウドモデルに基づいた新しいロボティックプロセスオートメーション(RPA)ソリューションを発表しています。

主なハイライト

  • インテリジェントオートメーションまたはスマートオートメーションとしても知られるロボティックプロセスオートメーション(RPA)は、データ操作や反応の開始など、これまで人間の介入が必要だったさまざまなタスクを実行するようにプログラムできる最先端のテクノロジーの総称です。、他のプロセスやシステムとの必要な通信を確立します。市場のベンダーも、新しいデータAPIに加えて、自動化ライフサイクル管理、ワークロード管理、SLAベースの自動化、認証情報管理、Citrix自動化などの新機能を組み込むことで製品を改良しています。これらの改善により、より多くの運用機能とセキュリティ機能を必要とする新たな産業分野が呼び込まれています。
  • AI、機械学習、クラウドなどの最先端テクノロジーの利用の増加は、主にロボットプロセスオートメーション市場の成長を促進します。ビジネスプロセスを自動化し、ますます複雑化するデータを処理するためにRPAを導入する企業が増えています。企業は、ビジネスプロセスとワークフローを自動的に最適化するクラウドおよびAIベースのRPAソリューションを開発および導入しています。中小企業における内部効率化のための人工知能とクラウドベースのソリューションの採用の増加により、市場の成長が促進されています。 Vistageによると、AIを活用している中小企業の13.6%のうち、かなりの割合が業務改善にAIを利用しており、次いで顧客エンゲージメントを改善しています。
  • 顧客関係管理、クラウドコンピューティング、エンタープライズリソース管理、オープンソースリソース、協調ロボット学習、ネットワーク接続、その他の金融アプリケーションにおけるSaaS、IaaS、およびPaaSサービスの利用が拡大していることも、RPAソリューションの市場を生み出しています。 IT、通信、BFSI、ヘルスケア、小売などのさまざまなエンドユーザー業界におけるRPAの機能上の利点が、市場の拡大を促進しています。クラウドベースのソリューションへの傾向の高まりと、さまざまなエンドユーザー業界にわたるロボットベースのソリューションの成長により、世界中でロボットプロセスオートメーションの構築に新たな可能性が開かれることが予想されます。
  • RPAは生産量と収益を向上させますが、数百万米ドルの費用がかかる可能性のあるリスクにも直面します。ロボットによるプロセス自動化に関連する2つの重大なセキュリティ脅威は、データ損失と盗難です。適切なセキュリティ対策が講じられていない場合、RPAボットのパスワードやRPAで扱われる消費者データなどの機密データが攻撃者にさらされる可能性があり、市場が窒息する可能性があります。
  • COVID-19はロボットプロセスオートメーション市場に悪影響を及ぼし、自動プロセスオートメーションソリューションの利用増加と社会的距離の規範の強化により大幅な成長を遂げており、この傾向は間もなく続くことになります。また、各業界の企業で見られる人材不足は、今後2年間でRPAの導入にさらに影響を与えると予想されており、そのため、そのようなソリューションベンダーの需要が高まると考えられます。ソフトウェアロボットは、臨時労働者や季節労働者が行う通常業務の管理や、規制の急増、新製品の発売、新しい業務によるスタッフのピーク時の管理に使用され、業界は拡大し続けています。

ロボットプロセスオートメーションの市場動向

小売部門がRPA市場で大きなシェアを握る

  • 返品処理、ワークフロー管理、顧客サポート管理、会計と財務、ERP管理とマーケティング、消費者行動分析などは小売部門でのアプリケーションの一部であり、RPAは重要な役割を果たしています。特に小売業のような新興産業では、人間のタスクのほぼ半分を自動化することで、世界中の労働力で2兆米ドル以上を節約できると推定されています。
  • パンデミックによる在宅勤務の傾向によってもたらされた事業運営の調整の増加は、小売業界におけるロボットオートメーション市場の拡大の主要な推進力の1つです。業界はまた、コグニティブテクノロジーを使用し、組織全体で内部業務手順を変更することからも恩恵を受けています。
  • eコマース業界の急速な成長は、RPA市場の成長を促進する重要な要素です。米国のオンライン売上高は2023年までに倍増し、小売部門全体の約20~25%に達すると予想されています。商務省の国勢調査局によると、季節変動を調整した2022年第3四半期の米国の小売eコマース売上高の推定値は2,517億米ドルでした。英国(UK)内では、小売業が経済の形成に重要な役割を果たしており、300万人近くが雇用されています。
  • 小売業界のプレーヤーは、より多くの顧客を引き付けて関与させるための革新的な手法を採用するとともに、小売自動化のための新しいテクノロジーを使用してプロセスを円滑化し、さまざまな課題に対処するために成長の勢いを獲得してきました。倉庫数の増加により、小売業界ではロボットによるプロセスオートメーションを使用してタスクをより効率的かつ効果的に実行するようになってきています。 Zebra Technologiesによる小売業界の動向に関する調査では、小売業者の約75%が2023年までにすべての重要な機能にわたって自動化を導入すると予想されていることが明らかになりました。

米国がかなりの市場シェアを保持すると予想される

  • ロボット工学の導入における主要なイノベーターおよびパイオニアの中でも、米国は最大の市場の1つです。この地域でのロボットの利用は増え続けており、米国企業の競争力向上に貢献し、新たな雇用の増加につながっています。さらに、ロボット産業協会(RIA)によると、産業用ロボットの年初来の成長の最も重要な原動力は、自動車OEMがプロセスオートメーションのために購入したユニットの83%増加でした。
  • オートメーション推進協会によると、2010年以来18万台を超えるロボットがさまざまなアメリカ企業に派遣され、この間に120万人以上の新たな製造業の雇用が創出されました。 MITによると、米国の産業用ロボットの需要のかなりの部分を自動車製造が占め、次いで電子、プラスチック、化学製造が続いています。これにより、ロボットプロセスオートメーション(RPA)の成長が促進されると予想されます。
  • さまざまな業界でのRPAの導入を促進するための政府および規制当局による取り組みの増加により、予測期間中の市場の成長が促進されると予想されます。 UiPathによると、この地域の30以上の政府機関が同社のRPAを使用して、コンプライアンス問題を排除し、スループットを向上させ、バックログを削減しています。
  • いくつかの政府機関や非公開会社は、プロセスを自動化するための会話型RPAチャットボットの作成に投資しています。たとえば、米国科学財団(NSF)組織は、メッセージを自動化し、今後の公開会議について人々に通知するのに役立つRPAボットを作成しました。 NSF組織は年間数千回の会議を開催しているため、RPAボットは管理スタッフの25,000時間以上の節約に役立ちます。

ロボットプロセスオートメーション業界の概要

ロボットプロセスオートメーション市場は、Automation Anywhere Inc、Jafada、Kofaxなどの少数のプレーヤーで低統合化されており、大企業のさまざまな買収や提携が間もなく行われることが予想されます。この市場における主な発展の一部は次のとおりです。

  • 2022年 11月、小売フルフィルメントオートメーション会社であるFabricと、新しいコミュニケーションチャネルとデジタルメディアを専門とするReplyは戦略的パートナーシップを締結し、ブランドと小売業者に倉庫管理システムと自動化されたシングルポイントソリューションへのシームレスな統合を提供しました。ロボットによる充実感。
  • 2022年 10月、ロボットプロセスオートメーションベンダーであるAutomation Anywhereは、プロセス検出とドキュメント処理のための新しいロボットプロセスオートメーションツールを備えたAutomation Success Platformを発表しました。この成功したプラットフォームにより、企業は業務運営のあらゆる側面を自動化できます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 消費者の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
    • 代替品の脅威
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の業界への影響
  • 市場促進要因
    • 小売部門がRPA市場で大きなシェアを握る
    • 中小企業の内部効率化のためのAIおよびクラウドベースのソリューションの導入
  • 市場抑制要因
    • データセキュリティに関する懸念

第5章 市場セグメンテーション

  • 展開別
    • オンプレミス
    • クラウド
  • ソリューション別
    • ソフトウェア
    • サービス
  • 企業の規模別
    • 中小企業
    • 大企業
  • エンドユーザー業界別
    • ITとテレコム
    • BFSI
    • ヘルスケア
    • 小売り
    • 製造業
    • その他のエンドユーザー産業
  • 地域別
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋地域
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Automation Anywhere Inc.
    • Blue Prism Group PLC
    • Jacada Inc.
    • Pegasystems Inc.
    • UIPath Inc.
    • Kofax Inc.(Thoma Bravo LLC)
    • Be Informed BV(Hoogenberg Beheer BV)
    • Datamatics Global Services Limited
    • AutomationEdge Technologies Inc.
    • Jidoka
    • HelpSystems LLC(HGGC)
    • Nice Robotic Automation Ltd
    • CGI Inc.

第7章 投資分析

第8章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 65020

The Robotic Process Automation Market size is estimated at USD 4.02 billion in 2024, and is expected to reach USD 14.75 billion by 2029, growing at a CAGR of 29.70% during the forecast period (2024-2029).

Robotic Process Automation - Market

RPA adoption is increasing across organizations of all sizes to generate greater Return on Investment (ROI) and boost productivity. Major market players are launching new Robotic Process Automation (RPA) solutions based on AI, machine learning, and cloud models to help meet the increasing demand.

Key Highlights

  • Robotic process automation (RPA), also known as intelligent automation or smart automation, is a general term for cutting-edge technologies that can be programmed to carry out a variety of tasks that previously required human intervention, such as data manipulation, setting off reactions, and establishing necessary communication with other processes and systems. Vendors in the market are also improving their products by including new capabilities like automation lifecycle management, workload management, SLA-based automation, credential management, and Citrix automation, in addition to new data APIs. These improvements are drawing in new sectors of industry that require more operational and security capabilities.
  • The rising use of cutting-edge technologies like AI, machine learning, and the cloud will primarily fuel the robotic process automation market growth. More and more businesses are adopting RPA to automate business processes and handle increasingly complex data. Companies are developing and deploying cloud and AI-based RPA solutions to automatically optimize business processes and workflow. The increase in the adoption of Artificial Intelligence and cloud-based solutions for internal efficiency among SMEs is thriving the market growth. According to Vistage, among the 13.6% of SMBs leveraging AI, a significant share is using it to improve business operations, followed by customer engagement.
  • The expanding use of SaaS, IaaS, and PaaS services for customer relationship management, cloud computing, enterprise resource management, open source resources, cooperative robot learning, network connectivity, and other financial applications is also creating a market for RPA solutions. RPA's functional advantages in various end-user industries, including IT and telecom, BFSI, healthcare, and retail, fuel the market's expansion. It is anticipated that the growing trend toward cloud-based solutions and the growth of robot-based solutions across a range of end-user industries will open up new potential for the construction of robotic process automation worldwide.
  • RPA boosts output and revenue but also confronts risks that could cost millions. Two significant security threats associated with robotic process automation are data loss and theft. If the proper security measures are not in place, sensitive data, such as RPA bot passwords or consumer data handled by RPA, may be exposed to attackers, which could stifle the market.
  • COVID-19 has negatively impacted the robotic process automation market and witnessed significant growth, owing to an increased usage of automated process automation solutions and increased social distancing norms, which will continue soon. Also, the human resource crunch observed by enterprises in industries is expected to further influence the adoption of RPA during the next two years, thus, driving the demand for such solution vendors. The industry continues to expand as software robots are used to manage regular tasks performed by temporary or seasonal workers and for staff peaks caused by regulatory spikes, new product launches, or new operations.

Robotic Process Automation Market Trends

Retail Sector to hold major share in RPA Market

  • Returns processing, workflow management, customer support management, accounting and finance, ERP management and marketing, and consumer behavior analysis are some of the applications in the retail sector, with RPA playing an important role. It has been estimated that more than USD 2 trillion can be saved in a global workforce by automating almost half of human tasks, especially in an emerging industry like retail.
  • The rise in business operational adjustments brought on by the pandemic-induced work-from-home trend is one of the major drivers of the robotic automation market expansion in the retail industry. The industry also benefits from using cognitive technologies and modifying internal business procedures across organizations.
  • Rapid growth in the e-commerce industry is an essential factor adding to the growth of the RPA market. Online sales in the United States are expected to double, by 2023, reaching approximately 20 to 25% of the overall retail sector. According to The Census Bureau of the Department of Commerce, the estimate of US retail e-commerce sales for the third quarter of 2022, adjusted for seasonal variation, was USD 251.7 billion. Within the United Kingdom (UK), retail plays a vital role in shaping the economy and employs nearly 3 million people.
  • Along with adopting innovative practices to attract and engage more customers, the players in the retail industry have been using newer technologies for retail automation to smoothen their processes and gaining a growth momentum to counter various challenges. The growing number of warehouses is making the retail sector use robotic process automation to do tasks more efficiently and effectively. A study by Zebra Technologies on the trends in the retail industry revealed that around 75% of retailers are expected to adopt automation across all critical functions by 2023.

United States Expected to Hold Significant Market Share

  • Among the leading innovators and pioneers in adopting robotics, The United States is one of the largest markets. Robot use in the region continues to grow, helping make US companies more competitive and leading to new job growth. Further, according to the Robotic Industries Association (RIA), the most significant driver of the year-to-date growth of industrial robots was an 83% increase in units purchased by automotive OEMs for process automation.
  • According to the Association for Advancing Automation, over 180,000 robots have been dispatched to various American companies since 2010, and more than 1.2 million new manufacturing jobs have been created during this time. According to MIT, automotive manufacturing accounted for a significant portion of the demand for industrial robots in the United States, followed by electronic, plastics, and chemical manufacturing. It is anticipated to augment robotic process automation (RPA) growth.
  • The increasing initiatives by the government and regulated authorities to boost the adoption of RPA across various industries are expected to fuel market growth over the forecast period. According to UiPath, more than 30 agencies in the region are using its RPA to eliminate compliance issues, improve throughput, and reduce their backlogs.
  • Several government organizations and private companies are investing in creating conversational RPA chatbots for automating their processes. For instance, the National Science Foundation (NSF) Organization has created an RPA bot that automates messages and helps to remind people about upcoming public meetings. Since the NSF organization holds several thousand meetings annually, and the RPA bot helps save over 25,000 hours for the administrative staff.

Robotic Process Automation Industry Overview

The robotic process automation market is low consolidated with a few players such as Automation Anywhere Inc, Jafada, Kofax, etc., as various acquisitions and collaborations of large companies are expected to occur shortly. Some of the Key developments in this market are:

  • In November 2022, Fabric, a retail fulfillment automation company, and Reply, which specializes in new communications channels and digital media, entered into a strategic partnership to offer brands and retailers seamless integration to a single-point solution for a warehouse management system and automated robotic fulfillment.
  • In October 2022, Automation Anywhere, a robotic process automation vendor, unveiled its Automation Success Platform with new robotic process automation tools for process discovery and document processing. This successful platform lets enterprises automate all aspects of their business operations.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - Porter Five Forces
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Consumers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.2.5 Threat of Substitutes
  • 4.3 Impact of COVID-19 on the industry
  • 4.4 Market Drivers
    • 4.4.1 Retail Sector to hold major share in RPA Market
    • 4.4.2 Adoption of AI- and Cloud-based Solutions for Internal Efficiency among SMEs
  • 4.5 Market Restraints
    • 4.5.1 Data Security Concerns

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 Deployment
    • 5.1.1 On-premise
    • 5.1.2 Cloud
  • 5.2 Solution
    • 5.2.1 Software
    • 5.2.2 Service
  • 5.3 Size of Enterprise
    • 5.3.1 Small and Medium Enterprises
    • 5.3.2 Large Enterprises
  • 5.4 End User Industry
    • 5.4.1 IT and Telecom
    • 5.4.2 BFSI
    • 5.4.3 Healthcare
    • 5.4.4 Retail
    • 5.4.5 Manufacturing
    • 5.4.6 Other End User Industries
  • 5.5 Geography
    • 5.5.1 North America
    • 5.5.2 Europe
    • 5.5.3 Asia Pacific
    • 5.5.4 Latin America
    • 5.5.5 Middle East and Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles*
    • 6.1.1 Automation Anywhere Inc.
    • 6.1.2 Blue Prism Group PLC
    • 6.1.3 Jacada Inc.
    • 6.1.4 Pegasystems Inc.
    • 6.1.5 UIPath Inc.
    • 6.1.6 Kofax Inc. (Thoma Bravo LLC)
    • 6.1.7 Be Informed BV (Hoogenberg Beheer BV)
    • 6.1.8 Datamatics Global Services Limited
    • 6.1.9 AutomationEdge Technologies Inc.
    • 6.1.10 Jidoka
    • 6.1.11 HelpSystems LLC (HGGC)
    • 6.1.12 Nice Robotic Automation Ltd
    • 6.1.13 CGI Inc.

7 INVESTMENT ANALYSIS

8 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS