デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1438104

5Gインフラストラクチャ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

5G Infrastructure - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 168 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=160.88円
5Gインフラストラクチャ:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 168 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

5Gインフラストラクチャ市場規模は2024年に98億7,000万米ドルと推定され、2029年までに690億1,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に47.51%のCAGRで成長します。

5Gインフラストラクチャ- 市場

主なハイライト

  • 市場は、5Gの展開やIoT、スマートシティなどの新技術の進歩に向けた政府の取り組みによって牽引されており、市場プレーヤーは市場シェアを獲得するために新しいサービス/ソリューションを開発するよう促されています。
  • 5Gテクノロジーは、情報の受信と送信の間の遅延である遅延率を大幅に低減します。このエンドツーエンドの遅延の減少により、ユーザーエクスペリエンスが向上し、革新的なユースケースの新たな機会が生まれます。また、5Gネットワークアーキテクチャの細分化であるUltra-Reliable Low Latency Communications(URLLC)の動向もあり、データ転送の効率的なスケジューリングを可能にし、ファクトリーオートメーション、産業用インターネット、スマートグリッドなどのアプリケーション全体にわたるさまざまな高度なサービスに対応します。自動運転やロボット手術など。したがって、上記のアプリケーション間でのより低い遅延率に対する需要が、世界の5Gインフラストラクチャ市場の成長を大幅に押し上げています。
  • GSMAインテリジェンスモバイルエコノミーレポート 2023によると、5Gは継続的な導入と導入を基盤として、将来のモバイルイノベーションとサービスを支えることになります。 5G導入率は今年 17%に達し、2030年までに54%(53億接続に相当)に達すると予想されます。このテクノロジーは2030年に世界経済に約1兆米ドルを追加し、その恩恵があらゆる業界に広がります。 5G導入のこのような大幅な増加は、調査対象の市場を推進するでしょう。
  • さらに、スマートシティでは、5Gテクノロジーは公共のセキュリティと安全性を大幅に強化する可能性があります。スマートシティシステムは、高速で応答性の高い5Gネットワークを使用して、ビデオセキュリティカメラ、インテリジェント信号機、その他のIoTデバイスなどの複数のソースから大量のデータを収集して分析できます。たとえば、ラスベガスは3つのパイロットプロジェクトをテストしており、政府は2025年までに都市全体を接続する方法を見つけるために5億米ドルを割り当てています。政府が着手するスマートシティプロジェクトの数の増加は、5Gインフラストラクチャの需要に影響を与えます。
  • 5Gネットワークの展開には、新しい基地局、スモールセル、光ファイバーケーブルの設置など、多額のインフラ投資が必要です。前世代のセルラーネットワークと比較して、5Gインフラストラクチャの導入には、セルサイズの縮小とネットワーク容量の増加に依存するため、より高密度のネットワークアーキテクチャが必要になります。この高密度化により、インフラストラクチャ要件と全体的な資本支出が増加し、ネットワークオペレータやサービスプロバイダーの初期コストが高額になります。これは市場の成長に課題をもたらすと予想されます。
  • 電気通信事業者は、パンデミック中にいくつかの国で5G接続の提供を拡大しました。たとえば、2021年 3月、フィリピンに本拠を置くグローブテレコムは、中東およびアジアの他の国への5Gローミングの展開を加速すると発表しました。グローブは、シンガポールのシングテル、香港のCSL、クウェートのオールドゥの訪問顧客に5G接続を開放する予定です。ポストパンデミック時代には、市場はさらなる成長が見込まれています。

5Gインフラストラクチャ市場の動向

5G無線アクセスネットワークは主要な市場シェアを保持すると予想される

  • RANは、無線デバイス全体に無線アクセスネットワークリソースを提供します。コアネットワーク内のシリコンチップとユーザー機器によって、RANの機能が実現されます。無線アクセスネットワーク(RAN)には、基地局、アンテナ、マクロセル、およびスモールセルが含まれます。 5Gは、5Gコアネットワークを介するか、5G RANを4Gネットワークに接続する2つの方法で導入できます。
  • 5Gへの移行は、より高い帯域幅とより低い遅延を可能にするため、重要な要素となっています。クラウド RANとオープンインターフェイスによって実現されるRANの分離により、通信事業者はより広範なエコシステムの恩恵を受けることができます。
  • エリクソンによると、5G加入者数は2022年から2023年にかけて世界的に増加し、5億5,000万件以上から16億7,000万件以上に増加すると予想されています。さらに、GSMAによると、GCC諸国での5Gの使用率は、主に政府とモバイルテクノロジーパートナーの支援を受けて推進するモバイル通信事業者によって、2025年までに世界平均(15%)よりわずかに高くなる(顧客の5G導入率は16%)と予想されています。さらに、中東および北アフリカ地域の5G加入数は1億2,962万件に達すると予想されています。 5G加入者数のこのような大幅な増加は市場を牽引するでしょう。
  • したがって、主要な大手通信事業者は、RAN分離とオープンソリューションに関する情報(RFI)を要求します。これは、RANのさまざまな部分に最適なソリューションを柔軟に選択できるためです。たとえば、仮想ベースバンドユニット(BBU)用のエッジサーバーを使用して、エッジクラウドおよびRAN内でアプリケーションを実行し、遅延を短縮することもできます。 5G NRと仮想化RANアーキテクチャの融合により、低遅延サービスとIoTサービスの新たな機会が開かれることが期待されています。
  • アジア太平洋地域の先進国と新興経済諸国におけるパートナーシップの拡大は、市場の成長率を高めるために分析されています。たとえば、2022年 12月に、NTT DOCOMOオープン無線アクセスネットワーク Open RAN拡張計画を支援するために、SAMSUNG Electronicsはさまざまな5G無線を提供すると発表しました。ドコモでの現在の3.4 GHz無線サポートに加えて、サムスンは3.7 GHz、4.5 GHz、および28 GHzの周波数範囲の新しい無線を追加しています。この無線は、NTTドコモのオープン無線アクセスネットワーク(O-RAN)拡張をサポートし、通信事業者が保有するすべての時分割二重(TDD)スペクトル帯域をカバーします。サムスンが日本での通信範囲を拡大するにつれ、NTTドコモは保有する周波数帯を活用することで、多様な5Gネットワークを構築し、日本中の消費者や企業に強化されたサービスを提供できるようになります。 NTT DOCOMOの商用ネットワーク環境では、これらの新しい無線機とさまざまなサプライヤーのベースバンドとの相互運用性テストも実施されました。

アジア太平洋地域が市場を独占すると予想される

  • アジア太平洋地域では、5Gインフラストラクチャへの投資が拡大しています。中国は米国をも引き離し、5G技術への最大の投資国の一つです。したがって、5Gインフラストラクチャベンダーにとっても重要な市場の1つです。中国政府、通信事業者、ベンダーによるできるだけ早く5Gを導入する取り組みが強化されており、調査対象市場への投資が増加しています。この国には、ファーウェイのような最大手の通信 5Gインフラストラクチャプロバイダーもいくつかあります。しかし、米中貿易戦争により、過去2年間に一部の電子機器分野の輸出が低迷しました。
  • GSMAによると、2025年までに中国のモバイルユーザーの40~50%が5Gを使用する可能性があります。この国は、ネットワークコンバージェンス、ネットワーク仮想化、ネットワークスライシングの点でさらに進歩しています。政府はまた、4Gネットワークを5Gに進化させるのではなく、地上から5Gネットワークを構築することを理由に、初期の5G導入の一部としてスタンドアロンを含め始めました。これにより、この地域で調査対象となっている市場の成長が可能になります。
  • 5Gの確立は日本政府にとって最優先事項です。総務省(MIC)は5Gの主導機関です。 4社が総務省に5Gネットワークの整備計画を提出しました。 4つの計画はすべて、都市部と農村部の両方のニーズに焦点を当てるなどの特定の条件に基づいて承認されました。 5Gサービスを提供するために適切かつ十分な光ファイバーを維持します。サプライチェーンリスクへの対策を含む適切なサイバーセキュリティ対策を講じます。
  • 韓国科学情報通信省によると、2023年 3月時点で、韓国の5G加入者は約2,960万人です。このような膨大な数の5G加入者は調査対象市場の需要を促進し、市場関係者が顧客の幅広いニーズに応えて市場シェアを獲得するための新しいソリューションを開発できるようになります。
  • その他アジア太平洋地域地域としては、ベトナム、タイ、インドネシアなどが考えられます。市場で起こっている発展、スマートシティに向けた取り組みの高まり、新技術の開発により、アジア太平洋地域の他の地域でも調査対象市場の需要が促進されると予想されます。

5Gインフラストラクチャ業界の概要

調査された市場における競争企業間の敵対関係の激しさは高く、それは予測期間中同じままであると予想されます。調査対象の市場は、かなり競争の激しい市場空間で注目を集めようと争う複数の世界的プレーヤーで構成されています。主要ベンダーには、Cisco Systems Inc.、Hewlett Packard Enterprise Development LP、MavenirSystems Inc.、NEC Corporation、Nokia Corporation、Oracle Corporation、Qualcomm Technologies Inc.などが含まれます。さらに多くの企業が、さまざまなエンドユーザーや地域で非常に好まれている5Gインフラストラクチャプロバイダーです。いくつかの企業がこの市場を世界的に拡大する有利な機会として注目しているため、企業集中率は予測期間中により高い成長を記録すると予想されます。

  • 2023年 2月-Nokiaは、ITインフラストラクチャ会社Kyndrylとのプライベート 5Gパートナーシップをさらに3年間延長しました。両社は共同声明で延長を発表し、LTE、5Gプライベート無線サービス、インダストリー4.0ソリューションの開発と世界中の顧客への提供に注力すると述べた。
  • 2023年 2月-NEC CorporationとADVAは、インドネシア最大の固定ネットワーク事業者であるTelkom Indiaに時刻同期ソリューションを共同展開し、同事業者が時間に敏感な5Gサービスを全国に提供するためのトランスポートネットワークの準備を支援します。超低遅延アプリケーションの提供などの新しいサービスの収益化は、携帯電話事業者にとって5G時代の勢いを高めるために重要です。 Telkom Indiaのサービスを利用する携帯電話事業者やパートナーの予想される需要に応えるため、同社はトランスポートネットワークのタイミング精度を向上させています。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界のバリューチェーン分析
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
    • 代替製品の脅威
  • COVID-19が業界に与える影響の評価

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • さまざまなデバイスの関与によるマシンツーマシン/IoT接続の増加
    • モバイルデータサービスの需要の増加
  • 市場抑制要因
    • ネットワークアーキテクチャモデルの導入とスペクトルの課題による高額な初期設備投資
  • 5Gを推進する主なユースケース
    • 自動車
    • 産業用
    • 家電
    • ヘルスケア
    • エネルギーと公共事業
    • 公共インフラ
    • その他のユースケース

第6章 市場セグメンテーション

  • 通信インフラ別
    • 5G無線アクセスネットワーク
    • 5Gコアネットワーク
    • トランスポートネットワーク
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
    • 欧州
      • 英国
      • ドイツ
      • フランス
      • イタリア
      • その他欧州
    • アジア太平洋地域
      • 中国
      • 日本
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 世界のその他の地域

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Cisco Systems Inc.
    • Hewlett Packard Enterprise Development LP
    • Mavenir Systems Inc.
    • NEC Corporation
    • Nokia Corporation
    • Oracle Corporation
    • Qualcomm Technologies Inc.
    • Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • ZTE Corporation
    • Samsung Electronics Co. Ltd
    • Qucell Networks Co. Ltd
    • Huawei Technologies Co. Ltd
    • Airspan Networks Inc.
    • CommScope Holding Company Inc.

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 64247

The 5G Infrastructure Market size is estimated at USD 9.87 billion in 2024, and is expected to reach USD 69.01 billion by 2029, growing at a CAGR of 47.51% during the forecast period (2024-2029).

5G Infrastructure - Market

Key Highlights

  • The market is driven by government initiatives towards the deployment of 5G and advancement in new technologies like iot, smart cities, and many more, pushing the market players to develop new services/solutions to capture the market share.
  • 5G technology offers a significantly lower latency rate, the delay between receiving and sending information. This decrease in end-to-end latency improves user experiences and creates new opportunities for innovative use cases. Also, there is a trend of Ultra-Reliable Low Latency Communications (URLLC), a subdivision of 5G network architecture that enables efficient scheduling of data transfers and caters to various advanced services across applications such as factory automation, the industrial internet, smart grid, autonomous driving, and or robotic surgeries. Hence, demand for lower latency rates among applications above is significantly boosting the growth of the global 5G infrastructure market.
  • According to GSMA Intelligence Mobile Economy Report 2023, 5G will underpin future mobile innovation and services, building on ongoing deployments and adoption. 5G adoption will reach 17% this year, reaching 54% (equivalent to 5.3 billion connections) by 2030. The technology will add almost USD1 trillion to the global economy in 2030, spreading benefits across all industries. Such a huge rise in 5G adoption would drive the studied market.
  • Further, in smart cities, 5G technology has the potential to enhance public security and safety significantly. Smart city systems can gather and analyze massive volumes of data from several sources, including video security cameras, intelligent traffic lights, and other iot devices, using the fast and responsive 5G network. For instance, Las Vegas is testing three pilot projects, with the government allocating USD 500 million to find ways to connect the entire city by 2025. The increase in the number of smart city projects undertaken by governments influences the demand for 5G infrastructure.
  • The deployment of 5G networks requires significant infrastructure investments, including installing new base stations, small cells, and fiber optic cables. Compared to previous generations of cellular networks, 5G infrastructure deployment involves a denser network architecture due to its reliance on smaller cell sizes and increased network capacity. This densification increases the infrastructure requirements and overall capital expenditure, leading to high initial costs for network operators and service providers. This is expected to challenge the market's growth.
  • Telecom operators expanded the offering of their 5G connection for several countries during the pandemic. For instance, in March 2021, Philippines-based Globe Telecom announced that it would accelerate its 5G Roaming rollout to other countries in the Middle East and Asia. Globe is set to open its 5G connection to visiting customers of Singtel of Singapore, CSL Hong Kong, and Ooredoo of Kuwait. In the post-pandemic era, the market is expected to grow further.

5G Infrastructure Market Trends

5G Radio Access Networks Expected to Hold Major Market Share

  • RAN provides radio access network resources across wireless devices. Silicon chips in the core network, as well as the user equipment, enable the functionality of the RAN. A radio access network (RAN) encompasses base stations, antennas, macro cells, and small cells. 5G can be deployed in two ways, through a 5G core network or connecting a 5G RAN to a 4G network.
  • The migration to 5G has become a critical factor, as it will enable higher bandwidths, and lower latencies, to name a few. RAN disaggregation enabled by cloud RANs and open interfaces allows carriers to benefit from a wider ecosystem.
  • According to Ericsson, 5G subscriptions are expected to increase globally between 2022 and 2023, rising from over 0.55 billion to over 1.67 billion. Further, according to GSMA, the usage of 5G in GCC states will be slightly higher (16% customer 5G adoption) than the global average (15%) by 2025, mainly driven by governments and mobile operators with the support of mobile technology partners. Moreover, the number of 5G subscriptions is expected to reach 129.62 million in the Middle East and North African regions. Such a huge rise in 5G subscriptions would drive the market.
  • Therefore, major leading carriers request information (RFIs) for RAN disaggregation and open solutions. This is because they can have the flexibility to choose the best solutions for the different parts of the RAN. For instance, edge servers for virtualized baseband units (BBUs) can also be used to run applications within the edge cloud and RAN to reduce latency. The amalgamation of 5G NR with a virtualized RAN architecture is expected to open up new opportunities for low latency and IoT services.
  • The growing partnerships in developed and developing economies in Asia-Pacific are analyzed to bolster the market's growth rate. For instance, in December 2022, in support of the NTT DOCOMO Open Radio Access Network Open RAN expansion plans, SAMSUNG Electronics announced it would provide a range of 5G radios. In addition to its current 3.4GHz radio support in DoCoMo, Samsung is adding new radios with a 3.7Ghz, 4.5Ghz, and 28Ghz frequency range. The radios support NTT DoCoMo's open Radio Access Network (O-RAN) expansion and cover all of the Time Division Duplex (TDD) spectrum bands held by the operator. As Samsung expands its coverage in Japan, the ability of NTT DOCOMO to take advantage of its spectrum holdings will allow it to build a diverse 5G network and offer enhanced services for consumers and enterprises throughout Japan. In the commercial network environment of NTT DOCOMO, they have also carried out interoperability tests on these new radios with basebands from various suppliers.

Asia Pacific Expected to Dominate the Market

  • The Asia-Pacific region is witnessing growing investment in 5G infrastructure. China is one of the largest investors in 5G technology, even leaving behind the United States; hence, one of the significant markets for 5G infrastructure vendors too. The growing effort by the Chinese government, telecom operators, and vendors to deploy 5G as quickly as possible is bringing more investment into the market studied. The country also has some of the largest telecom 5G infrastructure providers, like Huawei. However, the US-China trade war has weakened the exports of some electronic segments in the last two years.
  • According to the GSMA, by 2025, 40-50% of China's mobile users may be using 5G. The country is gaining more in terms of network convergence, network virtualization, and network slicing. The government also started to include standalone as part of its initial 5G deployment, owing to building a 5G network from the ground rather than evolving a 4G network into a 5G. This would enable the growth of the studied market in the region.
  • The establishment of 5G is a high priority for the Japanese government. The Ministry of Internal Affairs and Communications (MIC) is the lead agency on 5G. Four companies submitted plans to MIC for the development of 5G networks. All four plans were approved based on certain conditions, including focusing on the needs of both urban and rural areas; maintaining appropriate and sufficient optical fibers to provide 5G service; and taking adequate cybersecurity measures, including measures against supply chain risks.
  • According to the Ministry of Science and ICT (South Korea), As of March 2023, South Korea had approximately 29.6 million 5G subscribers. Such a huge number of 5G subscribers would drive the demand for the studied market and enable the market players to develop new solutions to cater to a wide range of needs of customers and capture the market share.
  • The countries that are considered in the rest of Asia-Pacific are Vietnam, Thailand, and Indonesia, among others. The developments happening in the market, the rise in the initiatives towards smart cities, and the development of new technologies are expected to drive the demand for the studied market in the rest of the Asia-Pacific region.

5G Infrastructure Industry Overview

The intensity of competitive rivalry in the market studied is high, and it is expected to remain the same over the forecast period. The market studied comprises several global players vying for attention in a fairly contested market space. Major vendors include Cisco Systems Inc., Hewlett Packard Enterprise Development LP, MavenirSystems Inc., NEC Corporation, Nokia Corporation, Oracle Corporation, Qualcomm Technologies Inc., and many more. And many more are highly preferred 5G infrastructure providers across various end users and regions. The firm concentration ratio is expected to record higher growth during the forecast period because several firms are looking at this market as a lucrative opportunity to expand globally.

  • February 2023 - Nokia extended its private 5G partnership with IT infrastructure firm Kyndrylfor an additional three years. The two companies announced the extension in a joint statement, noting that the pair will focus on developing and delivering LTE, 5G private wireless services, and Industry 4.0 solutions to clients worldwide.
  • February 2023 - NEC Corporation and ADVA will jointly deploy time synchronization solutions for Telkom Indonesia, Indonesia's largest fixed network operator, to help the operator prepare its transport network to deliver time-sensitive 5G services across the country. New service monetization, such as providing ultra-low latency applications, is critical for mobile operators to build momentum in the 5G era. To meet the anticipated demands of mobile operators and partners using Telkom Indonesia's services, the company is enhancing the timing accuracy of its transport network.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Value Chain Analysis
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Intensity of Competitive Rivalry
    • 4.3.5 Threat of Substitute Products
  • 4.4 Assessment of Impact of COVID-19 on the Industry

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Increasing Machine-to-Machine/IoT Connections Due to Involvement of Various Devices
    • 5.1.2 Increase in Demand for Mobile Data Services
  • 5.2 Market Restraints
    • 5.2.1 High Initial Capital Expenditure due to Deployment of Network Architecture Model and Spectrum Challenges
  • 5.3 Key Use-Cases Driving 5G
    • 5.3.1 Automotive
    • 5.3.2 Industrial
    • 5.3.3 Consumer Electronics
    • 5.3.4 Healthcare
    • 5.3.5 Energy and Utilities
    • 5.3.6 Public Infrastructure
    • 5.3.7 Other Use Case

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Communication Infrastructure
    • 6.1.1 5G Radio Access Networks
    • 6.1.2 5G Core Networks
    • 6.1.3 Transport Networks
  • 6.2 By Geography
    • 6.2.1 North America
      • 6.2.1.1 United States
      • 6.2.1.2 Canada
    • 6.2.2 Europe
      • 6.2.2.1 United Kingdom
      • 6.2.2.2 Germany
      • 6.2.2.3 France
      • 6.2.2.4 Italy
      • 6.2.2.5 Rest of Europe
    • 6.2.3 Asia Pacific
      • 6.2.3.1 China
      • 6.2.3.2 Japan
      • 6.2.3.3 South Korea
      • 6.2.3.4 Rest of Asia Pacific
    • 6.2.4 Rest of the World

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Cisco Systems Inc.
    • 7.1.2 Hewlett Packard Enterprise Development LP
    • 7.1.3 Mavenir Systems Inc.
    • 7.1.4 NEC Corporation
    • 7.1.5 Nokia Corporation
    • 7.1.6 Oracle Corporation
    • 7.1.7 Qualcomm Technologies Inc.
    • 7.1.8 Telefonaktiebolaget LM Ericsson
    • 7.1.9 ZTE Corporation
    • 7.1.10 Samsung Electronics Co. Ltd
    • 7.1.11 Qucell Networks Co. Ltd
    • 7.1.12 Huawei Technologies Co. Ltd
    • 7.1.13 Airspan Networks Inc.
    • 7.1.14 CommScope Holding Company Inc.

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET