デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1438089

脳インプラント:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Brain Implants - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 114 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=154.36円
脳インプラント:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 114 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

脳インプラント市場規模は、2024年に73億5,000万米ドルと推定され、2029年までに122億米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に10.67%のCAGRで成長します。

脳インプラント-市場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、ほとんどの待機的手術や治療の中止や延期により、世界の脳インプラント市場の成長に大きな影響を与えました。 medRXiV(2021年)に掲載された調査論文によると、パーキンソン病患者におけるSARS-COV2ウイルス感染症の有病率は11.28%であることが判明しました。さらに、脳深部刺激を受けたパーキンソン病患者におけるCOVID-19症の罹患率は18.18%であることが判明しました。したがって、COVID-19感染症に罹患している患者は、入院中に神経障害を発症するリスクが高くなります。厳格なロックダウン制限とウイルス感染を封じ込めるために講じられた措置により、慢性的なストレスと神経疾患の負担が増大しました。これにより、神経内科外来サービスの緊急開設が増加しました。したがって、脳インプラント市場はパンデミック中に大きな影響を受けました。しかし、神経外科手術はパンデミックの間に進化しました。たとえば、2021年3月にシュプリンガー・ネイチャー・リミテッドに掲載された記事では、少なくとも欧州3か国におけるパンデミックの初期段階に対する脳神経外科界の対応により、高い治療水準と低い急性死亡率が維持されたと述べられています。同様に、2021年12月にFrontiers Media SAに掲載された別の記事では、パンデミックの進展に伴い、神経疾患および精神疾患を持つ患者に対する遠隔医療サービスの導入が劇的に拡大したと述べています。形式、スケジュール、プライバシー、償還に関する懸念にもかかわらず、移行は比較的スムーズで、患者の満足度を裏付ける多数の報告がありました。したがって、手術の正常化と新しい方法のイントロダクション、市場の成長が促進されると予想されます。

脳インプラント市場の成長の主な要因には、高齢化人口の増加、神経疾患の有病率の増加、およびデバイスの技術進歩が含まれます。アルツハイマー病、てんかん、パーキンソン病、うつ病、本態性振戦などの神経疾患の症例数の増加により、脳インプラントの需要が高まることが予想されます。 Parkinson's News Today 2021によると、世界中で推定700万人から1,000万人がパーキンソン病を患っており、約60,000人のアメリカ人がこの疾患と診断されており、今後の増加が期待されています。同様に、パーキンソン病財団の2020年版によると、2030年までに米国で約120万人がパーキンソン病に苦しむと推定されています。脳インプラントにより、パーキンソン病患者の慢性的な痛みを緩和し、体の動きを改善する薬剤の必要性が軽減される可能性があります。またはその他の神経疾患。

高齢者人口の増加により、いくつかの神経疾患も発生しやすくなります。世界保健機関(WHO)の2021年 10月の最新情報によると、2030年までに世界の約6人に1人が60歳以上となり、2050年までに世界の60歳以上の人口の3分の2が低い環境で暮らすことになります。そして中所得国。このような中所得国では、現在のインフラではケアや常時監視を提供することができず、そのような地域では脳インプラントがそれを提供できる可能性があります。したがって、高齢者人口の増加により、脳インプラント市場は予測期間中に大幅な成長を記録すると予想されます。

さらに、主要な市場プレーヤーによるコラボレーションは、調査と開発の相乗効果と、プログラムの成功率を高める必要な投資を提供するため、市場の成長を促進すると予想されます。たとえば、2022年4月、クイーンズランド脳研究所(QBI)とニューロサイエンス・クイーンズランドおよびアボット・ニューロモジュレーションとの共同プロジェクトは、脳インプラント技術にワイヤレス技術を使用し、患者が世界中のどこからでも治療にアクセスできるようにする遠隔治療プラットフォームを開発しました。この新しい技術は、脳内インプラントなどの脳読み取り装置の開発につながります。したがって、神経疾患の有病率の増加やコラボレーションなどの上記の要因により、予測期間中に市場の成長が増加すると予想されます。ただし、デバイスのコストが高く、発展途上地域および低開発地域での普及率が低いため、市場の成長が妨げられると予想されます。

脳インプラント市場動向

アルツハイマー病は、予測期間中に脳インプラント市場で大幅な成長を維持すると予想されます

アルツハイマー病は、患者の記憶に影響を及ぼし、時間の経過とともに悪化することが多い神経疾患です。アルツハイマー病の有病率の増加と助成金などの取り組みの増加などの要因により、市場の成長が高まると予想されます。アルツハイマー病の発生率は絶えず増加しており、今後数十年にわたって増加し続けると予想されています。アルツハイマー病協会の2021年報告書「アルツハイマー病の事実と数字」では、2021年の米国では推定620万人の65歳以上のアメリカ人がアルツハイマー型認知症を抱えて暮らしていると述べた。 2050年までに、65歳以上のアルツハイマー型認知症患者の数は1,270万人に増加すると予測されています。 2021年 9月に発行された世界アルツハイマー報告書によると、世界中で5,500万人以上が認知症を抱えて暮らしています。これは、2030年までに7,800万人に達すると予測されています。すべての認知症疾患のうち、症例の60~70%がアルツハイマー病です。さまざまな調査研究により、アルツハイマー病に対する脳インプラントの影響についての洞察が得られます。たとえば、2022年 11月にJournal of Neural Engineeringに掲載された研究では、チームが87.4%~97.6%の感度で発作事象を検出できる深層学習手法を開発したと述べられています。研究チームは、そのような治療法のアルツハイマー病への応用にも取り組んでいます。「睡眠障害はアルツハイマー病と関連しており、多くの人がさまざまなレベルの睡眠障害に苦しんでいます。したがって、脳インプラントはアルツハイマー病患者の認知機能を改善する可能性があり、これがアルツハイマー病患者が脳インプラント手術を好む理由です。したがって、アルツハイマー病患者の増加は、予測期間中に脳インプラント市場を牽引すると予想されます。

さらに、アルツハイマー病に関連する調査への助成金の増加も市場成長のもう1つの要因です。 2021年4月、政府はブラウン大学に3,000万米ドルを投資し、アルツハイマー病の早期発見と治療に焦点を当てた世界クラスの調査プログラムを構築するための新しいアルツハイマー病研究センターを設立しました。 2021年 1月、コグニートセラピューティクスは、アルツハイマー病の記憶および認知症状を治療するための神経刺激装置として、米国食品医薬品局(FDA)から画期的な装置の指定を受けました。したがって、アルツハイマー病の高い発生率と投資の増加は、予測期間中のこのセグメントの大幅な成長に役立つと予想されます。

北米地域は予測期間中に脳インプラント市場でかなりの市場シェアを保持すると予想される

北米は脳インプラント市場で大きなシェアを占めています。予測期間中も大きな変動はなく、同様の傾向を示すと予想されます。この国のヘルスケア施設は最高水準であり、地域の人口の大多数が手頃な価格でヘルスケアを受けられるようにする有利な政策のおかげで、多くの人々が利用できます。この要素は、全国でより高い販売率を得るのに役立ちます。さまざまな神経疾患の有病率と発生率の増加は、脳インプラントに対する市場需要の大きな可能性を示しています。アルツハイマー病協会による2022年のアルツハイマー病の事実と数値報告書によると、2022年には65歳以上のアメリカ人 650万人がアルツハイマー型認知症を抱えていると推定されています。また、65歳以上の約9人に1人がアルツハイマー型認知症です。同様に、アルツハイマー病協会の2022年の報告書によれば、メキシコにおける過去1年間のアルツハイマー関連死亡者数は43,000人であると予測されていますが、2025年までに最大53,000人に達すると予想されています。病気の影響により、脳インプラントを含む神経学的治療の需要が生じており、国内の製品製造会社の数が増加すると予想されています。神経疾患の症例数の増加により、北米地域、特に米国の市場は今後数年間で安定した成長が見込まれています。

さらに、脳インプラントの承認により、市場の成長が加速すると予想されます。脳インプラントの製品承認により、神経疾患に対するインプラントの採用が増加すると予想されます。たとえば、2022年 10月、ニューロテクノロジー企業のAxoftは、神経疾患の治療を改善するためのブレインマシンインターフェイス(BMI)でFDAブレークスルーデバイスの指定を受けました。同社は、FDAとの前臨床研究に資金を提供し、「脳と同じくらい柔らかい」神経インプラントのプロトタイプをスケールアップするために、800万米ドルの資本を確保しました。したがって、神経疾患の有病率の増加や製品の承認などの前述の要因により、北米の脳インプラント市場は、予測期間中に大幅な成長を遂げると予想されます。

脳インプラント業界の概要

脳インプラント市場は、少数の主要企業の存在により適度に統合されています。市場参加者には、Abbott Laboratories、Boston Scientific Corporation、LivaNova PLC、Medtronic PLC、NDI Medical PLC、NeuroPace Inc.、NeuroSigma、Synchron Inc.、Renishaw PLCなどがあります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 高齢化人口の増加と神経疾患の有病率の増加
    • デバイスの技術進歩
  • 市場抑制要因
    • デバイスのコストが高い
    • 発展途上地域および低開発地域における低い導入率
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • 製品タイプ別
    • 深部脳刺激装置
    • 脊髄刺激装置
    • 迷走神経刺激装置
  • 用途別
    • 慢性の痛み
    • てんかん
    • パーキンソン病
    • うつ
    • 本態性振戦
    • アルツハイマー病
    • その他の用途
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋地域
    • 中東とアフリカ
      • GCC
      • 南アフリカ
      • その他中東およびアフリカ
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Abbott Laboratories
    • Boston Scientific Corporation
    • LivaNova Plc
    • Medtronic Plc
    • NDI Medical PLC
    • NeuroPace Inc.
    • NeuroSigma
    • Synchron Inc.
    • Renishaw Plc
    • Fisher Wallace
    • Functional Neuromodulation, Ltd.
    • Stimwave LLC

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 64161

The Brain Implants Market size is estimated at USD 7.35 billion in 2024, and is expected to reach USD 12.20 billion by 2029, growing at a CAGR of 10.67% during the forecast period (2024-2029).

Brain Implants - Market

The COVID-19 pandemic significantly impacted the growth of the brain implants market globally, due to the suspension and postponement of most elective surgeries and treatments. According to a research article published in medRXiV, 2021, the prevalence of SARS-COV2 viral infection in patients with Parkinson's disease was found to be 11.28%. Further, COVID-19 prevalence in Parkinson's disease patients with deep brain stimulation was found to be 18.18%. Thus, patients suffering from COVID-19 are prone to a high risk of developing neurological disorders during their hospital stays. The strict lockdown restrictions and measures taken to contain the viral transmission increased the chronic stress and burden of neurological disorders. This increased the urgent opening of neurological outpatient services. Thus, the brain implant market was significantly impacted during the pandemic. However, neurological surgeries evolved during the pandemic. For instance, in March 2021, an article published in Springer Nature Limited stated that the neurosurgical community's response to the initial phase of the pandemic, in at least three European countries, maintained high standards of care and low rates of acute mortality. Similarly, another article published in Frontiers Media S.A. in December 2021 stated that the deployment of telemedical services for patients with neurological and psychiatric conditions dramatically escalated as the pandemic evolved. Despite concerns about the format, scheduling, privacy, and reimbursement, the transition was relatively smooth with numerous reports underscoring patient satisfaction. Thus, the normalization of surgeries and the introduction of new methods are expected to increase market growth.

The major factors for the growth of the brain implant market include the rise in the aging population and an increase in the prevalence of neurological disorders and technological advancements in devices. The increase in the number of cases of neurological disorders, such as Alzheimer's, epilepsy, Parkinson's, depression, and essential tremors, is anticipated to propel the demand for brain implants. According to Parkinson's News Today 2021, an estimated 7 to 10 million people worldwide have Parkinson's disease, and approximately 60,000 Americans are diagnosed with this disease, thus, leading to promising growth. Similarly, according to the Parkinson's Foundation 2020, approximately 1.2 million people in the United States are estimated to suffer from Parkinson's disease by 2030. Brain implants are likely to reduce the need for drugs that relieve chronic pain and improve body movement in patients suffering from Parkinson's or any other neurological disease.

The growing geriatric population is also prone to several neurological disorders. According to the World Health Organization (WHO) October 2021 updates, around 1 in 6 people in the world will be aged 60 years or over by 2030, and by 2050, two-thirds of the world's population over 60 years will live in low- and middle-income countries. In such middle income countries the current infrastucture is not capable to provide care and constant monitoring and brain implants could provide that in such regions. Thus, the rising geriatric population, the brain implants market is expected to register significant growth over the forecast period.

Furthermore, collaborations by key market players are expected to increase the market growth as collaborations provide synergy of research and devlopment and required investment which increases the success rate of the program. For instance, in April 2022, a collaborative project between Queensland Brain Institute (QBI) together with Neurosciences Queensland and Abbott Neuromodulation developed a remote care platform that uses wireless technology in brain implant technology to allow patients to access treatment from anywhere in the world. This new technology will link to developing brain-reading devices, such as implants in the brain. Thus, the abovementioned factors such as the increasing prevalence of neurological disorders and collaborations are expected to increase market growth over the forecast period. However, the high cost of devices and low adoption rates in developing and underdeveloped regions are expected to hinder the market growth.

Brain Implants Market Trends

Alzheimer's Diseases is Expected to Hold Significant Growth in the Brain Implants Market Over the Forecast Period

Alzheimer's disease is a neurological disease that impacts the memory of the patient and often deteriorates with time. Factors such as the increasing prevalence of Alzheimer's disease coupled with increasing initiatives such as grants are expected to increase the market growth. The incidence of Alzheimer's has been constantly increasing, and it is expected to continue increasing in the coming decades. The Alzheimer's Association's 2021 report titled Alzheimer's Disease Facts and Figures stated that an estimated 6.2 million Americans aged 65 and older were living with Alzheimer's dementia in 2021 in the United States. By 2050, the number of people aged 65 and older with Alzheimer's dementia is projected to increase to 12.7 million. According to the World Alzheimer Report published in September 2021, over 55 million people live with dementia worldwide. This is forecasted to reach 78 million by 2030. Among all dementia conditions, 60-70% of cases account for Alzheimer's disease. Various research studies provide insight into the effects of brain implants on Alzheimer's disease. For instance, in November 2022, a study published in the Journal of Neural Engineering stated that the team developed deep learning methods that could detect seizure events with a sensitivity between 87.4% and 97.6 %. The team also is addressing the application of such therapies to Alzheimer's disease. 'Impaired sleep has been associated with Alzheimer's, and many people suffer from different levels of sleep disorders. Hence, brain implants may improve cognitive function in people with Alzheimer's disease, which is why Alzheimer's patients prefer brain implant procedures. Hence, the increasing number of people with Alzheimer's disease is expected to drive the brain implants market during the forecast period.

Additionally, increasing grants for research related to Alzheimer's disease are another factor in market growth. In April 2021, the government invested USD 30 million to Brown University for establishing a new Center for Alzheimer's Disease Research to build a world-class research program focused on the early detection and treatment of Alzheimer's disease. In January 2021, Cognito Therapeutics received a breakthrough device designation by the United States Food and Drug Administration (FDA) for its neurostimulation device to treat memory and cognition symptoms of Alzheimer's disease. Thus, the high incidence of Alzheimer's disease, along with the growing investments, is expected to help in the significant growth of the segment over the forecast period.

North America Region is Expected to Hold a Significant Market Share in the Brain Implants Market Over the Forecast Period

North America holds a significant share of the brain implant market. It is expected to show a similar trend over the forecast period, without significant fluctuations. The healthcare facilities in the country are of the highest standards and are accessible to the large population, due to favorable policies making healthcare affordable to the majority of the population in the region. This factor helps in gaining higher selling rates across the country. The increasing prevalence and incidence of various neurological disorders indicate a big potential for the market demand for brain implants. According to the Alzheimer's Disease Facts and Figures report by Alzheimer's Association 2022, an estimated 6.5 million Americans aged 65 and older are living with Alzheimer's dementia in 2022. And about 1 in 9 people aged 65 and older has Alzheimer's dementia. Similarly, as per the Alzheimer's Association 2022 report, the projected number of Alzheimer-related deaths in Mexico during the past year was 43,000 whereas, it is expected to reach up to 53,000 by the year 2025. Hence, the need to diagnose and treat these diseases gives rise to the demand for neurological treatment involving brain implants, which is expected to increase the number of product manufacturing companies in the country. Due to the increasing number of cases of neurological disorders, the market in the North American region, particularly in the United States, is expected to grow at a steady rate in the coming years.

Furthermore, approval for brain implants is expected to increase the market growth. As product approvals of brain implants are expected to increase its adoption for neurological disorders. For instance, in October 2022, Axoft, a neurotechnology company, received FDA Breakthrough Device designation for its brain-machine interface (BMI) to better treat neurological disorders. The company secured USD 8 million in capital to fund pre-clinical studies with the FDA and to scale up prototypes of its neural implants "as soft as the brain." Thus, owing to the aforementioned factors such as the increasing prevalence of neurological disorders and product approvals, the North American brain implants market is expected to witness significant growth over the forecast period.

Brain Implants Industry Overview

The brain implant market is moderately consolidated with the presence of a few key players. Some of the market players are Abbott Laboratories, Boston Scientific Corporation, LivaNova PLC, Medtronic PLC, NDI Medical PLC, NeuroPace Inc., NeuroSigma, Synchron Inc., and Renishaw PLC.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Rise in Aging Population and Increase in Prevalence of Neurological Disorders
    • 4.2.2 Technological Advancements in Devices
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 High Cost of Devices
    • 4.3.2 Low Adoption Rates in Developing and Underdeveloped Regions
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Product Type
    • 5.1.1 Deep Brain Stimulator
    • 5.1.2 Spinal Cord Stimulator
    • 5.1.3 Vagus Nerve Stimulator
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Chronic Pain
    • 5.2.2 Epilepsy
    • 5.2.3 Parkinson's Disease
    • 5.2.4 Depression
    • 5.2.5 Essential Tremor
    • 5.2.6 Alzheimer's Disease
    • 5.2.7 Other Applications
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Middle East and Africa
      • 5.3.4.1 GCC
      • 5.3.4.2 South Africa
      • 5.3.4.3 Rest of Middle East and Africa
    • 5.3.5 South America
      • 5.3.5.1 Brazil
      • 5.3.5.2 Argentina
      • 5.3.5.3 Rest of South America

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Abbott Laboratories
    • 6.1.2 Boston Scientific Corporation
    • 6.1.3 LivaNova Plc
    • 6.1.4 Medtronic Plc
    • 6.1.5 NDI Medical PLC
    • 6.1.6 NeuroPace Inc.
    • 6.1.7 NeuroSigma
    • 6.1.8 Synchron Inc.
    • 6.1.9 Renishaw Plc
    • 6.1.10 Fisher Wallace
    • 6.1.11 Functional Neuromodulation, Ltd.
    • 6.1.12 Stimwave LLC

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS