デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1437984

農業用ロボット:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Agricultural Robots - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 115 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.54円
農業用ロボット:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 115 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

農業用ロボット市場規模は、2024年に149億7,000万米ドルと推定され、2029年までに277億1,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に13.10%のCAGRで成長します。

農業用ロボット-市場

主なハイライト

  • アグリボットとしても知られる農業用ロボットは、農業業界における最新の革命の1つです。これらは、収量の品質と効率を向上させ、全体的な生産性を向上させ、手作業への依存を最小限に抑えるために使用される自律型機械です。人口の増加に伴い、世界的に食料需要が急速に増加しています。したがって、農家は現在、全体的な生産性を高め、より多くの収益を生み出すために、農業用ロボットなどの最新のツールや機器に移行しつつあります。
  • さらに、世界中の政府が補助金を提供し、自動化技術について農家に認識を広める取り組みを行っています。たとえば、欧州連合は2021年に、農業コントローラーやスマート農具から完全自律型農業システムに至るまで、Robs4Cropsなどのプロジェクトを立ち上げました。 Robs4Crops(新しいプロジェクト)は、農業情勢を揺るがす労働力不足を農家が補うのを支援しています。これにより、農業用ロボット市場の範囲が拡大する可能性があります。
  • さらに、いくつかの老舗および新興農業企業は、革新的な農業用ロボットを導入するための研究開発活動に投資しています。たとえば、AGCO Corporationは2021年にPrecision Ag Line(PAL)プログラムの試験運用を開始しました。これは、混合フリート運用でAGCOソリューションを使用して農業顧客向けのサポートサービスを合理化するように設計されたツールです。

農業用ロボットの市場動向

人手不足と人件費の増加

  • 近年、農業従事者の高齢化や農業への関心の低下などにより、農業労働力が減少しています。農業労働者の人口が減少し続ける中、農家は生鮮食品の需要の高まりに合わせて生産を維持しなければならないというプレッシャーを感じています。さらに、労働力の低下傾向は労働賃金の上昇につながっています。
  • また、米国や英国などの農業は労働者に依存しており、他の先進国でも同様の傾向が見られます。世界銀行のデータによると、農業雇用は過去10年間で世界中で15%減少しました。労働力不足は世界の問題となっており、農民の高齢化により肉体労働者の供給がさらに制限されています。したがって、自動農業システムは、農場の労働力不足の圧力を軽減するのに役立ちます。アグテックは農場システムに新たな効率をもたらし、全体的な生産性を向上させることができます。
  • その結果、利用可能な労働者が不足するため、利害関係者は農場を近代化する方法を検討しています。たとえば、米国農業局連合(AFBF)は、米国の農場の56%がアグリテックの利用を開始しており、半数以上がその理由として労働力不足を挙げていると報告しました。革新的な農業技術の利用には、ワイヤレスセンサー、ロボット工学、予測モデル、データ分析が含まれます。したがって、労働力不足と賃金の増大が市場の成長を推進しています。

北米が市場を独占

  • 農業用ロボット市場では北米が最大のシェアを占めています。この地域の市場は、労働力不足の深刻化、地域の人件費の高騰、1人当たりの可処分所得の高さにより、先進技術の導入が進んでいることによって牽引されています。スマート農業を実現するための無人航空機、無人トラクター、その他の農業システムなどのロボットの農業への導入に対する政府の奨励が増えていることは、この地域の成長に寄与する要因の一部です。収穫量を増やし、農家のコストを削減するために、この市場の一部のプレーヤーは、コスト効率が高く生産性の高いロボットの開発に多額の投資を行っています。
  • たとえば、サンタモニカに拠点を置くフューチャー・エーカーズは2021年に、ブドウの収穫に取り組む計画を持った最初のロボット「キャリー」を発売しました。キャリーはAIを利用して、人間と協力して手で収穫した作物を輸送します。したがって、労働力不足の課題を軽減し、農家のニーズに合った新製品を市場に導入することが、北米地域の農業用ロボット市場の成長を推進しています。

農業用ロボット業界の概要

農業用ロボット市場は、製品の品質とプロモーションに基づいて競争し、より大きな市場シェアを保持するための戦略的な動きに焦点を当てているアクティブなプレーヤーによって統合されています。企業はコスト効率の高い新製品を開発するために多額の投資を行っています。また、市場シェアを拡大し、研究開発活動を強化するために、他の企業との提携や買収も行っています。 AGCO Corporation、Deere &Company、Agrobot、Agribotix LLCなどの企業は、農業用ロボット市場の主要企業の一部です。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場促進要因
  • 市場抑制要因
  • 業界の魅力- ポーターのファイブフォース分析
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 無人航空機(ドローン)
    • 搾乳ロボット
    • 無人トラクター
    • 自動収穫システム
  • 用途別
    • ブロードエーカー用途
      • フィールドマッピング
      • 種まきと植え付け
      • 施肥と灌漑
      • 異文化間オペレーション
      • 摘み取りと収穫
    • 酪農場の管理
      • 搾乳
      • 羊飼いと牧畜
    • 航空データの収集
    • 天気の追跡と予報
    • 在庫管理
  • 提供別
    • ハードウェア
    • ソフトウェア
    • サービス
  • 地域別
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
      • 北米のその他の地域
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • スペイン
      • イタリア
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • その他アジア太平洋地域
    • 南米
      • ブラジル
      • アルゼンチン
      • その他南米
    • アフリカ
      • 南アフリカ
      • その他アフリカ

第6章 競合情勢

  • 最も採用されている戦略
  • 市場シェア分析
  • 企業プロファイル
    • Agrobot
    • Blue River Technology
    • Harvest Automation
    • AGCO Corporation
    • Lely Industries
    • Naio Technologies
    • Precision Hawk
    • Deere &Company
    • AG Eagle LLC
    • Agribotix LLC
    • Trimble
    • IBM

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 64105

The Agricultural Robots Market size is estimated at USD 14.97 billion in 2024, and is expected to reach USD 27.71 billion by 2029, growing at a CAGR of 13.10% during the forecast period (2024-2029).

Agricultural Robots - Market

Key Highlights

  • Agricultural robots, also known as agribots, are one of the latest revolutions in the agriculture industry. They are autonomous machines employed to improve the quality and efficiency of yield, increase overall productivity, and minimize reliance on manual labor. With the growing population, the demand for food is rising at a rapid pace globally. Thus, farmers are now shifting toward modern tools and equipment, such as agricultural robots, to boost their total productivity and generate more revenue.
  • Furthermore, governments across the world are offering subsidies and undertaking initiatives to propagate awareness about automated technologies among farmers. For instance, in 2021, the European Union launched projects, such as Robs4Crops, from farming controllers and smart implements to fully autonomous farming systems. Robs4Crops (a new project) is helping farmers fill the labor shortage, which is shaking up the farming landscape. This is likely to enhance the scope of the agricultural robots market.
  • Moreover, several established and start-up agricultural companies are investing in research and development activities to introduce an innovative range of agricultural robots. For instance, in 2021, AGCO Corporation launched the pilot of its Precision Ag Line (PAL) program, a tool designed to streamline support services for farming customers using AGCO solutions with mixed-fleet operations.

Agricultural Robots Market Trends

Labor Shortage and Increasing Costs of Labor

  • The agriculture labor force has decreased in recent years due to the reduced interest in farming, combined with the aging farmer population. As the population of farm laborers continues to decline, farmers are feeling pressure to keep up with production for the growing demand for fresh produce. Moreover, the downward trend of labor is translating into higher labor wages.
  • Furthermore, the agricultural industry in the United States and the United Kingdom, among other countries, depend on laborers, and a similar trend is seen across other developed countries as well. Agricultural employment has declined by 15% in the last decade around the globe, according to World Bank data. The labor shortage has become a global problem, with an aging farmer population that further limits the supply of manual labor. Thus, automated farming systems can help to reduce the pressures of the farm labor shortage. Agtech can bring new efficiencies to farm systems and drive overall productivity.
  • Consequently, with a shortage of available workers, stakeholders are looking at how to modernize the farms. For instance, the American Farm Bureau Federation (AFBF) reported that 56% of US farms have begun using agritech, with more than half stating labor shortage as the reason. The use of innovative agrotechnology includes wireless sensors, robotics, predictive forecasting model, and data analytics. Thus, increasing labor shortages and wages are driving the growth of the market.

North America Dominates the Market

  • North America accounted for the largest share of the agricultural robots market. The market in the region is driven by the higher adoption of advanced technology due to increasing labor shortage, high labor costs in the region, and high per-capita disposable income. Increasing government encouragement for the deployment of robots in agriculture, such as unmanned aerial vehicles, driverless tractors, and other agriculture systems to provide smart farming, are some of the factors contributing to the region's growth. To increase the yields and reduce the costs of farmers, some of the players in this market are heavily investing in developing cost-efficient and highly productive robots.
  • For instance, in 2021, Future Acres, based in Santa Monica, launched its first robot, Carry, with plans to tackle grape picking. Carry relies on AI to transport hand-picked crops, working alongside humans. Hence, reducing the challenges of labor shortages and introducing new products into the market suiting the farmer's needs are driving the growth of the agricultural robots market in the North American region.

Agricultural Robots Industry Overview

The agricultural robot market is consolidated with active players competing on the basis of product quality and promotion and focusing on their strategic moves to hold larger market shares. Companies are investing heavily to develop new and cost-efficient products. They are also collaborating with and acquiring other companies to increase their market shares and strengthen R&D activities. The companies like AGCO Corporation, Deere & Company, Agrobot, and Agribotix LLC are some of the major players in the agricultural robots market.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Drivers
  • 4.2 Market Restraints
  • 4.3 Industry Attractiveness - Porter's Five Forces Analysis
    • 4.3.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.3.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.3.3 Threat of New Entrants
    • 4.3.4 Threat of Substitute Products
    • 4.3.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Unmanned Aerial Vehicles (Drones)
    • 5.1.2 Milking Robots
    • 5.1.3 Driverless Tractors
    • 5.1.4 Automated Harvesting Systems
  • 5.2 By Application
    • 5.2.1 Broad Acre Applications
      • 5.2.1.1 Field Mapping
      • 5.2.1.2 Seeding and Planting
      • 5.2.1.3 Fertilizing and Irrigation
      • 5.2.1.4 Intercultural Operations
      • 5.2.1.5 Picking and Harvesting
    • 5.2.2 Dairy Farm Management
      • 5.2.2.1 Milking
      • 5.2.2.2 Shepherding and Herding
    • 5.2.3 Aerial Data Collection
    • 5.2.4 Weather Tracking and Forecasting
    • 5.2.5 Inventory Management
  • 5.3 By Offering
    • 5.3.1 Hardware
    • 5.3.2 Software
    • 5.3.3 Services
  • 5.4 By Geography
    • 5.4.1 North America
      • 5.4.1.1 United States
      • 5.4.1.2 Canada
      • 5.4.1.3 Mexico
      • 5.4.1.4 Rest of North America
    • 5.4.2 Europe
      • 5.4.2.1 Germany
      • 5.4.2.2 United Kingdom
      • 5.4.2.3 France
      • 5.4.2.4 Spain
      • 5.4.2.5 Italy
      • 5.4.2.6 Rest of Europe
    • 5.4.3 Asia-Pacific
      • 5.4.3.1 China
      • 5.4.3.2 Japan
      • 5.4.3.3 India
      • 5.4.3.4 Australia
      • 5.4.3.5 Rest of Asia-Pacific
    • 5.4.4 South America
      • 5.4.4.1 Brazil
      • 5.4.4.2 Argentina
      • 5.4.4.3 Rest of South America
    • 5.4.5 Africa
      • 5.4.5.1 South Africa
      • 5.4.5.2 Rest of Africa

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Most Adopted Strategies
  • 6.2 Market Share Analysis
  • 6.3 Company Profiles
    • 6.3.1 Agrobot
    • 6.3.2 Blue River Technology
    • 6.3.3 Harvest Automation
    • 6.3.4 AGCO Corporation
    • 6.3.5 Lely Industries
    • 6.3.6 Naio Technologies
    • 6.3.7 Precision Hawk
    • 6.3.8 Deere & Company
    • 6.3.9 AG Eagle LLC
    • 6.3.10 Agribotix LLC
    • 6.3.11 Trimble
    • 6.3.12 IBM

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS