デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1437914

クラウドAI:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Cloud AI - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 120 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=158.16円
クラウドAI:市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 120 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

クラウドAI市場規模は2024年に675億6,000万米ドルと推定され、2029年までに2,745億4,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に32.37%のCAGRで成長します。

クラウドAI-市場

COVID-19感染症のパンデミックにより、クラウドサービスの弾力性により予期せぬサービス需要の急増に対応できる可能性があるため、いくつかの組織がパブリッククラウドソリューションへの移行を加速させました。クラウドへの移行は、企業がCOVID-19パンデミックの最中にビジネスを行う方法を再発明するのに大きく役立ちました。 AIサービスの要件は高まっており、多くのクラウドプロバイダーがAIサービスを提供しています。その結果、昨年のクラウド市場はヘルスケア分野でさらに大幅な成長を記録しました。クラウドAIテクノロジーは、COVID-19と戦うためにかなり使用されていました。

主なハイライト

  • 企業数の増加と企業間の競合に伴い、企業は人工知能(AI)テクノロジーを自社の用途、分析、ビジネス、サービスに統合しようと熱心に取り組んでいます。さらに、企業はクラウド上の人工的なサービスが普及しているため、利益率を高めるために運用コストの削減に取り組んでおり、その結果、予測期間中の市場の成長を促進すると予想されます。
  • マルチクラウド機能の増加傾向とクラウドベースのインテリジェンスサービスのニーズの高まりにより、AIクラウドソリューションの需要も増加しています。 IBMによると、昨年までに組織の計画の98%がマルチクラウドアーキテクチャを採用する予定です。マルチクラウド管理戦略を持っているのは41%だけであり、マルチクラウド環境を運用するための手順とツールを持っているのは38%だけです。これにより、クラウドAIサービスにとって大きなチャンスが生まれることになります。
  • 調査対象市場の促進要因には、ビッグデータ量の増加、仮想アシスタントの需要の増加、クラウドベースのサービスと用途の採用の増加などが含まれます。
  • Cisco Systems Incによると、ビッグデータの量は2016年の51エクサバイトから昨年には403エクサバイトに増加する見込みで、これはほぼ7倍の成長率に相当します。企業はそのようなデータから洞察を得るためにクラウドAIソリューションを採用する傾向にあるため、予測期間中に量は徐々に増加すると予想され、予測期間における促進要因の影響が増大します。
  • クラウドコンピューティングプラットフォームの市場はパンデミックの恩恵を受けています。経済が緩やかに回復するにつれて、クラウド技術の使用によりインターネットビジネスが容易になりました。クラウドは本格的なAIの導入を加速しており、クラウドAIの採用と支出も加速しています。

クラウド人工知能(AI)市場動向

クラウドベースのサービスと用途の採用が拡大

  • 政府機関でのクラウドAIの導入は、プラットフォームの巨大な機能によって推進されており、これにより政府機関はデータマイニングを含む大規模なジョブを拡張でき、公共の課題に直接影響を与えることができます。さらに、データプライバシー上の理由によるクラウドコンピューティング導入の当初の阻害要因は克服されつつあり、さらに勢いを増すことが予想されます。
  • クラウド、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)、ブロックチェーン、その他の新技術の出現と着実な受け入れにより、クラウドAIの導入は近年成熟してきました。いくつかの政府機関は、Microsoft Azure、Amazon Web Services、Google Cloud Platformという3つのクラウドサービスプロバイダー間の競合を利用して、大規模なサーバークラスターをプロビジョニングし、Hadoopとデータレイクを実装し、数百人のデータサイエンティストを雇用しています。
  • 企業の徹底的な参加により、クラウドはデータを保存する場所から、コストを削減し、イノベーションと柔軟性を実現できる組織のすべての環境における一連の機能への発展に対する認識が世界中の政府の間で高まっています。
  • IBMのような企業は、政府のさまざまなレベルの機関と緊密に連携して、クラウド、AI、ブロックチェーン、その他の新技術の応用を推進してきました。 IBMはまた、Government Cloud Virtual Summitを紹介し、さまざまな政府首脳がクラウドAIサービスが自然災害への対応やサイバーセキュリティ侵害後の公共の安全の向上にどのように役立つかについて話し合った。
  • 機械学習モデルはトレーニング、ホストされ、予測を行ってGoogle CloudやAWSなどのクラウドAIプラットフォームに関する洞察を提供するために使用されます。クラウドコンピューティングにAIが実装されていれば、クラウドコンピューティングは自ら賢明な意思決定を行うことができます。インフラストラクチャ、データと分析、その他のサービスを網羅するGoogle Cloud Platform(GCP)は、Alphabetのクラウドビジネスの主な収益源です。昨年、Google Cloudの収益は190億米ドルで、Google全体の収益の7.5%に相当します。

北米が主要なシェアを握る

  • 北米は、このテクノロジーの早期導入国の1つとしての地位により、世界のクラウドAI市場を独占すると予想されています。もう1つの要因は、市場の主要企業のほとんどが米国に拠点を置いているということです。地域のエンドユーザーの間でのクラウドの導入も非常に進んでいます。したがって、調査対象市場への投資は高すぎます。この地域は、世界のハイブリッドクラウドおよびIaaS市場を独占する重要な地域でもあります。
  • この地域で活動する市場関係者は、主に競争上の優位性を獲得し、ターゲットとする顧客ベースを拡大するために、自社の製品に追加の独自機能を革新することに投資しています。これにより、地域市場および世界市場でも進歩がもたらされることが期待されています。この要因により、市場の範囲がさらに拡大します。
  • たとえば、米国に本拠を置くSoundHound Inc.は、開発者や経営者が会話型インターフェイスをどこにでも展開して、差別化と革新を行いながらブランドとユーザーのコントロールを維持できるようにする独立系 AIプラットフォームであるHoundifyを提供しています。同社は最近、SoundHound音楽認識テクノロジーをHoundify音声AIプラットフォームに追加しました。また、開発を加速するためにホンダと戦略的提携を結びました。
  • 地域組織がプロセスや用途をクラウドに移行することが増えているため、市場で事業を展開しているベンダーは、競争力を得るために次のレベルの顧客体験(CX)、パフォーマンス、生産性を提供する必要があるかもしれません。企業は、AI、機械学習(ML)、拡張現実(AR)、ビッグデータなどのテクノロジーを組み込んだ広範な分析ツールのセットを使用して、利用可能なデータにインテリジェンスを追加します。
  • また、カナダ政府は「クラウドファースト」戦略を採用しており、情報技術への投資、取り組み、戦略、プロジェクトを開始する際に、クラウドサービスが主要な提供オプションとして特定および評価されています。また、クラウドにより、カナダ政府は民間プロバイダーのイノベーションを活用して情報技術の機敏性を高めることができると期待されています。
  • クラウドベンダーは、多額の先行投資なしでAIシステムの開発、テスト、強化、運用を容易にする多数のサービスやツールを提供することで、AIへの需要をさらに強化しています。これらには、機械学習用に最適化されたハードウェア、音声認識とテキスト分析を自動化するAPI、生産性を向上させる自動機械学習モデリングシステム、AI開発ワークフロープラットフォームが含まれます。

クラウド人工知能(AI)業界の概要

高度な市場統合により、Microsoft、IBM、Google、Amazonなどの著名な企業間の競合が激化しています。他の企業は、重要な市場シェアを獲得するために製品ポートフォリオと地理的プレゼンスを積極的に拡大しています。この市場で活動する企業は、人工知能関連テクノロジーに多額の投資を行い、製品を革新し、持続的な競争上の優位性を獲得しています。このため、企業間では常に、新製品の革新と導入をめぐって激しい競合が繰り広げられています。

2022年 10月、Oracle CloudWorldで、NvidiaとOracleは、クライアントによる人工知能(AI)の導入加速をサポートするための複数年にわたる拡張契約を発表しました。この提携により、GPU、システム、ソフトウェアを含むNvidiaのアクセラレーテッドコンピューティングスタック全体がOracle Cloud Infrastructure(OCI)で利用できるようになります。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場洞察

  • 市場概要
  • 業界の魅力「ポーターのファイブフォース分析」
    • 供給企業の交渉力
    • 買い手の交渉力
    • 新規参入業者の脅威
    • 代替品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ
  • 業界のバリューチェーン分析
  • テクノロジーのスナップショット
    • 機械学習
    • 自然言語処理(NLP)

第5章 市場力学

  • 市場促進要因
    • ビッグデータ量の増加
    • 仮想アシスタントの需要の増加
    • クラウドベースのサービスと用途の採用が拡大
  • 市場の課題
    • 熟練した労働力の不足とデータセキュリティの懸念
  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の評価

第6章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • 解決
    • サービス
  • エンドユーザー別業種別
    • BFSI
    • ヘルスケア
    • 自動車
    • 小売り
    • 政府
    • 教育
    • その他のエンドユーザー向け垂直
  • 地域
    • 北米
    • 欧州
    • アジア太平洋
    • ラテンアメリカ
    • 中東とアフリカ

第7章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Amazon Web Services Inc.
    • Microsoft Corporation
    • Google LLC
    • IBM Corporation
    • Infosys Limited
    • Wipro Limited
    • Cloudminds Technology
    • AIBrain LLC
    • Salesforce.com Inc.
    • SoundHound Inc.
    • Twilio, Inc.
    • Visenze Pte Ltd

第8章 投資分析

第9章 市場の将来

目次
Product Code: 62332

The Cloud AI Market size is estimated at USD 67.56 billion in 2024, and is expected to reach USD 274.54 billion by 2029, growing at a CAGR of 32.37% during the forecast period (2024-2029).

Cloud AI - Market

The COVID-19 pandemic caused several organizations to accelerate their migrations to public cloud solutions since cloud service elasticity could meet unexpected spikes in service demand. Migrations to the cloud considerably helped companies reinvent how they conduct their businesses during COVID-19. The requirement for AI services has grown, and many cloud providers offer AI services. As a result, the cloud market recorded more growth significantly in the healthcare segment last year. Cloud AI technology was being used considerably to fight COVID-19.

Key Highlights

  • With the growing number of enterprises and competition among them, companies are rigorously trying to integrate artificial intelligence (AI) technology with their application, analytics, business, and services. Moreover, companies are engaged in reducing their operational costs to ascend profit margins, owing to which artificial over the cloud is becoming popular, which is, in turn, expected to fuel the market growth over the forecast period.
  • The rising trend of multi-cloud functioning and the growing need for cloud-based intelligence services also increase the demand for AI cloud solutions. According to IBM, 98% of the organization's plan will adopt multi-cloud architectures by last year. Only 41% have a multi-cloud management strategy, and just 38% have procedures and tools to operate a multi-cloud environment. This is poised to create a massive opportunity for cloud AI services.
  • The driving factors in the studied market include rising big data volume, increasing demand for virtual assistants, and growing adoption of cloud-based services and applications.
  • According to Cisco Systems Inc, the volume of big data is poised to increase from 51 exabytes in 2016 to 403 exabytes in the last year, representing a growth rate of almost seven times. The volume is expected to increase gradually in the forecast period, increasing the impact of the driver in the forecast period as companies tend to adopt cloud AI solutions to arrive at insights from such data.
  • The market for cloud computing platforms has benefited from the pandemic. Using cloud technologies has made it easier to do internet business as the economy slowly revives. The cloud is hastening the deployment of full-scale AI, which hastens the adoption of and spending on Cloud-AI.

Cloud Artificial Intelligence (AI) Market Trends

Growing Adoption of Cloud-based Service and Application

  • The adoption of cloud AI in government agencies is driven by the enormous capabilities of the platform, which allows government bodies to scale massive jobs, including data mining, and can directly impact public challenges. Furthermore, the initial inhibitions for data privacy reasons to adopt cloud computing are being overcome and are expected to gain further traction.
  • The deployment of cloud AI has matured in recent years with the emergence and steady acceptance of the cloud, artificial intelligence (AI), the Internet of Things (IoT), blockchain, and other new technologies. Several government agencies have leveraged the competition between three cloud service providers, Microsoft Azure, Amazon Web Services, and Google Cloud Platform, to provision large clusters of servers, implement Hadoop and data lakes and employ hundreds of data scientists.
  • The exhaustive participation of companies has increased the awareness amongst governments across the world regarding the development of the cloud from being a location to store data to a set of capabilities in all of an organization's environments that can reduce costs and deliver innovation and flexibility.
  • Companies like IBM have worked closely with agencies at various levels of government to advance the application of cloud, AI, blockchain, and other new technologies. IBM also introduced the Government Cloud Virtual Summit, where various government leaders addressed how cloud AI services can help respond to natural disasters and improve public safety after a cybersecurity breach.
  • Machine learning models are trained, hosted, and used to make predictions and provide insights on cloud AI platforms like Google Cloud and AWS. Cloud computing can make wise decisions on its own if AI is implemented in it. The Google Cloud Platform (GCP), which encompasses infrastructure, data and analytics, and other services, is the main revenue source for Alphabet's Cloud business. Last year, Google Cloud had USD 19 billion as income which represents 7.5% of Google's overall earnings.

North America Holds Major Share

  • North America is expected to dominate the global cloud AI market, owing to its status as one of the early adopters of the technology. The other factor is that most of the major players in the market are US-based. Cloud adoption among the regional end-user is also quite high. Hence, the investment in the studied market is too high. The region is also a key region dominating the global hybrid cloud and IaaS market.
  • Market players operating in the region are investing in innovating additional and unique features to their offerings, mainly to gain a competitive advantage and expand their customer target base. This is also expected to bring advancement in the regional and global markets. This factor expands the market scope further.
  • For instance, US-based SoundHound Inc. offers Houndify, an independent AI platform that enables developers and business owners to deploy a conversational interface anywhere to retain control of their brand and users while differentiating and innovating. The company recently added SoundHound music recognition technology to its Houndify voice AI platform. It also strategically partnered with Honda Motor Co. Ltd to accelerate development.
  • As regional organizations increasingly migrate their processes and applications to the cloud, vendors operating in the market may have to offer next-level customer experience (CX), performance, and productivity to gain a competitive edge. Companies add intelligence to the available data by using a broadened set of analytics tools that incorporate technologies such as AI, machine learning (ML), augmented reality (AR), and big data.
  • Also, the Government of Canada has a "cloud-first" strategy, whereby cloud services are identified and evaluated as the principal delivery option when initiating information technology investments, initiatives, strategies, and projects. The cloud is also expected to allow the Government of Canada to harness private-sector providers' innovation to make its information technology more agile.
  • Cloud vendors are further strengthening the demand for AI by offering a number of services and tools that make it easier to develop, test, enhance, and operate AI systems without big upfront investments. These include hardware optimized for machine learning, APIs that automate speech recognition and text analysis, productivity-boosting automated machine learning modeling systems, and AI development workflow platforms.

Cloud Artificial Intelligence (AI) Industry Overview

The high market consolidation has increased the competition among prominent players such as Microsoft, IBM, Google, Amazon, etc. The other players are actively expanding their product portfolio and geographical presence to capture a significant market share. The players operating in this market are investing hugely in artificial intelligence-related technologies and innovating their products, leading them to gain a sustainable competitive advantage. Due to this, there is always high competition between players to innovate and introduce new products.

In October 2022, at Oracle CloudWorld, Nvidia and Oracle announced an expanded, multiyear agreement to support clients' accelerated adoption of artificial intelligence (AI). Through the partnership, Nvidia's entire accelerated computing stack will be made available to Oracle Cloud Infrastructure (OCI), including GPUs, systems, and software.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET INSIGHTS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Industry Attractiveness - 'Porter's Five Forces Analysis'
    • 4.2.1 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.2.2 Bargaining Power of Buyers
    • 4.2.3 Threat of New Entrants
    • 4.2.4 Threat of Substitutes
    • 4.2.5 Intensity of Competitive Rivalry
  • 4.3 Industry Value Chain Analysis
  • 4.4 Technology Snapshot
    • 4.4.1 Machine Learning
    • 4.4.2 Natural Language Processing (NLP)

5 MARKET DYNAMICS

  • 5.1 Market Drivers
    • 5.1.1 Rising Big Data Volume
    • 5.1.2 Increasing Demand for Virtual Assistants
    • 5.1.3 Growing Adoption of Cloud-based Service and Application
  • 5.2 Market Challenges
    • 5.2.1 Lack of Skilled Workforce and Data Security Concerns
  • 5.3 Assessment of COVID-19

6 MARKET SEGMENTATION

  • 6.1 By Type
    • 6.1.1 Solution
    • 6.1.2 Service
  • 6.2 By End-user Vertical
    • 6.2.1 BFSI
    • 6.2.2 Healthcare
    • 6.2.3 Automotive
    • 6.2.4 Retail
    • 6.2.5 Government
    • 6.2.6 Education
    • 6.2.7 Other End-user Vertical
  • 6.3 Geography
    • 6.3.1 North America
    • 6.3.2 Europe
    • 6.3.3 Asia-Pacific
    • 6.3.4 Latin America
    • 6.3.5 Middle East and Africa

7 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 7.1 Company Profiles
    • 7.1.1 Amazon Web Services Inc.
    • 7.1.2 Microsoft Corporation
    • 7.1.3 Google LLC
    • 7.1.4 IBM Corporation
    • 7.1.5 Infosys Limited
    • 7.1.6 Wipro Limited
    • 7.1.7 Cloudminds Technology
    • 7.1.8 AIBrain LLC
    • 7.1.9 Salesforce.com Inc.
    • 7.1.10 SoundHound Inc.
    • 7.1.11 Twilio, Inc.
    • 7.1.12 Visenze Pte Ltd

8 INVESTMENT ANALYSIS

9 FUTURE OF THE MARKET