デフォルト表紙
市場調査レポート
商品コード
1437429

医療用キオスク:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)

Global Medical Kiosk - Market Share Analysis, Industry Trends & Statistics, Growth Forecasts (2024 - 2029)

出版日: | 発行: Mordor Intelligence | ページ情報: 英文 110 Pages | 納期: 2~3営業日

● お客様のご希望に応じて、既存データの加工や未掲載情報(例:国別セグメント)の追加などの対応が可能です。  詳細はお問い合わせください。

価格
価格表記: USDを日本円(税抜)に換算
本日の銀行送金レート: 1USD=156.58円
医療用キオスク:世界市場シェア分析、業界動向と統計、成長予測(2024~2029年)
出版日: 2024年02月15日
発行: Mordor Intelligence
ページ情報: 英文 110 Pages
納期: 2~3営業日
ご注意事項 :
本レポートは最新情報反映のため適宜更新し、内容構成変更を行う場合があります。ご検討の際はお問い合わせください。
  • 全表示
  • 概要
  • 目次
概要

世界の医療用キオスク市場規模は、2024年に15億4,000万米ドルと推定され、2029年までに32億9,000万米ドルに達すると予測されており、予測期間(2024年から2029年)中に16.42%のCAGRで成長します。

世界医療用キオスク市場

COVID-19受付キオスクは、COVID-19のパンデミックに対応して英国に本拠を置くElephant Kiosksによって創設され、介護施設、オフィス、学校、その他の公共の場所の訪問者や職員の最初の連絡窓口として機能しました。COVID-19に関するアンケート、非接触型体温測定、マネージャーまたはフロントデスクへの電子メール通知がすべて含まれています。これは接触者の追跡を容易にするために使用でき、感染対策の推奨事項に準拠します。したがって、世界的に医療用キオスクの使用が大幅に増加しているため、市場は牽引力を得ることが予想されます。

医療分野でAI対応キオスクの人気が高まるにつれ、市場は拡大しています。クラウドベースのサービスと必須の患者ストレージにリンクされた医療用キオスクは、医療分野でますます一般的になってきています。この有用性は、有効な処方箋に従って、必要な薬の便利な分割払い計画に従って、迅速に対応する薬局と調整されています。このような堅牢な機能から得られた知識により、患者と医師の関与が増加し、病院管理が改善され、新興市場企業に医療用キオスク分野でタイムリーでコスト効率の高いソリューションが提供されました。

市場の成長率に影響を与える主な要素は、医療機関全体のデジタル化の進展です。医療業界におけるペイメントキオスクの数の増加、速度の向上とより速い支払い効率の恩恵を受ける病院キオスクへの5Gの導入、およびその他の重要な考慮事項により、医療用キオスクの市場も拡大しています。さらに、重要な動向として増加する生体認証および顔認識技術を使用する病院キオスクが市場の成長をサポートします。

セルフサービスキオスクは、施設内に設置された医療ATMを設置することで病院で重要な役割を果たしています。これは、セルフチェックインにより患者の情報を取得するために紙、フォームへの記入、山ほどの事務処理が不要になり、コストの削減に役立ちます。さらに、看護師は事務作業に費やす時間を減らし、患者ケアにより多くの時間を費やすことができます。したがって、ヘルスキオスクの適応は市場の成長をサポートします。たとえば、HealthEC, LLCのレポート 2021によると、ニューヨーク統合ケア同盟(AICNY)の入院患者支出は、今年の最初の3四半期を通じて6%減少しました。遠隔トリアージキオスクの設置により、知的障害および発達障害のある成人向けのグループホームでは、救急外来の受診が11%減少し、入院が7%減少しました。遠隔医療用キオスクを使用すると、緊急治療室に行く必要がある患者が80%減少します。したがって、医療用キオスクの利用が大幅に増加するため、市場は牽引力を得ることが予想されます。

したがって、上記の要因は集合的に、予測期間中に調査された市場の成長に起因すると考えられます。ただし、ITとセキュリティ、厳格な規則や規制に関連するリスクは、予測期間中の市場の成長を妨げると予想されます。

医療用キオスク市場の動向

ペイメントキオスクは予測期間中に高い成長が見込まれる

ペイメントキオスクは、病院の請求書支払いの自動化、送金、および電子支払いセルフサービスキオスクのための完全な財務ソリューションを提供します。ペイメントキオスクが最大のシェアを占めていることが判明しました。これは、さまざまな業界にわたるタッチスクリーン技術の浸透、政府および民間投資の増加、および企業の社会的責任(CSR)活動が健康ATMの採用に貢献していることが考えられます。

5Gの導入加えて、病院のキオスクが生体認証と顔認識を使用して支払いを受け付ける機能により、病院のペイメントキオスクの担当者は、より迅速な支払いと高速化の効果から利益を得るでしょう。ヘルスケア企業はデジタル化の導入にますます熱心になっており、これにより支払いと記録管理の効率が向上し、病院業界でのペイメントキオスクの需要が増加します。ヘルスケア企業は、5Gと組み合わせたキャッシュレスペイメントキオスクなど、複数のチャネルを通じて顧客エクスペリエンスを向上させることに重点を置いているため、テクノロジーを使用してコストを削減し、ビジネスモデルの生産性と効率を向上させることができます。たとえば、2019年 11月に発行されたAila Technologies, Inc.のレポートによると、LabCorpやHealth Canadaなどの大手の医療提供者は、チェックイン、認証、支払いを合理化するためにAilaのインタラクティブキオスクを利用しています。同社の2019年第1四半期の収益によると、調査ではPOSの全体的な支持率が88%、チェックイン率が94%であることが示されています。病院キオスクを通じた生体認証と顔認識を使用した支払いの受け入れは、医療用キオスク市場の成長を促進する可能性が高い重要な動向として浮上しています。

北米が医療用キオスク市場を独占すると予想される

主要企業の戦略的存在、技術の進歩、デジタルヘルスに対する需要の高まりなどの要因により、北米が市場を独占すると予想されています。 2020年のキオスクマーケットプレース国勢調査レポートによると、米国には全ハードウェアメーカーの半数以上が拠点を置いています。北米は、スタートアップエコシステムと地元企業による技術ソリューションの迅速な取り込みにより、革新的な技術主導の企業ビジネスモデルの成長拠点とみなされています。これにより、地域の成長が期待できると考えられています。

アメリカ障害者法により、聴覚、視覚、運動能力に制限があるエンドユーザーでも使用できるデジタル医療用キオスクの設計が容易になりました。医療用キオスクの市場参入企業にとって、人間工学の改善とすべての人口統計グループへのアクセスのしやすさは、新たな機会を生み出し続けるでしょう。 Biometric Health Kioskオペレーターは、デジタル評価機能を開発する米国拠点のHigiで3,000万米ドルのシリーズ Bを主導した、英国を拠点とするAIチャットボット Babylon Healthを発表しました。 Higiのキオスクを使用すると、ユーザーは指標を測定および追跡することができ、米国人口の73%から8マイル以内に存在します。 6,200万人以上が3億3,500万件を超える生体認証評価を完了しました。米国のヘルスケアシステムは高額すぎてアクセスできないため、これらの医療用キオスクは、地域市場の成長を促すサービスをこれらの場所で提供することで、人々がヘルスケアにもっとアクセスできるようになります。

したがって、前述の要因により、調査対象市場の成長は北米地域で予想されます。

医療用キオスク業界の概要

医療用キオスク市場は、世界的にも地域的にも事業を展開している企業がほとんどないため、本質的に統合されています。競合情勢には、Fabcon, Inc.、Meridian Kiosks、VeriFone, Inc.、XIPHIAS Software Technologies、RedyRef Interactive Kiosks、imageHOLDERS、KIOSK Information Systems、ADVANCED KIOSKS、JCM Global、Frank Mayer and Associates, Inc.、Kioks4business Ltd.、DynaTouch Corporation、Olea Kiosks Inc. などが含まれます。

その他の特典

  • エクセル形式の市場予測(ME)シート
  • 3か月のアナリストサポート

目次

第1章 イントロダクション

  • 調査の前提条件と市場の定義
  • 調査範囲

第2章 調査手法

第3章 エグゼクティブサマリー

第4章 市場力学

  • 市場概要
  • 市場促進要因
    • 5Gと統合されたキャッシュレスキオスク
    • デジタル化の進展
    • スマートテクノロジーの導入による安心・安全
  • 市場抑制要因
    • ITやセキュリティに関するリスク、厳格なルールや規制
    • 高い初期資本要件
  • ポーターのファイブフォース分析
    • 新規参入業者の脅威
    • 買い手の交渉力
    • 供給企業の交渉力
    • 代替製品の脅威
    • 競争企業間の敵対関係の激しさ

第5章 市場セグメンテーション

  • タイプ別
    • チェックインキオスク
    • ペイメントキオスク
    • 案内キオスク
    • 遠隔医療用キオスク
    • セルフサービス/情報キオスク
    • その他
  • エンドユーザー別
    • 病院
    • クリニック
    • 薬局店舗
    • その他
  • 地域
    • 北米
      • 米国
      • カナダ
      • メキシコ
    • 欧州
      • ドイツ
      • 英国
      • フランス
      • イタリア
      • スペイン
      • その他欧州
    • アジア太平洋
      • 中国
      • 日本
      • インド
      • オーストラリア
      • 韓国
      • その他アジア太平洋
    • 世界のその他の地域

第6章 競合情勢

  • 企業プロファイル
    • Fabcon, Inc.
    • Meridian Kiosks
    • VeriFone, Inc.
    • XIPHIAS Software Technologies
    • RedyRef Interactive Kiosks
    • imageHOLDERS
    • KIOSK Information Systems
    • ADVANCED KIOSKS
    • JCM Global
    • Frank Mayer and Associates, Inc.
    • Kiosks4business Ltd.
    • DynaTouch Corporation
    • Olea Kiosks Inc.

第7章 市場機会と将来の動向

目次
Product Code: 91982

The Global Medical Kiosk Market size is estimated at USD 1.54 billion in 2024, and is expected to reach USD 3.29 billion by 2029, growing at a CAGR of 16.42% during the forecast period (2024-2029).

Global Medical Kiosk - Market

COVID-19 pandemic has had a substantial impact on the medical kiosk market. The COVID-19 Reception Kiosk was created by United Kingdom-based Elephant Kiosks in response to the COVID-19 pandemic and functioned as the first point of contact for visitors and personnel in care homes, offices, schools, and other public locations. A COVID-19 questionnaire, contactless temperature readings, and email notifications to managers or the front desk are all included. It can be used to facilitate contact tracing and complies with infection control recommendations. Thus, the market is expected to gain traction due to the significant increase in the use of medical kiosk globally.

The market is expanding as AI-enabled kiosks become more popular in the healthcare sector. Medical kiosks linked to cloud-based services and essential patient storage are becoming increasingly common in the healthcare sector. This usefulness is coordinated with the pharmacies that act promptly, in accordance with valid prescriptions, and in accordance with convenient installment plans for the required medications. Knowledge gained from such robust functionality has increased patient-doctor involvement, improved hospital management, and provided emerging market companies with a timely and cost-effective solution in the medical Kiosks scene.

The major element that will affect the market growth rate is the rise in digitization across healthcare organizations. The market for Medical Kiosks is also expanding because of the rising number of payment kiosks in the healthcare industry, the introduction of 5G in hospital kiosks, which will benefit from improved speed and faster payment efficacy, and other important considerations. Additionally, a hospital kiosk that uses increasing biometrics and facial recognition technology as a significant trend will support market growth.

Self- service kiosk plays a crucial role in the hospital by installing health ATM installed in the institution which help in cutting costs by no longer utilizing paper, forms filling, and mountains of paperwork shifting to get patient's information because of self-check-ins. Additionally, it enables nurses to spend more time on patient care and less time on office work. Thus, adaption of health kiosk will support market growth. For instance, according to HealthEC, LLC report 2021, the Alliance for Integrated Care of New York's (AICNY) inpatient spending declined by 6% throughout the year's first three quarters. The installation of tele-triage kiosks reduced ER visits by 11% and hospital admissions by 7% in group homes for adults with intellectual and developmental disabilities. 80% fewer patients who use telemedicine kiosks will need to go to the emergency room. Thus, the market is expected to gain traction due to the significant increase in the utilization of Medical Kiosk.

Therefore, the factors mentioned above are attributed collectively to the studied market growth over the forecast period. However, risk related to IT and security and strict rules and regulations is expected to hinder the market growth over the forecast period.

Medical Kiosk Market Trends

Payment kiosk is Expected to Witness High Growth Over the Forecast Period

Payment kiosk provides complete financial solutions for hospital bill payment automation, money transfer & electronic payment self-service kiosks. Payment Kiosks is found to hold the largest share which can be attributed to the penetration of touch screen technology across various industries and rising government and private investment and Corporate Social Responsibility (CSR) activities contribute to adopting health ATMs.

The ability of hospital kiosks to accept payments using biometrics and facial recognition along with the introduction of 5G, those in charge of hospital payment kiosks will profit from the effectiveness of speedier payments and better speed. Healthcare businesses are becoming more eager to adopt digitalization, which will lead to improved payment and record-keeping efficiency and increase demand for payment kiosks in the hospital industry. Healthcare firms are able to use technology to cut costs and increase productivity and efficiency of their business models as a result of their focus on enhancing the customer experience through multiple channels, such as cashless payment kiosks coupled with 5G. For instance, according to Aila Technologies, Inc. report published in November 2019, major healthcare providers like LabCorp and Health Canada rely on Aila's Interactive Kiosk to streamline check-in, verification, and payments. According to the company's Q1 2019 earnings the survey shows the point of service an overall approval rating of 88% and a check-in rate of 94%. Accepting payments using biometrics and facial recognition through a hospital kiosk is emerging as a key trend that is likely to drive the growth of the medical Kiosk market.

North America is Expected to Dominate the Medical Kiosk Market

North America is expected to dominate the market owing to factors such as strategic presence of major players, technological advancements, and growing demand for digital health. According to the Kiosk Marketplace Census Report 2020, the United States is home to more than half of all hardware manufacturers. Due to its startup ecosystem and the quick uptake of technological solutions by local companies, North America is seen as the growth hub for innovative technology-driven enterprise business models. It is believed that this will present prospects for regional growth.

Designing digital Medical Kiosks that are usable by end users with hearing, vision, and mobility limitations has become easier owing to the Americans with Disability Act. For market participants in Medical Kiosks, improved ergonomics and accessibility to all demographic groups will continue to create new opportunity. Biometric Health Kiosk operator announces a United Kingdom-based AI chatbot Babylon Health that led a USD 30 million Series B in United States-based Higi that will develop digital assessment capabilities. Higi's kiosks allow users to measure and track metrics and has a presence within five miles of 73% of the United States population. More than 62 million people have completed over 335 million biometric assessments. With United States healthcare system is too expensive to access, these medical kiosks will make healthcare more accessible to people by providing services at these locations encouraging the growth for the regional market.

Therefore, owing to the aforesaid factors the growth of the studied market is anticipated in the North America Region.

Medical Kiosk Industry Overview

The medical Kiosk Market is consolidated in nature due to the presence of few companies operating globally as well as regionally. The competitive landscape includes an analysis of a few international as well as local companies which hold the market shares and are well known include Fabcon, Inc., Meridian Kiosks, VeriFone, Inc., XIPHIAS Software Technologies, RedyRef Interactive Kiosks, imageHOLDERS, KIOSK Information Systems, ADVANCED KIOSKS, JCM Global, Frank Mayer and Associates, Inc., Kiosks4business Ltd., DynaTouch Corporation, and Olea Kiosks Inc. among others.

Additional Benefits:

  • The market estimate (ME) sheet in Excel format
  • 3 months of analyst support

TABLE OF CONTENTS

1 INTRODUCTION

  • 1.1 Study Assumptions and Market Definition
  • 1.2 Scope of the Study

2 RESEARCH METHODOLOGY

3 EXECUTIVE SUMMARY

4 MARKET DYNAMICS

  • 4.1 Market Overview
  • 4.2 Market Drivers
    • 4.2.1 Cashless Kiosks Integrated with 5G
    • 4.2.2 Rise in the digitalization
    • 4.2.3 Safety and security owing to adoption of smart technology
  • 4.3 Market Restraints
    • 4.3.1 Risk related to IT and security and strict rules and regulations
    • 4.3.2 High Initial Capital Requirements
  • 4.4 Porter's Five Force Analysis
    • 4.4.1 Threat of New Entrants
    • 4.4.2 Bargaining Power of Buyers/Consumers
    • 4.4.3 Bargaining Power of Suppliers
    • 4.4.4 Threat of Substitute Products
    • 4.4.5 Intensity of Competitive Rivalry

5 MARKET SEGMENTATION (Market Size by Value - USD million)

  • 5.1 By Type
    • 5.1.1 Check-In Kiosks
    • 5.1.2 Payment Kiosks
    • 5.1.3 Way Finding Kiosks
    • 5.1.4 Telemedicine Kiosks
    • 5.1.5 Self-Service/ Informative Kiosks
    • 5.1.6 Other Kiosks
  • 5.2 By End-User
    • 5.2.1 Hospitals
    • 5.2.2 Clinics
    • 5.2.3 Pharma Stores
    • 5.2.4 Other End Users
  • 5.3 Geography
    • 5.3.1 North America
      • 5.3.1.1 United States
      • 5.3.1.2 Canada
      • 5.3.1.3 Mexico
    • 5.3.2 Europe
      • 5.3.2.1 Germany
      • 5.3.2.2 United Kingdom
      • 5.3.2.3 France
      • 5.3.2.4 Italy
      • 5.3.2.5 Spain
      • 5.3.2.6 Rest of Europe
    • 5.3.3 Asia-Pacific
      • 5.3.3.1 China
      • 5.3.3.2 Japan
      • 5.3.3.3 India
      • 5.3.3.4 Australia
      • 5.3.3.5 South Korea
      • 5.3.3.6 Rest of Asia-Pacific
    • 5.3.4 Rest of the World

6 COMPETITIVE LANDSCAPE

  • 6.1 Company Profiles
    • 6.1.1 Fabcon, Inc.
    • 6.1.2 Meridian Kiosks
    • 6.1.3 VeriFone, Inc.
    • 6.1.4 XIPHIAS Software Technologies
    • 6.1.5 RedyRef Interactive Kiosks
    • 6.1.6 imageHOLDERS
    • 6.1.7 KIOSK Information Systems
    • 6.1.8 ADVANCED KIOSKS
    • 6.1.9 JCM Global
    • 6.1.10 Frank Mayer and Associates, Inc.
    • 6.1.11 Kiosks4business Ltd.
    • 6.1.12 DynaTouch Corporation
    • 6.1.13 Olea Kiosks Inc.

7 MARKET OPPORTUNITIES AND FUTURE TRENDS